"農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-FB-6632)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The blockchain in agriculture and food supply chain market is estimated to be valued at USD 60.8 million in 2018 and is projected to reach USD 429.7 million by 2023, at a CAGR of 47.8%. Blockchain technology is revolutionizing the food and agriculture sectors by enhancing the decision-making capabilities of organizations. It finds several potential applications in these sectors, some of which have already been explored. The major applications of blockchain technology in food and agriculture include traceability and tracking, payment and settlement, smart contract, and governance, risk, and compliance management. The growth of the blockchain in agriculture and food supply chain market is attributed to the increase in demand for supply chain transparency, the rise in cases of food fraud, and growth in concerns toward food wastage.
The blockchain in agriculture and food supply chain market has been segmented, based on organization size, as large enterprises and small and medium-sized enterprises. The large enterprises segment dominated the blockchain in agriculture and food supply chain market in 2017. North America is a key market for large enterprises, as most of the organizations in this region are actively piloting blockchain technology into various processes, or are using it for the food & agriculture sector. The Asia Pacific market for the large enterprises segment is expected to grow at the highest CAGR because maximum food contamination cases are reported in countries such as India and China. Additionally, there is a growing demand for food products in this region.

Based on provider, the blockchain in agriculture and food supply chain market has been segmented into infrastructure and protocol provider, middleware provider, and application and solution provider. The infrastructure and protocol provider segment is estimated to account for the largest share in the blockchain in agriculture and food supply chain market during the forecast period.

Based on application, the blockchain in agriculture and food supply chain market has been segmented into product traceability, tracking, and visibility; payment and settlement; smart contract; and governance, risk, and compliance management. The product traceability, tracking, and visibility segment held the largest share in 2017, and this trend is expected to continue throughout the forecast period, owing to factors such as an increase in investments for food safety and transparency along the supply chain and consumer demands for the knowledge of the provenance of food products.

North America is estimated to account for the largest share of the global blockchain in agriculture and food supply chain market in 2018, owing to the presence of major companies such as IBM (US) and Microsoft (US). The increase in research & development activities for blockchain, due to food safety concerns; and the benefits this technology offers to the food and agriculture vertical in terms of transparency, payment, and land registry are the factors that are expected to drive the blockchain in agriculture and food supply chain market in this region during the forecast period. In the Asia Pacific region, India is projected to be the fastest-growing market during the forecast period. The growing investment by various stakeholders and government support for new technology exploration and adoption is expected to drive the blockchain in agriculture and food supply chain market in India. The key players in Europe and the US are focusing on leveraging the opportunities in the agriculture and food supply chain market created as a result of various food fraud and safety instances in countries such as India and China. Hence, Asia Pacific is expected to witness high growth in coming years.

The uncertainty in regulations and standards and the limited availability of technical skillsets required for implementing the blockchain technology are the key factors hindering the growth of blockchain technology in the agriculture and food supply chain market in the emerging countries. Apart from this, the challenges faced by all stakeholders to connect digitally and the increase in issues regarding privacy are the major factors affecting the growth of blockchain technology in agriculture and food supply chain market in coming years.

The market is dominated by key players such as IBM (US), Microsoft (US), SAP-SE (Germany), Ambrosus (Switzerland), Arc-net (Ireland), OriginTrail (Slovenia), Ripe.io (US), VeChain (China), Provenance (UK), ChainVine (UK), AgriDigital (Australia), and BlockGrain (Australia). Innovative new product launches, expansions, funding, and partnerships and collaborations were the key strategies adopted by these players to enhance their product offerings and capture a larger market share, which has thus increased the demand for blockchain technology in the agriculture and food supply chain market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Opportunities in the Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market
4.2 Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market: Key Country
4.3 Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market, By Provider & Region
4.4 Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market, By Application
4.5 Developed vs Developing Markets for Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain
4.6 Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market, By Organization Size
4.7 North America: Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market, By Application & Country

5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Evolution
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increase in Demand for Supply Chain Transparency
5.3.1.2 Rise in Cases of Food Fraud
5.3.1.3 Growth in Concerns Toward Food Wastage
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Uncertainty in Regulations and Standards
5.3.2.2 Limited Availability of Technical Skillsets for Implementing the Blockchain Technology
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increase in Funding and Investments in Food Blockchain
5.3.3.2 Increase in Adoption of the Blockchain Technology Within the Food Supply Chain
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Connecting All the Stakeholders Together Digitally is Difficult
5.3.4.2 Increased Issues Regarding Privacy
5.3.4.3 Lack of Awareness of Blockchain Technology
5.4 Industry Trends
5.4.1 Types of Blockchain Technology
5.4.2 Public Blockchain
5.4.3 Private Blockchain
5.4.4 Consortium Blockchain
5.5 Blockchain Associations and Consortiums
5.5.1 R3 Consortium
5.5.2 Kinakuta
5.5.3 Hyperledger
5.5.4 Global Blockchain Business Council
5.5.5 World Blockchain Association
5.5.6 Blockchain Alliance
5.5.7 Trace Alliance
5.5.8 Blockchain Collaborative Consortium (BCC)
5.5.9 Blockchain Industry Group (BIG)
5.6 Use Cases
5.6.1 Use Case 1: Provenance Ties Up With the Co-Op to Prove the Journey and Authenticity of Fresh Produce
5.6.2 Use Case 2: Provenance Conducts A Pilot Study for Tracking the Origin of Tuna Fish From Indonesia
5.6.3 Use Case 3: Origintrail and Tagitsmart Tie Up With Plantaze to Trace Wine With Smart Sensors
5.6.4 Use Case 4: IBM Tie Up With Walmart (US) to Track Pork in China and Mangoes in US to Ensure Food Safety
5.6.5 Use Case 5: Arc-Net Ties Up With Ireland Craft Beers (ICB) to Track the Authenticity of Its Wine
5.6.6 Use Case 6: Foodchain Ties Up With Caffè San Domenico to Study the Story of the Coffee
5.6.7 Use Case 7: Agridigital Ties Up With Tremlett Storage to Efficiently Manage Client Records
5.6.8 Use Case 8: Georgian Government Uses Blockchain Technology to Limit Land Frauds
5.6.9 Use Case 9: Te-Food Ties Up With Nongshim to Traceback Its Food Products

6 Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market, By Stakeholder (Page No. – 56)
6.1 Introduction
6.2 Growers
6.3 Food Manufacturers/Processors
6.4 Retailers

7 Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market, By Provider (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Application and Solution Provider
7.3 Middleware Provider
7.4 Infrastructure and Protocol Provider

8 Blockchain in Agriculture and Food Market, By Application (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 Product Traceability, Tracking, and Visibility
8.3 Payment and Settlement
8.4 Smart Contract
8.5 Governance, Risk, and Compliance Management

9 Blockchain in Agriculture and Food Market, By Organization Size (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 Large Enterprises
9.3 Small and Medium-Sized Enterprises

10 Blockchain in Agriculture and Food Supply Chain Market, By Region (Page No. – 79)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.2 Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 Australia
10.4.3 India
10.4.4 Singapore
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 Brazil
10.5.2 UAE
10.5.3 Kenya & Nigeria
10.5.4 South Africa
10.5.5 Others in RoW

11 Competitive Landscape (Page No. – 106)
11.1 Overview
11.1.1 Key Market Strategies
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Expansions
11.2.2 New Product Launches
11.2.3 Funding
11.2.4 Partnerships and Collaborations

12 Company Profiles (Page No. – 113)
(Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 IBM
12.2 Microsoft
12.3 SAP SE
12.4 Ambrosus
12.5 Origintrail
12.6 Arc-Net
12.7 Provenance
12.8 Blockgrain
12.9 Agridigital
12.10 Ripe.Io
12.11 Chainvine
12.12 Vechain

*Details on Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 138)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年9月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-FB-6632
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のヘキサメチレンテトラミン市場2016
    本調査レポートでは、世界のヘキサメチレンテトラミン市場2016について調査・分析し、ヘキサメチレンテトラミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアルファオレフィン(PAO)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアルファオレフィン(PAO)市場2015について調査・分析し、ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リフトチェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リフトチェアの世界市場について調査・分析し、リフトチェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リフトチェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、リフトチェア種類別分析()、リフトチェア用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リフトチェアの市場概観 ・リフトチェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リフトチェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リフトチェアの世界市場規模 ・リフトチェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リフトチェアのアメリカ市場規模推移 ・リフトチェアのカナダ市場規模推移 ・リフトチェアのメキシコ市場規模推移 ・リフトチェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リフトチェアのドイツ市場規模推移 ・リフトチェアのイギリス市場規模推移 ・リフトチェアのロシア市場規模推移 ・リフトチェアのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リフトチェアの日本市場規模推移 ・リ …
  • 液体取扱装置の世界市場予測(~2022年):ピペット、消耗品、ワークステーション、マイクロプレート・ディスペンサー、ビュレット
    当調査レポートでは、液体取扱装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、液体取扱装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の放送機器市場-分析及び展望(~2022年)
  • 爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))の概要 ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 二酸化炭素(CO2)石油増進回収(EOR)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、二酸化炭素(CO2)石油増進回収(EOR)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素(CO2)石油増進回収(EOR)の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 二酸化炭素石油増進回収市場の概要 3. 二酸化炭素石油増進回収の世界市場 4. 二酸化炭素石油増進回収2次市場予測 5. 主要国の二酸化炭素石油増進回収市場予測 6. 二酸化炭素石油増進回収市場のPEST分析 7. 専門家の意見 8. 二酸化炭素石油増進回収市場における主要企業 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 化学指示インクの世界市場:タイプ別([CBC、HGB / HCT、BMP、BUNクレアチニン、電解質試験、HbA1c試験、包括的代謝パネル、肝臓パネル、腎パネル、脂質パネル)エンドユーザー別、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、化学指示インクの世界市場について調査・分析し、化学指示インクの世界市場動向、化学指示インクの世界市場規模、市場予測、セグメント別化学指示インク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アンマネージド産業用イーサネットスイッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アンマネージド産業用イーサネットスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、アンマネージド産業用イーサネットスイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 注射可能特殊ジェネリック医薬品の米国市場
  • 世界及び米国のヘア用クレイ市場2017-2022
  • 関節リウマチ(RA)治療薬の世界市場予測・分析
  • 世界のラマンスペクトロスコピー市場2016
    本調査レポートでは、世界のラマンスペクトロスコピー市場2016について調査・分析し、ラマンスペクトロスコピーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 安全運転の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、安全運転の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、安全運転の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は安全運転の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はABB、Beckhoff、Rockwell Automation、Siemens、SIGMATEK等です。
  • 自動車エンジニアリングサービスの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動車エンジニアリングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ADAS&Safety、電気、エレクトロニクス&ボディコントロール、シャーシ、接続性、インテリア/エクステリア&ボディ、パワートレイン&エキゾースト、シミュレーション)分析、サービス別分析、ロケーション別分析、車両別分析、自動車エンジニアリングサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車エンジニアリングサービスの世界市場規模が2019年1531億ドルから2027年3846億ドルまで年平均12.2%成長すると予測しています。
  • 世界の太陽電池用バックシート市場2016
    本調査レポートでは、世界の太陽電池用バックシート市場2016について調査・分析し、太陽電池用バックシートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港および港湾セキュリティの世界市場予測(~2025)
    当調査レポートでは、空港および港湾セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、セキュリティ技術別分析、サービス別分析、インフラ種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場規模及び予測、導入別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 癌診断の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、癌診断の世界市場について調査・分析し、癌診断の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 癌診断の世界市場:市場動向分析 - 癌診断の世界市場:競争要因分析 - 癌診断の世界市場:技術別 ・生検 ・プラットフォーム診断 ・腫瘍バイオマーカー試験 - 癌診断の世界市場:用途別 ・子宮頸癌 ・乳がん ・肝臓がん ・腎臓がん ・大腸がん ・脾臓がん ・卵巣がん ・メラノーマ ・肺がん ・その他のがん - 癌診断の世界市場:エンドユーザー別 ・癌研究所 ・診断研究所 ・病院付属研究所 ・その他 - 癌診断の世界市場:主要地域別分析 - 癌診断の北米市場規模(アメリカ市場等) - 癌診断のヨーロッパ市場規模 - 癌診断のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・癌診断の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 格安航空会社の世界市場(~2019)
  • 自動食品選別機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動食品選別機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動食品選別機の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 自動食品選別機は、生産ライン等で品質管理、検査のために使用され、色、サイズ、形状、食品の密度によって選別を行います。自動食品選別機には、ベルト式選別機、自由落下式選別機、重力分離装置、自動欠陥除去システムなどがあります。Technavio社は自動食品選別機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GREEFA• Key Technology• Sesotec• TOMRA等です。
  • オストミー製品の世界市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オストミー製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オストミー製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオストミー製品の世界市場が2018-2022年期間中に年平均4.97%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ALCARE、B. Braun Melsungen、Coloplast、ConvaTec、Hollister、Marlen Manufacturing等です。
  • メタマテリアルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、メタマテリアルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メタマテリアル市場規模、種類別(フォトニックメタマテリアル、可変メタマテリアル、テラヘルツメタマテリアル、電磁メタマテリアル)分析、エンドユーザー別(航空宇宙・防衛、自動車、家電、エネルギー・電力、医療、通信)分析、用途別(スーパーレンズ、サウンドフィルタリング、ソーラーパネル、センサー、耐震保護、医療画像処理、アンテナ、吸収体、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ メタマテリアルの世界市場:市場動向分析 ・ メタマテリアルの世界市場:競争要因分析 ・ メタマテリアルの世界市場:種類別(フォトニックメタマテリアル、可変メタマテリアル、テラヘルツメタマテリアル、電磁メタマテリアル) ・ メタマテリアルの世界市場:エンドユーザー別(航空宇宙・防衛、自動車、家電、エネルギー・電力、医療、通信) ・ メタマテリアルの世界市場:用途別(スーパーレンズ、サウンドフィル …
  • 世界のスマートビーコン市場規模・予測2017-2025:商品タイプ別(壁、パネル・まぐさ)コンクリートの種類別(レディミックスコンクリート、ショットクリート、高性能、プレキャストコンクリート)、ソフトウェア(デザインソフトウェア、印刷ソフトウェア、検査用ソフトウェア)、エンドユーズ別セクター(ドメスティック建築、産業用建築)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートビーコン市場について調査・分析し、世界のスマートビーコン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートビーコン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のナトリウム還元剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のナトリウム還元剤市場2015について調査・分析し、ナトリウム還元剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 過眠症(Hypersomnia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における過眠症(Hypersomnia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、過眠症(Hypersomnia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・過眠症(Hypersomnia)の概要 ・過眠症(Hypersomnia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の過眠症(Hypersomnia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・過眠症(Hypersomnia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・過眠症(Hyp …
  • フレキシブルパッケージングの世界市場:素材別(紙、アルミホイル、プラスチック、バイオプラスチック)、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品)、地域別予測
    本資料は、フレキシブルパッケージングの世界市場について調べ、フレキシブルパッケージングの世界規模、市場動向、市場環境、素材別(紙、アルミホイル、プラスチック、バイオプラスチック)分析、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フレキシブルパッケージングの世界市場概要 ・フレキシブルパッケージングの世界市場環境 ・フレキシブルパッケージングの世界市場動向 ・フレキシブルパッケージングの世界市場規模 ・フレキシブルパッケージングの世界市場規模:素材別(紙、アルミホイル、プラスチック、バイオプラスチック) ・フレキシブルパッケージングの世界市場規模:用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品) ・フレキシブルパッケージングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フレキシブルパッケージングの北米市場規模・予測 ・フレキシブルパッケージングのアメリカ市場規模・予測 ・フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場規模・予測 ・フレキシブ …
  • スペインの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 炭酸ジメチルの世界市場
    当調査レポートでは、炭酸ジメチルの世界市場について調査・分析し、炭酸ジメチルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 硝酸カルシウムの世界市場
    当調査レポートでは、硝酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、硝酸カルシウムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のウォーターカットモニター市場:セクター別(上流、中流、下流)、場所別(オンショア、オフショア)、用途別(ウェルテスト、分離容器、LACT、タンクファーム&パイプライン、MPFM用、精製所)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ウォーターカットモニターの世界市場規模が2019年188百万ドルから2024年241百万ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。本書は、世界のウォーターカットモニター市場について調査・分析し、市場概要、セクター別(上流、中流、下流)分析、場所別(オンショア、オフショア)分析、用途別(分離容器、LACT、Mpfmアプリケーション、タンクファーム&パイプライン、ウェルテスト、製油所、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のウォーターカットモニター市場:セクター別(上流、中流、下流) ・世界のウォーターカットモニター市場:場所別(オンショア、オフショア) ・世界のウォーターカットモニター市場:用途別(分離容器、LACT、Mpfmアプリケーション、タンクファーム&パイプライン、ウェルテスト、製油所、その他) ・世界のウォーターカットモニター市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • コネクティッド・ロジスティクスの世界市場
    当調査レポートでは、コネクティッド・ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、コネクティッド・ロジスティクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - コネクティッド・ロジスティクスの世界市場:市場動向分析 - コネクティッド・ロジスティクスの世界市場:競争要因分析 - コネクティッド・ロジスティクスの世界市場:システム別 ・セキュリティーおよびモニタリング管理システム ・ロジスティクス管理システム ・倉庫管理システム - コネクティッド・ロジスティクスの世界市場:ソフトウェア別 ・ネットワーク管理 ・データ管理 ・ストリーミング解析 ・セキュリティー ・倉庫のIoT ・資産管理 - コネクティッド・ロジスティクスの世界市場:サービス別 ・管理サービス ・専門的サービス - コネクティッド・ロジスティクスの世界市場:技術別 ・Bluetooth ・携帯電話 ・近距離通信(NFC) ・衛星 ・Wi-Fi ・ZigBee - コネクティッド・ロジスティクスの世界市場:機器別 ・ゲートウェイ ・RFIDタグ …
  • モジュラートレーラーの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、モジュラートレーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(多軸、伸縮/拡張可能、および低背型トレーラー)分析、アクスル別(2アクスルおよび> 2アクスル)分析、用途別(建設およびインフラストラクチャ、鉱業、風力およびエネルギー、重工業)分析、モジュラートレーラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、モジュラートレーラーのの世界市場規模が2019年140億ドルから2027年196億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • 医薬品卸売・物流の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、医薬品卸売・物流の世界市場について調査・分析し、医薬品卸売・物流の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 医薬品卸売・物流の概要 3. 医薬品卸売・物流の世界市場:2015-2026 4. 医薬品卸売・物流産業:主要国市場2015-2026 5. 主要な医薬品卸売業者・物流業者2016:現在および将来の業績 6. 医薬品卸売・物流市場の定性分析 7. 調査インタビュー 8. 結論
  • IoTフリート管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、IoTフリート管理の世界市場について調査・分析し、IoTフリート管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - IoTフリート管理の世界市場:市場動向分析 - IoTフリート管理の世界市場:競争要因分析 - IoTフリート管理の世界市場:用途別 ・ドライバ情報システム ・燃料管理 ・ルート管理 ・車両メンテナンス ・走行時間分析 ・フリート管理 ・遠隔診断 ・追跡・モニタリング ・その他 - IoTフリート管理の世界市場:プラットフォーム別 ・ ネットワーク管理 ・装置管理 ・アプリケーション対応platform(AEP) - IoTフリート管理の世界市場:クラウド導入形態別 ・パブリック ・ハイブリッド ・プライベート - IoTフリート管理の世界市場:サービス別 ・マネージドサービス ・専門サービス - IoTフリート管理の世界市場::フリートタイプ別 ・公共用バス ・商用車 ・乗用車 - IoTフリート管理の世界市場:主要地域別分析 - IoTフリート管理の北米市場規模(アメリカ市 …
  • カナダの膝関節再建市場動向(~2021)
  • フレーバーおよびフレグランスの世界市場2016-2020:エッセンシャルオイル、香料
    当調査レポートでは、フレーバーおよびフレグランスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレーバーおよびフレグランスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光ディーゼルハイブリッド発電システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、太陽光ディーゼルハイブリッド発電システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、太陽光ディーゼルハイブリッド発電システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナノジルコニア市場2016
    本調査レポートでは、世界のナノジルコニア市場2016について調査・分析し、ナノジルコニアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用リファレンスラボの世界市場:臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断
    当調査レポートでは、動物用リファレンスラボの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、動物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子機器受託製造サービス(EMS)市場規模、用途別(設計・エンジニアリング、製造、アフターマーケット)分析、エンドユーザー別(コンピューティング・家電製品、通信、ヘルスケア、産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Benchmark Electronics, FLEX, Foxconn Electronics, Jabil, Sanminaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場概要 ・電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場環境 ・電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場動向 ・電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場規模 ・電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場:業界構造分析 ・電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場:用途別(設計・エンジニアリング、製造、アフターマー …
  • ブラジルの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、船舶仲立人(シップブローカー)市場規模、用途別(バルク、タンカー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場概要 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場環境 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場動向 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場規模 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場:業界構造分析 ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場:用途別(バルク、タンカー、その他) ・船舶仲立人(シップブローカー)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・船舶仲立人(シップブローカー)のアメリカ市場規模・予測 ・船舶仲立人(シップブローカー)のヨーロッパ市場規模・予測 ・船舶仲立人(シップブローカー)のアジア市場規模・予測 ・船舶仲立人(シップブローカー)の主要国分析 ・船舶仲立人(シップブロ …
  • 自動車用慣性計測装置(IMU)センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用慣性計測装置(IMU)センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用慣性計測装置(IMU)センサの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • VII・PPD用ポリメタクリル酸エステルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、VII・PPD用ポリメタクリル酸エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、VII・PPD用ポリメタクリル酸エステルの世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車の世界市場:製品別(バス・コーチ、LCV)、最終用途別(工業、鉱業、建設、物流)、セグメント予測
    商用車の世界市場は2025年には2兆2700億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、中国、インド、トルコなどの新興国のインフラ整備への支出の増加に相まって、都市化の加速化などが考えられます。一部のサプライヤーは、研究開発の向上に注力する一方、業務効率化の向上に努めており、市場成長を促進する上で重要な役割を果たすと期待されています。本調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、商用車の世界市場動向、商用車の世界市場規模、市場予測、セグメント別商用車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エナジードリンク(ソフトドリンク)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 装着式防虫剤の世界市場
    当調査レポートでは、装着式防虫剤の世界市場について調査・分析し、装着式防虫剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • シクロペンタンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、シクロペンタンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シクロペンタンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シクロペンタン種類別分析(含有率 98%)、シクロペンタン用途別分析(冷蔵庫、ヒーター、化学溶剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シクロペンタンの市場概観 ・シクロペンタンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シクロペンタンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シクロペンタンの世界市場規模 ・シクロペンタンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シクロペンタンのアメリカ市場規模推移 ・シクロペンタンのカナダ市場規模推移 ・シクロペンタンのメキシコ市場規模推移 ・シクロペンタンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シクロペンタンのドイツ市場規模推移 ・シクロペンタンのイギリス市場規模推移 ・シクロペンタンのロシア市場規模推移 ・シクロペンタンのアジア市場分 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"