"空気処理の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-6630)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"空気処理の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The air treatment market is expected to reach USD 25.56 billion by 2023 from USD 17.39 billion by 2018, at a CAGR of 8.00% during the forecast period. Factors driving the growth of the air treatment market include increasing industrialization and urbanization, stringent regulations governing emissions and treatment of industrial effluents, and the need for achieving high efficiency with mechanical equipment and factory processes.
Based on technology, the air treatment market has been segmented into HEPA filters, electrostatic precipitators, activated carbon, UV filters, ionic filters, and conventional filters. HEPA filters are likely to account for the largest share of the market during the forecast period. The demand for HEPA filters is driven by growing concerns of environmental sustainability, regulations regarding industrial emissions, and health issues related to airborne diseases. The market for activated carbon is expected to grow at the highest CAGR amongst all technologies during the forecast period; this growth can be attributed to these filters being efficient in capturing all carbon containments, hazardous gases (sulfur dioxide, carbon monoxide, and others) chemical fumes, odors, and smoke. These filters are preferred in industries such as automotive, manufacturing, power generation, and oil & gas.

Based on vertical, the air treatment market has been segmented into manufacturing, automotive, oil & gas, power generation, pulp & paper, commercial, and residential. The manufacturing industry is expected to hold the largest share of the air treatment market during the forecast period due to increasing industrialization and growing manufacturing activities in countries such as China, Japan, India, and South Korea. Tightening emission control regulations and air quality monitoring standards worldwide would be major drivers for the adoption of air treatment systems in the manufacturing industry. The automotive vertical is expected to be one of the significant contributors to the market in 2018 and the market for this segment is expected to grow at the highest CAGR amongst all verticals during the forecast period.

APAC currently holds the largest share of the air treatment market and is expected to grow at the highest CAGR globally from 2018 to 2023. Countries in APAC such as China, Japan, India, and South Korea have some of the largest manufacturing facilities in the world. Increasing population, rapidly growing economies (developed as well as developing), and government initiatives to promote industrial growth have made APAC an ideal manufacturing destination for various sectors including semiconductors, electronics, and automotive. Advancements in terms of economic growth, infrastructural developments, and construction of power plants are expected to boost the growth of the air treatment market in APAC in the coming years.

The major challenges for the companies in the market are increasing demand for electric vehicles and emerging alternative and renewable energy sources. Companies have adopted new product developments and partnerships, contracts, agreements, & joint-venture strategies, to expand their market presence and distribution networks in the market.

Some of the major players in the air treatment market are Freudenberg Filtration Technologies (Freudenberg) (Germany), Donaldson Company Inc (Donaldson) (US), Parker Hannifin Corp. (Parker Hannifin) (US), Ahlstrom-Munksjö (Finland), Mann+Hummel (Germany), Cummins Inc. (US), Camfil Group (Sweden), and Atlas Copco AB (Sweden).
Increasing industrialization and urbanization and stringent regulations governing emissions and treatment of industrial effluents likely to accelerate the demand for air treatment systems
Manufacturing

The manufacturing segment includes metal & mining, food & beverages, machinery & equipment, chemicals, electrical & electronics industries. Industrial air treatment and filtration is gaining importance due to strict environmental regulations that are pushing for cleaner processes and technologies. The machinery & equipment manufacturing industry uses air filtration for adsorption of corrosive gases and dust and particulate matter. The chemicals industry uses air filtration for particle separation, catalyst support, pollution control, and for filtering a wide variety of fumes/smoke produced during chemicals manufacturing. The electrical & electronics industry uses air filtration for keeping particulates at lowest possible minimum levels and to maintain air quality inside manufacturing facilities.
Automotive

Air treatment in the automotive industry is an aspect of paramount importance. A slight deviation from prescribed air limits might cause corrosion and manufacturing errors. Temperature, humidity, and dust are the 3 very important factors that need to be controlled while manufacturing vehicles and other automotive components to ensure quality, longevity, and performance; air cleaners, air conditioners, and drying and heating devices are employed in the industry to achieve desired air quality; apart from these, emission exhaust filtration, and in-vehicle air quality are other important applications.

Critical questions would be;

Where will all these developments take the market in mid and long term?
Which verticals will present major market potential in air treatment ecosystem?
What will be the major market expansion strategy adopted by the players in the studied market?


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"空気処理の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Market Scope
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.1.2.4 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Calculating Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Calculating Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Ranking Estimation
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities for Air Treatment Market
4.2 Comparative Account of Growth Pattern of Air Treatment Market, By Application
4.3 Air Treatment Market in APAC, By Country & Industry (2017)
4.4 Market Shares of Major Countries in Air Treatment Market, 2017
4.5 Air Treatment Market, By Technology, 2018 vs 2023

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Industrialization and Urbanization
5.2.1.2 Stringent Regulations Governing Emissions and Treatment of Industrial Effluents
5.2.1.3 Need for Achieving High Efficiency With Mechanical Equipment and Factory Processes
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Increase in Demand for Electric Vehicles
5.2.2.2 Emerging Alternative and Renewable Energy Sources
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 High Rate of Industrialization in Developing Nations
5.2.3.2 Increasing Demand for Air Treatment During Semiconductors & Electronics Manufacturing
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Availability of Gray Market Air Treatment Products

6 Air Treatment Market, By Product (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Dust Collectors
6.3 Fume/Smoke Collectors
6.4 Engine Exhaust Systems
6.5 Mist Eliminators
6.6 Fire/Emergency Exhaust Systems
6.7 Others

7 Air Treatment Market, By Technology (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Hepa Filters
7.3 Electrostatic Precipitators
7.4 Activated Carbon
7.5 UV Filters
7.6 Ionic Filters
7.7 Conventional Filters

8 Air Treatment Market, By Application (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Exhaust Air
8.2.1 Volatile Organic Compounds
8.2.2 Carbon Mono Oxide
8.2.3 Nitrogen Oxides
8.2.4 Sulfur Dioxide
8.2.5 Particulate Matter
8.2.6 Lead
8.3 Compressed Air

9 Air Treatment Market, By Vertical (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 Manufacturing
9.3 Automotive
9.4 Oil & Gas
9.5 Power Generation
9.6 Pulp & Paper
9.7 Commercial
9.8 Residential

10 Geographic Analysis (Page No. – 79)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.2 Germany
10.3.3 France
10.3.4 Italy
10.3.5 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 Rest of APAC
10.5 RoW
10.5.1 Middle East
10.5.2 South America
10.5.3 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 98)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis of Major Players in Air Treatment Market
11.3 Competitive Situations and Trends
11.3.1 Product Launches
11.3.2 Expansions
11.3.3 Mergers & Acquisitions
11.3.4 Agreements, Partnerships, and Collaborations

12 Company Profiles (Page No. – 104)
12.1 Introduction
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2 Key Players
12.2.1 Honeywell
12.2.2 Freudenberg
12.2.3 Donaldson
12.2.4 Parker-Hannifin
12.2.5 Mann+Hummel
12.2.6 Camfil
12.2.7 Ahlstrom-Munksjö
12.2.8 3M
12.2.9 Atlas Copco
12.2.10 Cummins
12.3 Other Key Players
12.3.1 Blueair AB
12.3.2 Sharp Corporation
12.3.3 Daikin
12.3.4 Bosch
12.3.5 Hengst Se & Co. Kg
12.3.6 American Air Filter Company

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 136)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】空気処理の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年9月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-6630
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】環境
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
空気処理の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の二クロム酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の二クロム酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、二クロム酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォグコンピューティングの世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア
    当調査レポートでは、フォグコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フォグコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 界面活性剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の界面活性剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・界面活性剤の世界市場:イントロダクション ・界面活性剤の世界市場:市場概観 ・界面活性剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・界面活性剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・界面活性剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・界面活性剤の世界市場:関連企業分析
  • アルゼンチンの末梢血管用装置市場見通し
  • 土壌水分センサの世界市場:石膏ブロック、GMS、テンシオメーター、プローブ、静電容量センサ、TDT
    当調査レポートでは、土壌水分センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、土壌水分センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 動物輸送の世界市場2020-2024
    「動物輸送の世界市場2020-2024」は、動物輸送について市場概要、市場規模、種類別(家畜、ペット、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・動物輸送の世界市場:種類別(家畜、ペット、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 自動潤滑装置の世界市場:グリース潤滑、油潤滑
    当調査レポートでは、自動潤滑装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動潤滑装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電力取引の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電力取引の世界市場について調べ、電力取引の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電力取引の市場規模をセグメンテーション別(種類別(前日取引、日中取引)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社は電力取引の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電力取引の市場状況 ・電力取引の市場規模 ・電力取引の市場予測 ・電力取引の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(前日取引、日中取引) ・電力取引の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 機械安全防護ソリューションの世界市場:コンポーネント別(スイッチ、コントローラー、センサー、その他)、用途別(パッケージング、マテリアルハンドリング、鉱業、食品・飲料、医薬品、パッケージング・マテリアルハンドリング、半導体、自動車、工作機械、印刷)、地域別予測
    本資料は、機械安全防護ソリューションの世界市場について調べ、機械安全防護ソリューションの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(スイッチ、コントローラー、センサー、その他)分析、用途別(パッケージング、マテリアルハンドリング、鉱業、食品・飲料、医薬品、パッケージング・マテリアルハンドリング、半導体、自動車、工作機械、印刷)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・機械安全防護ソリューションの世界市場概要 ・機械安全防護ソリューションの世界市場環境 ・機械安全防護ソリューションの世界市場動向 ・機械安全防護ソリューションの世界市場規模 ・機械安全防護ソリューションの世界市場規模:コンポーネント別(スイッチ、コントローラー、センサー、その他) ・機械安全防護ソリューションの世界市場規模:用途別(パッケージング、マテリアルハンドリング、鉱業、食品・飲料、医薬品、パッケージング・マテリアルハンドリング、半導体、自動車、工作機械、印刷) ・機械安全 …
  • 世界の神経血管用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経血管用デバイス市場2015について調査・分析し、神経血管用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スリランカのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 商用製氷機の世界市場2016-2020:角氷製氷機、フレーク製氷機、ナゲットアイス製氷機
    当調査レポートでは、商用製氷機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用製氷機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • キネシオテープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キネシオテープの世界市場について調査・分析し、キネシオテープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キネシオテープシェア、市場規模推移、市場規模予測、キネシオテープ種類別分析()、キネシオテープ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キネシオテープの市場概観 ・キネシオテープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キネシオテープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キネシオテープの世界市場規模 ・キネシオテープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キネシオテープのアメリカ市場規模推移 ・キネシオテープのカナダ市場規模推移 ・キネシオテープのメキシコ市場規模推移 ・キネシオテープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キネシオテープのドイツ市場規模推移 ・キネシオテープのイギリス市場規模推移 ・キネシオテープのロシア市場規模推移 ・キネシオテープのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • インドの発電市場2016
  • 韓国の組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • TOFセンサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、TOFセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、TOFセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はTOFセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.06%成長すると予測しています。
  • エンタープライズ検索の世界市場分析:エンドユーザー別(政府・商業施設、銀行・金融、ヘルスケア、小売)、企業規模別(小、中、大)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エンタープライズ検索の世界市場について調査・分析し、エンタープライズ検索の世界市場動向、エンタープライズ検索の世界市場規模、市場予測、セグメント別エンタープライズ検索市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エレクトロクロミックガラスの世界市場
    当調査レポートでは、エレクトロクロミックガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エレクトロクロミックガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用足場レンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設用足場レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用足場レンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AWAY、Barracuda、Bluesmart、FUGU LUGGAGE、RADEN、Trunkster等です。
  • 美容ドリンクの世界市場:コラーゲンたんぱく質、ビタミン・ミネラル、果実抽出物
    当調査レポートでは、美容ドリンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、美容ドリンクの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、成分別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 研磨剤の世界市場:天然研磨剤、合成研磨剤、砥石車、紙やすり、被覆砥粒、固定砥粒、超砥粒
    当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、製品別分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 煙警報器(煙探知器)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、煙警報器(煙探知器)の世界市場について調査・分析し、煙警報器(煙探知器)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別煙警報器(煙探知器)シェア、市場規模推移、市場規模予測、煙警報器(煙探知器)種類別分析()、煙警報器(煙探知器)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・煙警報器(煙探知器)の市場概観 ・煙警報器(煙探知器)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・煙警報器(煙探知器)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・煙警報器(煙探知器)の世界市場規模 ・煙警報器(煙探知器)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・煙警報器(煙探知器)のアメリカ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のカナダ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のメキシコ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・煙警報器(煙探知器)のドイツ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のイギリス市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器 …
  • 菓子類加工機械の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、菓子類加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、製品別分析、作動モード別分析、地域別分析、菓子類加工機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺炎桿菌感染症(Klebsiella Pneumoniae Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺炎桿菌感染症(Klebsiella Pneumoniae Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺炎桿菌感染症(Klebsiella Pneumoniae Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺炎桿菌感染症(Klebsiella Pneumoniae Infections)の概要 ・肺炎桿菌感染症(Klebsiella Pneumoniae Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺炎桿菌感染症(Klebsiella Pneumoniae Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • ボーンハーベスターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボーンハーベスターの世界市場について調査・分析し、ボーンハーベスターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボーンハーベスターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボーンハーベスター種類別分析(海綿骨採取、骨髄採取)、ボーンハーベスター用途別分析(公立病院、私立病院)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボーンハーベスターの市場概観 ・ボーンハーベスターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボーンハーベスターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボーンハーベスターの世界市場規模 ・ボーンハーベスターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボーンハーベスターのアメリカ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのカナダ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのメキシコ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボーンハーベスターのドイツ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのイギリス市場規模推移 ・ボーンハーベ …
  • フィリピンの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 硫化水素の世界市場:種類別(純ガス、混合ガス)、用途別(化学品、研究所・分析、その他)、地域別予測
    本資料は、硫化水素の世界市場について調べ、硫化水素の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(純ガス、混合ガス)分析、用途別(化学品、研究所・分析、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAir Liquide、The Linde Group、Praxair、 Air Products and Chemicals、Sobeji、Messer Group、Matheson Tri-Gasなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・硫化水素の世界市場概要 ・硫化水素の世界市場環境 ・硫化水素の世界市場動向 ・硫化水素の世界市場規模 ・硫化水素の世界市場規模:種類別(純ガス、混合ガス) ・硫化水素の世界市場規模:用途別(化学品、研究所・分析、その他) ・硫化水素の世界市場:地域別市場規模・分析 ・硫化水素の北米市場規模・予測 ・硫化水素のアメリカ市場規模・予測 ・硫化水素のヨーロッパ市場規模・予測 ・硫化水素のアジア市場規模・予測 ・硫化水素の日本市場規模 …
  • トップ10高中電圧製品の世界市場予測(~2021):高電圧製品別(開閉装置、高電圧ケーブル、変圧器、ガス絶縁開閉装置)、中電圧製品別(リングメインユニット、リクローザ、中圧ケーブル、電圧レギュレータ、サージ保護装置、断路器 )
  • 家庭用浄水器フィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用浄水器フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用浄水器フィルターの世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用浄水器フィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M• Haier• Honeywell International• Pentair• Whirlpool等です。
  • モダクリル繊維の世界市場予測2021:保護用衣類、毛髪繊維、室内装飾材料、家庭用、パイル織物(合成、フェイクファー)、産業用織物
    当調査レポートでは、モダクリル繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、モダクリル繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体認証センサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生体認証センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体認証センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データセンター用電源の世界市場分析:PDU、UPS、バスウェイ
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、データセンター用電源の世界市場について調査・分析し、データセンター用電源の世界市場動向、データセンター用電源の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンター用電源市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 建築用ハードウェアの世界市場:用途別(ドア、窓、家具、シャワー)、エンドユーザー別(商業、産業、住宅)
    本市場調査レポートでは建築用ハードウェアについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(ドア、窓、家具、シャワー)分析、エンドユーザー別(商業、産業、住宅)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・建築用ハードウェアの世界市場:用途別(ドア、窓、家具、シャワー) ・建築用ハードウェアの世界市場:エンドユーザー別(商業、産業、住宅) ・建築用ハードウェアの世界市場:地域別 ・企業概要
  • バルブポジショナの世界市場
    当調査レポートでは、バルブポジショナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バルブポジショナの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の透明表示市場規模・予測2017-2025:技術別(LCD、OLED、E紙)、用途別(ウエアラブル、モバイル表示、建物、小売、自動車、軍事)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の透明表示市場について調査・分析し、世界の透明表示市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の透明表示関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ナイシン(Nisin)の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、ナイシン(Nisin)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 作物油濃縮物(COC)の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、作物油濃縮物(COC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(除草剤、殺虫剤、および殺菌剤)分析、作物種類別(シリアル・穀物、油糧種子・豆類、果物・野菜)分析、界面活性剤濃度別分析、作物油濃縮物(COC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、作物油濃縮物(COC)の世界市場規模が2019年199百万ドルから2025年254百万ドルまで年平均4.1%成長すると予測しています。
  • 世界のスタンドアップポーチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスタンドアップポーチ市場2015について調査・分析し、スタンドアップポーチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリイミドフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリイミドフィルム市場2016について調査・分析し、ポリイミドフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 油圧式ショベルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、油圧式ショベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油圧式ショベルの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リチウムイオン電池の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リチウムイオン電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リチウムイオン電池の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パイプ塗装の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、パイプ塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、形状別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、パイプ塗装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の緑内障手術デバイス市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、緑内障手術デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緑内障手術デバイスの概要 ・緑内障手術デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:領域別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別緑内障手術デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・緑内障手術デバイスの最近動向
  • Eラーニングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、Eラーニングの世界市場について調査・分析し、Eラーニングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - Eラーニングの世界市場:市場動向分析 - Eラーニングの世界市場:競争要因分析 - Eラーニングの世界市場:供給元別 ・サービスプロバイダー ・学習補助 ・コンテンツプロバイダー - Eラーニングの世界市場:製品別 ・企業用Eラーニング ・学校用Eラーニング - Eラーニングの世界市場:技術別 ・仮想教室 ・ラピッドeラーニング ・学習コンテンツ管理システム ・学習管理システム(LMS) ・知識マネジメントシステム ・アプリケーションシミュレーションツール ・モバイルEラーニング ・ポッドキャスト ・その他 - Eラーニングの世界市場:エンドユーザー別 ・K-12 ・高等教育 - Eラーニングの世界市場:主要地域別分析 - Eラーニングの北米市場規模(アメリカ市場等) - Eラーニングのヨーロッパ市場規模 - Eラーニングのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・Eラーニング …
  • 水溶性肥料の世界市場2016-2020:窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料
    当調査レポートでは、水溶性肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水溶性肥料の世界市場規模及び予測、方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境モニタリング・センシングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、環境モニタリング・センシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、環境モニタリング・センシングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用塗料の世界市場:腐蝕防止塗料、防汚塗料
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用塗料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、Chugoku Marine Paints、Hempel、Jotul、PPG Industries等です。
  • 自動配達ロボットの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動配達ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動配達ロボット市場規模、種類別(半自動ロボット、完全自動ロボット)分析、エンドユーザー別(ホスピタリティ、小売、ロジスティクス、ヘルスケア、レストラン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動配達ロボットの世界市場:市場動向分析 ・ 自動配達ロボットの世界市場:競争要因分析 ・ 自動配達ロボットの世界市場:種類別(半自動ロボット、完全自動ロボット) ・ 自動配達ロボットの世界市場:エンドユーザー別(ホスピタリティ、小売、ロジスティクス、ヘルスケア、レストラン) ・ 自動配達ロボットの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動配達ロボットの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 自動配達ロボットのヨーロッパ市場規模 ・ 自動配達ロボットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動配達ロボットの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界の酢酸亜鉛市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸亜鉛市場2016について調査・分析し、酢酸亜鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"