"マグネシウムの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22102)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"マグネシウムの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About magnesium

Magnesium is present in over 60 minerals but only dolomite, magnesite, brucite, carnallite, and olivine are used commercially.
Technavio’s analysts forecast the Global magnesium market to grow at a CAGR of 5.92% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the magnesium market. To calculate the market size, the report considers the growth generated by applications such as aluminium alloys, die castings, steel desulfurization, titanium refining, and other segments.

The market is divided into the following segments based on geography:
? Americas
? APAC
? EMEA

Technavio’s report, Global Magnesium Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
? ICL (Dead Sea Magnesium)
? NINGXIA HUI-YE MAGNESIUM MARKETING GROUP
? POSCO
? Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group
? US Magnesium (The Renco Group)
? Wenxi YinGuang Magnesium Industry

Market driver
? High demand for steel from various end-user industries
? For a full, detailed list, view our report

Market challenge
? Availability of substitutes
? For a full, detailed list, view our report

Market trend
? New production facilities in Canada
? For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
? What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
? What are the key market trends?
? What is driving this market?
? What are the challenges to market growth?
? Who are the key vendors in this market space?
? What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
? What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"マグネシウムの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
? Market ecosystem
? Market characteristics
? Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
? Market definition
? Market sizing 2017
? Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
? Bargaining power of buyers
? Bargaining power of suppliers
? Threat of new entrants
? Threat of substitutes
? Threat of rivalry
? Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
? Segmentation by application
? Comparison by application
? Aluminum alloys ? Market size and forecast 2017-2022
? Die casting ? Market size and forecast 2017-2022
? Titanium refining ? Market size and forecast 2017-2022
? Steel desulfurization ? Market size and forecast 2017-2022
? Others ? Market size and forecast 2017-2022
? Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
? Geographical segmentation
? Regional comparison
? APAC ? Market size and forecast 2017-2022
? EMEA ? Market size and forecast 2017-2022
? Americas ? Market size and forecast 2017-2022
? Key leading countries
? Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
? Market drivers
? Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
? New production facilities in Canada
? Use of magnesium-based materials in orthopedic implants
? Emergence of magnesium batteries with enhanced energy storage capabilities
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
? Overview
? Landscape disruption
? Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
? Vendors covered
? Vendor classification
? Market positioning of vendors
? ICL (Dead Sea Magnesium)
? NINGXIA HUI-YE MAGNESIUM MARKETING GROUP
? POSCO
? Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group
? US Magnesium (The Renco Group)
? Wenxi YinGuang Magnesium Industry
PART 15: APPENDIX
? List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global non-ferrous metals market segments
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size: Global magnesium market 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global magnesium market ? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 09: Global magnesium market ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition ? Five forces 2017
Exhibit 18: Application ? Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Aluminum alloys ? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 21: Aluminum alloys ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Die casting ? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 23: Die casting? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Titanium refining? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 25: Titanium refining? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Steel desulfurization ? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 27: Steel desulfurization ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Other applications? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 29: Other applications? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Market opportunity by application
Exhibit 31: Customer landscape
Exhibit 32: Global magnesium market ? Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 33: Regional comparison
Exhibit 34: APAC ? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 35: Magnesium market in APAC ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 36: EMEA ? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 37: Magnesium market in EMEA ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Americas ? Market size and forecast 2017-2022 (thousand metric tons)
Exhibit 39: Magnesium market in Americas ? Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: Application of primary magnesium metal in US 2017
Exhibit 41: Application of secondary magnesium metal in US 2017
Exhibit 42: Key leading countries
Exhibit 43: Market opportunity
Exhibit 44: Global steel market by end-use industries 2017 (% share)
Exhibit 45: Metal weight comparison with magnesium (% heavier than magnesium)
Exhibit 46: Vendor landscape
Exhibit 47: Landscape disruption
Exhibit 48: Vendors covered
Exhibit 49: Vendor classification
Exhibit 50: Market positioning of vendors
Exhibit 51: Vendor overview ? ICL (Dead Sea Magnesium)
Exhibit 52: ICL (Dead Sea Magnesium) ? Business segments
Exhibit 53: ICL (Dead Sea Magnesium) ? Organizational developments
Exhibit 54: ICL (Dead Sea Magnesium) ? Geographic focus
Exhibit 55: ICL (Dead Sea Magnesium) ? Segment focus
Exhibit 56: ICL (Dead Sea Magnesium) ? Product in focus
Exhibit 57: Vendor overview ? NINGXIA HUI-YE MAGNESIUM MARKETING GROUP
Exhibit 58: NINGXIA HUI-YE MAGNESIUM MARKETING GROUP ? Product segments
Exhibit 59: NINGXIA HUI-YE MAGNESIUM MARKETING GROUP ? Organizational developments
Exhibit 60: NINGXIA HUI-YE MAGNESIUM MARKETING GROUP ? Geographic focus
Exhibit 61: NINGXIA HUI-YE MAGNESIUM MARKETING GROUP ? Product in focus
Exhibit 62: Vendor overview ? POSCO
Exhibit 63: POSCO ? Product segments
Exhibit 64: POSCO ? Organizational developments
Exhibit 65: POSCO ? Geographic focus
Exhibit 66: POSCO ? Product in focus
Exhibit 67: Vendor overview ? Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group
Exhibit 68: Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group ? Products
Exhibit 69: Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group ? Organizational developments
Exhibit 70: Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group ? Geographic focus
Exhibit 71: Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group ? Product focus
Exhibit 72: Shaanxi Fugu Tianyu Mineral Industrial Group ? Product in focus
Exhibit 73: Vendor overview ? US Magnesium (The Renco Group)
Exhibit 74: US Magnesium (The Renco Group) ? Business segments
Exhibit 75: US Magnesium (The Renco Group) ? Organizational developments
Exhibit 76: US Magnesium (The Renco Group) ? Geographic focus
Exhibit 77: US Magnesium (The Renco Group) ? Segment focus
Exhibit 78: US Magnesium (The Renco Group) ? Product in focus
Exhibit 79: Vendor overview ? Wenxi YinGuang Magnesium Industry
Exhibit 80: Wenxi YinGuang Magnesium Industry ? Product segments
Exhibit 81: Wenxi YinGuang Magnesium Industry ? Organizational developments
Exhibit 82: Wenxi YinGuang Magnesium Industry ? Geographic focus
Exhibit 83: Wenxi YinGuang Magnesium Industry ? Product in focus

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】マグネシウムの世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月18日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22102
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Chemicals and Materials
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
マグネシウムの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の概要 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 歯科ポリッシングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歯科ポリッシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科ポリッシングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 雰囲気熱処理用装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、雰囲気熱処理用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、雰囲気熱処理用装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は雰囲気熱処理用装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott Furnace Company、Keith、SECO/WARWICK、THERELEK等です。
  • 創傷治療用生物製剤の世界市場:企業概要・規模・シェア・成長・動向・予測(~2025年)
    Data Bridgeが出版した本調査レポートでは、創傷治療用生物製剤の世界市場について調査・分析し、創傷治療用生物製剤の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、創傷治療用生物製剤市場規模、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けいたします。
  • 磁気センサーの世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「磁気センサーの世界市場2020-2024」は、磁気センサーについて市場概要、市場規模、用途別(自動車、産業、家電、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・磁気センサーの世界市場:用途別(自動車、産業、家電、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるエボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)の概要 ・エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のエボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨 …
  • 緊張性頭痛(Tension -Type Headache):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、緊張性頭痛(Tension -Type Headache)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)のフェーズ3治験薬の状況 ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)治療薬の市場規模(販売予測) ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の緊張性頭痛(Tension -Type Headache)治療薬剤
  • 特殊後発医薬品の世界市場                 
    当調査レポートでは、特殊後発医薬品の世界市場について調査・分析し、特殊後発医薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特殊後発医薬品の世界市場:市場動向分析 - 特殊後発医薬品の世界市場:競争要因分析 - 特殊後発医薬品の世界市場:投与経路別 ・局所性 ・非経口 ・経口 ・その他 - 特殊後発医薬品の世界市場:病気の症状別 ・多発性硬化症 ・感染症 ・腫瘍 ・その他 - 特殊後発医薬品の世界市場:流通経路別 ・メール・オーダー薬局 ・院内薬局 ・小売薬局 - 特殊後発医薬品の世界市場:主要地域別分析 - 特殊後発医薬品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特殊後発医薬品のヨーロッパ市場規模 - 特殊後発医薬品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特殊後発医薬品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のポリプロピレングリコール(PPG)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレングリコール(PPG)市場2016について調査・分析し、ポリプロピレングリコール(PPG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微小流体技術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、微小流体技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、微小流体技術市場規模、用途別(体外診断、医薬品・ライフサイエンス研究、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・微小流体技術の世界市場概要 ・微小流体技術の世界市場環境 ・微小流体技術の世界市場動向 ・微小流体技術の世界市場規模 ・微小流体技術の世界市場:業界構造分析 ・微小流体技術の世界市場:用途別(体外診断、医薬品・ライフサイエンス研究、その他) ・微小流体技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・微小流体技術のアメリカ市場規模・予測 ・微小流体技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・微小流体技術のアジア市場規模・予測 ・微小流体技術の主要国分析 ・微小流体技術の世界市場:意思決定フレームワーク ・微小流体技術の世界市場:成長要因、課題 ・微小流体技術の世界市場:競争環境 ・微小流体技術の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場2017-2021:無人用、有人用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAeroVironment、BAE Systems、Ford Motor Company、General Motors、Lockheed Martin等です。
  • 胃部・食道胃接合部腺癌市場:日本の治療薬市場
  • ブラジルの3PL(サードパーティー・ロジスティクス)市場
    当調査レポートでは、ブラジルの3PL(サードパーティー・ロジスティクス)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブラジルの3PL(サードパーティー・ロジスティクス)市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 局所疼痛緩和のアメリカ市場
  • 世界の分子生物学用酵素市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子生物学用酵素市場2015について調査・分析し、分子生物学用酵素の世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • ダンプ車傾斜装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ダンプ車傾斜装置の世界市場について調査・分析し、ダンプ車傾斜装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:市場動向分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:競争要因分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:耐荷重能力別 30トン以上 15−30トン 15トン未満 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:フレーム金属別 アルミニウム 鋼鉄 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:傾斜装置種別 三種傾斜体 ロールオフ傾斜体 後部傾斜体 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:エンドユーザー別 廃棄物管理 採鉱 海洋サービス 建設 その他のエンドユーザー - ダンプ車傾斜装置の世界市場: 機構別 水力/油圧工学 空力 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:主要地域別分析 - ダンプ車傾斜装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - ダンプ車傾斜装置のヨーロッパ市場規模 - ダンプ車傾斜装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ダンプ車傾斜装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 請負電子製造・設計サービスの世界市場分析:サービス別(設計、組立、製造)、エンドユーザー別(ヘルスケア、自動車、航空宇宙、テレコム)、地域別、セグメント予測、2015 – 2025
    本調査レポートでは、請負電子製造・設計サービスの世界市場について調査・分析し、請負電子製造・設計サービスの世界市場動向、請負電子製造・設計サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別請負電子製造・設計サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 木材防腐剤の世界市場予測(~2022年):水性、オイル系、溶剤系
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、木材防腐剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、木材防腐剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シグナルコンディショナ(信号変換器)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、シグナルコンディショナ(信号変換器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、形態別分析、入力方式別分析、用途別分析、需要先別分析、シグナルコンディショナ(信号変換器)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ロータリーエンジン (別名ワンケルエンジン) は、内燃機関 (ICE)の中で最も古いものの一つです。ロータリーエンジンには、奇数のシリンダーが放射状に並んでいます。自動車用途としては、ロータリーエンジンは多くの自動車会社で使われています。Technavio社は自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ferrari• Mazda Motor• Porsche等です。
  • 世界のパソコン用周辺機器市場2015
    本調査レポートでは、世界のパソコン用周辺機器市場2015について調査・分析し、パソコン用周辺機器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用酵素の世界市場:カルボヒドラーゼ(アミラーゼ、セルラーゼ、ラクターゼ、ペクチナーゼ)、プロテアーゼ、リパーゼ
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、ソース別分析、形状別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • タイのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • IoTクラウドプラットフォームの世界市場見通し2016-2022:接続性管理、アプリケーションイネーブルメントプラットフォーム、デバイス管理
    当調査レポートでは、IoTクラウドプラットフォームの世界市場について調査・分析し、IoTクラウドプラットフォームの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:市場動向分析 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:競争要因分析 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:応用分野別分析/市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:導入モデル別分析/市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:プラットフォーム別分析/市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:地域別分析/市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの北米市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの欧州市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームのアジア市場規模 ・IoTクラウドプラットフォームの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 食品包装ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品包装ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品包装ロボット市場規模、用途別(一次包装、二次包装)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, FANUC, Midea Group, Rethink Robotics, Universal Robots, YASKAWA ELECTRICなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品包装ロボットの世界市場概要 ・食品包装ロボットの世界市場環境 ・食品包装ロボットの世界市場動向 ・食品包装ロボットの世界市場規模 ・食品包装ロボットの世界市場:業界構造分析 ・食品包装ロボットの世界市場:用途別(一次包装、二次包装) ・食品包装ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品包装ロボットの北米市場規模・予測 ・食品包装ロボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食品包装ロボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・食品包装ロボットの主要国分析 ・食品包装ロボットの …
  • 固体照明(SSL)および蛍光照明の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、固体照明(SSL)および蛍光照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固体照明(SSL)および蛍光照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ネットワーク暗号化の世界市場予測(~2023年)
    ネットワーク暗号化の世界市場は、2018年の29億米ドルから2023年には46億米ドルに達し、この期間中、9.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな法規制を順守する必要性が増えたこと、組織をネットワークセキュリティの侵害から保護することへの意識の高まりなどが考えられます。一方で、地域間でデータ保護に関する政府の方針が頻繁に変更されることにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ネットワーク暗号化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ハードウェア、プラットフォーム、サービス)分析、伝送の種類(従来型伝送、光伝送)分析、データレート分析、組織のサイズ分析、ネットワーク暗号化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食物繊維の世界市場
    当調査レポートでは、食物繊維の世界市場について調査・分析し、食物繊維の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食物繊維の世界市場:市場動向分析 - 食物繊維の世界市場:競争要因分析 - 食物繊維の世界市場:製品別 ・溶性のもの ・従来のもの ・不溶性 ・新型のもの - 食物繊維の世界市場:製品別 ・溶性のもの ・従来のもの ・不溶性 ・新型のもの - 食物繊維の世界市場:由来別 ・果物&野菜 ・穀物&穀類 ・その他 - 食物繊維の世界市場:用途別 ・医薬品 ・動物飼料 ・機能性食品 ・機能性飲料 ・ペットフード ・パン屋&菓子店 ・乳製品 - 食物繊維の世界市場:主要地域別分析 - 食物繊維の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食物繊維のヨーロッパ市場規模 - 食物繊維のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食物繊維の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 家庭用電化製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用電化製品の世界市場について調査・分析し、家庭用電化製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用電化製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用電化製品種類別分析()、家庭用電化製品用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用電化製品の市場概観 ・家庭用電化製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用電化製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用電化製品の世界市場規模 ・家庭用電化製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用電化製品のアメリカ市場規模推移 ・家庭用電化製品のカナダ市場規模推移 ・家庭用電化製品のメキシコ市場規模推移 ・家庭用電化製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用電化製品のドイツ市場規模推移 ・家庭用電化製品のイギリス市場規模推移 ・家庭用電化製品のロシア市場規模推移 ・家庭用電化製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 特殊紙の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊紙の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊紙市場2015について調査・分析し、特殊紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)のフェーズ3治験薬の状況 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の市場規模(販売予測) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬剤
  • 日本の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • ベンズアルデヒドの世界市場2017-2021:香料、農薬、医薬品、染料・塗料、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベンズアルデヒドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンズアルデヒドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はベンズアルデヒドの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEmerald Performance Materials、GUANGZHOU SHINY、Gujarat Alkalies and Chemicals、LANXESS、Merck等です。
  • ハンガリーの心臓血管補綴装置市場見通し
  • クリーンウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クリーンウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alpha Pro Tech• Berkshire• Dupont• Kimberly-Clark等です。
  • グルジアのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のフィットネス機器市場規模・予測2017-2025:種類別(筋力トレーニング機器、心血管系トレーニング機器・その他機器)、エンドユーザー別(自宅用、フィットネスクラブ・ジム、その他商業用途)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のフィットネス機器市場について調査・分析し、世界のフィットネス機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のフィットネス機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 敗血症治療薬の世界市場2019-2023
    敗血症は、微生物感染に対する人体の全身性炎症反応を指します。その結果、血流不全となり、臓器に損傷がおよびます。抗生物質および昇圧薬は、敗血症の治療に最も一般的に使用されている薬です。敗血症の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率5.41%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Akorn、Baxter、Fresenius、Novartis、Pfizerなどです。 当調査レポートでは、敗血症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、敗血症治療薬市場規模、製品別(抗菌療法、補助療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・敗血症治療薬の世界市場概要 ・敗血症治療薬の世界市場環境 ・敗血症治療薬の世界市場動向 ・敗血症治療薬の世界市場規模 ・敗血症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・敗血症治療薬の世界市場:製品別(抗菌療法、補助療法) ・敗血症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・敗血症治療薬の北米市場規模・予 …
  • ゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Big Max Golf• BagBoy• THE PROACTIVE SPORTS GROUP• SUN MOUNTAIN SPORTS• Adept Golf等です。
  • クラウド式BPOサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド式BPOサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド式BPOサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エッジコンピューティングの世界市場:コンポーネント別(サービス・ソリューション)、用途別(コネクテッドカー、スマートグリッド、重要インフラモニタリング、トラフィック管理、環境モニタリング、拡張現実、資産追跡、セキュリティおよび監視、その他)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(エネルギー・公益事業、政府お・公共部門、医療、製造、メディア・エンターテイメント、輸送、小売、通信・IT、その他)
    本資料は、エッジコンピューティングの世界市場について調べ、エッジコンピューティングの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、コンポーネント別(サービス・ソリューション)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(エネルギー・公益事業、政府お・公共部門、医療、製造、メディア・エンターテイメント、輸送、小売、通信・IT、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エッジコンピューティングの世界市場概要 ・エッジコンピューティングの世界市場環境 ・エッジコンピューティングの世界市場動向 ・エッジコンピューティングの世界市場規模 ・エッジコンピューティングの世界市場:市場シェア ・エッジコンピューティングの世界市場:コンポーネント別(サービス・ソリューション) ・エッジコンピューティングの世界市場:用途別(コネクテッドカー、スマートグリッド、重要インフラモニタリング、トラフィック管理、環境モニタリング、拡張現実、資産追跡、セキュリティおよび …
  • 韓国のプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • コンパニオン診断(CDx)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、コンパニオン診断(CDx)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、疾患別分析、需要先別分析、地域別分析、コンパニオン診断(CDx)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗視装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、暗視装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、暗視装置市場規模、種類別(ゴーグル、カメラ、スコープ、その他)分析、用途別(軍事、民間)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・暗視装置の世界市場概要 ・暗視装置の世界市場環境 ・暗視装置の世界市場動向 ・暗視装置の世界市場規模 ・暗視装置の世界市場:業界構造分析 ・暗視装置の世界市場:種類別(ゴーグル、カメラ、スコープ、その他) ・暗視装置の世界市場:用途別(軍事、民間) ・暗視装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・暗視装置の北米市場規模・予測 ・暗視装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・暗視装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・暗視装置の主要国分析 ・暗視装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・暗視装置の世界市場:成長要因、課題 ・暗視装置の世界市場:競争環境 ・暗視装置の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のスクリュージェットパイル市場2019
    本調査レポートでは、世界のスクリュージェットパイル市場2019について調査・分析し、スクリュージェットパイルの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、スクリュージェットパイルのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、スクリュージェットパイルメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・スクリュージェットパイルの市場概要 ・スクリュージェットパイルの上流・下流市場分析 ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スクリュージェットパイルの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スクリュージェットパイルの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 世界の豚用飼料市場2015
    本調査レポートでは、世界の豚用飼料市場2015について調査・分析し、豚用飼料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 外骨格型ロボットの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、外骨格型ロボットの世界市場について調査・分析し、外骨格型ロボットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・外骨格型ロボットの世界市場規模:可動性種類別分析 ・外骨格型ロボットの世界市場規模:製品機能別分析 ・外骨格型ロボットの世界市場規模:動力技術別分析 ・外骨格型ロボットの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・外骨格型ロボットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"