"フィンテックソフトウェアの世界市場2018-2022"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR22252)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フィンテックソフトウェアの世界市場2018-2022"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Fintech Software

FinTech software is used by financial companies such as payments bank, retail and institutional banks, insurance providers, and other non-banking corporations to maintain account processing, customer profiles, account information, eligibility evaluation, and other financial activities related to marketing, branding, and promotion.

Technavio’s analysts forecast the global fintech software market to grow at a CAGR of 7.39% during the period 2018-2022.

Covered in this report
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global fintech software market for 2018-2022. To calculate the market size, the report presents a detailed picture of the market by way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Fintech Software Market 2018-2022, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

Key vendors
• Accenture
• IBM
• Microsoft
• Oracle
• Red Hat
• SAP

Market driver
• Need to improve business efficiency
• For a full, detailed list, view our report

Market challenge
• Data privacy and security concerns
• For a full, detailed list, view our report

Market trend
• Rising demand for data integration and visual analytics
• For a full, detailed list, view our report

Key questions answered in this report
• What will the market size be in 2022 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"フィンテックソフトウェアの世界市場2018-2022"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
PART 03: RESEARCH METHODOLOGY
PART 04: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 05: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2017
• Market size and forecast 2017-2022
PART 06: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Segmentation by end-user
• Comparison by end-user
• Banking – Market size and forecast 2017-2022
• Insurance – Market size and forecast 2017-2022
• Securities – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity by end-user
PART 09: REGIONAL LANDSCAPE
• Geographical segmentation
• Regional comparison
• Americas – Market size and forecast 2017-2022
• EMEA – Market size and forecast 2017-2022
• APAC – Market size and forecast 2017-2022
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 12: MARKET TRENDS
• Rising demand for data integration and visual analytics
• Growing interest among organizations in supply chain visibility
• Adoption of cloud-based services
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive landscape
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Accenture
• IBM
• Microsoft
• Oracle
• Red Hat
• SAP
PART 15: APPENDIX
• List of abbreviations

Exhibit 01: Parent market
Exhibit 02: Global IT software market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 06: Market size 2017
Exhibit 07: Validation techniques employed for market sizing 2017
Exhibit 08: Global – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 09: Global – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2017
Exhibit 11: Five forces analysis 2022
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2017
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: End-user – Market share 2017-2022 (%)
Exhibit 20: Comparison by end-user
Exhibit 21: Banking – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 22: Banking – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 23: Insurance – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 24: Insurance – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 25: Securities – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 26: Securities – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 27: Market opportunity by end-user
Exhibit 28: Global – Market share by geography 2017-2022 (%)
Exhibit 29: Regional comparison
Exhibit 30: Americas – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 31: Americas – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 32: Top 3 countries in Americas
Exhibit 33: EMEA – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 34: EMEA – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 35: Top 3 countries in EMEA
Exhibit 36: APAC – Market size and forecast 2017-2022 ($ bn)
Exhibit 37: APAC – Year-over-year growth 2018-2022 (%)
Exhibit 38: Top 3 countries in APAC
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Vendor landscape
Exhibit 41: Landscape disruption
Exhibit 42: Vendors covered
Exhibit 43: Vendor classification
Exhibit 44: Market positioning of vendors
Exhibit 45: Accenture overview
Exhibit 46: Accenture – Business segments
Exhibit 47: Accenture – Organizational developments
Exhibit 48: Accenture – Geographic focus
Exhibit 49: Accenture – Segment focus
Exhibit 50: Accenture – Key offerings
Exhibit 51: Accenture – Key customers
Exhibit 52: IBM overview
Exhibit 53: IBM – Business segments
Exhibit 54: IBM – Organizational developments
Exhibit 55: IBM – Geographic focus
Exhibit 56: IBM – Segment focus
Exhibit 57: IBM – Key offerings
Exhibit 58: IBM – Key customers
Exhibit 59: Microsoft overview
Exhibit 60: Microsoft – Business segments
Exhibit 61: Microsoft – Organizational developments
Exhibit 62: Microsoft – Geographic focus
Exhibit 63: Microsoft – Segment focus
Exhibit 64: Microsoft – Key offerings
Exhibit 65: Microsoft – Key customers
Exhibit 66: Oracle overview
Exhibit 67: Oracle – Business segments
Exhibit 68: Oracle – Organizational developments
Exhibit 69: Oracle – Geographic focus
Exhibit 70: Oracle – Segment focus
Exhibit 71: Oracle – Key offerings
Exhibit 72: Oracle – Key customers
Exhibit 73: Red Hat overview
Exhibit 74: Red Hat – Business segments
Exhibit 75: Red Hat – Organizational developments
Exhibit 76: Red Hat – Geographic focus
Exhibit 77: Red Hat – Segment focus
Exhibit 78: Red Hat – Key offerings
Exhibit 79: Red Hat – Key customers
Exhibit 80: SAP overview
Exhibit 81: SAP – Business segments
Exhibit 82: SAP – Organizational developments
Exhibit 83: SAP – Geographic focus
Exhibit 84: SAP – Segment focus
Exhibit 85: SAP – Key offerings
Exhibit 86: SAP – Key customers

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フィンテックソフトウェアの世界市場2018-2022
【発行日】2018年6月6日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR22252
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT・通信
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フィンテックソフトウェアの世界市場2018-2022についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 硬質バルク包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、硬質バルク包装の世界市場について調査・分析し、硬質バルク包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 硬質バルク包装の世界市場:市場動向分析 - 硬質バルク包装の世界市場:競争要因分析 - 硬質バルク包装の世界市場:材料別 ・鋼鉄 ・プラスチック ・木材パネル - 硬質バルク包装の世界市場:製品別 ・硬質バルク容器 ・荷物用コンテナ ・硬質フレキシブルコンテナ(RIBC) ・荷物用箱 ・バケツ ・ドラム缶 - 硬質バルク包装の世界市場:エンドユーザー別 ・塗装・コーティング ・化学 ・農業 ・洗剤 ・調剤 ・食品・飲料 - 硬質バルク包装の世界市場:主要地域別分析 - 硬質バルク包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 硬質バルク包装のヨーロッパ市場規模 - 硬質バルク包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・硬質バルク包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症の概要 ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)の概要 ・転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・転移性肺がん(Metastatic Lung Cancer)治療薬の評価    …
  • 鉄道車両移動機の世界市場
    当調査レポートでは、鉄道車両移動機の世界市場について調査・分析し、鉄道車両移動機の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 高周波SAWの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高周波SAWの世界市場について調査・分析し、高周波SAWの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高周波SAWシェア、市場規模推移、市場規模予測、高周波SAW種類別分析(整調可能、整調不可能)、高周波SAW用途別分析(電子、遠距離通信、製造、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高周波SAWの市場概観 ・高周波SAWのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高周波SAWのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高周波SAWの世界市場規模 ・高周波SAWの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高周波SAWのアメリカ市場規模推移 ・高周波SAWのカナダ市場規模推移 ・高周波SAWのメキシコ市場規模推移 ・高周波SAWのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高周波SAWのドイツ市場規模推移 ・高周波SAWのイギリス市場規模推移 ・高周波SAWのロシア市場規模推移 ・高周波SAWのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南 …
  • 展開再生医療の世界市場展望:幹細胞治療、組織工学、遺伝子治療
    当調査レポートでは、展開再生医療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・展開再生医療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・展開再生医療の世界市場:セグメント別市場分析  (幹細胞治療、組織工学、遺伝子治療) ・展開再生医療の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 戦場管理システム(BMS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、戦場管理システム(BMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、システム別分析、構成要素別分析、地域別分析、戦場管理システム(BMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酪農家畜管理の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、酪農家畜管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、ソフトウェア別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の主要ロボット市場:産業ロボット、サービスロボット
  • ロッククライミング用品の世界市場2018-2022
    オンラインレビューの登場やインターネットに簡単にアクセスできるようになり、ロッククライミング用品の需要が高まっています。インターネットアクセスとスマートフォンの技術進歩により、アドベンチャーツーリズム産業が急速に成長し、またアドベンチャーホリディ(休日)の計画、予約、経験をさらに簡単になり、その結果旅行行程全体を最適化できるようになると期待されています。 例えば、2017年1月、人気の旅行レビューサイトであるトリップアドバイザーは、4億3,500万件の公平なレビューと、月平均3億8,000万人の新しい訪問者を計上しました。 Technavioのアナリストは、ロッククライミング用品の世界市場が、2022年までに約10%のCAGRで成長すると予測しています 主な分析対象企業は、Black Diamond Equipment、C.A.M.P. USA、Grivel Srl、Mammut Sports Group、The Petzl Groupなどです。 当調査レポートでは、ロッククライミング用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロッククライミング用品市場規模、流通経路別(オ …
  • 世界のターボ圧縮機市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボ圧縮機市場2015について調査・分析し、ターボ圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サーバーレスアーキテクチャの世界市場:展開モデル別(パブリッククラウド、プライベートクラウド)、用途別(リアルタイムファイル/ストリーム処理、Webアプリ開発、IoTバックエンド、およびその他)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(金融、IT&テレコム、ヘルスケア、製造、メディア&エンターテイメント、公共部門、小売&Eコマース、その他)
    本資料は、サーバーレスアーキテクチャの世界市場について調べ、サーバーレスアーキテクチャの世界規模、市場動向、市場環境、展開モデル別(パブリッククラウド、プライベートクラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(金融、IT&テレコム、ヘルスケア、製造、メディア&エンターテイメント、公共部門、小売&Eコマース、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・サーバーレスアーキテクチャの世界市場概要 ・サーバーレスアーキテクチャの世界市場環境 ・サーバーレスアーキテクチャの世界市場動向 ・サーバーレスアーキテクチャの世界市場規模 ・サーバーレスアーキテクチャの世界市場:展開モデル別(パブリッククラウド、プライベートクラウド) ・サーバーレスアーキテクチャの世界市場:用途別(リアルタイムファイル/ストリーム処理、Webアプリ開発、IoTバックエンド、およびその他) ・サーバーレスアーキテクチャの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ …
  • 歯磨き粉の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 透水性舗装の世界市場予測(~2026): 透水性コンクリート、ポーラスアスファルト、インターロッキングコンクリートペーバー
    当調査レポートでは、透水性舗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、材料別分析、デザイン別分析、地域別分析、透水性舗装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のCNC旋盤市場2015
    本調査レポートでは、世界のCNC旋盤市場2015について調査・分析し、CNC旋盤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パンティライナー(おりものシート)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パンティライナー(おりものシート)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パンティライナー(おりものシート)の世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のサファイアインゴット市場2015
    本調査レポートでは、中国のサファイアインゴット市場2015について調査・分析し、サファイアインゴットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Time Sensitive Networking(TSN)の世界市場:エンドユーザー別(工業オートメーション、電力・エネルギー、自動車、輸送、石油・ガス、航空宇宙、その他)、地域別予測
    本資料は、Time Sensitive Networking(TSN)の世界市場について調べ、Time Sensitive Networking(TSN)の世界規模、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(工業オートメーション、電力・エネルギー、自動車、輸送、石油・ガス、航空宇宙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco Systems Inc.、NXP Semiconductors N.V.、Marvell Technology Group Ltd.、Microsemi Corporation、Intel Corporation、Nationals Instruments Corporation、Analog Devices Inc.、Belden Inc.、Broadcom Limited、Testbed Ecosystemsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・Time Sensitive Networking(TSN)の世界 …
  • 化学センサーの世界市場2017-2021:バイオセンサー、ガスセンサー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、化学センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化学センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は化学センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.73%成長すると予測しています。
  • ロシアの遺伝子検査市場動向(~2021)
  • シェアードサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シェアードサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シェアードサービスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はシェアードサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cognizant• Infosys• SAP• TCS• Wipro等です。
  • アドヒアランス・パッケージングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、アドヒアランス・パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、システム別分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、アドヒアランス・パッケージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田用特殊化学薬品の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、油田用特殊化学薬品の世界市場について調査・分析し、油田用特殊化学薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・油田用特殊化学薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・油田用特殊化学薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・油田用特殊化学薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 真空遮断器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、真空遮断器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、真空遮断器の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 接着剤およびシーリング材の世界市場予測
  • 眼科レーザーの世界市場予測(~2021年):フェムト秒レーザー、エキシマレーザー、Nd:YAGレーザー、ダイオードレーザー
    当調査レポートでは、眼科レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、眼科レーザーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インビトロ毒物検査の世界市場:発癌性、経皮毒性、遺伝毒性、全身毒性、眼毒性、皮膚感作性、神経毒性、臓器毒性
    当調査レポートでは、インビトロ毒物検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、種類別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の核磁気共鳴(NMR)分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界の核磁気共鳴(NMR)分光計市場2015について調査・分析し、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バリア樹脂の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バリア樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリア樹脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場2020-2024」は、産業用食品及び飲料ろ過システムについて市場概要、市場規模、製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場:製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • コンテナ・フリートの世界市場2017-2021:ドライコンテナ、リーファーコンテナ、タンクコンテナ
    当調査レポートでは、コンテナ・フリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテナ・フリートの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ジオメンブレンの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、製造プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、ジオメンブレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 膜ろ過の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、膜ろ過の世界市場規模が2017年114.8億ドルから2026年237.4億ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、膜ろ過の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、膜ろ過市場規模、モジュールデザイン別(中空糸、管状システム、プレート&フレームおよび中空糸、らせん状の傷)分析、膜材料別(ポリスルホン、酢酸セルロース、高分子、セラミック)分析、種類別(限外ろ過(UF)、ナノろ過(NF)、精密ろ過(MF)、逆浸透(RO))分析、用途別(製薬産業、産業・製造、水・廃水、食品・飲料分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 膜ろ過の世界市場:市場動向分析 ・ 膜ろ過の世界市場:競争要因分析 ・ 膜ろ過の世界市場:モジュールデザイン別(中空糸、管状システム、プレート&フレームおよび中空糸、らせん状の傷) ・ 膜ろ過の世界市場:膜材料別(ポリスルホン、酢酸セルロース、高分子、セラミック) ・ 膜ろ …
  • 世界の医療用接着テープ市場:詳細分析レポート2017-2022
  • リチウム電池用アノード材料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リチウム電池用アノード材料の世界市場について調査・分析し、リチウム電池用アノード材料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リチウム電池用アノード材料シェア、市場規模推移、市場規模予測、リチウム電池用アノード材料種類別分析(天然黒鉛、合成黒鉛、その他)、リチウム電池用アノード材料用途別分析(電池、蓄電池、デジタルバッテリ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リチウム電池用アノード材料の市場概観 ・リチウム電池用アノード材料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リチウム電池用アノード材料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リチウム電池用アノード材料の世界市場規模 ・リチウム電池用アノード材料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リチウム電池用アノード材料のアメリカ市場規模推移 ・リチウム電池用アノード材料のカナダ市場規模推移 ・リチウム電池用アノード材料のメキシコ市場規模推移 ・リチウム電池用アノード材料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場
    当調査レポートでは、WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場について調査・分析し、WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のOBDテレマティクス市場2015
    本調査レポートでは、世界のOBDテレマティクス市場2015について調査・分析し、OBDテレマティクスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 永久磁石の世界市場分析:材料別(アルミニウムニッケルコバルト(AlNiCo)、フェライト、サマリウムコバルト(SaCo)、ネオジム鉄ホウ素(NdFeB))、用途別(自動車、電子、産業、エネルギー、航空宇宙、医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、永久磁石の世界市場動向、永久磁石の世界市場規模、市場予測、セグメント別永久磁石市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 建設用レーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設用レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用レーザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は建設用レーザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Fortive• HEXAGON• Robert Bosch• Stanley Black & Decker• Trimble等です。
  • デキストランの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デキストランの世界市場について調査・分析し、デキストランの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デキストランシェア、市場規模推移、市場規模予測、デキストラン種類別分析(デキストラン20、デキストラン40、デキストラン60、デキストラン70、その他)、デキストラン用途別分析(注射・注入用溶液、デキストラン誘導体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デキストランの市場概観 ・デキストランのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デキストランのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デキストランの世界市場規模 ・デキストランの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デキストランのアメリカ市場規模推移 ・デキストランのカナダ市場規模推移 ・デキストランのメキシコ市場規模推移 ・デキストランのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・デキストランのドイツ市場規模推移 ・デキストランのイギリス市場規模推移 ・デキストランのロシア市場 …
  • カナダの滅菌器市場見通し(~2021)
  • 筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)の概要 ・筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 先進創傷治療の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • 血管性浮腫(Angioedema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血管性浮腫(Angioedema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管性浮腫(Angioedema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血管性浮腫(Angioedema)のフェーズ3治験薬の状況 ・血管性浮腫(Angioedema)治療薬の市場規模(販売予測) ・血管性浮腫(Angioedema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血管性浮腫(Angioedema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血管性浮腫(Angioedema)治療薬剤
  • ベルギーの心臓人工弁市場見通し
  • 園芸用具の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、園芸用具の世界市場について調査・分析し、園芸用具の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 園芸用具の世界市場:市場動向分析 - 園芸用具の世界市場:競争要因分析 - 園芸用具の世界市場:種類別 ・除雪機 ・芝・地面用設備 ・草刈り機 ・ブロワー,バキューム,スウィーパー ・園芸用トラクター ・植木用の電気バリカンまたは刈り払い機 ・水処理装置 ・手工具 ・その他 - 園芸用具の世界市場:エンドユーザー別 ・商用/自治体 ・住居用 - 園芸用具の世界市場:主要地域別分析 - 園芸用具の北米市場規模(アメリカ市場等) - 園芸用具のヨーロッパ市場規模 - 園芸用具のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・園芸用具の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • デオキシリボ核酸(DNA)精製の世界市場
    当調査レポートでは、デオキシリボ核酸(DNA)精製の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デオキシリボ核酸(DNA)精製の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工心臓弁の世界市場予測(~2022年):経カテーテル心臓弁、組織心臓弁、機械式心臓弁
    当調査レポートでは、人工心臓弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、地域別分析、人工心臓弁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テレプレゼンスロボットの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、テレプレゼンスロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、コンポーネント別(ヘッド、ボディ)分析、タイプ別分析、用途別(教育、ヘルスケア、企業、ホームケア)分析、テレプレゼンスロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"