"鉄道車両用補助電源システムの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21481)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鉄道車両用補助電源システムの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Auxiliary Power Systems for Rolling Stock

Auxiliary power systems (APS)for rolling stocks provide power to systems essential to train operation apart for traction. The growth in facilities provided on-board is increasing continuously, thus giving rise to the need for auxiliary power systems.

Technavio’s analysts forecast the global auxiliary power systems for rolling stock market to grow at a CAGR of 5.27% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global auxiliary power systems for rolling stock market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
? Americas
? APAC
? EMEA

Technavio’s report, Global Auxiliary Power Systems for Rolling Stock Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
? ABB
? GENERAL ELECTRIC
? Mitsubishi Electric
? SMA Railway Technology
? Toshiba
? TTM Rail – Transtech Melbourne

Market driver
? Growth in railway electrification
? For a full, detailed list, view our report

Market challenge
? Lack of private sector participation in developing economies
? For a full, detailed list, view our report

Market trend
? Emergence of Maglev trains
? For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
? What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
? What are the key market trends?
? What is driving this market?
? What are the challenges to market growth?
? Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"鉄道車両用補助電源システムの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
? Market ecosystem
? Market characteristics
? Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
? Market definition
? Market sizing 2017
? Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
? Bargaining power of buyers
? Bargaining power of suppliers
? Threat of new entrants
? Threat of substitutes
? Threat of rivalry
? Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
? Segmentation by product
? Comparison by product
? Rapid transit vehicles ? Market size and forecast 2017-2022
? Locomotives ? Market size and forecast 2017-2022
? Railroad cars ? Market size and forecast 2017-2022
? Market opportunity by product
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
? Geographical segmentation
? Regional comparison
? Americas ? Market size and forecast 2017-2022
? EMEA ? Market size and forecast 2017-2022
? APAC ? Market size and forecast 2017-2022
? Key leading countries
? Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
? Market drivers
? Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
? Emergence of Maglev trains
? IoT-based remote monitoring of train and tracks
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
? Overview
? Landscape disruption
? Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
? Vendors covered
? Vendor classification
? Market positioning of vendors
? ABB
? GENERAL ELECTRIC
? Mitsubishi Electric
? SMA Railway Technology
? Toshiba
? TTM Rail – Transtech Melbourne
PART 15: APPENDIX
? List of abbreviations
Exhibit 01: Related market
Exhibit 02: Global rolling stocks market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global auxiliary power systems for rolling stock market ? Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global auxiliary power systems for rolling stock market ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Projected growth of middle-class population
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Product ? Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by product
Exhibit 21: Rapid transit vehicles ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Rapid transit vehicles ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Locomotives ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Locomotives ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Railroad cars ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 26: Railroad cars ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Global rail passenger traffic 2011-2015 (in billion passengers kilometers)
Exhibit 28: Market opportunity by product
Exhibit 29: Customer landscape
Exhibit 30: Global auxiliary power systems for rolling stock market ? Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 31: Regional comparison
Exhibit 32: Americas ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 33: High-speed rail projects underway in the US
Exhibit 34: Americas ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: EMEA ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 36: Rail passenger transport in Europe 2014 and 2015 (thousand passengers)
Exhibit 37: EMEA ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: APAC ? Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 39: India and China rail line 2010-2015 (route-km)
Exhibit 40: APAC ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 41: Key leading countries
Exhibit 42: Market opportunity
Exhibit 43: Role of the government in railway industry
Exhibit 44: Cost of track maintenance and mechanical stress comparison
Exhibit 45: Vendor landscape
Exhibit 46: Landscape disruption
Exhibit 47: Vendors covered
Exhibit 48: Vendor classification
Exhibit 49: Market positioning of vendors
Exhibit 50: Vendor overview
Exhibit 51: ABB ? Business segments
Exhibit 52: ABB ? Organizational developments
Exhibit 53: ABB ? Geographic focus
Exhibit 54: ABB ? Segment focus
Exhibit 55: ABB ? Key offerings
Exhibit 56: Vendor Overview
Exhibit 57: GENERAL ELECTRIC ? Business segments
Exhibit 58: GENERAL ELECTRIC ? Organizational developments
Exhibit 59: GENERAL ELECTRIC ? Geographic focus
Exhibit 60: GENERAL ELECTRIC ? Segment focus
Exhibit 61: GENERAL ELECTRIC ? Key offerings
Exhibit 62: Vendor overview
Exhibit 63: Mitsubishi Electric ? Business segments
Exhibit 64: Mitsubishi Electric ? Organizational developments
Exhibit 65: Mitsubishi Electric ? Geographic focus
Exhibit 66: Mitsubishi Electric ? Segment focus
Exhibit 67: Mitsubishi Electric ? Key offerings
Exhibit 68: Vendor overview
Exhibit 69: SMA Railway Technology ? Business segments
Exhibit 70: SMA Railway Technology ? Organizational developments
Exhibit 71: SMA Railway Technology ? Geographic focus
Exhibit 72: SMA Railway Technology ? Key offerings
Exhibit 73: Vendor overview
Exhibit 74: Toshiba ? Business segments
Exhibit 75: Toshiba ? Organizational developments
Exhibit 76: Toshiba ? Geographic focus
Exhibit 77: Toshiba ? Segment focus
Exhibit 78: Toshiba ? Key offerings
Exhibit 79: Vendor overview
Exhibit 80: TTM Rail – Transtech Melbourne ? Business segments
Exhibit 81: TTM Rail – Transtech Melbourne ? Organizational developments
Exhibit 82: TTM Rail – Transtech Melbourne ? Geographic focus
Exhibit 83: TTM Rail – Transtech Melbourne ? Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鉄道車両用補助電源システムの世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月7日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21481
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Heavy Industry
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鉄道車両用補助電源システムの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • グリーンパッケージングの世界市場:リサイクル可能製品、再利用可能製品、分解可能製品
    当調査レポートでは、グリーンパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、グリーンパッケージング市場規模、製品別(リサイクル可能製品、再利用可能製品、分解可能製品)分析、エンドユーザー別(食品、飲料、医療、パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amcor, Bemis, DS Smith, Mondi, Sealed Airなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・グリーンパッケージングの世界市場概要 ・グリーンパッケージングの世界市場環境 ・グリーンパッケージングの世界市場動向 ・グリーンパッケージングの世界市場規模 ・グリーンパッケージングの世界市場:業界構造分析 ・グリーンパッケージングの世界市場:製品別(リサイクル可能製品、再利用可能製品、分解可能製品) ・グリーンパッケージングの世界市場:エンドユーザー別(食品、飲料、医療、パーソナルケア、その他) ・グリーンパッケージングの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • アジアの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 高圧保護の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高圧保護の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高圧保護市場規模、エンドユーザー別(電子商取引、医科歯科、製薬、エレクトロニクス、自動車、その他)分析、種類別(空隙充填ピロー、気泡緩衝材、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高圧保護の世界市場:市場動向分析 ・ 高圧保護の世界市場:競争要因分析 ・ 高圧保護の世界市場:エンドユーザー別(電子商取引、医科歯科、製薬、エレクトロニクス、自動車、その他) ・ 高圧保護の世界市場:種類別(空隙充填ピロー、気泡緩衝材、その他) ・ 高圧保護の世界市場:主要地域別分析 ・ 高圧保護の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 高圧保護のヨーロッパ市場規模 ・ 高圧保護のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高圧保護の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ジオテキスタイルチューブの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ジオテキスタイルチューブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(織布、不織布)分析、エンドユーズ別(海洋及び油圧、環境工学、農業工学、建設)分析、ジオテキスタイルチューブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ジオテキスタイルチューブの世界市場規模が2019年18億万ドルから2024年33億万ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。
  • 自動車用エラストマーの世界市場予測(~2022年):天然ゴム、SBR、ニトリル・エラストマー、EPDM、シリコーンゴム、ふっ素エラストマー、スチレン・ブロック共重合体、TPU、TPO、TPV、TPC
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用エラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、自動車用エラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マシンビジョン(MV)の世界市場:製品別(PCベース、スマートカメラベース)、用途別、地域別予測
    本資料は、マシンビジョン(MV)の世界市場について調べ、マシンビジョン(MV)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(PCベース、スマートカメラベース)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マシンビジョン(MV)の世界市場概要 ・マシンビジョン(MV)の世界市場環境 ・マシンビジョン(MV)の世界市場動向 ・マシンビジョン(MV)の世界市場規模 ・マシンビジョン(MV)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・マシンビジョン(MV)の世界市場規模:製品別(PCベース、スマートカメラベース) ・マシンビジョン(MV)の世界市場規模:用途別 ・マシンビジョン(MV)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・マシンビジョン(MV)の北米市場規模・予測 ・マシンビジョン(MV)のアメリカ市場規模・予測 ・マシンビジョン(MV)のヨーロッパ市場規模・予測 ・マシンビジョン(MV)の …
  • 産業用制御システム(ICS)用セキュリティの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用制御システム(ICS)用セキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用制御システム(ICS)用セキュリティ市場規模、サービス別(監査・報告、トレーニング・開発、インシデント対応、危機管理、システムデザイン)分析、ソリューション別(データ損失防止(DLP)、統合脅威管理(UTM)、アップデート・パッチ管理、データベースアクティビティ監視、仮想化セキュリティ、その他)分析、セキュリティ別(エンドポイントセキュリティ、データベースセキュリティ、ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ)分析、エンドユーザー別(電力、製造、エネルギー・ユーティリティ、交通システム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用制御システム(ICS)用セキュリティの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用制御システム(ICS)用セキュリティの世界市場:競争要因分析 ・ 産業用制御システム(ICS)用セキュリティの …
  • 世界のテトラフルオロほう酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のテトラフルオロほう酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、テトラフルオロほう酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 調味料・ドレッシング・ソースのスロバキア市場
  • 産業用湿度分析計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用湿度分析計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用湿度分析計市場規模、種類別(卓上型、手持ち型、インライン/オンライン型)分析、最終用途別(食品・飲料、化学・石油化学、水・排水処理、プラスチック・ポリマー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用湿度分析計の世界市場概要 ・産業用湿度分析計の世界市場環境 ・産業用湿度分析計の世界市場動向 ・産業用湿度分析計の世界市場規模 ・産業用湿度分析計の世界市場:業界構造分析 ・産業用湿度分析計の世界市場:種類別(卓上型、手持ち型、インライン/オンライン型) ・産業用湿度分析計の世界市場:最終用途別(食品・飲料、化学・石油化学、水・排水処理、プラスチック・ポリマー、その他) ・産業用湿度分析計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用湿度分析計のアメリカ市場規模・予測 ・産業用湿度分析計のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用湿度分析計のアジア市場規模 …
  • オランダの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の閉経後骨粗鬆症(Post Menopausal Osteoporosis)治療薬剤
  • ココナッツウォーターの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、ココナッツウォーターの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツウォーターの欧州市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はココナッツウォーターの欧州市場が2017-2021年期間中に年平均25.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CHi• Coca-Cola• GraceKennedy• green coco europe• PepsiCo• Vaivai • Vita Coco等です。
  • ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場規模が2017年4434.2億ドルから2026年1兆1074.2億ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)市場規模、エンドユーザー別(化学薬品・石油化学製品、製薬、食品・飲料、エネルギー・電力、繊維)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:市場動向分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:競争要因分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:エンドユーザー別(化学薬品・石油化学製品、製薬、食品・飲料、エネルギー・電力、繊維) ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:主要地域別分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の北米市場規 …
  • 自動料金収受(AFC)の世界市場分析:技術別(スマートカード、磁気ストリップ、NFC、OCR)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、システム別(TVM、TOM、運賃ゲート、ICカード)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動料金収受(AFC)の世界市場について調査・分析し、自動料金収受(AFC)の世界市場動向、自動料金収受(AFC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動料金収受(AFC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 太陽光エネルギーの世界市場:技術別(太陽光発電システムおよび集光型太陽光発電システム)、ソーラーモジュール別(単結晶、多結晶、テルル化カドミウム、アモルファスシリコンセル、その他)、用途別(住宅用、商業用、工業用)、最終用途別(発電、加熱、充電、照明)
    当調査レポートでは、太陽光エネルギーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、技術別分析、ソーラーモジュール別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・太陽光エネルギーの世界市場:技術別(太陽光発電システムおよび集光型太陽光発電システム) ・太陽光エネルギーの世界市場:ソーラーモジュール別(単結晶、多結晶、テルル化カドミウム、アモルファスシリコンセル、その他) ・太陽光エネルギーの世界市場:用途別(住宅用、商業用、工業用) ・太陽光エネルギーの世界市場:最終用途別(発電、加熱、充電、照明) ・太陽光エネルギーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • セルロース系エタノールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セルロース系エタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルロース系エタノールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アダプティブ・セキュリティの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、アダプティブ・セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、用途別分析、導入形態別分析、産業別分析、アダプティブ・セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用ステアリングの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用ステアリングの世界市場について調査・分析し、小型自動車用ステアリングの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質5B阻害剤の概要 ・非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質5B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質5B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質5B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 体重減量及び体重管理ダイエットの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、体重減量及び体重管理ダイエットの世界市場について調査・分析し、体重減量及び体重管理ダイエットの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 消化性潰瘍(Peptic Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の概要 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 治験用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、治験用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、治験用消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の殺線虫剤市場:種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、バイオネマチサイド)、適用方法別(燻蒸、灌注、土壌ドレッシング、種子処理)、線虫種類別(ルートノット、嚢胞)、作物種類別、フォーム別、地域別
    MarketsandMarkets社は、殺線虫剤の世界市場規模が2019年13億ドルから2025年16億ドルまで年平均3.4%成長すると予測しています。本書は、世界の殺線虫剤市場について調査・分析し、市場概要、線虫タイプ別(ネコブセンチュウ、シストセンチュウ、その他)分析、種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、殺生物剤、その他)分析、適用方法別(燻蒸、潅水、土壌ドレッシング)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の殺線虫剤市場:線虫タイプ別(ネコブセンチュウ、シストセンチュウ、その他) ・世界の殺線虫剤市場:種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、殺生物剤、その他) ・世界の殺線虫剤市場:適用方法別(燻蒸、潅水、土壌ドレッシング) ・世界の殺線虫剤市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:製品別(レーザーリサーフェシングデバイス、ボディコンタリングデバイス、および審美眼科デバイス)、技術別(レーザーベースのテクノロジー、光ベースのテクノロジー、エネルギーベースのテクノロジー)、用途別(脱毛、瘢痕除去、スキンリサーフェシング、スキン若返り、肌の引き締めなど)、エンドユーザー別(複数の専門センター、スタンドアロンセンター、および美容外科センターとクリニック)
    当調査レポートでは、美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、技術別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要、などを含め、以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:製品別(レーザーリサーフェシングデバイス、ボディコンタリングデバイス、および審美眼科デバイス) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:技術別(レーザーベースのテクノロジー、光ベースのテクノロジー、エネルギーベースのテクノロジー) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:用途別(脱毛、瘢痕除去、スキンリサーフェシング、スキン若返り、肌の引き締めなど) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:エンドユーザー別(複数の専門センター、スタンドアロンセンター、および美容外科センターとクリニック) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • イラクの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 世界の矯正器具市場2015
    本調査レポートでは、世界の矯正器具市場2015について調査・分析し、矯正器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 土壌水分センサの世界市場:石膏ブロック、GMS、テンシオメーター、プローブ、静電容量センサ、TDT
    当調査レポートでは、土壌水分センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、土壌水分センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 世界のリチウム電池陰極材料市場2016
    本調査レポートでは、世界のリチウム電池陰極材料市場2016について調査・分析し、リチウム電池陰極材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紫外線硬化性樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界の紫外線硬化性樹脂市場2015について調査・分析し、紫外線硬化性樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場予測:酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤
    MarketsandMarkets社は、水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場規模が2019年35億ドルから2024年47億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別(酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤)分析、用途別(オイル&ガス、都市水処理、発電所、鉱業、パルプ&紙、スイミングプール)分析、水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 顧みられない熱帯病(NTD)治療薬の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、顧みられない熱帯病(NTD)治療薬の世界市場について調査・分析し、顧みられない熱帯病(NTD)治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・顧みられない熱帯病(NTD)治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・顧みられない熱帯病(NTD)治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・顧みられない熱帯病(NTD)治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • フレキシタンクの世界市場予測(~2023年)
    フレキシタンクの世界市場は、2018年の3億6,600万米ドルから2023年には9億1,200万米ドルに達し、この期間中20.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。フレキシタンクの大部分は、食品グレードの液体、非危険化学薬品、および薬液の用途で使用されています。世界中でフレキシタンクの需要が増加している主な理由は、経済的利益のためです。またフレキシタンクは、ISOタンクやドラム缶に比べて安価です。包装コストを約50.0%節約し、ISOタンクよりも10.0%多く、ドラム缶よりも30.0%多くの貨物を輸送できるという利点があります。さらに、フレキシタンクは使い捨てバッグであるため、メンテナンスコストが不要です。これらの理由で、フレキシタンク市場の成長はその他の選択肢よりも一歩抜きん出ています。当調査レポートでは、フレキシタンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(単層、多層)分析、ローディングタイプ別(ボトムローディング、トップローディング)分析、用途別(食品グレードの液体、非危険化学薬品・液体、薬液) …
  • グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)の概要 ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)のパイプライン概要 ・企業別開発中のグリシン再取り込み阻害剤(GlyRI) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グリシン再取り込み阻害剤(GlyRI)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Airbus• NASA• Sila Nanotechnologies• Cella Energy等です。
  • 自動車用テキスタイルの世界市場分析:製品別(織物、不織布、複合材)、用途別(内装、タイヤ、安全装置、エンジン部品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用テキスタイルの世界市場について調査・分析し、自動車用テキスタイルの世界市場動向、自動車用テキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用テキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 天然繊維複合材の世界市場:木質繊維複合材、非木質繊維複合材
    当調査レポートでは、天然繊維複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、製造工程別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散型音響センシング(DAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、分散型音響センシング(DAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分散型音響センシング(DAS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経診断の世界市場分析:技術別(神経画像技術[コンピュータ断層撮影法、磁気共鳴イメージング、核医学イメージング、近赤外分光イメージング、脳磁場法、磁場脳法、ボクセル単位形態計] インビトロ診断別、ニューロインフォマティクス別)、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経診断の世界市場について調査・分析し、神経診断の世界市場動向、神経診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 健康及びウェルネス食品の世界市場
    当調査レポートでは、健康及びウェルネス食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康及びウェルネス食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 葬儀用設備の世界市場分析:製品別(トロリー、冷凍ユニット、剖検用プラットフォームおよび機器、防腐処理用ワークステーション、解剖テーブル、アクセサリー)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、葬儀用設備の世界市場について調査・分析し、葬儀用設備の世界市場動向、葬儀用設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別葬儀用設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 防曇剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、防曇剤の世界市場規模が2017年3004.1億ドルから2026年4905.6億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、防曇剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防曇剤市場規模、種類別(二酸化チタン、脂肪酸用ソルビタンエステル、オレイン酸用ポリオキシエチレンエステル、ポリグリセリンエステル、グリセロールエステル)分析、フォーム別(ぬれたワイプ、スプレーソリューション、ゲル、クリーム、その他のフォーム)分析、用途別(食品包装フィルム、農業用フィルム、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 防曇剤の世界市場:市場動向分析 ・ 防曇剤の世界市場:競争要因分析 ・ 防曇剤の世界市場:種類別(二酸化チタン、脂肪酸用ソルビタンエステル、オレイン酸用ポリオキシエチレンエステル、ポリグリセリンエステル、グリセロールエステル) ・ 防曇剤の世界市場:フォーム別(ぬれたワイプ、ス …
  • モノのインターネット(IoT)の世界市場                 
    当調査レポートでは、モノのインターネット(IoT)の世界市場について調査・分析し、モノのインターネット(IoT)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:市場動向分析 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:競争要因分析 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:サービスの種類別 ・管理的 ・専門的 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:試験の種類別 ・互換性試験 ・ネットワーク試験 ・機能試験 ・使用性試験 ・性能試験 ・セキュリティ試験 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:用途別 ・ハイテクなヘルスケア ・乗り物のテレマティックス ・キャピラリーネットワークの管理 ・ハイテクなビル・オートメーションおよびホーム・オートメーション ・ハイテクな製造 ・ハイテクな公益事業 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:主要地域別分析 - モノのインターネット(IoT)の北米市場規模(アメリカ市場等) - モノのインターネット(IoT)の …
  • インテリジェント交通システム(ITS)の世界市場分析:タイプ別(ATIS、ATMS、ATPS、APTS、協調車両システム)、用途別(交通管理、道路安全とセキュリティ、貨物管理、公共輸送、環境保護、自動車テレマティクス、駐車管理、ロード・ユーザ課金)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インテリジェント交通システム(ITS)の世界市場について調査・分析し、インテリジェント交通システム(ITS)の世界市場動向、インテリジェント交通システム(ITS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別インテリジェント交通システム(ITS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 空港自動化ゲート(Eゲート)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、空港自動化ゲート(Eゲート)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、空港自動化ゲート(Eゲート)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 加熱コイルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、加熱コイルの世界市場について調査・分析し、加熱コイルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別加熱コイルシェア、市場規模推移、市場規模予測、加熱コイル種類別分析(管式ヒーター、カートリッジヒーター、バンドヒーター、その他 )、加熱コイル用途別分析(HVAC産業、工業用機器、家庭用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・加熱コイルの市場概観 ・加熱コイルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・加熱コイルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・加熱コイルの世界市場規模 ・加熱コイルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・加熱コイルのアメリカ市場規模推移 ・加熱コイルのカナダ市場規模推移 ・加熱コイルのメキシコ市場規模推移 ・加熱コイルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・加熱コイルのドイツ市場規模推移 ・加熱コイルのイギリス市場規模推移 ・加熱コイルのロシア市場規模推移 ・加熱コイルのアジア市場分析(日本、中国、韓国 …
  • 産業用照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用照明の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティの世界市場2018–2025:用途別(教育、政治、建物、モビリティ、ヘルスケア、ユーティリティ)、構成要素別(サービス、ソリューション)
    本調査レポートでは、スマートシティの世界市場について調査・分析し、スマートシティの世界市場動向、スマートシティの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートシティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"