"光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21815)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Optical Dissolved Oxygen Meter

Optical dissolved oxygen meters are used to measure the amount of dissolved oxygen in a liquid. It measures dissolved oxygen with optical and luminescent-based technologies.

Technavio’s analysts forecast the global optical dissolved oxygen meter market to grow at a CAGR of 6.27% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global optical dissolved oxygen meter market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
? Americas
? APAC
? EMEA

Technavio’s report, Global Optical Dissolved Oxygen Meter Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
? Danaher
? HORIBA
? METTLER TOLEDO
? Thermo Fisher Scientific
? Xylem

Market driver
? Increasing importance of environmental monitoring
? For a full, detailed list, view our report

Market challenge
? High cost of device
? For a full, detailed list, view our report

Market trend
? Increasing importance of promotional activities
? For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
? What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
? What are the key market trends?
? What is driving this market?
? What are the challenges to market growth?
? Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
? Market ecosystem
? Market characteristics
? Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
? Market definition
? Market sizing 2017
? Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
? Bargaining power of buyers
? Bargaining power of suppliers
? Threat of new entrants
? Threat of substitutes
? Threat of rivalry
? Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
? Segmentation by end-user
? Comparison by end-user
? Environmental management
? Aquaculture
? Others
? Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
? Geographical segmentation
? Regional comparison
? Americas
? EMEA
? APAC
? Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
? Market drivers
? Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
? Animal-borne optical dissolved oxygen meter
? Increasing importance of promotional activities
? Awareness about energy efficient devices
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
? Overview
? Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
? Vendors covered
? Vendor classification
? Market positioning of vendors
? Danaher
? HORIBA
? METTLER TOLEDO
? Thermo Fisher Scientific
? Xylem
PART 15: APPENDIX
? List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global dissolved oxygen meter market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global optical dissolved oxygen meter market? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global optical dissolved oxygen meter market ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: End-user ? Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by end-user
Exhibit 21: Environmental management? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Environmental management ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Aquaculture ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Aquaculture ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Others ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 26: Others ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Market opportunity by end-user
Exhibit 28: Global ? Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 29: Regional comparison
Exhibit 30: Americas ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 31: Americas ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Top 3 countries in Americas
Exhibit 33: EMEA ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 34: EMEA ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 36: APAC ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 37: APAC ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Top 3 countries in APAC
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: Danaher overview
Exhibit 46: Danaher ? Business segments
Exhibit 47: Danaher ? Organizational developments
Exhibit 48: Danaher ? Geographic focus
Exhibit 49: Danaher ? Segment focus
Exhibit 50: Danaher ? Key offerings
Exhibit 51: HORIBA overview
Exhibit 52: HORIBA ? Business segments
Exhibit 53: HORIBA ? Organizational developments
Exhibit 54: HORIBA ? Geographic focus
Exhibit 55: HORIBA ? Segment focus
Exhibit 56: HORIBA ? Key offerings
Exhibit 57: METTLER TOLEDO overview
Exhibit 58: METTLER TOLEDO ? Business segments
Exhibit 59: METTLER TOLEDO ? Organizational developments
Exhibit 60: METTLER TOLEDO ? Geographic focus
Exhibit 61: METTLER TOLEDO ? Segment focus
Exhibit 62: METTLER TOLEDO ? Key offerings
Exhibit 63: Thermo Fisher Scientific overview
Exhibit 64: Thermo Fisher Scientific ? Business segments
Exhibit 65: Thermo Fisher Scientific ? Organizational developments
Exhibit 66: Thermo Fisher Scientific ? Geographic focus
Exhibit 67: Thermo Fisher Scientific ? Segment focus
Exhibit 68: Thermo Fisher Scientific ? Key offerings
Exhibit 69: Xylem overview
Exhibit 70: Xylem ? Business segments
Exhibit 71: Xylem ? Organizational developments
Exhibit 72: Xylem ? Geographic focus
Exhibit 73: Xylem ? Segment focus
Exhibit 74: Xylem ? Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月4日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21815
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】New Research Areas
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • クラウドコンピューティングの世界市場予測(~2023年)
    クラウドコンピューティングの世界市場は、2018年の2,720億米ドルから2023年には6,233億米ドルに達し、この期間中18.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動化と敏捷性の向上、カスタマーエクスペリエンスの向上の必要性、およびコスト削減と投資収益率の向上が考えられます。一方で、サイバー攻撃を受けやすいデータや熟練労働力の不足は、市場の成長を抑制する可能性があります。当調査レポートでは、クラウドコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービスモデル(Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS))分析、導入モデル(公共、民間、複合型)分析、組織サイズ分析、ワークロード分析、クラウドコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場分析:送達モード別(Webホスト、ライセンス企業、クラウドベース)、エンドユーザー別(病院、CRO、学術機関、バイオ製薬団体)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場について調査・分析し、電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場動向、電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子臨床成果評価(eCOA)ソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の加湿チャンバ市場2016
    本調査レポートでは、世界の加湿チャンバ市場2016について調査・分析し、加湿チャンバの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマート・ラベル市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・ラベル市場2015について調査・分析し、スマート・ラベルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 原子力廃炉サービスの世界市場:原子炉タイプ別(PWR、BWR、GCR)、戦略別(即時解体、遅延解体、遮蔽隔離)、容量別(800MW以下、801~1,000MW、1,000MW超)、地域別予測
    本資料は、原子力廃炉サービスの世界市場について調べ、原子力廃炉サービスの世界規模、市場動向、市場環境、原子炉タイプ別(PWR、BWR、GCR)分析、戦略別(即時解体、遅延解体、遮蔽隔離)分析、容量別(800MW以下、801~1,000MW、1,000MW超)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・原子力廃炉サービスの世界市場概要 ・原子力廃炉サービスの世界市場環境 ・原子力廃炉サービスの世界市場動向 ・原子力廃炉サービスの世界市場規模 ・原子力廃炉サービスの世界市場規模:原子炉タイプ別(PWR、BWR、GCR) ・原子力廃炉サービスの世界市場規模:戦略別(即時解体、遅延解体、遮蔽隔離) ・原子力廃炉サービスの世界市場規模:容量別(800MW以下、801~1,000MW、1,000MW超) ・原子力廃炉サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・原子力廃炉サービスの北米市場規模・予測 ・原子力廃炉サービスのアメリカ市場規模・予測 ・原子力廃炉サー …
  • 世界の断熱発泡ポリスチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の断熱発泡ポリスチレン市場2015について調査・分析し、断熱発泡ポリスチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧品包装の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、化粧品包装の世界市場について調査・分析し、化粧品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・化粧品包装の世界市場:市場動向分析 ・化粧品包装の世界市場:競争要因分析 ・化粧品包装の世界市場:種類別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場: 別分析/市場規模 ・化粧品包装の北米市場規模 ・化粧品包装の欧州市場規模 ・化粧品包装のアジア市場規模 ・化粧品包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のダイヤモンド採掘市場2020
  • 先進型地上走行誘導管制システムの世界市場:用途別(監視、計画・経路設定、モニタリング・警告、誘導)、提供タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア)、最終用途別(商業、防衛)、地域別予測
    本資料は、先進型地上走行誘導管制システムの世界市場について調べ、先進型地上走行誘導管制システムの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(監視、計画・経路設定、モニタリング・警告、誘導)分析、提供タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、最終用途別(商業、防衛)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場概要 ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場環境 ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場動向 ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場規模 ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場規模:用途別(監視、計画・経路設定、モニタリング・警告、誘導) ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場規模:提供タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア) ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場規模:最終用途別(商業、防衛) ・先進型地上走行誘導管制システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・先進型地上走行誘導管制シス …
  • VFXソフトウェアの世界市場:コンポーネント別、展開別、用途別
    当調査レポートでは、VFXソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、展開別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(映画、広告、テレビ、ゲーム)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・VFXソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・VFXソフトウェアの世界市場:展開別(オンプレミス、クラウド) ・VFXソフトウェアの世界市場:用途別(映画、広告、テレビ、ゲーム) ・VFXソフトウェアの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 電動アシスト自転車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電動アシスト自転車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動アシスト自転車市場規模、製品種類別(従来型、S型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動アシスト自転車の世界市場概要 ・電動アシスト自転車の世界市場環境 ・電動アシスト自転車の世界市場動向 ・電動アシスト自転車の世界市場規模 ・電動アシスト自転車の世界市場:業界構造分析 ・電動アシスト自転車の世界市場:製品種類別(従来型、S型) ・電動アシスト自転車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電動アシスト自転車のアメリカ市場規模・予測 ・電動アシスト自転車のヨーロッパ市場規模・予測 ・電動アシスト自転車のアジア市場規模・予測 ・電動アシスト自転車の主要国分析 ・電動アシスト自転車の世界市場:意思決定フレームワーク ・電動アシスト自転車の世界市場:成長要因、課題 ・電動アシスト自転車の世界市場:競争環境 ・電動アシスト自転車の世界市場:関連企業情報(ベン …
  • レーザー保護メガネの世界市場
    当調査レポートでは、レーザー保護メガネの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザー保護メガネの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾燥スープの世界市場2017-2021:脱水乾燥スープ、インスタント乾燥スープ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、乾燥スープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乾燥スープの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は乾燥スープの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCSC BRANDS (CSC)、Nestlé、Nissin Foods、The Kraft Heinz Company (TKHC)、Unilever等です。
  • ブラジルの原油精製市場(~2021)
  • 世界の石膏除去デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の石膏除去デバイス市場2015について調査・分析し、石膏除去デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場予測2022
    当調査レポートでは、クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、グリッド種類別分析、サービス種類別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェアラブルカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブルカメラ市場2015について調査・分析し、ウェアラブルカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 高周波フィルターの世界市場:SAWフィルター、BAWフィルター
    当調査レポートでは、高周波フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高周波フィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタルフォルトレコーダーの世界市場:種類別(多機能、専用)、インストール別(送信、生成、配信)、電圧別(220kV超、66~220kV、66kV未満)、ステーション別(自動、非自動)、地域別予測
    本資料は、デジタルフォルトレコーダーの世界市場について調べ、デジタルフォルトレコーダーの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(多機能、専用)分析、インストール別(送信、生成、配信)分析、電圧別(220kV超、66~220kV、66kV未満)分析、ステーション別(自動、非自動)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場概要 ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場環境 ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場動向 ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場規模 ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場規模:タイプ別(多機能、専用) ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場規模:インストール別(送信、生成、配信) ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場規模:電圧別(220kV超、66~220kV、66kV未満) ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場規模:ステーション別(自動、非自動) ・デジタルフォルトレコーダーの世界市場 …
  • 食品認証の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品認証の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品認証市場規模、用途別(肉・鶏肉、シーフード製品、乳製品、乳幼児用食品、飲料、その他)分析、認証種類別(ISO22000、BRC、SQF、IFS、Halal、Kosher、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ALS, DEKRA, Eurofins Scientific, Intertek Group, SGSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品認証の世界市場概要 ・食品認証の世界市場環境 ・食品認証の世界市場動向 ・食品認証の世界市場規模 ・食品認証の世界市場:業界構造分析 ・食品認証の世界市場:用途別(肉・鶏肉、シーフード製品、乳製品、乳幼児用食品、飲料、その他) ・食品認証の世界市場:認証種類別(ISO22000、BRC、SQF、IFS、Halal、Kosher、その他) ・食品認証の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品認証の北米市場規模・予測 ・ …
  • ジュースの世界市場2015
  • 全身型若年性特発性関節炎(SJIA):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の概要 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 複合材料用接着剤の世界市場予測(~2022年):エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂
    当調査レポートでは、複合材料用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、複合材料用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車HVAC(空調装置)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車HVAC(空調装置)の世界市場について調査・分析し、小型自動車HVAC(空調装置)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 高度道路交通システム(ITS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高度道路交通システム(ITS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高度道路交通システム(ITS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人工知能 (AI) チップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、人工知能 (AI) チップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工知能 (AI) チップの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 AI(人工知能)とは、機械、コンピューター、ソフトウェア、ロボット上で、人工的に人間の脳と同様の知能を実現し、複雑な問題に対する答えを見つけようとする試みを行う科学の一分野です。AIは、一般化、推論、学習、過去の経験による発見など人間の知能を必要とされるプロジェクトに応用されています。Technavio社は人工知能 (AI) チップの世界市場が2017-2021年期間中に年平均54.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AMD (Advanced Micro Devices)• Google• Intel• NVIDIA等です。
  • 太陽光駆動型UAVの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、太陽光駆動型UAVの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、太陽光駆動型UAVの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は太陽光駆動型UAVの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AeroVironment、Airbus、Alphabet、Facebook、Thales Group等です。
  • バイオインプラントの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のチャイルドシート市場2016
    本調査レポートでは、世界のチャイルドシート市場2016について調査・分析し、チャイルドシートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マレーシアのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 建築・建設用アルミニウムの世界市場:アルミニウム押出製品、アルミニウムRFP、アルミニウム鋳物、アルミニウム粉末
    当調査レポートでは、建築・建設用アルミニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築・建設用アルミニウムの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • B細胞性リンパ腫(B-Cell Lymphomas):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB細胞性リンパ腫(B-Cell Lymphomas)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B細胞性リンパ腫(B-Cell Lymphomas)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B細胞性リンパ腫(B-Cell Lymphomas)の概要 ・B細胞性リンパ腫(B-Cell Lymphomas)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞性リンパ腫(B-Cell Lymphomas)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・B細胞性リンパ腫(B-Cell Lymphomas)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 世界の協働ロボット市場規模・予測2017-2025:積載量別(5kg未満、5kg~10kg、10kgより上)、用途別(マシンテンディング、ハンドリング、接着・溶接、品質管理、ピック・プレース、パッケージング)、産業別(医薬品、食品・飲料、プラスチック・ポリマー電子機器、メタル・機械、その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の協働ロボット市場について調査・分析し、世界の協働ロボット市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の協働ロボット関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 血栓塞栓症(Thromboembolism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血栓塞栓症(Thromboembolism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血栓塞栓症(Thromboembolism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血栓塞栓症(Thromboembolism)のフェーズ3治験薬の状況 ・血栓塞栓症(Thromboembolism)治療薬の市場規模(販売予測) ・血栓塞栓症(Thromboembolism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血栓塞栓症(Thromboembolism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血栓塞栓症(Thromboembolism)治療薬剤
  • 電力産業向けバルブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電力産業向けバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力産業向けバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属顔料の世界市場
    当調査レポートでは、金属顔料の世界市場について調査・分析し、金属顔料の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 団体旅行のアジア太平洋市場:レジャー団体、特別利益団体、ハイエンド団体、インセンティブ旅行
  • 臨床検査サービスのラテンアメリカ市場規模・動向分析
  • 浮選剤の世界市場:種類別(凝集剤、捕収剤、起泡剤、分散剤、その他)、用途別(爆薬・掘削、選鉱、上下水道処理、その他)、地域別予測
    本資料は、浮選剤の世界市場について調べ、浮選剤の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(凝集剤、捕収剤、起泡剤、分散剤、その他)分析、用途別(爆薬・掘削、選鉱、上下水道処理、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHuntsman、BASF SE、The DOW Chemical Company、Clariant AG、Evonik Industries、Orica Limited、SNF Floerger SAS、Akzonobelなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・浮選剤の世界市場概要 ・浮選剤の世界市場環境 ・浮選剤の世界市場動向 ・浮選剤の世界市場規模 ・浮選剤の世界市場規模:種類別(凝集剤、捕収剤、起泡剤、分散剤、その他) ・浮選剤の世界市場規模:用途別(爆薬・掘削、選鉱、上下水道処理、その他) ・浮選剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・浮選剤の北米市場規模・予測 ・浮選剤のアメリカ市場規模・予測 ・浮選剤のヨーロッパ市場規模・ …
  • 教育分野における3Dプリンティングの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、教育分野における3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育分野における3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は教育分野における3Dプリンティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3D Systems、EnvisionTEC、ExOne、Stratasys等です。
  • 脊髄刺激装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脊髄刺激装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脊髄刺激装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アテローム性動脈硬化症治療法の世界市場:小分子、生物製剤
    Technavio社の本調査レポートでは、アテローム性動脈硬化症治療法の世界市場について調べ、アテローム性動脈硬化症治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、アテローム性動脈硬化症治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(小分子、生物製剤)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はアテローム性動脈硬化症治療の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場状況 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場規模 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場予測 ・アテローム性動脈硬化症治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(小分子、生物製剤) ・アテローム性動脈硬化症治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • VoWLANの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、VoWLANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、アプリケーション別分析、需要先別分析、地域別分析、VoWLANの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用注射器の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、歯科用注射器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品別分析、種類別分析、材料別分析、地域別分析、歯科用注射器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の電気自動車(EV)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の電気自動車(EV)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の電気自動車(EV)市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の風力タービン運用&保守市場:市場規模、動向、主要国分析
  • 特殊フィルムの世界市場
    当調査レポートでは、特殊フィルムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・特殊フィルムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・特殊フィルムの世界市場:材料別分析/市場規模 ・特殊フィルムの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・特殊フィルムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・特殊フィルムのアメリカ市場規模予測 ・特殊フィルムのヨーロッパ市場規模予測 ・特殊フィルムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 航空機整備ソリューションの世界市場予測2019-2024
    「航空機整備ソリューションの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、クラウドベース、オンプレミスなど、用途別には、Small and Medium Enterprises (SMEs)、Large Enterprisesなどに区分してまとめた調査レポートです。航空機整備ソリューションのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空機整備ソリューションの世界市場概要(サマリー) ・航空機整備ソリューションの企業別販売量・売上 ・航空機整備ソリューションの企業別市場シェア ・航空機整備ソリューションの世界市場規模:種類別(クラウドベース、オンプレミス) ・航空機整備ソリューションの世界市場規模:用途別(Small and Medium Enterprises (SMEs)、Large Enterprises) ・航空機整備ソリューションの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空機整備ソリューションのアジア市場規模 …
  • アンカーハンドリング引支援船(AHTS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アンカーハンドリング引支援船(AHTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンカーハンドリング引支援船(AHTS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"