"製造におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-6629)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"製造におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The blockchain in manufacturing market is expected to be worth USD 30.0 million by 2020 and USD 566.2 million by 2025, growing at a CAGR of 80.0% from 2020 to 2025. Some of the major growth drivers for this market would be convergence of operational technology (OT) and information technology (IT); sudden rise in global blockchain-related patent filings; substantial upsurge in venture capital funding; demand for real-time data analyses, predictive maintenance, and visibility into business processes; and use of disruptive technologies such as AI, IOT, and blockchain in the manufacturing industry.
Among all applications, logistics and supply chain management applications are expected to account for the largest market share as well as the highest CAGR during the forecast period. Blockchain can support supply chain management by offering users reliable data management and visualization capabilities. Technology enabled supply chain can provide an intelligent, interconnected network that binds together multiple tiers of suppliers, manufacturers, service providers, distributors, and customers distributed across the globe; technologies like blockchain, AI, and IoT are helping traditional methods of supply chain management, product tracking, and inventory management evolve to handle present day complexities. For example, nearly 90% of goods in global trade annually are handled by the ocean shipping industry blockchain solutions would help manage and track the documents of tens of millions of shipping containers across the world by digitizing supply chains.

Energy & power and industrial sectors are expected to account for major shares of the overall blockchain in manufacturing market during the forecast period. Maintenance, inspection, fuel mix, ambient temperature, air quality, and material movement are major issues in the energy & power sector. Using blockchain along with AI and IoT can help solve such issues and predict possible issues that may arise in future. These technologies in energy plants comprise deep physics insights, engineering design knowledge, and new inspection technologies that provide a complete solution for predictive maintenance and machinery inspections. Grid Singularity is creating an open (permissioned) Internet-based decentralized energy data exchange platform. The ecosystem would enable forecasting for grid balancing (smart grid management); facilitate investment, trade of green certificates/certificates of origin, and eventually energy trade validation. Innovators from institutions such as Massachusetts Institute of Technology (US) and Cornell University (US) and companies such as IBM and Intel are trying to develop green blockchain innovations to address demand for blockchain that streamlines transactions of all sorts.

Logistics and supply chain management, quality control and compliance, and business process optimization applications to drive market growth
Logistics and supply chain management

Logistics and supply chain management is vital for a lot of companies, particularly ones in the manufacturing industry. The objective of any smart supply chain management system is to reduce inventory costs to the minimum possible limit without affecting normal operations of an organization. Supply chain management covers everything from product development, sourcing, production, and logistics to coordination between these activities. Blockchain can support supply chain management by offering users reliable data management and visualization capabilities. Technology enabled supply chain can provide an intelligent, interconnected network that binds together multiple tiers of suppliers, manufacturers, service providers, distributors, and customers distributed across the globe; technologies like blockchain, AI, and IoT are helping traditional methods of supply chain management, product tracking, and inventory management evolve to handle present day complexities.

The supply chain ecosystem includes various components, such as legal, insurance, settlement, transport management, route planning, normative compliance, and fleet management, which require intermediaries. But with blockchain, intermediaries can be taken out of the equation to streamline the flow of supply chain operations; it also allows all transaction data across networks to be synchronized, enabling participants validate each other’s work. However, blockchain’s major advantage continues to be accountability and visibility: even with transaction volumes and respective data significantly high, each transaction can be accurately backtracked to its point of origin.

In 2017, IBM and Maersk tested the application of blockchain in logistics. In a proof-of-concept, the 2 companies demonstrated how blockchain can be used to track on-transit containers, and how supply chain stakeholders can benefit from accessing relevant, actionable information. In the future, other players like shippers, freight forwarders, ocean carriers, ports, and customs authorities are going to be included in the platform. By reducing paperwork, providing important information more rapidly, and preventing shipping fraud, IBM and Maersk hope to reduce logistics costs drastically.

Another start-up working on similar lines is Everledger that uses blockchain to register diamonds’ transaction history and ownership. In the future, the start-up wants to extend its solution’s applications to other goods.
Quality control and compliance

Quality governance and quality decision-making are important areas that need to be effectively addressed to build a sustainable quality culture within a firm. Blockchain can transform these functions by holding and providing data on provenance and quality, which are easily accessible to all parties. This would augment quality control and compliance by enabling granular and quick identification of sources of quality issues, helping companies reduce overall operational costs.

Business process optimization

Business process optimization offers mechanisms to monitor, manage, and improve organizational workflows. This provides companies an ideal opportunity to evaluate whether or not existing internal controls embedded in their business processes are performing as intended, and optimize a process by using previous recorded data and real-time data. Process optimization analyzes every critical step of a process and provides optimum solutions based on demand, error, maintenance, and consumption forecasts. In addition, it also enables companies to build connected applications (for equipment, processes, and systems) within their intranet.

The emergence of distributed and decentralized ledger technologies and the Internet of things (IoT) could be helpful in bolstering business process optimization tasks. Blockchain enables implementing collaborative business processes involving untrusted parties without needing a central authority: a process model comprising tasks performed by multiple parties can be coordinated via smart contracts operating on the blockchain.
Critical questions would be:

Where will all these developments take the industry in mid- to long-term?
Will the suppliers continue to explore new avenues for blockchain in manufacturing?
What are the upcoming use cases for blockchain in manufacturing?

Key restraining factors for the market’s growth are uncertain regulatory landscape and absence of common set of standards. Lack of awareness about blockchain’s potential among manufacturers is as a major challenge for the growth of the market.

Some of the major companies operating in the blockchain in manufacturing market are NVIDIA Corporation (US), XAIN AG (Germany), CargoX (Slovenia), RIDDLE&CODE GMBH (Austria), Chronicled (US), LO3 Energy (US), Electron (UK), Filament (US), Grid Singularity (Germany), Shipchain (US), Microsoft Corporation (US), Advanced Micro Devices, Inc. (US), International Business Machines Corporation (US), Intel Corporation (US), Oracle Corporation (US), Factom (US), BigchainDB GmbH (Germany), Blockchain Foundry Inc. (Canada), Wipro Ltd. (India), Amazon.com, Inc. (US), Syncron International AB (Sweden), Electron (UK), ChromaWay AB (Sweden), Project Provenance Ltd (UK), Everledger Ltd. (UK), Supercomputing Systems AG (Switzerland), Storj Labs Inc. (US), and Cloud Technology Partners, Inc. (US).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"製造におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Demand and Supply-Side Analysis
2.5.1 Introduction
2.5.2 Demand-Side Analysis
2.5.2.1 Growth in Business Outlook in Manufacturing Sector
2.5.2.2 Shortage of Skilled Labor
2.5.2.3 Rising Wages of Labor
2.5.3 Supply-Side Analysis
2.5.3.1 Cross-Industry Partnership in Manufacturing Domain

3 Executive Summary (Page No. – 32)

4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Opportunities for Blockchain in Manufacturing Market
4.2 Blockchain in Manufacturing Market, By Application
4.3 Blockchain in Manufacturing Market, By End Use
4.4 Blockchain in Manufacturing Market in APAC, By End Use and By Country
4.5 Blockchain in Manufacturing Market, By Region

5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Blockchain-As-A-Service (BaaS) Solutions for Enterprises
5.2.1.2 Simplifying Business Processes and Affording Transparency and Immutability
5.2.1.3 Significant Increase in Venture Capital Investments and Initial Coin Offerings (ICO)
5.2.1.4 Increasing Demand for Real-Time Data Analyses, Enhanced Visibility, and Proactive Maintenance
5.2.1.5 Increased Emphasis on Energy Efficiency and Cost of Production
5.2.1.6 Convergence in Operational Technology (OT) and Information Technology (IT)
5.2.1.7 Ai, IoT, Blockchain and the Future of Manufacturing Industry
5.2.1.8 Increase in Global Blockchain-Related Patent Filings
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Uncertain Regulatory Landscape and Absence of Common Set of Standards
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Transforming International Trade and Supply Chain Management
5.2.3.2 High Adoption of Blockchain Technology for Payments, Smart Contracts, and Digital Identities
5.2.3.3 Advancement in 3d Printing Technology
5.2.3.4 Outcome Economy and Pull Economy
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness About Blockchain’s Potential Among Manufacturers
5.2.4.2 Concern Regarding Security, Privacy, and Control
5.2.4.3 Inconsistent Business Semantics and Conflicts Related to Data Ownership
5.3 Industry Trends
5.3.1 Types of Blockchain Technology
5.3.1.1 Public Blockchain
5.3.1.2 Private Blockchain
5.3.1.3 Permissioned Blockchain
5.3.2 Key Features of Blockchain Technology
5.3.2.1 Disintermediation
5.3.2.2 Distributed Ledger
5.3.2.3 Immutability
5.3.2.4 Transparency
5.3.2.5 Security
5.3.2.6 Permissioned
5.3.2.7 Settlements
5.3.3 Blockchain Associations and Consortiums
5.3.3.1 CLS Group
5.3.3.2 R3cev Blockchain Consortium
5.3.3.3 Hyperledger
5.3.3.4 GPSG
5.3.3.5 Financial Blockchain Shenzhen Consortium (FBSC)
5.3.3.6 Cu Ledger
5.3.3.7 Blockchain Collaborative Consortium (BCCC)
5.3.3.8 Wall Street Blockchain Alliance (WSBA)
5.3.3.9 Mobility Open Blockchain Initiative (MOBI)
5.3.3.10 Alastria
5.3.3.11 Others
5.4 Market Evolution
5.5 Blockchain in Supply Chain Management
5.6 Value Chain Analysis

6 Blockchain in Manufacturing Market, By Application (Page No. – 60)
6.1 Introduction
6.2 Predictive Maintenance
6.3 Asset Tracking and Management
6.4 Business Process Optimization
6.5 Logistics and Supply Chain Management
6.6 Real-Time Workforce Tracking and Management
6.7 Quality Control and Compliance
6.8 Counterfeit Management

7 Blockchain in Manufacturing Market, By End Use (Page No. – 71)
7.1 Introduction
7.2 Automotive
7.2.1 Use Cases
7.2.1.1 Car Sales and Leasing
7.2.1.2 Supply Chain Management
7.2.1.3 Speeding Up Self-Driving Car Development
7.2.1.4 Smart Manufacturing
7.2.1.5 Automotive IoT
7.3 Energy & Power
7.3.1 Use Cases
7.3.1.1 Grid Management/Security
7.3.1.2 Electric Vehicle Charging
7.3.1.3 IoT
7.4 Pharmaceuticals
7.4.1 Use Cases
7.4.1.1 Inventory Management
7.4.1.2 Supply Chain Management
7.4.1.3 Drug Manufacturing Safety
7.4.1.4 Regulatory Submission
7.4.1.5 Clinical Trial Management
7.5 Food & Beverages
7.5.1 Use Cases
7.5.1.1 Food Safety
7.5.1.2 Faster Payment
7.6 Aerospace & Defense
7.7 Industrial
7.8 Textile & Clothing
7.9 Others

8 Geographic Analysis (Page No. – 90)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.2 Canada
8.2.3 Mexico
8.3 Europe
8.3.1 UK
8.3.2 Germany
8.3.3 France
8.3.4 Italy
8.3.5 Rest of Europe
8.4 APAC
8.4.1 China
8.4.2 Japan
8.4.3 South Korea
8.4.4 Singapore
8.4.5 India
8.4.6 Rest of APAC
8.5 RoW
8.5.1 South America
8.5.2 Middle East & Africa

9 Competitive Landscape (Page No. – 109)
9.1 Overview
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Product Launches, Developments, and Expansion
9.3.2 Partnerships, Contracts, Acquisitions, and Agreements

10 Company Profiles (Page No. – 115)
10.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1.1 IBM Corporation
10.1.2 Intel Corporation
10.1.3 Microsoft Corporation
10.1.4 Amazon.Com, Inc.
10.1.5 Nvidia Corporation
10.1.6 Advanced Micro Devices
10.1.7 Factom
10.1.8 Wipro Limited
10.1.9 Oracle
10.1.10 Xain AG
10.2 Other Key Players
10.2.1 Bigchaindb GmbH
10.2.2 Cargox
10.2.3 Riddle&Code GmbH
10.2.4 Chronicled
10.2.5 Lo3 Energy
10.2.6 Electron
10.2.7 Filament
10.2.8 Grid Singularity
10.2.9 Blockchain Foundry Inc.
10.2.10 Shipchain

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

11 Appendix (Page No. – 154)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】製造におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2018年9月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-6629
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
製造におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • タングステンカーバイドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タングステンカーバイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タングステンカーバイドの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用内視鏡の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、動物用内視鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ別(フレキシブル内視鏡、ビデオスコープ、ファイバースコープ、リジッドスコープ)分析、処置別(気管支鏡検査、腹腔鏡検査、胃十二指腸内視鏡検査、大腸内視鏡検査、鼻鏡検査)分析、動物タイプ別(コンパニオンアニマル、大型)分析、エンドユーザー別(病院、診療所)分析、動物用内視鏡の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアングルグラインダ市場2016
    本調査レポートでは、世界のアングルグラインダ市場2016について調査・分析し、アングルグラインダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインギャンブルの世界市場:カジノ、ベット、宝くじ
    当調査レポートでは、オンラインギャンブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンラインギャンブル市場規模、種類別(カジノ、ベット、宝くじ)分析、デバイス別(デスクトップ、モバイル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、888 Holdings, bet-at-home.com, GVC Holdings PLC, MGM Resorts, Paddy Power Betfair, William Hillなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンラインギャンブルの世界市場概要 ・オンラインギャンブルの世界市場環境 ・オンラインギャンブルの世界市場動向 ・オンラインギャンブルの世界市場規模 ・オンラインギャンブルの世界市場:業界構造分析 ・オンラインギャンブルの世界市場:種類別(カジノ、ベット、宝くじ) ・オンラインギャンブルの世界市場:デバイス別(デスクトップ、モバイル) ・オンラインギャンブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンラ …
  • 完成車ロジスティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、完成車ロジスティクスの世界市場について調べ、完成車ロジスティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、完成車ロジスティクスの市場規模をセグメンテーション別(交通モード別(道路、レール、海、空)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は完成車ロジスティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・完成車ロジスティクスの市場状況 ・完成車ロジスティクスの市場規模 ・完成車ロジスティクスの市場予測 ・完成車ロジスティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:交通モード別(道路、レール、海、空) ・完成車ロジスティクスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  .. …
  • 調理用レンジの欧州市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、調理用レンジの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、調理用レンジの欧州市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は調理用レンジの欧州市場が2017-2021年期間中に年平均3.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はElectrolux、LG Electronics、Robert Bosch、Samsung Electronics、Whirlpool等です。
  • 乾癬性関節炎治療薬の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、乾癬性関節炎治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、乾癬性関節炎治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、剤形別分析、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌性検査の世界市場:タイプ別(社内、アウトソース)、検査タイプ別、最終用途別、サンプル別(滅菌剤、生物製剤、治療薬)、セグメント予測
    無菌性検査の世界市場は2025年には20億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率11.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、研究開発費の増加と相まって、新薬の発売が増加していることが考えられます。本調査レポートでは、無菌性検査の世界市場について調査・分析し、無菌性検査の世界市場動向、無菌性検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別無菌性検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の抗真菌薬市場規模・予測2017-2025:薬剤クラス別(エキノカンジン、アゾール、ポリエン、アリルアミン)、適応別(アスペルギルス症、カンジダ症、皮膚糸状菌症)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の抗真菌薬市場について調査・分析し、世界の抗真菌薬市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の抗真菌薬関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用可変容量ターボチャージャー(VGT)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用可変容量ターボチャージャー(VGT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用可変容量ターボチャージャー(VGT)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小麦粉の世界市場
    当調査レポートでは、小麦粉の世界市場について調査・分析し、小麦粉の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用クラッチの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用クラッチの世界市場規模が2017年9兆1191.4億ドルから2026年18兆5352.9億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用クラッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用クラッチ市場規模、クラッチディスクサイズ別(10〜11インチディスク、11インチ以上ディスク、9〜10インチディスク、9インチ以下ディスク)分析、クラッチ種類別(遠心クラッチ、ドッグクラッチ、ドライクラッチ、電磁クラッチ、摩擦クラッチ)分析、トランスミッション種類別(自動マニュアルトランスミッション、自動変速機、無段変速機、デュアルクラッチ、マニュアルトランスミッション)分析、材料種類別(セラミック、オーガニック、その他の材料種類)分析、用途別(商業、乗客、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用クラッチの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用クラッチの世界 …
  • 潤滑剤包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、潤滑剤包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潤滑剤包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は潤滑剤包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amcor• Glenroy• Graham Packaging• Mold-Tek Packaging• Scholle IPN等です。
  • 発電機レンタルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、発電機レンタルの世界市場について調査・分析し、発電機レンタルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 発電機レンタルの世界市場:市場動向分析 - 発電機レンタルの世界市場:競争要因分析 - 発電機レンタルの世界市場:燃料タイプ別 ・ガス発電 ・ディーゼル発電 ・その他燃料タイプ - 発電機レンタルの世界市場:定格電力別 ・50kW未満 ・51~500kW ・501~2,500kW - 発電機レンタルの世界市場:用途別 ・ベースロード・常時電力 ・ピークシェービング ・予備電源 - 発電機レンタルの世界市場:エンドユーザー別 ・建設 ・イベント ・製造業 ・鉱業 ・石油・ガス ・運送 ・ユーティリティ ・その他 - 発電機レンタルの世界市場:主要地域別分析 - 発電機レンタルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 発電機レンタルのヨーロッパ市場規模 - 発電機レンタルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・発電機レンタルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場2017-2021:オルソフタル酸系樹脂、イソフタル酸系樹脂、DCPD
    当調査レポートでは、不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートグリッドサイバーセキュリティの世界市場2017-2021:消費、発電、配電・制御
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートグリッドサイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートグリッドサイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートグリッドサイバーセキュリティの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BAE Systems、IBM、IOActive、Lockheed Martin等です。
  • ノルウェーの股関節再建装置市場見通し
  • 駐車場システムの世界市場:タイプ別(機械式、半自動、自動)、用途別(オフィスビル、商業施設、住宅、その他)、地域別予測
    本資料は、駐車場システムの世界市場について調べ、駐車場システムの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(機械式、半自動、自動)分析、用途別(オフィスビル、商業施設、住宅、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHI、TADA、Xinhuayuan、Klaus Multiparking、Unitronics、LODIGE、Tianchen Intelligen 、Westfalia、MHE Demag、Rainbow、Sampu Stereo Garage、STOPA Anlagenbau、FATA Automation、Park Plusなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・駐車場システムの世界市場概要 ・駐車場システムの世界市場環境 ・駐車場システムの世界市場動向 ・駐車場システムの世界市場規模 ・駐車場システムの世界市場規模:タイプ別(機械式、半自動、自動) ・駐車場システムの世界市場規模:用途別(オフィスビル、商業施設、住宅、その他) …
  • 世界の分子イメージングデバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子イメージングデバイス市場2015について調査・分析し、分子イメージングデバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級カーオーディオの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高級カーオーディオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高級カーオーディオの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーグルトの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ヨーグルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヨーグルト市場規模、製品別(スプーナブルヨーグルト、飲むヨーグルト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヨーグルトの世界市場概要 ・ヨーグルトの世界市場環境 ・ヨーグルトの世界市場動向 ・ヨーグルトの世界市場規模 ・ヨーグルトの世界市場:業界構造分析 ・ヨーグルトの世界市場:製品別(スプーナブルヨーグルト、飲むヨーグルト) ・ヨーグルトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨーグルトの北米市場規模・予測 ・ヨーグルトのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヨーグルトのアジア太平洋市場規模・予測 ・ヨーグルトの主要国分析 ・ヨーグルトの世界市場:意思決定フレームワーク ・ヨーグルトの世界市場:成長要因、課題 ・ヨーグルトの世界市場:競争環境 ・ヨーグルトの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 医療用接着テープの世界市場予測(~2022年):アクリル、シリコーン、ゴム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、医療用接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空監視の世界市場予測(~2023年):LiDAR、レーダー、画像システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、航空監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力タービンピッチシステムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、風力タービンピッチシステムの世界市場について調べ、風力タービンピッチシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、風力タービンピッチシステムの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は風力タービンピッチシステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・風力タービンピッチシステムの市場状況 ・風力タービンピッチシステムの市場規模 ・風力タービンピッチシステムの市場予測 ・風力タービンピッチシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・風力タービンピッチシステムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  . …
  • 膜分離技術の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、膜分離技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、技術別分析、地域別分析、膜分離技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入り千切り小麦シリアル市場規模、製品サイズ別(一口サイズ、フルサイズ)分析、流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場概要 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場環境 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場動向 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場規模 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:製品サイズ別(一口サイズ、フルサイズ) ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア) ・パッケージ入り千切り小麦シリアルの世界市場:地域別 …
  • ヘリコプター輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘリコプター輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘリコプター輸送市場規模、エンドユーザー別(エネルギー、鉱業・建設・材木切り出し業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bristow Group, CHC Helicopter, Era Group, Erickson, PHIなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘリコプター輸送の世界市場概要 ・ヘリコプター輸送の世界市場環境 ・ヘリコプター輸送の世界市場動向 ・ヘリコプター輸送の世界市場規模 ・ヘリコプター輸送の世界市場:業界構造分析 ・ヘリコプター輸送の世界市場:エンドユーザー別(エネルギー、鉱業・建設・材木切り出し業、その他) ・ヘリコプター輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘリコプター輸送の北米市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送の …
  • 半導体ガラスウエハーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ガラスウエハーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ガラスウエハー市場規模、用途別(自動車、工業、航空宇宙、防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ガラスウエハーの世界市場概要 ・半導体ガラスウエハーの世界市場環境 ・半導体ガラスウエハーの世界市場動向 ・半導体ガラスウエハーの世界市場規模 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:業界構造分析 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:用途別(自動車、工業、航空宇宙、防衛、その他) ・半導体ガラスウエハーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ガラスウエハーのアメリカ市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーのヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーのアジア市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーの主要国分析 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体ガラスウエハーの世界市場:成長要因、課題 ・半導体ガラスウエハー …
  • 世界のウルトラブック市場2015
    本調査レポートでは、世界のウルトラブック市場2015について調査・分析し、ウルトラブックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成ガスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、合成ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、合成ガスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートピルの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、スマートピルの世界市場について調査・分析し、スマートピルの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・スマートピルの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・スマートピルの世界市場:セグメント別市場分析 ・スマートピルの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 経腸栄養用機器の世界市場:経腸栄養用ポンプ、経腸栄養用チューブ、セット、注射器
    当調査レポートでは、経腸栄養用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイポーラデバイス・マイクロシザーズ市場規模、用途別(バイオポーラ鉗子、マイクロシザーズ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場概要 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場環境 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場動向 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場規模 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場:業界構造分析 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場:用途別(バイオポーラ鉗子、マイクロシザーズ) ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの北米市場規模・予測 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・バイポーラデバイス・マイクロシ …
  • M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるM2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・M2プロトンチャンネル阻害剤の概要 ・M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のM2プロトンチャンネル阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・M2プロトンチャンネル阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・M2プロトンチャンネル阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 下大静脈フィルターの世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、下大静脈フィルターの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・下大静脈フィルター産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・下大静脈フィルターの市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・下大静脈フィルターの製品パイプライン分析 ・下大静脈フィルターの治験動向 ・主要企業分析 ・下大静脈フィルターの世界市場規模予測 ・下大静脈フィルターの地域別市場規模予測
  • トランスレーショナル再生医療の世界市場見通し
    当調査レポートでは、トランスレーショナル再生医療の世界市場について調査・分析し、トランスレーショナル再生医療の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・トランスレーショナル再生医療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・トランスレーショナル再生医療の世界市場:セグメント別市場分析 ・トランスレーショナル再生医療の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • PEG化タンパク質の世界市場予測:PEG化キット、PEG化試薬
    当調査レポートでは、PEG化タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、消耗品別分析、タンパク質種類別分析、用途別分析、需要先別分析、PEG化タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用レーシング・シートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用レーシング・シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用レーシング・シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用レーシング・シートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• RECARO • Corbeau等です。
  • 地域冷房の世界市場予測(~2021年):フリークーリング、吸収冷却、電動式チラー
    当調査レポートでは、地域冷房の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、生産技術別分析、用途別分析、地域別分析、地域冷房の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビームーブメントモニターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベビームーブメントモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビームーブメントモニター市場規模、製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他)分析、販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビームーブメントモニターの世界市場概要 ・ベビームーブメントモニターの世界市場環境 ・ベビームーブメントモニターの世界市場動向 ・ベビームーブメントモニターの世界市場規模 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:業界構造分析 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビームーブメントモニターのアメリカ市場規模・予測 ・ベビーム …
  • 網膜移植の世界市場:装置タイプ別(網膜移植アルファAMS、埋め込み型ミニチュアテレスコープ、Argus II)、セグメント予測
    網膜移植の世界市場は2026年には7,470万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率10.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、標的疾患の罹患率の上昇と高齢者人口の増加が考えられます。網膜移植による視力回復能力の向上は、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。本調査レポートでは、網膜移植の世界市場について調査・分析し、網膜移植の世界市場動向、網膜移植の世界市場規模、市場予測、セグメント別網膜移植市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 試験所専用試験の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、試験所専用試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、産業別(臨床診断(一般化学)、微生物学(病原体、無菌テスト)、食品、動物飼料(魚、野菜)、市販飲料(アルコール)、水)分析、技術別(PCR)分析、試験所専用試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械的エネルギー貯蔵の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、機械的エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、機械的エネルギー貯蔵市場規模、技術別(揚水式電気エネルギー貯蔵、フライホイールエネルギー貯蔵)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場概要 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場環境 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場動向 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場規模 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:業界構造分析 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:技術別(揚水式電気エネルギー貯蔵、フライホイールエネルギー貯蔵) ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:地域別市場規模・分析 ・機械的エネルギー貯蔵の北米市場規模・予測 ・機械的エネルギー貯蔵のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・機械的エネルギー貯蔵のアジア太平洋市場規模・予測 ・機械的エネルギー貯蔵の主要国分析 ・機械的エネルギー貯蔵の世界市場:意思決定フレームワーク ・機械的エネルギー貯蔵 …
  • 産業用操作レバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用操作レバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用操作レバーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタンタルコンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタンタルコンデンサ市場2015について調査・分析し、タンタルコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用カウンタートップ・フライヤーの世界市場2017-2021:電気フライヤー、ガスフライヤー
    当調査レポートでは、業務用カウンタートップ・フライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用カウンタートップ・フライヤーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィトステロールの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、フィトステロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィトステロールの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフィトステロールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arboris、Archer Daniels Midland、BASF、Cargill等です。
  • 分析機器のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、分析機器のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分析機器のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエステル製ストラップの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ポリエステル製ストラップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエステル製ストラップ市場規模、グレード別(機械グレード、ハンドグレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエステル製ストラップの世界市場概要 ・ポリエステル製ストラップの世界市場環境 ・ポリエステル製ストラップの世界市場動向 ・ポリエステル製ストラップの世界市場規模 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:業界構造分析 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:グレード別(機械グレード、ハンドグレード) ・ポリエステル製ストラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエステル製ストラップの北米市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップのアジア太平洋市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップの主要国分析 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:成長要因、課題 ・ポリエステル製ス …
  • 音声分析の世界市場分析:展開別(ソリューション、サービス)、企業規模別(中小企業、大企業)、エンドユーザー別(BFSI、通信、IT、小売、ヘルスケア、ホスピタリティ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、音声分析の世界市場について調査・分析し、音声分析の世界市場動向、音声分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別音声分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"