"アルゴリズム取引の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21948)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アルゴリズム取引の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About algorithmic trading

Algorithmic trading is a trading system that utilizes advanced and complex mathematical models and formulas to make high-speed decisions and transactions in financial markets.
Technavio’s analysts forecast the Global algorithmic trading market to grow at a CAGR of 10.36% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the algorithmic trading market. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the services provided by the trading service providers.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Algorithmic Trading Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry algorithmic experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Citadel
• Optiver
• TOWER RESEARCH CAPITAL
• Two Sigma Investments
• Virtu Financial
Market driver
• Rise in integration of financial market
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Lack of awareness
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Portfolio risk solutions
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"アルゴリズム取引の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: ALGORITHMIC TRADING STRATEGIES
• Algorithmic trading strategies
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Algorithmic trading market in Americas
• Algorithmic trading market in EMEA
• Algorithmic trading market in APAC
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Early adopters in APAC
• Technological advancements
• Portfolio risk solutions
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Citadel
• Optiver
• TOWER RESEARCH CAPITAL
• Two Sigma Investments
• Virtu Financial
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Global foreign exchange market participants
Exhibit 02: Related market – Global foreign exchange market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing – 2017
Exhibit 08: Global algorithmic trading market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global algorithmic trading market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: Algorithmic trading strategies
Exhibit 20: Global algorithmic trading market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 21: Regional comparison
Exhibit 22: Algorithmic trading market in Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Algorithmic trading market in Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Top 3 countries in Americas
Exhibit 25: Algorithmic trading market in EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 26: Algorithmic trading market in EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 28: Algorithmic trading market APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 29: Algorithmic trading market APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Top 3 countries in APAC
Exhibit 31: Key leading countries
Exhibit 32: Market opportunity
Exhibit 33: Vendor landscape
Exhibit 34: Landscape disruption
Exhibit 35: Significant factors in algorithmic trading
Exhibit 36: Vendors covered
Exhibit 37: Vendor classification
Exhibit 38: Market positioning of vendors
Exhibit 39: Citadel – Overview
Exhibit 40: Citadel – Business portfolio
Exhibit 41: Citadel – Organizational developments 2016 and 2017
Exhibit 42: Citadel – Geographic focus 2017
Exhibit 43: Optiver – Overview
Exhibit 44: Optiver – Service portfolio
Exhibit 45: Optiver – Organizational developments 2016 and 2017
Exhibit 46: Optiver – Geographic focus 2017
Exhibit 47: TOWER RESEARCH CAPITAL – Overview
Exhibit 48: TOWER RESEARCH CAPITAL – Business
Exhibit 49: TOWER RESEARCH CAPITAL – Organizational developments 2016 and 2017
Exhibit 50: TOWER RESEARCH CAPITAL – Geographic focus 2017
Exhibit 51: Two Sigma Investments – Overview
Exhibit 52: Two Sigma Investments – Business divisions
Exhibit 53: Two Sigma Investments – Organizational developments 2016 and 2017
Exhibit 54: Two Sigma Investments – Geographic focus 2017
Exhibit 55: Virtu Financial – Overview
Exhibit 56: Virtu Financial – Business segments
Exhibit 57: Virtu Financial –Organizational developments 2016 ad 2017
Exhibit 58: Virtu Financial – Geographic focus 2017
Exhibit 59: Virtu Financial – Segment focus 2017

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アルゴリズム取引の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月15日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21948
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】New Research Areas
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アルゴリズム取引の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 疼痛管理薬の世界市場:侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛
    当調査レポートでは、疼痛管理薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、疼痛管理薬市場規模、疼痛種類別(侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛)分析、製品別(オピオイド、NSAID)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・疼痛管理薬の世界市場概要 ・疼痛管理薬の世界市場環境 ・疼痛管理薬の世界市場動向 ・疼痛管理薬の世界市場規模 ・疼痛管理薬の世界市場:業界構造分析 ・疼痛管理薬の世界市場:疼痛種類別(侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛) ・疼痛管理薬の世界市場:製品別(オピオイド、NSAID) ・疼痛管理薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・疼痛管理薬の北米市場規模・予測 ・疼痛管理薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・疼痛管理薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・疼痛管理薬の主要国分析 ・疼痛管理薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・疼痛管理薬の世界市場:成長要因、課題 ・疼痛管理薬の世界市場:競争環境 ・疼痛管理薬 …
  • 酸化アルミニウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酸化アルミニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酸化アルミニウム市場規模、用途別(冶金、冶金以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酸化アルミニウムの世界市場概要 ・酸化アルミニウムの世界市場環境 ・酸化アルミニウムの世界市場動向 ・酸化アルミニウムの世界市場規模 ・酸化アルミニウムの世界市場:業界構造分析 ・酸化アルミニウムの世界市場:用途別(冶金、冶金以外) ・酸化アルミニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・酸化アルミニウムの北米市場規模・予測 ・酸化アルミニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・酸化アルミニウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・酸化アルミニウムの主要国分析 ・酸化アルミニウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・酸化アルミニウムの世界市場:成長要因、課題 ・酸化アルミニウムの世界市場:競争環境 ・酸化アルミニウムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • データセンター向け冷却ソリューション世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター向け冷却ソリューション世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター向け冷却ソリューション世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 回路保護の世界市場予測(~2022年):過電流保護、過電圧保護、ESD保護、遮断器、ヒューズ、ESD保護装置、サージ保護装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、回路保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、デバイス別分析、産業別分析、地域別分析、回路保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 自動車用座席(シート)の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用座席(シート)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(暖房機能付き、電動、換気機能付き、マッサージ機能付き、メモリ付き・標準)別分析、タイプ(バケット、ベンチ)別分析、装材(ファブリック、本革・合成皮革)別分析、コンポーネント別分析、自動車用座席(シート)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐火布の世界市場予測(~2021):種類別(加工(FR綿、FRビスコース)、自然(アラミド、PBI))、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、耐火布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、耐火布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業向け水処理設備市場規模、用途別(工程用水、廃水処理)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場概要 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場環境 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場動向 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場規模 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:用途別(工程用水、廃水処理) ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス産業向け水処理設備の北米市場規模・予測 ・石油・ガス産業向け水処理設備のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・石油・ガス産業向け水処理設備のアジア太平洋市場規模・予測 ・石油・ガス産業向け水処理設備の主要国分析 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:意思決 …
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の麻酔器市場
  • スカフォード技術の世界市場の規模と予測:製品別(ヒドロゲル、マイクロパターンマイクロプレート、ポリマー・ナノファイバースカフォード)、用途別、エンドユーザー別、動向分析、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、スカフォード技術の世界市場について調査・分析し、スカフォード技術の世界市場動向、スカフォード技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別スカフォード技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ウィンタータイヤ(スノータイヤ)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ウィンタータイヤ(スノータイヤ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ウィンタータイヤ(スノータイヤ)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・車種別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • コバルトの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コバルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コバルト市場規模、用途別(バインダー剤、ライフサイエンス、整形外科、熱溶射皮膜、磁石、防水性合金、超合金、再利用可能エネルギー貯蔵システム、触媒、セラミック・顔料、電池用化学品、硬質金属)分析、エンドユーザー別(大気清浄、健康、ライフスタイル、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コバルトの世界市場:市場動向分析 ・ コバルトの世界市場:競争要因分析 ・ コバルトの世界市場:用途別(バインダー剤、ライフサイエンス、整形外科、熱溶射皮膜、磁石、防水性合金、超合金、再利用可能エネルギー貯蔵システム、触媒、セラミック・顔料、電池用化学品、硬質金属) ・ コバルトの世界市場:エンドユーザー別(大気清浄、健康、ライフスタイル、防衛) ・ コバルトの世界市場:主要地域別分析 ・ コバルトの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ コバルトのヨーロッパ市場規模 ・ コバルトのアジア市 …
  • エトキシレートの世界市場分析:アルコール、脂肪アミン、脂肪酸、エチル・エステル、グリセリド
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、エトキシレートの世界市場について調査・分析し、エトキシレートの世界市場動向、エトキシレートの世界市場規模、市場予測、セグメント別エトキシレート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 酸化チタンの世界市場
    当調査レポートでは、酸化チタンの世界市場について調査・分析し、酸化チタンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 医療機器製造アウトソーシングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療機器製造アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療機器製造アウトソーシングの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料電池の世界市場分析:製品別(PEMFC、PAFC、SOFC、MCFC)、用途別(固定式、運搬用、携帯式)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、燃料電池の世界市場動向、燃料電池の世界市場規模、市場予測、セグメント別燃料電池市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 地下採掘装置の世界市場:製品別(粉砕装置、ドリル・破砕機、選鉱装置、露天採鉱設備)、用途別(金属採掘、鉱物採掘、石炭採掘)、地域別予測
    本資料は、地下採掘装置の世界市場について調べ、地下採掘装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(粉砕装置、ドリル・破砕機、選鉱装置、露天採鉱設備)分析、用途別(金属採掘、鉱物採掘、石炭採掘)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・地下採掘装置の世界市場概要 ・地下採掘装置の世界市場環境 ・地下採掘装置の世界市場動向 ・地下採掘装置の世界市場規模 ・地下採掘装置の世界市場規模:製品別(粉砕装置、ドリル・破砕機、選鉱装置、露天採鉱設備) ・地下採掘装置の世界市場規模:用途別(金属採掘、鉱物採掘、石炭採掘) ・地下採掘装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・地下採掘装置の北米市場規模・予測 ・地下採掘装置のアメリカ市場規模・予測 ・地下採掘装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・地下採掘装置のアジア市場規模・予測 ・地下採掘装置の日本市場規模・予測 ・地下採掘装置の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 動物飼料用微量栄養素の世界市場分析:製品別(鉄、マンガン、亜鉛、ホウ素、銅)、用途別(反芻動物、家禽、豚、魚類、馬)、地域別、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物飼料用微量栄養素の世界市場について調査・分析し、動物飼料用微量栄養素の世界市場動向、動物飼料用微量栄養素の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物飼料用微量栄養素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車リターダ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車リターダ市場2016について調査・分析し、自動車リターダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの装具市場動向(~2021)
  • Eコマース(電子商取引)物流サービスの世界市場:輸送、保管、その他
    当調査レポートでは、Eコマース(電子商取引)物流サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eコマース(電子商取引)物流サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロメラインの世界市場2014–2025:用途別(ヘルスケア、肉類・魚介類、栄養補助食品)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、ブロメラインの世界市場について調査・分析し、ブロメラインの世界市場動向、ブロメラインの世界市場規模、市場予測、セグメント別ブロメライン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の施設データ管理市場2019
    本調査レポートでは、世界の施設データ管理市場2019について調査・分析し、施設データ管理の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、施設データ管理のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、施設データ管理メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・施設データ管理の市場概要 ・施設データ管理の上流・下流市場分析 ・施設データ管理のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・施設データ管理のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・施設データ管理のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・施設データ管理のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・施設データ管理の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・施設データ管理の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・施設データ管理の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・施設データ管 …
  • フィンランドのオーソバイオロジクス市場見通し
  • オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場:製品別(固定型、ポータブル型)、技術別、電力別、アプリケーション別(家電製品、製造業、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場について調査・分析し、オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場動向、オイルフリーエアーコンプレッサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別オイルフリーエアーコンプレッサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 衛生ベース自動船舶識別装置(S-AIS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、衛生ベース自動船舶識別装置(S-AIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛生ベース自動船舶識別装置(S-AIS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の免疫化学分析装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、免疫化学分析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・免疫化学分析装置の概要 ・免疫化学分析装置の開発動向:開発段階別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:セグメント別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:領域別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:規制Path別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別免疫化学分析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・免疫化学分析装置の最近動向
  • 分散型エネルギーリソース管理システムの世界市場予測(~2022年):太陽光発電、風力発電、エネルギー貯蔵、CHP
    当調査レポートでは、分散型エネルギーリソース管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、ソフトウェア別分析、需要先別分析、分散型エネルギーリソース管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ロボットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用ロボット市場規模、製品別(器具・付属品、ロボットシステム)分析、用途別(腹腔鏡検査、整形外科手術、脳神経外科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ロボットの世界市場概要 ・医療用ロボットの世界市場環境 ・医療用ロボットの世界市場動向 ・医療用ロボットの世界市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・医療用ロボットの世界市場:製品別(器具・付属品、ロボットシステム) ・医療用ロボットの世界市場:用途別(腹腔鏡検査、整形外科手術、脳神経外科、その他) ・医療用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ロボットの北米市場規模・予測 ・医療用ロボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ロボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ロボットの主要国分析 ・医療用ロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用ロ …
  • 切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の切除不能な進行再発大腸癌(Metastatic Colorectal C …
  • スマート農業におけるIoTの世界市場:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)、地域別予測
    本資料は、スマート農業におけるIoTの世界市場について調べ、スマート農業におけるIoTの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco、IBM、Kaalot Technologies、Oracle、Trimble、Virtus Nutrition、John Deere、Precision Planting、Accenture、AGCO、Auroras、CEMA、DigiReach、Libelium、Link Labsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート農業におけるIoTの世界市場概要 ・スマート農業におけるIoTの世界市場環境 ・スマート農業におけるIoTの世界市場動向 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ …
  • 航空機プロペラ装置の世界市場予測(~2022年):固定ピッチ、可変ピッチ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機プロペラ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、需要先別分析、航空機タイプ別分析、構成部品別分析、地域別分析、航空機プロペラ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ATVエレクトロニクスシステムの世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、ATVエレクトロニクスシステムの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(照明システム、高度な電子システム、オーディオシステム、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ATVエレクトロニクスシステムの世界市場:種類別(照明システム、高度な電子システム、オーディオシステム、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 家庭用スマート・スピーカーの米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用スマート・スピーカーの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用スマート・スピーカーの米国市場規模及び予測、技術別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 Technavio社は家庭用スマート・スピーカーの米国市場が2017-2021年期間中に年平均38.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alphabet• Amazon.com• Invoxia• Lenovo等です。
  • フランスの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 世界の使い捨てインスリンポンプ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、使い捨てインスリンポンプのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・使い捨てインスリンポンプの概要 ・使い捨てインスリンポンプの開発動向:開発段階別分析 ・使い捨てインスリンポンプの開発動向:セグメント別分析 ・使い捨てインスリンポンプの開発動向:領域別分析 ・使い捨てインスリンポンプの開発動向:規制Path別分析 ・使い捨てインスリンポンプの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別使い捨てインスリンポンプの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・使い捨てインスリンポンプの最近動向
  • 世界の医薬品用膜ろ過市場:製品別(フィルター、システム)、技術別(精密ろ過、限外ろ過)、材料別(PES、PVDF、PTFE、PCTE)、用途別(エンドユーズ製品(滅菌)、原料(バイオバーデン)、細胞分離、空気)
    MarketsandMarkets社は、医薬品用膜ろ過の世界市場規模が2019年51百万ドルから2024年86百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。本書は、世界の医薬品用膜ろ過市場について調査・分析し、市場概要、製品別(フィルター、システム、アクセサリー)分析、材料別(ポリエーテルスルホン(PES)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、ナイロン、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、混合セルロースエステル&セルロースアセテート(MCE&CA)、ポリカーボネートトラックエッチング(PCTE)、その他)分析、技術別(精密ろ過、限外ろ過、ナノろ過、逆浸透(RO)、イオン交換)分析、用途別(最終製品加工、原材料ろ過、細胞分離、水浄化、空気浄化)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の医薬品用膜ろ過市場:製品別(フィルター、システム、アクセサリー) ・世界の医薬品用膜ろ過市場:材料別(ポリエーテルスルホン(PES)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、ナイロ …
  • 傾斜計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、傾斜計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、傾斜計の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業用酵素の世界市場予測(~2022年):ホスファターゼ、デヒドロゲナーゼ、スルファターゼ
    当調査レポートでは、農業用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、製品別分析、作物別分析、地域別分析、農業用酵素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー管理システムの世界市場:提供製品別(システム、サービス)、コンポーネント別(センサー、コントローラー、ソフトウェア、その他)、サービス別(監視・制御、実装・統合、保守、コンサルティング・研修)、タイプ別(住宅用エネルギー、建物用エネルギー、産業用エネルギー)、エンドユーザー別(住宅、商業)
    本資料は、エネルギー管理システムの世界市場について調べ、エネルギー管理システムの世界規模、市場動向、市場環境、提供製品別(システム、サービス)分析、サービス別(監視・制御、実装・統合、保守、コンサルティング・研修)分析、タイプ別(住宅用エネルギー、建物用エネルギー、産業用エネルギー)分析、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エネルギー管理システムの世界市場概要 ・エネルギー管理システムの世界市場環境 ・エネルギー管理システムの世界市場動向 ・エネルギー管理システムの世界市場規模 ・エネルギー管理システムの世界市場:提供製品別(システム、サービス) ・エネルギー管理システムの世界市場:コンポーネント別(センサー、コントローラー、ソフトウェア、その他) ・エネルギー管理システムの世界市場:サービス別(監視・制御、実装・統合、保守、コンサルティング・研修) ・エネルギー管理システムの世界市場:タイプ別(住宅用エネルギ …
  • インフレータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インフレータの世界市場について調査・分析し、インフレータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インフレータシェア、市場規模推移、市場規模予測、インフレータ種類別分析(12V、120V、再充電可能)、インフレータ用途別分析(家庭用、自動車修理店、自動車製造会社)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インフレータの市場概観 ・インフレータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インフレータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インフレータの世界市場規模 ・インフレータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インフレータのアメリカ市場規模推移 ・インフレータのカナダ市場規模推移 ・インフレータのメキシコ市場規模推移 ・インフレータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・インフレータのドイツ市場規模推移 ・インフレータのイギリス市場規模推移 ・インフレータのロシア市場規模推移 ・インフレータのアジア市場分析(日本、中国、韓国 …
  • イソプレンの世界市場予測(~2021年):ポリイソプレン、スチレン−イソプレン−スチレン、イソブチルイソプレンゴム
    当調査レポートでは、イソプレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、産業別分析、イソプレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 省エネ窓の世界市場
    当調査レポートでは、省エネ窓の世界市場について調査・分析し、省エネ窓の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の自動車インタークーラー市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車インタークーラー市場2015について調査・分析し、自動車インタークーラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • FinFET技術の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、FinFET技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊エラストマー市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊エラストマー市場2015について調査・分析し、特殊エラストマーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペンタエリスリトール市場2015
    本調査レポートでは、世界のペンタエリスリトール市場2015について調査・分析し、ペンタエリスリトールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの整形外科補綴市場見通し
  • プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤の概要 ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のプリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 外骨格型ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、外骨格型ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、収益モデル分析、価格分析、外骨格型ロボットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"