"Q-TOF型質量分析の世界市場予測(~2022年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST6433)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"Q-TOF型質量分析の世界市場予測(~2022年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Q-TOF mass spectrometry market is projected to grow at a CAGR of 7.7%”The global Q-TOF mass spectrometry market is expected to reach USD 1,009.7 million by 2022 from USD 698.4 million in 2017, at a CAGR of 7.7%. The key factors driving the growth of the overall Q-TOF mass spectrometry market include the high investments in pharmaceutical research and development, favorable government initiatives, and increased focus on producing high-quality food. However, the high instrument costs and a dearth of professionals to make effective use of the technology hinders the market growth to a certain extent.

“The market for biotechnology applications is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
On the basis of application, the market is segmented into pharmaceutical applications, biotechnology applications, food & beverage testing, environmental testing, petrochemical applications, and other applications. Biotechnology applications accounted for the largest share of the Q-TOF mass spectrometry market in 2016towing to the growing use of Q-TOF mass spectrometers for quantitative and qualitative analyses in the rapidly growing research areas of proteomics and metabolomics.

“North America to witness the highest growth during the forecast period”
North America is expected to be the fastest-growing region in the global Q-TOF mass spectrometry market. This region is projected to register the highest CAGR during the forecast period. The large share of the North American market can be attributed to the factors such as the increasing government support and rising funding for biomedical and biopharmaceutical R&D in the US.

Break of primary participants was as mentioned below:
• By Company Type – Tier 1 – 53%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 16%
• By Designation – C-level Executives– 41%, Directors– 28%, and Others – 31%
• By Region – North America – 36%, Europe – 24%, Asia Pacific – 29%, and RoW – 11%

Waters Corporation (US), Agilent Technologies (US), and SCIEX [(a part of Danaher Corporation (US)] are the key players in the Q-TOF mass spectrometry market. The other players involved in this market include Bruker Corporation (US) and Shimadzu Corporation (Japan).
Research Coverage:
The report analyzes the Q-TOF mass spectrometry market and aims at estimating the market size and the future growth potential of this market based on various segments such as application and region. The report also includes competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product and service offerings, recent developments, and key market strategies.
Reasons to Buy the Report:
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a larger share. Firms purchasing the report could use any one or a combination of the below-mentioned 5 strategies.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on product and service portfolios offered by the top players in the global Q-TOF mass spectrometry market
• Service Enhancement/Innovation: Detailed insights on upcoming trends and service launches in the global Q-TOF mass spectrometry market
• Market Development: Comprehensive information about the lucrative emerging markets by application and region
• Market Diversification: Exhaustive information about new services or service enhancements, growing geographies, recent developments, and investments in the global Q-TOF mass spectrometry market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market ranking, growth strategies, products, and services of the leading players in the market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"Q-TOF型質量分析の世界市場予測(~2022年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 13
1.1 OBJECTIVES OF STUDY 13
1.2 MARKET DEFINITION 13
1.3 MARKET SCOPE 13
1.3.1 MARKETS COVERED 14
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 14
1.4 CURRENCY 15
1.5 LIMITATIONS 15
1.6 STAKEHOLDERS 15
2 RESEARCH METHODOLOGY 16
2.1 RESEARCH METHODOLOGY STEPS 16
2.2 SECONDARY AND PRIMARY RESEARCH METHODOLOGY 17
2.2.1 SECONDARY RESEARCH 17
2.2.1.1 Key data from secondary sources 17
2.2.2 PRIMARY RESEARCH 18
2.2.2.1 Primary sources 19
2.2.2.2 Key insights from primary sources 20
2.3 MARKET SIZE ESTIMATION METHODOLOGY 20
2.4 MARKET FORECAST METHODOLOGY 22
2.5 MARKET DATA VALIDATION AND TRIANGULATION 23
2.6 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 24
3 EXECUTIVE SUMMARY 25
4 PREMIUM INSIGHTS 27
4.1 Q-TOF MASS SPECTROMETRY: MARKET OVERVIEW 27
4.2 ASIA PACIFIC Q-TOF MASS SPECTROMETRY MARKET, BY APPLICATION, 2017 28
4.3 Q-TOF MASS SPECTROMETRY MARKET, BY APPLICATION,
2017 VS. 2022 (USD MILLION) 29
4.4 GEOGRAPHIC SNAPSHOT OF THE Q-TOF MASS SPECTROMETRY MARKET 30

5 MARKET OVERVIEW 31
5.1 INTRODUCTION 31
5.2 MARKET DYNAMICS 31
5.2.1 DRIVERS 32
5.2.1.1 Technological advancements in Q-TOF mass spectrometry 32
5.2.1.2 Government initiatives for pollution control and environmental testing 32
5.2.1.3 Increasing spending on pharmaceutical and biotechnological R&D 33
5.2.1.4 Government regulations on drug safety 34
5.2.1.5 Growing focus on ensuring food quality 34
5.2.2 RESTRAINT 35
5.2.2.1 High cost of Q-TOF mass spectrometers 35
5.2.3 OPPORTUNITY 35
5.2.3.1 Opportunities in emerging markets 35
5.2.4 CHALLENGE 36
5.2.4.1 Dearth of skilled professionals 36
6 Q-TOF MASS SPECTROMETRY MARKET, BY APPLICATION 37
6.1 INTRODUCTION 38
6.2 BIOTECHNOLOGY APPLICATIONS 39
6.3 PHARMACEUTICAL APPLICATIONS 41
6.4 FOOD & BEVERAGE TESTING 43
6.5 ENVIRONMENTAL TESTING 44
6.6 PETROCHEMICAL APPLICATIONS 46
6.7 OTHER APPLICATIONS 48
7 Q-TOF MASS SPECTROMETRY MARKET, BY REGION 50
7.1 INTRODUCTION 51
7.2 NORTH AMERICA 53
7.2.1 US 55
7.2.2 CANADA 57
7.3 EUROPE 59
7.3.1 GERMANY 61
7.3.2 UK 62
7.3.3 FRANCE 63
7.3.4 SPAIN 64
7.3.5 ITALY 65
7.3.6 REST OF EUROPE (ROE) 66
7.4 ASIA PACIFIC 68
7.4.1 CHINA 70
7.4.2 JAPAN 71
7.4.3 INDIA 72
7.4.4 REST OF ASIA PACIFIC 73
7.5 REST OF THE WORLD (ROW) 75
8 COMPETITIVE LANDSCAPE 78
8.1 OVERVIEW 78
8.2 RANKING OF PLAYERS, 2017 78
8.3 COMPETITIVE SCENARIO 80
8.3.1 EXPANSIONS 80
8.3.2 PRODUCT LAUNCHES 80
8.3.3 COLLABORATIONS AND AGREEMENTS 81
8.3.4 ACQUISITIONS 81
9 COMPANY PROFILES 82
(Introduction, Products & Services, Strategy, & Analyst Insights, Developments, MnM View)*
9.1 WATERS CORPORATION 82
9.2 AGILENT TECHNOLOGIES 84
9.3 SCIEX (A SUBSIDIARY OF DANAHER) 88
9.4 BRUKER 91
9.5 SHIMADZU CORPORATION 93

*Details on MarketsandMarkets view, Introduction, Product & Services, Strategy, & Analyst Insights, New Developments might not be captured in case of unlisted companies.
10 APPENDIX 95
10.1 DISCUSSION GUIDE OF THE GLOBAL Q-TOF MASS SPECTROSCOPY MARKET 95
10.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 99
10.3 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 101
10.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 102
10.5 RELATED REPORTS 102
10.6 AUTHOR DETAILS 103

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】Q-TOF型質量分析の世界市場予測(~2022年)
【発行日】2018年7月6日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST6433
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析・科学装置
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
Q-TOF型質量分析の世界市場予測(~2022年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の軟水装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の軟水装置市場2015について調査・分析し、軟水装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 基底細胞癌治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、基底細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、基底細胞癌治療薬市場規模、投与経路別(局所、経口)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・基底細胞癌治療薬の世界市場概要 ・基底細胞癌治療薬の世界市場環境 ・基底細胞癌治療薬の世界市場動向 ・基底細胞癌治療薬の世界市場規模 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:投与経路別(局所、経口) ・基底細胞癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・基底細胞癌治療薬の北米市場規模・予測 ・基底細胞癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・基底細胞癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・基底細胞癌治療薬の主要国分析 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・基底細胞癌治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:競争環境 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • IoTゲートウェイの世界市場:スマートウォッチ、カメラ、レーダー、サーモスタット、アクチュエーター、スマートTV
    当調査レポートでは、IoTゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ノード別分析、接続技術別分析、構成品別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バッター液およびブレッダー用プレミックスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バッター液およびブレッダー用プレミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(肉類、シーフード、野菜)分析、バッター液のタイプ別(高接着バッター、てんぷら用バッター、ビールバッター、カスタムバッター)分析、ブレッダーのタイプ別(パン粉・フレーク、小麦粉・でんぷん)分析、バッター液およびブレッダー用プレミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体パッケージング及び組立装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体パッケージング及び組立装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体パッケージング及び組立装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 放送用スイッチャーのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、放送用スイッチャーのヨーロッパ市場について調査・分析し、放送用スイッチャーのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のOBDテレマティクス市場2015
    本調査レポートでは、世界のOBDテレマティクス市場2015について調査・分析し、OBDテレマティクスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリブタジエンの世界市場分析:製品別(低シス、高シス、高ビニル、高トランス)、用途別(タイヤ製造、ポリマー改質、工業用ゴム製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリブタジエンの世界市場について調査・分析し、ポリブタジエンの世界市場動向、ポリブタジエンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリブタジエン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チオレドキシン還元酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるチオレドキシン還元酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・チオレドキシン還元酵素阻害剤の概要 ・チオレドキシン還元酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のチオレドキシン還元酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・チオレドキシン還元酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・チオレドキシン還元酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用接着剤の世界市場予測(~2021年):水性接着剤、溶剤形接着剤、ホットメルト接着剤、感圧接着剤
    当調査レポートでは、産業用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、産業用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートトイ(玩具)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スマートトイ(玩具)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートトイ(玩具)市場規模、技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートトイ(玩具)の世界市場概要 ・スマートトイ(玩具)の世界市場環境 ・スマートトイ(玩具)の世界市場動向 ・スマートトイ(玩具)の世界市場規模 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:業界構造分析 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートトイ(玩具)の北米市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のアジア太平洋市場規模・予測 ・スマートトイ …
  • クラスDオーディオ・アンプの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、クラスDオーディオ・アンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、装置別分析、需要先別分析、地域別分析、クラスDオーディオ・アンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(カメラモジュール、ソフトウェア)分析、種類別(シングルおよびデュアルレンズ、16レンズ)分析、製品別(スマートフォンカメラ、スタンドアロンカメラ、マシンビジョンカメラ)分析、用途別(3Dイメージング、AR、VR、MR)分析、コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場規模が2019年107億ドルから2024年290億ドルまで年平均22.0%成長すると予測しています。
  • 工業用マシンビジョンの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、工業用マシンビジョンの世界市場について調査・分析し、工業用マシンビジョンの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:製品別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:用途別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・工業用マシンビジョンの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車用エアバッグ・シートベルトの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用エアバッグ・シートベルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用エアバッグ・シートベルト市場規模、電気自動車別(プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)、燃料電池車(FCEV)、バッテリー動力車(B分析、シートベルト技術別(バッグインベルト、ロードリミッター(負荷制限装置)、インフレータブル(空気注入式)、ロックリトラクター(自動ロック付座席ベルト巻取り装置)、シートベルトリマインダーシステム、その他)分析、装着車種別(トラック、乗用車(PC)、バス、商用車)分析、エアバッグ設計別(サイドエアバッグ、膝用エアバッグ、フロントエアバッグ、カーテンエアバッグ、リアカーテンエアバッグ)分析、シートベルト設計別(3点式、2点式、4点式、6点式、5点式、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用エアバッグ・シートベルトの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用エアバッグ・シートベル …
  • 直流電源システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、直流電源システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直流電源システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中圧スイッチギヤーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、中圧スイッチギヤーの世界市場について調査・分析し、中圧スイッチギヤーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別中圧スイッチギヤーシェア、市場規模推移、市場規模予測、中圧スイッチギヤー種類別分析(空気絶縁、ガス絶縁、その他)、中圧スイッチギヤー用途別分析(住居用、工業用、商業用、ユーティリティ設置)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・中圧スイッチギヤーの市場概観 ・中圧スイッチギヤーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・中圧スイッチギヤーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・中圧スイッチギヤーの世界市場規模 ・中圧スイッチギヤーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・中圧スイッチギヤーのアメリカ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのカナダ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのメキシコ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・中圧スイッチギヤーのドイツ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのイギリ …
  • IR(赤外線)カメラの世界市場分析:製品別(ゲルマニウム、シリコン、セレン化亜鉛、サファイア)、用途別(軍事、防衛、産業、商業、医療撮像)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、IR(赤外線)カメラの世界市場について調査・分析し、IR(赤外線)カメラの世界市場動向、IR(赤外線)カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別IR(赤外線)カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • G-CSF阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるG-CSF阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・G-CSF阻害薬の概要 ・G-CSF阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のG-CSF阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・G-CSF阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・G-CSF阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高シュウ酸尿症(Hyperoxaluria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高シュウ酸尿症(Hyperoxaluria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高シュウ酸尿症(Hyperoxaluria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高シュウ酸尿症(Hyperoxaluria)の概要 ・高シュウ酸尿症(Hyperoxaluria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高シュウ酸尿症(Hyperoxaluria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高シュウ酸尿症(Hyperoxaluria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • エネルギーハーベスティングシステム(環境発電装置)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、エネルギーハーベスティングシステム(環境発電装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫黄市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫黄市場2015について調査・分析し、硫黄の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モンゴルのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のデルタ・アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のポリプロピレン系ランダム共重合体市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレン系ランダム共重合体市場2015について調査・分析し、ポリプロピレン系ランダム共重合体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費者向けドローンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者向けドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者向けドローンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 流量計の世界市場:タイプ別(差圧、正変位、超音波、タービン、磁気、コリオリ、渦、その他)、エンドユーザー別(水&廃水、石油&ガス、化学薬品、発電、パルプ&紙、食品&飲料、その他)
    本調査レポートでは、流量計の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(差圧、正変位、超音波、タービン、磁気、コリオリ、渦、その他)分析、エンドユーザー別(水&廃水、石油&ガス、化学薬品、発電、パルプ&紙、食品&飲料、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・流量計の世界市場:タイプ別(差圧、正変位、超音波、タービン、磁気、コリオリ、渦、その他) ・流量計の世界市場:エンドユーザー別(水&廃水、石油&ガス、化学薬品、発電、パルプ&紙、食品&飲料、その他) ・流量計の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク)、成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他)、流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他)
    本調査レポートでは、乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク)分析、成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他)分析、流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:地域別 ・競争状況 ・企 …
  • ハプティック技術(触覚技術)の世界市場予測(~2022年):アクチュエータ、ドライバー、マイクロコントローラー、ソフトウェア
    当調査レポートでは、ハプティック技術(触覚技術)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、フィードバック別分析、用途別分析、地域別分析、ハプティック技術(触覚技術)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機種子の世界市場~2022:作物タイプ別(野菜種子、農作物種子、果物・ナッツ類、その他)
    本調査レポートでは、有機種子の世界市場について調査・分析し、有機種子の世界市場動向、有機種子の世界市場規模、市場予測、セグメント別有機種子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 水晶発振器の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、水晶発振器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、装着方式別分析、水晶カット別分析、種類別分析、用途別分析、水晶発振器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 子供用トロリーバッグの世界市場:タイプ別(ハードラゲッジおよびソフトラゲッジ)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他)
    当調査レポートでは、子供用トロリーバッグの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場ランドスケープ、タイプ別分析、流通経路別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場ランドスケープ ・子供用トロリーバッグの世界市場:タイプ別(ハードラゲッジおよびソフトラゲッジ) ・子供用トロリーバッグの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他) ・子供用トロリーバッグの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のアプリコット市場:製品別、地域別
    本調査レポートはアプリコットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(従来型アプリコット、オーガニックアプリコット)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アプリコットの世界市場:製品別(従来型アプリコット、オーガニックアプリコット) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 前立腺がん治療薬の世界市場2016-2020:ホルモン療法、化学療法、免疫療法、標的治療
    当調査レポートでは、前立腺がん治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、前立腺がん治療薬の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マシンビジョンカメラの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マシンビジョンカメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マシンビジョンカメラ市場規模、製品別(3Dカメラ、ラインスキャンカメラ、エリアスキャンカメラ)分析、エンドユーザー別(産業用、産業用以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マシンビジョンカメラの世界市場概要 ・マシンビジョンカメラの世界市場環境 ・マシンビジョンカメラの世界市場動向 ・マシンビジョンカメラの世界市場規模 ・マシンビジョンカメラの世界市場:業界構造分析 ・マシンビジョンカメラの世界市場:製品別(3Dカメラ、ラインスキャンカメラ、エリアスキャンカメラ) ・マシンビジョンカメラの世界市場:エンドユーザー別(産業用、産業用以外) ・マシンビジョンカメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マシンビジョンカメラの北米市場規模・予測 ・マシンビジョンカメラのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マシンビジョンカメラのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • ヘルスケアEDIの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ヘルスケアEDIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入方式別分析、トランザクション種類別分析、需要先別分析、ヘルスケアEDIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリレー市場2016
    本調査レポートでは、世界のリレー市場2016について調査・分析し、リレーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別
    本調査レポートは自動車用ピストンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用ピストンの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 石油とガスの保管と輸送の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、石油とガスの保管と輸送の世界市場について調査・分析し、石油とガスの保管と輸送の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・石油とガスの保管と輸送の世界市場規模:製品別分析 ・石油とガスの保管と輸送の世界市場規模:装置別分析 ・石油とガスの保管と輸送の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ロシアの滅菌器市場見通し(~2021)
  • 水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場予測:酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤
    MarketsandMarkets社は、水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場規模が2019年35億ドルから2024年47億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別(酸化性殺生物剤、非酸化性殺生物剤)分析、用途別(オイル&ガス、都市水処理、発電所、鉱業、パルプ&紙、スイミングプール)分析、水処理用バイオサイド(殺生物剤)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性タンパク質の世界市場予測(~2022年):加水分解物、ホエータンパク質濃縮物、ホエータンパク質分離物、カゼイン、大豆プロテイン
    当調査レポートでは、機能性タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、機能性タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ディーゼル発電機の世界市場:定置型、携帯型
    当調査レポートでは、ディーゼル発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディーゼル発電機の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港睡眠ポッドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空港睡眠ポッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港睡眠ポッドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビブリオ検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 勃起不全(Erectile Dysfunction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における勃起不全(Erectile Dysfunction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、勃起不全(Erectile Dysfunction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・勃起不全(Erectile Dysfunction)の概要 ・勃起不全(Erectile Dysfunction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の勃起不全(Erectile Dysfunction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・勃起不全(Erectile Dysfunction)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • ループキャリブレーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ループキャリブレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ループキャリブレーター市場規模、最終用途別(サードパーティサービス、インハウス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ループキャリブレーターの世界市場概要 ・ループキャリブレーターの世界市場環境 ・ループキャリブレーターの世界市場動向 ・ループキャリブレーターの世界市場規模 ・ループキャリブレーターの世界市場:業界構造分析 ・ループキャリブレーターの世界市場:最終用途別(サードパーティサービス、インハウス) ・ループキャリブレーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ループキャリブレーターのアメリカ市場規模・予測 ・ループキャリブレーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ループキャリブレーターのアジア市場規模・予測 ・ループキャリブレーターの主要国分析 ・ループキャリブレーターの世界市場:意思決定フレームワーク ・ループキャリブレーターの世界市場:成長 …
  • 学生情報管理システム(SIMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学生情報管理システム(SIMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学生情報管理システム(SIMS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 保険産業向けソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、保険産業向けソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保険産業向けソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"