"セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-6403)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The self-cleaning glass market is projected to grow at a CAGR of 4.4% from 2018 to 2023.
The global self-cleaning glass market is projected to grow from an estimated USD 99.1 million in 2018 to USD 122.7 million by 2023, at a CAGR of 4.4% from 2018 to 2023. The growth of the construction industry is the major factor driving the self-cleaning glass market. The low lifetime-cost of self-cleaning glass is another factor fueling the growth of this market; the cost-cutting on labor and detergent otherwise required to wash the glass reduces the lifetime-cost of self-cleaning glass. The growing demand for self-cleaning glass for use on solar panels offers an opportunity for the growth of the self-cleaning glass market. The rising demand for eco-friendly glass products is another opportunity for the self-cleaning glass market. On the other hand, the low effectiveness of self-cleaning glass in areas with low rainfall and less sun exposure is a major factor restraining the market.
The residential construction segment is expected to be the fastest-growing application segment of the self-cleaning glass market during the forecast period

The residential construction application segment is projected to be the fastest-growing application of the self-cleaning glass market from 2018 to 2023. The growth of this segment can be attributed to the growth of the global construction industry. Rising demand for self-cleaning glass for use in conservatories and rooftops is also expected to lead to the growth of the residential construction segment.
Europe is expected to account for the largest market share of the self-cleaning glass market in 2018
The construction industry is one of the largest and most important manufacturing sectors in Europe. The region’s construction industry is focusing on adopting innovations and new product development strategies to sustain demand. The construction market in the region is highly fragmented and consists of a large number of companies, most of which are small in scale; hence, only few can compete in the global market.
Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 42 %, Tier 2 – 25%, Tier 3 – 33%
• By Designation: C level – 33%, Director level – 25%, Others – 42%
• By Region: North America – 44%, Europe – 25%, Asia Pacific – 19%, Middle East & Africa – 6%, South America – 6%

As part of the qualitative analysis, the research provides a comprehensive review of major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also discusses competitive strategies adopted by market players, such as Nippon Sheet Glass (Japan), Saint-Gobain (France), Guardian Industries (US), Pilkington Group Limited (UK), Cardinal Glass Industries (US), and Asahi Glass Co. (Japan).
Research Coverage:

The report defines, segments, and projects the self-cleaning glass market based on coating type, application, and region. It provides detailed information regarding major factors influencing the growth of the market, such as drivers, opportunities, and industry-specific challenges. It also strategically profiles key players and comprehensively analyzes their market shares and core competencies. The report analyzes competitive developments, such as new product launches/developments undertaken by the key players.

Reasons to buy the report:
The report will help market leaders/new entrants in this market by providing them the closest approximations of revenue numbers for the overall self-cleaning glass market and its subsegments. This report will help stakeholders better understand the competitive landscape and gain insights to position their businesses better and make suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 14
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 14
1.2 MARKET DEFINITION 14
1.3 SCOPE OF THE STUDY 15
1.3.1 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 16
1.4 CURRENCY 16
1.5 STAKEHOLDERS 16
2 RESEARCH METHODOLOGY 17
2.1 RESEARCH DATA 17
2.1.1 SECONDARY DATA 18
2.1.1.1 Key data from secondary sources 18
2.1.2 PRIMARY DATA 19
2.1.2.1 Key data from primary sources 19
2.1.2.2 Key industry insights 20
2.1.2.3 Breakdown of primary interviews 20
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 21
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 21
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 22
2.3 DATA TRIANGULATION 23
2.4 ASSUMPTIONS 24
2.5 LIMITATIONS 24
3 EXECUTIVE SUMMARY 25
4 PREMIUM INSIGHTS 28
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN SELF-CLEANING GLASS MARKET 28
4.2 SELF-CLEANING GLASS MARKET, BY REGION 28
4.3 EUROPE SELF-CLEANING GLASS MARKET, BY COUNTRY & APPLICATION 29
4.4 SELF-CLEANING GLASS MARKET, BY COATING TYPE & REGION 30
4.5 TOP COUNTRIES IN SELF-CLEANING GLASS MARKET 30
5 MARKET OVERVIEW 31
5.1 INTRODUCTION 31
5.2 MARKET DYNAMICS 31
5.2.1 DRIVERS 32
5.2.1.1 Growth of the construction industry 32
5.2.1.2 Reduction in maintenance time and cost 32

5.2.2 RESTRAINTS 32
5.2.2.1 Low efficiency of self-cleaning glass 32
5.2.3 OPPORTUNITIES 32
5.2.3.1 Rising demand for value-added glass products 32
5.2.3.2 Increasing demand for self-cleaning glass in solar panels 32
5.2.4 CHALLENGES 33
5.2.4.1 Nomenclature of self-cleaning glass 33
5.2.4.2 Low penetration in emerging countries 33
5.3 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 33
5.3.1 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 34
5.3.2 THREAT OF NEW ENTRANTS 34
5.3.3 THREAT OF SUBSTITUTES 34
5.3.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 35
5.3.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 35
5.4 MACROECONOMIC INDICATORS 36
5.4.1 ANNUAL GDP GROWTH RATE OF MAJOR ECONOMIES 36
5.4.2 CONSTRUCTION 37
5.4.3 AUTOMOTIVE INDUSTRY 38
6 SELF-CLEANING GLASS MARKET, BY COATING TYPE 39
6.1 INTRODUCTION 40
6.2 HYDROPHILIC 41
6.3 HYDROPHOBIC 42
7 SELF-CLEANING GLASS MARKET, BY APPLICATION 43
7.1 INTRODUCTION 44
7.2 RESIDENTIAL CONSTRUCTION 45
7.3 NON-RESIDENTIAL CONSTRUCTION 46
7.4 SOLAR PANELS 47
7.5 AUTOMOTIVE 48
7.6 OTHERS 49
8 REGIONAL ANALYSIS 51
8.1 INTRODUCTION 52
8.2 EUROPE 55
8.2.1 GERMANY 59
8.2.2 FRANCE 60
8.2.3 UK 61
8.2.4 ITALY 62
8.2.5 REST OF EUROPE 63

8.3 ASIA PACIFIC 64
8.3.1 CHINA 67
8.3.2 JAPAN 68
8.3.3 INDIA 69
8.3.4 AUSTRALIA 70
8.3.5 REST OF ASIA PACIFIC 71
8.4 NORTH AMERICA 72
8.4.1 US 75
8.4.2 CANADA 76
8.4.3 MEXICO 77
8.5 MIDDLE EAST & AFRICA 78
8.5.1 SAUDI ARABIA 80
8.5.2 REST OF MIDDLE EAST & AFRICA 81
8.6 SOUTH AMERICA 82
8.6.1 BRAZIL 84
8.6.2 REST OF SOUTH AMERICA 85
9 COMPETITIVE LANDSCAPE 86
9.1 OVERVIEW 86
9.2 MARKET RANKING ANALYSIS 87
9.3 COMPETITIVE SITUATION & TRENDS 88
9.3.1 NEW PRODUCT LAUNCHES/DEVELOPMENTS 88
10 COMPANY PROFILES 89
Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View
10.1 NIPPON SHEET GLASS 89
10.2 SAINT-GOBAIN 92
10.3 GUARDIAN INDUSTRIES 95
10.4 CARDINAL GLASS INDUSTRIES, INC. 97
10.5 ASAHI GLASS CO. 99
10.6 VIRIDIAN GLASS 101
10.7 ATIS GROUP 102
10.8 KNEER-SÜDFENSTER 103
10.9 AUSTRALIAN INSULATED GLASS 104
10.10 ROOF-MAKER LIMITED 105
10.11 OTHER LEADING PLAYERS 106
10.11.1 WUXI YAOPI GLASS ENGINEERING CO., LTD. 106
10.11.2 FOSHAN QUNLI GLASS CO., LTD. 106
10.11.3 DEPENDABLE GLASS WORKS 106
10.11.4 OLYMPIC GLASS 106
10.11.5 POLYPANE GLASINDUSTRIE 106
10.11.6 TUFF-X PROCESSED GLASS 106
10.11.7 SEMCO 106
10.11.8 WEIHAI BLUE STAR GLASS HOLDING 107
10.11.9 H.K. TAIXING GLASS STONE MATERIAL LIMITED 107
10.11.10 PREFIX SYSTEMS 107
*Details might not be captured in case of unlisted companies.
11 APPENDIX 108
11.1 DISCUSSION GUIDE 108
11.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS SUBSCRIPTION PORTAL 111
11.3 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 113
11.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 114
11.5 RELATED REPORTS 114
11.6 AUTHOR DETAILS 115

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性
【発行日】2018年6月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-6403
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 高等教育向けSIS(学生管理システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高等教育向けSIS(学生管理システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高等教育向けSIS(学生管理システム)の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場について調査・分析し、体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別体外式膜型人工肺(ECMO)シェア、市場規模推移、市場規模予測、体外式膜型人工肺(ECMO)種類別分析(VV ECMO、VA ECMO )、体外式膜型人工肺(ECMO)用途別分析(新生児、小児、成人)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・体外式膜型人工肺(ECMO)の市場概観 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・体外式膜型人工肺(ECMO)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場規模 ・体外式膜型人工肺(ECMO)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・体外式膜型人工肺(ECMO)のアメリカ市場規模推移 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のカナダ市場規模推移 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のメキシコ市場規模推移 ・体外式膜型人工肺(ECMO)のヨーロッパ市場分析 …
  • 機能性小麦粉の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機能性小麦粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性小麦粉の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は機能性小麦粉の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Archer Daniels Midland • Ardent Mills• Associated British Foods• Ingredion等です。
  • テザードローンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、テザードローンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テザードローン市場規模、エンドユーザー別(防衛、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テザードローンの世界市場概要 ・テザードローンの世界市場環境 ・テザードローンの世界市場動向 ・テザードローンの世界市場規模 ・テザードローンの世界市場:業界構造分析 ・テザードローンの世界市場:エンドユーザー別(防衛、通信、その他) ・テザードローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・テザードローンの北米市場規模・予測 ・テザードローンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テザードローンのアジア太平洋市場規模・予測 ・テザードローンの主要国分析 ・テザードローンの世界市場:成長要因、課題 ・テザードローンの世界市場:競争環境 ・テザードローンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 歯磨き粉の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界及び欧州の切削油剤市場-分析及び展望(~2022年)
  • CD 19阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 19阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 19阻害薬の概要 ・CD 19阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 19阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 19阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 19阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 温室栽培の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、温室栽培の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温室栽培の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレス電話充電器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレス電話充電器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤレス電話充電器市場規模、流通経路別(オフラインストア、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anker Innovations, Belkin International, mophie, SAMSUNG, TYLTなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場概要 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場環境 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場動向 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場規模 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場:業界構造分析 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場:流通経路別(オフラインストア、オンラインストア) ・ワイヤレス電話充電器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ワイヤレス電話充電器の北米市場規模・予測 ・ワイヤレス電話充電器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ワイヤレス電話充電器のアジア太平洋市場規模・ …
  • スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、スマート・スタジアム(競技場)の世界市場について調べ、スマート・スタジアム(競技場)の世界規模、市場動向、市場環境、ソフトウェア別分析、サービス別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場概要 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場環境 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場動向 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模:ソフトウェア別 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模:サービス別 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート・スタジアム(競技場)の北米市場規模・予測 ・スマート・スタジアム(競技場)のアメリカ市場規模・予測 ・スマート・スタジアム(競技場 …
  • ベネズエラの市場見通し(~2021年)
  • 非接触型決済ソリューションの世界市場:決済端末、モバイル決済、取引・データ管理、セキュリティ・不正管理
    当調査レポートでは、非接触型決済ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、決済方式別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アクリル酸の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、アクリル酸の世界市場について調査・分析し、アクリル酸の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アクリル酸の世界市場:市場動向分析 - アクリル酸の世界市場:競争要因分析 - アクリル酸の世界市場:エンドユーザー別 ・封止め剤・接着剤産業 ・プラスチック添加材産業 ・パーソナルケア製品 ・有機化学薬品 ・表面被覆 ・水処理 ・界面活性剤 ・テキスタイル ・おむつ ・その他 - アクリル酸の世界市場:誘導型別 ・アクリルポリマー ・アクリル酸エステル ・その他 - アクリル酸の世界市場:主要地域別分析 - アクリル酸の北米市場規模(アメリカ市場等) - アクリル酸のヨーロッパ市場規模 - アクリル酸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アクリル酸の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • シンガポールのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • パスワード管理の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、パスワード管理の世界市場について調査・分析し、パスワード管理の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・パスワード管理の世界市場規模:アクセス別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:展開モデル別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:種類別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・パスワード管理の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 化粧塗料の世界市場分析:製品別(下地、エナメル、エマルジョン)、技術別(水系、溶液系)、用途別(住居用、商業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、化粧塗料の世界市場について調査・分析し、化粧塗料の世界市場動向、化粧塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別化粧塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍事用荷物運搬システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍事用荷物運搬システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用荷物運搬システムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 産業用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、産業用サイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合飼料および添加剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、複合飼料および添加剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、複合飼料および添加剤市場規模、製品別(水産養殖用飼料、ウシの飼料、ペットフード、家禽用飼料、ブタの飼料)分析、タイプ別(酵素、抗酸化剤、アミノ酸、抗生物質、飼料用酸性化剤、ビタミン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 複合飼料および添加剤の世界市場:市場動向分析 ・ 複合飼料および添加剤の世界市場:競争要因分析 ・ 複合飼料および添加剤の世界市場:製品別(水産養殖用飼料、ウシの飼料、ペットフード、家禽用飼料、ブタの飼料) ・ 複合飼料および添加剤の世界市場:タイプ別(酵素、抗酸化剤、アミノ酸、抗生物質、飼料用酸性化剤、ビタミン) ・ 複合飼料および添加剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 複合飼料および添加剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 複合飼料および添加剤のヨーロッパ市場規模 ・ 複合飼料および添加剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等 …
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の金属酸化物薄膜トランジスタ(TFT)市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属酸化物薄膜トランジスタ(TFT)市場2015について調査・分析し、金属酸化物薄膜トランジスタ(TFT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 研究室用真空ポンプの世界市場2019-2023
    研究室や半導体工程における真空ポンプシステム用途の増加により、研究室用真空ポンプの需要が高まっています。研究室用真空ポンプの使用は増加しており、質量分析からろ過、乾燥、脱気、蒸留、ゲル乾燥、蒸発まで、幅広い用途にわたり性能を最適化します。 真空ポンプは研究室において有用な器具とされており、高出力真空吸引による濾過時間の短縮に使用されます。 研究室用真空ポンプは、迅速なチャンバー排気、チャンバー環境交換、および高い処理能力のために使用されています。半導体産業における用途の増加に伴い、予測期間中に研究室用真空ポンプの導入が増加する見込みです。 Technavioのアナリストは、研究室用真空ポンプの世界市場が2023年までに4%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Agilent Technologies、EBARA、Gardner Denver、Graham、ULVACなどです。 当調査レポートでは、研究室用真空ポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研究室用真空ポンプ市場規模、製品別(乾式真空ポンプ、ロータリーベーンポンプ)分析、市場動向、競争 …
  • 硫酸の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、硫酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、硫酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学発光分析計(CLA)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、化学発光分析計(CLA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化学発光分析計(CLA)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC整形外科用ブレースの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、OTC整形外科用ブレースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、OTC整形外科用ブレースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サービス産業における照明の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サービス産業における照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サービス産業における照明の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 肘関節置換術用装置の世界市場分析・予測
  • バングラデシュの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 苛性ソーダの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、苛性ソーダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、苛性ソーダの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ除草剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオ除草剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオ除草剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオ除草剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BHA (BioHerbicides Australia)、Certified Organics Australia、Emery Oleochemicals、Hindustan Bio-Tech Chemicals & Fertilizers、MycoLogic等です。
  • DDoS防御の世界市場2017-2021:製品、サービス
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、DDoS防御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DDoS防御の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はDDoS防御の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.04%(減少)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkamai Technologies、ARBOR NETWORKS、F5 Networks、Imperva、Neustar等です。
  • バイオバンクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオバンクの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波の世界市場予測(~2021年):技術(診断、治療、2D、3D/4D、HIFU)、ディスプレイ、携帯性、用途、エンドユーザー
    当調査レポートでは、超音波の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、ディスプレイ別分析、携帯性別分析、用途別分析、超音波の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アデノウイルス検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • トンネルオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、トンネルオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トンネルオートメーション市場規模、コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他)分析、トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道)分析、提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ トンネルオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他) ・ トンネルオートメーションの世界市場:トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道) ・ トンネルオートメーションの世界市場:提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア) ・ トンネルオートメーションの世界市場:主要地域別分析 ・ トンネルオートメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ トンネルオートメーションのヨーロッパ市場 …
  • コンクリート・セメントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンクリート・セメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンクリート・セメント市場規模、製品別(コンクリート・セメント)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anhui Conch Cement Company, CEMEX, CNBM International Corporation, HEIDELBERGCEMENT, LafargeHolcim, UBE INDUSTRIESなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンクリート・セメントの世界市場概要 ・コンクリート・セメントの世界市場環境 ・コンクリート・セメントの世界市場動向 ・コンクリート・セメントの世界市場規模 ・コンクリート・セメントの世界市場:業界構造分析 ・コンクリート・セメントの世界市場:製品別(コンクリート・セメント) ・コンクリート・セメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンクリート・セメントの北米市場規模・予測 ・コンクリート・セメ …
  • ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場:統合タイプ、パッケージング技術、バンピング技術別、産業別、地域別予測
    本資料は、ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場について調べ、ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界規模、市場動向、市場環境、統合タイプ分析、パッケージング技術分析、バンピング技術別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場概要 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場環境 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場動向 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:統合タイプ ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:パッケージング技術 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:バンピング技術別 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:産業別 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の北米市場規 …
  • 世界のジシクロペンタジエン(DCPD)市場2016
    本調査レポートでは、世界のジシクロペンタジエン(DCPD)市場2016について調査・分析し、ジシクロペンタジエン(DCPD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の工業用チョコレート市場2015
    本調査レポートでは、世界の工業用チョコレート市場2015について調査・分析し、工業用チョコレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料加工機器の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品・飲料加工機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(加工処理、前処理)分析、用途別(ベーカリー・菓子類、食肉・鶏肉、乳製品、アルコール・ノンアルコール飲料)分析、操作モード別分析、最終製品の形態別分析、食品・飲料加工機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼内レンズ(IOLs)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眼内レンズ(IOLs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、眼内レンズ(IOLs)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプルラン市場2015
    本調査レポートでは、世界のプルラン市場2015について調査・分析し、プルランの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のターミナルブロック市場2015
    本調査レポートでは、世界のターミナルブロック市場2015について調査・分析し、ターミナルブロックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 顔用注射剤の世界市場分析:製品別(コラーゲン、ヒアルロン酸、ボツリヌス毒素A型、カルシウムヒドロキシアパタイト、ポリマーフィラー)、用途別(美容、治療)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、顔用注射剤の世界市場について調査・分析し、顔用注射剤の世界市場動向、顔用注射剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別顔用注射剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3Dプリンティング向けポリアミド11/12の世界市場
    当調査レポートでは、3Dプリンティング向けポリアミド11/12の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • G-CSF阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるG-CSF阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・G-CSF阻害薬の概要 ・G-CSF阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のG-CSF阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・G-CSF阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・G-CSF阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 債権回収ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、債権回収ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、債権回収ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別債権回収ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、債権回収ソフトウェア種類別分析()、債権回収ソフトウェア用途別分析(債権回収会社、金融会社、小売店、法律事務所・政府機関、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・債権回収ソフトウェアの市場概観 ・債権回収ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・債権回収ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・債権回収ソフトウェアの世界市場規模 ・債権回収ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・債権回収ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・債権回収ソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・債権回収ソフトウェアのメキシコ市場規模推移 ・債権回収ソフトウェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・債権回収ソフトウェアのドイツ市場規模推移 ・債権 …
  • マイクロPLC及びナノPLCの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、提供商品別分析、産業別分析、地域別分析、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用NVH(騒音・振動・ハーシュネス)材料の世界市場:ゴム、熱可塑性ポリマ、エンジニアリング樹脂
    当調査レポートでは、自動車用NVH(騒音・振動・ハーシュネス)材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のノートパソコン用バッテリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン用バッテリー市場2015について調査・分析し、ノートパソコン用バッテリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"