"発光分光分析(OES)の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE6435)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"発光分光分析(OES)の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Optical emission spectroscopy market to grow at CAGR of 6.36% during 2018–2023” The optical emission spectroscopy (OES) market is estimated to grow from USD 582.2 million in 2018 to USD 792.4 million by 2023, at a CAGR of 6.36% from 2018 to 2023. The factors that drive the growth of the optical emission spectroscopy market include enforcement of stringent government safety regulations and quality control requirements across various sectors, and technological enhancements and increased functionalities. Rising demand for multielement analysis technologies from end-user industries, growing preference to outsource analytical requirements to third-party service providers, and increasing demand from metal and scrap recycling industry are offering new growth opportunities for the growth of the OES market. However, high cost associated with the elemental analysis via OES equipment is a factor restraining the growth of this market. One of the major challenges for the studied market is lack of skilled personnel for handling OES equipment.
“Optical emission spectroscopy equipment to hold larger market share in 2018”
OES equipment is expected to hold the largest share of the global optical emission spectroscopy market in 2018. Growing use of portable OES analyzers in metal producing and processing industries, such as metals and heavy machinery, automotive, aerospace & defense, and scrap and recycling industries; and rising use of ICP-OES across food & beverages, chemicals, pharmaceutical, and environmental industries are likely to increase the adoption of OES instruments. The market for services is expected to grow at a higher CAGR during the forecast period. Increasing involvement of third-party service providers such as SGS, Bureau Veritas, and Intertek is likely to drive the overall services market.
“ICP-OES market to grow at higher rate during forecast period”
Arc/spark OES equipment is expected to hold the largest share of the OES equipment market in 2018. However, the market for the inductively coupled plasma optical emission spectroscopy (ICP-OES) equipment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. ICP-OES offers multielemental determination capabilities by using sequential or simultaneous optical systems (using PMTs or CCDs as detection units). ICP-OES are mainly used in a wide range of verticals, such as environmental labs, pharmaceuticals & life sciences, food & beverages, and oil & gas. Owing to the growing demand from the aforementioned industries, ongoing advancements to reduce operating costs (such as by reducing consumption of purge gas) and improvements in sensitivity and stability of the technology (such as by shifting from echelle type diffraction grating to Optimized Rowland Circle Alignment (ORCA) as in ICP-OES from Spectro by Ametek (US)), the market for ICP-OES is expected to exhibit a higher growth rate during the forecast period.
“APAC expected to hold major market share in 2018”
APAC is expected to hold the largest share of the global optical emission spectroscopy (OES) market in 2018. Continuous advancements in APAC, in terms of economic growth, infrastructural developments, and the automotive industry, are likely to boost the requirement of OES equipment in this region. APAC is a major market for various sectors such as consumer electronics, automobiles, and defense. This region has become a global focal point for large investments and business expansion opportunities. APAC experiences a steady growth in all sectors. In the automobile sector, as of 2016, this region accounted for more than 50% of the overall passenger car production. Strong demand from food & beverages, environmental, automotive, and aerospace & defense industries are expected to contribute to the growth of the OES market in North America. RoW has a strong base of industrial and process-based sectors, such as oil & gas, scrap recycling, and chemicals. Despite the lack of domestic manufacturers as well as high economic and political barriers in the countries in this region, the OES market is likely to witness growing demand from this region during the forecast period.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through the secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the optical emission spectroscopy market. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 = 40%, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 25%
• By Designation: C-level Executives = 20%, Directors = 35%, and Others = 45%
• By Region: APAC = 45%, Europe = 32%, North America = 20%, and RoW = 3%
The report profiles the key players in the optical emission spectroscopy market, along with their ranking analysis. Thermo Fisher Scientific (US), Ametek (US), Bruker (US), Hitachi High Technologies Corporation (Japan), Shimadzu (Japan), Horiba (Japan), PerkinElmer (US), Agilent Technologies (US), Skyray Instrument (US), and Analytik Jena (Germany). SGS (Switzerland), Bureau Veritas (Japan), Intertek (UK), TÜV SÜD (Germany), and Element Materials Technology (UK) are the major players in the optical emission spectroscopy services market.
Research Coverage:
This research report categorizes the global optical emission spectroscopy market on the basis of offering, form factor, excitation source type, detector type, vertical, and geography. The report describes market dynamics that include key drivers, restraints, challenges, and opportunities for the optical emission spectroscopy market and forecasts the same till 2023.
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the optical emission spectroscopy market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with the information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the market.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product developments and launches, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"発光分光分析(OES)の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 DEFINITION 17
1.3 STUDY SCOPE 18
1.3.1 MARKETS COVERED 18
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THIS STUDY 19
1.4 CURRENCY 19
1.5 PACKAGE SIZE 19
1.6 STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.1.1 SECONDARY DATA 22
2.1.1.1 Secondary sources 22
2.1.2 PRIMARY DATA 23
2.1.2.1 Key data from primary sources 23
2.1.2.2 Key industry insights 24
2.1.2.3 Breakdown of primaries 24
2.1.3 SECONDARY AND PRIMARY RESEARCH 25
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 25
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 28
2.4 MARKET SHARE ESTIMATION 29
2.5 ASSUMPTIONS & LIMITATIONS 29
2.5.1 ASSUMPTIONS 29
2.5.2 LIMITATIONS 29
3 EXECUTIVE SUMMARY 30
4 PREMIUM INSIGHTS 36
4.1 OPPORTUNITIES IN OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY (OES) MARKET 36
4.2 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY MARKET, BY OFFERING, 2017 VS. 2023 37
4.3 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY EQUIPMENT MARKET, BY VERTICAL, 2015–2023 37
4.4 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY EQUIPMENT MARKET,
BY DETECTOR TYPE, 2017 VS. 2023 38
4.5 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY EQUIPMENT MARKET,
BY EXCITATION SOURCE TYPE, 2017–2023 38
4.6 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY EQUIPMENT MARKET SNAPSHOT FOR INDUSTRIES & REGIONS 39
4.7 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY EQUIPMENT MARKET, BY FORM FACTOR,
2017 VS. 2023 39
4.8 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY EQUIPMENT MARKET, BY GEOGRAPHY,
2017–2023 40
5 MARKET OVERVIEW 41
5.1 MARKET DYNAMICS 41
5.1.1 DRIVERS 42
5.1.1.1 Stringent safety regulations by governments and quality control requirements 42
5.1.1.2 Technological enhancements and increased functionalities 42
5.1.2 RESTRAINTS 43
5.1.2.1 High initial cost associated with OES equipment 43
5.1.3 OPPORTUNITIES 43
5.1.3.1 Growing requirement of multielement analysis from environmental, pharmaceutical and life sciences, scrap and recycling, and food & beverage industries 43
5.1.3.2 Growing preference to outsource analytical requirements to third-party service providers 43
5.1.3.3 Demand from metals and scrap recycling industry 44
5.1.4 CHALLENGES 44
5.1.4.1 Lack of skilled personnel for handling OES equipment 44
6 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY (OES) EQUIPMENT MARKET,
BY OFFERING 45
6.1 INTRODUCTION 46
6.2 EQUIPMENT 47
6.3 SERVICES 48
7 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY (OES) EQUIPMENT MARKET,
BY FORM FACTOR 49
7.1 INTRODUCTION 50
7.2 PORTABLE 51
7.3 BENCHTOP 52
8 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY (OES) EQUIPMENT MARKET,
BY EXCITATION SOURCE TYPE 53
8.1 INTRODUCTION 54
8.2 INDUCTIVELY COUPLED PLASMA OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY 55
8.3 ARC/SPARK OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY 57

9 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY (OES) EQUIPMENT MARKET,
BY DETECTOR TYPE 60
9.1 INTRODUCTION 61
9.2 SOLID-STATE DETECTOR 63
9.3 PHOTOMULTIPLIER TUBE 65
9.4 HYBRID 66
10 OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY (OES) EQUIPMENT MARKET,
BY VERTICAL 67
10.1 INTRODUCTION 68
10.2 AUTOMOTIVE 71
10.3 SCRAP AND RECYCLING 72
10.4 AEROSPACE & DEFENSE 73
10.5 METALS AND HEAVY MACHINERY 75
10.6 POWER GENERATION 76
10.7 FOOD & BEVERAGES 77
10.8 ENVIRONMENTAL 78
10.9 INFRASTRUCTURE 79
10.10 PHARMACEUTICALS AND LIFE SCIENCES 80
10.11 CHEMICALS 81
10.12 OIL & GAS 82
10.13 OTHERS 83
11 GEOGRAPHIC ANALYSIS 85
11.1 INTRODUCTION 86
11.2 NORTH AMERICA 90
11.2.1 US 93
11.2.2 CANADA 93
11.2.3 MEXICO 93
11.3 EUROPE 94
11.3.1 GERMANY 97
11.3.2 UK 97
11.3.3 FRANCE 98
11.3.4 REST OF EUROPE 98
11.4 APAC 98
11.4.1 CHINA 101
11.4.2 INDIA 101
11.4.3 JAPAN 102
11.4.4 REST OF APAC 102

11.5 ROW 102
11.5.1 MIDDLE EAST & AFRICA 104
11.5.2 SOUTH AMERICA 104
12 COMPETITIVE LANDSCAPE 105
12.1 INTRODUCTION 105
12.2 KEY PLAYERS OF OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY MARKET 106
12.3 COMPETITIVE SITUATIONS & TRENDS 108
12.3.1 PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS 109
12.3.2 MERGERS & ACQUISITIONS 110
12.3.3 EXPANSIONS 111
12.3.4 AGREEMENTS, PARTNERSHIPS, & COLLABORATIONS 111
12.4 LIST OF OTHER OPTICAL EMISSION SPECTROSCOPY EQUIPMENT PROVIDERS 112
13 COMPANY PROFILES 113
13.1 EQUIPMENT PROVIDER 113
(Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis)*
13.1.1 THERMO FISHER SCIENTIFIC 113
13.1.2 BRUKER 116
13.1.3 HITACHI HIGH-TECHNOLOGIES CORPORATION 119
13.1.4 AMETEK 122
13.1.5 SHIMADZU 125
13.1.6 HORIBA 127
13.1.7 PERKINELMER 129
13.1.8 AGILENT TECHNOLOGIES 131
13.1.9 SKYRAY INSTRUMENT 133
13.1.10 ANALYTIK JENA FOR ENDRESS+HAUSER 134
*Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
13.2 OTHER KEY COMPANIES 135
13.2.1 FOCUSED PHOTONICS (HANGZHOU) 135
13.2.2 SPECTRO SCIENTIFIC INC. 136
13.2.3 GBC SCIENTIFIC EQUIPMENT PTY LTD 136
13.2.4 TELEDYNE LEEMAN LABS 137
13.2.5 GNR ANALYTICAL INSTRUMENTS GROUP 137
13.3 SERVICE PROVIDER 138
(Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis)*
13.3.1 SGS 138
13.3.2 BUREAU VERITAS 141
13.3.3 INTERTEK 144
13.3.4 TÜV SÜD 146
13.3.5 ELEMENT MATERIALS TECHNOLOGY 148
13.3.6 TÜV RHEINLAND 150
*Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
14 APPENDIX 152
14.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 152
14.2 DISCUSSION GUIDE 153
14.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 156
14.4 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 158
14.5 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 160
14.6 RELATED REPORTS 160
14.7 AUTHOR DETAILS 161

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】発光分光分析(OES)の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年7月6日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE6435
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
発光分光分析(OES)の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 日本の脊椎手術処置動向(~2021)
  • 健康食品の世界市場:タイプ別(自然健康食品、機能性食品、BFY、オーガニック食品)、用途別(スーパーマーケット、独立系小売店、コンビニエンスストア、専門店)、地域別予測
    本資料は、健康食品の世界市場について調べ、健康食品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(自然健康食品、機能性食品、BFY、オーガニック食品)分析、用途別(スーパーマーケット、独立系小売店、コンビニエンスストア、専門店)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDanone、General Mills、Heinz、Kellogg 、Nestle、PepsiCo、Abbott Laboratories、Albert’s organic、Aleias Gluten Free Food、Amy’s Kitchen、Arla Food、Blue Diamond Growers、Bob’s Red Mill Natural Food、Boulder Brands、Chiquita Brandsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・健康食品の世界市場概要 ・健康食品の世界市場環境 ・健康食品の世界市場動向 ・健康食品の世界市場規模 ・健康食品の世界市場規模:タ …
  • 上皮性腫瘍(Epithelial Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)の概要 ・上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮性腫瘍(Epithelial Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 自動車用カメラモジュールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用カメラモジュールの世界市場について調査・分析し、自動車用カメラモジュールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用カメラモジュールシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用カメラモジュール種類別分析(バックカメラ、フロントカメラ、その他)、自動車用カメラモジュール用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用カメラモジュールの市場概観 ・自動車用カメラモジュールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用カメラモジュールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用カメラモジュールの世界市場規模 ・自動車用カメラモジュールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用カメラモジュールのアメリカ市場規模推移 ・自動車用カメラモジュールのカナダ市場規模推移 ・自動車用カメラモジュールのメキシコ市場規模推移 ・自動車用カメラモジュールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等 …
  • 荷敷用エアバッグの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、荷敷用エアバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、荷敷用エアバッグ市場規模、原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他)分析、包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製)分析、バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上)分析、エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:市場動向分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:競争要因分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:主要地域別分析 ・ 荷敷用エアバッグの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 荷敷 …
  • トルクメニスタンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • ドイツの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • アクアジム用機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アクアジム用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アクアジム用機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 教育産業向け盗用防止ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育産業向け盗用防止ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育産業向け盗用防止ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車部品包装の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車部品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車部品包装市場規模、製品別(折り畳み式カートン、段ボール箱、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車部品包装の世界市場概要 ・自動車部品包装の世界市場環境 ・自動車部品包装の世界市場動向 ・自動車部品包装の世界市場規模 ・自動車部品包装の世界市場:業界構造分析 ・自動車部品包装の世界市場:製品別(折り畳み式カートン、段ボール箱、その他) ・自動車部品包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車部品包装の北米市場規模・予測 ・自動車部品包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車部品包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車部品包装の主要国分析 ・自動車部品包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車部品包装の世界市場:成長要因、課題 ・自動車部品包装の世界市場:競争環境 ・自動車部品包装の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターインフラ管理(DCIM)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性マルチフィルムの世界市場:TPS(熱可塑性デンプン)、AAC(脂肪族・芳香族コポリエステル)、制御分解性マスターバッチ
    当調査レポートでは、生分解性マルチフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、プラスチック別分析、種類別分析、作物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場:デバイスタイプ別(光、パワー、RF)、ウェハーサイズ別、用途別(電力駆動、電源・インバータ、RF、照明・レーザー)、産業別(テレコム、消費者、自動車)、地域別予測
    本資料は、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場について調べ、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界規模、市場動向、市場環境、デバイスタイプ別(光、パワー、RF)分析、ウェハーサイズ別分析、用途別(電力駆動、電源・インバータ、RF、照明・レーザー)分析、産業別(テレコム、消費者、自動車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCree、Samsung、Infineon、Qorvo、MACOM、Microsemi Corporation、Analog Devices、Mitsubishi Electric、Efficient Power Conversion、GaN Systems、Exagan、VisIC Technologies、Integra Technologies、Transphorm、Navitas Semiconductor、Nichia、Panasonic、Texas Instruments、Ampleon、Sumitomo Electric、N …
  • 自動車用レーシングタイヤの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用レーシングタイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用レーシングタイヤの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・エンドユーザー別市場分類 ・レース別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界のレーザー式脂肪吸引法装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザー式脂肪吸引法装置市場2015について調査・分析し、レーザー式脂肪吸引法装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 宝くじのアメリカ市場2020-2024
  • 紫外線(UV)消毒装置の世界市場分析:用途別(水処理、廃水処理、空気処理、プロセス水処理、表面消毒)、セグメント予測
    本調査レポートでは、紫外線(UV)消毒装置の世界市場について調査・分析し、紫外線(UV)消毒装置の世界市場動向、紫外線(UV)消毒装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別紫外線(UV)消毒装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カーレンタルの世界市場分析:車両別(高級車、超高級車、エコノミーカー、SUV、MUV)、用途別(現地使用、空港輸送、郊外)、セグメント予測
    本調査レポートでは、カーレンタルの世界市場について調査・分析し、カーレンタルの世界市場動向、カーレンタルの世界市場規模、市場予測、セグメント別カーレンタル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 顧客経験管理(CEM)の世界市場予測(~2022年):タッチポイント(企業ウェブサイト、店、ウェブ、コールセンター)、産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、顧客経験管理(CEM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タッチポイント別分析、産業別分析、地域別分析、顧客経験管理(CEM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の赤外線検出器市場:種類別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)、技術別(冷却および非冷却)、波長別(NIR&SWIR、MWIR、およびLWIR)、用途別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、赤外線検出器の世界市場規模が2020年498百万ドルから2025年683百万ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の赤外線検出器市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(テルル化カドミウム水銀(MCT)、ヒ化インジウムガリウム(InGaAs)、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)分析、技術別(冷却赤外線検出器、非冷却赤外線検出器)分析、波長別(近赤外線および短波赤外線、中波赤外線、長波赤外線)分析、用途別(人&動きの検知、温度測定、セキュリティ&監視、ガス&火災の検知、分光法&生物医学イメージング、科学的応用)分析、業種別(工業用、非工業用)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の赤外線検出器市場:種類別(テルル化カドミウム水銀(MCT)、ヒ化インジウムガリウム(InGaAs)、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他) ・世界の赤外線検出器市場:技術別(冷却赤外線 …
  • 北米の免疫化学検査市場動向(~2021)
  • eスポーツの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、eスポーツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、収益の流れ(メディア著作権、チケット・商品、スポンサーシップ・直接広告、広告料)別分析、eスポーツの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子組み換え(GM)種子の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、遺伝子組み換え(GM)種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、遺伝子組み換え(GM)種子の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 新型出生前診断(NIPT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、新型出生前診断(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新型出生前診断(NIPT)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウドインフラサービスの中東市場予測(~2022年)
  • ディーゼル商用車向け選択接触還元法(SCR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ディーゼル商用車向け選択接触還元法(SCR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディーゼル商用車向け選択接触還元法(SCR)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用燻蒸剤の世界市場予測(~2022年):臭化メチル、ホスフィン、クロロピクリン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用燻蒸剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品種類別分析、作物種類別分析、用途別分析、地域別分析、農業用燻蒸剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エストロゲン治療薬の世界市場:エストロゲンゲル、経口薬、座薬、スキンパッチ
    当調査レポートでは、エストロゲン治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エストロゲン治療薬市場規模、製品別(エストロゲンゲル、経口薬、座薬、スキンパッチ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Bayer, Novartis, Novo Nordisk, Pfizerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エストロゲン治療薬の世界市場概要 ・エストロゲン治療薬の世界市場環境 ・エストロゲン治療薬の世界市場動向 ・エストロゲン治療薬の世界市場規模 ・エストロゲン治療薬の世界市場:業界構造分析 ・エストロゲン治療薬の世界市場:製品別(エストロゲンゲル、経口薬、座薬、スキンパッチ) ・エストロゲン治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エストロゲン治療薬の北米市場規模・予測 ・エストロゲン治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エストロゲン治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・エストロゲン治療薬の主要国分析 ・エス …
  • ヨーロッパ主要国の整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • クライオポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クライオポンプの世界市場について調査・分析し、クライオポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クライオポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、クライオポンプ種類別分析( <1000std.リットル、1000-2000std.リットル、2000-4000std.リットル、>4000std.リットル)、クライオポンプ用途別分析(半導体製造、真空コーティング、粒子加速器、スパッタ堆積システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クライオポンプの市場概観 ・クライオポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クライオポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クライオポンプの世界市場規模 ・クライオポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クライオポンプのアメリカ市場規模推移 ・クライオポンプのカナダ市場規模推移 ・クライオポンプのメキシコ市場規模推移 ・クライオポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等 …
  • 機械的エネルギー貯蔵の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、機械的エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、機械的エネルギー貯蔵市場規模、技術別(揚水式電気エネルギー貯蔵、フライホイールエネルギー貯蔵)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場概要 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場環境 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場動向 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場規模 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:業界構造分析 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:技術別(揚水式電気エネルギー貯蔵、フライホイールエネルギー貯蔵) ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:地域別市場規模・分析 ・機械的エネルギー貯蔵の北米市場規模・予測 ・機械的エネルギー貯蔵のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・機械的エネルギー貯蔵のアジア太平洋市場規模・予測 ・機械的エネルギー貯蔵の主要国分析 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:意思決定フレームワーク ・機械的エネルギー貯蔵 …
  • 遠隔監視&制御ソリューションの世界市場予測(~2023年):SCADA、緊急停止システム
    当調査レポートでは、遠隔監視&制御ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、装置別分析、産業別分析、地域別分析、遠隔監視&制御ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用フラットボクサーエンジン(水平対向エンジン)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マレーシアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • アルメニアのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 人工知能(AI)の世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、人工知能(AI)の世界市場について調べ、人工知能(AI)の世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別分析、技術別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・人工知能(AI)の世界市場概要 ・人工知能(AI)の世界市場環境 ・人工知能(AI)の世界市場動向 ・人工知能(AI)の世界市場規模 ・人工知能(AI)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・人工知能(AI)の世界市場規模:構成要素別 ・人工知能(AI)の世界市場規模:技術別 ・人工知能(AI)の世界市場規模:需要先別 ・人工知能(AI)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工知能(AI)の北米市場規模・予測 ・人工知能(AI)のアメリカ市場規模・予測 ・人工知能(AI)のヨーロッパ市場規模・予測 ・人工知能(AI)のアジア市場規模・予測 ・人工知能(AI)の日本市場規模・予測 ・人工知能(AI)の中国市場 …
  • 建設機械の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、建設機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、分類(ショベル、ローダー、その他)別分析、出力別分析、用途別分析、建設機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 展開再生医療の世界市場展望:幹細胞治療、組織工学、遺伝子治療
    当調査レポートでは、展開再生医療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・展開再生医療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・展開再生医療の世界市場:セグメント別市場分析  (幹細胞治療、組織工学、遺伝子治療) ・展開再生医療の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアホッケーテーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エアホッケーテーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアホッケーテーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・商品別市場分析 ・小売業態別市場分析 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・主要企業分析 ・付録
  • 鉱業ラボオートメーションソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鉱業ラボオートメーションソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業ラボオートメーションソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の概要 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)市場規模、エンジンタイプ別(ターボファン、ターボプロップ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場概要 ・フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場環境 ・フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場動向 ・フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場規模 ・フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場:業界構造分析 ・フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC)の世界市場:エンジンタイプ別(ターボファン、ターボプロップ) ・フルオーソリティデジタルエンジン制御システム(FADEC …
  • スパイス及び調味料のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、スパイス及び調味料のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパイス及び調味料のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスパイス及び調味料のアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均6.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Associated British Foods (ABF)• AJINOMOTO• American Spice Trading Company • Kerry • McCormick等です。
  • 肺高血圧症(Pulmonary Hypertension):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺高血圧症(Pulmonary Hypertension)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺高血圧症(Pulmonary Hypertension):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺高血圧症(Pulmonary Hypertension)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺高血圧症(Pulmonary Hypertension)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺高血圧症(Pulmonary Hypertension)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺高血圧症(Pulmonary Hypertension)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺高血圧症(Pulmonary Hypertension)治療薬剤
  • アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミニウム粉末・ペースト・フレーク市場規模、製品別(アルミニウムペースト、アルミニウムフレーク・アルミニウム顔料、アルミニウム粉末)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場概要 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場環境 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場動向 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場規模 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:業界構造分析 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:製品別(アルミニウムペースト、アルミニウムフレーク・アルミニウム顔料、アルミニウム粉末) ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークのアメリカ市場規模・予測 ・アルミニウム粉末 …
  • ソイプロテイン・ミルクプロテイン成分の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソイプロテイン・ミルクプロテイン成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソイプロテイン・ミルクプロテイン成分の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラフティング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラフティング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラフティング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気殺虫器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気殺虫器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気殺虫器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"