"気道確保装置の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD6439)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"気道確保装置の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The airway management devices market is projected to grow at a CAGR of 5.6%.”The global airway management devices market is projected to reach USD 2.10 billion by 2023 from an estimated USD 1.60 billion in 2018, at a CAGR of 5.6% during the forecast period. Rising prevalence of chronic respiratory diseases, increasing demand for emergency care, and high incidence of preterm babies are driving the demand for airway management devices. However, harmful effects of certain devices on neonates and dearth of skilled professionals are posing a challenge for the growth of the market.

“In 2018, the infraglottic devices segment is expected to account for the largest share of the global airway management devices market.”
On the basis type of airway management devices, the market is segmented into supraglottic airway management devices, infraglottic airway management devices, resuscitators, laryngoscopes, and other airway management devices such as stylets, bronchial blocking tubes, lumen tubes, and suction devices. In 2018, the infraglottic devices segment is expected to account for the largest share of the global airway management devices market. The large share of this segment is attributed to the increased demand for endotracheal tubes and rising demand for emergency care.

“By end user, the operating rooms segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
On the basis of end user, the market is categorized into operating rooms, emergency care departments, intensive care units, and other end users such as paramedics, home care, ambulance services, and fire fighting groups. The operating rooms segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors such as rising number of surgical procedures and growing chronic diseases are likely to drive the growth of the segment.

“Asia Pacific to witness the highest growth during the forecast period.”
Asia Pacific is expected to witness the highest growth during 2018 to 2023. This growth can be attributed to the rising geriatric population, supportive reimbursement policies in Japan, and the implementation of favorable government initiatives in the region.

Break of primary participants was as mentioned below:
• By Company Type – Tier 1–54%, Tier 2–34% and Tier 3–12%
• By Designation – C-level–31%, Director Level–19%, Others–50%
• By Region – North America–46%, Europe–25%, Asia Pacific–18%, RoW–11%

The key players in the global airway management devices market are Medtronic (Ireland), Smiths Medical (US), Teleflex (US), Ambu (US), KARL STORZ (Germany), Flexicare (US), Verathon (US), Olympus (Japan), Intersurgical (UK), SunMed (US), Vyaire Medical (US), and VBM Medizintechnik (Germany).
Research Coverage:
The report analyzes the airway management devices market and aims at estimating the market size and future growth potential of this market based on various segments such as type, end user, patient age, and region. The report also includes competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product offerings, recent developments, and key market strategies.
Reasons to Buy the Report
The report can help established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which in turn would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below mentioned five strategies.

This report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the airway management devices market. The report analyzes the market based on type, end user, patient age, and region
• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research and development activities, and product launches in the airway management devices market
• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets. The report analyzes the markets for various airway management devices across regions
• Market Diversification: Exhaustive information about products, untapped regions, recent developments, and investments in the airway management devices market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, distribution networks, and manufacturing capabilities of the leading players in the airway management devices market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"気道確保装置の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 13
1.1 OBJECTIVES OF STUDY 13
1.2 MARKET DEFINITION 13
1.3 MARKET SCOPE 14
1.3.1 MARKETS COVERED 14
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 15
1.4 CURRENCY 15
1.5 LIMITATIONS 15
1.6 STAKEHOLDERS 16
2 RESEARCH METHODOLOGY 17
2.1 RESEARCH METHODOLOGY STEPS 17
2.2 SECONDARY AND PRIMARY RESEARCH METHODOLOGY 18
2.2.1 SECONDARY RESEARCH 18
2.2.2 PRIMARY RESEARCH 19
2.2.2.1 Key industry insights 20
2.2.2.2 Key data from primary sources 21
2.3 MARKET SIZE ESTIMATION METHODOLOGY 22
2.4 MARKET DATA VALIDATION AND TRIANGULATION 24
2.5 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 25
3 EXECUTIVE SUMMARY 26
4 PREMIUM INSIGHTS 31
4.1 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES: MARKET OVERVIEW 31
4.2 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY TYPE, 2018 VS. 2023 32
4.3 SUPRAGLOTTIC AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY TYPE, 2018 VS. 2023 32
4.4 INFRAGLOTTIC AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY TYPE, 2018 VS. 2023 33
4.5 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY END USER AND REGION, 2018 VS. 2023 33
4.6 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY PATIENT AGE, 2018 VS. 2023 34
4.7 GEOGRAPHIC SNAPSHOT: AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET 35
5 MARKET OVERVIEW 36
5.1 INTRODUCTION 36
5.2 MARKET DYNAMICS 36
5.2.1 DRIVERS 37
5.2.1.1 Rising prevalence of chronic respiratory diseases 37
5.2.1.2 Increasing demand for emergency care 37
5.2.1.3 High incidence of preterm babies 39
5.2.2 OPPORTUNITIES 39
5.2.2.1 Growth potential in emerging countries 39
5.2.3 CHALLENGES 40
5.2.3.1 Harmful effects of certain devices on neonates 40
5.2.3.2 Dearth of skilled professionals 40
6 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY TYPE 41
6.1 INTRODUCTION 42
6.1.1 INFRAGLOTTIC AIRWAY MANAGEMENT DEVICES 43
6.1.1.1 Endotracheal tubes (ETTs) 44
6.1.1.2 Tracheostomy tubes 45
6.1.2 SUPRAGLOTTIC AIRWAY MANAGEMENT DEVICES 46
6.1.2.1 Laryngeal mask airways (LMAs) 47
6.1.2.2 Oropharyngeal airways (OPAs) 48
6.1.2.3 Nasopharyngeal airways (NPAs) 49
6.1.2.4 Other supraglottic airway devices 50
6.1.3 RESUSCITATORS 51
6.1.4 LARYNGOSCOPES 52
6.1.5 OTHER AIRWAY MANAGEMENT DEVICES 53
7 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY END USER 54
7.1 INTRODUCTION 55
7.1.1 OPERATING ROOMS 56
7.1.2 EMERGENCY CARE DEPARTMENTS 57
7.1.3 INTENSIVE CARE UNITS 57
7.1.4 OTHER END USERS 58
8 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY PATIENT AGE 59
8.1 INTRODUCTION 60
8.1.1 ADULT PATIENTS 61
8.1.2 PEDIATRIC PATIENTS/NEONATES 61
9 AIRWAY MANAGEMENT DEVICES MARKET, BY REGION 63
9.1 INTRODUCTION 64
9.2 NORTH AMERICA 66
9.2.1 US 69
9.2.2 CANADA 72
9.3 EUROPE 75
9.3.1 EU5 78
9.3.2 REST OF EUROPE 81
9.4 ASIA PACIFIC 84
9.5 REST OF THE WORLD 88
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 92
10.1 OVERVIEW 92
10.2 MARKET RANKING 93
10.2.1 MEDTRONIC 93
10.2.2 SMITHS MEDICAL 94
10.2.3 TELEFLEX 94
10.3 COMPETITIVE SCENARIO 94
10.3.1 PRODUCT LAUNCHES AND APPROVALS 94
10.3.2 EXPANSIONS 95
10.3.3 AGREEMENTS, COLLABORATIONS, AND PARTNERSHIPS 95
10.3.4 ACQUISITIONS 95
11 COMPANY PROFILES 97
(Introduction, Products & Services, Strategy, & Analyst Insights, Developments, MnM View)*
11.1 MEDTRONIC 97
11.2 SMITHS GROUP 99
11.3 TELEFLEX 102
11.4 AMBU 105
11.5 KARL STORZ 108
11.6 FLEXICARE 110
11.7 VERATHON (A PART OF ROPER TECHNOLOGIES) 112
11.8 OLYMPUS 114
11.9 INTERSURGICAL 116
11.10 SUNMED 117
11.11 VYAIRE MEDICAL 120
11.12 VBM MEDIZINTECHNIK 121

*Details on MarketsandMarkets view, Introduction, Product & Services, Strategy, & Analyst Insights, New Developments might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 122
12.1 DISCUSSION GUIDE 122
12.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 126
12.3 INTRODUCING RT: REAL-TIME MARKET INTELLIGENCE 128
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 129
12.5 RELATED REPORTS 129
12.6 AUTHOR DETAILS 130

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】気道確保装置の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年7月9日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD6439
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
気道確保装置の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ネオプレンファブリックの世界市場:タイプ別(ポリクロロプレン系ゴム、丸編地)、最終用途別(アウターウェア、既製服、水着・ウェットスーツ・ラッシュガード、フットウェア、その他)
    本資料は、ネオプレンファブリックの世界市場について調べ、ネオプレンファブリックの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ポリクロロプレン系ゴム、丸編地)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ネオプレンファブリックの世界市場概要 ・ネオプレンファブリックの世界市場環境 ・ネオプレンファブリックの世界市場動向 ・ネオプレンファブリックの世界市場規模 ・ネオプレンファブリックの世界市場:タイプ別(ポリクロロプレン系ゴム、丸編地) ・ネオプレンファブリックの世界市場:最終用途別(アウターウェア、既製服、水着・ウェットスーツ・ラッシュガード、フットウェア、その他) ・ネオプレンファブリックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ネオプレンファブリックの北米市場規模・予測 ・ネオプレンファブリックのアメリカ市場規模・予測 ・ネオプレンファブリックのヨーロッパ市場規模・予測 ・ネオプレンファブリックのアジア市場規模・予測 ・ネオプレンファブリックの日本市場規模 …
  • ニューロモーフィック・チップの世界市場
    当調査レポートでは、ニューロモーフィック・チップの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ニューロモーフィック・チップの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ニューロモーフィック・チップの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ニューロモーフィック・チップの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ニューロモーフィック・チップのアメリカ市場規模予測 ・ニューロモーフィック・チップのヨーロッパ市場規模予測 ・ニューロモーフィック・チップのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 歯充填材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、歯充填材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯充填材市場規模、エンドユーザー別(クリニック、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, COLTENE Group, Danaher, Dentsply Sirona, GC America, Ivoclar Vivadentなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯充填材の世界市場概要 ・歯充填材の世界市場環境 ・歯充填材の世界市場動向 ・歯充填材の世界市場規模 ・歯充填材の世界市場:業界構造分析 ・歯充填材の世界市場:エンドユーザー別(クリニック、病院) ・歯充填材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯充填材の北米市場規模・予測 ・歯充填材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・歯充填材のアジア太平洋市場規模・予測 ・歯充填材の主要国分析 ・歯充填材の世界市場:意思決定フレームワーク ・歯充填材の世界市場:成長要因、課題 ・歯充填材の世界市場:競争環境 …
  • 遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、特性別分析、技術別分析、作物別分析、地域別分析、遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭疽(Anthrax):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、炭疽(Anthrax)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・炭疽(Anthrax):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・炭疽(Anthrax)のフェーズ3治験薬の状況 ・炭疽(Anthrax)治療薬の市場規模(販売予測) ・炭疽(Anthrax)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・炭疽(Anthrax)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の炭疽(Anthrax)治療薬剤
  • 補助人工心臓(VAD)の世界市場:LVAD、BiVAD、RVAD
    当調査レポートでは、補助人工心臓(VAD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、補助人工心臓(VAD)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のCNCルーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のCNCルーター市場2015について調査・分析し、CNCルーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ウインドシールドの世界市場予測(~2025年):合わせガラス、強化ガラス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車ウインドシールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ガラス種類別分析、材料種類別分析、位置別分析、車両種類別分析、自動車ウインドシールドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サーボモーター・ドライブの世界市場予測(~2022年):モーター部品、ドライブ部品、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、サーボモーター・ドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、提供商品別分析、種類別分析、電圧範囲別分析、地域別分析、サーボモーター・ドライブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学用分析装置の世界市場
    当調査レポートでは、臨床化学用分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床化学用分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物向け遺伝学的検査の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、動物向け遺伝学的検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、検査サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの股関節再建市場動向(~2021)
  • 2型糖尿病治療薬の世界市場:インスリン、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、 SGLT-2阻害薬
    当調査レポートでは、2型糖尿病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、2型糖尿病治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 神経ペプチドY受容体Y4アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における神経ペプチドY受容体Y4アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経ペプチドY受容体Y4アゴニストの概要 ・神経ペプチドY受容体Y4アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の神経ペプチドY受容体Y4アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経ペプチドY受容体Y4アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・神経ペプチドY受容体Y4アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 整形外科用医療機器の世界市場2016-2020
  • UCaaSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、UCaaSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UCaaSの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 吸着装置の世界市場予測(~2023年)
    吸着装置の世界市場は、2018年の3億7,000万米ドルから2023年には4億7,800万米ドルに達し、この期間中5.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、様々な最終用途産業における吸着装置に対する需要の増加、そしてVOC排出量を制限するための厳しい規制が考えられます。一方で、固定床式吸着装置のような低コストの代替品も利用可能であることから、市場の成長は妨げられると予測されます。当調査レポートでは、吸着装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、容量(10,000CFM未満、10,000〜50,000CFM、50,000CFM超)分析、最終用途産業(自動車、化学品、半導体、印刷)分析、吸着装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンプレッサーオイルの世界市場:容積式コンプレッサー、ダイナミックコンプレッサー、合成オイル、半合成オイル、ミネラルオイル、バイオベースオイル
    当調査レポートでは、コンプレッサーオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、コンプレッサー種類別分析、オイル種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テニスの世界市場
    本資料は、テニスの世界市場について調べ、テニスの世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(アパレル、フットウェア)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、エンドユーザー別(メンズ、ウィメンズ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKingspan Group、RPM、H.B. Fuller Construction Products、SHW、UMGG、Doyle Dickerson Terrazzo HJJC、Guangxi Mishi、Terrazzco、Lijie Technology、Terrazzo USA、Beijing Lu Xing 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テニスの世界市場概要 ・テニスの世界市場環境 ・テニスの世界市場動向 ・テニスの世界市場規模 ・テニスの世界市場規模:製品種類別(アパレル、フットウェア) ・テニスの世界市場規模:流通経路別(オンライン、オフライン) ・テニスの世界市場規模:エンドユーザー …
  • バングラデシュの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ハンガリーの心臓人工弁市場見通し
  • 1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、1,6-ヘキサンジオールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、1,6-ヘキサンジオールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の衛生陶器市場2015
    本調査レポートでは、中国の衛生陶器市場2015について調査・分析し、衛生陶器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 外装建築塗装の世界市場分析:樹脂別(アクリル、エポキシ、ポリエステル、アルキド、ポリウレタン)、技術別(溶液系、水系)、用途別(住宅[新規、修復]、住宅以外[新規、修復])、セグメント予測
    本調査レポートでは、外装建築塗装の世界市場について調査・分析し、外装建築塗装の世界市場動向、外装建築塗装の世界市場規模、市場予測、セグメント別外装建築塗装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の後部ぶどう膜炎(Diffuse Posterior Uveitis)治療薬剤
  • 段ボールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、段ボールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は段ボールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はInternational Paper、KapStone、Mondi、Packaging Corporation of America、WestRock等です。
  • 腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の概要 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • 自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサー市場規模、製品別(レーダーセンサー、イメージセンサー、超音波センサー、赤外線センサー、LiDARセンサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場概要 ・自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場環境 ・自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場動向 ・自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場規模 ・自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ADAS(先進運転支援システム)センサーの世界市場:製品別(レーダーセンサー、イメージセンサー、超音波センサー、赤外線センサー、LiDARセンサー) ・自動車用ADAS(先進運転支援システム) …
  • レブリン酸の世界市場予測(~2021): 可塑剤、医薬品&化粧品
    当調査レポートでは、レブリン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、レブリン酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車向けクラウド基盤ソリューションの世界市場予測(~2022年):フリート管理、インフォテインメント、OTAアップデート、テレマティクス、ADAS
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車向けクラウド基盤ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、アプリケーション別分析、導入別分析、サービスモデル別分析、車両別分析、自動車向けクラウド基盤ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブルガリアの太陽光発電(PV)市場2015
  • 半導体レーザー治療の世界市場:美容、手術、眼科、歯科用途
    当調査レポートでは、半導体レーザー治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体レーザー治療の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用クラッチの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用クラッチの世界市場規模が2017年9兆1191.4億ドルから2026年18兆5352.9億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用クラッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用クラッチ市場規模、クラッチディスクサイズ別(10〜11インチディスク、11インチ以上ディスク、9〜10インチディスク、9インチ以下ディスク)分析、クラッチ種類別(遠心クラッチ、ドッグクラッチ、ドライクラッチ、電磁クラッチ、摩擦クラッチ)分析、トランスミッション種類別(自動マニュアルトランスミッション、自動変速機、無段変速機、デュアルクラッチ、マニュアルトランスミッション)分析、材料種類別(セラミック、オーガニック、その他の材料種類)分析、用途別(商業、乗客、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用クラッチの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用クラッチの世界 …
  • マイクロウェーブ式レベルセンサの世界市場
  • 自己修復材料の世界市場予測(~2021年):コンクリート、塗料、高分子、アスファルト、セラミック、金属
    当調査レポートでは、自己修復材料(自己治癒材料)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、形状別分析、材料種類別分析、需要先別分析、地域別分析、自己修復材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロスフェア(微小球)の世界市場:中空微小球、固体微小球
    当調査レポートでは、マイクロスフェア(微小球)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 疼痛治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、疼痛治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疼痛治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)市場2016
    本調査レポートでは、世界の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)市場2016について調査・分析し、耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バランスシャフトの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、バランスシャフトの世界市場規模が2017年9兆9784億ドルから2026年20兆2156億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、バランスシャフトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バランスシャフト市場規模、製造加工別(キャストバランスシャフト、鍛造バランスシャフト)分析、車種別(大型商用車、乗用車、小型商用車)分析、エンジン種類別(V-6エンジン、直列5気筒エンジン、直列4気筒(L4)エンジン、直列3気筒(L3)エンジン)分析、エンドユーザー別(防衛、商業、産業、その他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バランスシャフトの世界市場:市場動向分析 ・ バランスシャフトの世界市場:競争要因分析 ・ バランスシャフトの世界市場:製造加工別(キャストバランスシャフト、鍛造バランスシャフト) ・ バランスシャフトの世界市場:車種別(大型商用車、乗用車、小型商 …
  • 世界主要国におけるLEDガラス市場2018-2023
    本調査レポートでは、LEDガラスの世界市場について調査・分析し、LEDガラスの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(フラットガラス、曲げガラス)、用途別市場規模(屋内装飾、屋外装飾、ビルボードデザイン、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、LEDガラスの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・LEDガラスの世界市場概要 ・LEDガラスの企業別市場シェア ・LEDガラスの地域別市場規模 ・LEDガラスの種類別市場規模(フラットガラス、曲げガラス) ・LEDガラスの用途別市場規模(屋内装飾、屋外装飾、ビルボードデザイン、その他) ・LEDガラスの主要企業分析 ・LEDガラスの北米市場規模 ・LEDガラスの米国市場規模 ・LEDガラスの南米市場規模 ・LEDガラスの欧州市場規模 ・LEDガラスのアジア市場規模 ・LEDガラス …
  • 加齢に伴う記憶障害(Age Related Memory Impairment):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における加齢に伴う記憶障害(Age Related Memory Impairment)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、加齢に伴う記憶障害(Age Related Memory Impairment)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・加齢に伴う記憶障害(Age Related Memory Impairment)の概要 ・加齢に伴う記憶障害(Age Related Memory Impairment)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の加齢に伴う記憶障害(Age Related Memory Impairment)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • BOXIPCの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BOXIPCの世界市場について調査・分析し、BOXIPCの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BOXIPCシェア、市場規模推移、市場規模予測、BOXIPC種類別分析(ファンレス、従来型)、BOXIPC用途別分析(鉄道輸送建設、工業オートメーション、インテリジェントサービス、電力・エネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BOXIPCの市場概観 ・BOXIPCのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BOXIPCのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BOXIPCの世界市場規模 ・BOXIPCの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BOXIPCのアメリカ市場規模推移 ・BOXIPCのカナダ市場規模推移 ・BOXIPCのメキシコ市場規模推移 ・BOXIPCのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・BOXIPCのドイツ市場規模推移 ・BOXIPCのイギリス市場規模推移 ・BOXIPCのロシア市場規模推移 ・BOX …
  • 皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、皮膚科用内視鏡検査装置市場規模、製品別(従来型、デジタル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場概要 ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場環境 ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場動向 ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場規模 ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場:業界構造分析 ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場:製品別(従来型、デジタル) ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・皮膚科用内視鏡検査装置の北米市場規模・予測 ・皮膚科用内視鏡検査装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・皮膚科用内視鏡検査装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・皮膚科用内視鏡検査装置の主要国分析 ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・皮膚科用内視鏡検査装置の世界市場:成長要因、課題 ・皮膚科用内視鏡検 …
  • 細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場分析:コーティング別(自己コーティング、プレコーティング[マルチウォール/マイクロウェルプレート、ペトリ皿、フラスコ、スライド、カバースリップ])、タンパク質由来別(植物、動物、ヒト、合成)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場について調査・分析し、細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場動向、細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別細胞培養タンパク質表面コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スイスのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬剤
  • スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 搾乳ロボットの世界市場:システムタイプ別(シングルストール、マルチストール、ロータリーシステム)、飼育規模別(100頭未満、100-1,000頭、1,000頭超)、セグメント予測
    本調査レポートでは、搾乳ロボットの世界市場について調査・分析し、搾乳ロボットの世界市場動向、搾乳ロボットの世界市場規模、市場予測、セグメント別搾乳ロボット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非プロトン性溶媒の世界市場の規模及び予測:製品別(NMP、トルエン、ベンゼン、アセトン)、用途別(石油・ガス、医薬品、塗料・コーティング、電子製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、動向の分析 2014-2025
    本調査レポートでは、非プロトン性溶媒の世界市場について調査・分析し、非プロトン性溶媒の世界市場動向、非プロトン性溶媒の世界市場規模、市場予測、セグメント別非プロトン性溶媒市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"