"パッケージング塗料用添加剤の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-6633)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"パッケージング塗料用添加剤の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The packaging coating additives market is projected to grow from USD 688.4 million in 2018 to USD 874.5 million by 2023, at a CAGR of 4.9% from 2018 to 2023. Increasing demand for packaged foods is driving the growth of the packaging coating additives market.
The packaging coating additives market, by function is segmented into slip, antistatic, anti-fog, anti-block, and antimicrobial. Antimicrobial additives are used to prevent the growth of infection and fever-causing microorganisms such as bacteria, fungi, algae, mildew, and other parasites. Antimicrobial additives possess characteristics such as water repellency, solubility, and pH stability. They offer improved mechanical properties and high dimensional and chemical stability. The demand for antimicrobial additives is primarily triggered by the growing consumer awareness about health-related infections and the rapid urbanization and growing population in the Asia Pacific region.

By application, the packaging coating additives market is segmented into, food packaging, industrial packaging, healthcare packaging, consumer packaging, and others. Industrial packaging materials such as plastics and paper are likely to sustain damage during distribution and logistics due to dust, fog, static energy, friction, and temperature change. Therefore, packaging materials are coated with additives to protect the package from damages. These additives serve anti-fog, antistatic, slip, and anti-block functions in industrial packaging. The consumer goods industry uses coating additives for packaging of luxury goods as they provide protection against scratches, abrasions, and resistance to chemicals and microbial activities.

Asia Pacific accounts for the largest share of the packaging coating additives market. The market for packaging coating additives in Asia Pacific is witnessing significant growth owing to the increasing demand from the food packaging application in the region. APAC is the hub for foreign investments and booming industrial sectors mainly because of the low-cost labor, easy availability of raw materials, increasing adoption of modern technologies, innovations, and easy availability of inexpensive land. Factors such as growing middle-class population, industrialization, rising disposable income, changing lifestyles, and increasing consumption of packaged products are expected to drive the food packaging industry, thus providing growth prospects to the packaging coating additives market.

Due to the durability of low-cost plastics, they are widely used in manufacturing various packaging materials that are used in food & beverage packaging films and agricultural films, among others. It is difficult for end users to manage plastic wastes generated from these industries. Hence, several countries are imposing bans on plastic products and are implementing regulatory norms regarding the use of plastic packaging products, which affects the growth of the packaging sector.

Major players operating in the packaging coating additives include Croda International Plc (UK), BASF SE (Germany), Clariant AG (Switzerland), Lonza Group (Switzerland), 3M Company (US), Arkema Group (France), Evonik Industries AG (Germany), and Solvay S.A. (Belgium), among others.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"パッケージング塗料用添加剤の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 26)
3.1 Packaging Coating Additives Market, By Function
3.2 Packaging Coating Additives Market: Application Shares, By Region
3.3 Packaging Coating Additives Market, By Region

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Packaging Coating Additives Market
4.2 Packaging Coating Additives Market, By Application
4.3 Packaging Coating Additives Market, By Function and Formulation
4.4 Packaging Coating Additives Market, By Country
4.5 Packaging Coating Additives Market: Developing vs Developed Economies

5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Disposable Income of the Middle-Class Population in the Emerging Economies
5.2.1.2 Increasing Health Awareness
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Environmental and Government Regulations
5.2.2.2 Volatility of Raw Material Prices
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets Creating Strong Growth Opportunities
5.2.3.2 Increasing Demand for Bio-Based Slip Additives
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Managing Plastic Waste From Different Industries
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Buyers
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 Packaging Coating Additives Market, By Function (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Anti-Block
6.3 Anti-Fog
6.4 Antimicrobial
6.5 Antistatic
6.6 Slip

7 Packaging Coating Additives Market, By Formulation (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Water-Based
7.3 Solvent-Based
7.4 Powder-Based

8 Packaging Coating Additives Market, By Application (Page No. – 45)
8.1 Introduction
8.2 Food Packaging
8.3 Industrial Packaging
8.4 Healthcare Packaging
8.5 Consumer Packaging
8.6 Others

9 Packaging Coating Additives Market, By Region (Page No. – 48)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 UK
9.3.3 Italy
9.3.4 France
9.3.5 Russia
9.3.6 Netherlands
9.3.7 Czech Republic
9.3.8 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.2 India
9.4.3 Japan
9.4.4 Indonesia
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 South Africa
9.5.2 Saudi Arabia
9.5.3 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.2 Argentina
9.6.3 Rest of South America

10 Competitive Landscape (Page No. – 83)
10.1 Overview
10.2 Ranking of Key Market Players
10.2.1 Market Ranking Analysis, 2017
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 New Product Developments & Launches
10.3.2 Acquisitions
10.3.3 Expansion
10.3.4 Partnerships
10.3.5 Investments

11 Company Profiles (Page No. – 90)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Croda International PLC
11.2 BASF SE
11.3 Clariant AG
11.4 Lonza Group
11.5 3M
11.6 Arkema Group
11.7 Evonik Industries AG
11.8 Solvay S.A.
11.9 Akzo Nobel N.V.
11.10 Daikin Industries, Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.11 Other Key Players
11.11.1 Ampacet Corporation
11.11.2 Addcomp Holland Bv
11.11.3 KAO Corporation
11.11.4 Abril Industrial Waxes Ltd
11.11.5 PCC Chemax, Inc.
11.11.6 Munzing Chemie GmbH

12 Appendix (Page No. – 115)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】パッケージング塗料用添加剤の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年9月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-6633
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
パッケージング塗料用添加剤の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用レーシング・シートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用レーシング・シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用レーシング・シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用レーシング・シートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• RECARO • Corbeau等です。
  • 世界のポータブル発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブル発電機市場2015について調査・分析し、ポータブル発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 滑り止め添加剤の世界市場予測(~2023年):酸化アルミニウム、シリカ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、滑り止め添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類(酸化アルミニウム、シリカ、その他)分析、用途(建設床材、船舶甲板)分析、滑り止め添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のアクリロニトリル市場(~2019)
  • 産業ロボットレンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業ロボットレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボットレンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 摩擦材の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、摩擦材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別(パッド、ライニング、ディスク、ブロック)分析、ビジネスタイプ別(OE、アフターセールス)分析、用途別(ブレーキ、クラッチ)分析、最終用途産業別(自動車、鉄道、建設)分析、摩擦材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟鋼の世界市場
    当調査レポートでは、軟鋼の世界市場について調査・分析し、軟鋼の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 軟鋼の世界市場:市場動向分析 - 軟鋼の世界市場:競争要因分析 - 軟鋼の世界市場:用途別 ・自動車部品 ・TMT(熱機械処理)バー ・道具 ・配線 ・その他 - 軟鋼の世界市場:エンドユーザー別 ・自動車産業 ・重い工学装置および工作機械の業界 ・家電産業 ・住宅&建設産業 ・海運業 ・その他 - 軟鋼の世界市場:製品別 ・山形鋼 ・鋼製根太 ・鋼板 ・鋼管 ・溝形鋼 - 軟鋼の世界市場:主要地域別分析 - 軟鋼の北米市場規模(アメリカ市場等) - 軟鋼のヨーロッパ市場規模 - 軟鋼のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・軟鋼の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハンドヘルド型ラベルプリンタ市場規模、エンドユーザ―別(製造、輸送・物流、小売、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Brother Industries, CASIO COMPUTER, Newell Brands, Seiko Epsonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場概要 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場環境 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場動向 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場規模 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場:業界構造分析 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場:エンドユーザ―別(製造、輸送・物流、小売、その他) ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの北米市場規模・予測 ・ハンドヘルド型ラベ …
  • 世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場
    当調査レポートでは、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙マイクロ波デバイス市場規模、用途別(商用航空、軍用航空)分析、周波数帯別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場概要 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場環境 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場動向 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場規模 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:業界構造分析 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:用途別(商用航空、軍用航空) ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:周波数帯別 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空宇宙マイクロ波デバイスのアメリカ市場規模・予測 ・航空宇宙マイクロ波デバイスのヨーロッパ市場規模・予測 ・航空宇宙マイクロ波デバイスのアジア市場規模・予測 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの主要国分析 ・航空宇宙マイクロ波 …
  • 制御弁の世界市場
    当調査レポートでは、制御弁の世界市場について調査・分析し、制御弁の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • カナダの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 世界主要国における携帯型超音波装置市場2018-2023
    本調査レポートでは、携帯型超音波装置の世界市場について調査・分析し、携帯型超音波装置の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(カート・トロリー型、ハンドヘルド型)、用途別市場規模(病院、診療所、在宅ケア、)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、携帯型超音波装置の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・携帯型超音波装置の世界市場概要 ・携帯型超音波装置の企業別市場シェア ・携帯型超音波装置の地域別市場規模 ・携帯型超音波装置の種類別市場規模(カート・トロリー型、ハンドヘルド型) ・携帯型超音波装置の用途別市場規模(病院、診療所、在宅ケア、) ・携帯型超音波装置の主要企業分析 ・携帯型超音波装置の北米市場規模 ・携帯型超音波装置の米国市場規模 ・携帯型超音波装置の南米市場規模 ・携帯型超音波装置の欧州市場規模 ・携帯型超音波装置のア …
  • 高級卓上食器類の世界市場
    本資料は、高級卓上食器類の世界市場について調べ、高級卓上食器類の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ステンレススチールテーブルウェア、メタステーブルウェア、ガラステーブルウェア、セラミックテーブルウェア、その他)分析、用途別(家庭用、商業用)分析、製品別(飲料ウェア及び別タイプガラス、ティーポット&コップ、平皿類、調理器具、サービング器具、ディナーウェア、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCartier、Blancpain 、Lange and Sohne、Bulgaria、Patek Philippe、Jaeger-LeCoultre、Piaget Polo、Vacheron Constantin 、Rolex、Dolce & Gabbana 、Audemars Piguet、Girard-Perregaux、Ulysse Nardin、Breguet、Parmigiani 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高級卓上食器類の …
  • 工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場:製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター)、最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品)、地域別予測
    本資料は、工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場について調べ、工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター)分析、最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場概要 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場環境 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場動向 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模:製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター) ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模:最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品) ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世 …
  • 泡制止剤の世界市場
    当調査レポートでは、泡制止剤の世界市場について調査・分析し、泡制止剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のポータブルOTDR市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブルOTDR市場2015について調査・分析し、ポータブルOTDRの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジェスチャ認識の世界市場
    当調査レポートでは、ジェスチャ認識の世界市場について調査・分析し、ジェスチャ認識の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 法医学技術の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、法医学技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、法医学技術市場規模、製品別(弾丸鑑識装置、バイオメトリック装置、デジタル・フォレンジック、DNA検査、その他)分析、種類別(自動リキッドハンドリング技術、キャピラリー電気泳動、マイクロアレイ、次世代シークエンシング、高速DNA分析、その他)分析、ロケーション別(検査室用、ポータブル型)分析、サービス別(銃器分析、DNAプロファイリング、指紋分析、化学分析、その他)分析、用途別(遺伝薬理学、法廷/法執行、生物兵器防衛/生物学的監視)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 法医学技術の世界市場:市場動向分析 ・ 法医学技術の世界市場:競争要因分析 ・ 法医学技術の世界市場:製品別(弾丸鑑識装置、バイオメトリック装置、デジタル・フォレンジック、DNA検査、その他) ・ 法医学技術の世界市場:種類別(自動リキッドハンドリング技術、キャピラリー電気泳動、マイクロアレイ、次世代シー …
  • 世界の水泳プール用フィルターポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の水泳プール用フィルターポンプ市場2015について調査・分析し、水泳プール用フィルターポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の乳清タンパク質成分市場2015
    本調査レポートでは、世界の乳清タンパク質成分市場2015について調査・分析し、乳清タンパク質成分の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性マルチフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生分解性マルチフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生分解性マルチフィルム市場規模、用途別(果物・野菜、油料種子・穀物、花・植物)分析、材料別(TPS、PLA、PHA、AAC、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生分解性マルチフィルムの世界市場概要 ・生分解性マルチフィルムの世界市場環境 ・生分解性マルチフィルムの世界市場動向 ・生分解性マルチフィルムの世界市場規模 ・生分解性マルチフィルムの世界市場:業界構造分析 ・生分解性マルチフィルムの世界市場:用途別(果物・野菜、油料種子・穀物、花・植物) ・生分解性マルチフィルムの世界市場:材料別(TPS、PLA、PHA、AAC、その他) ・生分解性マルチフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・生分解性マルチフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・生分解性マルチフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・生分解性マルチフィルムのアジア市場規模・予測 ・ …
  • 世界のゼオライト系分子篩市場2016
    本調査レポートでは、世界のゼオライト系分子篩市場2016について調査・分析し、ゼオライト系分子篩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リフティングコラムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リフティングコラムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リフティングコラム市場規模、製品別(多段式、2段式)分析、用途別(産業部門、ヘルスケア部門、人間工学)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リフティングコラムの世界市場概要 ・リフティングコラムの世界市場環境 ・リフティングコラムの世界市場動向 ・リフティングコラムの世界市場規模 ・リフティングコラムの世界市場:業界構造分析 ・リフティングコラムの世界市場:製品別(多段式、2段式) ・リフティングコラムの世界市場:用途別(産業部門、ヘルスケア部門、人間工学) ・リフティングコラムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リフティングコラムの北米市場規模・予測 ・リフティングコラムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リフティングコラムのアジア太平洋市場規模・予測 ・リフティングコラムの主要国分析 ・リフティングコラムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 世界の自動車用弁棒シール市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用弁棒シール市場2016について調査・分析し、自動車用弁棒シールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エピジェネティクスの世界市場:修飾酵素、DNAポリメラーゼ、アセチラーゼ、メチルトランスフェラーゼ、機器、消耗品、キット、試薬
    当調査レポートでは、エピジェネティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、研究分野別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光線療法の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、光線療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光線療法の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は光線療法の世界市場が2016-2020年期間中に年平均4.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Beurer• Koninklijke Philips• Lumie• Verilux等です。
  • 屋根材の世界市場:製品別(アスファルトシングル、コンクリート・瓦葺)、用途別(住宅、非住宅)、地域別
    本調査レポートでは、屋根材の世界市場について調査・分析し、屋根材の世界市場動向、屋根材の世界市場規模、市場予測、セグメント別屋根材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 手術室用装置の世界市場分析・予測
  • バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のバイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:イントロダクション ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:市場概観 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:主要地域別市場分析 ・バイオベースポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場:関連企業分析
  • 止血剤および組織封止剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、止血剤および組織封止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、止血剤および組織封止剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートガラスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートガラス市場規模、用途別(家電、輸送、建築、発電所(太陽光)、電力・エネルギー、その他)分析、技術別(パッシブガラス、アクティブガラス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマートガラスの世界市場:市場動向分析 ・ スマートガラスの世界市場:競争要因分析 ・ スマートガラスの世界市場:用途別(家電、輸送、建築、発電所(太陽光)、電力・エネルギー、その他) ・ スマートガラスの世界市場:技術別(パッシブガラス、アクティブガラス、その他) ・ スマートガラスの世界市場:主要地域別分析 ・ スマートガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ スマートガラスのヨーロッパ市場規模 ・ スマートガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スマートガラスの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界の商業用大型ディスプレイサイネージ市場:用途別、地域別
    本調査レポートは商業用大型ディスプレイサイネージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(屋内、屋外)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・商業用大型ディスプレイサイネージの世界市場:用途別(屋内、屋外) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 天然繊維複合体(NFC)の世界市場:原材料別、マトリックス別、技術別(射出成形、圧縮成形、引き抜き成形)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、天然繊維複合体(NFC)の世界市場について調査・分析し、天然繊維複合体(NFC)の世界市場動向、天然繊維複合体(NFC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別天然繊維複合体(NFC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 キャリアイーサネットとは、通信事業者にイーサネットサービスを提供するサービスです。このサービスにはE-Line、E-LAN、E-Treeがあります。Technavio社はキャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcatel-Lucent Enterprise • Arista Networks• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell• HPE• Juniper Networks等です。
  • デジタル変電所の世界市場予測(~2022): 送電変電所、配電変電所
    当調査レポートでは、デジタル変電所の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、モジュール別分析、電圧別分析、種類別分析、産業別分析、デジタル変電所の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メチオニンの世界市場
    当調査レポートでは、メチオニンの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・メチオニンの世界市場:原料別分析/市場規模 ・メチオニンの世界市場:用途別分析/市場規模 ・メチオニンの世界市場:産業別分析/市場規模 ・メチオニンの世界市場:地域別分析/市場規模 ・メチオニンのアメリカ市場規模予測 ・メチオニンのヨーロッパ市場規模予測 ・メチオニンのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 脊髄損傷(Spinal Cord Injury):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)のフェーズ3治験薬の状況 ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬の市場規模(販売予測) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬剤
  • 軍用機格納庫の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用機格納庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機格納庫の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵・冷凍庫つきテーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷蔵・冷凍庫つきテーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵・冷凍庫つきテーブルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機拘束装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、航空機拘束装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、需要先別分析、システム別分析、地域別分析、航空機拘束装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 金庫や貴重品保管庫は、火災や犯罪などの危険から資産を保護するための設備です。犯罪率の上昇や横領などの内部犯罪の発生に伴い、金庫・保管庫のニーズが高まっています。また、クラウド技術などを活用して、より複雑な構造の製品も開発されていますTechnavio社は銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ASSA ABLOY• Diebold Nixdorf• dormakaba• Gunnebo等です。
  • 光ファイバーセンサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、光ファイバーセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光ファイバーセンサの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 3Dプリンティングの世界市場:市場動向分析 - 3Dプリンティングの世界市場:競争要因分析 - 3Dプリンティングの世界市場:技術別 ・光造形法(SL) ・電子ビーム溶解 ・ジェット工法 ・レーザー焼結 ・熱溶解積層法 ・薄膜積層法 ・3Dプリンティング ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:材料別 ・ポリマー ・金属 ・セラミック ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:エンドユーザー別 ・航空・防衛 ・自動車 ・消費財 ・教育・研究 ・行政・防衛 ・医療 ・工業製品 ・食品・料理 ・宝飾品 ・建築・建設 ・プリンテッド・エレクトロニクス ・エネルギー ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:形状別 ・粉体 ・液体 ・単繊維状 - 3Dプリンティングの世界市場:プリンター別 ・産業用プリンター ・デスクトップ3Dプリンター - 3Dプリンティングの世界市場:用途 …
  • 基油の世界市場:自動車オイル、工業用オイル、金属加工油、グリース、油圧油
    当調査レポートでは、基油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍切除の世界市場の規模と予測:技術別(高周波、マイクロ波、凍結融解)、治療別(外科的、腹腔鏡的、経皮的)、用途別(肝臓がん、乳がん、肺がん、前立腺がん)、セグメント予測、2015-2022
    本調査レポートでは、腫瘍切除の世界市場について調査・分析し、腫瘍切除の世界市場動向、腫瘍切除の世界市場規模、市場予測、セグメント別腫瘍切除市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グルコース監視システムの北米市場
  • スマートチケットの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートチケットの世界市場について調べ、スマートチケットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートチケットの市場規模をセグメンテーション別(用途別(交通、スポーツ&イベント)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスマートチケットの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートチケットの市場状況 ・スマートチケットの市場規模 ・スマートチケットの市場予測 ・スマートチケットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(交通、スポーツ&イベント) ・スマートチケットの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"