"クラウド移行サービスの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22368)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"クラウド移行サービスの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Cloud Migration Services

Cloud migration services help in moving infrastructure, applications, and business processes of an organization to the cloud, thus freeing the infrastructure. Cloud migration is necessary to bridge the gap between the business demand and the IT capacity.

Technavio’s analysts forecast the global cloud migration services market to grow at a CAGR of 22.59% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global cloud migration services market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Cloud Migration Services Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Amazon.com
• Cisco Systems
• IBM
• Microsoft
• VMware

Market driver
• Increasing adoption of cloud computing
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Latency in cloud network
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Adoption of container-as-a-service solutions
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"クラウド移行サービスの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY DEPLOYMENT
• Segmentation by deployment
• Comparison by deployment
• Public cloud – Market size and forecast 2017-2022
• Private cloud – Market size and forecast 2017-2022
• Hybrid cloud – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by deployment
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Amazon.com
• Cisco Systems
• IBM
• Microsoft
• VMware
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global IT spending market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global cloud migration services market – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global cloud migration services market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Global cloud migration services market by deployment – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by deployment
Exhibit 20: Public cloud – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: Public cloud – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Private cloud – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Private cloud – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Hybrid cloud – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 25: Hybrid cloud – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by deployment
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Global cloud migration services market by geography – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 29: Regional comparison
Exhibit 30: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 31: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Top 3 countries in the Americas
Exhibit 33: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 34: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 36: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 37: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Top 3 countries in APAC
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: Amazon.com – Overview
Exhibit 46: Amazon.com – Business segments
Exhibit 47: Amazon.com – Organizational developments
Exhibit 48: Amazon.com – Geographic focus
Exhibit 49: Amazon.com – Segment focus
Exhibit 50: Amazon.com – Key offerings
Exhibit 51: Cisco Systems – Overview
Exhibit 52: Cisco Systems – Business segments
Exhibit 53: Cisco Systems – Organizational developments
Exhibit 54: Cisco Systems – Geographic focus
Exhibit 55: Cisco Systems – Segment focus
Exhibit 56: Cisco Systems – Key offerings
Exhibit 57: IBM – Overview
Exhibit 58: IBM – Business segments
Exhibit 59: IBM – Organizational developments
Exhibit 60: IBM – Geographic focus
Exhibit 61: IBM – Segment focus
Exhibit 62: IBM – Key offerings
Exhibit 63: Microsoft – Overview
Exhibit 64: Microsoft – Business segments
Exhibit 65: Microsoft – Organizational developments
Exhibit 66: Microsoft – Geographic focus
Exhibit 67: Microsoft – Segment focus*
Exhibit 68: Microsoft – Key offerings
Exhibit 69: VMware – Overview
Exhibit 70: VMware – Business segments
Exhibit 71: VMware – Organizational developments
Exhibit 72: VMware – Geographic focus
Exhibit 73: VMware – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】クラウド移行サービスの世界市場2018-2022
【発行日】2018年5月28日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22368
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT・通信
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
クラウド移行サービスの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 冷蔵道路輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷蔵道路輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵道路輸送の世界市場規模及び予測、セグメント別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビニルエステル樹脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビニルエステル樹脂の世界市場について調査・分析し、ビニルエステル樹脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビニルエステル樹脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビニルエステル樹脂種類別分析(難燃型、フェノール型、高架橋密度型、弾力型、PU変性型)、ビニルエステル樹脂用途別分析(FRP製品、防せい塗料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビニルエステル樹脂の市場概観 ・ビニルエステル樹脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビニルエステル樹脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビニルエステル樹脂の世界市場規模 ・ビニルエステル樹脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビニルエステル樹脂のアメリカ市場規模推移 ・ビニルエステル樹脂のカナダ市場規模推移 ・ビニルエステル樹脂のメキシコ市場規模推移 ・ビニルエステル樹脂のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビニルエステル樹脂のドイツ市場規模推移 ・ビニルエス …
  • 油田用トラベリングブロックの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田用トラベリングブロックの世界市場について調べ、油田用トラベリングブロックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田用トラベリングブロックの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社は油田用トラベリングブロックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田用トラベリングブロックの市場状況 ・油田用トラベリングブロックの市場規模 ・油田用トラベリングブロックの市場予測 ・油田用トラベリングブロックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田用トラベリングブロックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、EMEA、米州 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ツナ缶の世界市場:カツオ、キハダマグロ、ビンチョウマグロ、その他
    当調査レポートでは、ツナ缶の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ツナ缶市場規模、製品別(カツオ、キハダマグロ、ビンチョウマグロ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AMERICAN TUNA, Bumble Bee Foods, DONGWON INDUSTRIES, Thai Union Group, The Tuna Store, Wild Planetなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ツナ缶の世界市場概要 ・ツナ缶の世界市場環境 ・ツナ缶の世界市場動向 ・ツナ缶の世界市場規模 ・ツナ缶の世界市場:業界構造分析 ・ツナ缶の世界市場:製品別(カツオ、キハダマグロ、ビンチョウマグロ、その他) ・ツナ缶の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ツナ缶の北米市場規模・予測 ・ツナ缶のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ツナ缶のアジア太平洋市場規模・予測 ・ツナ缶の主要国分析 ・ツナ缶の世界市場:意思決定フレームワーク ・ツナ缶 …
  • 牛初乳の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、牛初乳の世界市場について調査・分析し、牛初乳の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別牛初乳シェア、市場規模推移、市場規模予測、牛初乳種類別分析(フリーズドライ型牛初乳粉、噴霧乾燥牛初乳粉)、牛初乳用途別分析(粉末、カプセル、錠剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・牛初乳の市場概観 ・牛初乳のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・牛初乳のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・牛初乳の世界市場規模 ・牛初乳の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・牛初乳のアメリカ市場規模推移 ・牛初乳のカナダ市場規模推移 ・牛初乳のメキシコ市場規模推移 ・牛初乳のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・牛初乳のドイツ市場規模推移 ・牛初乳のイギリス市場規模推移 ・牛初乳のロシア市場規模推移 ・牛初乳のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・牛初乳の日本市場規模推移 ・牛初乳の中国市場規模推移 ・牛初乳の韓国市場規 …
  • 電力小売りの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電力小売りの世界市場について調べ、電力小売りの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電力小売りの市場規模をセグメンテーション別(用途別(産業用、商業用、家庭用、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は電力小売りの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電力小売りの市場状況 ・電力小売りの市場規模 ・電力小売りの市場予測 ・電力小売りの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(産業用、商業用、家庭用、その他) ・電力小売りの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • イギリスのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • ブルーレイメディアおよびデバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ブルーレイメディアおよびデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブルーレイメディアおよびデバイスの世界市場規模及び予測、種類別分析、メディア別分析、メディアレンタル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • MRIシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MRIシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MRIシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 殺虫剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、殺虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、殺虫剤市場規模、作物別(青果、穀物、その他)分析、ソース別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Bayer, DowDuPont, FMC Corporation, Syngentaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・殺虫剤の世界市場概要 ・殺虫剤の世界市場環境 ・殺虫剤の世界市場動向 ・殺虫剤の世界市場規模 ・殺虫剤の世界市場:業界構造分析 ・殺虫剤の世界市場:作物別(青果、穀物、その他) ・殺虫剤の世界市場:ソース別 ・殺虫剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・殺虫剤の北米市場規模・予測 ・殺虫剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・殺虫剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・殺虫剤の主要国分析 ・殺虫剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・殺虫剤の世界市場:成長要因、課題 ・殺虫剤の世界市場:競争環境 ・殺虫剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 火器用潤滑剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、火器用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、火器用潤滑剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別火器用潤滑剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、火器用潤滑剤種類別分析(液状、エアゾール、乾燥状、グリース)、火器用潤滑剤用途別分析(法執行、軍隊、警備員、射撃練習場、スポーツマン/スポーツウーマン)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・火器用潤滑剤の市場概観 ・火器用潤滑剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・火器用潤滑剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・火器用潤滑剤の世界市場規模 ・火器用潤滑剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・火器用潤滑剤のアメリカ市場規模推移 ・火器用潤滑剤のカナダ市場規模推移 ・火器用潤滑剤のメキシコ市場規模推移 ・火器用潤滑剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・火器用潤滑剤のドイツ市場規模推移 ・火器用潤滑剤のイギリス市場規模推移 ・火器用潤滑剤のロシア市場規模推移 ・火器用潤滑剤 …
  • 嫌気性接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、嫌気性接着剤の世界市場について調査・分析し、嫌気性接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 嫌気性接着剤の世界市場:市場動向分析 - 嫌気性接着剤の世界市場:競争要因分析 - 嫌気性接着剤の世界市場:製品別 ・スレッドシーラント ・はめ合い用 ・ガスケットシーラントおよびフランジシーラント ・嫌気性スレッドロッカー - 嫌気性接着剤の世界市場:エンドユーザー別 ・繊維製品 ・船舶 ・自動車 ・医療 ・航空宇宙および防衛 ・その他 - 嫌気性接着剤の世界市場:主要地域別分析 - 嫌気性接着剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 嫌気性接着剤のヨーロッパ市場規模 - 嫌気性接着剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・嫌気性接着剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 製造業におけるビックデータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、製造業におけるビックデータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、製造業におけるビックデータの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフィットネス機器市場規模・予測2017-2025:種類別(筋力トレーニング機器、心血管系トレーニング機器・その他機器)、エンドユーザー別(自宅用、フィットネスクラブ・ジム、その他商業用途)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のフィットネス機器市場について調査・分析し、世界のフィットネス機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のフィットネス機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 子宮マニピュレーターの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、子宮マニピュレーターの世界市場について調べ、子宮マニピュレーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、子宮マニピュレーターの市場規模をセグメンテーション別(種類別(子宮マニピュレーター/インジェクター、マンゲシカール子宮マニピュレーター、クレルモンフェラン子宮マニピュレーター、VECTEC子宮マニピュレーター、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は子宮マニピュレーターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・子宮マニピュレーターの市場状況 ・子宮マニピュレーターの市場規模 ・子宮マニピュレーターの市場予測 ・子宮マニピュレーターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(子宮マニピュレーター/インジェクター、マンゲシカール子宮マニピュレーター、クレルモンフェラン子宮マニピュレーター、VECTEC子宮マニピュレーター、その他) ・子宮マニピュレーターの顧 …
  • 歯肉炎(Gingivitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、歯肉炎(Gingivitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯肉炎(Gingivitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・歯肉炎(Gingivitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・歯肉炎(Gingivitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・歯肉炎(Gingivitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・歯肉炎(Gingivitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の歯肉炎(Gingivitis)治療薬剤
  • ソイプロテイン・ミルクプロテイン成分の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソイプロテイン・ミルクプロテイン成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソイプロテイン・ミルクプロテイン成分の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 搾乳器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、搾乳器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、搾乳器の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 板ガラスコーティング剤の世界市場:樹脂別(PU、エポキシ)、技術別(水溶性、油溶性)、用途別(太陽光発電、自動車、輸送)、セグメント予測
    板ガラスコーティング剤の世界市場は2025年には44億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率20.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、鏡・ガラスファサードに対する商業部門および住宅部門からの需要と自動車部門および輸送部門からの採用増加が考えられます。本調査レポートでは、板ガラスコーティング剤の世界市場について調査・分析し、板ガラスコーティング剤の世界市場動向、板ガラスコーティング剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別板ガラスコーティング剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車ステアリング装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ステアリング装置の世界市場について調査・分析し、自動車ステアリング装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の外部フラッシュ市場2016
    本調査レポートでは、世界の外部フラッシュ市場2016について調査・分析し、外部フラッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て医療用品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、使い捨て医療用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、使い捨て医療用品市場規模、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所(ASC)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Abbott, Cardinal Health, Johnson & Johnson Services, Smith & Nephewなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・使い捨て医療用品の世界市場概要 ・使い捨て医療用品の世界市場環境 ・使い捨て医療用品の世界市場動向 ・使い捨て医療用品の世界市場規模 ・使い捨て医療用品の世界市場:業界構造分析 ・使い捨て医療用品の世界市場:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所(ASC)、その他) ・使い捨て医療用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨て医療用品の北米市場規模・予測 ・使い捨て医療用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・使い捨て医療用品のアジア太平洋市場規模・予測 ・使 …
  • アルゼンチンの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 都市鉄道の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、都市鉄道の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、都市鉄道の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 急性気管支炎(Acute Bronchitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬剤
  • ウェアラブル医療機器の世界市場予測(~2021):用途別(診断、治療)、需要先別、種類別(スマートウォッチ、パッチ)、流通チャネル別
    当調査レポートでは、ウェアラブル医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、需要先別分析、種類別分析、流通チャネル別分析、ウェアラブル医療機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリンダーブロック市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリンダーブロック市場2015について調査・分析し、シリンダーブロックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシンチレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシンチレータ市場2015について調査・分析し、シンチレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 気道ケア製品の世界市場
    当調査レポートでは、気道ケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、気道ケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオ分解性ポリマー市場規模・予測2017-2025種類別(PLA型-based、スターチ型)、用途別(食料パッケージング、泡パッケージング、バイオ分解性バッグ、農業)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ分解性ポリマー市場について調査・分析し、世界のバイオ分解性ポリマー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ分解性ポリマー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車内装材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車内装材料の世界市場について調査・分析し、自動車内装材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車内装材料の世界市場:市場動向分析 - 自動車内装材料の世界市場:競争要因分析 - 自動車内装材料の世界市場:車種別 商業用軽自動車 商業用大型自動車 乗用車 - 自動車内装材料の世界市場:材料別 布生地 合成皮革 ビニール 熱可塑性ポリマー ガラス 人工皮革 本革 木材 その他の材料 - 自動車内装材料の世界市場:製品別 座席カバー ライトカバー 内装飾材 ダッシュボード バンパー リザーバー エアバッグ シートベルト スカッフプレート ドアトリム 送風ダクト フロアマット その他の製品 - 自動車内装材料の世界市場:主要地域別分析 - 自動車内装材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車内装材料のヨーロッパ市場規模 - 自動車内装材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車内装材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 医療用ガスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • CNC横形マシニングセンタの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、CNC横形マシニングセンタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CNC横形マシニングセンタの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の有機飼料市場:種類別(シリアル&穀物、油糧種子)、フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ)、家畜別(家禽、反すう動物、豚、水生動物)、添加物別(アミノ酸、酵素、ビタミン、ミネラル、植物性生物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、有機飼料の世界市場規模が2019年68億ドルから2025年101億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の有機飼料市場を統合的に調査・分析し、市場概要、種類別(シリアル&穀物、油料種子、その他)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他の家畜)分析、フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ)分析、添加剤別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、植物学)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の有機飼料市場:種類別(シリアル&穀物、油料種子、その他) ・世界の有機飼料市場:家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他の家畜) ・世界の有機飼料市場:フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ) ・世界の有機飼料市場:添加剤別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、植物学) ・世界の有機飼料市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 変圧器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、変圧器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、変圧器市場規模、製品別(計器用変圧器、電源トランス、配電トランス)分析、コア別(シェル型、ベリー型、クローズド)分析、巻線別(オートトランス、二巻線型)分析、電力定格別(10MVA以下、11~60MVA、61~600MVA、600MVA超)分析、タイプ別(スマートトランス、絶縁トランス、電源、配電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 変圧器の世界市場:市場動向分析 ・ 変圧器の世界市場:競争要因分析 ・ 変圧器の世界市場:製品別(計器用変圧器、電源トランス、配電トランス) ・ 変圧器の世界市場:コア別(シェル型、ベリー型、クローズド) ・ 変圧器の世界市場:巻線別(オートトランス、二巻線型) ・ 変圧器の世界市場:電力定格別(10MVA以下、11~60MVA、61~600MVA、600MVA超) ・ 変圧器の世界市場:タイプ別(スマートトランス、絶縁トランス、電源、配電 …
  • 回路保護の世界市場2017-2021:回路遮断器、ヒューズ
    当調査レポートでは、回路保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、回路保護の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイアミターシグナリングの世界市場動向・予測
  • 3D光学顕微鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、3D光学顕微鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3D光学顕微鏡市場規模、最終用途別(自動車・航空宇宙、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・3D光学顕微鏡の世界市場概要 ・3D光学顕微鏡の世界市場環境 ・3D光学顕微鏡の世界市場動向 ・3D光学顕微鏡の世界市場規模 ・3D光学顕微鏡の世界市場:業界構造分析 ・3D光学顕微鏡の世界市場:最終用途別(自動車・航空宇宙、医療、その他) ・3D光学顕微鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・3D光学顕微鏡のアメリカ市場規模・予測 ・3D光学顕微鏡のヨーロッパ市場規模・予測 ・3D光学顕微鏡のアジア市場規模・予測 ・3D光学顕微鏡の主要国分析 ・3D光学顕微鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・3D光学顕微鏡の世界市場:成長要因、課題 ・3D光学顕微鏡の世界市場:競争環境 ・3D光学顕微鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 家電製品向けハプティクス技術の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、家電製品向けハプティクス技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家電製品向けハプティクス技術の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リアルタイム位置情報管理システム(RTLS)の世界市場予測(~2022):提供形態別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(RFID、W-Fi、UWB、BLE、赤外線)、用途別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、リアルタイム位置情報管理システム(RTLS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、提供形態別分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、リアルタイム位置情報管理システム(RTLS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プール清掃ロボットの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、プール清掃ロボットの世界市場について調査・分析し、プール清掃ロボットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プール清掃ロボットの世界市場:市場動向分析 - プール清掃ロボットの世界市場:競争要因分析 - プール清掃ロボットの世界市場:エンドユーザー別 ・住宅用 ・商用 ・その他 - プール清掃ロボットの世界市場:主要地域別分析 - プール清掃ロボットの北米市場規模(アメリカ市場等) - プール清掃ロボットのヨーロッパ市場規模 - プール清掃ロボットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・プール清掃ロボットの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の特殊紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊紙市場2015について調査・分析し、特殊紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接ヒューム排出装置の世界市場分析:製品別(モバイルユニット、固定ユニット、大規模集中システム)、用途別(アーク、抵抗、レーザービーム、酸素燃料)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、溶接ヒューム排出装置の世界市場について調査・分析し、溶接ヒューム排出装置の世界市場動向、溶接ヒューム排出装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別溶接ヒューム排出装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の分散制御システム市場規模・予測2017-2025:産業別(石油・ガス、化学品、電力発電、メタル・鉱業、医薬品、紙・パルプ、食料・飲料)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(継続プロセス、バッチプロセス)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の分散制御システム市場について調査・分析し、世界の分散制御システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の分散制御システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • プロセス分析技術の世界市場予測(~2021年):分光法、クロマトグラフィー、粒度分析、キャピラリー電気泳動
    当調査レポートでは、プロセス分析技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、測定別分析、製品・サービス別分析、需要先別分析、プロセス分析技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウンデシレン酸の世界市場2018-2022
    10-ウンデセン酸とも呼ばれるウンデシレン酸は、ヒマシ油由来のリシノール酸の熱分解によって生成されます。摂氏700度、低圧下でヒマシ油を熱分解することにより、副生成物としてウンデシレン酸とhyptaldehydeが生成されます。 Technavioのアナリストは、ウンデシレン酸の世界市場が2018年から2022年の間に4.52%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Arkema、HOKOKU、Merck、Vigon International、Kalpsutra Chemicals、SHREEJI PHARMA INTERNATIONALなどです。 当調査レポートでは、ウンデシレン酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウンデシレン酸市場規模、用途別(化粧品・香水、ポリアミド、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウンデシレン酸の世界市場概要 ・ウンデシレン酸の世界市場環境 ・ウンデシレン酸の世界市場 …
  • ブレーキライニングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブレーキライニングの世界市場について調査・分析し、ブレーキライニングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブレーキライニングシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブレーキライニング種類別分析(モールドブレーキライニング、ウォーブンブレーキライニング)、ブレーキライニング用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブレーキライニングの市場概観 ・ブレーキライニングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブレーキライニングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブレーキライニングの世界市場規模 ・ブレーキライニングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブレーキライニングのアメリカ市場規模推移 ・ブレーキライニングのカナダ市場規模推移 ・ブレーキライニングのメキシコ市場規模推移 ・ブレーキライニングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブレーキライニングのドイツ市場規模推移 ・ブレーキライ …
  • 暗視装置の世界市場
    当調査レポートでは、暗視装置の世界市場について調査・分析し、暗視装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 暗視装置の世界市場:市場動向分析 - 暗視装置の世界市場:競争要因分析 - 暗視装置の世界市場:装置別 ・暗視スコープ ・暗視ゴーグル ・暗視カメラ ・その他 - 暗視装置の世界市場:部品別 ・接眼レンズ ・前部レンズ ・高圧電源 ・イメージ増強管 ・マイクロチャネルプレート ・蛍光面 ・光電陰極 ・その他 - 暗視装置の世界市場:技術別 ・赤外線照明 ・サーマルイメージング ・イメージ増強管 - 暗視装置の世界市場:用途別 ・隠れている物の検知 ・ナビゲーション ・軍事 ・狩猟 ・超常現象研究 ・セキュリティー ・監視 ・その他 - 暗視装置の世界市場:主要地域別分析 - 暗視装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 暗視装置のヨーロッパ市場規模 - 暗視装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・暗視装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 UAV (無人機)用地上制御局 (GCS)とは、オペレーターがドローンの機能を操作するためのセンターもしくはシステムを指します。地上制御局(GCS)は各種ハードウェアやソフトウェア 、インターフェース、コンピューター、テレメトリー、電子光学センサー、音響センサー、制御装置など を組み合わせた構造となっており、高周波 (RF) 無線などのワイヤレス通信技術を用いてUAVに情報や指令を伝えることができますTechnavio社はUAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAE Systems• Boeing• General Ato …
  • ステアリン酸の世界市場2017-2021:石鹸・洗剤、中間体、ゴム加工、パーソナルケア、織物、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ステアリン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ステアリン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はステアリン酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、BASF、Godrej Industries、Procter & Gamble、Wilmar International等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"