"CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21071)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Complex Programmable Logic Devices (CPLD)

A CPLD is a PLD with complexity between programmable array logic and FPGAs, having the architectural features of both. It comes with completely programmable AND/OR arrays and macrocells. The macrocells form the main building blocks of the device, and the AND/OR arrays are reprogrammable and responsible for performing various logic functions.

Technavio’s analysts forecast the Global Complex Programmable Logic Devices (CPLD) Market will register a revenue of USD 54.28 during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Complex Programmable Logic Devices (CPLD) Market. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the application of CPLD in communication devices, consumer electronics, automotive, data processing, and other industries.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Complex Programmable Logic Devices (CPLD) Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Intel (Altera)
• Lattice Semiconductor
• Microchip Technology (Atmel)
• XILINX

Market driver
• High adoption of smartphones and tablets
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Regular launch of advanced alternatives in market
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Automation in automobiles
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Communication devices – Market size and forecast 2017-2022
• Consumer electronics – Market size and forecast 2017-2022
• Automotive – Market size and forecast 2017-2022
• Data processing – Market size and forecast 2017-2022
• Industrial – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY PACKAGE TYPE
• Segmentation by package type
• Comparison by package type
• Surface mount CPLD – Market size and forecast 2017-2022
• Through hole CPLD – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by package type
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• Increased proliferation of IoT
• Automation in automobiles
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Intel (Altera)
• Lattice Semiconductor
• Microchip Technology (Atmel)
• XILINX
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Related market
Exhibit 03: Global PLD market segmentation
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2017
Exhibit 08: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 09: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 10: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2017
Exhibit 12: Five forces analysis 2022
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 19: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by application
Exhibit 21: Communication devices – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Communication devices – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Consumer electronics – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Consumer electronics – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Automotive – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 26: Automotive – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Data processing – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 28: Data processing – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 29: Industrial – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 30: Industrial – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 31: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 32: Other – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 33: Market opportunity by application
Exhibit 34: Package type – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 35: Comparison by package type
Exhibit 36: Surface mount CPLD – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 37: Surface mount CPLD – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Through hole CPLD – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 39: Through hole CPLD – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 40: Market opportunity by package type
Exhibit 41: Customer landscape
Exhibit 42: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 43: Regional comparison
Exhibit 44: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 45: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 46: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 47: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 48: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 49: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 50: Key leading countries
Exhibit 51: Market opportunity
Exhibit 52: Global smartphone shipments 2017-2022 (million units)
Exhibit 53: Global tablet shipments 2017-2022 (million units)
Exhibit 54: Global mobile data traffic by smartphones and tablets 2017 and 2022 (%)
Exhibit 55: Global semiconductor market trend 1990-2017 ($ bn)
Exhibit 56: Vendor landscape
Exhibit 57: Landscape disruption
Exhibit 58: Vendors covered
Exhibit 59: Vendor classification
Exhibit 60: Market positioning of vendors
Exhibit 61: Intel (Altera) – Overview
Exhibit 62: Intel – Business segments
Exhibit 63: Intel – Organizational developments
Exhibit 64: Intel – Geographic focus
Exhibit 65: Intel – Segment focus
Exhibit 66: Intel– Key offerings
Exhibit 67: Lattice Semiconductor – Overview
Exhibit 68: Lattice Semiconductor – Business segments
Exhibit 69: Lattice Semiconductor – Organizational developments
Exhibit 70: Lattice Semiconductor – Geographic focus
Exhibit 71: Lattice Semiconductor – Segment focus
Exhibit 72: Lattice Semiconductor – Key offerings
Exhibit 73: Microchip Technology – Overview
Exhibit 74: Microchip Technology – Business segments
Exhibit 75: Microchip Technology – Organizational developments
Exhibit 76: Microchip Technology – Geographic focus
Exhibit 77: Microchip Technology – Segment focus
Exhibit 78: Microchip Technology – Key offerings
Exhibit 79: XILINX – Overview
Exhibit 80: XILINX – Business segments
Exhibit 81: XILINX – Organizational developments
Exhibit 82: XILINX – Geographic focus
Exhibit 83: XILINX – Segment focus
Exhibit 84: XILINX – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月8日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21071
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】装置・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 旅行サービスのインド市場2017-2021
    当調査レポートでは、旅行サービスのインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、旅行サービスのインド市場規模及び予測、サービス別分析、方式別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリヒドロキシアルカノエートの世界市場:共重合PHA、リニアPHA
    Technavio社の本調査レポートでは、ポリヒドロキシアルカノエートの世界市場について調べ、ポリヒドロキシアルカノエートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポリヒドロキシアルカノエートの市場規模をセグメンテーション別(種類別(共重合PHA、リニアPHA)、用途別(パッケージング、生物医学、食品サービス、農業、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はポリヒドロキシアルカノエートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポリヒドロキシアルカノエートの市場状況 ・ポリヒドロキシアルカノエートの市場規模 ・ポリヒドロキシアルカノエートの市場予測 ・ポリヒドロキシアルカノエートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(共重合PHA、リニアPHA) ・市場セグメンテーション:用途別(パッケージング、生物医学、食品サービス、農業、その他) ・ポリヒドロキシアルカ …
  • 肺炎治療のの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、肺炎治療のの世界市場について調査・分析し、肺炎治療のの世界市場動向、肺炎治療のの世界市場規模、市場予測、セグメント別肺炎治療の市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイス市場規模、用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場概要 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場環境 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場動向 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場規模 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:業界構造分析 ・ワイドバンドギャップ(WBG)パワー半導体デバイスの世界市場:用途別(UPS・PSシステム、PVインバーター、IMD、電気自動車(EV)/ハイブリッド電気自動車(HEV …
  • 大豆粕の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、大豆粕の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大豆粕の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 大豆粕は一般的にタンパク質補給のための動物飼料として使われています。大豆粕の多くは、大豆油を搾った後の残留物です。大豆粕は、高可消化タンパク質を多く含んでいます。Technavio社は大豆粕の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Archer Daniels Midland• Bunge• Cargill• Wilmar International等です。
  • 大型LNGターミナルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、大型LNGターミナルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、大型LNGターミナル市場規模、用途別(再ガス化、液状化)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・大型LNGターミナルの世界市場概要 ・大型LNGターミナルの世界市場環境 ・大型LNGターミナルの世界市場動向 ・大型LNGターミナルの世界市場規模 ・大型LNGターミナルの世界市場:業界構造分析 ・大型LNGターミナルの世界市場:用途別(再ガス化、液状化) ・大型LNGターミナルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・大型LNGターミナルの北米市場規模・予測 ・大型LNGターミナルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・大型LNGターミナルのアジア太平洋市場規模・予測 ・大型LNGターミナルの主要国分析 ・大型LNGターミナルの世界市場:意思決定フレームワーク ・大型LNGターミナルの世界市場:成長要因、課題 ・大型LNGターミナルの世界市場:競争環境 ・大 …
  • 疎水性塗料の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、疎水性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、基材種類(金属、ガラス、コンクリート、ポリマー、セラミック)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、疎水性塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クライオクーラーの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、クライオクーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、サービス別分析、熱交換器種類別分析、用途別分析、クライオクーラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用装置の世界市場:歯科放射線学装置、デジタルセンサー、歯科用レーザー、ダイオードレーザー、歯科用治療椅子、CAD/CAM、歯科用ハンドピース、鋳造機
    当調査レポートでは、歯科用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車グローブボックスの世界市場
    当調査レポートでは、自動車グローブボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車グローブボックスの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グローライトの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、グローライトの世界市場について調べ、グローライトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、グローライトの市場規模をセグメンテーション別(製品別(HIDライト、LEDライト、蛍光灯、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はグローライトの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均19%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・グローライトの市場状況 ・グローライトの市場規模 ・グローライトの市場予測 ・グローライトの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(HIDライト、LEDライト、蛍光灯、その他) ・グローライトの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ウェットタイプのペットフードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウェットタイプのペットフードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェットタイプのペットフードの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はウェットタイプのペットフードの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Beaphar• Blue Buffalo• Colgate-Palmolive • Mars • Nestlé• WellPet等です。
  • 米国の冬服市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の冬服市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の冬服市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cisco Systems、IBM、KaaIoT Technologies、Oracle、Trimble等です。
  • キャッスルマン病(Castleman’s Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるキャッスルマン病(Castleman's Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、キャッスルマン病(Castleman's Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・キャッスルマン病(Castleman's Disease)の概要 ・キャッスルマン病(Castleman's Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のキャッスルマン病(Castleman's Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・キャッスルマン病(Castleman's Disease)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • HIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるHIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・HIV-2プロテーゼ阻害剤の概要 ・HIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のHIV-2プロテーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIV-2プロテーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・HIV-2プロテーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • モバイル広告支出の世界市場:検索広告、ディスプレイ広告、SMS広告
    当調査レポートでは、モバイル広告支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル広告支出の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場予測(~2023年):オプトセミコンダクター、パワーセミコンダクター、RFセミコンダクター
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、デバイス種類別分析、ウェハーサイズ別分析、用途別分析、産業別分析、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル油田の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタル油田の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタル油田市場規模、技術別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタル油田の世界市場概要 ・デジタル油田の世界市場環境 ・デジタル油田の世界市場動向 ・デジタル油田の世界市場規模 ・デジタル油田の世界市場:業界構造分析 ・デジタル油田の世界市場:技術別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・デジタル油田の世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタル油田の北米市場規模・予測 ・デジタル油田のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デジタル油田のアジア太平洋市場規模・予測 ・デジタル油田の主要国分析 ・デジタル油田の世界市場:意思決定フレームワーク ・デジタル油田の世界市場:成長要因、課題 ・デジタル油田の世界市場:競争環境 ・デジタル油田の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • アデノシンA2A受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンA2A受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンA2A受容体拮抗薬の概要 ・アデノシンA2A受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンA2A受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンA2A受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンA2A受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 食品残留物試験の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品残留物試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品残留物試験市場規模、種類別(毒素、食物アレルゲン、重金属、農薬、動物用医薬品、その他)分析、技術別(分光法、イムノアッセイ、クロマトグラフィー、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、酵素免疫測定法(ELISA)、その他)分析、用途別(乳製品、野菜・果物、ナッツ・種子・スパイス、穀物・豆類、加工食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品残留物試験の世界市場:市場動向分析 ・ 食品残留物試験の世界市場:競争要因分析 ・ 食品残留物試験の世界市場:種類別(毒素、食物アレルゲン、重金属、農薬、動物用医薬品、その他) ・ 食品残留物試験の世界市場:技術別(分光法、イムノアッセイ、クロマトグラフィー、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、酵素免疫測定法(ELISA)、その他) ・ 食品残留物試験の世界市場:用途別(乳製品、野菜・果物、ナッツ・種子・スパイス、穀物・豆類、 …
  • ブラジルの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 石油増進回収法(EOR)の世界市場2018-2025:技術別(熱、ガス注入、化学品)、用途別(オンショア、オフショア)
    本調査レポートでは、石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、石油増進回収法(EOR)の世界市場動向、石油増進回収法(EOR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別石油増進回収法(EOR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 次亜リン酸ナトリウムの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、次亜リン酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別(還元剤、触媒および安定剤、化学中間体)分析、用途別(電気めっき、水処理、化学薬品および医薬品)分析、グレード別(電気、工業)分析、次亜リン酸ナトリウムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、次亜リン酸ナトリウムの世界市場規模が2019年664百万ドルから2025年890百万ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。
  • 自動車用リレーの世界市場2014-2025:製品別(PCB、プラグイン、高圧リレー)、車両タイプ別、用途別(抵抗負荷、容量性負荷、誘導負荷)、地域別
    本調査レポートでは、自動車用リレーの世界市場について調査・分析し、自動車用リレーの世界市場動向、自動車用リレーの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用リレー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 全身性肥満細胞症(Systemic Mastocytosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全身性肥満細胞症(Systemic Mastocytosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全身性肥満細胞症(Systemic Mastocytosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全身性肥満細胞症(Systemic Mastocytosis)の概要 ・全身性肥満細胞症(Systemic Mastocytosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全身性肥満細胞症(Systemic Mastocytosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全身性肥満細胞症(Systemic Mastocytosis)治療薬 …
  • 世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別
    MarketsandMarkets社は、飼料用酵素の世界市場規模が2019年12億ドルから2025年20億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当資料では、世界の飼料用酵素市場を統合的に調査・分析し、市場概要、機能別(パフォーマンス強化、フィード効率)分析、種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他)分析、由来別(微生物、植物、動物)分析、フォーム別(気体、液体)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の飼料用酵素市場:機能別(パフォーマンス強化、フィード効率) ・世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他) ・世界の飼料用酵素市場:由来別(微生物、植物、動物) ・世界の飼料用酵素市場:フォーム別(気体、液体) ・世界の飼料用酵素市場:家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他) ・世界の飼料用酵素市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • オーストラリアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 女性用衛生用品の世界市場:製品別(生理用ナプキン、タンポン、クリーナー・スプレー、パンティーライナー、使い捨てカミソリ)、販売チャネル別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、専門店、コンビニエンスストア、ダラーストア、オンラインストア)、地域別予測
    本資料は、女性用衛生用品の世界市場について調べ、女性用衛生用品の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(生理用ナプキン、タンポン、クリーナー・スプレー、パンティーライナー、使い捨てカミソリ)分析、販売チャネル別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、専門店、コンビニエンスストア、ダラーストア、オンラインストア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・女性用衛生用品の世界市場概要 ・女性用衛生用品の世界市場環境 ・女性用衛生用品の世界市場動向 ・女性用衛生用品の世界市場規模 ・女性用衛生用品の世界市場規模:製品別(生理用ナプキン、タンポン、クリーナー・スプレー、パンティーライナー、使い捨てカミソリ) ・女性用衛生用品の世界市場規模:販売チャネル別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、専門店、コンビニエンスストア、ダラーストア、オンラインストア) ・女性用衛生用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・女性用衛生用品の北米市場規模・予測 ・女性用衛 …
  • 化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫市場規模、用途別(温度制御型、温度非制御型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場概要 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場環境 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場動向 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場規模 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場:業界構造分析 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場:用途別(温度制御型、温度非制御型) ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場:地域別市場規模・分析 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫のアメリカ市場規模・予測 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫のヨーロッパ市場規模・予測 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉 …
  • 健康及びウェルネス食品の世界市場
    当調査レポートでは、健康及びウェルネス食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康及びウェルネス食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用HVACセンサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用HVACセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用HVACセンサー市場規模、センサー種類別(温度センサー、圧力センサー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用HVACセンサーの世界市場概要 ・自動車用HVACセンサーの世界市場環境 ・自動車用HVACセンサーの世界市場動向 ・自動車用HVACセンサーの世界市場規模 ・自動車用HVACセンサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用HVACセンサーの世界市場:センサー種類別(温度センサー、圧力センサー、その他) ・自動車用HVACセンサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用HVACセンサーのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用HVACセンサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用HVACセンサーのアジア市場規模・予測 ・自動車用HVACセンサーの主要国分析 ・自動車用HVACセンサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・自 …
  • オーストラリアの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 南アフリカの体外式除細動器市場見通し
  • エピペンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エピペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エピペンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、医療用電源(パワーサプライ)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:イントロダクション ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:市場概観 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:セグメント別市場分析 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:主要地域別市場分析 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:関連企業分析
  • 世界の便器洗浄機市場2016
    本調査レポートでは、世界の便器洗浄機市場2016について調査・分析し、便器洗浄機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アドバンストセラミックの世界市場:原料別(アルミナセラミックス、チタン酸鉛セラミックス、ジルコン塩酸セラミックス、フェライトセラミックス)、製品別、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、アドバンストセラミックの世界市場について調査・分析し、アドバンストセラミックの世界市場動向、アドバンストセラミックの世界市場規模、市場予測、セグメント別アドバンストセラミック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロテオミクスの世界市場予測(~2021):器具別、試薬&サービス別( 分光学、クロマトグラフィ、電気泳動、イムノアッセイ、HPLC、X線結晶解析、質量分析、 表面プラズモン共鳴)、用途別
    当調査レポートでは、プロテオミクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、器具別分析、試薬&サービス別分析、用途別分析、地域別分析、プロテオミクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 浴室用センサー・タップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、浴室用センサー・タップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浴室用センサー・タップの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は浴室用センサー・タップの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• American Standard• GROHE• Kohler• Moen• TOTO等です。
  • 自己輸血装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自己輸血装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(自動輸血製品及びアクセサリー)分析、用途別(心臓手術、整形外科手術、臓器移植、外傷処置、およびその他の処置)分析、自己輸血装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自己輸血装置の世界市場規模が2019年395百万ドルから2024年505百万ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。
  • 有機農蜂蜜の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、有機農蜂蜜の世界市場について調べ、有機農蜂蜜の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、有機農蜂蜜の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は有機農蜂蜜の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・有機農蜂蜜の市場状況 ・有機農蜂蜜の市場規模 ・有機農蜂蜜の市場予測 ・有機農蜂蜜の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・有機農蜂蜜の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストの概要 ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 料理用油脂の世界市場
    当調査レポートでは、料理用油脂の世界市場について調査・分析し、料理用油脂の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • LEDディスプレイドライバーICの世界市場:種類別(AC/DC LED照明ドライバーIC、DC/DC LED照明ドライバーIC)、用途別(自動車、家電)、地域別予測
    本資料は、LEDディスプレイドライバーICの世界市場について調べ、LEDディスプレイドライバーICの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(AC/DC LED照明ドライバーIC、DC/DC LED照明ドライバーIC)分析、用途別(自動車、家電)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLinear Technology、Panasonic Corporation、Texas Instruments、Samsung Electronics、Semtech、ROHM、Maxim Semiconductor、Microchipなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・LEDディスプレイドライバーICの世界市場概要 ・LEDディスプレイドライバーICの世界市場環境 ・LEDディスプレイドライバーICの世界市場動向 ・LEDディスプレイドライバーICの世界市場規模 ・LEDディスプレイドライバーICの世界市場規模:種類別(AC/DC LED照明ドライバーIC、DC/ …
  • Eラーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、Eラーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Eラーニング市場規模、エンドユーザー別(K12、高等教育、企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Adobe, Blackboard, Cisco, Instructure, NIIT, Pearsonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・Eラーニングの世界市場概要 ・Eラーニングの世界市場環境 ・Eラーニングの世界市場動向 ・Eラーニングの世界市場規模 ・Eラーニングの世界市場:業界構造分析 ・Eラーニングの世界市場:エンドユーザー別(K12、高等教育、企業) ・Eラーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・Eラーニングの北米市場規模・予測 ・Eラーニングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・Eラーニングのアジア太平洋市場規模・予測 ・Eラーニングの主要国分析 ・Eラーニングの世界市場:意思決定フレームワーク ・Eラーニングの世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 世界のLNG産業見通し
  • 軍用レーザ装置の世界市場:ファイバレーザ、固体レーザ、化学レーザ、CO2レーザ、半導体レーザ
    当調査レポートでは、軍用レーザ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート農業の世界市場予測(~2023年):精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマート農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、農業種類別(精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス)分析、ハードウェア別(GPS、ドローン、センサー、RFID、LEDライト)分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、スマート農業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"