"世界の木材カテゴリー:購買市場インテリジェンス"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRCMSTR15071)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の木材カテゴリー:購買市場インテリジェンス"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Lumber MarketLumber is a wood product that is structurally sturdy and flexible. It is generally categorized as a forest resource sourced from regions with timber harvest called Timberland. Though it has several other uses it is mainly used for structural purposes. Also, the global construction industry will account for 65%-70% of the category demand.

Covered in this report
The report provides actionable insights to improve source-to-contract cycle performance in the Global Lumber Market. It helps sourcing professionals formulate better category strategies, enhance savings, understand supplier and market challenges, and implement sourcing best practices.

SpendEdge’s report, Global Lumber Market, provides up-to-date information about market shifts and potential risks, as well as in-depth knowledge of products and services, which can help in planning and in executing category management activities. It focuses on the cost-saving aspects of procurement and on providing insights that can lead to the optimization of category spend.

Category driver
• Growing demand from the global construction industry
• For a full, detailed list, view our report
Category management strategy
• Focus on identifying cost-saving opportunities
• For a full, detailed list, view our report
Procurement best practices
• Collaborating with suppliers for category innovation
• For a full, detailed list, view our report
Key questions answered in this report
• What are the market dynamics?
• What are the key market trends?
• What are the category growth drivers?
• What are the constraints on category growth?
• Who are the suppliers in this market?
• What are the demand-supply shifts?
• What are the major category requirements?
• What are the procurement best practices in this market?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社SpendEdgeが"世界の木材カテゴリー:購買市場インテリジェンス"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents
PART 01: Executive Summary
PART 02: Market Insights
• Global category spend
• Category spend growth
• Spend segmentation by region
• Regional spend dynamics
• Regional influence on global spend
• Regional spend opportunity for suppliers
PART 03: Category Pricing Insights
• Pricing outlook
• Supplier cost structure
• Outlook for input costs
• Total cost of ownership analysis
• Overview of pricing models
• Comparison of pricing models
• Supply chain margins
• Cost drivers impacting pricing
• Volume drivers impacting pricing
PART 04: Cost-Saving Opportunities
• Supplier-side levers
• Buyer-side levers
• Quantifying cost-saving opportunities
• Quantifying cost savings by negotiation strategies
PART 05: Best Practices
• Innovation and success stories
• Procurement excellence best practices
• Procurement best practices
• Sustainability practices
PART 06: Category Ecosystem
• Market favorability index for suppliers
• Competitiveness index for suppliers
• Buyer power
• Supplier power
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Buyer ecosystem
• Supplier ecosystem
PART 07: Category Management Strategy
• Category management objectives
• Supplier and buyer KPIs
• Outsourcing category management activities
• Risk management
PART 08: Category Management Enablers
• Procurement organization
• Category enablers
PART 09: Suppliers Selection
• RFx Essentials
• Supplier selection criteria
• Service Level Agreement
• Incumbent supplier evaluation metrics
PART 10: Suppliers Under Coverage
• Overview
• Supplier positioning
• Profile: Weyerhaeuser Company
• Profile: Rayonier Inc.
• Profile: PotlatchDeltic Corporation
• Profile: West Fraser
• Profile: Tolko Industries Ltd.
• Profile: East Bros Lumber Ltd.
PART 11: US Market Insights
• Category spend in the US
• Price outlook
• Supplier cost structure in the US
• Margins of suppliers in the US
• Category cost drivers
• Category volume drivers
• Overview of best practices in the US
• Procurement best practices in the US
• US supply market overview
• Supplier positioning for the US
• Regional category risks
PART 12: Category Definition
• Category hierarchy
• Category scope
• Category map
PART 13: Appendix
• List of abbreviations
• Key notes
List of Exhibits
• Global category spend (2017-2022)
• Category spend growth (2017-2022)
• Regional spend dynamics
• Regional spend dynamics
• Comparison of category maturity across regions
• Regional spend opportunity for suppliers (2017-2022)
• Category pricing dynamics
• Supplier cost breakup
• Input cost dynamics
• Total cost of ownership model
• Benefit comparison of pricing models
• Pricing models – comparison matrix
• Supplier margin analysis
• Margin analysis across supply chain
• Cost drivers
• Volume drivers
• Cost-saving opportunities: Supply-side levers
• Cost-saving opportunities: Demand-side levers
• Quantifying cost-saving opportunities
• Negotiation grid
• Innovation and success stories
• Procurement excellence summary: Impact on the category
• Supplier relationship management metrics
• Strategic sourcing and category management metrics
• Technology-facilitated procurement metrics
• Procurement best practices dashboard
• Sustainability practices: Impact on the category
• Sustainability best practices
• Market environment score
• Market competitiveness score
• Buyer power score
• Supplier power score
• Ease of market entry score
• Ease of substitution score
• Buyer ecosystem: Outlook
• Supplier ecosystem: Outlook
• Ecosystem disruption threats
• Key category management objectives
• Supplier KPI dashboard: Importance for the category
• Buyer KPI dashboard: Importance for the category
• Category management enablers
• Risk management matrix
• Category enablers: Procurement model
• Category enablers: Technology
• RFx questions
• Phase I RFI considerations
• SLA terms
• Supplier performance benchmarking criteria
• Supplier operational capability matrix
• Supplier positioning matrix
• Weyerhaeuser Company – Key information dashboard
• Rayonier Inc.– Key information dashboard
• PotlatchDeltic Corporation – Key information dashboard
• West Fraser – Key information dashboard
• Tolko Industries Ltd.– Key information dashboard
• East Bros Lumber Ltd.– Key information dashboard
• US category spend (2017-2022)
• Category pricing dynamics
• Supplier cost breakup
• Supplier margin analysis
• Margin analysis across supply chain
• Cost drivers
• Volume drivers
• Procurement excellence summary: Impact on the category
• Supplier relationship management
• Strategic sourcing and category management
• Technology-facilitated procurement
• Procurement best practices dashboard
• Supplier operational capability matrix
• Supplier positioning matrix
• Risk management matrix
• Category definition
• Category nuances
• Importance of category relative to other categories

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の木材カテゴリー:購買市場インテリジェンス
【発行日】2018年10月8日
【調査会社】SpendEdge
【コード】IRCMSTR15071
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【キーワード】木材
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の木材カテゴリー:購買市場インテリジェンスについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • チェコの電気生理装置市場見通し
  • 航空機構造の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、航空機構造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、構成品別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、航空機構造の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳損傷(Brain Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳損傷(Brain Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳損傷(Brain Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳損傷(Brain Injury)の概要 ・脳損傷(Brain Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳損傷(Brain Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳損傷(Brain Injury)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳 …
  • 世界の銅殺菌剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の銅殺菌剤市場2016について調査・分析し、銅殺菌剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロスフェアの世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、マイクロスフェアの世界市場について調査・分析し、マイクロスフェアの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・マイクロスフェアの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・マイクロスフェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・マイクロスフェアの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • テレビ会議の世界市場
    当調査レポートでは、テレビ会議の世界市場について調査・分析し、テレビ会議の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 更生タイヤの米国市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、更生タイヤの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、更生タイヤの米国市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は更生タイヤの米国市場が2017-2021年期間中に年平均13.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bridgestone、Continental、Goodyear Tire & Rubber Company、Marangoni、MICHELIN等です。
  • 界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、界面活性剤市場規模、基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤)分析、種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤)分析、用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、洗剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 界面活性剤の世界市場:基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、 …
  • コア材料の世界市場予測(~2022年):フォーム、ハニカム、バルサ
    当調査レポートでは、コア材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、コア材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 真空蒸着装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、真空蒸着装置の世界市場について調査・分析し、真空蒸着装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別真空蒸着装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、真空蒸着装置種類別分析()、真空蒸着装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・真空蒸着装置の市場概観 ・真空蒸着装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・真空蒸着装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・真空蒸着装置の世界市場規模 ・真空蒸着装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・真空蒸着装置のアメリカ市場規模推移 ・真空蒸着装置のカナダ市場規模推移 ・真空蒸着装置のメキシコ市場規模推移 ・真空蒸着装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・真空蒸着装置のドイツ市場規模推移 ・真空蒸着装置のイギリス市場規模推移 ・真空蒸着装置のロシア市場規模推移 ・真空蒸着装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・真空蒸着装置の日本市場規模推移 ・真 …
  • アイルランドの心臓血管手術装置市場見通し
  • デプス(深度)センシングの世界市場:コンポーネント別(照明器、レンズモジュール・カメラ、センサー)、種類別(パッシブ、アクティブ)、技術別(構造化ライト、立体視覚、タイムオブフライト)、最終用途産業別(民生機器、自動車、工業、ビルオートメーション、医療、その他)、地域別予測
    本資料は、デプス(深度)センシングの世界市場について調べ、デプス(深度)センシングの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(照明器、レンズモジュール・カメラ、センサー)分析、タイプ別(パッシブ、アクティブ)分析、技術別(構造化ライト、立体視覚、タイムオブフライト)分析、最終用途産業別(民生機器、自動車、工業、ビルオートメーション、医療、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デプス(深度)センシングの世界市場概要 ・デプス(深度)センシングの世界市場環境 ・デプス(深度)センシングの世界市場動向 ・デプス(深度)センシングの世界市場規模 ・デプス(深度)センシングの世界市場規模:コンポーネント別(照明器、レンズモジュール・カメラ、センサー) ・デプス(深度)センシングの世界市場規模:タイプ別(パッシブ、アクティブ) ・デプス(深度)センシングの世界市場規模:技術別(構造化ライト、立体視覚、タイムオブフライト) ・デプス(深度)セ …
  • プリプレグの世界市場:繊維種類別(炭素繊維、ガラス繊維)、樹脂種類別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)、製造工程別、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、プリプレグの世界市場について調査・分析し、プリプレグの世界市場動向、プリプレグの世界市場規模、市場予測、セグメント別プリプレグ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の呼吸測定装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、呼吸測定装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸測定装置の概要 ・呼吸測定装置の開発動向:開発段階別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:セグメント別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:領域別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:規制Path別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別呼吸測定装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・呼吸測定装置の最近動向
  • 世界の産業用ディーゼル発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用ディーゼル発電機市場2015について調査・分析し、産業用ディーゼル発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プレミアム容器入り飲料水の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、プレミアム容器入り飲料水の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレミアム容器入り飲料水の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプレミアム容器入り飲料水の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Danone、GEROLSTEINER BRUNNEN、Nestlé、The Coca-Cola Company、Tibet Water Resources等です。
  • 油圧式ドージングポンプの世界市場2019-2023
    油圧式ドージングポンプ市場における広範な技術開発により、プログラム可能な油圧式ドーシングポンプが開発されました。油圧式ドーシングポンプメーカーは、複数のプログラミングプラットフォームをサポートし、記録の監視と追跡のための包括的なデータを表示できるインテリジェントなプログラマブルポンプを提供しています。これらの油圧式ドーシングポンプは、プロセス、化学、製薬業界などのエンドユーザーにおいて様々な用途に使用できます。このように、プログラマブル油圧式ドージングポンプの需要が高まりは、予測期間中の市場の成長を促進する傾向の一つとなっています。 Technavioのアナリストは、油圧式ドージングポンプの世界市場が2023年までに4%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Dover、Grundfos、IDEX、Iwaki、SEKOなどです。 当調査レポートでは、油圧式ドージングポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、油圧式ドージングポンプ市場規模、エンドユーザー別(化学工業、石油・ガス産業、水処理産業、食品・飲料業界、その他の産業)分析、市場動向、競争環境 …
  • セラミックタイルの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(床、壁、天井)別分析、建築タイプ別分析、需要先別分析、地域別分析、セラミックタイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート灌漑の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、スマート灌漑の世界市場について調査・分析し、スマート灌漑の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・スマート灌漑の世界市場:市場動向分析 ・スマート灌漑の世界市場:競争要因分析 ・スマート灌漑の世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマート灌漑の世界市場:灌水制御装置別分析/市場規模 ・スマート灌漑の世界市場:ハードウェア・ネットワークコンポーネント別分析/市場規模 ・スマート灌漑の世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマート灌漑の北米市場規模・分析 ・スマート灌漑の欧州市場・分析 ・スマート灌漑のアジア市場・分析 ・スマート灌漑の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬物乱用検査の世界市場:アメリカ、ヨーロッパ、日本市場の検査数および販売予測
  • 世界の手動蘇生器市場2015
    本調査レポートでは、世界の手動蘇生器市場2015について調査・分析し、手動蘇生器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工肛門用パウチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、人工肛門用パウチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工肛門用パウチの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用安全梯子の世界市場
    当調査レポートでは、産業用安全梯子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用安全梯子の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の実体顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の実体顕微鏡市場2015について調査・分析し、実体顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用リフティングスリングの世界市場
    当調査レポートでは、医療用リフティングスリングの世界市場について調査・分析し、医療用リフティングスリングの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の臭化メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界の臭化メチル市場2015について調査・分析し、臭化メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアミド46(ナイロン46)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド46(ナイロン46)市場2015について調査・分析し、ポリアミド46(ナイロン46)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 坑井介入の北米市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、坑井介入の北米市場規模が2019年30億ドルから2024年42億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • 研磨剤の世界市場2019-2023
    研磨材は、被加工物を研削、研磨、清掃し、目的の形状・仕上げのために使われます。研磨剤は、表面の研磨、バフ研磨、ホーニング、サンディングに使用します。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、研磨剤の世界市場が 5.65%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、3M、Asahi Diamond Industrial、Fujimi、Henkel、Robert Bosch、Saint-Gobainなどです。 当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研磨剤市場規模、エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研磨剤の世界市場概要 ・研磨剤の世界市場環境 ・研磨剤の世界市場動向 ・研磨剤の世界市場規模 ・研磨剤の世界市場:業界構造分析 ・研磨剤の世界市場:エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他 …
  • 騎乗式トロウェルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、騎乗式トロウェルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、騎乗式トロウェル市場規模、操舵装置別(機械式、油圧式)分析、刃の直径別(36”、46”/48”、48”超)分析、燃料別(電気、ガソリン、ディーゼル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:市場動向分析 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:競争要因分析 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:操舵装置別(機械式、油圧式) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:刃の直径別(36”、46”/48”、48”超) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:燃料別(電気、ガソリン、ディーゼル) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:主要地域別分析 ・ 騎乗式トロウェルの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 騎乗式トロウェルのヨーロッパ市場規模 ・ 騎乗式トロウェルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・騎乗式トロウェルの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界のトルク変換器市場2015
    本調査レポートでは、世界のトルク変換器市場2015について調査・分析し、トルク変換器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CPVCパイプ・フィッティングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、CPVCパイプ・フィッティングの世界市場について調査・分析し、CPVCパイプ・フィッティングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別CPVCパイプ・フィッティングシェア、市場規模推移、市場規模予測、CPVCパイプ・フィッティング種類別分析(CPVCパイプ、CPVCフィッティング)、CPVCパイプ・フィッティング用途別分析(化学処理、工業生産、排水処理)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・CPVCパイプ・フィッティングの市場概観 ・CPVCパイプ・フィッティングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・CPVCパイプ・フィッティングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・CPVCパイプ・フィッティングの世界市場規模 ・CPVCパイプ・フィッティングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・CPVCパイプ・フィッティングのアメリカ市場規模推移 ・CPVCパイプ・フィッティングのカナダ市場規模推移 ・CPVCパイプ・フィッティングのメキシコ市場規模推移 ・CPV …
  • 世界の養蜂市場:蜂蜜、蜜蝋、ミツバチ
  • 食品添加物の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品添加物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品添加物の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 掻痒症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、掻痒症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、掻痒症治療薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は掻痒症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allergan• GlaxoSmithKline• Pfizer• Sanofi等です。
  • 世界の廃水処理装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の廃水処理装置市場2015について調査・分析し、廃水処理装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 蜂窩織炎(Cellulitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、蜂窩織炎(Cellulitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・蜂窩織炎(Cellulitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・蜂窩織炎(Cellulitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・蜂窩織炎(Cellulitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・蜂窩織炎(Cellulitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・蜂窩織炎(Cellulitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の蜂窩織炎(Cellulitis)治療薬剤
  • 世界のファイバースコープ市場2016
    本調査レポートでは、世界のファイバースコープ市場2016について調査・分析し、ファイバースコープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別先進運転支援システム(ADAS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、先進運転支援システム(ADAS)種類別分析(アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱警告(LDW)システム、駐車アシスト、死角検知、その他)、先進運転支援システム(ADAS)用途別分析(乗用車、小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・先進運転支援システム(ADAS)の市場概観 ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模 ・先進運転支援システム(ADAS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・先進運転支援システム(ADAS)のアメリカ市場規模推移 ・先進 …
  • 電子運行記録装置(ELD)の世界市場予測(~2025年)
    電子運行記録装置(ELD)の世界市場は、2018年の125億米ドルから2025年には166億米ドルに達し、この期間中4.13%の年平均成長率で成長すると予測されています。欧州におけるこの市場の成長を促す要因として、デジタルタコグラフとして知られる電子運行記録装置に関連する規制が考えられます。2006年以降、GVWRが3.5トンを超えるすべての商用車にデジタルタコグラフが義務付けられています。当調査レポートでは、電子運行記録装置(ELD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ディスプレイ、テレマティクスユニット)分析、フォームファクタ(組み込み、統合)分析、新規・アフターサービス(エントリーレベル、ミドルレンジ、ハイエンド)分析、車両タイプ(トラック、バス、LCV)分析、電子運行記録装置(ELD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び日本のイースト市場2017-2022
  • 心筋虚血(Myocardial Ischemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心筋虚血(Myocardial Ischemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心筋虚血(Myocardial Ischemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心筋虚血(Myocardial Ischemia)の概要 ・心筋虚血(Myocardial Ischemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心筋虚血(Myocardial Ischemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心筋虚血(Myocardial Ischemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • エアゾールバルブの世界市場分析:製品別(定量弁、絞り弁)、用途別(パーソナルケア、家庭用、自動車・産業、食品、塗料、医療)、セグメント予測 2022
    本調査レポートでは、エアゾールバルブの世界市場について調査・分析し、エアゾールバルブの世界市場動向、エアゾールバルブの世界市場規模、市場予測、セグメント別エアゾールバルブ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 無線LANチップセットの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、無線LANチップセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、標準別分析、バンド別分析、種類別分析、製品別分析、無線LANチップセットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用画像センサの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • パラセーリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パラセーリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パラセーリング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、スマート・スタジアム(競技場)の世界市場について調べ、スマート・スタジアム(競技場)の世界規模、市場動向、市場環境、ソフトウェア別分析、サービス別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場概要 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場環境 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場動向 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模:ソフトウェア別 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模:サービス別 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート・スタジアム(競技場)の北米市場規模・予測 ・スマート・スタジアム(競技場)のアメリカ市場規模・予測 ・スマート・スタジアム(競技場 …
  • 世界の発電機用回路遮断器市場2016
    本調査レポートでは、世界の発電機用回路遮断器市場2016について調査・分析し、発電機用回路遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゾルゲル塗料の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ゾルゲル塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゾルゲル塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はゾルゲル塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、Akzo Nobel、PPG Industries、SCHOTT、SOCOMORE等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"