"回路材料の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH6440)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"回路材料の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The circuit materials market is projected to register a CAGR of 3.8%, in terms of value, between 2018 and 2023 The circuit materials market size is estimated to be USD 30.58 billion in 2018 and is projected to reach USD 36.85 billion by 2023, at a CAGR of 3.8% between 2018 and 2023. The increasing demand for circuit materials due to technological advancements in the electronics sector is the most significant factor projected to drive the market. The technological developments in the developing economies are also contributing to the circuit materials market growth. However, the low supply of copper foil to the electronic industry is acting as a restraint to the market growth.
The copper conducting material segment of the circuit materials market is projected to register the highest CAGR, in terms of value, during the forecast period
Copper is used as a conducting layer on the various types of substrates such as fiberglass-epoxy, paper-phenolic, and CEM. The use of copper as a conducting material offers excellent current conductivity and electromagnetic shielding which enhances the performance of various electronic devices. Also, when copper is applied on various substrates, it can be chemically etched to divide the copper layer into separate conducting lines called tracks or circuit traces. This chemical etching process is easy to achieve with copper compared to other conducting materials. The ease of chemical processing and better conductivity have increased the demand for copper as a conducting material and has helped it to register the highest CAGR during the forecast period.
The circuit materials market in the APAC region is projected to register the highest CAGR, in terms of value, between 2018 and 2023
The circuit materials market in the APAC region is projected to register the highest CAGR, in terms of value, during the forecast period as APAC is one of the promising circuit materials markets. The continuous rise in the production of technologically advanced electronic products has resulted in high demand for circuit materials. This increasing demand for technologically advanced electronic products in various applications such as communications, industrial electronics, and automotive has led to innovations and developments in the electronics industry of APAC making it a promising circuit materials market, globally.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted as follows:
• By Company Type- Tier 1 – 37%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 21%
• By Designation- C level – 30%, Director level – 25%, and Others – 45%
• By Region- APAC – 40%, Europe – 27%, North America – 20%, Middle East & Africa – 7%, and Latin America – 6%
This report provides a comprehensive analysis of the key companies listed below:
• Shengyi Technology (China)
• Kingboard Laminates (Hong Kong)
• ITEQ Corporation (Taiwan)
• DowDuPont (US)
• Jinan Guoji Technology (China)
• Eternal Materials (Taiwan)
• Rogers Corporation (US)
• Taiflex Scientific (Taiwan)
• Isola Group (US)
• Nikkan Industries (Japan)

Research Coverage
This report covers the circuit materials market and forecasts the size of the market until 2023. The report includes the segmentation of the circuit materials market based on material class, substrate, conducting material, outer layer, application, and region. Porter’s Five Forces analysis and key market dynamics such as drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the growth of the circuit materials market have been discussed in the report. The report also provides company profiles and competitive benchmarking of major players operating in the market.

Benefits of Buying the Report:

The report is expected to help market leaders/new entrants in the circuit materials market in the following ways:
• This report segments the circuit materials market and provides the closest approximation of revenues for the overall market and its subsegments across different verticals and regions.
• The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities of the circuit materials market.
• This report is also expected to help stakeholders understand their competitors and gain insights to better their positions in the circuit materials market. The competitive landscape section includes the ecosystem of competitors and detailed information on new product developments and partnerships.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"回路材料の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 14
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 14
1.2 MARKET DEFINITION 14
1.3 MARKET SCOPE 15
1.3.1 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 15
1.4 CURRENCY 16
1.5 LIMITATIONS 16
1.6 STAKEHOLDERS 16
2 RESEARCH METHODOLOGY 17
2.1 RESEARCH DATA 17
2.1.1 SECONDARY DATA 18
2.1.1.1 Key data from secondary sources 18
2.1.2 PRIMARY DATA 19
2.1.2.1 Key data from primary sources 19
2.1.2.2 Key industry insights 20
2.1.2.3 Breakdown of primary interviews 20
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 21
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 21
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 22
2.3 DATA TRIANGULATION 23
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 24
3 EXECUTIVE SUMMARY 25
4 PREMIUM INSIGHTS 30
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN THE CIRCUIT MATERIALS MARKET 30
4.2 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY SUBSTRATE 30
4.3 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY CONDUCTING MATERIAL AND REGION 31
4.4 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY OUTER LAYER 32
4.5 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY APPLICATION 32
4.6 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY COUNTRY 33
5 MARKET OVERVIEW 34
5.1 MARKET DYNAMICS 34
5.1.1 DRIVERS 35
5.1.1.1 Technological advancements in the electronics sector 35
5.1.2 RESTRAINTS 35
5.1.2.1 Low supply of copper foil 35
5.1.3 OPPORTUNITIES 35
5.1.3.1 Technological developments in developing economies 35
5.1.4 CHALLENGES 35
5.1.4.1 Production of green and energy-efficient products 35
5.2 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 36
5.2.1 THREAT OF NEW ENTRANTS 37
5.2.2 THREAT OF SUBSTITUTES 37
5.2.3 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 37
5.2.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 38
5.2.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 38
6 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY MATERIAL CLASS 39
6.1 INTRODUCTION 40
6.2 SUBSTRATE 41
6.3 CONDUCTING MATERIAL 41
6.4 OUTER LAYER 42
7 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY SUBSTRATE 43
7.1 INTRODUCTION 44
7.2 FIBERGLASS-EPOXY 45
7.3 PAPER-PHENOLIC 46
7.4 CEM 46
7.5 POLYIMIDE 47
7.6 OTHERS 48
8 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY CONDUCTING MATERIAL 49
8.1 INTRODUCTION 50
8.2 COPPER 51
8.3 OTHERS 52
9 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY OUTER LAYER 53
9.1 INTRODUCTION 54
9.2 LIQUID INK PHOTOIMAGEABLE SOLDER MASK 55
9.3 DRY FILM PHOTOIMAGEABLE 56
9.4 OTHERS 56
9.4.1 EPOXY LIQUID 56
9.4.2 TOP AND BOTTOM SIDE MASKS 57

10 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY APPLICATION 58
10.1 INTRODUCTION 59
10.2 COMMUNICATIONS 60
10.3 INDUSTRIAL ELECTRONICS 61
10.4 AUTOMOTIVE 61
10.5 AEROSPACE & DEFENSE 62
10.6 OTHERS 63
11 CIRCUIT MATERIALS MARKET, BY REGION 64
11.1 INTRODUCTION 65
11.2 APAC 66
11.2.1 CHINA 70
11.2.2 TAIWAN 70
11.2.3 SOUTH KOREA 71
11.2.4 JAPAN 72
11.2.5 INDIA 72
11.3 NORTH AMERICA 73
11.3.1 US 77
11.3.2 CANADA 77
11.4 EUROPE 78
11.4.1 GERMANY 80
11.4.2 ITALY 81
11.4.3 FRANCE 81
11.4.4 UK 81
11.5 LATIN AMERICA 82
11.5.1 BRAZIL 84
11.5.2 MEXICO 84
11.5.3 ARGENTINA 84
11.6 MIDDLE EAST & AFRICA (MEA) 85
11.6.1 ISRAEL 87
11.6.2 SOUTH AFRICA 87
12 COMPETITIVE LANDSCAPE 88
12.1 OVERVIEW 88
12.2 COMPETITIVE SCENARIO 89
12.2.1 NEW PRODUCT DEVELOPMENTS 89
12.2.2 PARTNERSHIPS 90

13 COMPANY PROFILES 91
(Overview, Financial*, Products & Services, Strategy, and Developments)
13.1 SHENGYI TECHNOLOGY CO., LTD. 91
13.2 KINGBOARD LAMINATES HOLDINGS LTD. 93
13.3 ITEQ CORPORATION 96
13.4 DOWDUPONT 98
13.5 JINAN GUOJI TECHNOLOGY CO., LTD. 101
13.6 ETERNAL MATERIALS CO., LTD. 104
13.7 ROGERS CORPORATION 106
13.8 TAIFLEX SCIENTIFIC CO., LTD. 109
13.9 ISOLA GROUP 111
13.10 NIKKAN INDUSTRIES CO., LTD. 113
13.11 OTHER COMPANIES 114
13.11.1 PANASONIC CORPORATION 114
13.11.2 MITSUBISHI MATERIALS CORPORATION 114
13.11.3 PARK ELECTROCHEMICAL CORPORATION 114
13.11.4 NIKKO-MATERIALS CO., LTD. 114
13.11.5 D. D. ENTERPRISES 114
13.11.6 TACONIC 114
13.11.7 ARLON ELECTRONIC MATERIALS 115
13.11.8 SHANGHAI NANYA COPPER CLAD LAMINATE CO., LTD. 115
13.11.9 VENTEC INTERNATIONAL GROUP 115
13.11.10 TAMURA CORPORATION 115
13.11.11 INTERNATIONAL LAMINATE MATERIAL LTD 115
13.11.12 TONGLING HUAKE ELECTRONIC MATERIAL CO., LTD. 115
13.11.13 NAM HING INDUSTRIAL LAMINATE LTD 116
13.11.14 CHANG CHUN GROUP 116
13.11.15 DOOSAN CORPORATION ELECTRO-MATERIALS 116
*Details might not be captured in case of unlisted companies
14 APPENDIX 117
14.1 DISCUSSION GUIDE 117
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS SUBSCRIPTION PORTAL 119
14.3 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 121
14.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 121
14.5 RELATED REPORTS 122
14.6 AUTHOR DETAILS 123

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】回路材料の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年7月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH6440
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学製品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
回路材料の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 神経血管装置の世界市場分析:タイプ別(脳塞栓術および動脈瘤コイル装置、脳血管形成術およびステントシステム、神経血栓除去装置、支持装置)、治療適用別、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、神経血管装置の世界市場について調査・分析し、神経血管装置の世界市場動向、神経血管装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経血管装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 多発性硬化症(Multiple Sclerosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、多発性硬化症(Multiple Sclerosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・多発性硬化症(Multiple Sclerosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・多発性硬化症(Multiple Sclerosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・多発性硬化症(Multiple Sclerosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・多発性硬化症(Multiple Sclerosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・多発性硬化症(Multiple Sclerosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の多発性硬化症(Multiple Sclerosis)治療薬剤
  • 手術室統合システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、手術室統合システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術室統合システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術室統合システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Stryker• Steris• Karl Storz• Olympus• Merivaara等です。
  • 世界の矯正器具市場2015
    本調査レポートでは、世界の矯正器具市場2015について調査・分析し、矯正器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、原料別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • おむつの世界市場:幼児用おむつ、大人用おむつ
    当調査レポートでは、おむつの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、おむつの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用食品切断機の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、産業用食品切断機の世界市場について調べ、産業用食品切断機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、産業用食品切断機の市場規模をセグメンテーション別(製品別(工業用食品スライサー、工業用フードダイサー、産業用ミラー、産業用シュレッダー)、用途別(果物及び野菜、肉、じゃがいも、チーズ、魚介類、その他の用途)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は産業用食品切断機の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・産業用食品切断機の市場状況 ・産業用食品切断機の市場規模 ・産業用食品切断機の市場予測 ・産業用食品切断機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(工業用食品スライサー、工業用フードダイサー、産業用ミラー、産業用シュレッダー) ・市場セグメンテーション:用途別(果物及び野菜、肉、じゃがいも、チーズ、魚介類、その他の用途) ・産業用食品切断機の顧客状況 ・主要地域別市場規 …
  • 次世代シークエンシング (NGS)の世界市場:エンドユーズ別、技術別、製品・サービス別、用途別、ワークフロー別、地域別
    本調査レポートでは、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場について調査・分析し、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場動向、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シークエンシング (NGS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ギリシャの太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • ヘルペス治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘルペス治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、疾患概要、ヘルペス治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬剤
  • がん治療法の世界市場:用途別、人気商品別
    当調査レポートでは、がん治療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膠芽腫、悪性髄膜腫、中皮腫、黒色腫など)分析、売れ筋医薬品別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケード、インブルビカ、イブランス、ジチガ、アリムタ、クタンディ、タルセバ、ペルジェタ、テモダールなど)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・がん治療法の世界市場:用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膠芽腫、悪性髄膜腫、中皮腫、黒色腫など) ・がん治療法の世界市場:売れ筋医薬品別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケード、インブルビカ、イブランス、ジチガ、アリムタ、クタンディ、タルセバ、ペルジェタ、テモダールなど) ・がん治療法の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 圧縮機レンタルの世界市場予測(~2026):圧縮機種類別(往復動、回転スクリュー)、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、圧縮機レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、圧縮機種類別分析、需要先別分析、地域別分析、圧縮機レンタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場:生活用品、移動補助機器、浴室用安全装置、医療用家具
    当調査レポートでは、高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(生活補助、移動補助機器、浴室の安全装置、医療用家具)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場:種類別(生活補助、移動補助機器、浴室の安全装置、医療用家具) ・高齢者及び身体障害者支援装置の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 世界のカムフォロア市場2016
    本調査レポートでは、世界のカムフォロア市場2016について調査・分析し、カムフォロアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自転車サスペンションシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自転車サスペンションシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自転車サスペンションシステム市場規模、種類別(ハードテイルサスペンション、フルサスペンション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自転車サスペンションシステムの世界市場概要 ・自転車サスペンションシステムの世界市場環境 ・自転車サスペンションシステムの世界市場動向 ・自転車サスペンションシステムの世界市場規模 ・自転車サスペンションシステムの世界市場:業界構造分析 ・自転車サスペンションシステムの世界市場:種類別(ハードテイルサスペンション、フルサスペンション) ・自転車サスペンションシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自転車サスペンションシステムの北米市場規模・予測 ・自転車サスペンションシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自転車サスペンションシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自転車サスペンションシステムの主要 …
  • フィトステロールの世界市場
    当調査レポートでは、フィトステロールの世界市場について調査・分析し、フィトステロールの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のL‐ラムノース市場2015
    本調査レポートでは、世界のL‐ラムノース市場2015について調査・分析し、L‐ラムノースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水溶性食物繊維の世界市場予測(~2022年):イヌリン、ポリデキストロース、ペクチン、ベータグルカン
    当調査レポートでは、水溶性食物繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、原料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、水溶性食物繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トリエチレングリコール(TEG)の世界市場分析:用途別(天然ガス脱水、溶剤、可塑剤、ポリウレタン、保湿剤、ポリエステル樹脂)、セグメント予測
    本調査レポートでは、トリエチレングリコール(TEG)の世界市場について調査・分析し、トリエチレングリコール(TEG)の世界市場動向、トリエチレングリコール(TEG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別トリエチレングリコール(TEG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 外部装甲の世界市場分析:タイプ別(可動式、設置式)、技術別(駆動系[空気圧アクチュエータ、油圧アクチュエータ、電動サーボ、電動アクチュエータ、フルメカニカル、形状記憶合金アクチュエータ、燃料電池])、用途別(ヘルスケア、軍事、産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、外部装甲の世界市場について調査・分析し、外部装甲の世界市場動向、外部装甲の世界市場規模、市場予測、セグメント別外部装甲市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 乳製品加工装置の世界市場:殺菌装置、ホモジナイザー、分離器、エバポレーター&ドライヤー、メンブレン濾過装置
    当調査レポートでは、乳製品加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の概要 ・非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • 水上太陽光発電の世界市場規模及び予測:製品別(追跡式水上太陽光発電、固定式水上太陽光発電)、地域別(米国、ヨーロッパ、アジア太平洋、日本、中南米、その他の地域)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、水上太陽光発電の世界市場について調査・分析し、水上太陽光発電の世界市場動向、水上太陽光発電の世界市場規模、市場予測、セグメント別水上太陽光発電市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート教育の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート教育の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート教育の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブチルアセテート(BAC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ブチルアセテート(BAC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブチルアセテート(BAC)市場規模、用途別(塗料・コーティング剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Thermo Fisher Scientific, Yip’s Chemical Holdings, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場概要 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場環境 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場動向 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場規模 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:業界構造分析 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:用途別(塗料・コーティング剤、その他) ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:地 …
  • 医薬品包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験室情報システム(LIS)の世界市場分析・予測(~2021)
    当調査レポートでは、実験室情報システム(LIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、実験室情報システム(LIS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車ギヤポンプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ギヤポンプ市場2016について調査・分析し、自動車ギヤポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高気圧酸素療法(HBOT)装置/機器の世界市場分析:製品別(モノプレース、マルチプレース、局所HBOTデバイス)、用途別(創傷治癒、感染治療、ガス塞栓症)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、高気圧酸素療法(HBOT)装置/機器の世界市場について調査・分析し、高気圧酸素療法(HBOT)装置/機器の世界市場動向、高気圧酸素療法(HBOT)装置/機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別高気圧酸素療法(HBOT)装置/機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オフロード高性能車の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、オフロード高性能車の世界市場について調査・分析し、オフロード高性能車の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・オフロード高性能車の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・オフロード高性能車の世界市場規模:車両種類別分析 ・オフロード高性能車の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • スマート農業の世界市場:GPS/GNSSデバイス、センサモニタリングシステム、スマート検知システム、ネットワーク
    当調査レポートでは、スマート農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ハードウェア別分析、ソフトウェア別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メタノールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、メタノールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 硫酸ナトリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、硫酸ナトリウム の世界市場について調査・分析し、硫酸ナトリウム の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別硫酸ナトリウム シェア、市場規模推移、市場規模予測、硫酸ナトリウム 種類別分析()、硫酸ナトリウム 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・硫酸ナトリウム の市場概観 ・硫酸ナトリウム のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・硫酸ナトリウム のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・硫酸ナトリウム の世界市場規模 ・硫酸ナトリウム の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・硫酸ナトリウム のアメリカ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のカナダ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のメキシコ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・硫酸ナトリウム のドイツ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のイギリス市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のロシア市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のアジア市場分析(日本、中 …
  • メカニカルシールの世界市場2020-2024
    「メカニカルシールの世界市場2020-2024」は、メカニカルシールについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(石油およびガス、一般産業、化学薬品および医薬品、水および廃水処理、電力、その他の産業)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・メカニカルシールの世界市場:エンドユーザー別(石油およびガス、一般産業、化学薬品および医薬品、水および廃水処理、電力、その他の産業) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 後処理プロセスの世界市場予測(~2021):クロマトグラフィーカラム・樹脂、フィルター、シングルユース
    当調査レポートでは、後処理プロセスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、後処理プロセスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の吹付けコンクリート市場2015
    本調査レポートでは、世界の吹付けコンクリート市場2015について調査・分析し、吹付けコンクリートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 植物性飼料添加物の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarkets社は、植物性飼料添加物の世界市場規模が2019年701百万ドルから2025年1226百万ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、植物性飼料添加物の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(エッセンシャルオイル、フラボノイド、サポニン、オレオレジン、その他)分析、家畜別(家禽、豚、反芻動物、水生動物、その他)分析、由来別(ハーブ&スパイス、花、果物&野菜)分析、フォーム別(液体、気体)分析、機能別(パフォーマンスエンハンサー、抗菌性、嗜好性向上剤、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・植物性飼料添加物の世界市場:種類別(エッセンシャルオイル、フラボノイド、サポニン、オレオレジン、その他) ・植物性飼料添加物の世界市場:家畜別(家禽、豚、反芻動物、水生動物、その他) ・植物性飼料添加物の世界市場:由来別(ハーブ&スパイス、花、果物&野菜) …
  • フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場:ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場について調べ、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他)、エンドユーザ別(食品および飲料、医療、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場予測 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他) ・市場セグメンテーシ …
  • 自動車用ニーエアバッグ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ニーエアバッグ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ニーエアバッグ装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用エンジン電子制御システム市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用エンジン電子制御システム市場2016について調査・分析し、自動車用エンジン電子制御システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーケア用品包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ベビーケア用品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビーケア用品包装市場規模、製品別(缶、瓶、パウチ、チューブ、その他)分析、材料別(ガラス、プラスチック、金属、紙、その他)分析、用途別(アパレル、健康用品・パーソナルケア用品、食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ベビーケア用品包装の世界市場:市場動向分析 ・ ベビーケア用品包装の世界市場:競争要因分析 ・ ベビーケア用品包装の世界市場:製品別(缶、瓶、パウチ、チューブ、その他) ・ ベビーケア用品包装の世界市場:材料別(ガラス、プラスチック、金属、紙、その他) ・ ベビーケア用品包装の世界市場:用途別(アパレル、健康用品・パーソナルケア用品、食品、その他) ・ ベビーケア用品包装の世界市場:主要地域別分析 ・ ベビーケア用品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ベビーケア用品包装のヨーロッパ市場規模 ・ ベビーケア用品包装のアジア市場規模 …
  • 固定衛星業務(FSS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、固定衛星業務(FSS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固定衛星業務(FSS)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Workspace-as-a-Service(WaaS)ベンダー比較
  • 建設用重ダンプトラックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設用重ダンプトラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用重ダンプトラックの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 心血管超音波の世界市場:タイプ別(2D、3D・4D、ドップラー)、タイプ別(経食道、経胸腔、胎児心臓エコー)、ディスプレイ別(白黒、カラー)、最終用途別、セグメント予測
    心血管超音波の世界市場は2025年には18億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、医用技術への投資増加、研究開発の増加、および心血管疾患の蔓延が考えられます。本調査レポートでは、心血管超音波の世界市場について調査・分析し、心血管超音波の世界市場動向、心血管超音波の世界市場規模、市場予測、セグメント別心血管超音波市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アザミウマ用バイオ殺虫剤の世界市場:液剤、水分散性顆粒剤、水和剤、ペレット
    当調査レポートでは、アザミウマ用バイオ殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、作物別分析、剤型別分析、有効成分別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、起動サービス)、種類別(ナノサテライトおよびマイクロサテライト)、用途別、業種別(政府、防衛、民事)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ナノサテライト&マイクロサテライトの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年36億ドルまで年平均19.8%成長すると予測しています。当資料では、世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、宇宙サービス、打ち上げサービス)分析、種類別(ナノ衛星、マイクロ衛星)分析、用途別(コミュニケーション、地球観測&リモートセンシング、科学研究、生物実験、技術実証&検証、アカデミックトレーニング、マッピング&ナビゲーション、調査)分析、業種別(政府、市民、商業、防衛、エネルギー&インフラ、海上輸送)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、宇宙サービス、打ち上げサービス) ・世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:種 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"