"自動車用バッテリーセンサーの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AT-6637)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用バッテリーセンサーの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The value of the automotive battery sensor market is estimated to be USD 2.35 billion in 2018 and is projected to reach USD 4.92 billion by 2025, at a CAGR of 11.09% from 2018 to 2025. The key growth drivers of the market are increasing vehicle production, high demand for fuel-efficient vehicles, stringent emission regulations, and increasing demand for luxury and commercial vehicles.
The growing sales of hybrid vehicles in Japan, China, India, and others are driving the market for automotive battery sensors. Automotive manufacturers are focusing on the production of hybrid vehicles to meet the stringent emission norms. Moreover, policies such as exemption from road tax, crowding charge waiver, and free car parks at various places have encouraged consumers to buy hybrid vehicles. In Asia Pacific, the adoption of HEVs is increasing. China, India, and Japan have made significant investments to encourage the adoption of HEVs.

The growth of the automotive battery sensor market in the passenger car segment is attributed to the increased passenger production in several regions. Passenger car production has increased across the globe owing to several factors such as the growing demand for passenger cars, increase in purchasing power, and capacity expansion by OEMs, particularly in emerging economies. Also, the rising demand for luxury vehicles, fuel-efficient passenger cars, stringent CO2 emissions, and improved battery life have fueled the overall growth of the passenger car segment.

The automotive battery sensor market for the 12V battery segment is also expected to grow due to its low-cost benefit. Also, 12V batteries are used in regenerative brake technology, start/stop system, and others. Moreover, the continuous rise in the production of vehicles and stringent emission norms to curb CO2 would prosper the overall growth. Also, 12V automotive batteries are preferred due to the ease of recycling. As per the United States Environmental Protection Agency, 100 million auto batteries are replaced per year, and 99% of them are turned in for recycling. As the 12V batteries are mostly recycled, the cost of a 12V battery is low.

The market for LIN is the largest due to its low-cost benefit. In general, inexpensive silicon is used in this system during manufacturing, which results in the low cost of the system. Battery management system installed with LIN offers various features such as fast data transmitting, data checksum & error detection, configuration flexibility, no arbitration required for optimum operation, temperature situation control, self-synchronization, and others, which is another major factor for the rapid growth of this segment.

The Asia Pacific market is dominated by China and Japan where the automotive industry, with government support, is growing at a faster pace than other countries in the region. Also, the growth of the Asia Pacific market can be attributed to the increasing vehicle production and rising demand for fuel-efficient vehicles in Japan, South Korea, India, and China. Moreover, increasing passenger car production in China and India is the key factor in fostering the growth of 12V batteries in the Asia Pacific region. The growing adoption of IBS in automobiles due to China VI & India VI regulations and the increasing demand for luxury vehicles are also expected to drive the automotive battery sensor market in the region.

Rising demand for fuel-efficient vehicles, increasing vehicle production, high demand for luxury vehicles, and stringent emission norms are creating opportunities for the growth of the automotive battery sensor market
12V

OEMs used 12V batteries in vehicles because of the low adoption of electronic components. Hence, vehicles required low voltage for the operation of electronic components. Today, with the advancements in technology, a 12V intelligent battery sensor is used to monitor the battery status.
24V

A 24-volt battery is installed in vehicles that require more power for the proper functioning of electrical components. It is mostly installed in commercial vehicles, which need more power for the operation of electronic systems.
Passenger Cars

A Passenger Car (PC), as defined by the OICA, is a motor vehicle equipped with at least 4 wheels, comprising not more than 8 seats. The PC segment is the largest, by vehicle type, and includes sedans, hatchbacks, station wagons, Sports Utility Vehicles (SUVs), and Multi-Utility Vehicles (MUVs). This vehicle segment is the most promising market for electric vehicles as it is the largest segment in the automotive industry. The PC segment of the electric vehicle market is growing at a significant rate in emerging economies in the Asia Pacific region. The market growth in the region can be attributed to a rise in the GDP and population, improvement in lifestyle, increased purchasing power of consumers, and development of infrastructure.
Light Commercial Vehicles

Vehicles that have authorized mass between 3.5 tons and 7 tons are called light commercial vehicles. LCVs have come a long way from having bare essential features to full-blown utility vehicles that can be used for passengers as well as commercial purposes.

Heavy Commercial Vehicles

The HCV segment comprises trucks/lorries, buses, and coaches. Vehicles that have authorized mass more than 7 tons are called heavy commercial vehicles. HCVs combine 2 categories of vehicles—heavy trucks and buses and coaches. The nature of these vehicles limits their production volume and growth rates as they are used in specific applications such as logistics, construction, and mining industries
LIN

Local Interconnect Network (LIN) is installed in vehicles to establish communication between different components. It is generally a serial networking system. LIN offers various features such as fast data transmitting, data checksum & error detection, configuration flexibility, no arbitration required for optimum operation, temperature situation control, self-synchronization, and others. LIN is easy to use and install and is also suitable for industrial applications
CAN

A Controller Area Network (CAN) bus is used to maintain communication between various components of a vehicle in short radius region. It is designed to fix the problem of the bulky wiring harness. CAN uses simple wiring harness in-vehicle networks, decreases wiring cost, complexity, and weight. CAN is a peer-to-peer network, i.e., every individual node has permission to read and write data on the CAN bus.

The key factor restraining the growth of the automotive battery sensor market is the system malfunctioning. Also, the IBS technology is relatively new and is developed by a limited number of players. The key challenge associated with IBS is the high cost. The high cost of IBS vis-a-vis other battery sensors restricts its adoption. Moreover, the cost of the IBS varies with the voltage of the battery.

The automotive battery sensor market is dominated by a few global players and several regional players. Some of the key manufacturers operating in the market are HELLA (Germany), Continental (Germany), Bosch (Germany), Furukawa Electric (Japan), NXP (Netherlands), Vishay (US), Texas Instrument (US), Denso (Japan), ams AG (Austria), Inomatic (Germany), and TE Connectivity (Switzerland).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動車用バッテリーセンサーの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Automotive Battery Sensor Market
4.2 Asia Pacific to Lead the Global Automotive Battery Sensor Market in 2025
4.3 Automotive Battery Sensor Market, By Voltage Type, 2018 vs 2025
4.4 Automotive Battery Sensor Market, By Vehicle Type, 2018 vs 2025
4.5 Automotive Battery Sensor Market, By Communication Technology Type
4.6 Automotive Battery Sensor Market, By Hybrid Vehicle Type

5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Improved Battery Performance and Efficiency
5.2.1.2 Vehicle Electrification
5.2.1.3 Increasing Demand for Batteries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 System Malfunction
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Adoption of New Technologies
5.2.3.2 Rising Demand for Battery Electric Vehicles
5.2.3.3 Advent of 48v Battery System
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Cost
5.2.5 Impact of Market Dynamics

6 Technological Overview (Page No. – 38)
6.1 Intelligent Battery Sensor
6.2 State of Charge (SOC)
6.3 State of Health (SOH)
6.4 State of Function (SOF)

7 Automotive Battery Sensor Market, By Voltage (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 12v
7.3 24v
7.4 48v

8 Automotive Battery Sensor Market, By Communication Technology (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Local Interconnect Network (LIN)
8.3 Controller Area Network (CAN)

9 Automotive Battery Sensor Market, By Vehicle Type (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.2 Heavy Commercial Vehicle (HCV)
9.3 Light Commercial Vehicle (LCV)
9.4 Passenger Car (PC)

10 Automotive Battery Sensor Market, By Hybrid Vehicle Type (Page No. – 60)
10.1 Introduction
10.2 Hybrid Electric Vehicle (HEV)
10.3 Plug-In Hybrid Electric Vehicle (PHEV)

11 Automotive Battery Sensor Market, By Region (Page No. – 66)
11.1 Introduction
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.2 India
11.2.3 Japan
11.2.4 South Korea
11.2.5 Others
11.3 Europe
11.3.1 France
11.3.2 Germany
11.3.3 Russia
11.3.4 Spain
11.3.5 Turkey
11.3.6 UK
11.3.7 Others
11.4 North America
11.4.1 Canada
11.4.2 Mexico
11.4.3 US
11.5 RoW
11.5.1 Brazil
11.5.2 Iran

12 Competitive Landscape (Page No. – 94)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Developments
12.3.2 Collaborations/Joint Ventures/Supply Contracts/ Partnerships/Agreements
12.3.3 Expansions, 2017–2018

13 Company Profiles (Page No. – 101)
13.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis)*
13.1.1 Robert Bosch
13.1.2 Continental
13.1.3 Hella
13.1.4 Vishay
13.1.5 NXP
13.1.6 Furukawa Electric
13.1.7 Denso
13.1.8 Texas Instruments
13.1.9 TE Connectivity
13.1.10 AMS AG
13.1.11 Inomatic
13.1.12 MTA SPA
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13.2 Key Players From Other Regions
13.2.1 North America
13.2.1.1 Silicon Labs
13.2.1.2 Microchip
13.2.1.3 Mouser Electronics
13.2.1.4 Analog Devices
13.2.2 Europe
13.2.2.1 Insplorion Ab
13.2.2.2 Infineon Technologies
13.2.2.3 CSM GmbH – Computer-Systeme-Messtechnik
13.2.2.4 Autotec
13.2.2.5 Delphi
13.2.2.6 AVL
13.2.3 Asia Pacific
13.2.3.1 Samsung Sdi
13.2.3.2 Renesas
13.2.3.3 Automotive Energy Supply Corporation
13.2.3.4 Panasonic
13.2.4 Rest of the World (RoW)
13.2.4.1 Abertax Technologies

14 Appendix (Page No. – 128)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用バッテリーセンサーの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2018年9月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AT-6637
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用バッテリーセンサーの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界及び米国のSOI(Silicon on Insulator)市場2017-2022
  • 世界の特殊および高機能フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊および高機能フィルム市場2015について調査・分析し、特殊および高機能フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イランの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • ジオメンブレンの世界市場
    当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、ジオメンブレンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ジオメンブレンの世界市場:市場動向分析 - ジオメンブレンの世界市場:競争要因分析 - ジオメンブレンの世界市場:製造工程別 ・インフレーションフィルム ・カレンダー加工 ・その他 - ジオメンブレンの世界市場:用途別 ・廃棄物管理 ・採鉱 ・水管理 ・トンネルの裏張り ・その他 - ジオメンブレンの世界市場:材料別 ・高密度ポリエチレン(HDPE) ・低密度ポリエチレン(LDPE)&直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE) ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM) ・ポリプロピレン(PP) ・その他 - ジオメンブレンの世界市場:主要地域別分析 - ジオメンブレンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ジオメンブレンのヨーロッパ市場規模 - ジオメンブレンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ジオメンブレンの世界市場:主な市場開拓 - …
  • パーム油メチルエステルの世界市場
    本調査レポートでは、パーム油メチルエステルの世界市場について調査・分析し、パーム油メチルエステルの世界市場動向、パーム油メチルエステルの世界市場規模、市場予測、セグメント別パーム油メチルエステル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 近赤外イメージングの世界市場:近赤外蛍光イメージングシステム、近赤外蛍光、生物発光イメージングシステム
    当調査レポートでは、近赤外イメージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(近赤外蛍光イメージングシステム、近赤外蛍光、生物発光イメージングシステム)分析、用途別(前臨床画像、医療画像、臨床画像)分析、疾患別(がん手術、心臓血管手術、胃腸手術、形成外科/再建手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、研究所、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・近赤外イメージングの世界市場:製品別(近赤外蛍光イメージングシステム、近赤外蛍光、生物発光イメージングシステム) ・近赤外イメージングの世界市場:用途別(前臨床画像、医療画像、臨床画像) ・近赤外イメージングの世界市場:疾患別(がん手術、心臓血管手術、胃腸手術、形成外科/再建手術、その他) ・近赤外イメージングの世界市場:エンドユーザー別(病院&クリニック、研究所、その他) ・近赤外イメージングの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • ヨーロッパ主要国の臨床化学検査市場動向(~2021)
  • 焼きセイボリースナックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、焼きセイボリースナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、焼きセイボリースナックの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無人航空機(UAV)ペイロード・サブシステムの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、無人航空機(UAV)ペイロード・サブシステムの世界市場について調査・分析し、無人航空機(UAV)ペイロード・サブシステムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • OTT端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTT端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTT端末・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • うつ病治療の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 低侵襲医療機器の北米市場
  • 太陽光ディーゼルハイブリッド発電システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、太陽光ディーゼルハイブリッド発電システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、太陽光ディーゼルハイブリッド発電システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場について調べ、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ABS、EPB)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場状況 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場規模 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場予測 ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ABS、EPB) ・自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関 …
  • 動力工具の世界市場:電気式動力工具、空気動力工具、エンジン式動力工具
    当調査レポートでは、動力工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力工具の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空イメージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、航空イメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空イメージングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍魚介類の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冷凍魚介類の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍魚介類の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 豚コレラ用ワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、豚コレラ用ワクチンの世界市場について調査・分析し、豚コレラ用ワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別豚コレラ用ワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、豚コレラ用ワクチン種類別分析(組織培養、細胞株)、豚コレラ用ワクチン用途別分析(公共入札、市場販売)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・豚コレラ用ワクチンの市場概観 ・豚コレラ用ワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・豚コレラ用ワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・豚コレラ用ワクチンの世界市場規模 ・豚コレラ用ワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・豚コレラ用ワクチンのアメリカ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのカナダ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのメキシコ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・豚コレラ用ワクチンのドイツ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのイギリス市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチ …
  • ネパールの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ゲーム産業における仮想現実(VR)の世界市場分析:構成要素別、デバイス別(ゲーム機、デスクトップ、スマートフォン)、国別(米国、カナダ、ドイツ、イギリス、中国、インド、日本、ブラジル、メキシコ)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、ゲーム産業における仮想現実(VR)の世界市場について調査・分析し、ゲーム産業における仮想現実(VR)の世界市場動向、ゲーム産業における仮想現実(VR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ゲーム産業における仮想現実(VR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用冷凍装置の世界市場:圧縮機、凝縮器、蒸発器、ラック、熱交換器
    当調査レポートでは、産業用冷凍装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用冷凍装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体処理技術の世界市場:製品別(ワークステーション、消耗品)、種類別(自動、手動)、用途別(創薬、癌研究)、エンドユーザー別、セグメント予測
    本調査レポートでは、液体処理技術の世界市場について調査・分析し、液体処理技術の世界市場動向、液体処理技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体処理技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 排気システムの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、排気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、後処理装置別(DOC、DPF、LNT、SCR、GPF)分析、アフターマーケット別(DOC、DPF、SCR)分析、車両タイプ別(乗用車、LCV、HCV、建設機械、農業用トラクター)分析、コンポーネント別分析、排気システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境試験の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、環境試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、環境試験市場規模、用途別(空気試験、水質試験、土壌試験)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ALS, AsureQuality, Bureau Veritas, Eurofins Scientific, Intertek Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・環境試験の世界市場概要 ・環境試験の世界市場環境 ・環境試験の世界市場動向 ・環境試験の世界市場規模 ・環境試験の世界市場:業界構造分析 ・環境試験の世界市場:用途別(空気試験、水質試験、土壌試験) ・環境試験の世界市場:地域別市場規模・分析 ・環境試験の北米市場規模・予測 ・環境試験のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・環境試験のアジア太平洋市場規模・予測 ・環境試験の主要国分析 ・環境試験の世界市場:意思決定フレームワーク ・環境試験の世界市場:成長要因、課題 ・環境試験の世界市場:競争環境 ・ …
  • 世界のPEフォーム市場2016
    本調査レポートでは、世界のPEフォーム市場2016について調査・分析し、PEフォームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サイレージフィルムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サイレージフィルムの世界市場について調査・分析し、サイレージフィルムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サイレージフィルムシェア、市場規模推移、市場規模予測、サイレージフィルム種類別分析()、サイレージフィルム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サイレージフィルムの市場概観 ・サイレージフィルムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サイレージフィルムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サイレージフィルムの世界市場規模 ・サイレージフィルムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サイレージフィルムのアメリカ市場規模推移 ・サイレージフィルムのカナダ市場規模推移 ・サイレージフィルムのメキシコ市場規模推移 ・サイレージフィルムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サイレージフィルムのドイツ市場規模推移 ・サイレージフィルムのイギリス市場規模推移 ・サイレージフィルムのロシア市場規模推移 ・サイレー …
  • 電気自動車用充電器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気自動車用充電器の世界市場について調査・分析し、電気自動車用充電器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気自動車用充電器シェア、市場規模推移、市場規模予測、電気自動車用充電器種類別分析(低速AC、高速AC、高速DC)、電気自動車用充電器用途別分析(家庭用、オフィス用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気自動車用充電器の市場概観 ・電気自動車用充電器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気自動車用充電器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気自動車用充電器の世界市場規模 ・電気自動車用充電器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気自動車用充電器のアメリカ市場規模推移 ・電気自動車用充電器のカナダ市場規模推移 ・電気自動車用充電器のメキシコ市場規模推移 ・電気自動車用充電器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気自動車用充電器のドイツ市場規模推移 ・電気自動車用充電器のイギリス市場規模推移 …
  • エンドポイント検出及び対応(EDR)の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、エンドポイント検出及び対応(EDR)の世界市場について調べ、エンドポイント検出及び対応(EDR)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、エンドポイント検出及び対応(EDR)の市場規模をセグメンテーション別(展開別(オンプレミス、クラウドベース)、エンドユーザー別(企業、個人顧客)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はエンドポイント検出及び対応(EDR)の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・エンドポイント検出及び対応(EDR)の市場状況 ・エンドポイント検出及び対応(EDR)の市場規模 ・エンドポイント検出及び対応(EDR)の市場予測 ・エンドポイント検出及び対応(EDR)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(オンプレミス、クラウドベース) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(企業、個人顧客) ・エンドポイント検出及び対応(EDR)の顧客状況 …
  • 世界の豚用飼料市場2015
    本調査レポートでは、世界の豚用飼料市場2015について調査・分析し、豚用飼料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品押出成形装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品押出成形装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、プロセス別分析、食品別分析、地域別分析、食品押出成形装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の耐火材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の耐火材料市場2015について調査・分析し、耐火材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ダーマルフィラー(皮膚充填剤)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダーマルフィラー(皮膚充填剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダーマルフィラー(皮膚充填剤)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家具物流サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家具物流サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家具物流サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のゲームチェア市場2019
    本調査レポートでは、世界のゲームチェア市場2019について調査・分析し、ゲームチェアの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ゲームチェアのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ゲームチェアメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ゲームチェアの市場概要 ・ゲームチェアの上流・下流市場分析 ・ゲームチェアのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ゲームチェアのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ゲームチェアのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ゲームチェアのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ゲームチェアの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ゲームチェアの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ゲームチェアの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ゲームチェアの北米市場:市場予測(生産 …
  • 空港自動セキュリティスクリーニングシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、空港自動セキュリティスクリーニングシステムの世界市場について調査・分析し、空港自動セキュリティスクリーニングシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別空港自動セキュリティスクリーニングシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、空港自動セキュリティスクリーニングシステム種類別分析(荷物検査、搭乗客検査、爆発物・薬物検査、その他)、空港自動セキュリティスクリーニングシステム用途別分析(民間・商用空港、軍事空港)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・空港自動セキュリティスクリーニングシステムの市場概観 ・空港自動セキュリティスクリーニングシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・空港自動セキュリティスクリーニングシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・空港自動セキュリティスクリーニングシステムの世界市場規模 ・空港自動セキュリティスクリーニングシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・空港自動セキュリティスクリーニングシステムのアメ …
  • GABAAモジュレーターのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABAAモジュレーターのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABAAモジュレーターの概要 ・GABAAモジュレーターのパイプライン概要 ・企業別開発中のGABAAモジュレーター ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABAAモジュレーターの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABAAモジュレーター開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 飲用水モニタリング用IoTの世界市場2017-2021:化学検査、物理検査、バイオ検査
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、飲用水モニタリング用IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、飲用水モニタリング用IoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は飲用水モニタリング用IoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はGE、Libelium、Trimble、Valarm等です。
  • シングルボードコンピュータ(SBC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シングルボードコンピュータ(SBC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シングルボードコンピュータ(SBC)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • SDカードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、SDカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、SDカードの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品容器の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、食品容器の世界市場について調査・分析し、食品容器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品容器の世界市場:市場動向分析 - 食品容器の世界市場:競争要因分析 - 食品容器の世界市場:形状別 ・長方形 ・丸型 ・正方形 - 食品容器の世界市場:製品別 ・板紙箱・大型容器 ・バッグ・小袋 ・ガラス ・製粉製品 ・プラスチック ・金属 - 食品容器の世界市場:用途別 ・飲料 ・乾燥食品 ・即席食品 ・焼いた食品 ・缶詰食品 ・スナック食品 ・乳製品 ・冷凍特産品 ・果物と野菜 ・インスタント食品 ・肉,魚,鶏肉 ・飴と菓子 ・冷蔵・冷凍食品 ・製粉製品 ・ソース,ドレッシング,香辛料 ・その他 - 食品容器の世界市場:主要地域別分析 - 食品容器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品容器のヨーロッパ市場規模 - 食品容器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品容器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 車載組み込みシステムの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、車載組み込みシステムの世界市場について調査・分析し、車載組み込みシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 車載組み込みシステムの世界市場:市場動向分析 - 車載組み込みシステムの世界市場:競争要因分析 - 車載組み込みシステムの世界市場:車種別 ・商用車 ・乗用車 - 車載組み込みシステムの世界市場:種類別 ・組み込みソフトウェア ・組み込みハードウェア - 車載組み込みシステムの世界市場:電気自動車 ・ハイブリッド車(HEV) ・プラグインハイブリッド車(PHEV) ・バッテリー式電気自動車(BEV) - 車載組み込みシステムの世界市場:コンポーネント別 イントロダクション トランシーバー センサー メモリデバイス マイクロコントローラ (MCU) - 車載組み込みシステムの世界市場:用途別 ・車体用エレクトロニクス ・パワートレイン/シャーシ制御 ・安全・セキュリティ ・インフォテインメント・テレマティクス - 車載組み込みシステムの世界市場:主要地域別分析 - 車載組み込 …
  • タイの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • キヌア種子の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キヌア種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キヌア種子の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用パワーステアリングギヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用パワーステアリングギヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用パワーステアリングギヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人航空機(UAV)の世界市場
    当調査レポートでは、無人航空機(UAV)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・無人航空機(UAV)の世界市場:ペイロード別分析/市場規模 ・無人航空機(UAV)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・無人航空機(UAV)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・無人航空機(UAV)の世界市場:サブシステム別分析/市場規模 ・無人航空機(UAV)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・無人航空機(UAV)のアメリカ市場規模予測 ・無人航空機(UAV)のヨーロッパ市場規模予測 ・無人航空機(UAV)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • パーティクルカウンターの世界市場予測(~2021年):大気粒子カウンター、液体粒子カウンター
    当調査レポートでは、パーティクルカウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、パーティクルカウンターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の回転式椅子市場2015
    本調査レポートでは、世界の回転式椅子市場2015について調査・分析し、回転式椅子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソリッドステートドライブ(SSD)の世界市場2018–2025:種類別(外付け、内臓)、保管方法別、エンドユーズ別(企業、クライアント)、地域別、競争状況別
    本調査レポートでは、ソリッドステートドライブ(SSD)の世界市場について調査・分析し、ソリッドステートドライブ(SSD)の世界市場動向、ソリッドステートドライブ(SSD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ソリッドステートドライブ(SSD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 韓国の整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 運営支援システム(OSS)および業務支援システム(BSS)の世界市場分析/予測(~2020)
    当調査レポートでは、運営支援システム(OSS)および業務支援システム(BSS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"