"航空機エンジン状態監視システムの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22718)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空機エンジン状態監視システムの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Aircraft Engine Condition Monitoring System

An aircraft engine condition monitoring (ECM) system is a tool used to continuously monitor engine parameters to reduce maintenance and repair costs.

Technavio’s analysts forecast the Global Aircraft Engine Condition Monitoring System Market to grow at a CAGR of 5.99% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global aircraft engine condition monitoring system market. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the adoption of display units, sensors, and engine control unit in various aircrafts.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, global aircraft engine condition monitoring system market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• AMETEK
• CAMP Systems
• Meggitt 88
• MTU AERO ENGINES
• Safran Electronics & Defense
• UNITED TECHNOLOGIES

Market driver
• Efforts to optimize engine repair and maintenance cost
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Integration constraints while embedding sensors in aircraft
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Growing influence of IoT
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"航空機エンジン状態監視システムの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY ENGINE TYPE
• Segmentation by engine type
• Comparison by engine type
• Turbofan – Market size and forecast 2017-2022
• Turboprop – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by engine type
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Use of conditional analytics for predictive maintenance
• Growing influence of IoT
• Introduction of 3D printing technology
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• AMETEK
• CAMP Systems
• Meggitt
• MTU AERO ENGINES
• Safran Electronics & Defense
• UNITED TECHNOLOGIES
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Related market
Exhibit 02: Global commercial AGT engine market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Most prominent types of decision support offered by aircraft monitoring systems
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 10: Global – Year over year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Engine type – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by engine type
Exhibit 21: Turbofan – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Turbofan – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Turboprop – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Turboprop – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Market opportunity by engine type
Exhibit 26: Customer landscape
Exhibit 27: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 28: Regional comparison
Exhibit 29: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 30: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 31: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 32: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 34: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Key leading countries
Exhibit 36: Market opportunity
Exhibit 37: Vendor landscape
Exhibit 38: Landscape disruption
Exhibit 39: Vendors covered
Exhibit 40: Vendor classification
Exhibit 41: Market positioning of vendors
Exhibit 42: Vendor overview
Exhibit 43: AMETEK – Business segments
Exhibit 44: AMETEK – Organizational developments
Exhibit 45: AMETEK – Geographic focus
Exhibit 46: AMETEK – Segment focus
Exhibit 47: AMETEK – Key offerings
Exhibit 48: Vendor overview
Exhibit 49: CAMP Systems – Business segments
Exhibit 50: CAMP Systems – Organizational developments
Exhibit 51: CAMP Systems – Key offerings
Exhibit 52: Vendor overview
Exhibit 53: Meggitt – Business segments
Exhibit 54: Meggitt – Organizational developments
Exhibit 55: Meggitt – Geographic focus
Exhibit 56: Meggitt – Segment focus
Exhibit 57: Meggitt – Key offerings
Exhibit 58: Vendor overview
Exhibit 59: MTU AERO ENGINES – Business segments
Exhibit 60: MTU AERO ENGINES – Organizational developments
Exhibit 61: MTU AERO ENGINES – Geographic focus
Exhibit 62: MTU AERO ENGINES – Segment focus
Exhibit 63: MTU AERO ENGINES – Key offerings
Exhibit 64: Vendor overview
Exhibit 65: Safran Electronics & Defense – Business segments
Exhibit 66: Safran Electronics & Defense – Organizational developments
Exhibit 67: Safran Electronics & Defense – Key offerings
Exhibit 68: Vendor overview
Exhibit 69: UNITED TECHNOLOGIES – Business segments
Exhibit 70: UNITED TECHNOLOGIES – Organizational developments
Exhibit 71: UNITED TECHNOLOGIES – Geographic focus
Exhibit 72: UNITED TECHNOLOGIES – Segment focus
Exhibit 73: UNITED TECHNOLOGIES – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空機エンジン状態監視システムの世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月4日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22718
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Automotive
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空機エンジン状態監視システムの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 亜麻仁油の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、亜麻仁油の世界市場について調査・分析し、亜麻仁油の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別亜麻仁油シェア、市場規模推移、市場規模予測、亜麻仁油種類別分析(有機、無機)、亜麻仁油用途別分析(食料品、化粧品、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・亜麻仁油の市場概観 ・亜麻仁油のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・亜麻仁油のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・亜麻仁油の世界市場規模 ・亜麻仁油の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・亜麻仁油のアメリカ市場規模推移 ・亜麻仁油のカナダ市場規模推移 ・亜麻仁油のメキシコ市場規模推移 ・亜麻仁油のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・亜麻仁油のドイツ市場規模推移 ・亜麻仁油のイギリス市場規模推移 ・亜麻仁油のロシア市場規模推移 ・亜麻仁油のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・亜麻仁油の日本市場規模推移 ・亜麻仁油の中国市場規模推移 ・亜麻仁油 …
  • 腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)の概要 ・腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • クローン病治療の世界市場:治療タイプ別(抗炎症薬、免疫抑制剤、抗生物質、外科手術)、セグメント予測
    クローン病治療の世界市場は2025年には47億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率2.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、この疾患に対する意識の高まりと、新しい治療法の開発に対する規制当局の取り組みの増加が考えられます。本調査レポートでは、クローン病治療の世界市場について調査・分析し、クローン病治療の世界市場動向、クローン病治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別クローン病治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • HVACフィルターの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、HVACフィルターの世界市場規模が2019年60億ドルから2024年77億ドルまで年平均5.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、HVACフィルターの世界市場について調査・分析し、市場概要、システム別(ヒートポンプ、ルーフトップユニット、地熱ヒートポンプ、パッケージエアコン、スプリットシステムHVAC、ダクトレスシステム、ハイブリッドHVACシステム)分析、材料別(合成ポリマー、ファイバーグラス、カーボン、金属)分析、技術別(静電沈殿剤、HEPA、活性炭、その他)分析、エンドユーズ産業別(建築&建設、医薬品、食品&飲料、自動車、その他)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・HVACフィルターの世界市場:システム別(ヒートポンプ、ルーフトップユニット、地熱ヒートポンプ、パッケージエアコン、スプリットシステムHVAC、ダクトレスシステム、ハイブリッドHVACシステ …
  • フレキシブルガラスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、フレキシブルガラスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブルガラス市場規模、用途別(ディスプレイ、OLED、光電池、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フレキシブルガラスの世界市場概要 ・フレキシブルガラスの世界市場環境 ・フレキシブルガラスの世界市場動向 ・フレキシブルガラスの世界市場規模 ・フレキシブルガラスの世界市場:業界構造分析 ・フレキシブルガラスの世界市場:用途別(ディスプレイ、OLED、光電池、その他) ・フレキシブルガラスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フレキシブルガラスの北米市場規模・予測 ・フレキシブルガラスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フレキシブルガラスのアジア太平洋市場規模・予測 ・フレキシブルガラスの主要国分析 ・フレキシブルガラスの世界市場:意思決定フレームワーク ・フレキシブルガラスの世界市場:成長要因、課題 ・フレキシブルガラスの世界市場:競 …
  • 産業用酵素の世界市場:カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、ポリメラーゼ、リパーゼ
    当調査レポートでは、産業用酵素の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・産業用酵素の世界市場:種類別分析/市場規模 ・産業用酵素の世界市場:用途別分析/市場規模 ・産業用酵素の世界市場:地域別分析/市場規模 ・産業用酵素のアメリカ市場規模予測 ・産業用酵素のヨーロッパ市場規模予測 ・産業用酵素のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 中国の赤外線撮像システム市場2015
    本調査レポートでは、中国の赤外線撮像システム市場2015について調査・分析し、赤外線撮像システムの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの心臓血管手術装置市場(~2021)
  • スケートボード用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スケートボード用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スケートボード用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用センサーの世界市場:技術、動向、予測
    ※本調査レポートでは、小型自動車用センサーの世界市場について調査・分析し、小型自動車用センサーの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • アジアの凝集剤および凝固剤市場:硫酸バンド、硫酸第二鉄、硫酸第一鉄、塩化第二鉄
  • 世界のパーティクルアナライザ市場2015
    本調査レポートでは、世界のパーティクルアナライザ市場2015について調査・分析し、パーティクルアナライザの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスポーツツーリズム市場2019
    本調査レポートでは、世界のスポーツツーリズム市場2019について調査・分析し、スポーツツーリズムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、スポーツツーリズムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、スポーツツーリズムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・スポーツツーリズムの市場概要 ・スポーツツーリズムの上流・下流市場分析 ・スポーツツーリズムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スポーツツーリズムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スポーツツーリズムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・スポーツツーリズムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スポーツツーリズムの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スポーツツーリズムの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スポーツツーリズムの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 血小板凝集デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血小板凝集デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血小板凝集デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 血小板凝集デバイスは、遺伝性または後天性出血性疾患の診断、そして、抗血小板療法の監視のため使用されます。血小板凝集デバイス市場には、血小板機能テストに使われるシステム、器具、試薬、付属品、消耗品が含まれています。Technavio社は血小板凝集デバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• F. Hoffmann-La Roche• Haemonetics• Helena Laboratories• Instrumentation Laboratory• Siemens Healthineers等です。
  • 湿度計の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、湿度計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、分析技術別分析、装置種類別分析、産業別分析、地域別分析、湿度計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別、用途別、組織規模別、業種別
    当調査レポートでは、BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、用途別(デジタル通貨、記録保持、支払い&決済、スマート契約、コンプライアンス管理、その他)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(銀行、保険、非銀行金融会社(NBFC))分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(デジタル通貨、記録保持、支払い&決済、スマート契約、コンプライアンス管理、その他) ・BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場:業種別(銀行、保険、非銀行金融会社(NBFC)) ・BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 淋病治療薬の世界市場2017-2021:単独療法、併用療法
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、淋病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、淋病治療薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は淋病治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bharat Pharmaceuticals、GlaxoSmithKline、Merck、Pfizer等です。
  • 世界の炭酸カルシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸カルシウム市場2016について調査・分析し、炭酸カルシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 音声分析の世界市場分析:展開別(ソリューション、サービス)、企業規模別(中小企業、大企業)、エンドユーザー別(BFSI、通信、IT、小売、ヘルスケア、ホスピタリティ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、音声分析の世界市場について調査・分析し、音声分析の世界市場動向、音声分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別音声分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車エアバッグの世界市場
    当調査レポートでは、自動車エアバッグの世界市場について調査・分析し、自動車エアバッグの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 合成開口レーダー(SAR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、合成開口レーダー(SAR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、合成開口レーダー(SAR)の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用コネクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用コネクターの世界市場規模及び予測、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用コネクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(9.57%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• TE Connectivity• Yazaki• Delphi Automotive• Sumitomo Electric Wiring Systems• Japan Aviation Electronics Industry等です。
  • 世界のテルル化カドミウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のテルル化カドミウム市場2015について調査・分析し、テルル化カドミウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヘルスケアCRM市場規模・予測2017-2025:用途別(ケースコーディネーション、コミュニティアウトリーチ、ケース管理、関係管理)、商品別(個人医療CRM、関連医療CRM、個人/関連医療CRM)、エンドユーズ別(ライフサインス企業、プロバイダ、支払い者)、技術別(モバイル、ソーシャル、クラウド型、コラボレーティブ、予測)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のヘルスケアCRM市場について調査・分析し、世界のヘルスケアCRM市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のヘルスケアCRM関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 3Dプリンティングポリマー材の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、3Dプリンティングポリマー材の世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングポリマー材の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別3Dプリンティングポリマー材シェア、市場規模推移、市場規模予測、3Dプリンティングポリマー材種類別分析(フォトポリマ、PLA、ABS、PMMA、その他)、3Dプリンティングポリマー材用途別分析(消費財、航空宇宙・防衛、自動車、医療・歯科、教育、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・3Dプリンティングポリマー材の市場概観 ・3Dプリンティングポリマー材のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・3Dプリンティングポリマー材のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・3Dプリンティングポリマー材の世界市場規模 ・3Dプリンティングポリマー材の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・3Dプリンティングポリマー材のアメリカ市場規模推移 ・3Dプリンティングポリマー材のカナダ市場規模推移 ・3Dプリンティングポリマー材のメキシコ市場規模推移 …
  • LTE vs. ファイバー:SFB時代におけるFMC(固定・携帯電話融合サービス)
  • インドの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • コハク酸の世界市場予測(~2023年)
    コハク酸の世界市場は、2018年の1億3,200万米ドルから2023年には1億8,300万米ドルに達し、6.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、工業、パーソナルケア、食品および飲料業界からの需要の高まり、APAC地域からの需要の増加、およびポリウレタン製造におけるアジピン酸の代替品としてのコハク酸の採用の増加が考えられます。一方で、バイオ系コハク酸の製造に関する研究開発費が高いことにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、コハク酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類(バイオ系コハク酸、石油系コハク酸)分析、最終用途産業(工業、食品・飲料、コーティング剤、医薬品)分析、コハク酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル資産管理の世界市場分析:用途別(非反応性ポリアミド樹脂、反応性ポリアミド樹脂、油田化学品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、デジタル資産管理の世界市場について調査・分析し、デジタル資産管理の世界市場動向、デジタル資産管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタル資産管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 解剖病理学の世界市場予測:機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学
    MarketsandMarkets社は、解剖病理学の世界市場規模が2019年330億ドルから2024年444億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、解剖病理学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品&サービス別(機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学)分析、用途別(病気診断(がん(消化管))分析、エンドユーザー別(病院、ラボ)分析、解剖病理学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フレーバー及びレグランスの世界市場:製品別(ナチュラル、アロマ)、用途別(食品香料、香粧品香料)、地域別
    本調査レポートでは、フレーバー及びレグランスの世界市場について調査・分析し、フレーバー及びレグランスの世界市場動向、フレーバー及びレグランスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フレーバー及びレグランス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • キレート剤の世界市場:アミノポリカルボキシレート、リン酸塩、ホスホン酸
    当調査レポートでは、キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アークフラッシュ保護の世界市場予測(~2022年):アークフラッシュ検出&制御システム、個人保護具
    当調査レポートでは、アークフラッシュ保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、需要先別分析、地域別分析、アークフラッシュ保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペシャリティ保険の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スペシャリティ保険の世界市場について調査・分析し、スペシャリティ保険の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スペシャリティ保険シェア、市場規模推移、市場規模予測、スペシャリティ保険種類別分析()、スペシャリティ保険用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スペシャリティ保険の市場概観 ・スペシャリティ保険のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スペシャリティ保険のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スペシャリティ保険の世界市場規模 ・スペシャリティ保険の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スペシャリティ保険のアメリカ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のカナダ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のメキシコ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スペシャリティ保険のドイツ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のイギリス市場規模推移 ・スペシャリティ保険のロシア市場規模推移 ・スペシャ …
  • 植物抽出物の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、植物抽出物の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物抽出物市場規模、用途別(食品・飲料、健康補助食品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・植物抽出物の世界市場概要 ・植物抽出物の世界市場環境 ・植物抽出物の世界市場動向 ・植物抽出物の世界市場規模 ・植物抽出物の世界市場:業界構造分析 ・植物抽出物の世界市場:用途別(食品・飲料、健康補助食品、化粧品) ・植物抽出物の世界市場:地域別市場規模・分析 ・植物抽出物の北米市場規模・予測 ・植物抽出物のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・植物抽出物のアジア太平洋市場規模・予測 ・植物抽出物の主要国分析 ・植物抽出物の世界市場:意思決定フレームワーク ・植物抽出物の世界市場:成長要因、課題 ・植物抽出物の世界市場:競争環境 ・植物抽出物の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • プラスチック廃棄物管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、プラスチック廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別(収集、リサイクル)分析、ポリマー種類別(PP、LDPE)分析、ソース別(住宅、商業、産業)分析、エンドユーズ用途別(包装、建築、建設)分析、プラスチック廃棄物管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プラスチック廃棄物管理の世界市場規模が2019年326億ドルから2024年379億ドルまで年平均3.1%成長すると予測しています。
  • 光暗号化の世界市場:暗号化層別(OTN・レイヤー1、MACsec・レイヤー2、IPsec・レイヤー3)、データレート別(10G、40G、100G)、業種別(BFSI、政府機関、ヘルスケア、データセンター・クラウド、エネルギー・ユーティリティ)、地域別予測
    本資料は、光暗号化の世界市場について調べ、光暗号化の世界規模、市場動向、市場環境、暗号化層別(OTN・レイヤー1、MACsec・レイヤー2、IPsec・レイヤー3)分析、データレート別(10G、40G、100G)分析、業種別(BFSI、政府機関、ヘルスケア、データセンター・クラウド、エネルギー・ユーティリティ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・光暗号化の世界市場概要 ・光暗号化の世界市場環境 ・光暗号化の世界市場動向 ・光暗号化の世界市場規模 ・光暗号化の世界市場規模:暗号化層別(OTN・レイヤー1、MACsec・レイヤー2、IPsec・レイヤー3) ・光暗号化の世界市場規模:データレート別(10G、40G、100G) ・光暗号化の世界市場規模:業種別(BFSI、政府機関、ヘルスケア、データセンター・クラウド、エネルギー・ユーティリティ) ・光暗号化の世界市場:地域別市場規模・分析 ・光暗号化の北米市場規模・予測 ・光暗号化のアメリカ市場 …
  • 西ヨーロッパのスマートパーキング市場2016-2020
    当調査レポートでは、西ヨーロッパのスマートパーキング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、西ヨーロッパのスマートパーキング市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミック膜の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セラミック膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミック膜の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセラミック膜の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• atech Innovations• Danaher• Hyflux Membranes• TAMI Industries• Veolia等です。
  • 接着剤&シーラント剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、接着剤&シーラント剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、接着剤配合技術別(水ベース、溶剤ベース、ホットメルト、反応性)分析、シーラント樹脂タイプ別(シリコン、ポリウレタン、プラスチゾル、エマルジョン、ブチル、ポリスルフィド)分析、用途別分析、接着剤&シーラント剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、接着剤&シーラント剤の世界市場規模が2019年589億ドルから2024年738億ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。
  • デジタル病理学の世界市場:スキャナー、ソフトウェア、ストレージ&通信システム
    当調査レポートでは、デジタル病理学の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(スキャナー、ソフトウェア、ストレージ&通信システム)分析、用途別(電話相談、疾病診断、創薬、トレーニング、教育)分析、エンドユーザー別(教育、臨床、製薬、バイオテクノロジー企業)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・デジタル病理学の世界市場:製品別(スキャナー、ソフトウェア、ストレージ&通信システム) ・デジタル病理学の世界市場:用途別(電話相談、疾病診断、創薬、トレーニング、教育) ・デジタル病理学の世界市場:エンドユーザー別(教育、臨床、製薬、バイオテクノロジー企業) ・デジタル病理学の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サステナブルパッケージング(持続可能な包装)市場規模、機能別(代替繊維包装、アクティブ包装、成形包装、その他)分析、レイヤー別(三次包装、二次包装、一次包装)分析、製品別(分解可能包装、リサイクルコンテンツ包装、再利用可能包装)分析、材料別(ガラス、金属、紙・板紙、プラスチック、その他)分析、用途別(パーソナルケア、飲料、ヘルスケア、自動車・エレクトロニクス、農業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:市場動向分析 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:競争要因分析 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:機能別(代替繊維包装、アクティブ包装、成形包装、その他) ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:レイヤー別(三次 …
  • 反射型光電センサの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、反射型光電センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、反射型光電センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は反射型光電センサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Broadcom、KEYENCE、OMRON、Panasonic、Rockwell Automation等です。
  • ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、テストサービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック酸化防止剤の世界市場:タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他)、形態別(液体&固体)、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他)
    本調査レポートでは、プラスチック酸化防止剤の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他)分析、形態別(液体&固体)分析、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:形態別(液体&固体) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ダイボンダ―設備の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダイボンダ―設備の世界市場について調査・分析し、ダイボンダ―設備の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダイボンダ―設備シェア、市場規模推移、市場規模予測、ダイボンダ―設備種類別分析(全自動式、半自動式、手動)、ダイボンダ―設備用途別分析(垂直統合型デバイスメーカー(IDM)、後工程の受託製造企業(OSAT))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダイボンダ―設備の市場概観 ・ダイボンダ―設備のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダイボンダ―設備のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダイボンダ―設備の世界市場規模 ・ダイボンダ―設備の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダイボンダ―設備のアメリカ市場規模推移 ・ダイボンダ―設備のカナダ市場規模推移 ・ダイボンダ―設備のメキシコ市場規模推移 ・ダイボンダ―設備のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダイボンダ―設備のドイツ市場規模推移 ・ダイボンダ―設備のイギリス市場 …
  • 工業用セラミックの世界市場分析:材料別(アルミナセラミックス、チタン酸セラミックス、ジルコン酸セラミックス、フェライトセラミックス、窒化アルミニウム、炭化ケイ素、窒化ケイ素)、製品別(モノリシック、コーティング、マトリックス複合材)、用途別(電気機器、触媒サポート、電子機器、摩耗部品、エンジン部品、フィルター、バイオセラミックス)、エンドユーザー別(電気・電子、自動車、機械、環境・医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、工業用セラミックの世界市場について調査・分析し、工業用セラミックの世界市場動向、工業用セラミックの世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用セラミック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Anti-CD80抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD80抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD80抗体の概要 ・Anti-CD80抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD80抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD80抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD80抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 造影剤注入装置の世界市場予測(~2021年):CT用造影剤注入器、MRI用造影剤注入器
    当調査レポートでは、造影剤注入装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、造影剤注入装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージエアコンの世界市場2017-2021:水冷式、空冷式
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パッケージエアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージエアコンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパッケージエアコンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Carrier、DAIKIN INDUSTRIES、Johnson Controls、Lennox International、Ingersoll Rand等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"