"認知サービスの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-6367)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"認知サービスの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The cognitive services market is projected to grow at a CAGR of 42.6 % during the forecast periodMarketsandMarkets expects the global cognitive services market to grow from USD 2.59 billion in 2018 to USD 15.28 billion by 2023, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 42.6% during the forecast period. The growing use of cognitive services across various industries and increasing demand for intelligent APIs to build smarter applications is expected provide the opportunities for the cognitive services market. However, stringent external regulations across regions restrict end-user verticals from sharing customers’ data with cognitive service providers, which may hinder the growth of the cognitive services market.
The marketing analysis application is expected to have the largest market size during the forecast period
The use of cognitive services across various applications such as sales and marketing, campaign management, customer segmentation, and investment prediction is becoming crucial. Cognitive services in these application areas generate quality results. Also, cognitive services are helpful in analyzing customer behavior and purchase pattern to formulate growth strategies and enhance customer experience. Therefore, data analysis becomes critical to generate marketing leads and reach out to the prospective clients. Here, cognitive services are expected to play an important role in marketing analysis applications.
The BFSI vertical is expected to have the largest market size during the forecast period
Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI) is a data-driven industry that constantly focuses on enhancing customer experience. The adoption of cognitive services can help the BFSI vertical analyze large volumes of transaction data, customer profiles, and other such data, to formulate customer engagement strategies. Along with that, cognitive services can help the BFSI vertical solve challenges related to risk and fraud management, credit decisioning, customer engagement, and many more. Therefore, the use of cognitive services is expected to grow in the BFSI vertical to leverage the benefits offered by the services and enhance overall operational efficiency.
North America is expected to have the largest market size in the cognitive services market during the forecast period
Among regions, North America is expected to have the largest market size in the cognitive services market during the forecast period. The North American region has shown growing investment in cognitive technologies and the major initiatives taken for the growth of the cognitive services have their origin in this region. Therefore, potential growth is expected in the region during the forecast period. The Small and Medium-sized Enterprise (SMEs) and large organizations in the region have started taking advantage of cognitive services to make business processes more intelligent, solve various business challenges, and enhance decision making.. .

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the cognitive services market.
 By Company Type: Tier 1: 24%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 36%
 By Designation: C-Level Executives: 28%, Directors: 34%, and Others: 38%
 By Region: North America: 38%, Europe: 32%, and APAC: 30%
The report includes the study of the key players offering cognitive services and Platforms-as-a-Service (PaaS). The major cognitive service vendors include IBM (US), Microsoft (US), AWS (US), Google (US), TCS (India), Baidu (China), Apple (US), Nuance Communications (US), Qualcomm Technologies (US), and SAS Institute (US). The report includes an in-depth competitive analysis of these key cognitive services market players, along with their company profiles, which include business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.
Research Coverage
The cognitive services market has been segmented by technology, service type, deployment mode, application, end-user, vertical, and region. The technology segment is further segmented into machine learning and deep learning, and natural language processing. The service type segment includes knowledge management, data transformation, cloud and web-based application programming interface, data integration and cognitive automation, cognitive risk intelligence, consulting and advisory, training and support, communication monitoring, and others (text analytics, video analytics, audio analytics, image analytics, and digital assistance). The application segments are marketing analysis, predictive maintenance, supply chain management, quality management investigation and recommendation, safety and security management, diagnosis and treatment system, and others (automated customer services agent, autonomous governance, and real-time analysis). On the basis of deployment types, the cognitive services market has been divided into cloud and on-premises deployments. On the basis of end-users, the enterprise cognitive services market has been divided into SMEs and large enterprises. On the basis of verticals, cognitive services market has been segmented into BFSI, healthcare, retail, IT and Telecommunications, government and education, manufacturing, and others (travel and tourism, aerospace and defense, and oil and gas), Finally, on the basis of regions, the cognitive services market has been segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).
The report will help the market leaders and new entrants in the cognitive services market in the following ways:
1. The report segments the market into various subsegments; hence, it covers the market comprehensively. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are further split across various verticals and regions.
2. The report helps in understanding the overall growth of the market. It provides information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report helps in understanding the competitors better and gaining more insights to strengthen their position in the market. The study also presents the positioning of the key players based on their product offerings and business strategies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"認知サービスの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 MARKET DEFINITION 17
1.3 MARKET SCOPE 18
1.4 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 19
1.5 CURRENCY 19
1.6 STAKEHOLDERS 19
2 RESEARCH METHODOLOGY 20
2.1 RESEARCH DATA 20
2.1.1 SECONDARY DATA 21
2.1.2 PRIMARY DATA 21
2.1.2.1 Breakdown of primaries 21
2.1.2.2 Key industry insights 22
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 24
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 24
2.3 RESEARCH ASSUMPTIONS 25
2.4 LIMITATIONS 25
3 EXECUTIVE SUMMARY 26
4 PREMIUM INSIGHTS 30
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN THE COGNITIVE SERVICES MARKET 30
4.2 COGNITIVE SERVICES MARKET: TOP 3 VERTICALS 31
4.3 COGNITIVE SERVICES MARKET, TOP 3 APPLICATIONS AND REGIONS 31
4.4 MARKET INVESTMENT SCENARIO 32
5 MARKET OVERVIEW AND INDUSTRY TRENDS 33
5.1 MARKET DYNAMICS 33
5.1.1 DRIVERS 34
5.1.1.1 Help with aligning organizational core work with business objectives 34
5.1.1.2 Growth in data volumes creating demand for cognitive services 34
5.1.2 RESTRAINTS 34
5.1.2.1 Stringent external regulations across regions 34
5.1.3 OPPORTUNITIES 35
5.1.3.1 Growing use of cognitive services across various industry verticals 35
5.1.3.2 Increasing demand for intelligent APIs to build smarter applications 35

5.1.4 CHALLENGES 35
5.1.4.1 Lack of awareness across the industry 35
5.1.4.2 Lack of knowledge about data 36
5.2 COGNITIVE SERVICES MARKET: USE CASES 36
5.2.1 INTRODUCTION 36
5.2.1.1 Use case: Scenario 1 36
5.2.1.2 Use case: Scenario 2 36
5.2.1.3 Use case: Scenario 3 37
5.2.1.4 Use case: Scenario 4 37
5.2.1.5 Use case: Scenario 5 37
6 COGNITIVE SERVICES MARKET, BY TECHNOLOGY 38
6.1 INTRODUCTION 39
6.2 MACHINE LEARNING AND DEEP LEARNING 40
6.2.1 FACIAL RECOGNITION 40
6.2.2 EMOTION DETECTION 40
6.3 NATURAL LANGUAGE PROCESSING 41
7 COGNITIVE SERVICES MARKET, BY SERVICE TYPE 42
7.1 INTRODUCTION 43
7.2 CLOUD AND WEB-BASED APPLICATION PROGRAMMING INTERFACE 44
7.3 DATA TRANSFORMATION 44
7.4 KNOWLEDGE MANAGEMENT 45
7.5 DATA INTEGRATION AND COGNITIVE AUTOMATION 46
7.6 COGNITIVE RISK INTELLIGENCE 46
7.7 CONSULTING AND ADVISORY 47
7.8 TRAINING AND SUPPORT 48
7.9 COMMUNICATION MONITORING 48
7.10 OTHERS 49
8 COGNITIVE SERVICES MARKET, BY DEPLOYMENT MODE 50
8.1 INTRODUCTION 51
8.2 CLOUD 51
8.3 ON-PREMISES 52
9 COGNITIVE SERVICES MARKET, BY APPLICATION 53
9.1 INTRODUCTION 54
9.2 MARKETING ANALYSIS 55
9.3 PREDICTIVE MAINTENANCE 55
9.4 SUPPLY CHAIN MANAGEMENT 56
9.5 QUALITY MANAGEMENT INVESTIGATION AND RECOMMENDATION 57
9.6 SAFETY AND SECURITY MANAGEMENT 57
9.7 DIAGNOSIS AND TREATMENT SYSTEM 58
9.8 OTHERS 59
10 COGNITIVE SERVICES MARKET, BY END-USER 60
10.1 INTRODUCTION 61
10.2 SMALL AND MEDIUM-SIZED ENTERPRISES 61
10.3 LARGE ENTERPRISES 62
11 COGNITIVE SERVICES MARKET, BY VERTICAL 63
11.1 INTRODUCTION 64
11.2 BANKING, FINANCIAL SERVICES, AND INSURANCE 65
11.3 HEALTHCARE 65
11.4 RETAIL 66
11.5 IT AND TELECOMMUNICATION 67
11.6 GOVERNMENT AND EDUCATION 67
11.7 MANUFACTURING 68
11.8 OTHERS 69
12 COGNITIVE SERVICES MARKET, BY REGION 70
12.1 INTRODUCTION 71
12.2 NORTH AMERICA 73
12.2.1 UNITED STATES 74
12.2.2 CANADA 75
12.3 EUROPE 78
12.3.1 UNITED KINGDOM 78
12.3.2 GERMANY 79
12.3.3 FRANCE 79
12.3.4 REST OF EUROPE 79
12.4 ASIA PACIFIC 82
12.4.1 CHINA 83
12.4.2 JAPAN 83
12.4.3 INDIA 83
12.4.4 REST OF ASIA PACIFIC 83
12.5 REST OF THE WORLD 86
12.5.1 UNITED ARAB EMIRATES 86
12.5.2 BRAZIL 86
12.5.3 MEXICO 87
12.5.4 REST OF THE ROW 87

13 COMPETITIVE LANDSCAPE 91
13.1 OVERVIEW 91
13.2 COMPETITIVE SCENARIO 92
13.2.1 NEW PRODUCT/SERVICE LAUNCHES AND ENHANCEMENTS 92
13.2.2 PARTNERSHIPS, COLLABORATIONS, AND AGREEMENTS 93
13.2.3 MERGERS AND ACQUISITIONS 95
13.2.4 BUSINESS EXPANSIONS 95
14 COMPANY PROFILES 96
(Business overview, Services offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view)*
14.1 INTRODUCTION 96
14.2 IBM 97
14.3 MICROSOFT 100
14.4 GOOGLE 104
14.5 AWS 107
14.6 BAIDU 110
14.7 NUANCE COMMUNICATIONS 112
14.8 QUALCOMM TECHNOLOGIES 115
14.9 SAS 117
14.10 APPLE 120
14.11 TCS 122
14.12 NOKIA 124
14.13 EXPERT SYSTEM 126
14.14 VERBIO TECHNOLOGIES 128
14.15 SOFTWEB SOLUTIONS 129
14.16 FOLIO3 SOFTWARE 130
14.17 FUSION INFORMATICS 131
14.18 INBENTA 132
14.19 COGNITIVESCALE 133
14.20 IPSOFT 134
14.21 BMC SOFTWARE 135
14.22 ATTIVIO 136
14.23 MEGVII 137
14.24 KAIROS 138
14.25 SQUIRRO 139
14.26 CLARIFAI 140
*Details on Business overview, Services offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies.

15 APPENDIX 141
15.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 141
15.2 DISCUSSION GUIDE 142
15.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 147
15.4 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 149
15.5 AVAILABLE CUSTOMIZATION 150
15.6 RELATED REPORTS 150
15.7 AUTHOR DETAILS 151

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】認知サービスの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年6月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-6367
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT・通信
【キーワード】認知サービス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
認知サービスの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 揚水発電用タービンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、揚水発電用タービンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、揚水発電用タービン市場規模、用途別(オープンループ、クローズループ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・揚水発電用タービンの世界市場概要 ・揚水発電用タービンの世界市場環境 ・揚水発電用タービンの世界市場動向 ・揚水発電用タービンの世界市場規模 ・揚水発電用タービンの世界市場:業界構造分析 ・揚水発電用タービンの世界市場:用途別(オープンループ、クローズループ) ・揚水発電用タービンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・揚水発電用タービンのアメリカ市場規模・予測 ・揚水発電用タービンのヨーロッパ市場規模・予測 ・揚水発電用タービンのアジア市場規模・予測 ・揚水発電用タービンの主要国分析 ・揚水発電用タービンの世界市場:意思決定フレームワーク ・揚水発電用タービンの世界市場:成長要因、課題 ・揚水発電用タービンの世界市場:競争環境 ・揚水発電用タービンの …
  • 航空用接着剤およびシーラントの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、航空用接着剤およびシーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、技術別分析、需要先別分析、OEM/MRO別分析、航空用接着剤およびシーラントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空管制装置の世界市場
    当調査レポートでは、航空管制装置の世界市場について調査・分析し、航空管制装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空管制装置の世界市場:市場動向分析 - 航空管制装置の世界市場:競争要因分析 - 航空管制装置の世界市場:製品別 ・安全およびナビゲーション機器 ・近接検知機器 ・レーダー機器 ・シミュレーター機器 ・情報システム機器 ・自動化機器 - 航空管制装置の世界市場:エンドユーザー別 ・民間航空機 ・自家用機 ・軍用機 - 航空管制装置の世界市場:用途別 ・監視用 ・ナビゲーション用 ・通信用 - 航空管制装置の世界市場:主要地域別分析 - 航空管制装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 航空管制装置のヨーロッパ市場規模 - 航空管制装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・航空管制装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 動脈瘤(Aneurysm):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における動脈瘤(Aneurysm)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、動脈瘤(Aneurysm)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・動脈瘤(Aneurysm)の概要 ・動脈瘤(Aneurysm)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の動脈瘤(Aneurysm)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・動脈瘤(Aneurysm)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・動脈瘤(Aneurysm)治療薬開発に取り組んでい …
  • CTスキャナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CTスキャナー市場規模、デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー)分析、用途別(研究、医療、動物医療)分析、種類別(ポータブル型、据置型)分析、技術別(コーンビームCT(CBCT)、低線量CT、中線量CT、高線量CT)分析、エンドユーザー別(動物病院、研究所、病院、外来治療センター、診断センター、学術機関、臨床研究機関(CRO)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ CTスキャナーの世界市場:市場動向分析 ・ CTスキャナーの世界市場:競争要因分析 ・ CTスキャナーの世界市場:デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー) ・ CTスキャナーの世界市場:用途別(研究、医療、動物医療) ・ CTスキャナーの世界市場:種類別(ポータブル型、据置型) ・ CTスキャナーの世界市場:技術別(コー …
  • 4-1BBアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における4-1BBアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・4-1BBアゴニストの概要 ・4-1BBアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の4-1BBアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・4-1BBアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・4-1BBアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のウォーターバス市場2015
    本調査レポートでは、世界のウォーターバス市場2015について調査・分析し、ウォーターバスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターITインフラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターITインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターITインフラの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はデータセンターITインフラの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(5.16%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arista Networks • Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell • Hitachi • HPE• IBM• Juniper Networks• Lenovo• NetApp等です。
  • HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁
    当調査レポートでは、HVAC(空調)装置用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(空調)装置用バルブの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属表面処理材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属表面処理材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属表面処理材の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スティック包装の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、スティック包装の世界市場について調べ、スティック包装の世界規模、市場動向、市場環境、素材別(ポリエステル、ポリエチレン、紙、金属化フィルム、その他)分析、内容物別(粉末、液体、錠剤)分析、容量別(0~5ml、5ml~10ml、10ml~15ml、15ml~20ml、20ml超)分析、用途別(化粧品・パーソナルケア、食品・飲料、工業、医薬品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・スティック包装の世界市場動向 ・スティック包装の世界市場環境 ・スティック包装の世界市場規模 ・スティック包装の世界市場規模:素材別(ポリエステル、ポリエチレン、紙、金属化フィルム、その他) ・スティック包装の世界市場規模:内容物別(粉末、液体、錠剤) ・スティック包装の世界市場規模:容量別(0~5ml、5ml~10ml、10ml~15ml、15ml~20ml、20ml超) ・スティ …
  • フルオロケミカルの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のフルオロケミカル市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・フルオロケミカルの世界市場:イントロダクション ・フルオロケミカルの世界市場:市場概観 ・フルオロケミカルの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・フルオロケミカルの世界市場:セグメント別市場分析 ・フルオロケミカルの世界市場:主要地域別市場分析 ・フルオロケミカルの世界市場:関連企業分析
  • 金属酸化物ナノ粒子の世界市場:二酸化けい素ナノ粒子、酸化アルミニウムナノ粒子、二酸化チタンナノ粒子
    当調査レポートでは、金属酸化物ナノ粒子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属酸化物ナノ粒子の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ケーブル用導管システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブル用導管システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブル用導管システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの心臓律動管理装置市場見通し
  • 触覚印刷の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、触覚印刷の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、触覚印刷市場規模、用途別(書籍、地図、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・触覚印刷の世界市場概要 ・触覚印刷の世界市場環境 ・触覚印刷の世界市場動向 ・触覚印刷の世界市場規模 ・触覚印刷の世界市場:業界構造分析 ・触覚印刷の世界市場:用途別(書籍、地図、その他) ・触覚印刷の世界市場:地域別市場規模・分析 ・触覚印刷のアメリカ市場規模・予測 ・触覚印刷のヨーロッパ市場規模・予測 ・触覚印刷のアジア市場規模・予測 ・触覚印刷の主要国分析 ・触覚印刷の世界市場:意思決定フレームワーク ・触覚印刷の世界市場:成長要因、課題 ・触覚印刷の世界市場:競争環境 ・触覚印刷の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスター市場規模、製品別(部分型、完全型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場概要 ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場環境 ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場動向 ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場規模 ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場:製品別(部分型、完全型) ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントクラスターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用リコンフィギュラブルインストルメントク …
  • ECG(心電図)装置・管理システムの世界市場:種類別(ホルター、負荷、安静時心電図)、最終用途別(病院・診療所、外来施設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ECG(心電図)装置・管理システムの世界市場について調査・分析し、ECG(心電図)装置・管理システムの世界市場動向、ECG(心電図)装置・管理システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別ECG(心電図)装置・管理システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ITS(高度道路交通システム)の世界市場:ITS装置、ITSソフトウェア、ITSサービス
    当調査レポートでは、ITS(高度道路交通システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、車道別分析、装置別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の在宅ケアベッド市場2015
    本調査レポートでは、世界の在宅ケアベッド市場2015について調査・分析し、在宅ケアベッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場動向(~2020)
    ※本調査レポートでは、世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場規模、地域別市場規模、種類別市場規模、用途別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臓器移植用免疫抑制薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、臓器移植用免疫抑制薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臓器移植用免疫抑制薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の概要 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 界面活性剤の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、界面活性剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 界面活性剤の世界市場:市場動向分析 - 界面活性剤の世界市場:競争要因分析 - 界面活性剤の世界市場:製品別 ・両性界面活性剤 ・カチオン性界面活性剤 ・非陰イオン界面活性剤 ・陰イオン界面活性剤 ・その他 - 界面活性剤の世界市場:用途別 ・作物保護 ・エラストマーおよびプラスチック産業 ・食品産業 ・油田用化学薬品 ・パーソナルケア産業 ・製薬業 ・石鹸/洗剤産業 ・繊維産業 ・ホームケア ・塗料およびコーティング ・建設 ・その他 - 界面活性剤の世界市場:基質別 ・バイオ由来の界面活性剤 ・合成界面活性剤 - 界面活性剤の世界市場:主要地域別分析 - 界面活性剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 界面活性剤のヨーロッパ市場規模 - 界面活性剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・界面活性剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の実体顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の実体顕微鏡市場2015について調査・分析し、実体顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱業におけるロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉱業におけるロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉱業におけるロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他)分析、ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉱業におけるロボットの世界市場概要 ・鉱業におけるロボットの世界市場環境 ・鉱業におけるロボットの世界市場動向 ・鉱業におけるロボットの世界市場規模 ・鉱業におけるロボットの世界市場:業界構造分析 ・鉱業におけるロボットの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他) ・鉱業におけるロボットの世界市場:ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・鉱業におけるロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉱業におけるロボットのアメリカ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボット …
  • スマートパーキングシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートパーキングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートパーキングシステム市場規模、場所別(路外駐車場、路上駐車場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートパーキングシステムの世界市場概要 ・スマートパーキングシステムの世界市場環境 ・スマートパーキングシステムの世界市場動向 ・スマートパーキングシステムの世界市場規模 ・スマートパーキングシステムの世界市場:業界構造分析 ・スマートパーキングシステムの世界市場:場所別(路外駐車場、路上駐車場) ・スマートパーキングシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートパーキングシステムのアメリカ市場規模・予測 ・スマートパーキングシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートパーキングシステムのアジア市場規模・予測 ・スマートパーキングシステムの主要国分析 ・スマートパーキングシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・スマートパーキ …
  • 警備・法執行用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、警備・法執行用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、警備・法執行用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • HMC(ハイブリッドメモリーキューブ)及びHBM(広帯域メモリー)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、HMC(ハイブリッドメモリーキューブ)及びHBM(広帯域メモリー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、容量別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナイロン共重合体市場2016
    本調査レポートでは、世界のナイロン共重合体市場2016について調査・分析し、ナイロン共重合体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルコール依存症(Alcohol Addiction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の概要 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 軍事通信の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、軍事通信の世界市場について調査・分析し、軍事通信の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・軍事通信の世界市場規模:用途別分析 ・軍事通信の世界市場規模:通信種類別分析 ・軍事通信の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・軍事通信の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・軍事通信の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 低リン酸血症(Hypophosphatemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低リン酸血症(Hypophosphatemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬剤
  • がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別
    当調査レポートでは、がん治療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膠芽腫、悪性髄膜腫、中皮腫、黒色腫など)分析、売れ筋医薬品別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケード、インブルビカ、イブランス、ジチガ、アリムタ、クタンディ、タルセバ、ペルジェタ、テモダールなど)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・がん治療法の世界市場:用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膠芽腫、悪性髄膜腫、中皮腫、黒色腫など) ・がん治療法の世界市場:売れ筋医薬品別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケード、インブルビカ、イブランス、ジチガ、アリムタ、クタンディ、タルセバ、ペルジェタ、テモダールなど) ・がん治療法の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:地域別市場予測、新検査、技術、機器、企業分析
  • トルコの末梢血管用装置市場見通し
  • 自動車シリンダーヘッドの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車シリンダーヘッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車シリンダーヘッドの世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場分析:用途別(包装、電気・電子、産業機械、自動車、建設、資材処理)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場について調査・分析し、ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場動向、ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエチレンテレフタレート(PET)複合材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 神経芽細胞腫(Neuroblastoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、神経芽細胞腫(Neuroblastoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経芽細胞腫(Neuroblastoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・神経芽細胞腫(Neuroblastoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・神経芽細胞腫(Neuroblastoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・神経芽細胞腫(Neuroblastoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・神経芽細胞腫(Neuroblastoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の神経芽細胞腫(Neuroblastoma)治療薬剤
  • シンチレータの世界市場:無機シンチレータ、有機シンチレータ
    当調査レポートでは、シンチレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シンチレータの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)HIV検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, BD, bioMérieux, Danaher, F. Hoffmann-La Rocheなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の北米市場規模・予測 ・ポイントオブ …
  • 臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界市場:コンテンツ別(テキスト、動画、音声)、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、用途別(臨床検査室、病院、開業医、その他)、地域別予測
    本資料は、臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界市場について調べ、臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界規模、市場動向、市場環境、コンテンツ別(テキスト、動画、音声)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(臨床検査室、病院、開業医、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVocera Communication、Tiger Text、Intelligent Business Communication-AGNITY、Cisco Systems Inc.、Jive Software Inc.、Microsoft Corporation、Everbridge Inc.、PerfectServe Inc.、Uniphy Health Holdings LLC、Spok Inc.、NEC Corporation、Ashfield Healthcare Communication、Ascom Holding AG、Patientsafe …
  • 女性用ロッククライミング服の世界市場:種類別(ジャケット、パンツ、シャツ、その他)、用途別(カジュアル、ハイキング、複合スポーツ、ウィンタースポーツ、ランニング、その他)、地域別予測
    本資料は、女性用ロッククライミング服の世界市場について調べ、女性用ロッククライミング服の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ジャケット、パンツ、シャツ、その他)分析、用途別(カジュアル、ハイキング、複合スポーツ、ウィンタースポーツ、ランニング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはYachtico Inc.、Zizooboats GmbH、Boat International Media Ltd.、Charter world Ltd.、Burgess、Incrediblue Ltd.、Boat bound Inc. 、Martello Yachting and Company、Northrop & Johnson、Fair line Yacht、Super Yacht Logistics LLC、Fraser Yachts、West Coast Marine Yacht Services Pvt Ltd. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマ …
  • 工業制御システム(ICS)セキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工業制御システム(ICS)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業制御システム(ICS)セキュリティの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コンプレッサー制御システムの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、コンプレッサー制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機翼の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、航空機翼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機翼の世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の養鶏飼料成分市場2015
    本調査レポートでは、世界の養鶏飼料成分市場2015について調査・分析し、養鶏飼料成分の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用コンポストの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家庭用コンポストの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用コンポスト市場規模、製品別(攪拌式、据置式、圧縮式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用コンポストの世界市場概要 ・家庭用コンポストの世界市場環境 ・家庭用コンポストの世界市場動向 ・家庭用コンポストの世界市場規模 ・家庭用コンポストの世界市場:業界構造分析 ・家庭用コンポストの世界市場:製品別(攪拌式、据置式、圧縮式) ・家庭用コンポストの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用コンポストの北米市場規模・予測 ・家庭用コンポストのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・家庭用コンポストのアジア太平洋市場規模・予測 ・家庭用コンポストの主要国分析 ・家庭用コンポストの世界市場:意思決定フレームワーク ・家庭用コンポストの世界市場:成長要因、課題 ・家庭用コンポストの世界市場:競争環境 ・家庭用コンポストの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析 …
  • 水系個人用潤滑剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水系個人用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水系個人用潤滑剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの血栓管理装置市場(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"