"微小流体技術の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21814)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"微小流体技術の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Microfluidics Technology
Microfluidics technology involves controlling fluids usually in the volume range of microlitres to picolitres and manipulating them to flow through channels with dimensions from tens to hundreds of micrometers.

Technavio’s analysts forecast the Global Microfluidics Technology Market to grow at a CAGR of 18.77% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Microfluidics Technology Market. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of microfluidics technology devices for in-vitro diagnostics, pharmaceutical and life science research.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Microfluidics Technology Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Agilent Technologies
• BD
• GENERAL ELECTRIC
• PerkinElmer
• Qiagen
• Thermo Fisher Scientific

Market driver
• Increasing application in molecular biology
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Inherent challenges in microfluidic technology
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Growing use of microfluidics technology in cosmetics
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"微小流体技術の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• In-vitro diagnostics
• Pharmaceutical and life science research
• Others
• Market opportunity by application
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas
• EMEA
• APAC
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Growing use of microfluidics technology in cosmetics
• Technical advancements in microfluidics
• Increasing applications of microfluidics in drug delivery technologies
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Agilent Technologies
• BD
• GENERAL ELECTRIC
• PerkinElmer
• Qiagen
• Thermo Fisher Scientific
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Global healthcare market 2017
Exhibit 02: Market characteristics
Exhibit 03: Market segments
Exhibit 04: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 05: Market size 2017
Exhibit 06: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 07: Global microfluidics technology market– Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 08: Global microfluidics technology market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 09: Five forces analysis 2017
Exhibit 10: Five forces analysis 2022
Exhibit 11: Bargaining power of buyers
Exhibit 12: Bargaining power of suppliers
Exhibit 13: Threat of new entrants
Exhibit 14: Threat of substitutes
Exhibit 15: Threat of rivalry
Exhibit 16: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 17: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 18: Comparison by application
Exhibit 19: In-vitro diagnostics– Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 20: In-vitro diagnostics – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 21: Pharmaceutical and life science research – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 22: Pharmaceutical and life science research – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Others– Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 24: Others– Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Market opportunity by application
Exhibit 26: Customer landscape
Exhibit 27: Global microfluidics technology market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 28: Regional comparison
Exhibit 29: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 30: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 31: Top 3 countries in Americas
Exhibit 32: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 33: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 34: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 35: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 36: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Top 3 countries in APAC
Exhibit 38: Market opportunity
Exhibit 39: Cost of sequencing per genome in $ (2001-2015)
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: Agilent Technologies overview
Exhibit 46: Agilent Technologies – Business segments
Exhibit 47: Agilent Technologies – Organizational developments
Exhibit 48: Agilent Technologies – Geographic focus
Exhibit 49: Agilent Technologies – Segment focus
Exhibit 50: Agilent Technologies – Key offerings
Exhibit 51: BD overview
Exhibit 52: BD – Business segments
Exhibit 53: BD – Organizational developments
Exhibit 54: BD – Geographic focus
Exhibit 55: BD – Segment focus
Exhibit 56: BD – Key offerings
Exhibit 57: GENERAL ELECTRIC overview
Exhibit 58: GENERAL ELECTRIC– Business segments
Exhibit 59: GENERAL ELECTRIC– Organizational developments
Exhibit 60: GENERAL ELECTRIC – Geographic focus
Exhibit 61: GENERAL ELECTRIC– Segment focus
Exhibit 62: GENERAL ELECTRIC– Key offerings
Exhibit 63: PerkinElmer overview
Exhibit 64: PerkinElmer – Business segments
Exhibit 65: PerkinElmer – Organizational developments
Exhibit 66: PerkinElmer – Geographic focus
Exhibit 67: PerkinElmer – Segment focus
Exhibit 68: PerkinElmer – Key offerings
Exhibit 69: Qiagen overview
Exhibit 70: Qiagen – Business segments
Exhibit 71: Qiagen – Organizational developments
Exhibit 72: Qiagen – Geographic focus
Exhibit 73: Qiagen – Segment focus
Exhibit 74: Qiagen – Key offerings
Exhibit 75: Thermo Fisher Scientific overview
Exhibit 76: Thermo Fisher Scientific – Business segments
Exhibit 77: Thermo Fisher Scientific – Organizational developments
Exhibit 78: Thermo Fisher Scientific – Geographic focus
Exhibit 79: Thermo Fisher Scientific – Segment focus
Exhibit 80: Thermo Fisher Scientific – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】微小流体技術の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月10日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21814
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】New Research Areas
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
微小流体技術の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • XRF分析器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、XRF分析器の世界市場について調査・分析し、XRF分析器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別XRF分析器シェア、市場規模推移、市場規模予測、XRF分析器種類別分析()、XRF分析器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・XRF分析器の市場概観 ・XRF分析器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・XRF分析器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・XRF分析器の世界市場規模 ・XRF分析器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・XRF分析器のアメリカ市場規模推移 ・XRF分析器のカナダ市場規模推移 ・XRF分析器のメキシコ市場規模推移 ・XRF分析器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・XRF分析器のドイツ市場規模推移 ・XRF分析器のイギリス市場規模推移 ・XRF分析器のロシア市場規模推移 ・XRF分析器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・XRF分析器の日本市場規模推移 ・X …
  • 子宮内膜がん(Endometrial Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮内膜がん(Endometrial Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮内膜がん(Endometrial Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮内膜がん(Endometrial Cancer)の概要 ・子宮内膜がん(Endometrial Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮内膜がん(Endometrial Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・子宮内膜がん(Endometrial Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場について調べ、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場状況 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場規模 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場予測 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチン …
  • UAV(無人機)ペイロード及びサブシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、UAV(無人機)ペイロード及びサブシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV(無人機)ペイロード及びサブシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 押出コーティング材の世界市場:LDPE、EVA、ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタラート
    当調査レポートでは、押出コーティング材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、基質別分析、用途別分析、地域別分析、押出コーティング材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺疾患治療の世界市場:症状別(甲状腺機能低下、甲状腺機能亢進症)、投与経路別(口内投与、静脈内投与)、流通経路別、セグメント予測
    本調査レポートでは、甲状腺疾患治療の世界市場について調査・分析し、甲状腺疾患治療の世界市場動向、甲状腺疾患治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別甲状腺疾患治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機向け情報・監視・偵察(ISR)の世界市場2017-2021:無人航空機ISR、有人航空機ISR
    当調査レポートでは、航空機向け情報・監視・偵察(ISR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機向け情報・監視・偵察(ISR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パージ用コンパウンドの世界市場2014-2025:タイプ別(機械式、化学式、液体)、プロセス別(押出、射出成形、吹込み成形)、地域別
    本調査レポートでは、パージ用コンパウンドの世界市場について調査・分析し、パージ用コンパウンドの世界市場動向、パージ用コンパウンドの世界市場規模、市場予測、セグメント別パージ用コンパウンド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 文化観光の世界市場2017-2021:国内旅行、海外旅行
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、文化観光の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、文化観光の世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は文化観光の世界市場が2017-2021年期間中に年平均35.55%(減少)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はACE Cultural Tours、Martin Randall Travel、Responsible Travel、Odyssey World等です。
  • 聴覚機器の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、聴覚機器の世界市場について調査・分析し、聴覚機器の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・聴覚機器の世界市場規模:技術別分析 ・聴覚機器の世界市場規模:製品別分析 ・聴覚機器の世界市場規模:病気種類別分析 ・聴覚機器の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・聴覚機器の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • アルミニウム鋳造の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アルミニウム鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム鋳造の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアルミニウム鋳造の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.87%成長すると予測しています。
  • 5Gチップセットの世界市場:ICタイプ別(RFIC、ASIC、セルラーIC、mmWave IC)、動作周波数別(サブ6GHz、26~39GHz、39GHz以上)、製品別(デバイス、CPE、ネットワークインフラ設備)、最終業種別(ヘルスケア、小売、ビルオートメーション、民生機器)、地域別予測
    本資料は、5Gチップセットの世界市場について調べ、5Gチップセットの世界規模、市場動向、市場環境、ICタイプ別(RFIC、ASIC、セルラーIC、mmWave IC)分析、動作周波数別(サブ6GHz、26~39GHz、39GHz以上)分析、製品別(デバイス、CPE、ネットワークインフラ設備)分析、最終業種別(ヘルスケア、小売、ビルオートメーション、民生機器)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・5Gチップセットの世界市場概要 ・5Gチップセットの世界市場環境 ・5Gチップセットの世界市場動向 ・5Gチップセットの世界市場規模 ・5Gチップセットの世界市場規模:ICタイプ別(RFIC、ASIC、セルラーIC、mmWave IC) ・5Gチップセットの世界市場規模:動作周波数別(サブ6GHz、26~39GHz、39GHz以上) ・5Gチップセットの世界市場規模:製品別(デバイス、CPE、ネットワークインフラ設備) ・5Gチップセットの世界市場規模 …
  • 風疹検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 世界の航空機用接着剤・シーラント剤市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 北米のインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 世界の眼圧計市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼圧計市場2015について調査・分析し、眼圧計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高性能合金の世界市場:高融点金属合金、非鉄合金、超合金、白金族合金
  • ペット用家具の世界市場:ペットベッド・ソファ、ペットハウス、ペットツリー・タワー、その他
    当調査レポートでは、ペット用家具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ペット用家具市場規模、製品別(ペットベッド・ソファ、ペットハウス、ペットツリー・タワー、その他)分析、エンドユーザー別(犬、猫、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Go Pet Club, MidWest Homes for Pets, North American Pet Products, PetPals Group, Ware Pet Productsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ペット用家具の世界市場概要 ・ペット用家具の世界市場環境 ・ペット用家具の世界市場動向 ・ペット用家具の世界市場規模 ・ペット用家具の世界市場:業界構造分析 ・ペット用家具の世界市場:製品別(ペットベッド・ソファ、ペットハウス、ペットツリー・タワー、その他) ・ペット用家具の世界市場:エンドユーザー別(犬、猫、その他) ・ペット用家具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ …
  • 世界の産業用パネルPC市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用パネルPC市場2015について調査・分析し、産業用パネルPCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • MRIシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MRIシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MRIシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂質異常症治療薬の世界市場予測・分析
  • チェコの関節鏡検査装置市場見通し
  • アブサンの世界市場:種類別(アブサンブランシュ、アブサンアンバー、アブサンヴェルテ、アブサンオーディネール、アブサンレヴェパスティス、アブサンボヘミアン、アブサンリキュール、プレミアムアブサン)、用途別(食品&飲料産業、化粧品産業、医療産業)
    本調査レポートでは、アブサンの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(アブサンブランシュ、アブサンアンバー、アブサンヴェルテ、アブサンオーディネール、アブサンレヴェパスティス、アブサンボヘミアン、アブサンリキュール、プレミアムアブサン)分析、用途別(食品&飲料産業、化粧品産業、医療産業)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・アブサンの世界市場:種類別(アブサンブランシュ、アブサンアンバー、アブサンヴェルテ、アブサンオーディネール、アブサンレヴェパスティス、アブサンボヘミアン、アブサンリキュール、プレミアムアブサン) ・アブサンの世界市場:用途別(食品&飲料産業、化粧品産業、医療産業) ・アブサンの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のCNC旋盤市場2015
    本調査レポートでは、世界のCNC旋盤市場2015について調査・分析し、CNC旋盤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエーテルアミンの世界市場予測(~2022年):モノアミン、ジアミン、トリアミン
    当調査レポートでは、ポリエーテルアミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ポリエーテルアミンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用保護手袋の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用保護手袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用保護手袋の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 温水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、温水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温水器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は温水器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• A.O.Smith• Bradford White• GENERAL ELECTRIC• Rheem Manufacturing Company等です。
  • ケーブル管理システムの世界市場
    当調査レポートでは、ケーブル管理システムの世界市場について調査・分析し、ケーブル管理システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 導電性インクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、導電性インクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、導電性インクの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シークエンシング (NGS)の世界市場:エンドユーズ別、技術別、製品・サービス別、用途別、ワークフロー別、地域別
    本調査レポートでは、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場について調査・分析し、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場動向、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シークエンシング (NGS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データセンターセキュリティの世界市場
    当調査レポートでは、データセンターセキュリティの世界市場について調査・分析し、データセンターセキュリティの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界主要国における婦人科治療用内診台市場2018-2023
    本調査レポートでは、婦人科治療用内診台の世界市場について調査・分析し、婦人科治療用内診台の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ハイブリッド型内診台、検診台)、用途別市場規模(病院、通院外科診療所、健診センター、急患センター、診療所)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、婦人科治療用内診台の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・婦人科治療用内診台の世界市場概要 ・婦人科治療用内診台の企業別市場シェア ・婦人科治療用内診台の地域別市場規模 ・婦人科治療用内診台の種類別市場規模(ハイブリッド型内診台、検診台) ・婦人科治療用内診台の用途別市場規模(病院、通院外科診療所、健診センター、急患センター、診療所) ・婦人科治療用内診台の主要企業分析 ・婦人科治療用内診台の北米市場規模 ・婦人科治療用内診台の米国市場規模 ・婦人科治療用内 …
  • タイのアクリル酸市場(~2019)
  • ドイツの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 世界の気管内チューブ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、気管内チューブのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・気管内チューブの概要 ・気管内チューブの開発動向:開発段階別分析 ・気管内チューブの開発動向:セグメント別分析 ・気管内チューブの開発動向:領域別分析 ・気管内チューブの開発動向:規制Path別分析 ・気管内チューブの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別気管内チューブの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・気管内チューブの最近動向
  • 世界及び日本のヒアラブルデバイス市場2017-2022
  • 航空機シート用装飾材料の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機シート用装飾材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(レザー、ビニール、布)分析、シートカバー種類別(ヘッドレスト、アームレスト)分析、シート種類別(ファースト、ビジネス、プレミアム、エコノミー)分析、航空機種類別(コマーシャル、ビジネスジェット、ヘリコプター)分析、航空機シート用装飾材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機シート用装飾材料の世界市場規模が2019年12億ドルから2025年18億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
  • 転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)の概要 ・転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)治療薬 …
  • 本態性振戦(Essential Tremor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における本態性振戦(Essential Tremor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、本態性振戦(Essential Tremor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・本態性振戦(Essential Tremor)の概要 ・本態性振戦(Essential Tremor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の本態性振戦(Essential Tremor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・本態性振戦(Essential Tremor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 医薬品倉庫の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医薬品倉庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、医薬品倉庫の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スイスの外傷固定装置市場見通し
  • フレキシブルエレクトロニクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フレキシブルエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブルエレクトロニクス市場規模、コンポーネント別(フレキシブルバッテリー、フレキシブルメモリ、フレキシブルディスプレイ、フレキシブルセンサー)分析、回路構造別(硬質フレックス、両面フレックス、片面フレックス、ダブルアクセスフレックス、その他)分析、用途別(自動車、エネルギー・電力、センシング、家電、防衛・航空、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:市場動向分析 ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:競争要因分析 ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:コンポーネント別(フレキシブルバッテリー、フレキシブルメモリ、フレキシブルディスプレイ、フレキシブルセンサー) ・ フレキシブルエレクトロニクスの世界市場:回路構造別(硬質フレックス、両面フレックス、片面フレックス、ダブルアクセスフレックス、 …
  • マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオコンポジットの世界市場:繊維別(木質繊維、非木質繊維)、ポリマー別(合成、天然)、製品別(ハイブリッド、グリーン)、需要先別、地域別予測
    本資料は、バイオコンポジットの世界市場について調べ、バイオコンポジットの世界規模、市場動向、市場環境、繊維別(木質繊維、非木質繊維)分析、ポリマー別(合成、天然)分析、製品別(ハイブリッド、グリーン)分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオコンポジットの世界市場概要 ・バイオコンポジットの世界市場環境 ・バイオコンポジットの世界市場動向 ・バイオコンポジットの世界市場規模 ・バイオコンポジットの世界市場規模:繊維別(木質繊維、非木質繊維) ・バイオコンポジットの世界市場規模:ポリマー別(合成、天然) ・バイオコンポジットの世界市場規模:製品別(ハイブリッド、グリーン) ・バイオコンポジットの世界市場規模:需要先別 ・バイオコンポジットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオコンポジットの北米市場規模・予測 ・バイオコンポジットのアメリカ市場規模・予測 ・バイオコンポジットのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオコンポジットのア …
  • 中国のプラスチック軸受市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック軸受市場2015について調査・分析し、プラスチック軸受の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場予測(~2023年)
    排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場は、2018年の54億米ドルから2023年には81億米ドルに達し、この期間中8.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、厳しい環境規制の実施、およびブライン濃縮液の水流への処分に対する懸念の高まりなどが考えられます。一方で、システムの設置と運用にはコストがかかるため、市場の成長は制限されると予測されます。当調査レポートでは、排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、システム(従来型、ハイブリッド型)分析、プロセス(前処理、ろ過、蒸発・結晶化)分析、最終用途産業(エネルギー・電力、化学品・石油化学製品、食品・飲料)分析、排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)、地域別予測
    本資料は、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調べ、創傷ケア用生物製剤の世界規模、市場動向、市場環境、創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創傷ケア用生物製剤の世界市場概要 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場環境 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場動向 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・創傷ケア用生物製剤の北米市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアメリカ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアジア市場規模・予測 ・創傷ケ …
  • 食品トレーサビリティの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品トレーサビリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品トレーサビリティ市場規模、技術別(赤外線、バイオメトリクス、全地球測位システム(GPS)、無線ID(RFID)、バーコード、近距離無線通信(NFC))分析、機器別(2D・1Dスキャナー、センサー、タグ・ラベル、サーマルプリンター、その他)分析、エンドユーザー別(倉庫、政府の行政省庁、製造、小売、農家、防衛・セキュリティ部門、その他)分析、用途別(シーフード製品、生鮮食品・種子、飲料製品、肉・家禽)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品トレーサビリティの世界市場:市場動向分析 ・ 食品トレーサビリティの世界市場:競争要因分析 ・ 食品トレーサビリティの世界市場:技術別(赤外線、バイオメトリクス、全地球測位システム(GPS)、無線ID(RFID)、バーコード、近距離無線通信(NFC)) ・ 食品トレーサビリティの世界市場:機器別(2D・1Dスキャナー、セ …
  • バイオ系建築用ポリマーの世界市場分析:製品別(セルロースアセテート、エポキシ、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリウレタン)、用途別(パイプ、外郭、断熱)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオ系建築用ポリマーの世界市場について調査・分析し、バイオ系建築用ポリマーの世界市場動向、バイオ系建築用ポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系建築用ポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界無線通信会議(WRC-15)の主要成果
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"