"軍事・航空宇宙向け光ファイバーケーブルの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AS-6636)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"軍事・航空宇宙向け光ファイバーケーブルの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The fiber optic cables market for military and aerospace is projected to grow from USD 1.82 billion in 2018 to USD 2.00 billion by 2023, at a CAGR of 1.93% during the forecast period. Growth in the fiber optic cables market for military and aerospace can be attributed to the increasing commercial adoption of fiber optics and growth in platforms, such as unmanned systems, space launch vehicles, and satellites.
The fiber optic cables market for military and aerospace has been segmented on the basis of end use, application, type, and region. Based on end use, the fiber optic cables market for military and aerospace has been segmented into commercial, military, and space. The military segment is projected to lead the fiber optic cables market for military and aerospace during the forecast period, owing to the increasing use of fiber optic cables for C4ISR applications for high speed communication.

Based on type, the fiber optic cables market for military and aerospace has been segmented into single-mode and multi-mode. The single-mode segment is projected to grow at the higher CAGR from 2018 to 2023. Adoption of single-mode fiber optic cables to connect defense units, such as command centers and military weapon stations is expected to lead to the growth of the market during the forecast period.

Based on application, the market is segmented into avionics, cabin interiors, flight management systems. In-flight Entertainment (IFE) systems, communication systems, radar systems, electronic warfare, and others. The communication systems segment is estimated to lead the fiber optic cables market for military and aerospace in 2018. This growth can be attributed to the increasing use of fiber optic cables in unmanned systems and military aircraft for high speed data communication.

Based on region, the fiber optic cables market for military and aerospace has been segmented into North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East, and Rest of the World (RoW). The North American region is estimated to lead the fiber optic cables market for military and aerospace in 2018. The US and Canada are the key countries considered for market analysis in this region. Increasing adoption of fiber optic cables for high speed land connectivity and procurement of military and commercial aircraft are expected to fuel the growth of the fiber optic cables market for military and aerospace in North America.

Adherence to stringent regulatory norms and complexities associated with the maintenance and installation of fiber optic cables act as the key challenges to the growth of the fiber optic cables market for military and aerospace. Key companies profiled in the report include Amphenol Corporation (US), Rockwell Collins, Inc. (US), Carlisle Interconnect Technologies (US), Corning Incorporated (US), Finisar Corporation (US), W. L. Gore & Associates, Inc. (US), OFS Fitel, LLC (US), AFL (US), Optical Cable Corporation (US), TE Connectivity (Switzerland), Radiall (France), and Prysmian Group (Italy), among others.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"軍事・航空宇宙向け光ファイバーケーブルの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Regional Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 28)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Fiber Optic Cables Market for Military and Aerospace
4.2 Europe Fiber Optic Cables Market for Military and Aerospace, By Application & Country
4.3 Fiber Optic Cables Market for Military and Aerospace, By End Use
4.4 Fiber Optic Cables Market for Military and Aerospace, By Type
4.5 Fiber Optic Cables Market for Military & Aerospace Market, By Country

5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Airframers and Operators Installing Fiber Optic Cables in New and Upgraded Aircraft
5.2.1.2 Helps Improve Interoperability of Military Systems
5.2.1.3 Increase in Demand for More Electric Aircraft and Glass Cockpit Concepts
5.2.1.4 Rise in Demand for Throughput and Reliability
5.2.1.5 Use of Fiber Optic Cables in Sensing Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Prone to Physical Damage and Transmission Loss
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Use of Photonics Technology in Electronic Warfare Network
5.2.3.2 Demand for Optical Add-Drop Multiplexer (OADM) Network
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Adherence to Stringent Regulatory Norms
5.2.4.2 Threat to Optical Network Security
5.2.4.3 Complexities Associated With the Maintenance and Installation of Fiber Optic Cables

6 Industry Trends (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Technology Roadmap of Fiber Optic Cables
6.3 Prevailing Technology Trends
6.3.1 Fiber Optic Cables Over Copper Cables
6.3.2 Fly-By-Optics
6.4 Future Trends of Fiber Optics
6.4.1 Polymer Optic Fibers
6.4.2 Improvement in Optical Transmitter/Receiver Technology
6.5 Standards Pertaining to Fiber Optic Cables
6.6 Patent Analysis
6.7 Regulatory Landscape
6.7.1 Fire Safety
6.7.1.1 Flammability
6.7.1.2 Smoke & Toxicity
6.7.2 Component Design
6.7.2.1 Strength & Stiffness
6.7.3 Airline Operations
6.7.3.1 Durability
6.7.3.2 Reparability
6.7.4 Manufacturing
6.7.4.1 Raw Materials
6.7.4.2 Reproducibility

7 Fiber Optic Cables Market for Military and Aerospace, By Application (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Avionics
7.3 Cabin Interiors
7.4 Flight Management Systems
7.5 In-Flight Entertainment (IFE) Systems
7.6 Communication Systems
7.7 Radar Systems
7.8 Electronic Warfare
7.9 Others

8 Fiber Optic Cables Market for Military and Aerospace, By End Use (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Commercial
8.2.1 Narrow-Body Aircraft
8.2.2 Wide-Body Aircraft
8.2.3 Very Large Aircraft
8.2.4 Regional Transport Aircraft
8.2.5 General Aviation
8.3 Military
8.3.1 Airborne
8.3.1.1 Fighter Jets
8.3.1.2 Unmanned Aerial Vehicles
8.3.1.3 Military Transport Aircraft
8.3.1.4 Military Helicopters
8.3.2 Land
8.3.2.1 Armored Vehicles
8.3.2.2 Unmanned Ground Vehicles
8.3.2.3 C4ISR
8.3.3 Marine
8.3.3.1 Ships
8.3.3.2 Unmanned Maritime Vehicles
8.4 Space
8.4.1 Space Launch Vehicles
8.4.2 Satellites

9 Fiber Optic Cables Market for Military and Aerospace, By Type (Page No. – 68)
9.1 Introduction
9.2 Single-Mode
9.3 Multi-Mode

10 Regional Analysis (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.2 France
10.3.3 Germany
10.3.4 Italy
10.3.5 Russia
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 South Korea
10.4.5 Australia
10.5 Middle East
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.2 Israel
10.5.3 UAE
10.6 Rest of the World
10.6.1 Latin America
10.6.2 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 109)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Analysis
11.3 Market Ranking Analysis
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Acquisitions
11.4.3 Agreements
11.4.4 Expansions

12 Company Profiles (Page No. – 116)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Amphenol
12.2 Carlisle Companies
12.3 Finisar
12.4 Radiall
12.5 Rockwell Collins
12.6 TE Connectivity
12.7 AFL
12.8 Corning
12.9 Ofs Fitel
12.10 Optical Cable Corporation
12.11 Prysmian Group
12.12 W.L. Gore & Associates

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 148)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customization
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】軍事・航空宇宙向け光ファイバーケーブルの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年9月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AS-6636
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】光学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
軍事・航空宇宙向け光ファイバーケーブルの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電子設計自動化(EDA)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、電子設計自動化(EDA)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子設計自動化(EDA)市場規模、製品別(半導体IP、CAE、IC物理設計・検証、PCB、その他)分析、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子設計自動化(EDA)の世界市場概要 ・電子設計自動化(EDA)の世界市場環境 ・電子設計自動化(EDA)の世界市場動向 ・電子設計自動化(EDA)の世界市場規模 ・電子設計自動化(EDA)の世界市場:業界構造分析 ・電子設計自動化(EDA)の世界市場:製品別(半導体IP、CAE、IC物理設計・検証、PCB、その他) ・電子設計自動化(EDA)の世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・電子設計自動化(EDA)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子設計自動化(EDA)の北米市場規模・予測 ・電子設計自動化(EDA)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電子 …
  • 粒子径分析装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、粒子径分析装置の世界市場について調査・分析し、粒子径分析装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別粒子径分析装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、粒子径分析装置種類別分析()、粒子径分析装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・粒子径分析装置の市場概観 ・粒子径分析装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・粒子径分析装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・粒子径分析装置の世界市場規模 ・粒子径分析装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・粒子径分析装置のアメリカ市場規模推移 ・粒子径分析装置のカナダ市場規模推移 ・粒子径分析装置のメキシコ市場規模推移 ・粒子径分析装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・粒子径分析装置のドイツ市場規模推移 ・粒子径分析装置のイギリス市場規模推移 ・粒子径分析装置のロシア市場規模推移 ・粒子径分析装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • アルゼンチンの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • マイクロ保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロ保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cargill、Emery Oleochemicals、Kuala Lumpur Kepong Berhad、Wilmar International、Wratislavia-BIOdiesel等です。
  • 世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015
    本調査レポートでは、世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015について調査・分析し、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 5-アルファレダクテーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-アルファレダクテーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤の概要 ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-アルファレダクテーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-アルファレダクテーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 分散型エネルギー発電(DEG)の世界市場:技術別(風力タービン、太陽光発電、レシプロエンジン)、用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、分散型エネルギー発電(DEG)の世界市場について調査・分析し、分散型エネルギー発電(DEG)の世界市場動向、分散型エネルギー発電(DEG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別分散型エネルギー発電(DEG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 地球物理サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、地球物理サービスの世界市場規模が2017年2兆1500.5億ドルから2026年3兆5712.5億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、地球物理サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地球物理サービス市場規模、種類別(陸上調査、空中調査)分析、技術別(耐震、抵抗率、磁気、光検出・測距(LIDAR)、ハイパースペクトル)分析、エンドユーザー別(農業、環境、鉱物・鉱業、石油ガス、水の探検)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地球物理サービスの世界市場:市場動向分析 ・ 地球物理サービスの世界市場:競争要因分析 ・ 地球物理サービスの世界市場:種類別(陸上調査、空中調査) ・ 地球物理サービスの世界市場:技術別(耐震、抵抗率、磁気、光検出・測距(LIDAR)、ハイパースペクトル) ・ 地球物理サービスの世界市場:エンドユーザー別(農業、環境、鉱物・鉱業、石油ガス、水の探 …
  • ケーブルタイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ケーブルタイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケーブルタイ市場規模、材料別(金属、プラスチック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, ABB, CODA RESOURCES, Power Product.などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ケーブルタイの世界市場概要 ・ケーブルタイの世界市場環境 ・ケーブルタイの世界市場動向 ・ケーブルタイの世界市場規模 ・ケーブルタイの世界市場:業界構造分析 ・ケーブルタイの世界市場:材料別(金属、プラスチック) ・ケーブルタイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ケーブルタイの北米市場規模・予測 ・ケーブルタイのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ケーブルタイのアジア太平洋市場規模・予測 ・ケーブルタイの主要国分析 ・ケーブルタイの世界市場:意思決定フレームワーク ・ケーブルタイの世界市場:成長要因、課題 ・ケーブルタイの世界市場:競争環境 ・ケーブルタイの世界 …
  • チェリーシードオイルの世界市場2020-2024
    「チェリーシードオイルの世界市場2020-2024」は、チェリーシードオイルについて市場概要、市場規模、製品別(従来型チェリーシードオイル、有機チェリーシードオイル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・チェリーシードオイルの世界市場:製品別(従来型チェリーシードオイル、有機チェリーシードオイル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 緊急避妊ピルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、緊急避妊ピルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、緊急避妊ピル市場規模、流通経路別(小売店、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、LUPIN, Mankind Pharma, Perrigo, Piramal Enterprises, Sun Pharmaceutical Industriesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・緊急避妊ピルの世界市場概要 ・緊急避妊ピルの世界市場環境 ・緊急避妊ピルの世界市場動向 ・緊急避妊ピルの世界市場規模 ・緊急避妊ピルの世界市場:業界構造分析 ・緊急避妊ピルの世界市場:流通経路別(小売店、オンラインストア) ・緊急避妊ピルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・緊急避妊ピルの北米市場規模・予測 ・緊急避妊ピルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・緊急避妊ピルのアジア太平洋市場規模・予測 ・緊急避妊ピルの主要国分析 ・緊急避妊ピルの世界市場:意思決定フレーム …
  • 心不整脈治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、心不整脈治療法の世界市場について調べ、心不整脈治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心不整脈治療法の市場規模をセグメンテーション別(用途別(オーラル、静脈内)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は心不整脈治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・心不整脈治療法の市場状況 ・心不整脈治療法の市場規模 ・心不整脈治療法の市場予測 ・心不整脈治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オーラル、静脈内) ・心不整脈治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • チェーンソー安全装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チェーンソー安全装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チェーンソー安全装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・地域別市場分類 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・競争状況 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • インドネシアの冷却剤市場:フルオロカーボン、無機、炭化水素
  • バス用バックカメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バス用バックカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バス用バックカメラの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の協働ロボット市場規模・予測2017-2025:積載量別(5kg未満、5kg~10kg、10kgより上)、用途別(マシンテンディング、ハンドリング、接着・溶接、品質管理、ピック・プレース、パッケージング)、産業別(医薬品、食品・飲料、プラスチック・ポリマー電子機器、メタル・機械、その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の協働ロボット市場について調査・分析し、世界の協働ロボット市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の協働ロボット関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ビニルアセタート(酢酸ビニル)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビニルアセタート(酢酸ビニル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビニルアセタート(酢酸ビニル)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、双極性障害治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・双極性障害の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・双極性障害の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・双極性障害治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・双極性障害治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・双極性障害治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・双極性障害治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • フィンランドの関節鏡検査装置市場見通し
  • 自動車安全装置の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、自動車安全装置の世界市場について調査・分析し、自動車安全装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車安全装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車安全装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車安全装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • テラゾーフローリングの世界市場
    本資料は、テラゾーフローリングの世界市場について調べ、テラゾーフローリングの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(無機テラゾー、エポキシテラゾー)分析、用途別(教育用、商業用、ヘルスケア&製薬、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFLUKE 、HT、FLIR SYSTEMS、AMETEK Land、JENOPTIK I Defense & Civil Systems、Optris、Infrared Cameras Inc.、FluxData Inc.、Infra Tec GmbH、Testo、Keysight Technologies、CorDEX、IRCameras、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テラゾーフローリングの世界市場概要 ・テラゾーフローリングの世界市場環境 ・テラゾーフローリングの世界市場動向 ・テラゾーフローリングの世界市場規模 ・テラゾーフローリングの世界市場規模:種類別(無機テラゾー、エポキシテラゾー) ・テ …
  • 自動車用インフォテインメントシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用インフォテインメントシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用インフォテインメントシステム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、OS別(QNX、Linux、Microsoft、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場概要 ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場環境 ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場動向 ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場規模 ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場:OS別(QNX、Linux、Microsoft、その他) ・自動車用インフォテインメントシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用インフォテインメントシステムの …
  • ビジュアルコンテンツの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビジュアルコンテンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビジュアルコンテンツの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米・欧州の静脈瘤治療市場予測:治療モード(静脈アブレーション、硬化療法、抜去)、製品(レーザー&RF焼灼、静脈閉鎖、手術製品)
  • プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • インドの電気生理学装置市場(~2021)
  • 胸骨閉鎖システムの世界市場:製品別(閉鎖デバイス、骨セメント)、材質別(ステンレス、PEEK、チタン)、処置別、セグメント予測
    胸骨閉鎖システムの世界市場は2025年には29億6000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、複雑な心血管系疾患に対して行われる手術の数が増加していることが考えられます。例えば、米国心臓協会(AHA)によって公表されたデータによると、2014年に米国で約520,000件の冠状動脈バイパス術(CABG)手術が行われました。さらに、毎年世界中で80万以上のCABG手術が行われるとも報告されています。本調査レポートでは、胸骨閉鎖システムの世界市場について調査・分析し、胸骨閉鎖システムの世界市場動向、胸骨閉鎖システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別胸骨閉鎖システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートメーション産業用モニターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートメーション産業用モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートメーション産業用モニターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、画面サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ボイラー水処理化学薬品の世界市場予測(~2022年):防錆剤、スケール防止剤、脱酸素剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボイラー水処理化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ボイラー水処理化学薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の架空電線市場2015
    本調査レポートでは、世界の架空電線市場2015について調査・分析し、架空電線の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医薬品包装機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の医薬品包装機械市場2015について調査・分析し、医薬品包装機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 構内用ケーブルの世界市場:タイプ別(銅ケーブルおよび光ファイバーケーブル)、用途別(産業、放送、エンタープライズ、ITおよびネットワークセキュリティなど)
    当調査レポートでは、構内用ケーブルの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・構内用ケーブルの世界市場:タイプ別(銅ケーブルおよび光ファイバーケーブル) ・構内用ケーブルの世界市場:用途別(産業、放送、エンタープライズ、ITおよびネットワークセキュリティなど) ・構内用ケーブルの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • 子宮内膜癌治療薬の世界市場:化学療法、ホルモン療法
    当調査レポートでは、子宮内膜癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、子宮内膜癌治療薬市場規模、製品別(化学療法、ホルモン療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CELGENE, Janssen Pharmaceuticals, Novartis, Pfizer, Teva Pharmaceutical Industriesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場概要 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場環境 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場動向 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場規模 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場:製品別(化学療法、ホルモン療法) ・子宮内膜癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・子宮内膜癌治療薬の北米市場規模・予測 ・子宮内膜癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・子宮内膜癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・子宮内膜癌治療薬の主要国分析 ・ …
  • 世界の計測用ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の計測用ケーブル市場2015について調査・分析し、計測用ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 集光型太陽光発電(CPV)の世界市場予測
  • 乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))のフェーズ3治験薬の状況 ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))治療薬の市場規模(販売予測) ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))の …
  • 灌漑コントローラーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、灌漑コントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、灌漑コントローラー市場規模、種類別(タップタイマー、ベーシックコントローラー、スマートコントローラー)分析、灌漑種類別(スプリンクラー、点滴・灌漑)分析、用途別(農業、農業以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:市場動向分析 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:競争要因分析 ・ 灌漑コントローラーの世界市場:種類別(タップタイマー、ベーシックコントローラー、スマートコントローラー) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:灌漑種類別(スプリンクラー、点滴・灌漑) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:用途別(農業、農業以外) ・ 灌漑コントローラーの世界市場:主要地域別分析 ・ 灌漑コントローラーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 灌漑コントローラーのヨーロッパ市場規模 ・ 灌漑コントローラーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド …
  • キャラメル成分の世界市場:着色料、香味料、詰め物、含有物、トッピング
    当調査レポートでは、キャラメル成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の非血管ステント市場2015
    本調査レポートでは、世界の非血管ステント市場2015について調査・分析し、非血管ステントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーキング材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ベーキング材料の世界市場について調査・分析し、ベーキング材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ベーキング材料の世界市場:市場動向分析 - ベーキング材料の世界市場:競争要因分析 - ベーキング材料の世界市場:種類別 ベーキングパウダー及びベーキングミックス 食料染料及びフレーバー 生地コンディショナー 乳化剤 酵素 脂質及びショートニング 膨張剤 抗カビ剤 油脂 防腐剤 デンプン 加糖剤 イースト その他 - ベーキング材料の世界市場:用途別 ロール及びパイ ケーキ及びペーストリー パン ビスケット及びクッキー トルティヤ その他の用途 - ベーキング材料の世界市場:主要地域別分析 - ベーキング材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - ベーキング材料のヨーロッパ市場規模 - ベーキング材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ベーキング材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 凍結治療の世界市場2019-2023
    凍結療法は寒冷療法であり、神経因性疼痛を取り除くために身体の局所に凍結温度を使用し、痛みの治療を行います。 異常皮膚細胞の治療のため、皮膚科での使用も増えてきています。。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、冷凍療法の世界市場が8.45%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Brymill Cryogenic Systems、CryoConcepts、Impact Cryotherapy、Medtronic、Metrum Cryoflex、Zimmer Medizinsystemeなどです。 当調査レポートでは、凍結治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、凍結治療市場規模、製品別(凍結手術装置、局所用凍結治療装置、クライオチャンバー/クライオサウナ)分析、用途別(手術用途、疼痛管理、回復・健康・美容)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・凍結治療の世界市場概要 ・凍結治療の世 …
  • オーストラリアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • タイヤ補強材料の世界市場:鉄、ポリエステル、レーヨン、ナイロン
    当調査レポートでは、タイヤ補強材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイヤ補強材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機機内食サービスの世界市場
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、航空機機内食サービスの世界市場について調査・分析し、航空機機内食サービスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の冷蔵倉庫市場規模・予測2017-2025:技術別(急速冷凍、蒸気圧縮、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、蒸発冷却)、温度別(冷蔵、冷凍)、用途別(果物・野菜、ベーカリー、乳製品、肉、シーフード、飲料)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の冷蔵倉庫市場について調査・分析し、世界の冷蔵倉庫市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の冷蔵倉庫関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ファンアウト型WLP(FOWLP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファンアウト型WLP(FOWLP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファンアウト型WLP(FOWLP)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ペンニ—ドルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペンニ—ドルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ペンニ—ドルの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 酒さ(Rosacea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における酒さ(Rosacea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、酒さ(Rosacea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・酒さ(Rosacea)の概要 ・酒さ(Rosacea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の酒さ(Rosacea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・酒さ(Rosacea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・酒さ(Rosacea)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポリシリコンの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ポリシリコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、地域別分析、ポリシリコンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"