"世界のレーザ加工カテゴリー:購買市場インテリジェンス"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRCMSTR15077)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のレーザ加工カテゴリー:購買市場インテリジェンス"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Laser Processing MarketLaser processing involves the use of laser technology for material processing applications. Laser technology is used for applications such as welding, cutting, micro-machining, thin-film ablation, addictive manufacturing, cleaning, and many others. The implementation of this technology in the industrial and manufacturing industry leads to precise and accurate industrial processes.
Covered in this report
The report provides actionable insights to improve source-to-contract cycle performance in the Global Laser Processing Market. It helps sourcing professionals formulate better category strategies, enhance savings, understand supplier and market challenges, and implement sourcing best practices.

SpendEdge’s report, Global Laser Processing Market, provides up-to-date information about market shifts and potential risks, as well as in-depth knowledge of products and services, which can help in planning and in executing category management activities. It focuses on the cost-saving aspects of procurement and on providing insights that can lead to the optimization of category spend.

Category driver
• Increase in adoption of laser processing technology
• For a full, detailed list, view our report
Category management strategy
• Seek new and advanced laser technologies to reduce the high cost of maintenance
• For a full, detailed list, view our report
Procurement best practices
• Collaborate with suppliers that assist in R&D
• For a full, detailed list, view our report
Key questions answered in this report
• What are the market dynamics?
• What are the key market trends?
• What are the category growth drivers?
• What are the constraints on category growth?
• Who are the suppliers in this market?
• What are the demand-supply shifts?
• What are the major category requirements?
• What are the procurement best practices in this market?

You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社SpendEdgeが"世界のレーザ加工カテゴリー:購買市場インテリジェンス"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents
PART 01: Executive Summary
PART 02: Market Insights
• Global category spend
• Category spend growth
• Spend segmentation by region
• Regional spend dynamics
• Regional influence on global spend
• Regional spend opportunity for suppliers
PART 03: Category Pricing Insights
• Pricing outlook
• Supplier cost structure
• Outlook for input costs
• Total cost of ownership analysis
• Overview of pricing models
• Comparison of pricing models
• Supply chain margins
• Cost drivers impacting pricing
• Volume drivers impacting pricing
PART 04: Cost-Saving Opportunities
• Supplier-side levers
• Buyer-side levers
• Quantifying cost-saving opportunities
• Quantifying cost savings by negotiation strategies
PART 05: Best Practices
• Innovation and success stories
• Procurement excellence best practices
• Procurement best practices
• Sustainability practices
PART 06: Category Ecosystem
• Market favorability index for suppliers
• Competitiveness index for suppliers
• Buyer power
• Supplier power
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Buyer ecosystem
• Supplier ecosystem
PART 07: Category Management Strategy
• Category management objectives
• Supplier and buyer KPIs
• Outsourcing category management activities
• Risk management
PART 08: Category Management Enablers
• Procurement organization
• Category enablers
PART 09: Suppliers Selection
• RFx essentials
• Supplier selection criteria
• Service level agreement
• Incumbent supplier evaluation metrics
PART 10: Suppliers Under Coverage
• Overview
• Supplier positioning
• Profile: TRUMPF
• Profile: IPG Photonics
• Profile: Coherent
• Profile: Jenoptik
• Profile: Lumentum
• Profile: Han’s Laser
PART 11: US Market Insights
• Category spend in the US
• Price outlook
• Supplier cost structure in the US
• Margins of suppliers in the US
• Category cost drivers
• Category volume drivers
• Overview of best practices in the US
• Procurement best practices in the US
• US supply market overview
• Supplier positioning for the US
• Regional category risks
PART 12: Category Definition
• Category hierarchy
• Category scope
• Category map
PART 13: Appendix
• List of abbreviations
• Key Notes
List of Exhibits
• Global category spend (2017-2022)
• Category spend growth (2017-2022)
• Regional spend dynamics
• Regional spend dynamics
• Comparison of category maturity across regions
• Regional spend opportunity for suppliers (2017-2022)
• Category pricing dynamics
• Supplier cost breakup
• Input cost dynamics
• Total cost of ownership model
• Benefit comparison of pricing models
• Pricing models – Comparison matrix
• Supplier margin analysis
• Margin analysis across supply chain
• Cost drivers
• Volume drivers
• Cost-saving opportunities: Supply-side levers
• Cost-saving opportunities: Demand-side levers
• Cost-saving opportunity matrix
• Negotiation grid
• Innovation and success stories
• Procurement excellence summary: Impact on the category
• Supplier relationship management metrics
• Strategic sourcing and category management metrics
• Technology-facilitated procurement metrics
• Procurement best practices dashboard
• Sustainability practices: Impact on the category
• Sustainability best practices
• Market environment score
• Market competitiveness score
• Buyer power score
• Supplier power score
• Ease of market entry score
• Ease of substitution score
• Buyer ecosystem: Outlook
• Supplier ecosystem: Outlook
• Ecosystem disruption threats
• Key category management objectives
• Supplier KPI dashboard: Importance for the category
• Buyer KPI dashboard: Importance for the category
• Category management enablers
• Risk management matrix
• Category enablers: Organization
• Category enablers: Technology
• RFx questions
• Phase I RFI considerations
• SLA terms
• Supplier performance benchmarking criteria
• Supplier operational capability matrix
• Supplier positioning matrix
• TRUMPF – Key information dashboard
• IPG Photonics – Key information dashboard
• Coherent – Key information dashboard
• Jenoptik – Key information dashboard
• Lumentum – Key information dashboard
• Han’s Laser – Key information dashboard
• US category spend (2017-2022)
• Category pricing dynamics
• Supplier cost breakup
• Supplier margin analysis
• Margin analysis across supply chain
• Cost drivers
• Volume drivers
• Procurement excellence summary: Impact on the category
• Supplier relationship management
• Strategic sourcing and category management
• Technology-facilitated procurement
• Procurement best practices dashboard
• Supplier operational capability matrix
• Supplier positioning matrix
• Risk management matrix
• Category definition
• Category nuances
• Importance of category relative to other categories

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のレーザ加工カテゴリー:購買市場インテリジェンス
【発行日】2018年10月8日
【調査会社】SpendEdge
【コード】IRCMSTR15077
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製造
【キーワード】レーザ加工
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のレーザ加工カテゴリー:購買市場インテリジェンスについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • PBBAの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PBBAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PBBAの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はPBBAの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Dell EMC• HPE• IBM• Oracle• Quantum等です。
  • ノルウェーの心臓人工弁市場見通し
  • 片頭痛治療薬の世界市場:治療クラス別(トリプタン、CGRP治療、ディタン、神経毒、NSAID)、治療別、投与ルート別、セグメント予測
    片頭痛治療薬の世界市場は2025年には77億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率18.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、疾病の蔓延、新規治療法の開発、生活習慣の変化、ホルモン療法などが考えられます。本調査レポートでは、片頭痛治療薬の世界市場について調査・分析し、片頭痛治療薬の世界市場動向、片頭痛治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別片頭痛治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のインスリンペン市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、インスリンペンのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インスリンペンの概要 ・インスリンペンの開発動向:開発段階別分析 ・インスリンペンの開発動向:セグメント別分析 ・インスリンペンの開発動向:領域別分析 ・インスリンペンの開発動向:規制Path別分析 ・インスリンペンの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別インスリンペンの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・インスリンペンの最近動向
  • スイスの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • リモートインフラ管理の世界市場:コアサービス別(データベース管理、ストレージ管理、サーバー管理、ネットワーク・通信管理、デスクトップ管理、アプリケーション管理)、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)、組織サイズ別(中小企業(SMB)、大企業)、垂直産業別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、小売・電子商取引、ヘルスケア、輸送、IT・テレコム、メディア・エンターテインメント、製造、行政・防衛)、地域別予測
    本資料は、リモートインフラ管理の世界市場について調べ、リモートインフラ管理の世界規模、市場動向、市場環境、コアサービス別(データベース管理、ストレージ管理、サーバー管理、ネットワーク・通信管理、デスクトップ管理、アプリケーション管理)分析、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)分析、組織サイズ別(中小企業(SMB)、大企業)分析、垂直産業別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、小売・電子商取引、ヘルスケア、輸送、IT・テレコム、メディア・エンターテインメント、製造、行政・防衛)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・リモートインフラ管理の世界市場概要 ・リモートインフラ管理の世界市場環境 ・リモートインフラ管理の世界市場動向 ・リモートインフラ管理の世界市場規模 ・リモートインフラ管理の世界市場規模:コアサービス別(データベース管理、ストレージ管理、サーバー管理、ネットワーク・通信管理、デスクトップ管理、アプリケーション管理) ・リモートイン …
  • 筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の概要 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・筋 …
  • 世界のはん用試験装置市場2016
    本調査レポートでは、世界のはん用試験装置市場2016について調査・分析し、はん用試験装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ潤滑油の世界市場:植物油、動物性脂肪
    当調査レポートでは、バイオ潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、バイオ潤滑油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物育成室の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、植物育成室の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物育成室市場規模、機能別(環境最適化、組織培養(TC)、種子発芽、植物成長)分析、設備別(ウォークイン、リーチイン)分析、エンドユーザー別(学術研究、臨床研究)分析、用途別(大型植物、小型植物、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 植物育成室の世界市場:市場動向分析 ・ 植物育成室の世界市場:競争要因分析 ・ 植物育成室の世界市場:機能別(環境最適化、組織培養(TC)、種子発芽、植物成長) ・ 植物育成室の世界市場:設備別(ウォークイン、リーチイン) ・ 植物育成室の世界市場:エンドユーザー別(学術研究、臨床研究) ・ 植物育成室の世界市場:用途別(大型植物、小型植物、その他) ・ 植物育成室の世界市場:主要地域別分析 ・ 植物育成室の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 植物育成室のヨーロッパ市場規模 ・ 植物育成室のアジア市場規模(日本市場、中国市場、イン …
  • 音楽シンセサイザの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、音楽シンセサイザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽シンセサイザの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 先進高分子複合材料の世界市場
    当調査レポートでは、先進高分子複合材料の世界市場について調査・分析し、先進高分子複合材料の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 中東・アフリカのIT・通信産業年鑑(DigiWorld Yearbook)
  • 電動歯ブラシの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電動歯ブラシの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動歯ブラシの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場について調べ、発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模をセグメンテーション別(用途別(商業温室、垂直農業、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均25%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場予測 ・発光ダイオード(LED)グローライトの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(商業温室、垂直農業、その他) ・発光ダイオード(LED)グローライトの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 鉛蓄電池の世界市場
    当調査レポートでは、鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、鉛蓄電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 鉛蓄電池の世界市場:市場動向分析 - 鉛蓄電池の世界市場:競争要因分析 - 鉛蓄電池の世界市場:製品別 ・据置型 ・可動型 ・SLI - 鉛蓄電池の世界市場:工法別 ・VRLA ・液式 - 鉛蓄電池の世界市場:用途別 ・可動型の産業用 ・据置型の産業用 ・住居用 ・商業用 ・自動車 ・電気通信 ・運送用車両 ・電動自転車 ・グリッドの保管 ・UPS(無停電電源装置) ・その他 - 鉛蓄電池の世界市場:主要地域別分析 - 鉛蓄電池の北米市場規模(アメリカ市場等) - 鉛蓄電池のヨーロッパ市場規模 - 鉛蓄電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・鉛蓄電池の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の帯状疱疹市場2019
    本調査レポートでは、世界の帯状疱疹市場2019について調査・分析し、帯状疱疹の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、帯状疱疹のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、帯状疱疹メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・帯状疱疹の市場概要 ・帯状疱疹の上流・下流市場分析 ・帯状疱疹のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のヨー …
  • 自動車用インテリジェントガラスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用インテリジェントガラスの世界市場について調べ、自動車用インテリジェントガラスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用インテリジェントガラスの市場規模をセグメンテーション別(技術別(加熱ガラス、調光ガラス、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用インテリジェントガラスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用インテリジェントガラスの市場状況 ・自動車用インテリジェントガラスの市場規模 ・自動車用インテリジェントガラスの市場予測 ・自動車用インテリジェントガラスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(加熱ガラス、調光ガラス、その他) ・自動車用インテリジェントガラスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、 …
  • 世界のセレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のセレン市場2016について調査・分析し、セレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用通気性膜の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、建設用通気性膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、建設用通気性膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 宇宙廃棄物監視・除去の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、宇宙廃棄物監視・除去の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、宇宙廃棄物監視・除去市場規模、用途別(宇宙廃棄物除去技術、宇宙廃棄物監視技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Airbus, ASTROSCALE, Boeing, Lockheed Martin, Northrop Grumman, RSC Energiaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場概要 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場環境 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場動向 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場規模 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:業界構造分析 ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:用途別(宇宙廃棄物除去技術、宇宙廃棄物監視技術) ・宇宙廃棄物監視・除去の世界市場:地域別市場規模・分析 ・宇宙廃棄物監視・除去の北米市場規模・予測 ・宇宙廃棄物監視・除去のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・宇宙廃棄物監視・除去 …
  • 自動車用バンパーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用バンパーの世界市場について調査・分析し、自動車用バンパーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用バンパーシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用バンパー種類別分析(プラスチック、その他)、自動車用バンパー用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用バンパーの市場概観 ・自動車用バンパーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用バンパーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用バンパーの世界市場規模 ・自動車用バンパーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用バンパーのアメリカ市場規模推移 ・自動車用バンパーのカナダ市場規模推移 ・自動車用バンパーのメキシコ市場規模推移 ・自動車用バンパーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用バンパーのドイツ市場規模推移 ・自動車用バンパーのイギリス市場規模推移 ・自動車用バンパーのロシア市場規模推移 ・自動車用 …
  • BIW(ホワイトボディ)の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、BIW(ホワイトボディ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両別分析、構造別(モノコック、フレームマウント)分析、製造方法別(冷間プレス、ホットスタンプ、ロールフォーミング)分析、材料別(スチール、アルミニウム、マグネシウム、CFRP)分析、BIW(ホワイトボディ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、BIW(ホワイトボディ)の世界市場規模が2019年770億万ドルから2027年905億万ドルまで年平均2.0%成長すると予測しています。
  • オーストラリアの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • ハンドバッグの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ハンドバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハンドバッグ市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハンドバッグの世界市場概要 ・ハンドバッグの世界市場環境 ・ハンドバッグの世界市場動向 ・ハンドバッグの世界市場規模 ・ハンドバッグの世界市場:業界構造分析 ・ハンドバッグの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・ハンドバッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハンドバッグの北米市場規模・予測 ・ハンドバッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ハンドバッグのアジア太平洋市場規模・予測 ・ハンドバッグの主要国分析 ・ハンドバッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・ハンドバッグの世界市場:成長要因、課題 ・ハンドバッグの世界市場:競争環境 ・ハンドバッグの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のトップ25バイオシミラー(バイオ後続品)メーカー分析2016-2026
  • テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンタクト・プローバの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コンタクト・プローバの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンタクト・プローバの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 魚箱の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、魚箱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、魚箱の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・材料別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • イギリスの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • アメリカの教育用アプリケーション市場2015-2019
    当調査レポートでは、アメリカの教育用アプリケーション市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの教育用アプリケーション市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 形成外科手術器具の世界市場:タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具)、手術方法(美容整形手術、再建手術)、エンドユーザー別(病院)、地域別予測
    本資料は、形成外科手術器具の世界市場について調べ、形成外科手術器具の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具)分析、手術方法(美容整形手術、再建手術)分析、エンドユーザー別(病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・形成外科手術器具の世界市場概要 ・形成外科手術器具の世界市場環境 ・形成外科手術器具の世界市場動向 ・形成外科手術器具の世界市場規模 ・形成外科手術器具の世界市場規模:タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具) ・形成外科手術器具の世界市場規模:手術方法(美容整形手術、再建手術) ・形成外科手術器具の世界市場規模:エンドユーザー別(病院) ・形成外科手術器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・形成外科手術器具の北米市場規模・予測 ・形成外科手術器具のアメリカ市場規模・予測 ・形成外科手術器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・形成外科手術器具のアジア市場規模・予測 ・形成外科手術器具の日本市場規模・予測 ・形 …
  • オーストラリアの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 世界のCHSB市場2016
    本調査レポートでは、世界のCHSB市場2016について調査・分析し、CHSBの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進創傷治療の世界市場:創傷治療ドレッシング、創傷治療デバイス、創傷治療用生物製剤
  • 溶接製品の世界市場分析:技術別(アーク、抵抗、酸素燃料、レーザービーム)、製品別(スティック電極、ソリッドワイヤー、フラックス入りワイヤー)、エンドユーザー別(交通・自動車、建築・建設)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、溶接製品の世界市場について調査・分析し、溶接製品の世界市場動向、溶接製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別溶接製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルミ複合材パネルの世界市場予測(~2021):耐火性、抗菌性、帯電防止性パネル
    当調査レポートでは、アルミ複合材パネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コーティング別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、アルミ複合材パネルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、バーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・バーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・バーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・バーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・バーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・バーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のバーキットリンパ腫(Burkitt Lymphoma)治療薬剤
  • 世界の経緯儀市場2016
    本調査レポートでは、世界の経緯儀市場2016について調査・分析し、経緯儀の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドッキングステーションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ドッキングステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドッキングステーションの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場ドライバー、市場の課題、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • IT-as-a-service (ITaaS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IT-as-a-service (ITaaS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IT-as-a-service (ITaaS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ITaaSとは、企業がIT部門に依存せずにITインフラストラクチャーを管理できるようにするフレームワークです。組織の事業部がITサービスを選択でき、デジタルトランスフォーメーションを最適な柔軟性と拡張性でサポートすることができます。Technavio社はIT-as-a-service (ITaaS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均22.6%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BMC Software• HPE• IBM• Red Hat• VMware等です。
  • ドイツの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 商用車用遠隔診療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商用車用遠隔診療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用遠隔診療の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の核画像機器市場規模・予測2017-2025:商品別(SPECT-ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT;ハイブリッドPET;プラナーシンチグラフィ)、用途別(オンコロジー、心血管、神経系)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の核画像機器市場について調査・分析し、世界の核画像機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の核画像機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 硬質包装の世界市場
    当調査レポートでは、硬質包装の世界市場について調査・分析し、硬質包装の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ペンタエリスリトールの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ペンタエリスリトールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ペンタエリスリトール市場規模、用途別(アルキド塗料、アルキドインク、接着剤・シーラント剤、可塑剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ペンタエリスリトールの世界市場概要 ・ペンタエリスリトールの世界市場環境 ・ペンタエリスリトールの世界市場動向 ・ペンタエリスリトールの世界市場規模 ・ペンタエリスリトールの世界市場:業界構造分析 ・ペンタエリスリトールの世界市場:用途別(アルキド塗料、アルキドインク、接着剤・シーラント剤、可塑剤、その他) ・ペンタエリスリトールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ペンタエリスリトールの北米市場規模・予測 ・ペンタエリスリトールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ペンタエリスリトールのアジア太平洋市場規模・予測 ・ペンタエリスリトールの主要国分析 ・ペンタエリスリトールの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • RFID及びバーコードプリンターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、RFID及びバーコードプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、解像度別分析、産業別分析、RFID及びバーコードプリンターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲノミクスの世界市場:ゲノム解析装置、消耗品、シークエンシング、PCR、マイクロアレイ
    当調査レポートでは、ゲノミクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、技術別分析、用途別分析、プロセス別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電モジュールの世界市場2016:市場規模、競争環境、主要国分析、予測
  • リニアアクチュエーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リニアアクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リニアアクチュエーター市場規模、製品別(電動式リニアアクチュエーター、油圧式リニアアクチュエーター、空気圧式リニアアクチュエーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リニアアクチュエーターの世界市場概要 ・リニアアクチュエーターの世界市場環境 ・リニアアクチュエーターの世界市場動向 ・リニアアクチュエーターの世界市場規模 ・リニアアクチュエーターの世界市場:業界構造分析 ・リニアアクチュエーターの世界市場:製品別(電動式リニアアクチュエーター、油圧式リニアアクチュエーター、空気圧式リニアアクチュエーター) ・リニアアクチュエーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リニアアクチュエーターの北米市場規模・予測 ・リニアアクチュエーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リニアアクチュエーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・リニアアクチュエー …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"