"エアロゾル冷媒の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22040)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"エアロゾル冷媒の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Aerosol Refrigerants

Refrigerants are used in a refrigeration cycle for cooling. During refrigeration, a refrigerant undergoes phase transitions. Chlorofluorocarbon, one of the most common refrigerant, is getting phased out due to its high ozone-depleting potential.

Technavio’s analysts forecast the global aerosol refrigerants market to grow at a CAGR of 6.50% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global aerosol refrigerants market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
? Americas
? APAC
? EMEA

Technavio’s report, Global Aerosol Refrigerants Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
? Akzo Nobel
? Arkema Group
? DAIKIN INDUSTRIES
? Dongyue Group
? SRF
? The Chemours Company

Market driver
? Increasing demand for refrigerators, air conditioners, and chillers
? For a full, detailed list, view our report

Market challenge
? Raw material price fluctuations
? For a full, detailed list, view our report

Market trend
? Plastic aerosol cans gaining prominence
? For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
? What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
? What are the key market trends?
? What is driving this market?
? What are the challenges to market growth?
? Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"エアロゾル冷媒の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
? Market ecosystem
? Market characteristics
? Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
? Market definition
? Market sizing 2017
? Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
? Bargaining power of buyers
? Bargaining power of suppliers
? Threat of new entrants
? Threat of substitutes
? Threat of rivalry
? Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
? Segmentation by product
? Comparison by product
? Aluminum ? Market size and forecast 2017-2022
? Steel ? Market size and forecast 2017-2022
? Market opportunity by product
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
? Geographical segmentation
? Regional comparison
? EMEA ? Market size and forecast 2017-2022
? Americas ? Market size and forecast 2017-2022
? APAC ? Market size and forecast 2017-2022
? Key leading countries
? Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
? Market drivers
? Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
? Replacement of high-GWP refrigerants with low-GWP alternatives
? Plastic aerosol cans gaining prominence
? Updated refrigerant management requirements
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
? Overview
? Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
? Vendors covered
? Vendor classification
? Market positioning of vendors
? Akzo Nobel
? Arkema Group
? DAIKIN INDUSTRIES
? Dongyue Group
? SRF
? The Chemours Company
PART 15: APPENDIX
? List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Segments of global refrigerants market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017: Global aerosol refrigerants market
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global aerosol refrigerants market? Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 09: Global aerosol refrigerants market? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Product ? Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Aluminum ? Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 21: Aluminum ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Steel ? Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 23: Steel ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by product
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Global aerosol refrigerants market ? Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 27: Regional comparison
Exhibit 28: EMEA ? Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 29: EMEA ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Americas ? Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 31: Americas ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: APAC ? Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 33: APAC ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Price fluctuations of Brent crude oil 2010-2017 ($/bbl)
Exhibit 37: Price fluctuations of natural gas 2010-2017 ($/mn Btu)
Exhibit 38: Vendor landscape
Exhibit 39: Landscape disruption
Exhibit 40: Vendors covered
Exhibit 41: Vendor classification
Exhibit 42: Market positioning of vendors
Exhibit 43: Vendor overview: Akzo Nobel
Exhibit 44: Akzo Nobel ? Business segments
Exhibit 45: Akzo Nobel ? Organizational developments
Exhibit 46: Akzo Nobel ? Geographic focus
Exhibit 47: Akzo Nobel ? Segment focus
Exhibit 48: Akzo Nobel ? Key offerings
Exhibit 49: Vendor overview: Arkema Group
Exhibit 50: Arkema Group ? Business segments
Exhibit 51: Arkema Group ? Organizational developments
Exhibit 52: Arkema Group ? Geographic focus
Exhibit 53: Arkema Group ? Segment focus
Exhibit 54: Arkema Group ? Key offerings
Exhibit 55: Vendor overview: DAIKIN INDUSTRIES
Exhibit 56: DAIKIN INDUSTRIES ? Business segments
Exhibit 57: DAIKIN INDUSTRIES ? Organizational developments
Exhibit 58: DAIKIN INDUSTRIES ? Geographic focus
Exhibit 59: DAIKIN INDUSTRIES ? Segment focus
Exhibit 60: DAIKIN INDUSTRIES ? Key offerings
Exhibit 61: Vendor overview: Dongyue Group
Exhibit 62: Dongyue Group ? Business segments
Exhibit 63: Dongyue Group ? Organizational developments
Exhibit 64: Dongyue Group ? Geographic focus
Exhibit 65: Dongyue Group ? Segment focus
Exhibit 66: Dongyue Group ? Key offerings
Exhibit 67: Vendor overview: SRF
Exhibit 68: SRF ? Business segments
Exhibit 69: SRF ? Organizational developments
Exhibit 70: SRF ? Geographic focus
Exhibit 71: SRF ? Segment focus
Exhibit 72: SRF ? Key offerings
Exhibit 73: Vendor overview: The Chemours Company
Exhibit 74: The Chemours Company ? Business segments
Exhibit 75: The Chemours Company ? Organizational developments
Exhibit 76: The Chemours Company ? Geographic focus
Exhibit 77: The Chemours Company ? Segment focus
Exhibit 78: The Chemours Company ? Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】エアロゾル冷媒の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月7日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22040
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Chemicals and Materials
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
エアロゾル冷媒の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • クラフトスピリッツの世界市場2017-2021:クラフトジン、クラフトウィスキー、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クラフトスピリッツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラフトスピリッツの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラフトスピリッツの世界市場が2017-2021年期間中に年平均26.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBacardi、Beam Suntory、Constellation Brands、Distell、Pernod Ricard等です。
  • Bcl-wタンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBcl-wタンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Bcl-wタンパク質阻害剤の概要 ・Bcl-wタンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のBcl-wタンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Bcl-wタンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Bcl-wタンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ネイルケアの世界市場
    当調査レポートでは、ネイルケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネイルケアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用ワクチンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動物用ワクチン市場規模、タイプ別(豚、家禽、家畜、ペット、牛、水産養殖、ウイルス、バクテリア、寄生虫、感染症、その他)分析、技術別(弱毒化ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドワクチン、組換えワクチン分析、サブユニットワクチン、DNAワクチン、共役ワクチン、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 動物用ワクチンの世界市場:市場動向分析 ・ 動物用ワクチンの世界市場:競争要因分析 ・ 動物用ワクチンの世界市場:タイプ別(豚、家禽、家畜、ペット、牛、水産養殖、ウイルス、バクテリア、寄生虫、感染症、その他) ・ 動物用ワクチンの世界市場:技術別(弱毒化ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドワクチン、組換えワクチン ・ 動物用ワクチンの世界市場:サブユニットワクチン、DNAワクチン、共役ワクチン、その他) ・ 動物用ワクチンの世界市場:主要地域別分析 ・ 動物用ワクチ …
  • 帯電防止剤の世界市場2017-2021:電子、工業用包装、塗料、自動車、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、帯電防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、帯電防止剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は帯電防止剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Akzo Nobel、BASF、The Dow Chemical Company、Evonik Industries等です。
  • イスラエルのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 神経血管装置の世界市場:治療用途別(脳卒中、脳動脈狭窄、脳動脈瘤)装置種類別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経血管装置の世界市場について調査・分析し、神経血管装置の世界市場動向、神経血管装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経血管装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フルーツパウダー(ソフトドリンク)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場分析:用途別(股関節総置換、膝置換、肩置換、足首置換、小関節)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場について調査・分析し、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場動向、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の非澱粉多糖類酵素市場2015
    本調査レポートでは、世界の非澱粉多糖類酵素市場2015について調査・分析し、非澱粉多糖類酵素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 異文化トレーニングコースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、異文化トレーニングコースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、異文化トレーニングコースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 異文化トレーニングとは、人々が新しい文化を理解・順応できるように知識・スキルを向上させるサービスです。この20年間でグローバル化や技術進歩を背景に、教育・企業研修の分野では市場環境が大幅に変化しました。特に、PCなどの情報機器の進歩に合わせて、ゲーミフィケーションや各種アプリ、ソーシャルネットワークなど 新たな学習方法が登場し、従業員の学習機会が大きく広がっていますTechnavio社は異文化トレーニングコースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Babel Language and Cross Cultural Training• Global Integration• GROV …
  • 白内障(Cataract):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、白内障(Cataract)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・白内障(Cataract):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・白内障(Cataract)のフェーズ3治験薬の状況 ・白内障(Cataract)治療薬の市場規模(販売予測) ・白内障(Cataract)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・白内障(Cataract)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の白内障(Cataract)治療薬剤
  • 韓国の脊椎手術処置動向(~2021)
  • 下痢(Diarrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における下痢(Diarrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・下痢(Diarrhea)の概要 ・下痢(Diarrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の下痢(Diarrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・下痢(Diarrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • ビルエネルギー管理サービスのインド市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルエネルギー管理サービスのインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビルエネルギー管理サービスのインド市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ホモジナイザーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ホモジナイザーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホモジナイザー市場規模、用途別(化学処理、医薬品、食品・乳製品、化粧品・パーソナルケア、その他)分析、製品別(機械式ホモジナイザー、圧力式ホモジナイザー、超音波式ホモジナイザー、その他)分析、機能別(手動ホモジナイザー、自動ホモジナイザー、その他)分析、バルブ種類別(単弁、二重弁、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ホモジナイザーの世界市場:市場動向分析 ・ ホモジナイザーの世界市場:競争要因分析 ・ ホモジナイザーの世界市場:用途別(化学処理、医薬品、食品・乳製品、化粧品・パーソナルケア、その他) ・ ホモジナイザーの世界市場:製品別(機械式ホモジナイザー、圧力式ホモジナイザー、超音波式ホモジナイザー、その他) ・ ホモジナイザーの世界市場:機能別(手動ホモジナイザー、自動ホモジナイザー、その他) ・ ホモジナイザーの世界市場:バルブ種類別(単弁、二重 …
  • 世界の真空接触器市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空接触器市場2015について調査・分析し、真空接触器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパワートレインコントロールモジュール(PCM)市場2015
    本調査レポートでは、世界のパワートレインコントロールモジュール(PCM)市場2015について調査・分析し、パワートレインコントロールモジュール(PCM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、バイオプロセス検証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、テスト種類別(抽出物および浸出物、完全性テスト、微生物学テスト)分析、プロセスコンポーネント別(フィルター要素、バイオリアクター)分析、エンドユーザー別(CDMO、バイオテクノロジー、製薬会社)分析、バイオプロセス検証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、バイオプロセス検証の世界市場規模が2019年180百万ドルから2024年360百万ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • 北米の鉄粉末市場:アトマイズ鉄粉、カルボニル鉄粉
    当調査レポートでは、北米の鉄粉末市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の鉄粉末市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用不凍液の世界市場予測(~2021年):エチレングリコール、プロピレングリコール、グリセリン
    当調査レポートでは、自動車用不凍液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、製品別分析、技術別分析、地域別分析、自動車用不凍液の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CTO蒸留の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、CTO蒸留の世界市場について調査・分析し、CTO蒸留の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別CTO蒸留シェア、市場規模推移、市場規模予測、CTO蒸留種類別分析(トール油脂肪酸(TOFA)、トール油ロジン(TOR)、トール油ピッチ(TOP)、蒸留トール油(DTO))、CTO蒸留用途別分析(燃料・燃料添加剤、界面活性剤、鉱業・油田用化学薬品、塗装・インク、ゴム、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・CTO蒸留の市場概観 ・CTO蒸留のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・CTO蒸留のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・CTO蒸留の世界市場規模 ・CTO蒸留の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・CTO蒸留のアメリカ市場規模推移 ・CTO蒸留のカナダ市場規模推移 ・CTO蒸留のメキシコ市場規模推移 ・CTO蒸留のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・CTO蒸留のドイツ市場規模推移 ・CTO蒸留のイギリス市場規模推移 …
  • 世界の住血吸虫症市場2019
    本調査レポートでは、世界の住血吸虫症市場2019について調査・分析し、住血吸虫症の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、住血吸虫症のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、住血吸虫症メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・住血吸虫症の市場概要 ・住血吸虫症の上流・下流市場分析 ・住血吸虫症のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・住血吸虫症のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・住血吸虫症のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・住血吸虫症の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・住血吸虫症の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出 …
  • 輸送機関用バッテリーの世界市場2018-2022
    輸送機関用バッテリーは、車両に電流を流してエンジンを推進させ、車両の電気系統に電力を供給する充電式バッテリーです。Technavioのアナリストは、2018年から2022年の期間に、輸送機関用バッテリーの世界市場が11.48%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、EnerSys、Exide Technologies、GS Yuasa International、Johnson Controls、Panasonic、SAMSUNG SDIなどです。 当調査レポートでは、輸送機関用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、輸送機関用バッテリー市場規模、用途別(自動車、EV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・輸送機関用バッテリーの世界市場概要 ・輸送機関用バッテリーの世界市場環境 ・輸送機関用バッテリーの世界市場動向 ・輸送機関用バッテリーの世界市場規模 ・輸送機関用バッテリーの世界市場:業界構造分析 ・ …
  • 世界の液圧歯車ポンプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の液圧歯車ポンプ市場2016について調査・分析し、液圧歯車ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエポキシ樹脂市場規模・予測2017-2025:形態別(液体、固体、・ソリューション)、用途別(塗料・塗装、接着剤・シーラント、複合材料)、エンドユーズ産業別(建物・建築、航空宇宙、風力発電、船舶、一般消費財)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のエポキシ樹脂市場について調査・分析し、世界のエポキシ樹脂市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のエポキシ樹脂関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の心臓補助装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、心臓補助装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心臓補助装置の概要 ・心臓補助装置の開発動向:開発段階別分析 ・心臓補助装置の開発動向:セグメント別分析 ・心臓補助装置の開発動向:領域別分析 ・心臓補助装置の開発動向:規制Path別分析 ・心臓補助装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心臓補助装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心臓補助装置の最近動向
  • 世界のオゾケライト・ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のオゾケライト・ワックス市場2015について調査・分析し、オゾケライト・ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Eコンパスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、Eコンパスの世界市場について調査・分析し、Eコンパスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・Eコンパスの世界市場規模:センサ別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:技術別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:製品別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:用途別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 爆発物探知機(ETD)の世界市場:製品別(携帯式、車載式)、用途別(軍事・防衛、公安、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、爆発物探知機(ETD)の世界市場について調査・分析し、爆発物探知機(ETD)の世界市場動向、爆発物探知機(ETD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別爆発物探知機(ETD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Radio over Fiber(RoF)の世界市場2018-2022
    Radio over Fiber(RoF)は、光ファイバー上で無線周波数を変調してファイバーネットワークを使用するために使用される技術です。より多くのユーザーや関連するサービスを対象にできるように、モバイルおよび固定のセルラーネットワークの両方において、無線媒体を介してブロードバンドサービスやインタラクティブマルチメディアサービスを提供するために使用されます。Radio over Fiber(RoF)の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率11.27%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、APIC Corporation、EMCORE、Finisar、HUBER+SUHNER、RFOpticなどです。 当調査レポートでは、Radio over Fiber(RoF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Radio over Fiber(RoF)市場規模、用途別(衛星通信、防衛、テレコム、その他)分析、製品別(0〜2.9GHz、3〜7GHz、8〜17GHz、18〜29GHz、30GHz以上)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッ …
  • 商用P2Pコンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場予測(~2023年)
    P2P CDNの世界市場は、2018年の13億米ドルから2023年には26億米ドルに達し、この期間中14.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。デジタル化とビデオCDNは、さまざまな企業で盛り上がりを見せています。 これを受けて、リアルタイムのビデオストリーミングソリューション向けのモバイルデバイスの採用が増加すると期待されています。 CDNは動画配信の主な方法です。 つまり、動画ストリーミングサービスが拡大することにより、商用P2P CDN市場の成長が後押されると考えられています。一方で、ネットワーク接続や動画ストリーミングの技術的な問題などにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、商用P2Pコンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンテンツタイプ(ビデオと非ビデオ)分析、ソリューション(ウェブパフォーマンスの最適化、メディアデリバリ、クラウドセキュリティ)分析、サービス分析、エンドユーザーセグメント(消費者、ビジネス)分析、商用P2Pコンテ …
  • 発電ボイラーの世界市場2017-2021:石炭ボイラー、ガスボイラー、石油ボイラー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、発電ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電ボイラーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は発電ボイラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmec Foster Wheeler、Babcock & Wilcox Enterprises、DONGFANG BOILER GROUP、General Electric、Harbin Electric、MITSUBISHI HITACHI POWER SYSTEMS等です。
  • 世界の環境衛生・安全市場規模・予測2017-2025:商品別(ソフトウェア、サービス)、用途別(医療・医薬品廃棄物管理、産業用廃棄物管理、廃水管理)、エンドユーズ別、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の環境衛生・安全市場について調査・分析し、世界の環境衛生・安全市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の環境衛生・安全関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ゲーム周辺機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲーム周辺機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲーム周辺機器の世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はゲーム周辺機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均(12.75%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Corsair, • Logitech, • Razer, • SteelSeries等です。
  • 世界の炊飯器市場2015
    本調査レポートでは、世界の炊飯器市場2015について調査・分析し、炊飯器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キラル化学物質の世界市場分析:技術別(従来の分離法、不斉合成法[非対称合成法、非対称触媒法]、生物学的分離法)、用途別(医薬品、農薬、香味料/香料)、セグメント予測
    本調査レポートでは、キラル化学物質の世界市場について調査・分析し、キラル化学物質の世界市場動向、キラル化学物質の世界市場規模、市場予測、セグメント別キラル化学物質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 地理空間解析の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、地理空間解析の世界市場について調査・分析し、地理空間解析の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・地理空間解析の世界市場規模:技術別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:用途別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:種類別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ロシアの組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • 世界の八モリブデン酸アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の八モリブデン酸アンモニウム市場2016について調査・分析し、八モリブデン酸アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大麻ベースアルコール飲料の世界市場2020-2024
    「大麻ベースアルコール飲料の世界市場2020-2024」は、大麻ベースアルコール飲料について市場概要、市場規模、製品別(大麻入りビール、大麻入りスピリッツ、大麻入りワイン)分析、用途別分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・大麻ベースアルコール飲料の世界市場:製品別(大麻入りビール、大麻入りスピリッツ、大麻入りワイン) ・大麻ベースアルコール飲料の世界市場:用途別 ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ヨット塗装・整備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヨット塗装・整備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヨット塗装・整備市場規模、種類別分析、用途別(中古、新品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bonsink Yacht Painters, GYG, Nautipaints, Thraki Yacht Painting, Yachting Protectionなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヨット塗装・整備の世界市場概要 ・ヨット塗装・整備の世界市場環境 ・ヨット塗装・整備の世界市場動向 ・ヨット塗装・整備の世界市場規模 ・ヨット塗装・整備の世界市場:業界構造分析 ・ヨット塗装・整備の世界市場:種類別 ・ヨット塗装・整備の世界市場:用途別(中古、新品) ・ヨット塗装・整備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨット塗装・整備の北米市場規模・予測 ・ヨット塗装・整備のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヨット塗装・整備のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヨ …
  • サーキットトレーサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、サーキットトレーサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーキットトレーサー市場規模、エンドユーザ別(サービスプロバイダ、工業ユーザ、商業ユーザ) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サーキットトレーサーの世界市場概要 ・サーキットトレーサーの世界市場環境 ・サーキットトレーサーの世界市場動向 ・サーキットトレーサーの世界市場規模 ・サーキットトレーサーの世界市場:業界構造分析 ・サーキットトレーサーの世界市場:エンドユーザ別(サービスプロバイダ、工業ユーザ、商業ユーザ) ・サーキットトレーサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サーキットトレーサーの北米市場規模・予測 ・サーキットトレーサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サーキットトレーサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・サーキットトレーサーの主要国分析 ・サーキットトレーサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・サーキットトレーサーの世界 …
  • 高級カーオーディオの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高級カーオーディオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高級カーオーディオの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低リン酸血症(Hypophosphatemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低リン酸血症(Hypophosphatemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低リン酸血症(Hypophosphatemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低リン酸血症(Hypophosphatemia)治療薬剤
  • 世界のイソプロピルアルコール(IPA)市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソプロピルアルコール(IPA)市場2015について調査・分析し、イソプロピルアルコール(IPA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 咽頭鏡の世界市場2018-2022
    咽頭鏡は、咽頭の解剖学的構造を検査し、異常があるかどうかを評価するために使用される装置です。主にファイバー咽頭鏡とビデオ咽頭鏡に分類されます。咽頭鏡の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率8.1%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Halma、HOYA、Huger Medical Instrument、KARL STORZ、Olympus、Richard Wolfなどです。 当調査レポートでは、咽頭鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、咽頭鏡市場規模、製品別(ファイバー咽頭鏡、ビデオ咽頭鏡)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・咽頭鏡の世界市場概要 ・咽頭鏡の世界市場環境 ・咽頭鏡の世界市場動向 ・咽頭鏡の世界市場規模 ・咽頭鏡の世界市場:業界構造分析 ・咽頭鏡の世界市場:製品別(ファイバー咽頭鏡、ビデオ咽頭鏡) ・咽頭鏡の世界市場:エンドユーザー別 ・咽頭鏡の世界市場:地域別市 …
  • 世界のレーザー距離計市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザー距離計市場2015について調査・分析し、レーザー距離計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルパイプ絶縁の世界市場予測(~2021年):繊維ガラス、エラストマー、エアロゲル、架橋ポリエチレン
    当調査レポートでは、フレキシブルパイプ絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、絶縁タイプ別分析、地域別分析、フレキシブルパイプ絶縁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"