"透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21743)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Transmission Electron Microscope

A transmission electron microscope is a type of microscope that utilizes electrons instead of light, for viewing specimens. The use of electrons allows for higher magnification and resolution of images of the specimen. It uses an electron beam transmitted through the ultra-thin specimen.

Technavio’s analysts forecast the global transmission electron microscope market to grow at a CAGR of 7.37% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global transmission electron microscope market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
? Americas
? APAC
? EMEA

Technavio’s report, Global Transmission Electron Microscope Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
? Delong America
? Hitachi High-Technologies
? JEOL
? Thermo Fisher Scientific

Market driver
? Increasing focus on nanotechnology
? For a full, detailed list, view our report

Market challenge
? High cost and heavy excise duty for transmission election microscopes
? For a full, detailed list, view our report

Market trend
? Development of new forms of transmission electron microscopes
? For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
? What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
? What are the key market trends?
? What is driving this market?
? What are the challenges to market growth?
? Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
? Market ecosystem
? Market characteristics
? Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
? Market definition
? Market sizing 2017
? Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
? Bargaining power of buyers
? Bargaining power of suppliers
? Threat of new entrants
? Threat of substitutes
? Threat of rivalry
? Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
? Segmentation by application
? Comparison by application
? Material science ? Market size and forecast 2017-2022
? Life science ? Market size and forecast 2017-2022
? Nanotechnology ? Market size and forecast 2017-2022
? Semiconductor ? Market size and forecast 2017-2022
? Others ? Market size and forecast 2017-2022
? Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
? Segmentation by end-user
? Comparison by end-user
? Industries ? Market size and forecast 2017-2022
? Academic institutions ? Market size and forecast 2017-2022
? Others ? Market size and forecast 2017-2022
? Market opportunity by end-user
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
? Geographical segmentation
? Regional comparison
? APAC ? Market size and forecast 2017-2022
? Americas ? Market size and forecast 2017-2022
? EMEA ? Market size and forecast 2017-2022
? Key leading countries
? US
? China
? Japan
? South Korea
? Germany
? Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
? Market drivers
? Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
? Development of new forms of transmission electron microscopes
? Ease of using transmission electron microscopes and their control systems
? Increasing 3D analysis needs, from advanced materials to bio-samples
? Miniaturization of electronic devices
? Rising adoption of transmission electron microscopes in the automotive industry
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
? Overview
? Landscape disruption
? Competitive scenario
PART 15: VENDOR ANALYSIS
? Vendors covered
? Vendor classification
? Market positioning of vendors
? Delong America
? Hitachi High-Technologies
? JEOL
? Thermo Fisher Scientific
PART 16: APPENDIX
? List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Related market
Exhibit 03: Global electron microscope market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global transmission electron microscope market ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 10: Global transmission electron microscope market ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: ASP trend line 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 12: Global transmission electron microscope market ? Market size and forecast 2017-2022 (unit shipments)
Exhibit 13: Global transmission electron microscope market (shipments) ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 14: Five forces analysis 2017
Exhibit 15: Five forces analysis 2022
Exhibit 16: Bargaining power of buyers
Exhibit 17: Bargaining power of suppliers
Exhibit 18: Threat of new entrants
Exhibit 19: Threat of substitutes
Exhibit 20: Threat of rivalry
Exhibit 21: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 22: Global transmission electron microscope market by application ? Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 23: Comparison by application
Exhibit 24: Material science ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 25: Material science ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Life science ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 27: Life science ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Nanotechnology ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: Nanotechnology ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Semiconductor ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 31: Semiconductor ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Others ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 33: Others ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Market opportunity by application ($ million)
Exhibit 35: Customer landscape
Exhibit 36: Global transmission electron microscope market by end-user ? Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 37: Comparison by end-user
Exhibit 38: Industries ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 39: Industries ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: Academic institutions ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 41: Academic institutions ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 42: Others ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 43: Others ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 44: Market opportunity by end-user ($ million)
Exhibit 45: Global transmission electron microscope market by geography ? Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 46: Regional comparison
Exhibit 47: APAC ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 48: APAC ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 49: Americas ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 50: Americas ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 51: EMEA ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 52: EMEA ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 53: Key leading countries
Exhibit 54: Market opportunity
Exhibit 55: Top countries in the field of nanotechnology
Exhibit 56: Vendor landscape
Exhibit 57: Landscape disruption
Exhibit 58: Global transmission electron microscope market: Vendor share 2017
Exhibit 59: Vendors covered
Exhibit 60: Vendor classification
Exhibit 61: Market positioning of vendors
Exhibit 62: Delong America – Overview
Exhibit 63: Delong America ? Geographic focus
Exhibit 64: Delong America ? Key offerings
Exhibit 65: Hitachi High-Technologies – Overview
Exhibit 66: Hitachi High-Technologies ? Business segments
Exhibit 67: Hitachi High-Technologies ? Organizational developments
Exhibit 68: Hitachi High-Technologies ? Geographic focus
Exhibit 69: Hitachi High-Technologies ? Segment focus
Exhibit 70: Hitachi High-Technologies ? Key offerings
Exhibit 71: JEOL – Overview
Exhibit 72: JEOL ? Business segments
Exhibit 73: JEOL ? Organizational developments
Exhibit 74: JEOL ? Geographic focus
Exhibit 75: JEOL? Segment focus
Exhibit 76: JEOL ? Key offerings
Exhibit 77: Thermo Fisher Scientific – Overview
Exhibit 78: Thermo Fisher Scientific ? Business segments
Exhibit 79: Thermo Fisher Scientific ? Organizational developments
Exhibit 80: Thermo Fisher Scientific ? Geographic focus
Exhibit 81: Thermo Fisher Scientific ? Segment focus
Exhibit 82: Thermo Fisher Scientific ? Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月4日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21743
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Hardware and Semiconductor
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
透過型電子顕微鏡(TEM)の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 酵素阻害薬の世界市場                             
    当調査レポートでは、酵素阻害薬の世界市場について調査・分析し、酵素阻害薬の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 酵素阻害薬の世界市場:市場動向分析 - 酵素阻害薬の世界市場:競争要因分析 - 酵素阻害薬の世界市場:種類別 ・可逆性のもの ・不可逆性のもの - 酵素阻害薬の世界市場:エンドユーザー別 ・農薬 ・医薬品 ・バイオテクノロジー ・食品&飲料 ・その他 - 酵素阻害薬の世界市場:病気の症状別 ・関節炎 ・循環器疾患 ・慢性閉塞性肺疾患 ・胃腸障害 ・炎症性疾患 ・その他 - 酵素阻害薬の世界市場:用途別 ・殺虫剤の合成 ・医薬品開発 ・診断用薬 ・その他 - 酵素阻害薬の世界市場:主要地域別分析 - 酵素阻害薬の北米市場規模(アメリカ市場等) - 酵素阻害薬のヨーロッパ市場規模 - 酵素阻害薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・酵素阻害薬の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場2020-2024
    「In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場2020-2024」は、In situハイブリダイゼーション(ISH)について市場概要、市場規模、技術別(FISH、CISH)分析、エンドユーザー別(分子診断研究所、製薬およびバイオテクノロジー企業、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場:技術別(FISH、CISH) ・In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場:エンドユーザー別(分子診断研究所、製薬およびバイオテクノロジー企業、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の組織拡張器市場2016
    本調査レポートでは、世界の組織拡張器市場2016について調査・分析し、組織拡張器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インホイールモーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用インホイールモーター市場規模、技術別(ダイレクトドライブ、ギア減速)分析、駆動タイプ別(後輪駆動、前輪駆動、全輪駆動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用インホイールモーターの世界市場概要 ・自動車用インホイールモーターの世界市場環境 ・自動車用インホイールモーターの世界市場動向 ・自動車用インホイールモーターの世界市場規模 ・自動車用インホイールモーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用インホイールモーターの世界市場:技術別(ダイレクトドライブ、ギア減速) ・自動車用インホイールモーターの世界市場:駆動タイプ別(後輪駆動、前輪駆動、全輪駆動) ・自動車用インホイールモーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用インホイールモーターの北米市場規模・予測 ・自動車用インホイールモーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 眼鏡レンズの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、眼鏡レンズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、眼鏡レンズ市場規模、製品別(多焦点レンズ、単焦点レンズ、二焦点レンズ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・眼鏡レンズの世界市場概要 ・眼鏡レンズの世界市場環境 ・眼鏡レンズの世界市場動向 ・眼鏡レンズの世界市場規模 ・眼鏡レンズの世界市場:業界構造分析 ・眼鏡レンズの世界市場:製品別(多焦点レンズ、単焦点レンズ、二焦点レンズ) ・眼鏡レンズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼鏡レンズのアメリカ市場規模・予測 ・眼鏡レンズのヨーロッパ市場規模・予測 ・眼鏡レンズのアジア市場規模・予測 ・眼鏡レンズの主要国分析 ・眼鏡レンズの世界市場:意思決定フレームワーク ・眼鏡レンズの世界市場:成長要因、課題 ・眼鏡レンズの世界市場:競争環境 ・眼鏡レンズの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業における産業用バルブ市場規模、製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場概要 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場環境 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場動向 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場規模 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他) ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの北米市場規模・予測 ・石油・ガス産業における産業用バルブのヨーロッ …
  • 中南米の輸液ポンプ市場予測(~2021年)
  • 内燃エンジンの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、内燃エンジンの世界市場について調査・分析し、内燃エンジンの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・内燃エンジンの世界市場規模:用途別分析 ・内燃エンジンの世界市場規模:製品別分析 ・内燃エンジンの世界市場規模:サイクル別分析 ・内燃エンジンの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • データセンター液浸冷却の世界市場動向・予測
  • メキシコのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 遺伝子治療の世界市場:ベクター種類別(ウイルスベクター、非ウイルスベクター)、遺伝子種類別(抗原、サイトカイン、腫瘍抑制因子、自殺、欠乏、成長因子、受容体、その他)、用途別(腫瘍性疾患、希少疾患、心血管疾患、神経疾患、感染症、その他)
    本調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、ベクター種類別(ウイルスベクター、非ウイルスベクター)分析、遺伝子種類別(抗原、サイトカイン、腫瘍抑制因子、自殺、欠乏、成長因子、受容体、その他)分析、用途別(腫瘍性疾患、希少疾患、心血管疾患、神経疾患、感染症、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・遺伝子治療の世界市場:ベクター種類別(ウイルスベクター、非ウイルスベクター) ・遺伝子治療の世界市場:遺伝子種類別(抗原、サイトカイン、腫瘍抑制因子、自殺、欠乏、成長因子、受容体、その他) ・遺伝子治療の世界市場:用途別(腫瘍性疾患、希少疾患、心血管疾患、神経疾患、感染症、その他) ・遺伝子治療の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 高級ヨットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高級ヨットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高級ヨット市場規模、推進力別(モーター付きヨット、帆走ヨット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amels, Azimut Benetti, Feadship, ISA Yachts, OVERMARINE GROUPなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高級ヨットの世界市場概要 ・高級ヨットの世界市場環境 ・高級ヨットの世界市場動向 ・高級ヨットの世界市場規模 ・高級ヨットの世界市場:業界構造分析 ・高級ヨットの世界市場:推進力別(モーター付きヨット、帆走ヨット) ・高級ヨットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高級ヨットの北米市場規模・予測 ・高級ヨットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高級ヨットのアジア太平洋市場規模・予測 ・高級ヨットの主要国分析 ・高級ヨットの世界市場:意思決定フレームワーク ・高級ヨットの世界市場:成長要因、課題 ・高級ヨットの …
  • OTT端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTT端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTT端末・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ダイナミック・ポジショニング・システム(DPS/自動船位保持)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ダイナミック・ポジショニング・システム(DPS/自動船位保持)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、サブシステム別分析、用途別分析、装置種類別分析、地域別分析、ダイナミック・ポジショニング・システム(DPS/自動船位保持)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用鋳物の世界市場2016-2020:鉄系鋳物、非鉄系鋳物
    当調査レポートでは、工業用鋳物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用鋳物の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの整形外科装置市場見通し
  • 対話型システムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、対話型システムの世界市場について調べ、対話型システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、対話型システムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(テキスト、音声)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は対話型システムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・対話型システムの市場状況 ・対話型システムの市場規模 ・対話型システムの市場予測 ・対話型システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(テキスト、音声) ・対話型システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 麻酔用フェイスマスクの世界市場2020-2024
    「麻酔用フェイスマスクの世界市場2020-2024」は、麻酔用フェイスマスクについて市場概要、市場規模、製品別(使い捨てフェイスマスク、再利用可能フェイスマスク)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・麻酔用フェイスマスクの世界市場:製品別(使い捨てフェイスマスク、再利用可能フェイスマスク) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 太陽熱の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、太陽熱の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、太陽熱市場規模、用途別(発熱、発電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abengoa, ACCIONA, Bosch Thermotechnology, GREENoneTEC, Viessmannなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・太陽熱の世界市場概要 ・太陽熱の世界市場環境 ・太陽熱の世界市場動向 ・太陽熱の世界市場規模 ・太陽熱の世界市場:業界構造分析 ・太陽熱の世界市場:用途別(発熱、発電) ・太陽熱の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽熱の北米市場規模・予測 ・太陽熱のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・太陽熱のアジア太平洋市場規模・予測 ・太陽熱の主要国分析 ・太陽熱の世界市場:意思決定フレームワーク ・太陽熱の世界市場:成長要因、課題 ・太陽熱の世界市場:競争環境 ・太陽熱の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 家庭用ロボットの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、家庭用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(製品、サービス)分析、種類別(ドメスティック、エンタテインメント&レジャー)分析、用途別(掃除機、芝刈り機、同伴者、高齢者および身体障害者用手助け、ロボット玩具およびホビーシステム)分析、家庭用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、家庭用ロボットの世界市場規模が2019年33億ドルから2024年91億ドルまで年平均22.4%成長すると予測しています。
  • モバイルおよび無線バックホールの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、モバイルおよび無線バックホールの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:イントロダクション ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:市場概観 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:セグメント別市場分析 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:機器別分析/市場規模 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:主要地域別市場分析 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:関連企業分析
  • 天然ガス商用車の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、天然ガス商用車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然ガス商用車の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 雲母の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、雲母の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、雲母市場規模、用途別(エレクトロニクス、塗料・コーティング剤、建設、化粧品、その他)分析、形状種類別(自然、合成)分析、グレード別(粉末、シート、ビルドアップ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Asheville-Schoonmaker Mica Company, Daruka Minerals, Mica Manufacturing, The Premier Mica Company, USAMICAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・雲母の世界市場概要 ・雲母の世界市場環境 ・雲母の世界市場動向 ・雲母の世界市場規模 ・雲母の世界市場:業界構造分析 ・雲母の世界市場:用途別(エレクトロニクス、塗料・コーティング剤、建設、化粧品、その他) ・雲母の世界市場:形状種類別(自然、合成) ・雲母の世界市場:グレード別(粉末、シート、ビルドアップ) ・雲母の世界市場:地域別市場 …
  • ドイツの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 特殊紙の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊紙市場規模、種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他)分析、原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他)分析、用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊紙の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊紙の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊紙の世界市場:種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他) ・ 特殊紙の世界市場:原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他) ・ 特殊紙の世界市場:用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気 …
  • アレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・アレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・アレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアレルギー性結膜炎(Allergic Conjunctivitis)治療薬剤
  • 世界の耐火性セラミック繊維(RCF)市場2015
    本調査レポートでは、世界の耐火性セラミック繊維(RCF)市場2015について調査・分析し、耐火性セラミック繊維(RCF)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の中圧ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の中圧ケーブル市場2015について調査・分析し、中圧ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産養殖のインドネシア市場2017-2021
    当調査レポートでは、水産養殖のインドネシア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、水産養殖のインドネシア市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は水産養殖のインドネシア市場が2017-2021年期間中に年平均13.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• PT. Bumi Menara Internusa• PT. Dharma Samudera Fishing Industries• PT. Japfa Comfeed Indonesia• PT. Mega Marine Pride等です。
  • 世界及び日本の産業用照明市場2017-2022
  • レンタカーの世界市場(~2019)
  • 戦術通信装置の世界市場予測(~2021年):兵士用無線、Manpack、VIC、HCDR
    当調査レポートでは、戦術通信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、プラットフォーム別分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、戦術通信装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるメラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストの概要 ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のメラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • サイバー保険の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サイバー保険の世界市場について調査・分析し、サイバー保険の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サイバー保険シェア、市場規模推移、市場規模予測、サイバー保険種類別分析(中小企業、大企業)、サイバー保険用途別分析(医療、小売、金融サービス、情報科学技術・サービス、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サイバー保険の市場概観 ・サイバー保険のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サイバー保険のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サイバー保険の世界市場規模 ・サイバー保険の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サイバー保険のアメリカ市場規模推移 ・サイバー保険のカナダ市場規模推移 ・サイバー保険のメキシコ市場規模推移 ・サイバー保険のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サイバー保険のドイツ市場規模推移 ・サイバー保険のイギリス市場規模推移 ・サイバー保険のロシア市場規模推移 ・サイバー保険のアジア市場分析(日本、 …
  • スポーツ産業におけるRTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スポーツ産業におけるRTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ産業におけるRTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用発電機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用発電機の世界市場規模及び予測、部門別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • TEVAR(胸部大動脈瘤ステントグラフト治療)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、TEVAR(胸部大動脈瘤ステントグラフト治療)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、TEVAR(胸部大動脈瘤ステントグラフト治療)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カラーマスターバッチの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、カラーマスターバッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、樹脂別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 核廃棄物管理の世界市場2017-2027:廃棄物種類別、原子炉別(沸騰水型、ガス冷却型、加圧水型、加圧重水炉型)、地域別
    当調査レポートでは、核廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、核廃棄物管理の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 掘削廃棄物管理の世界市場:処理・廃棄、格納・ハンドリング、固形物制御
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HSS金属切削工具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、HSS金属切削工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HSS金属切削工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はHSS金属切削工具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Kennametal、LMT Onsrud、NACHI-FUJIKOSHI、OSG、Sandvik Coromant等です。
  • ラボ情報科学の世界市場:CDS、EDC、LES、ECM、ELN、LIMS、SDMS
    当調査レポートでは、ラボ情報科学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、産業別分析、ラボ情報科学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スマートキーFOBの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用スマートキーFOBの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用スマートキーFOB市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場概要 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場環境 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場動向 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場規模 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:業界構造分析 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用スマートキーFOBの北米市場規模・予測 ・自動車用スマートキーFOBのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用スマートキーFOBのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用スマートキーFOBの主要国分析 ・自動車用スマートキーFOBの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用スマート …
  • アルコール飲料の世界市場:ビール、ワイン、スピリッツ(蒸留酒)
    当調査レポートでは、アルコール飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アルコール飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物健康、動物医療、殺寄生虫薬、抗菌薬、抗生物質、ワクチン、飼料添加物、成長促進物質
  • 石油増進回収法(EOR)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、石油増進回収法(EOR)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 石油増進回収法(EOR)の世界市場:市場動向分析 - 石油増進回収法(EOR)の世界市場:競争要因分析 - 石油増進回収法の世界市場:技術別 ・熱攻法石油増進回収法 ・ガス/CO2石油増進回収法 ・微生物・地震波石油増進回収法 ・化学的石油増進回収法 ・その他 - 石油増進回収法の世界市場:用途別 ・沖合 ・陸上 - 石油増進回収法(EOR)の世界市場:主要地域別分析 - 石油増進回収法(EOR)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 石油増進回収法(EOR)のヨーロッパ市場規模 - 石油増進回収法(EOR)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・石油増進回収法(EOR)の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • パスタの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パスタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パスタの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 中東のメカニカルシール市場2017-2021
    当調査レポートでは、中東のメカニカルシール市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東のメカニカルシール市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの心臓血管疾患用装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"