"サーモクロミック材料の世界市場:用途別(食品品質インジケーター、製紙、顔料、温度計、その他)、地域別予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BZW80720)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"サーモクロミック材料の世界市場:用途別(食品品質インジケーター、製紙、顔料、温度計、その他)、地域別予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Thermochromics Materials to reach USD 7.50 billion by 2025.

Global Thermochromics Materials Market valued approximately USD 0.988 billion in 2016 is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 9.3% over the forecast period 2017-2025. Some of the major factors for growing demand of Thermochromics materials is increasing demand for innovative products with temperature-based, color-changing abilities for entertainment or functional applications. Some of the driving aspects for the product are the technological innovation such as introduction of energy management construction films and encapsulation of flexible electronics & OLED devices

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Application:

 Food Quality Indicators
 Papers
 Pigments
 Thermometers
 Others

By Regions:

 North America
o U.S.
o Canada
 Europe
o UK
o Germany
 Asia Pacific
o China
o India
o Japan
 Latin America
o Brazil
o Mexico
 Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2015
Base year – 2016
Forecast period – 2017 to 2025

Some of the key manufacturers involved in the market are SFXC, Indestructible Paints Limited, H.W. Sands Corp., Fraunhofer IAP, Olikrom . Acquisitions and effective mergers are some of the strategies adopted by the key manufacturers. New product launches and continuous technological innovations are the key strategies adopted by the major players.

Target Audience of the Global Thermochromics Materials Market in Market Study:

 Key Consulting Companies & Advisors
 Large, medium-sized, and small enterprises
 Venture capitalists
 Value-Added Resellers (VARs)
 Third-party knowledge providers
 Investment bankers
 Investors


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Bizwit Research & Consultingが"サーモクロミック材料の世界市場:用途別(食品品質インジケーター、製紙、顔料、温度計、その他)、地域別予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1. Global Thermochromic Materials Market Definition and Scope
1.1. Research Objective
1.2. Market Definition
1.3. Scope of The Study
1.4. Years Considered for The Study
1.5. Currency Conversion Rates
1.6. Report Limitation
Chapter 2. Research Methodology
2.1. Research Process
2.1.1. Data Mining
2.1.2. Analysis
2.1.3. Market Estimation
2.1.4. Validation
2.1.5. Publishing
2.2. Research Assumption
Chapter 3. Executive Summary
3.1. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
3.2. Key Trends
Chapter 4. Global Thermochromic Materials Market Dynamics
4.1. Growth Prospects
4.1.1. Drivers
4.1.2. Restraints
4.1.3. Opportunities
4.2. Industry Analysis
4.2.1. Porter’s 5 Force Model
4.2.2. PEST Analysis
4.2.3. Value Chain Analysis
4.3. Analyst Recommendation & Conclusion

Chapter 5. Global Thermochromic Materials Market, By Application
5.1. Market Snapshot
5.2. Market Performance – Potential Model
5.3. Global Thermochromic Materials Market, Sub Segment Analysis
5.3.1. Food Quality Indicators
5.3.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.1.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.2. Papers
5.3.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.2.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.3. Pigments
5.3.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.3.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.4. Thermometers
5.3.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.4.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.5. Others
5.3.5.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.3.5.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)

Chapter 6. Global Thermochromic Materials Market, by Regional Analysis
6.1. Thermochromic Materials Market, Regional Market Snapshot (2015-2025)
6.2. North America Thermochromic Materials Market Snapshot
6.2.1. U.S.
6.2.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.2.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.2.2. Canada
6.2.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.2.2.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3. Europe Thermochromic Materials Market Snapshot
6.3.1. U.K.
6.3.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.2. Germany
6.3.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.2.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.3. France
6.3.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.3.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.4. Rest of Europe
6.3.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.3.4.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4. Asia Thermochromic Materials Market Snapshot
6.4.1. China
6.4.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.2. India
6.4.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.2.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.3. Japan
6.4.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.3.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.4. Rest of Asia Pacific
6.4.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.4.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.5. Latin America Thermochromic Materials Market Snapshot
6.5.1. Brazil
6.5.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.5.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.5.2. Mexico
6.5.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.5.2.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.6. Rest of The World
6.6.1. South America
6.6.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.6.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.6.2. Middle East and Africa
6.6.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.6.2.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)

Chapter 7. Competitive Intelligence
7.1. Company Market Share (Subject to Data Availability)
7.2. Top Market Strategies
7.3. Company Profiles
7.3.1. SFXC
7.3.1.1. Overview
7.3.1.2. Financial (Subject to Data Availability)
7.3.1.3. Product Summary
7.3.1.4. Recent Developments
7.3.2. Indestructible Paints Limited
7.3.3. H.W. Sands Corp.
7.3.4. Fraunhofer IAP
7.3.5. Olikrom
7.3.6. Kolortek Co., Ltd.
7.3.7. Shanghai Casion Color Material Chem. Co., Ltd.
7.3.8. LCR Hallcrest LLC
7.3.9. Smarol Industry Co, Ltd.
7.3.10. New Prismatic Enterprises Co.ltd. (NCC)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】サーモクロミック材料の世界市場:用途別(食品品質インジケーター、製紙、顔料、温度計、その他)、地域別予測
【発行日】2018年7月3日
【調査会社】Bizwit Research & Consulting
【コード】BZW80720
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】先進材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
サーモクロミック材料の世界市場:用途別(食品品質インジケーター、製紙、顔料、温度計、その他)、地域別予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 治療薬物モニタリング(TDM)の世界市場:米国、欧州、日本
  • 危険およびセーフエリア用信号装置(可聴式&可視式)の世界市場予測(~2022):製品別(ストロボビーコン、照明、火災警報/火災報知器)、接続サービス別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、危険およびセーフエリア用信号装置(可聴式&可視式)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、接続サービス別分析、産業別分析、地域別分析、危険およびセーフエリア用信号装置(可聴式&可視式)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-12阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-12阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-12阻害剤の概要 ・インターロイキン-12阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-12阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-12阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-12阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 輸送パッケージングの世界市場:段ボール箱、パレット、木枠
    当調査レポートでは、輸送パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送パッケージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの洗濯機市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの洗濯機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの洗濯機市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体IPの世界市場:デザインIP別(プロセッサーIP、インターフェイスIP、メモリIP、その他)、IPソース別(ライセンス契約、ロイヤルティ、サービス)、用途別(民生機器、テレコム、自動車、航空宇宙、ヘルスケア、農業、その他)
    本資料は、半導体IPの世界市場について調べ、半導体IPの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、デザインIP別(プロセッサーIP、インターフェイスIP、メモリIP、その他)分析、用途別(民生機器、テレコム、自動車、航空宇宙、ヘルスケア、農業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・半導体IPの世界市場概要 ・半導体IPの世界市場環境 ・半導体IPの世界市場動向 ・半導体IPの世界市場規模 ・半導体IPの世界市場:市場シェア ・半導体IPの世界市場:デザインIP別(プロセッサーIP、インターフェイスIP、メモリIP、その他) ・半導体IPの世界市場:IPソース別(ライセンス契約、ロイヤルティ、サービス) ・半導体IPの世界市場:用途別(民生機器、テレコム、自動車、航空宇宙、ヘルスケア、農業、その他) ・半導体IPの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体IPの北米市場規模・予測 ・半導体IPのアメリカ市場規模・予測 ・半導体IPのヨーロ …
  • 自動車用ハイパーバイザーの世界市場予測(~2025年)
    自動車用ハイパーバイザーの世界市場は、2018年の9,500万米ドルから2025年には7億7,200万米ドルに達し、この期間中34.90%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高度なユーザーインターフェイスにおける革新技術の介入とコネクテッドカーの採用の増加が考えられます。また、車載インフォテインメントにおける仮想化ハイパーバイザーレイヤーは、車両の電気関連アーキテクチャの複雑性を軽減します。一方で、車載アプリケーション用のソフトウェアプラットフォームを開発するための標準プロトコルの欠如は、市場の成長にとって大きな制約となります。当調査レポートでは、自動車用ハイパーバイザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(タイプ1、タイプ2)分析、車両の種類(PC、LCV、HCV)分析、エンドユーザー(低価格帯、中価格帯、高価格帯)分析、自動運転レベル(自動、半自動)分析、自動車用ハイパーバイザーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアの世界市場について調査・分析し、フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、フライアッシュ及びセラミックミクロスフェア種類別分析()、フライアッシュ及びセラミックミクロスフェア用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアの市場概観 ・フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアの世界市場規模 ・フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアのアメリカ市場規模推移 ・フライアッシュ及びセラミックミクロスフェアのカナダ …
  • セルフレベリングコンクリートの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルフレベリングコンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、セルフレベリングコンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフレームヒーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のフレームヒーター市場2015について調査・分析し、フレームヒーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の概要 ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 二液性接着剤の世界市場:ポリウレタン、エポキシ、MMA、シリコーン
    当調査レポートでは、二液性接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オリーブ葉エキスの世界市場:タイプ別(液体、固体)、用途別(化粧品、食品、飲料、栄養補助食品、医薬品、その他)、地域別予測
    本資料は、オリーブ葉エキスの世界市場について調べ、オリーブ葉エキスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(液体、固体)分析、用途別(化粧品、食品、飲料、栄養補助食品、医薬品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEvergreen Life Products、Olivus Incorporation、Vabori、Comvita Ltd.、Starwest Botanicals Inc.、Frutarom、Barleansなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オリーブ葉エキスの世界市場概要 ・オリーブ葉エキスの世界市場環境 ・オリーブ葉エキスの世界市場動向 ・オリーブ葉エキスの世界市場規模 ・オリーブ葉エキスの世界市場規模:タイプ別(液体、固体) ・オリーブ葉エキスの世界市場規模:用途別(化粧品、食品、飲料、栄養補助食品、医薬品、その他) ・オリーブ葉エキスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オリーブ葉エキスの北米市場規模・予測 ・オリ …
  • 狭帯域IoTチップセットの世界市場見通し2016-2022:アラーム&検出器、スマートメーター、ウェアラブル装置、スマート家電、トラッカー
    当調査レポートでは、狭帯域IoTチップセットの世界市場について調査・分析し、狭帯域IoTチップセットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:市場動向分析 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:競争要因分析 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:装置別分析/市場規模 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:技術別分析/市場規模 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:用途別分析/市場規模 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:地域別分析/市場規模 ・狭帯域IoTチップセットの北米市場規模 ・狭帯域IoTチップセットの欧州市場規模 ・狭帯域IoTチップセットのアジア市場規模 ・狭帯域IoTチップセットの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • イノベーション管理の世界市場予測(~2022年):ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、イノベーション管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、サービス別分析、導入形態別分析、アプリケーション別分析、イノベーション管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートミラーの世界市場:用途別(自動車、ホスピタリティ・小売、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートミラーの世界市場について調べ、スマートミラーの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(自動車、ホスピタリティ・小売、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートミラーの世界市場概要 ・スマートミラーの世界市場環境 ・スマートミラーの世界市場動向 ・スマートミラーの世界市場規模 ・スマートミラーの世界市場規模:用途別(自動車、ホスピタリティ・小売、その他) ・スマートミラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートミラーの北米市場規模・予測 ・スマートミラーのアメリカ市場規模・予測 ・スマートミラーのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートミラーのアジア市場規模・予測 ・スマートミラーの日本市場規模・予測 ・スマートミラーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • クラウドストレージの世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、クラウドストレージの世界市場について調査・分析し、クラウドストレージの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の不妊治療市場規模・予測2017-2025:方法別(生殖補助医療(ART)・人工授精・体外受精(IVF)・代理出産・不妊症手術)、商品別(機械、メディア、付属品)、種類別(男性、女性)、エンドユーザー別(不妊クリニック、病院、精子バンク)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の不妊治療市場について調査・分析し、世界の不妊治療市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の不妊治療関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 粉チーズの世界市場:チェダー、パルメザン、モッツァレラ、アメリカンチーズ、ブルーチーズ、その他
    当調査レポートでは、粉チーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の呼吸モニタリング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の呼吸モニタリング装置市場2015について調査・分析し、呼吸モニタリング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のスマート・ドアロック市場2015
    本調査レポートでは、中国のスマート・ドアロック市場2015について調査・分析し、スマート・ドアロックの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))のフェーズ3治験薬の状況 ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))治療薬の市場規模(販売予測) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の …
  • システムインテグレーターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、システムインテグレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、サービス別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、システムインテグレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルコールRTD飲料/高強度プレミックスの北米市場
  • 術中神経モニタリング(IONM)の世界市場の規模と予測:タイプ別(インソースIONM、アウトソースIONM)、地域別(北アメリカ[米国、カナダ]、ヨーロッパ[英国、ドイツ]、アジア太平洋[日本、中国]、ラテンアメリカ[ブラジル、メキシコ]、MEA [南アフリカ])、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、術中神経モニタリング(IONM)の世界市場について調査・分析し、術中神経モニタリング(IONM)の世界市場動向、術中神経モニタリング(IONM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別術中神経モニタリング(IONM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 簡便(on-the-go)包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、簡便(on-the-go)包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、簡便(on-the-go)包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 医療用ロボットの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、医療用ロボットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療用ロボットの世界市場:市場動向分析 ・医療用ロボットの世界市場:競争要因分析 ・医療用ロボットの世界市場:用途別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用ロボットの北米市場規模・分析 ・医療用ロボットの欧州市場・分析 ・医療用ロボットのアジア市場・分析 ・医療用ロボットの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アルミ合金オートホイールの世界市場予測2019-2024
    「アルミ合金オートホイールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、 鋳造、鍛造、その他など、用途別には、Passenger Vehicle、Commercial Vehicleなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミ合金オートホイールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミ合金オートホイールの世界市場概要(サマリー) ・アルミ合金オートホイールの企業別販売量・売上 ・アルミ合金オートホイールの企業別市場シェア ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:種類別( 鋳造、鍛造、その他) ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:用途別(Passenger Vehicle、Commercial Vehicle) ・アルミ合金オートホイールの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミ合金オートホイールのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミ合金オートホイールの欧州市場規 …
  • 創傷治療用装置の世界市場2019-2023
    創傷治療装置の最近の進歩に伴い、これらの装置を用いて治療できる適応症の数が拡大しています。例えば、より小型の使い捨てポンプを開発することで、従来のNPWT(陰圧閉鎖療法)装置では不可能だった短期間在宅ケアのような新しい環境において、小さな手術創の治療の多くが可能になりました。 NPWTは、積極的な水分補給、感染の制御、疼痛管理、栄養補助、外科的デブリドマン、開腹手術または外科的筋膜切開術の補助として利用できます。 Technavioのアナリストは、創傷治療装置の市場が2023年までに7%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Acelity、Cardinal Health、ConvaTec、PAUL HARTMANN、Sechrist、Smith & Nephewなどです。 当調査レポートでは、創傷治療用装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、創傷治療用装置市場規模、製品別(NPWTデバイス、HBOTデバイス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 …
  • 世界のやし油市場2016
    本調査レポートでは、世界のやし油市場2016について調査・分析し、やし油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ケラチンの世界市場:アルファケラチン、ベータケラチン
    Technavio社の本調査レポートでは、ケラチンの世界市場について調べ、ケラチンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ケラチンの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アルファケラチン、ベータケラチン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はケラチンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ケラチンの市場状況 ・ケラチンの市場規模 ・ケラチンの市場予測 ・ケラチンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(アルファケラチン、ベータケラチン) ・ケラチンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • グルジアの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の患者血液管理市場:製品別(機器(遠心分離機、輸液装置、アフェレーシス、PCR、NGS、ストレージデバイス)、アクセサリ(シリンジ、バイアル)、試薬、ソフトウェア)、コンポーネント別、エンドユーザー別(血液銀行、病院)、地域別
    MarketsandMarkets社は、患者血液管理の世界市場規模が2019年107億ドルから2024年153億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の患者血液管理市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(機器、アクセサリー、試薬&キット、ソフトウェア)分析、コンポーネント別(全血&赤血球、プラズマ)分析、エンドユーザー別(血液銀行、病院、診断クリニックおよび病理学研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の患者血液管理市場:製品別(機器、アクセサリー、試薬&キット、ソフトウェア) ・世界の患者血液管理市場:コンポーネント別(全血&赤血球、プラズマ) ・世界の患者血液管理市場:エンドユーザー別(血液銀行、病院、診断クリニックおよび病理学研究所) ・世界の患者血液管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 発酵化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のブルーレイプレーヤー市場2016
    本調査レポートでは、世界のブルーレイプレーヤー市場2016について調査・分析し、ブルーレイプレーヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型車用フロントエンドモジュールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小型車用フロントエンドモジュールシェア、市場規模推移、市場規模予測、小型車用フロントエンドモジュール種類別分析(金属/プラスチックハイブリッド、複合材、プラスチック、鋼、その他)、小型車用フロントエンドモジュール用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小型車用フロントエンドモジュールの市場概観 ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小型車用フロントエンドモジュールの世界市場規模 ・小型車用フロントエンドモジュールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小型車用フロントエンドモジュールのアメリカ市場規模推移 ・小型車用フロントエンドモジュールのカナダ市場規模推移 ・小型車用フロントエ …
  • フランスの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 世界主要国における放射性医薬品市場2018-2023
    本調査レポートでは、放射性医薬品の世界市場について調査・分析し、放射性医薬品の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(SPECT(単一光子放射断層撮像法)検査、PET(陽電子放射断層撮像法)検査、その他ラジオアイソトープ検査診断、ラジオアイソトープ治療)、用途別市場規模(腫瘍、循環器疾患、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、放射性医薬品の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・放射性医薬品の世界市場概要 ・放射性医薬品の企業別市場シェア ・放射性医薬品の地域別市場規模 ・放射性医薬品の種類別市場規模(SPECT(単一光子放射断層撮像法)検査、PET(陽電子放射断層撮像法)検査、その他ラジオアイソトープ検査診断、ラジオアイソトープ治療) ・放射性医薬品の用途別市場規模(腫瘍、循環器疾患、その他) ・放射性医薬品の主要企業 …
  • アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクティブオプティカルケーブル(AOC)市場規模、プロトコル別(ディスプレイポート、イーサネット、HDMI、InfiniBand、USB、その他)分析、コネクター別(Cフォームファクタプラガブル、スモールフォームファクタプラガブル(SFP)、クワッドスモールフォームファクタプラガブル(QSFP)、CDFP(400フォームファクタプラガブル)、CXP、その他)分析、用途別(デジタルサイネージ、家電、高性能コンピューティング(HPC)、パーソナルコンピューティング(PC)、データセンター、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場:市場動向分析 ・ アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場:競争要因分析 ・ アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場:プロトコル別(ディス …
  • キャビネットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、キャビネットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キャビネット市場規模、エンドユーザー(住宅、商業)分析、用途別(その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American Woodmark, Fortune Brands Home & Security, Howden Joinery, Inter IKEA Systems, Nobiaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・キャビネットの世界市場概要 ・キャビネットの世界市場環境 ・キャビネットの世界市場動向 ・キャビネットの世界市場規模 ・キャビネットの世界市場:業界構造分析 ・キャビネットの世界市場:エンドユーザー(住宅、商業) ・キャビネットの世界市場:用途別(その他) ・キャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・キャビネットの北米市場規模・予測 ・キャビネットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・キャビネットのアジア太平洋市場規模・予測 ・キ …
  • 世界の緑膿菌肺炎市場2019
    本調査レポートでは、世界の緑膿菌肺炎市場2019について調査・分析し、緑膿菌肺炎の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、緑膿菌肺炎のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、緑膿菌肺炎メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・緑膿菌肺炎の市場概要 ・緑膿菌肺炎の上流・下流市場分析 ・緑膿菌肺炎のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・緑膿菌肺炎のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・緑膿菌肺炎のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・緑膿菌肺炎のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・緑膿菌肺炎の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・緑膿菌肺炎の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・緑膿菌肺炎の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・緑膿菌肺炎の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出 …
  • 真空断熱パネル(VIP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、真空断熱パネル(VIP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、真空断熱パネル(VIP)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 機能性食品・飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機能性食品・飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性食品・飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タイのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 米国の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 園芸用具の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、園芸用具の世界市場について調査・分析し、園芸用具の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 園芸用具の世界市場:市場動向分析 - 園芸用具の世界市場:競争要因分析 - 園芸用具の世界市場:種類別 ・除雪機 ・芝・地面用設備 ・草刈り機 ・ブロワー,バキューム,スウィーパー ・園芸用トラクター ・植木用の電気バリカンまたは刈り払い機 ・水処理装置 ・手工具 ・その他 - 園芸用具の世界市場:エンドユーザー別 ・商用/自治体 ・住居用 - 園芸用具の世界市場:主要地域別分析 - 園芸用具の北米市場規模(アメリカ市場等) - 園芸用具のヨーロッパ市場規模 - 園芸用具のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・園芸用具の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • バイオ農薬の世界市場予測:バイオ殺虫剤、バイオ殺菌剤、バイオ除草剤、バイオ殺線虫剤
    当調査レポートでは、バイオ農薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、ソース別分析、用途別分析、地域別分析、バイオ農薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の地熱発電市場:種類別、地域別
    本調査レポートは地熱発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・地熱発電の世界市場:種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"