"水処理用化学製品の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21633)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"水処理用化学製品の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Water Treatment Chemicals

Water treatment chemicals (WTCs) are used to remove solid particles, toxic substances, and organic and inorganic contaminants from polluted water to get clean and safe water for industrial and domestic purposes.

Technavio’s analysts forecast the global water treatment chemicals market to grow at a CAGR of 7.01% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global water treatment chemicals market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Water Treatment Chemicals Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Akzo Nobel
• Arkema
• BASF
• Ecolab
• Kemira
• SUEZ

Market driver
• Rapid urbanization and rise in population
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Impact of untreated wastewater and problem of sludge disposal
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Technological advances in water purification
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"水処理用化学製品の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Municipality water treatment – Market size and forecast 2017-2022
• Power generation – Market size and forecast 2017-2022
• Pulp and paper – Market size and forecast 2017-2022
• Metal and mining – Market size and forecast 2017-2022
• Oil and gas – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Segmentation by type
• Comparison by type
• Coagulants and flocculants – Market size and forecast 2017-2022
• Corrosion and scale inhibitors – Market size and forecast 2017-2022
• Biocides – Market size and forecast 2017-2022
• pH adjusters – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by type
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• Technological advances in water purification
• Use of green chemicals in wastewater treatment
• Increasing industrial adoption of zero-liquid discharge
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Akzo Nobel
• Arkema
• BASF
• Ecolab
• Kemira
• SUEZ
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global specialty chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global water treatment chemicals market – Market size and forecast 2017-2022 ($ million)
Exhibit 09: Global water treatment chemicals market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Municipality water treatment – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 21: Municipality water treatment – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Power generation – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 23: Power generation – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Pulp and paper – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 25: Pulp and paper – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Metal and mining – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 27: Metal and mining – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Oil and gas – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 29: Oil and gas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 31: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Market opportunity by application
Exhibit 33: Type – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 34: Comparison by type
Exhibit 35: Coagulants and flocculants – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 36: Coagulants and flocculants – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Corrosion and scale inhibitors – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 38: Corrosion and scale inhibitors – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Biocides – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 40: Biocides – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 41: pH adjusters – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 42: pH adjusters – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 43: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 44: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 45: Market opportunity by type
Exhibit 46: Customer landscape
Exhibit 47: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 48: Regional comparison
Exhibit 49: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 50: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 51: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ millions)
Exhibit 52: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 53: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ million)
Exhibit 54: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 55: Key leading countries
Exhibit 56: Market opportunity
Exhibit 57: Vendor landscape
Exhibit 58: Landscape disruption
Exhibit 59: Vendors covered
Exhibit 60: Vendor classification
Exhibit 61: Market positioning of vendors
Exhibit 62: Vendor overview
Exhibit 63: Akzo Nobel – Business segments
Exhibit 64: Akzo Nobel – Organizational developments
Exhibit 65: Akzo Nobel – Geographic focus
Exhibit 66: Akzo Nobel – Segment focus
Exhibit 67: Akzo Nobel – Key offerings
Exhibit 68: Vendor overview
Exhibit 69: Arkema – Business segments
Exhibit 70: Arkema – Organizational developments
Exhibit 71: Arkema – Geographic focus
Exhibit 72: Arkema – Segment focus
Exhibit 73: Arkema – Key offerings
Exhibit 74: Vendor overview
Exhibit 75: BASF – Business segments
Exhibit 76: BASF – Organizational developments
Exhibit 77: BASF – Geographic focus
Exhibit 78: BASF – Segment focus
Exhibit 79: BASF – Key offerings
Exhibit 80: Vendor overview
Exhibit 81: Ecolab – Business segments
Exhibit 82: Ecolab – Organizational developments
Exhibit 83: Ecolab – Geographic focus
Exhibit 84: Ecolab – Segment focus
Exhibit 85: Ecolab – Key offerings
Exhibit 86: Vendor overview
Exhibit 87: Kemira – Business segments
Exhibit 88: Kemira – Organizational developments
Exhibit 89: Kemira – Geographic focus
Exhibit 90: Kemira – Segment focus
Exhibit 91: Kemira – Key offerings
Exhibit 92: Vendor overview
Exhibit 93: SUEZ – Business segments
Exhibit 94: SUEZ – Organizational developments
Exhibit 95: SUEZ – Geographic focus
Exhibit 96: SUEZ – Segment focus
Exhibit 97: SUEZ – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】水処理用化学製品の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月18日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21633
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
水処理用化学製品の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • トルクメニスタンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • コネクティッドカーの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、コネクティッドカーの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・コネクティッドカーの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・コネクティッドカーの世界市場:ソリューション別市場分析 ・コネクティッドカーの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 幹細胞の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、幹細胞の世界市場について調査・分析し、幹細胞の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 健康・ウェルネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、健康・ウェルネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、健康・ウェルネス市場規模、製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・健康・ウェルネスの世界市場概要 ・健康・ウェルネスの世界市場環境 ・健康・ウェルネスの世界市場動向 ・健康・ウェルネスの世界市場規模 ・健康・ウェルネスの世界市場:業界構造分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品) ・健康・ウェルネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・健康・ウェルネスのアメリカ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのアジア市場規模・予測 ・健康・ウェルネスの主要国分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:意思決定フレームワーク ・健康・ウェ …
  • 細胞単離/細胞分離の世界市場予測(~2024年)
    細胞単離/細胞分離の世界市場は、2019年の59億米ドルから2024年には130億米ドルに達し、この期間中17.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がんや感染症を患っている患者数の増加、細胞ベースの研究への政府の資金援助の増加、技術の進歩、個別化医療への注目の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、細胞単離/細胞分離の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(試薬、ビーズ、遠心分離)分析、細胞のタイプ(ヒト、動物)分析、細胞源(骨髄、脂肪)分析、技術(ろ過)分析、細胞単離/細胞分離の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先端巨大症(Acromegaly):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における先端巨大症(Acromegaly)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、先端巨大症(Acromegaly)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・先端巨大症(Acromegaly)の概要 ・先端巨大症(Acromegaly)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の先端巨大症(Acromegaly)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・先端巨大症(Acromegaly)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・先 …
  • 生物肥料(バイオ肥料)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、生物肥料(バイオ肥料)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、微生物別分析、用途別分析、作物別分析、生物肥料(バイオ肥料)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワーク分析ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネットワーク分析ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワーク分析ソリューションの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エラストマーの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、エラストマーの世界市場について調査・分析し、エラストマーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・エラストマーの世界市場:市場動向分析 ・エラストマーの世界市場:競争要因分析 ・エラストマーの世界市場:製品別分析/市場規模 ・エラストマーの世界市場:用途別分析/市場規模 ・エラストマーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・エラストマーの北米市場規模 ・エラストマーの欧州市場規模 ・エラストマーのアジア市場規模 ・エラストマーの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • サウンドバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、サウンドバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サウンドバーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ゴム手袋の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ゴム手袋の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴム手袋市場規模、種類別(粉無し、粉付き)分析、グレード別(工業用、医療用)分析、材料別(合成、天然、その他)分析、エンドユーザー別(化学、建設、食品加工、医療、石油・ガス、自動車、家庭、工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ゴム手袋の世界市場:市場動向分析 ・ ゴム手袋の世界市場:競争要因分析 ・ ゴム手袋の世界市場:種類別(粉無し、粉付き) ・ ゴム手袋の世界市場:グレード別(工業用、医療用) ・ ゴム手袋の世界市場:材料別(合成、天然、その他) ・ ゴム手袋の世界市場:エンドユーザー別(化学、建設、食品加工、医療、石油・ガス、自動車、家庭、工業、その他) ・ ゴム手袋の世界市場:主要地域別分析 ・ ゴム手袋の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ゴム手袋のヨーロッパ市場規模 ・ ゴム手袋のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ゴム手袋の …
  • 薬局オートメーションの世界市場予測(~2022年):薬剤分注装置、包装・ラベル装置、計数装置、保管装置
    当調査レポートでは、薬局オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別分析、包装別分析、需要先別分析、地域別分析、薬局オートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場:指紋認証、音声認証、顔認証
    当調査レポートでは、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • DIY電動工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、DIY電動工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DIY電動工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 DIY電動工具を使うことにより、簡単、そして便利に作業を行うことができます。電動工具には、エンジン駆動、電動、空気圧によるものの3つのタイプがあります。これらの道具を使い、ねじ回し、穴あけ、穴掘り、磨きなどをすることができます。Technavio社はDIY電動工具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Makita• Robert Bosch Tools• Stanley Black & Decker• Techtronic Industries等です。
  • 世界のジグソーパズル市場2016
    本調査レポートでは、世界のジグソーパズル市場2016について調査・分析し、ジグソーパズルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の概要 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界主要国におけるリップスティックパッケージング市場2018-2023
    本調査レポートでは、リップスティックパッケージングの世界市場について調査・分析し、リップスティックパッケージングの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(プラスチックパッケージ、金属パッケージ、その他)、用途別市場規模(高級品、一般的な商品)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、リップスティックパッケージングの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・リップスティックパッケージングの世界市場概要 ・リップスティックパッケージングの企業別市場シェア ・リップスティックパッケージングの地域別市場規模 ・リップスティックパッケージングの種類別市場規模(プラスチックパッケージ、金属パッケージ、その他) ・リップスティックパッケージングの用途別市場規模(高級品、一般的な商品) ・リップスティックパッケージングの主要企業分析 ・リップスティッ …
  • 世界の酸化スカンジウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化スカンジウム市場2015について調査・分析し、酸化スカンジウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用アルミニウムの世界市場予測(~2026):製品形態別(鋳造アルミニウム、圧延アルミニウム、押出アルミニウム)、用途別(伝動機構、車台・車体懸架装置、車体)、車両種類別(乗用車、小型商用車、重型商用車)、地域別
    当調査レポートでは、自動車用アルミニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品形態別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、自動車用アルミニウムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 結腸鏡検査の世界市場:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)、地域別予測
    本資料は、結腸鏡検査の世界市場について調べ、結腸鏡検査の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)分析、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・結腸鏡検査の世界市場概要 ・結腸鏡検査の世界市場環境 ・結腸鏡検査の世界市場動向 ・結腸鏡検査の世界市場規模 ・結腸鏡検査の世界市場規模:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査) ・結腸鏡検査の世界市場規模:用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他) ・結腸鏡検査の世界市場規模:エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所) ・結腸鏡検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結腸鏡検査の北米市場規模・予測 ・結腸鏡検査のアメリカ市場規模・予測 ・結腸鏡検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・結腸鏡検査 …
  • 産業用バイオマスボイラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用バイオマスボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用バイオマスボイラーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 動物用医療診断の世界市場:装置、消耗品、サービス
    当調査レポートでは、動物用医療診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、動物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子タバコの世界市場:製品別(充電式、モジュラー式、使い捨て)、販売チャネル別(小売、オンライン)、コンポーネント別、セグメント予測
    電子タバコの世界市場は2025年には471億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率23.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、若者の間で電子タバコ人気が急上昇していることが考えられます。本調査レポートでは、電子タバコの世界市場について調査・分析し、電子タバコの世界市場動向、電子タバコの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子タバコ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フロアー・パッドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フロアー・パッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フロアー・パッドの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • タイの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール(NVDIMM)の世界市場2016-2020: NVDIMM-N、NVDIMM-F
    当調査レポートでは、不揮発性デュアルインラインメモリモジュール(NVDIMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、不揮発性デュアルインラインメモリモジュール(NVDIMM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脳型コンピューティングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、脳型コンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、提供形態別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、脳型コンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大腸菌(E. Coli)検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大腸菌(E. Coli)検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大腸菌(E. Coli)検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウド・エンジニアリングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、クラウド・エンジニアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、サービス種類別分析、サービスモデル別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド・エンジニアリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 慣性計測装置(IMU)の世界市場予測(~2022年):船舶、ナビゲーション、軍事、宇宙、商用
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、慣性計測装置(IMU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、慣性計測装置(IMU)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 前立腺がん診断の世界市場:タイプ別(予備検査、確認検査)、セグメント予測
    前立腺がん診断の世界市場は2025年には55億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、前立腺がんの罹患率の上昇、絶え間ない診断技術の進歩およびそれに関する意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、前立腺がん診断の世界市場について調査・分析し、前立腺がん診断の世界市場動向、前立腺がん診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別前立腺がん診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のDAB染色溶液市場2016
    本調査レポートでは、世界のDAB染色溶液市場2016について調査・分析し、DAB染色溶液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学療法誘発性末梢神経障害:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性末梢神経障害の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性末梢神経障害治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性末梢神経障害の概要 ・化学療法誘発性末梢神経障害の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性末梢神経障害治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性末梢神経障害治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化学療法誘発性末梢神経障害治療薬開発に取り組んでい …
  • タイの市場見通し(~2021年)
  • 熱電発電機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、熱電発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱電発電機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は熱電発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alphabet Energy• Ferrotec Corporation• Gentherm Global Power Technologies (GPT)等です。
  • 計器用変成器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、計器用変成器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、計器用変成器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプロジェクターの世界市場予測2019-2024
    「3Dプロジェクターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、DLPプロジェクター、LCDプロジェクターなど、用途別には、Household Use、Educational Use、Business Use、Engineering Useなどに区分してまとめた調査レポートです。3Dプロジェクターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3Dプロジェクターの世界市場概要(サマリー) ・3Dプロジェクターの企業別販売量・売上 ・3Dプロジェクターの企業別市場シェア ・3Dプロジェクターの世界市場規模:種類別(DLPプロジェクター、LCDプロジェクター) ・3Dプロジェクターの世界市場規模:用途別(Household Use、Educational Use、Business Use、Engineering Use) ・3Dプロジェクターの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・3Dプロジェクターのアジア市場規模(日本 …
  • ウェアラブル・リストバンドの世界市場:スマートウォッチ、フィットネスバンド
    当調査レポートでは、ウェアラブル・リストバンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブル・リストバンドの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場について調査・分析し、航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場:セグメント別市場分析 ・航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 人工心臓弁(生体弁)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、人工心臓弁(生体弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工心臓弁(生体弁)の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メンブレン式ドライヤーの世界市場分析:製品別(多孔質、非多孔質)、用途別(食品・飲料、医療、産業、電子/半導体、通信)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、メンブレン式ドライヤーの世界市場について調査・分析し、メンブレン式ドライヤーの世界市場動向、メンブレン式ドライヤーの世界市場規模、市場予測、セグメント別メンブレン式ドライヤー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 奥行き感知の世界市場予測(~2023年):ステレオビジョン、立体照明、TOF
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、奥行き感知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術(ステレオビジョン、立体照明、TOF)別分析、産業別分析、地域別分析、奥行き感知の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • GM-CSF阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGM-CSF阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GM-CSF阻害薬の概要 ・GM-CSF阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のGM-CSF阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GM-CSF阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GM-CSF阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 航空機座席作動システムの世界市場分析:乗客クラス別(エコノミー、エコノミープラス、ビジネス、ファーストクラス)、機構別(直線型、回転型)、アクチュエータータイプ別(電気機械式、その他)、2024年までに6億5659万米ドルに到達すると予想される
    本調査レポートでは、航空機座席作動システムの世界市場について調査・分析し、航空機座席作動システムの世界市場動向、航空機座席作動システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別航空機座席作動システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フィリピンの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界及び米国の防音ドア市場2017-2022
  • 2-メタクリル酸の世界市場予測2019-2024
    「2-メタクリル酸の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、アセトンシアノヒドリン法、イソブチレン酸化法など、用途別には、Ester Synthesis、Coating Field、Adhesive Field、Textile Field、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。2-メタクリル酸のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2-メタクリル酸の世界市場概要(サマリー) ・2-メタクリル酸の企業別販売量・売上 ・2-メタクリル酸の企業別市場シェア ・2-メタクリル酸の世界市場規模:種類別(アセトンシアノヒドリン法、イソブチレン酸化法) ・2-メタクリル酸の世界市場規模:用途別(Ester Synthesis、Coating Field、Adhesive Field、Textile Field、Others) ・2-メタクリル酸の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・2-メタクリル酸のアジア …
  • 水路測量装置の世界市場予測(~2022年):センシングシステム、ポジショニングシステム、海底センサー、無人車両、ソフトウェア
    当調査レポートでは、水路測量装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、水路測量装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミ合金オートホイールの世界市場予測2019-2024
    「アルミ合金オートホイールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、 鋳造、鍛造、その他など、用途別には、Passenger Vehicle、Commercial Vehicleなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミ合金オートホイールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミ合金オートホイールの世界市場概要(サマリー) ・アルミ合金オートホイールの企業別販売量・売上 ・アルミ合金オートホイールの企業別市場シェア ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:種類別( 鋳造、鍛造、その他) ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:用途別(Passenger Vehicle、Commercial Vehicle) ・アルミ合金オートホイールの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミ合金オートホイールのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミ合金オートホイールの欧州市場規 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"