"パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21303)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Power Electronics

Power electronics pertains to the technology implemented in the creation, transfer, and use of electrical energy, which is generated at a source and needs to be transferred to a load.

Technavio’s analysts forecast the global power electronics market to generate a revenue of close to USD 42 billion by 2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global power electronics market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Power Electronics Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Infineon Technologies
• Mitsubishi Electric Corporation
• NXP Semiconductors
• STMicroelectronics
• Texas Instruments Incorporated

Market driver
• Increased adoption of renewable energy
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Technological limitations
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Increased use of wide bandgap materials
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Segmentation by product
• Comparison by product
• ICs – Market size and forecast 2017-2022
• Discretes – Market size and forecast 2017-2022
• Modules – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by product
PART 08: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Consolidating industry
• Increased use of wide bandgap materials
• Rise in adoption of smart grids
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Infineon Technologies
• Mitsubishi Electric Corporation
• NXP Semiconductors
• STMicroelectronics
• Texas Instruments Incorporated
PART 15: APPENDIX7
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global semiconductors market segments
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global power electronics market – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global power electronics market – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Product – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: ICs – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 21: ICs – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Discretes – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 23: Discretes – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Modules – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 25: Modules – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by product
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Global power electronics market – Market share by region 2017-2022 (%)
Exhibit 29: Regional comparison
Exhibit 30: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 31: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Top 3 countries in APAC
Exhibit 33: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 34: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Top 3 countries in Americas
Exhibit 36: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 37: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: Infineon Technologies: Vendor overview
Exhibit 46: Infineon Technologies – Business segments
Exhibit 47: Infineon Technologies – Organizational developments
Exhibit 48: Infineon Technologies – Geographical focus
Exhibit 49: Infineon Technologies – Segment focus
Exhibit 50: Infineon Technologies – Key offerings
Exhibit 51: Mitsubishi Electric Corporation: Vendor overview
Exhibit 52: Mitsubishi Electric Corporation – Business segments
Exhibit 53: Mitsubishi Electric Corporation – Organizational developments
Exhibit 54: Mitsubishi Electric Corporation – Geographical focus
Exhibit 55: Mitsubishi Electric Corporation – Segment focus
Exhibit 56: Mitsubishi Electric Corporation – Key offerings
Exhibit 57: NXP Semiconductors: Vendor overview
Exhibit 58: NXP Semiconductors – Business segments
Exhibit 59: NXP Semiconductors – Organizational developments
Exhibit 60: NXP Semiconductors – Geographical focus
Exhibit 61: NXP Semiconductors – Segment focus
Exhibit 62: NXP Semiconductors – Key offerings
Exhibit 63: STMicroelectronics: Vendor overview
Exhibit 64: STMicroelectronics – Business segments
Exhibit 65: STMicroelectronics – Organizational developments
Exhibit 66: STMicroelectronics – Geographical focus
Exhibit 67: STMicroelectronics – Segment focus
Exhibit 68: STMicroelectronics – Key offerings
Exhibit 69: Texas Instruments Incorporated: Vendor overview
Exhibit 70: Texas Instruments Incorporated – Business segments
Exhibit 71: Texas Instruments Incorporated – Organizational developments
Exhibit 72: Texas Instruments Incorporated – Geographical focus
Exhibit 73: Texas Instruments Incorporated – Segment focus
Exhibit 74: Texas Instruments Incorporated – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022
【発行日】2018年6月5日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21303
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】装置・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • タンザニアの再生可能エネルギー政策ハンドブック2016
  • 世界の手術用切開閉鎖デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用切開閉鎖デバイス市場2015について調査・分析し、手術用切開閉鎖デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用クラッチの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用クラッチの世界市場規模が2017年9兆1191.4億ドルから2026年18兆5352.9億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用クラッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用クラッチ市場規模、クラッチディスクサイズ別(10〜11インチディスク、11インチ以上ディスク、9〜10インチディスク、9インチ以下ディスク)分析、クラッチ種類別(遠心クラッチ、ドッグクラッチ、ドライクラッチ、電磁クラッチ、摩擦クラッチ)分析、トランスミッション種類別(自動マニュアルトランスミッション、自動変速機、無段変速機、デュアルクラッチ、マニュアルトランスミッション)分析、材料種類別(セラミック、オーガニック、その他の材料種類)分析、用途別(商業、乗客、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用クラッチの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用クラッチの世界 …
  • PPSUの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PPSUの世界市場について調査・分析し、PPSUの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PPSUシェア、市場規模推移、市場規模予測、PPSU種類別分析()、PPSU用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PPSUの市場概観 ・PPSUのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PPSUのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PPSUの世界市場規模 ・PPSUの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PPSUのアメリカ市場規模推移 ・PPSUのカナダ市場規模推移 ・PPSUのメキシコ市場規模推移 ・PPSUのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PPSUのドイツ市場規模推移 ・PPSUのイギリス市場規模推移 ・PPSUのロシア市場規模推移 ・PPSUのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・PPSUの日本市場規模推移 ・PPSUの中国市場規模推移 ・PPSUの韓国市場規模推移 ・PPSUのインド市 …
  • 焼却炉の世界市場:タイプ別(触媒式焼却炉、焼式却炉、その他)、用途別(ごみ処理、マテリアルリサイクル)、地域別予測
    本資料は、焼却炉の世界市場について調べ、焼却炉の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(触媒式焼却炉、焼式却炉、その他)分析、用途別(ごみ処理、マテリアルリサイクル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・焼却炉の世界市場概要 ・焼却炉の世界市場環境 ・焼却炉の世界市場動向 ・焼却炉の世界市場規模 ・焼却炉の世界市場規模:タイプ別(触媒式焼却炉、焼式却炉、その他) ・焼却炉の世界市場規模:用途別(ごみ処理、マテリアルリサイクル) ・焼却炉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・焼却炉の北米市場規模・予測 ・焼却炉のアメリカ市場規模・予測 ・焼却炉のヨーロッパ市場規模・予測 ・焼却炉のアジア市場規模・予測 ・焼却炉の日本市場規模・予測 ・焼却炉の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の3Dプリンタ市場2016
    本調査レポートでは、世界の3Dプリンタ市場2016について調査・分析し、3Dプリンタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のCRISPR市場予測2016-2022
    本調査レポートでは、世界のCRISPR市場について調査・分析し、世界のCRISPR市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 小規模LNGの世界市場予測
    当調査レポートでは、小規模LNGの世界市場について調査・分析し、小規模LNGの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・小規模LNGの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・小規模LNGの世界市場:セグメント別市場分析 ・小規模LNGの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場:タイプ別(受電機器、給電機器)、標準別、用途別、最終用途別、デバイスタイプ別、セグメント予測
    PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場は2025年には12億2,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、IP電話、Webカメラと閉回路テレビ(CCTV)、および無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)の完全なカバレッジなど住宅セクターでのPoEチップセット アプリケーションの増加が考えられます。本調査レポートでは、PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場について調査・分析し、PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場動向、PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場規模、市場予測、セグメント別PoE(Power over Ethernet)チップセット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • M-ラーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、M-ラーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、M-ラーニング市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Adobe, Allen Interactions, Blackboard, City & Guilds Group, D2L, WizIQなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・M-ラーニングの世界市場概要 ・M-ラーニングの世界市場環境 ・M-ラーニングの世界市場動向 ・M-ラーニングの世界市場規模 ・M-ラーニングの世界市場:業界構造分析 ・M-ラーニングの世界市場:エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12) ・M-ラーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・M-ラーニングの北米市場規模・予測 ・M-ラーニングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・M-ラーニングのアジア太平洋市場規模・予測 ・M-ラーニングの主要国分析 ・M-ラーニングの世界市場: …
  • 世界のインスリンデリバリーデバイス市場規模・予測2017-2025:種類別(インスリンペン、インスリンパンプ、インスリンインジェクター、インスリン注射器)、エンドユーザー別(自宅、病院、その他)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のインスリンデリバリーデバイス市場について調査・分析し、世界のインスリンデリバリーデバイス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のインスリンデリバリーデバイス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 変圧器監視システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、変圧器監視システムの世界市場について調査・分析し、変圧器監視システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別変圧器監視システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、変圧器監視システム種類別分析(石油・ガスレベル、電流変動、温度、その他)、変圧器監視システム用途別分析(発電用変圧器、伝送・分配変圧器、その他(電気鉄道変圧器))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・変圧器監視システムの市場概観 ・変圧器監視システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・変圧器監視システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・変圧器監視システムの世界市場規模 ・変圧器監視システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・変圧器監視システムのアメリカ市場規模推移 ・変圧器監視システムのカナダ市場規模推移 ・変圧器監視システムのメキシコ市場規模推移 ・変圧器監視システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・変圧器監視システムのドイツ市場規模推移 …
  • ジャガイモ加工の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ジャガイモ加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ジャガイモ加工の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の小腸内視鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の小腸内視鏡市場2016について調査・分析し、小腸内視鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エジプトの膝関節再建装置市場見通し
  • 音声認識の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、音声認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、産業別分析、地域別分析、音声認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 水溶性ポッド包装の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、水溶性ポッド包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水溶性ポッド包装市場規模、用途別(ホームケア用品、農薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水溶性ポッド包装の世界市場概要 ・水溶性ポッド包装の世界市場環境 ・水溶性ポッド包装の世界市場動向 ・水溶性ポッド包装の世界市場規模 ・水溶性ポッド包装の世界市場:業界構造分析 ・水溶性ポッド包装の世界市場:用途別(ホームケア用品、農薬、その他) ・水溶性ポッド包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水溶性ポッド包装の北米市場規模・予測 ・水溶性ポッド包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水溶性ポッド包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・水溶性ポッド包装の主要国分析 ・水溶性ポッド包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・水溶性ポッド包装の世界市場:成長要因、課題 ・水溶性ポッド包装の世界市場:競争環境 ・水溶性ポッド包装の世界市場:関連企業情報( …
  • 非ホジキンリンパ腫(NHL)の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、非ホジキンリンパ腫(NHL)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・非ホジキンリンパ腫(NHL)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・非ホジキンリンパ腫(NHL)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 真菌血症(Fungemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真菌血症(Fungemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真菌血症(Fungemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真菌血症(Fungemia)の概要 ・真菌血症(Fungemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真菌血症(Fungemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真菌血症(Fungemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・真菌血症(Fungemia)治療薬開発 …
  • 世界のオンライン広告市場:検索、ディスプレイ、モバイル、RTBソーシャルネットワーキング、ビデオ
  • 光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、光学式溶存酸素計(DO計)市場規模、最終用途別(環境マネジメント、養殖、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場概要 ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場環境 ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場動向 ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場規模 ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場:業界構造分析 ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場:最終用途別(環境マネジメント、養殖、その他) ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・光学式溶存酸素計(DO計)のアメリカ市場規模・予測 ・光学式溶存酸素計(DO計)のヨーロッパ市場規模・予測 ・光学式溶存酸素計(DO計)のアジア市場規模・予測 ・光学式溶存酸素計(DO計)の主要国分析 ・光学式溶存酸素計(DO計)の世界市場:意思決定フレーム …
  • 血小板減少症(Thrombocytopenia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血小板減少症(Thrombocytopenia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血小板減少症(Thrombocytopenia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血小板減少症(Thrombocytopenia)の概要 ・血小板減少症(Thrombocytopenia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血小板減少症(Thrombocytopenia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血小板減少症(Thrombocytopenia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 手術用イメージングの世界市場:モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)、技術種類別(イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネル検出器Cアーム(FPD Cアーム))、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)
    本資料は、手術用イメージングの世界市場について調べ、手術用イメージングの世界規模、市場動向、市場環境、モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)分析、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・手術用イメージングの世界市場概要 ・手術用イメージングの世界市場環境 ・手術用イメージングの世界市場動向 ・手術用イメージングの世界市場規模 ・手術用イメージングの世界市場:モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他) ・手術用イメージングの世界市場:技術種類別(イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネル検出器Cアーム(FPD Cアーム)) ・手術用イメージングの世界市場:用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術) ・手術用イメージングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・手術用イメージングの北米市場規模・ …
  • パイプ塗装の世界市場:熱可塑性プラスチックコーティング、金属コーティング、融着エポキシ樹脂コーティング、コンクリート重量コーティング
    当調査レポートでは、パイプ塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グルコースバイオセンサーの世界市場の規模及び予測:エンドユーザー別(病院、ホームケア診断、研究機関、診断センター、診療所)、地域別(米国、英国、ドイツ、中国、インド、ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ)、動向分析、2015-2022
    本調査レポートでは、グルコースバイオセンサーの世界市場について調査・分析し、グルコースバイオセンサーの世界市場動向、グルコースバイオセンサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別グルコースバイオセンサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マルチモード受信機の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、マルチモード受信機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、搭載時点別分析、用途別分析、サブシステム別分析、マルチモード受信機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ファンデーションクリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ファンデーションクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファンデーションクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオメンブレンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジオメンブレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はジオメンブレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atarfil、AGRU America、GSE Environmental、NAUE、Solmax等です。
  • コネクティッドヘルス/ウェルネスデバイスの世界市場分析:タイプ別(ヘルスケアIT、ヘルス情報交換、ヘルスケア分析)、製品別(インスリンポンプ、BPモニター、ポータブルGPS PERS、グルコースモニター、パーソナルパルスオキシメーター、デジタル歩数計、GPSスポーツウォッチ、心拍モニター、睡眠品質モニター、ソフトウェア・サービス、オンライン予約、フィットネス・ウェルネスアプリ、食事プラン、コーチングサービス)、エンドユーザー別、セグメント予測
    本調査レポートでは、コネクティッドヘルス/ウェルネスデバイスの世界市場について調査・分析し、コネクティッドヘルス/ウェルネスデバイスの世界市場動向、コネクティッドヘルス/ウェルネスデバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別コネクティッドヘルス/ウェルネスデバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フライトシミュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フライトシミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライトシミュレーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライトシミュレーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CAE• FlightSafety International• L3 Link Simulation and Training• Rockwell Collins• Thales等です。
  • ステアリングコラム装置の世界市場
    当調査レポートでは、ステアリングコラム装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ステアリングコラム装置の世界市場:ステアリング装置別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:コラム種類別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:ピボット配置別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置のアメリカ市場規模予測 ・ステアリングコラム装置のヨーロッパ市場規模予測 ・ステアリングコラム装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • エナジーハーベスティング(環境発電)装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エナジーハーベスティング(環境発電)装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エナジーハーベスティング(環境発電)装置市場規模、技術別(熱電エネルギーハーベスティング、高周波エネルギーハーベスティング、圧電式エネルギーハーベスティング、太陽光発電エネルギーハーベスティング、電気力学的エネルギーハーベスティング、その他)分析、エンドユーザー別(輸送、住宅、工業用、ヘルスケア、ホーム・ビルディングオートメーション、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エナジーハーベスティング(環境発電)装置の世界市場:市場動向分析 ・ エナジーハーベスティング(環境発電)装置の世界市場:競争要因分析 ・ エナジーハーベスティング(環境発電)装置の世界市場:技術別(熱電エネルギーハーベスティング、高周波エネルギーハーベスティング、圧電式エネルギーハーベスティング、太陽光発電エネルギーハーベスティング、電気力学的エネルギーハーベス …
  • コネクティッド航空機の世界市場:種類別、用途別、接続タイプ別、周波数帯域別、地域別予測
    本資料は、コネクティッド航空機の世界市場について調べ、コネクティッド航空機の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別分析、接続タイプ別分析、周波数帯域別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コネクティッド航空機の世界市場概要 ・コネクティッド航空機の世界市場環境 ・コネクティッド航空機の世界市場動向 ・コネクティッド航空機の世界市場規模 ・コネクティッド航空機の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・コネクティッド航空機の世界市場規模:種類別 ・コネクティッド航空機の世界市場規模:用途別 ・コネクティッド航空機の世界市場規模:接続タイプ別 ・コネクティッド航空機の世界市場規模:周波数帯域別 ・コネクティッド航空機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コネクティッド航空機の北米市場規模・予測 ・コネクティッド航空機のアメリカ市場規模・予測 ・コネクティッド航空機のヨーロッパ …
  • アセチレンガスの世界市場予測2019-2024
    「アセチレンガスの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、炭化カルシウム製造、炭化水素熱分解製造など、用途別には、Cutting and Welding、Chemical、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アセチレンガスのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アセチレンガスの世界市場概要(サマリー) ・アセチレンガスの企業別販売量・売上 ・アセチレンガスの企業別市場シェア ・アセチレンガスの世界市場規模:種類別(炭化カルシウム製造、炭化水素熱分解製造) ・アセチレンガスの世界市場規模:用途別(Cutting and Welding、Chemical、Others) ・アセチレンガスの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アセチレンガスのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アセチレンガスの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・アセチレン …
  • 成長ホルモン欠乏症の世界市場:疫学予測
  • 胃潰瘍(Gastric Ulcers):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬剤
  • ゲノムバイオマーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲノムバイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲノムバイオマーカーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • ヤギ乳の世界市場:製品別(牛乳、チーズ、粉乳、その他)、流通経路別(ハイパーマーケットおよびスーパーマーケット、コンビニ、専門店、医療および薬局、オンライン)
    本市場調査レポートではヤギ乳について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(牛乳、チーズ、粉乳、その他)分析、流通経路別(ハイパーマーケットおよびスーパーマーケット、コンビニ、専門店、医療および薬局、オンライン)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ヤギ乳の世界市場:製品別(牛乳、チーズ、粉乳、その他) ・ヤギ乳の世界市場:流通経路別(ハイパーマーケットおよびスーパーマーケット、コンビニ、専門店、医療および薬局、オンライン) ・ヤギ乳の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • スマートマテリアルの世界市場2020-2024
    「スマートマテリアルの世界市場2020-2024」は、スマートマテリアルについて市場概要、市場規模、材料別(圧電材料、形状記憶合金、熱電材料、レオロジー流体、磁歪材料、その他の材料)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマートマテリアルの世界市場:材料別(圧電材料、形状記憶合金、熱電材料、レオロジー流体、磁歪材料、その他の材料) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 二輪車用電子式燃料噴射装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二輪車用電子式燃料噴射装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用電子式燃料噴射装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 触覚印刷の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、触覚印刷の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、触覚印刷市場規模、用途別(書籍、地図、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・触覚印刷の世界市場概要 ・触覚印刷の世界市場環境 ・触覚印刷の世界市場動向 ・触覚印刷の世界市場規模 ・触覚印刷の世界市場:業界構造分析 ・触覚印刷の世界市場:用途別(書籍、地図、その他) ・触覚印刷の世界市場:地域別市場規模・分析 ・触覚印刷のアメリカ市場規模・予測 ・触覚印刷のヨーロッパ市場規模・予測 ・触覚印刷のアジア市場規模・予測 ・触覚印刷の主要国分析 ・触覚印刷の世界市場:意思決定フレームワーク ・触覚印刷の世界市場:成長要因、課題 ・触覚印刷の世界市場:競争環境 ・触覚印刷の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場について調査・分析し、戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別戦術的通信および保護システム(TCAPS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、戦術的通信および保護システム(TCAPS)種類別分析(空中プラットフォーム、海上プラットフォーム、陸上プラットフォーム、水中プラットフォーム)、戦術的通信および保護システム(TCAPS)用途別分析(ISR、通信、戦闘、指揮・統制、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の市場概観 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場規模 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等 …
  • 副腎機能不全(Adrenal Insufficiency):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬の状況 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬の市場規模(販売予測) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬剤
  • 世界の自動車用電子機器市場規模・予測2017-2025:用途別(先進運転支援システム(ADAS)、車体用電子機器、インフォテインメント、パワートレイン、安全システム)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車用電子機器市場について調査・分析し、世界の自動車用電子機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車用電子機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ミリ波(MMW)技術の世界市場分析:製品別(通信機器、イメージング・スキャニング、レーダー・衛星通信システム)、コンポーネント別、用途別、周波数帯別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ミリ波(MMW)技術の世界市場について調査・分析し、ミリ波(MMW)技術の世界市場動向、ミリ波(MMW)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別ミリ波(MMW)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用ガスの世界市場:窒素、酸素、二酸化物、アルゴン、水素、アセチレン、ヘリウム、アンモニア
    当調査レポートでは、産業用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ガスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 発電産業向けガスタービンの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、発電産業向けガスタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電産業向けガスタービンの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ガスタービンはガス火力発電所で使用されています。ガス火力発電所では内燃機関があり、そこで燃料が空気に触れ燃焼します。その結果生じる高温ガスがノズルを通りガスタービンに向かい、タービンが回転します。Technavio社は発電産業向けガスタービンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ansaldo Energia• General Electric• Kawasaki Heavy Industries• Mitsubishi Hitachi Power Systems• Siemens等です。
  • アクリルエラストマーの世界市場:種類別(アクリルコモノマーエラストマー、エチレンアクリルエラストマー)、最終用途別(自動車、建設、工業、その他)、地域別予測
    本資料は、アクリルエラストマーの世界市場について調べ、アクリルエラストマーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アクリルコモノマーエラストマー、エチレンアクリルエラストマー)分析、最終用途別(自動車、建設、工業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アクリルエラストマーの世界市場概要 ・アクリルエラストマーの世界市場環境 ・アクリルエラストマーの世界市場動向 ・アクリルエラストマーの世界市場規模 ・アクリルエラストマーの世界市場規模:種類別(アクリルコモノマーエラストマー、エチレンアクリルエラストマー) ・アクリルエラストマーの世界市場規模:最終用途別(自動車、建設、工業、その他) ・アクリルエラストマーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アクリルエラストマーの北米市場規模・予測 ・アクリルエラストマーのアメリカ市場規模・予測 ・アクリルエラストマーのヨーロッパ市場規模・予測 ・アクリルエラストマーのアジア市場規模・予測 ・アクリル …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"