"コンピューターオンモジュールの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR21911)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンピューターオンモジュールの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Computer on Module
A computer on module or a system on module is a small form-factor, ready-to-use computing solution. It consists of application agnostic hardware along with software to form an embedded system.
Technavio’s analysts forecast the global computer on module market to grow at a CAGR of 6.78% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global computer on module market for 2018-2022. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the use of various types of computer on module.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Computer on Module Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Advantech
• Avnet
• congatec
• Kontron S&T
• Radisys

Market driver
• Increasing need for ruggedized robots in defense applications
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Trade-off between use of different computer architectures
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Growing investments in autonomous cars
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"コンピューターオンモジュールの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Segmentation by application
• Comparison by application
• Industrial automation – Market size and forecast 2017-2022
• Medical – Market size and forecast 2017-2022
• Transportation – Market size and forecast 2017-2022
• Entertainment – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by application
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY STANDARD
• Segmentation by standard
• Comparison by standard
• COM Express – Market size and forecast 2017-2022
• SMARC – Market size and forecast 2017-2022
• Qseven – Market size and forecast 2017-2022
• ETX – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by standard
PART 09: MARKET SEGMENTATION BY CPU ARCHITECTURE
• Segmentation by CPU architecture
• Comparison by CPU architecture
• ARM – Market size and forecast 2017-2022
• x86 – Market size and forecast 2017-2022
• Others – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by CPU architecture
PART 10: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 11: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 12: DECISION FRAMEWORK
PART 13: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 14: MARKET TRENDS
• Increasing use of drones across many applications
• Interest toward improving automotive platforms
• Growing investments in autonomous cars
PART 15: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 16: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Advantech
• Avnet
• congatec
• Kontron S&T
• Radisys
PART 17: APPENDIX
• List of abbreviations
Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global embedded computers market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Global COM market – Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 09: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Application – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Industrial automation – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 21: Industrial automation – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 22: Medical – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 23: Medical – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 24: Transportation – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 25: Transportation – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 26: Entertainment – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 27: Entertainment – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 28: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 29: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 30: Market opportunity by application
Exhibit 31: Standard – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 32: Comparison by standard
Exhibit 33: COM Express – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 34: COM Express – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: SMARC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 36: SMARC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 37: Qseven – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 38: Qseven – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 39: ETX – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 40: ETX – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 41: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 42: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 43: Market opportunity by standard
Exhibit 44: CPU architecture – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 45: Comparison by CPU architecture
Exhibit 46: ARM – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 47: ARM – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 48: x86 – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 49: x86 – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 50: Others – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 51: Others – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 52: Market opportunity by CPU architecture
Exhibit 53: Customer landscape
Exhibit 54: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 55: Regional comparison
Exhibit 56: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 57: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 58: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 59: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 60: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ mn)
Exhibit 61: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 62: Key leading countries
Exhibit 63: Market opportunity
Exhibit 64: Vendor landscape
Exhibit 65: Landscape disruption
Exhibit 66: Vendors covered
Exhibit 67: Vendor classification
Exhibit 68: Market positioning of vendors
Exhibit 69: Vendor overview
Exhibit 70: Advantech – Business segments
Exhibit 71: Advantech – Organizational developments
Exhibit 72: Advantech – Geographic focus
Exhibit 73: Advantech – Segment focus
Exhibit 74: Advantech – Key offerings
Exhibit 75: Vendor overview
Exhibit 76: Avnet – Business segments
Exhibit 77: Avnet – Organizational developments
Exhibit 78: Avnet – Geographic focus
Exhibit 79: Avnet – Segment focus
Exhibit 80: Avnet – Key offerings
Exhibit 81: Vendor overview
Exhibit 82: congatec – Business segments
Exhibit 83: congatec – Organizational developments
Exhibit 84: congatec – Segment focus
Exhibit 85: congatec – Key offerings
Exhibit 86: Vendor overview
Exhibit 87: Kontron S&T – Business segments
Exhibit 88: Kontron S&T – Organizational developments
Exhibit 89: Kontron S&T – Geographic focus
Exhibit 90: Kontron S&T – Segment focus
Exhibit 91: Kontron S&T – Key offerings
Exhibit 92: Vendor overview
Exhibit 93: Radisys – Business segments
Exhibit 94: Radisys – Organizational developments
Exhibit 95: Radisys – Geographic focus
Exhibit 96: Radisys – Segment focus
Exhibit 97: Radisys – Key offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンピューターオンモジュールの世界市場2018-2022
【発行日】2018年6月6日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR21911
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】装置・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンピューターオンモジュールの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 大型LCDディスプレイの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、大型LCDディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大型LCDディスプレイの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用放射線検出の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、医療用放射線検出の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用放射線検出の世界市場:イントロダクション ・医療用放射線検出の世界市場:市場概観 ・医療用放射線検出の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・医療用放射線検出の世界市場:セグメント別市場分析 ・医療用放射線検出の世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:種類別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:主要地域別市場分析 ・医療用放射線検出の世界市場:関連企業分析
  • 台湾のオーソバイオロジクス市場見通し
  • プロテオミクスの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のプロテオミクス市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・プロテオミクスの世界市場:イントロダクション ・プロテオミクスの世界市場:市場概観 ・プロテオミクスの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・プロテオミクスの世界市場:セグメント別市場分析 ・プロテオミクスの世界市場:主要地域別市場分析 ・プロテオミクスの世界市場:関連企業分析
  • 生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科)、材料別(金属、セラミック、ポリマー、天然)
    本資料は、生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場について調べ、生体インプラント(バイオインプラント)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場概要 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場環境 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場動向 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場規模 ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:タイプ別(心血管、歯科、整形外科、脊椎、眼科) ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:材料別(金属、セラミック、ポリマー、天然) ・生体インプラント(バイオインプラント)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生体インプラント(バイオインプラント)の北米市場規模・予測 ・生体インプラント(バイオインプラント)のアメリカ市場規模・予測 ・生体イ …
  • AMPKベータ活性体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAMPKベータ活性体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・AMPKベータ活性体の概要 ・AMPKベータ活性体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAMPKベータ活性体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・AMPKベータ活性体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・AMPKベータ活性体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インストアアナリティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、インストアアナリティクスの世界市場について調べ、インストアアナリティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、インストアアナリティクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(顧客管理、マーチャンダイジング分析、店内運営、サプライチェーンマネジメント、戦略及び計画)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はインストアアナリティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均22%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・インストアアナリティクスの市場状況 ・インストアアナリティクスの市場規模 ・インストアアナリティクスの市場予測 ・インストアアナリティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(顧客管理、マーチャンダイジング分析、店内運営、サプライチェーンマネジメント、戦略及び計画) ・インストアアナリティクスの顧客状況 ・主要地域別市場規模: …
  • CCTVカメラの世界市場:モデルタイプ別(PTZカメラ、ボックスカメラ、ドームカメラ、弾丸型カメラ、その他)、技術別(アナログ、ワイヤレス、IPベース、複合型)、用途別(小売、ホスピタリティ、BFSI、商業、住宅、政府、その他)、地域別予測
    本資料は、CCTVカメラの世界市場について調べ、CCTVカメラの世界規模、市場動向、市場環境、モデルタイプ別(PTZカメラ、ボックスカメラ、ドームカメラ、弾丸型カメラ、その他)分析、技術別(アナログ、ワイヤレス、IPベース、複合型)分析、用途別(小売、ホスピタリティ、BFSI、商業、住宅、政府、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHangzhou Hikvision Digital Technology Co. Ltd. 、Dahua Technology Co. Ltd.、Bosch Security Systems、CP PLUS International、Sony Corporation、Digital Watchdogなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・CCTVカメラの世界市場概要 ・CCTVカメラの世界市場環境 ・CCTVカメラの世界市場動向 ・CCTVカメラの世界市場規模 ・CCTVカメラの世界市場規模:モデルタイプ別( …
  • アメリカのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • マイクログリッドの世界市場予測(~2023年):グリッド接続、リモート・島嶼用
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクログリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、タイプ(グリッド接続、リモート・島嶼用)別分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)別分析、消費パターン(都市部・大都市圏、準都市、郊外・島嶼)別分析、垂直産業別分析、マイクログリッドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 天然着色料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、天然着色料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、天然着色料市場規模、エンドユーザー別(食品産業、飲料産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Cargill, Chr. Hansen Holding, Kerry Group, Naturex, Sensient Technologies Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・天然着色料の世界市場概要 ・天然着色料の世界市場環境 ・天然着色料の世界市場動向 ・天然着色料の世界市場規模 ・天然着色料の世界市場:業界構造分析 ・天然着色料の世界市場:エンドユーザー別(食品産業、飲料産業) ・天然着色料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・天然着色料の北米市場規模・予測 ・天然着色料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・天然着色料のアジア太平洋市場規模・予測 ・天然着色料の主要国分析 ・天然着色料の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 患者介護器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、患者介護器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、患者介護器具市場規模、製品別(患者移乗・移動、移動器具、昇降装置、風呂安全装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・患者介護器具の世界市場概要 ・患者介護器具の世界市場環境 ・患者介護器具の世界市場動向 ・患者介護器具の世界市場規模 ・患者介護器具の世界市場:業界構造分析 ・患者介護器具の世界市場:製品別(患者移乗・移動、移動器具、昇降装置、風呂安全装置) ・患者介護器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・患者介護器具のアメリカ市場規模・予測 ・患者介護器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・患者介護器具のアジア市場規模・予測 ・患者介護器具の主要国分析 ・患者介護器具の世界市場:意思決定フレームワーク ・患者介護器具の世界市場:成長要因、課題 ・患者介護器具の世界市場:競争環境 ・患者介護器具の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 小型自動車用OEガラスの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEガラスの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEガラスの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 低侵襲医療機器の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、低侵襲医療機器の世界市場について調査・分析し、低侵襲医療機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 屋内栽培技術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屋内栽培技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋内栽培技術市場規模、用途別(温室栽培、垂直農法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋内栽培技術の世界市場概要 ・屋内栽培技術の世界市場環境 ・屋内栽培技術の世界市場動向 ・屋内栽培技術の世界市場規模 ・屋内栽培技術の世界市場:業界構造分析 ・屋内栽培技術の世界市場:用途別(温室栽培、垂直農法) ・屋内栽培技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋内栽培技術のアメリカ市場規模・予測 ・屋内栽培技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・屋内栽培技術のアジア市場規模・予測 ・屋内栽培技術の主要国分析 ・屋内栽培技術の世界市場:意思決定フレームワーク ・屋内栽培技術の世界市場:成長要因、課題 ・屋内栽培技術の世界市場:競争環境 ・屋内栽培技術の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 農業用補助剤の世界市場                 
    当調査レポートでは、農業用補助剤の世界市場について調査・分析し、農業用補助剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 農業用補助剤の世界市場:市場動向分析 - 農業用補助剤の世界市場:競争要因分析 - 農業用補助剤の世界市場:作物別 ・果物&野菜 ・穀物&油料種子 ・その他 - 農業用補助剤の世界市場:製品別 ・実用的な補助剤 ・活性化のための補助剤 - 農業用補助剤の世界市場:用途別 ・殺菌剤 ・殺虫剤 ・除草剤 ・その他 - 農業用補助剤の世界市場:主要地域別分析 - 農業用補助剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 農業用補助剤のヨーロッパ市場規模 - 農業用補助剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農業用補助剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • エアフィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアフィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • B2B通信の世界市場:組織のタイプ別(大企業、中小企業)、ソリューション別(ユニファイドコミュニケーション・コラボレーション、VoIP、WAN、クラウドサービス、M2M通信)、導入モデル別(オンプレミス、クラウド)、用途別(商業、工業)、地域別予測
    本資料は、B2B通信の世界市場について調べ、B2B通信の世界規模、市場動向、市場環境、組織のタイプ別(大企業、中小企業)分析、ソリューション別(ユニファイドコミュニケーション・コラボレーション、VoIP、WAN、クラウドサービス、M2M通信)分析、導入モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(商業、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはComarch SA、Duetsche Telekom AG、NTT Communications、Verizon Communications Inc.、Vodafone Group Plc、AT&Tなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・B2B通信の世界市場概要 ・B2B通信の世界市場環境 ・B2B通信の世界市場動向 ・B2B通信の世界市場規模 ・B2B通信の世界市場規模:組織のタイプ別(大企業、中小企業) ・B2B通信の世界市場規模:ソリューション別(ユニファイドコミュニケーション・コラボレーション …
  • 電子機器用接着剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電子機器用接着剤の世界市場について調べ、電子機器用接着剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電子機器用接着剤の市場規模をセグメンテーション別(材料別(シリコーン接着剤、ポリウレタン接着剤、アクリル系接着剤、エポキシ接着剤、その他)、製品別(導電性接着剤、熱伝導性接着剤、UV硬化接着剤、その他)、用途別(表面実装、コンフォーマルコーティング、ワイヤータッキング、ポッティング及びカプセル化))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電子機器用接着剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電子機器用接着剤の市場状況 ・電子機器用接着剤の市場規模 ・電子機器用接着剤の市場予測 ・電子機器用接着剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(シリコーン接着剤、ポリウレタン接着剤、アクリル系接着剤、エポキシ接着剤、その他) ・市場セグメンテーション:製品別(導電性接着剤、熱 …
  • アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリグノスルホン酸塩系コンクリート混和剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のリグノスルホン酸塩系コンクリート混和剤市場2015について調査・分析し、リグノスルホン酸塩系コンクリート混和剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紙おむつ市場2015
    本調査レポートでは、世界の紙おむつ市場2015について調査・分析し、紙おむつの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光干渉断層撮影(OCT)の世界市場分析:技術別(時間領域ベース、周波数領域ベース、空間符号化周波数領域ベース)、タイプ別(カテーテル、ドップラーOCT、ハンドヘルド、テーブルトップ)、用途別(眼科、心臓血管、腫瘍学、皮膚科)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場について調査・分析し、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場動向、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別光干渉断層撮影(OCT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高温計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高温計の世界市場について調査・分析し、高温計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高温計シェア、市場規模推移、市場規模予測、高温計種類別分析(固定型、携帯型)、高温計用途別分析(金属/冶金/鋳造、ガラス産業、セメント産業、セラミック・化学、HVAC、食品・医療)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高温計の市場概観 ・高温計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高温計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高温計の世界市場規模 ・高温計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高温計のアメリカ市場規模推移 ・高温計のカナダ市場規模推移 ・高温計のメキシコ市場規模推移 ・高温計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高温計のドイツ市場規模推移 ・高温計のイギリス市場規模推移 ・高温計のロシア市場規模推移 ・高温計のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・高温計の日本市場規模推移 ・高温計の中国市場規模 …
  • スマート教育およびスマート学習の世界市場:年齢別、コンポーネント別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)、学習モード別、エンドユーザー別(法人、学術機関)、セグメント予測
    スマート教育およびスマート学習の世界市場は2025年には4,232億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率15.2%で成長すると予測されています。スマート教育の需要は、教育の質の向上や教育コンテンツへのアクセスのしやすさなどの利点により、多くの人の間でますます高まっています。スマートフォン、電子ブックリーダー、ラップトップ、eラーニングアプリといった家電製品の採用が増えたことで、従来の学習方法が変わり、学習方法の効率が高まりました。さらに、インターネットのアクセシビリティが向上したことも、この市場の成長に一役買っています。本調査レポートでは、スマート教育およびスマート学習の世界市場について調査・分析し、スマート教育およびスマート学習の世界市場動向、スマート教育およびスマート学習の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート教育およびスマート学習市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用品ネット通販の世界市場予測2021:インフォテインメント・マルチメディア、内装アクセサリー、エンジン部品、タイヤ、電気製品
    当調査レポートでは、自動車用品ネット通販の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、ベンダー別分析、製品ラベル別分析、用品別分析、技術別分析、自動車用品ネット通販の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 二輪車用ABSの世界市場
    当調査レポートでは、二輪車用ABSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車用ABSの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 組立オートメーションの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、組立オートメーション の世界市場について調査・分析し、組立オートメーション の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別組立オートメーション シェア、市場規模推移、市場規模予測、組立オートメーション 種類別分析(ロボットオートメーション機器、その他のオートメーション機器、中央制御システム)、組立オートメーション 用途別分析(自動車、3C産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・組立オートメーション の市場概観 ・組立オートメーション のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・組立オートメーション のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・組立オートメーション の世界市場規模 ・組立オートメーション の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・組立オートメーション のアメリカ市場規模推移 ・組立オートメーション のカナダ市場規模推移 ・組立オートメーション のメキシコ市場規模推移 ・組立オートメーション のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フラン …
  • ダイヤモンド鋸刃の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダイヤモンド鋸刃の世界市場について調査・分析し、ダイヤモンド鋸刃の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダイヤモンド鋸刃シェア、市場規模推移、市場規模予測、ダイヤモンド鋸刃種類別分析(形状、直径寸法、接続技術)、ダイヤモンド鋸刃用途別分析(石材産業、建築産業、セラミック産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダイヤモンド鋸刃の市場概観 ・ダイヤモンド鋸刃のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダイヤモンド鋸刃のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダイヤモンド鋸刃の世界市場規模 ・ダイヤモンド鋸刃の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダイヤモンド鋸刃のアメリカ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のカナダ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のメキシコ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダイヤモンド鋸刃のドイツ市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃のイギリス市場規模推移 ・ダイヤモンド鋸刃 …
  • アザミウマ用バイオ殺虫剤の世界市場:液剤、水分散性顆粒剤、水和剤、ペレット
    当調査レポートでは、アザミウマ用バイオ殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、作物別分析、剤型別分析、有効成分別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 除草剤解毒剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、除草剤解毒剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(ベノキサコール、フリラゾール、ジクロルミド、イソキサジフェン)分析、除草剤の適用段階別分析、除草剤の選択性別分析、作物別(大豆、トウモロコシ、小麦、モロコシ、大麦、米)分析、除草剤解毒剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dアニメーションの世界市場2014-2025:技術別(3Dモデリング、モーショングラフィックス、3Dレンダリング、視覚効果)構成要素別、導入別、用途別、地域別
    本調査レポートでは、3Dアニメーションの世界市場について調査・分析し、3Dアニメーションの世界市場動向、3Dアニメーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dアニメーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアハンドリングユニットの世界市場予測(~2026):用途別(商用、住宅用)、種類別、容量別、地域別
    当調査レポートでは、エアハンドリングユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、種類別分析、容量別分析、地域別分析、エアハンドリングユニットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動水中ポンプ(ESP)の世界市場
    当調査レポートでは、電動水中ポンプ(ESP)の世界市場について調査・分析し、電動水中ポンプ(ESP)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 液圧プレス機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液圧プレス機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液圧プレス機械の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用海藻類の世界市場:製品別(紅藻、褐藻、緑藻)、形態別(液体、粉末、フレーク)、用途別(動物用飼料、食品)、セグメント予測
    業務用海藻類の世界市場は2024年には221億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、海藻由来食品の需要の高まりが考えられます。肥料、飼料、ヘルスケア、医療分野での用途拡大も、海藻類の需要を押し上げています。さらに、寒天、粉末寒天、アルギン酸塩などの海藻抽出物の人気も高まっていることから、業務用海藻類の市場は成長していくものと期待されています。本調査レポートでは、業務用海藻類の世界市場について調査・分析し、業務用海藻類の世界市場動向、業務用海藻類の世界市場規模、市場予測、セグメント別業務用海藻類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チリの股関節再建装置市場見通し
  • 世界のウェーブ・スプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のウェーブ・スプリング市場2016について調査・分析し、ウェーブ・スプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 顔認証の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、顔認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア、ツール、およびサービス)分析、用途エリア別(感情認識、出席追跡および監視、アクセス制御、法執行)分析、業種別分析、顔認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、顔認証の世界市場規模が2019年32億ドルから2024年70億ドルまで年平均16.6%成長すると予測しています。
  • 世界のアントシアニン市場2015
    本調査レポートでは、世界のアントシアニン市場2015について調査・分析し、アントシアニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アスペルギルス症(Aspergillosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアスペルギルス症(Aspergillosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アスペルギルス症(Aspergillosis)の概要 ・アスペルギルス症(Aspergillosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 世界の間質性膀胱炎市場2019
    本調査レポートでは、世界の間質性膀胱炎市場2019について調査・分析し、間質性膀胱炎の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、間質性膀胱炎のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、間質性膀胱炎メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・間質性膀胱炎の市場概要 ・間質性膀胱炎の上流・下流市場分析 ・間質性膀胱炎のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・間質性膀胱炎のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・間質性膀胱炎のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・間質性膀胱炎のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・間質性膀胱炎の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・間質性膀胱炎の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・間質性膀胱炎の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・間質性膀胱炎の北米市場:市場予測(生産 …
  • 全般性不安障害(General Anxiety Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全般性不安障害(General Anxiety Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の概要 ・全般性不安障害(General Anxiety Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全般性不安障害(General Anxiety Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全般性不安障害(General Anxiety …
  • 在宅ニキビ光線療法装置の世界市場予測2019-2024
    「在宅ニキビ光線療法装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、光力学、レーザー、無線周波数、その他など、用途別には、Male、Femaleなどに区分してまとめた調査レポートです。在宅ニキビ光線療法装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・在宅ニキビ光線療法装置の世界市場概要(サマリー) ・在宅ニキビ光線療法装置の企業別販売量・売上 ・在宅ニキビ光線療法装置の企業別市場シェア ・在宅ニキビ光線療法装置の世界市場規模:種類別(光力学、レーザー、無線周波数、その他) ・在宅ニキビ光線療法装置の世界市場規模:用途別(Male、Female) ・在宅ニキビ光線療法装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・在宅ニキビ光線療法装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・在宅ニキビ光線療法装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・在宅ニキビ光線療法装置の中東・ …
  • 産業用無停電電源の世界市場2017-2021:輸送インフラ、精錬・石油化学産業、プロセス産業、電力産業、石油・ガス産業
    当調査レポートでは、産業用無停電電源の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用無停電電源の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 潤滑油精製による副産物の世界市場予測(~2023年):完全精製ワックス、半精製ワックス、ゴムプロセスオイル、ホワイトオイル、ワセリン
    潤滑油精製による副産物の世界市場は、2018年の104億米ドルから2023年には113億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は1.8%と予測されています。パッケージング、ゴム製造、化粧品、および製薬の各業界における成長は、この市場を促進する原動力となると考えられています。当調査レポートでは、潤滑油精製による副産物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(完全精製ワックス、半精製ワックス、ゴムプロセスオイル、ホワイトオイル、ワセリン、その他)分析、潤滑油精製による副産物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エストロゲン受容体ベータ部分的アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるエストロゲン受容体ベータ部分的アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エストロゲン受容体ベータ部分的アゴニストの概要 ・エストロゲン受容体ベータ部分的アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のエストロゲン受容体ベータ部分的アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・エストロゲン受容体ベータ部分的アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・エストロゲン受容体ベータ部分的アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 有機リン及びカーバメート中毒:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における有機リン及びカーバメート中毒の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、有機リン及びカーバメート中毒治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・有機リン及びカーバメート中毒の概要 ・有機リン及びカーバメート中毒の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の有機リン及びカーバメート中毒治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・有機リン及びカーバメート中毒治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・有機リン及びカーバメート中毒治療薬開発 …
  • レンタカーの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、レンタカーの世界市場について調べ、レンタカーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レンタカーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(エコノミーカー、エグゼクティブカー、高級車、SUV、MUV)、予約法別(オフライン、オンライン)、レンタルカテゴリー別(空港輸送、ローカル輸送、駅外輸送、その他の輸送))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はレンタカーの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・レンタカーの市場状況 ・レンタカーの市場規模 ・レンタカーの市場予測 ・レンタカーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(エコノミーカー、エグゼクティブカー、高級車、SUV、MUV) ・市場セグメンテーション:予約法別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:レンタルカテゴリー別(空港輸送、ローカル輸送、駅外輸送、その他の輸送) ・レンタカーの顧客状況 ・主要 …
  • トラック式高所作業車(AWP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、トラック式高所作業車(AWP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トラック式高所作業車(AWP)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はトラック式高所作業車(AWP)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CTE • MORITA HOLDINGS CORPORATION• Versa Lift• PALFINGER• Terex等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"