"繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21571)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Fiber Reinforced Polymer (FRP) Composites

A fiber reinforced polymer (FRP) composite material comprises reinforcing fibers in a polymer matrix. These fibers can be fabric, mat, or strands.

Technavio’s analysts forecast the global fiber reinforced polymer (FRP) composites market to grow at a CAGR of 10.09% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global fiber reinforced polymer (FRP) composites market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Fiber Reinforced Polymer (FRP) Composites Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Aegion Corporation
• B&B FRP MANUFACTURING
• DowAksa
• Koninklijke Ten Cate
• SGL Group

Market driver
• Growth in the automotive sector
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• High cost of production
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Increasing popularity of bio-based FRP
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Automotive – Market size and forecast 2017-2022
• Construction – Market size and forecast 2017-2022
• Electronics – Market size and forecast 2017-2022
• Defense – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Segmentation by type
• Comparison by type
• Glass FRP – Market size and forecast 2017-2022
• Carbon FRP – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by type
PART 09: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 10: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 11: DECISION FRAMEWORK
PART 12: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 13: MARKET TRENDS
• Increasing popularity of bio-based FRP
• Rising use of FRP in the automotive industry
• Emergence of hybrid FRP bars
PART 14: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 15: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Aegion Corporation
• B&B FRP MANUFACTURING
• DowAksa
• Koninklijke Ten Cate
• Mitsubishi Chemical Corporation
• SGL Group
PART 16: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market: Global polymer market
Exhibit 02: Segments of global polymer market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global FRP composites market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global FRP composites market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Automotive – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 21: Automotive – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Construction – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Construction – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Electronics – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 25: Electronics – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Defense – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 27: Defense – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 29: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Market opportunity by application
Exhibit 31: Type – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 32: Comparison by type
Exhibit 33: Glass FRP – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 34: Glass FRP – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Carbon FRP – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 36: Carbon FRP – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 38: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: Market opportunity by type
Exhibit 40: Customer landscape
Exhibit 41: Global FRP composites market – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 42: Regional comparison
Exhibit 43: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 44: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 45: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 46: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 47: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 48: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 49: Key leading countries
Exhibit 50: Market opportunity
Exhibit 51: Vendor landscape
Exhibit 52: Landscape disruption
Exhibit 53: Vendors covered
Exhibit 54: Vendor classification
Exhibit 55: Market positioning of vendors
Exhibit 56: Vendor overview – Aegion Corporation
Exhibit 57: Aegion Corporation – Business segments
Exhibit 58: Aegion Corporation – Organizational developments
Exhibit 59: Aegion Corporation – Geographic focus
Exhibit 60: Aegion Corporation – Segment focus
Exhibit 61: Aegion Corporation – Key offerings
Exhibit 62: Vendor overview – B&B FRP MANUFACTURING
Exhibit 63: FRP MANUFACTURING – Organizational developments
Exhibit 64: B&B FRP MANUFACTURING – Key offerings
Exhibit 65: Vendor overview – DowAksa
Exhibit 66: DowAksa – Organizational developments
Exhibit 67: DowAksa – Key offerings
Exhibit 68: Vendor overview – Koninklijke Ten Cate
Exhibit 69: Koninklijke Ten Cate – Business segments
Exhibit 70: Koninklijke Ten Cate – Organizational developments
Exhibit 71: Koninklijke Ten Cate – Geographic focus
Exhibit 72: Koninklijke Ten Cate – Segment focus
Exhibit 73: Koninklijke Ten Cate – Key offerings
Exhibit 74: Vendor overview – Mitsubishi Chemical Corporation
Exhibit 75: Mitsubishi Chemical Corporation – Business segments
Exhibit 76: Mitsubishi Chemical Corporation – Organizational developments
Exhibit 77: Mitsubishi Chemical Corporation – Key offerings
Exhibit 78: Vendor overview – SGL Group
Exhibit 79: SGL Group – Business segments
Exhibit 80: SGL Group – Organizational developments
Exhibit 81: SGL Group – Geographic focus
Exhibit 82: SGL Group – Segment focus
Exhibit 83: SGL Group – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月28日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21571
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学・材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の可塑剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の可塑剤市場2015について調査・分析し、可塑剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 砂糖と甘味料の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、砂糖と甘味料の世界市場について調査・分析し、砂糖と甘味料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 砂糖と甘味料の世界市場:市場動向分析 - 砂糖と甘味料の世界市場:競争要因分析 - 砂糖と甘味料の世界市場:製品の種類別 ・糖アルコール ・非栄養甘味料 ・その他 - 砂糖と甘味料の世界市場:用途別 ・飲料 ・卓上甘味料 ・焼いた食品 ・冷凍デザート ・菓子 ・その他 - 砂糖と甘味料の世界市場:主要地域別分析 - 砂糖と甘味料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 砂糖と甘味料のヨーロッパ市場規模 - 砂糖と甘味料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・砂糖と甘味料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 肝炎(Hepatitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝炎(Hepatitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝炎(Hepatitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝炎(Hepatitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肝炎(Hepatitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肝炎(Hepatitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肝炎(Hepatitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肝炎(Hepatitis)治療薬剤
  • 携帯型クーラーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、携帯型クーラーの世界市場について調べ、携帯型クーラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、携帯型クーラーの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は携帯型クーラーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均14%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・携帯型クーラーの市場状況 ・携帯型クーラーの市場規模 ・携帯型クーラーの市場予測 ・携帯型クーラーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・携帯型クーラーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向 …
  • 建設用リフトの世界市場
    当調査レポートでは、建設用リフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用リフトの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トラック用アクスルの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、トラック用アクスルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トラック用アクスル市場規模、用途別(小型トラック、大型トラック、中型トラック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トラック用アクスルの世界市場概要 ・トラック用アクスルの世界市場環境 ・トラック用アクスルの世界市場動向 ・トラック用アクスルの世界市場規模 ・トラック用アクスルの世界市場:業界構造分析 ・トラック用アクスルの世界市場:用途別(小型トラック、大型トラック、中型トラック) ・トラック用アクスルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トラック用アクスルの北米市場規模・予測 ・トラック用アクスルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・トラック用アクスルのアジア太平洋市場規模・予測 ・トラック用アクスルの主要国分析 ・トラック用アクスルの世界市場:成長要因、課題 ・トラック用アクスルの世界市場:競争環境 ・トラック用アクスルの世界市場:関連企業情報 …
  • 世界の固体薄膜電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の固体薄膜電池市場2015について調査・分析し、固体薄膜電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)のフェーズ3治験薬の状況 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の市場規模(販売予測) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬剤
  • ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)の概要 ・ホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のホルモン不応性乳がん(Hormone Refractory Breast Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分 …
  • 有機肥料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、有機肥料の世界市場について調査・分析し、有機肥料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・有機肥料の世界市場規模:形状別分析 ・有機肥料の世界市場規模:原材料種類別分析 ・有機肥料の世界市場規模:資源別分析 ・有機肥料の世界市場規模:作物種類別分析 ・有機肥料の世界市場規模:用途別分析 ・有機肥料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 網膜症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、網膜症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、疾患概要、網膜症治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 眼病の大半は、治療が不要か最小限で済む軽微なものですが、中には専門医による治療が必要なものもあり、放置しておけば失明につながる恐れもあります。具体的には、網膜症や緑内障、ドライアイ、目の感染症/炎症、アレルギー性疾患などが挙げられます。特に網膜疾患向け治療薬は、眼病治療薬市場で最大のシェアを占めていますTechnavio社は網膜症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.1166成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bayer• F. Hoffmann-La Roche• Novartis• Regeneron等です。
  • ビル・オートメーションの世界市場
    当調査レポートでは、ビル・オートメーションの世界市場について調査・分析し、ビル・オートメーションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ビル・オートメーションの世界市場:市場動向分析 - ビル・オートメーションの世界市場:競争要因分析 - ビル・オートメーションの世界市場:用途別 ・商業用 ・産業用 ・住居用 ・その他 - ビル・オートメーションの世界市場:製品別 ・空調制御 ・安全&アクセス制御 ・照明制御 ・BACS(ビル・オートメーション制御)サービス ・ビル・エネルギー管理ソフトウェア ・防火システム ・火災報知器 ・非常用照明、音声避難指示、公的な警報 ・火災用スプリンクラー ・その他 - ビル・オートメーションの世界市場:主要地域別分析 - ビル・オートメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) - ビル・オートメーションのヨーロッパ市場規模 - ビル・オートメーションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ビル・オートメーションの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の自動車PCVバルブ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車PCVバルブ市場2016について調査・分析し、自動車PCVバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの股関節置換処置動向(~2021)
  • インドの真空掃除機市場(~2020)
  • 世界のトレッドミルエルゴメーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のトレッドミルエルゴメーター市場2015について調査・分析し、トレッドミルエルゴメーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の糖尿病性神経因性疼痛 (Diabetic Neuropathic Pain)治療薬剤
  • 超音波洗浄機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波洗浄機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波洗浄機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセットトップボックス市場規模・予測2017-2025:商品別(OTT、DTT、サテライト、IPTV・ハイブリッド)、コンテンツ別(UHD、HD・SD)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のセットトップボックス市場について調査・分析し、世界のセットトップボックス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のセットトップボックス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)HIV検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, BD, bioMérieux, Danaher, F. Hoffmann-La Rocheなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)HIV検査の北米市場規模・予測 ・ポイントオブ …
  • ポリエステルポリオールの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ポリエステルポリオールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエステルポリオールの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポリエステルポリオールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Huntsman International、INVISTA、Purinova、SEHOTECH、Stepan Company等です。
  • 高圧粉砕ローラーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高圧粉砕ローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧粉砕ローラーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧粉砕ローラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、FLSmidth、Metso、The Koppen Group、The Weir Group等です。
  • 歯切り盤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歯切り盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯切り盤の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アミノ酸の世界市場
    当調査レポートでは、アミノ酸の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アミノ酸の世界市場:製品別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:用途別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:地域別分析/市場規模 ・アミノ酸のアメリカ市場規模予測 ・アミノ酸のヨーロッパ市場規模予測 ・アミノ酸のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 航空機用シートの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、航空機用シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、航空機種類別分析、シート種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、航空機用シートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトセメントの世界市場:種類別(ホワイトポートランドセメント、ホワイトメーソンリーセメント、その他)、エンドユーズ別(住宅、商業、産業)
    本資料は、ホワイトセメントの世界市場について調べ、ホワイトセメントの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(ホワイトポートランドセメント、ホワイトメーソンリーセメント、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホワイトセメントの世界市場概要 ・ホワイトセメントの世界市場環境 ・ホワイトセメントの世界市場動向 ・ホワイトセメントの世界市場規模 ・ホワイトセメントの世界市場:市場シェア ・ホワイトセメントの世界市場:種類別(ホワイトポートランドセメント、ホワイトメーソンリーセメント、その他) ・ホワイトセメントの世界市場:エンドユーズ別(住宅、商業、産業) ・ホワイトセメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホワイトセメントの北米市場規模・予測 ・ホワイトセメントのアメリカ市場規模・予測 ・ホワイトセメントのヨーロッパ市場規模・予測 ・ホワイトセメントのアジア市場規模・予測 ・ホワイトセメントの日本市場規模・予測 ・ホワイトセメン …
  • 世界の臭化メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界の臭化メチル市場2015について調査・分析し、臭化メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 菌血症(Bacteremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、菌血症(Bacteremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・菌血症(Bacteremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・菌血症(Bacteremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・菌血症(Bacteremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・菌血症(Bacteremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・菌血症(Bacteremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の菌血症(Bacteremia)治療薬剤
  • ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場:鼠径ヘルニア、 瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア、へそヘルニア
    当調査レポートでは、ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ヘルニア種類別分析、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の核酸抽出装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の核酸抽出装置市場2015について調査・分析し、核酸抽出装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カオリン採鉱の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カオリン採鉱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カオリン採鉱の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、精密養殖の世界市場規模が2019年398百万ドルから2024年764百万ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の精密養殖市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他)分析、用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の精密養殖市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界の精密養殖市場:システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他) ・世界の精密養殖市場:用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他) ・世界の精密養殖市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 感圧接着剤の東南アジア・中東市場:構成別、種類別、用途別、エンドユーズ産業別
  • 胃部・食道胃接合部腺癌市場:現在・未来プレイヤー
  • 金属製吊り天井の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、金属製吊り天井の世界市場について調査・分析し、金属製吊り天井の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別金属製吊り天井シェア、市場規模推移、市場規模予測、金属製吊り天井種類別分析()、金属製吊り天井用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・金属製吊り天井の市場概観 ・金属製吊り天井のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・金属製吊り天井のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・金属製吊り天井の世界市場規模 ・金属製吊り天井の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・金属製吊り天井のアメリカ市場規模推移 ・金属製吊り天井のカナダ市場規模推移 ・金属製吊り天井のメキシコ市場規模推移 ・金属製吊り天井のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・金属製吊り天井のドイツ市場規模推移 ・金属製吊り天井のイギリス市場規模推移 ・金属製吊り天井のロシア市場規模推移 ・金属製吊り天井のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界の人工神経市場2015
    本調査レポートでは、世界の人工神経市場2015について調査・分析し、人工神経の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 卵巣がん(Ovarian Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、卵巣がん(Ovarian Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・卵巣がん(Ovarian Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・卵巣がん(Ovarian Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・卵巣がん(Ovarian Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・卵巣がん(Ovarian Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・卵巣がん(Ovarian Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の卵巣がん(Ovarian Cancer)治療薬剤
  • ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場見通し2016-2022:産業用協調ロボット、サービスロボット
    当調査レポートでは、ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場について調査・分析し、ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:市場動向分析 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:競争要因分析 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:プラットフォーム別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の北米市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の欧州市場規模 ・ロボットによるモノのインター …
  • 線量測定器の世界市場
    当調査レポートでは、線量測定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、線量測定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 補聴器の世界市場2016-2020:聴覚補正器、植え込み型補聴器
    当調査レポートでは、補聴器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、補聴器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊黒鉛市場2016
    本調査レポートでは、世界の特殊黒鉛市場2016について調査・分析し、特殊黒鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ドライバーモニタリングシステムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ドライバーモニタリングシステムの世界市場について調べ、自動車用ドライバーモニタリングシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ドライバーモニタリングシステムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ドライバー状態監視、ドライバー健康監視)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ドライバーモニタリングシステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ドライバーモニタリングシステムの市場状況 ・自動車用ドライバーモニタリングシステムの市場規模 ・自動車用ドライバーモニタリングシステムの市場予測 ・自動車用ドライバーモニタリングシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(ドライバー状態監視、ドライバー健康監視) ・自動車用ドライバーモニタリングシステムの顧客状況 ・主要 …
  • 血小板由来増殖因子B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血小板由来増殖因子B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血小板由来増殖因子B阻害剤の概要 ・血小板由来増殖因子B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血小板由来増殖因子B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血小板由来増殖因子B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血小板由来増殖因子B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スクレロチン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクレロチン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクレロチン阻害剤の概要 ・スクレロチン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクレロチン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクレロチン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクレロチン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カナダの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 医薬品受託製造の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、医薬品受託製造の世界市場について調査・分析し、医薬品受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医薬品受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医薬品受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・医薬品受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 使い捨て医療用手袋の世界市場:種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)、フォーム別(粉末、非粉末)、用途別(検査、手術)
    本資料は、使い捨て医療用手袋の世界市場について調べ、使い捨て医療用手袋の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)分析、用途別(検査、手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・使い捨て医療用手袋の世界市場概要 ・使い捨て医療用手袋の世界市場環境 ・使い捨て医療用手袋の世界市場動向 ・使い捨て医療用手袋の世界市場規模 ・使い捨て医療用手袋の世界市場:種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:フォーム別(粉末、非粉末) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:用途別(検査、手術) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨て医療用手袋の北米市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のアメリカ市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のヨーロッパ市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のア …
  • 世界のスマートグリッド政策ハンドブック2016
  • モノのインターネット(IoT)分析の世界市場:業種別(小売、ヘルスケア、製造、輸送)、組織規模、展開方法別、セグメント予測
    本調査レポートでは、モノのインターネット(IoT)分析の世界市場について調査・分析し、モノのインターネット(IoT)分析の世界市場動向、モノのインターネット(IoT)分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別モノのインターネット(IoT)分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 繊維ガラス製パイプの世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、繊維ガラス製パイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、繊維別分析、用途別分析、地域別分析、繊維ガラス製パイプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"