"亜鉛めっき鋼の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22151)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"亜鉛めっき鋼の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About galvanized steel

Galvanized steel is used in applications such as building and construction, automotive, engineering, consumer durables, and electrical.
Technavio’s analysts forecast the Global galvanized steel market to grow at a CAGR of 5.29% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the galvanized steel market. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of monitoring systems and accessories.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Galvanized Steel Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• ArcelorMittal
• Baosteel
• Gerdau
• JFE Steel
• NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL
• POSCO

Market driver
• Economic growth in China and India
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Volatility in raw material prices
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Growing consumption of steel scrap
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"亜鉛めっき鋼の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT FORM
• Segmentation by product form
• Comparison by product form
• Sheets and strips – Market size and forecast 2017-2022
• Structures – Market size and forecast 2017-2022
• Pipes and tubes – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by product form
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity by region
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Rising applications of galvanized steel pipes in oil and gas industry
• Growing consumption of steel scrap
• Increase in use of GFRP rebars
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ArcelorMittal
• Baosteel
• Gerdau
• JFE Steel
• NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL
• POSCO
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global steel market segmentation
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 09: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Product form – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by product form
Exhibit 20: Sheets and strips – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 21: Sheets and strips – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Structures – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 23: Applications and benefits of galvanized steel structures
Exhibit 24: Structures – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Pipes and tubes – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 26: Pipes and tubes – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Others – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 28: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Market opportunity by product form
Exhibit 30: Customer landscape
Exhibit 31: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 32: Regional comparison
Exhibit 33: APAC – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 34: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 36: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Americas – Market size and forecast 2017-2022 (million metric tons)
Exhibit 38: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Key leading countries
Exhibit 40: Market opportunity by region
Exhibit 41: Annual GDP growth rate in India and China 2010-2016 (%)
Exhibit 42: Iron ore price trends between January 2016 and December 2017 ($/ton)
Exhibit 43: Reasons for growth in excess capacity
Exhibit 44: Recycling circle of steel
Exhibit 45: Vendor landscape
Exhibit 46: Landscape disruption
Exhibit 47: Vendors covered
Exhibit 48: Vendor classification
Exhibit 49: Market positioning of vendors
Exhibit 50: ArcelorMittal overview
Exhibit 51: ArcelorMittal – Business segments
Exhibit 52: ArcelorMittal – Organizational developments
Exhibit 53: ArcelorMittal – Geographic focus
Exhibit 54: ArcelorMittal – Segment focus
Exhibit 55: ArcelorMittal – Key offerings
Exhibit 56: Baosteel overview
Exhibit 57: Baosteel – Business overview
Exhibit 58: Baosteel – Organizational developments
Exhibit 59: Baosteel – Key offerings
Exhibit 60: Gerdau overview
Exhibit 61: Gerdau – Business segments
Exhibit 62: Gerdau – Organizational developments
Exhibit 63: Gerdau – Segment focus
Exhibit 64: Gerdau – Key offerings
Exhibit 65: JFE Steel overview
Exhibit 66: JFE Steel – Business segments
Exhibit 67: JFE Steel – Organizational developments
Exhibit 68: JFE Steel – Segment focus
Exhibit 69: JFE Steel – Key offerings
Exhibit 70: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL overview
Exhibit 71: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL – Business segments
Exhibit 72: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL – Organizational developments
Exhibit 73: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL – Geographic focus
Exhibit 74: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL – Segment focus
Exhibit 75: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL – Key offerings
Exhibit 76: POSCO overview
Exhibit 77: POSCO – Business overview
Exhibit 78: POSCO – Organizational developments
Exhibit 79: POSCO – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】亜鉛めっき鋼の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月30日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22151
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】Chemicals and Materials
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
亜鉛めっき鋼の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電動駆動装置の世界市場2017-2021:ACドライブ、DCドライブ
    当調査レポートでは、電動駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動駆動装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • うっ血性心不全(心不全):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、うっ血性心不全(心不全)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・うっ血性心不全(心不全):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・うっ血性心不全(心不全)のフェーズ3治験薬の状況 ・うっ血性心不全(心不全)治療薬の市場規模(販売予測) ・うっ血性心不全(心不全)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・うっ血性心不全(心不全)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のうっ血性心不全(心不全)治療薬剤
  • フラジェリン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるフラジェリン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・フラジェリン阻害剤の概要 ・フラジェリン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のフラジェリン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・フラジェリン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・フラジェリン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バイオガス精製の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオガス精製の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオガス精製市場規模、技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄)分析、用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオガス精製の世界市場:市場動向分析 ・ バイオガス精製の世界市場:競争要因分析 ・ バイオガス精製の世界市場:技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄) ・ バイオガス精製の世界市場:用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト) ・ バイオガス精製の世界市場:主要地域別分析 ・ バイオガス精製の北米市場規模(アメリカ市 …
  • ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤の概要 ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ビデオストリーミングソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ビデオストリーミングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、配信種類別分析、導入形態別分析、ビデオストリーミングソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リポキシナーゼ阻害剤(LOX阻害剤)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるリポキシナーゼ阻害剤(LOX阻害剤)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リポキシナーゼ阻害剤(LOX阻害剤)の概要 ・リポキシナーゼ阻害剤(LOX阻害剤)のパイプライン概要 ・企業別開発中のリポキシナーゼ阻害剤(LOX阻害剤) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リポキシナーゼ阻害剤(LOX阻害剤)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リポキシナーゼ阻害剤(LOX阻害剤)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • コーテッドファブリックの世界市場:製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材)、用途別(輸送、防護服、工業、屋根材、日よけ・天蓋、家具・座席、その他)、地域別予測
    本資料は、コーテッドファブリックの世界市場について調べ、コーテッドファブリックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材)分析、用途別(輸送、防護服、工業、屋根材、日よけ・天蓋、家具・座席、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはContinental AG、Sioen Industries NV、Saint-Gobain S.A.、SRF Limited、Seaman Corporation、Spradling International PLCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コーテッドファブリックの世界市場概要 ・コーテッドファブリックの世界市場環境 ・コーテッドファブリックの世界市場動向 ・コーテッドファブリックの世界市場規模 ・コーテッドファブリックの世界市場規模:製品別(ポリマーコーテッドファブリック、ラバーコーテッドファブリック、布張り壁装材) ・コー …
  • 分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場動向および予測(~2021年)
    当調査レポートでは、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の原子力用ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の原子力用ケーブル市場2015について調査・分析し、原子力用ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 両性界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、両性界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、両性界面活性剤市場規模、種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート)分析、用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 両性界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート) ・ 両性界面活性剤の世界市場:用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤) ・ 両性界面活性剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 両性界面活性剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 両性界面活性剤のヨーロッパ市場規模 ・ 両性界面活性剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・両性界面活性剤の世 …
  • 北米の反転授業市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米の反転授業市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の反転授業市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブタンの世界市場分析:用途別(LPG(住宅/商業、化学/石油化学、工業、自動車燃料、製油所)、石油化学、製油所)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ブタンの世界市場について調査・分析し、ブタンの世界市場動向、ブタンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ブタン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レゾルシノールの世界市場
    当調査レポートでは、レゾルシノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レゾルシノールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)、地域別予測
    本資料は、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調べ、創傷ケア用生物製剤の世界規模、市場動向、市場環境、創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創傷ケア用生物製剤の世界市場概要 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場環境 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場動向 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・創傷ケア用生物製剤の北米市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアメリカ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアジア市場規模・予測 ・創傷ケ …
  • オートバイ用コネクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用コネクターの世界市場規模及び予測、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用コネクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(9.57%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• TE Connectivity• Yazaki• Delphi Automotive• Sumitomo Electric Wiring Systems• Japan Aviation Electronics Industry等です。
  • 滅菌監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、滅菌監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌監視市場規模、製品別(BIs、CIs)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Cantel Medical, Cardinal Health, Mesa Labs, Sterisなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・滅菌監視の世界市場概要 ・滅菌監視の世界市場環境 ・滅菌監視の世界市場動向 ・滅菌監視の世界市場規模 ・滅菌監視の世界市場:業界構造分析 ・滅菌監視の世界市場:製品別(BIs、CIs) ・滅菌監視の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関) ・滅菌監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滅菌監視の北米市場規模・予測 ・滅菌監視のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・滅菌監視のアジア太平洋市場規模・予測 ・滅菌監視の主要国分析 ・滅菌監視の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 掘削機の日本市場2017-2021
    当調査レポートでは、掘削機の日本市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、掘削機の日本市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ポリカーボネート(PC)グレージングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車ポリカーボネート(PC)グレージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のブレーキパッド市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキパッド市場2016について調査・分析し、ブレーキパッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨髄移植の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、骨髄移植の世界市場について調査・分析し、骨髄移植の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・骨髄移植の世界市場:市場動向分析 ・骨髄移植の世界市場:競争要因分析 ・骨髄移植の世界市場:病気の兆候別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:移植タイプ別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:地域別分析/市場規模 ・骨髄移植の北米市場規模・分析 ・骨髄移植の欧州市場・分析 ・骨髄移植のアジア市場・分析 ・骨髄移植の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 防湿絶縁コーティングの世界市場:アクリル塗料、エポキシ塗料、ウレタン塗料、シリコーン塗料、パリレン塗料
    当調査レポートでは、防湿絶縁コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 音楽ストリーミングサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、音楽ストリーミングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、音楽ストリーミングサービス市場規模、ストリーミングサービス別(有料、無料)分析、エンドユーザー別(個人ユーザー、商業ユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Apple, Amazon.com, Deezer (subsidiary of Access Industries), Pandora Media, Spotifyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場概要 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場環境 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場動向 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場規模 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場:業界構造分析 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場:ストリーミングサービス別(有料、無料) ・音楽ストリーミングサービスの世界市場:エンドユーザー別(個人ユーザー、商業ユーザー) ・ …
  • 不織布の世界市場予測(~2022年):技術、素材、用途、機能、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、不織布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術別分析、材料別分析、用途別分析、機能別分析、不織布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のゴルフカート市場2016
    本調査レポートでは、世界のゴルフカート市場2016について調査・分析し、ゴルフカートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴム添加剤の世界市場2017-2021:劣化防止剤、促進剤、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ゴム添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴム添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はゴム添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arkema、Akzo Nobel、BASF、LANXESS、Solvay等です。
  • 雨水採取の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、雨水採取の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、雨水採取の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • モジュラーデータセンターの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、モジュラーデータセンターの世界市場について調査・分析し、モジュラーデータセンターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - モジュラーデータセンターの世界市場:市場動向分析 - モジュラーデータセンターの世界市場:競争要因分析 - モジュラーデータセンターの世界市場:用途別 オフィスの遠隔的補助 災害復旧 モーバイルコンピューテイング 高密度ネットワーク その他の用途 - モジュラーデータセンターの世界市場:種類別 段階1データセンター 段階2データセンター 段階3データセンター 段階4データセンター - モジュラーデータセンターの世界市場:機能的モジュール解決法別 個々の機能モdジュール 一括機能モジュール - モジュラーデータセンターの世界市場:産業別 教育 銀行、金融機関、保険機関 燃料、電力 政府機関、防衛 工場 IT 及び 電気通信 小売店 健康管理業 その他の産業 - モジュラーデータセンターの世界市場:データセンター規模別 大企業データセンター 中型データセンター 大型デー …
  • バイオプラスチック&バイオポリマーの世界市場:バイオPE、バイオPET、ポリ乳酸、でんぷん配合物、生分解性ポリエステル、再生セルロース、PHA
    当調査レポートでは、バイオプラスチック&バイオポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 艶消し剤の世界市場分析:製品別(有機(ワックス、熱可塑性樹脂)、無機(シリカ))、用途別(工業用コーティング、木材コーティング、皮革コーティング、建築用コーティング)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、艶消し剤の世界市場について調査・分析し、艶消し剤の世界市場動向、艶消し剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別艶消し剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイルプロジェクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルプロジェクターの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のSOC検査装置市場2015
    本調査レポートでは、中国のSOC検査装置市場2015について調査・分析し、SOC検査装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場:技術別(抵抗膜、静電容量方式)、プロジェクション技術別、用途別(教育、企業)、形状因子別、セグメント予測
    インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場は2025年には23億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、伝統的なチョークと黒板を用いる教室をデジタルな教室に変えることに焦点を当てた政府の取り組みが考えられます。バーチャルラーニングとeラーニングの普及は、インタラクティブホワイトボードに対する需要を増加させる一因です。また、技術と教育の融合に向けた大規模な投資プロジェクトの増加も、市場の成長を促進すると見られています。中小企業、予算の小さい教育機関などでは、インタラクティブホワイトボードの普及が比較的低速であるにもかかわらず上昇しています。このことも、予測期間にわたって市場の需要をさらに押し上げる予想されます。本調査レポートでは、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場について調査・分析し、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場動向、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の世界市場規模、市場予測、セグメント別インタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場分析、主要地域別市 …
  • 世界のサンダル市場2015
    本調査レポートでは、世界のサンダル市場2015について調査・分析し、サンダルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 容量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容量管理市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、生産計画(PP)システム、供給チェーン管理(SCM))分析、エンドユーザー別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、政府・公共業務、医療、ホスピタリティー、情報テクノロジー、製造、小売、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 容量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 容量管理の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 容量管理の世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 容量管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ 容量管理の世界市場:用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、 …
  • ミックストコフェロールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ミックストコフェロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミックストコフェロールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はミックストコフェロールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer Daniels Midland 、BASF、DuPont、Merck、Royal DSM等です。
  • 炭酸水の世界市場2016-2020:ノンフレーバー炭酸水、フレーバー炭酸水
    当調査レポートでは、炭酸水の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭酸水の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:イントロダクション ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場概観 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:セグメント別市場分析 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:治療法別分析/市場規模 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:主要地域別市場分析 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:関連企業分析
  • フォグコンピューティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フォグコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォグコンピューティングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電子ペーパー・ディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子ペーパー・ディスプレイ市場2015について調査・分析し、電子ペーパー・ディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 容積式ポンプの世界市場:往復ポンプ、ロータリーポンプ
    Technavioが発行した当調査レポートでは、容積式ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、容積式ポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は容積式ポンプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Flowserve、Grundfos、ITT Goulds Pumps、KSB、Sulzer等です。
  • アジアの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 非経口栄養の世界市場
    当調査レポートでは、非経口栄養の世界市場について調査・分析し、非経口栄養の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 融合助剤の世界市場:樹脂の種類別(アルキド樹脂、アクリル樹脂、ビニル樹脂、エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、飽和ポリエステル樹脂、アミノ樹脂、その他)、技術別(溶剤型塗料、水性塗料、粉体塗料、その他)、用途別、地域別予測
  • アメリカのウォールデコ(壁飾り)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのウォールデコ(壁飾り)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのウォールデコ(壁飾り)市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 精密ブドウ栽培の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、精密ブドウ栽培の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、精密ブドウ栽培市場規模、製品別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)分析、用途別(作物偵察、灌漑管理、農業労働管理、財務管理、在庫管理、気象記録・予報、フィールドマッピング、歩留まり監視)分析、技術別(遠隔測定、変動レート技術、誘導システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:市場動向分析 ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:競争要因分析 ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:製品別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス) ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:用途別(作物偵察、灌漑管理、農業労働管理、財務管理、在庫管理、気象記録・予報、フィールドマッピング、歩留まり監視) ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:技術別(遠隔測定、変動レート技術、誘導システム) ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:主要地域別分析 ・ 精密ブドウ栽培の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 精 …
  • 世界のメチルエチルケトン(MEK)市場2015
    本調査レポートでは、世界のメチルエチルケトン(MEK)市場2015について調査・分析し、メチルエチルケトン(MEK)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 過酸化水素の世界市場
    当調査レポートでは、過酸化水素の世界市場について調査・分析し、過酸化水素の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エタノール燃料自動車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エタノール燃料自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エタノール燃料自動車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"