"海底ケーブルシステムの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-6646)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"海底ケーブルシステムの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The overall submarine cable system market is expected to grow from USD 11.74 billion in 2018 to USD 20.93 billion by 2023, at a CAGR of 12.25%. The growth of the submarine communication cable market is propelled by the increasing internet traffic in APAC and rising number of internet users. New offshore wind capacity additions and high demand for inter-country and island connections are the key factors driving the growth of the submarine power cable market. However, high installation costs and complexity in repair operations of deepwater cables are among the major factors restraining the growth of this market.
Submarine communication cable market has been segmented on the basis of offerings into installation and commissioning, maintenance, and upgrades. The installation and commissioning segment held the largest share of the submarine communication cable market in 2017. Increasing internet traffic in APAC with the growing internet penetration is fuelling the requirement for more bandwidth across the region. APAC is likely to witness a rising installation and commissioning of new submarine communication systems during the forecast period. Further, growing number of internet users across the Middle East and Africa will boost the demand for submarine communication cables in the coming years.

The submarine communication cable market has been segmented on the basis of 5 regions, namely, trans-Atlantic, trans-Pacific, Americas, Europe-Asia, and EMEA. Trans-Atlantic accounted for the largest share of the submarine communication cable market in 2017. This region has more than 13 communication cable systems with a capacity of 308 Tbps and 4 additional planned submarine cable systems with a capacity of 262 Tbps. Traffic on the trans-Atlantic route skyrocketed in the late 1990s and continued through 2003. Thereafter, the market witnessed a decade-long break from new developments. However, investments in submarine cable infrastructure are on the rise again. Also, cable systems on this route are aging; hence, new cable systems are likely to be installed in the near future. The modern submarine fiber system, which will be marketed under the brand name America Europe Connect-2, is likely to witness an exploding demand from the data center and cloud service providers, owing to the availability of massive bandwidth of nearly 80 Tbps. The average system length of the finally developed cable system in the trans-Atlantic region was roughly 12,000 km; most systems take similar routes from Europe to the US.

The submarine power cable market has been analyzed on the basis of 5 regions, namely, Asia Pacific, North America, Europe, the Middle East & Africa, and South America. Europe is expected to lead the global submarine power cable market by 2023. The market size in this region can be attributed to the booming offshore wind industry, of which submarine power cables are one of the critical components. Countries such as the UK and Germany are the key markets in Europe for submarine power cables. The growing demand for inter-country connections, coupled with the rising requirement to generate electricity from offshore oil and gas plants is expected to drive the submarine power cable market in Europe.

Applications in communication and power sectors to drive growth of submarine cable system market
Communication Cables

Telecom carriers, mobile operators, multinational corporations, governments, content providers, and research institutions, among others, across the world rely on submarine communication cables to send and receive data. According to TeleGeography, as of 2018, there are over 1.2 million km of submarine communication cables in service all over the world. Communication cables were traditionally owned by telecom carriers that would form a consortium of all parties interested in using cables. Content providers such as Google, Facebook, Microsoft, and Amazon are the major investors in submarine communication cables. The increasing number deployment of high-capacity communication systems deployed by private network operators has led to the growing demand for these communication cables. There are 2 categories of measuring a cable’s capacity—potential capacity and lit capacity. Potential capacity is the maximum capacity of a submarine cable if the cable owner installed all available equipment at the ends of the cable. Lit capacity tracks the capacity available for use on a submarine cable, i.e., the actual traffic-carrying capability of the system. Cable owners rarely purchase and install transmission equipment to fully realize a cable’s potential from day one. Because this equipment is expensive, owners prefer to upgrade their cables gradually, depending on customer demand.
Power Cables

Submarine power cables are widely used to link shore-based power grids across bays, rivers, straits, etc. Nowadays, submarine cables carry power between countries and for offshore installations, e.g., oil/gas platforms and ocean science observatories. These cables also transfer power from offshore renewable energy schemes to shores, e.g., wind, wave, and tidal systems. A few more applications of these cables include power transfer from energy sources, including offshore renewable energy schemes, to consumers, interconnecting different regional electrical transmission networks to facilitate global energy trading and supply to remote areas. There are 2 types of submarine cables: high-voltage alternating current (HVAC), which is limited by transmission distance, normally less than 80 km; and high-voltage direct current (HVDC), used for longer distances and for system interconnection. For transmission, AC is converted to DC through cables, and back to AC at the other end. Diameters of these cables can go up to 300 mm, depending on the current-carrying capacity and degree of armor protection. Submarine oil/gas pipes can go up to a diameter of 1,500 mm, while submarine telecommunications cables can go up to a diameter of 17–50 mm, depending on armor.

Critical questions the report answers:

How developments in the market are beneficial for the players in the mid and long run?
What are upcoming applications of submarine cable systems?

The high cost of installation and complexity in repair operations of deepwater cables have hindered the growth of the market for submarine power cables. Any fault in this cable imposes significant costs on the repair and re-deployment processes.

Key players in the submarine power cable market include Prysmian (Italy), Nexans (France), NKT (Denmark), General Cable (US), and Sumitomo (Japan). Contracts and agreements were the most commonly adopted strategies by the top players in the market from 2015 to 2018. Further, investments and expansions, collaborations and partnerships, and new product launches were other major strategies followed by the top market players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"海底ケーブルシステムの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for This Study
1.4 Currency
1.5 Assumptions & Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 28)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Submarine Cable System Market
4.2 Submarine Cable System Market, By Application
4.3 Submarine Power Cable Market, By Geography
4.4 Submarine Communication Cable Market for Wet Plant Products, By Type
4.5 Submarine Communication Cable Market, By Component
4.6 Submarine Power Cable Market in Europe, 2018

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Internet Traffic in APAC
5.2.1.2 Increasing Telecom Subscriptions and Internet Connections Worldwide
5.2.1.3 Growing Demand for Inter-Country and Island Power Connections
5.2.1.4 Increasing Number of Offshore Wind Farms
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Entry Barriers for Start-Ups and SMEs
5.2.2.2 High Costs of Installation and Complexity Involved in Repairing Deep Water Power Cable Links
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for High-Voltage Direct Current (HVDC) Submarine Power Cables
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Redundant Links and Natural and Human-Triggered Activities Leading to Disruptions
5.2.4.2 Regulatory, Environmental, and Complex Authorization Procedures Leading to Delays

6 Submarine Cable System Market, By Application (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Communication Cables
6.3 Power Cables

7 Submarine Communication Cable Market, By Component (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Dry Plant Products
7.2.1 Submarine Line Terminal Equipment (SLTE)
7.2.2 Submarine Line Monitor (SLM)
7.2.3 Power Feeding Equipment (PFE)
7.3 Wet Plant Products
7.3.1 Repeater
7.3.2 Branching Unit (BU)
7.3.3 Cables
7.3.4 Others

8 Submarine Communication Cable Market, By Offering (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Installation and Commissioning
8.3 Maintenance
8.4 Upgrades

9 Submarine Power Cable Market, By Region (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 Europe
9.2.1 UK
9.2.2 Germany
9.2.3 Denmark
9.2.4 Norway
9.2.5 Netherlands
9.2.6 Rest of Europe
9.3 Asia Pacific
9.3.1 China
9.3.2 Japan
9.3.3 South Korea
9.3.4 Malaysia
9.3.5 Indonesia
9.3.6 Rest of APAC
9.4 North America
9.4.1 US
9.4.2 Canada
9.4.3 Mexico
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 UAE
9.5.2 Saudi Arabia
9.5.3 Angola
9.5.4 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.2 Argentina
9.6.3 Rest of South America

10 Submarine Communication Cable Market, By Region (Page No. – 85)
10.1 Introduction
10.2 Trans-Atlantic
10.3 Trans-Pacific
10.4 Americas
10.5 Europe-Asia
10.6 EMEA

11 Competitive Landscape (Page No. – 91)
11.1 Introduction
11.2 Ranking Analysis of Key Players in the Submarine Communication Cable Market
11.3 Ranking Analysis of Key Players in the Submarine Power Cable Market
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Contracts & Agreements
11.4.2 Mergers & Acquisitions
11.4.3 Product Launches

12 Company Profiles (Page No. – 98)
(Business Overview, Product/ Services/ Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 Key Players
12.1.1 Alcatel-Lucent
12.1.2 TE Connectivity
12.1.3 NEC
12.1.4 Huawei Marine
12.1.5 Saudi Ericsson
12.1.6 Prysmian
12.1.7 Nexans
12.1.8 ZTT
12.1.9 Hengtong
12.1.10 Norddeutsche Seekabelwerke GmbH
12.1.11 NKT
12.1.12 Sumitomo Electric
12.2 Other Key Players
12.2.1 Corning Inc.
12.2.2 Cablel Group
12.2.3 Hesfibel
12.2.4 JDR Cable Systems Ltd.
12.2.5 Okonite
12.3 Key Innovators
12.3.1 Apar Industries Ltd.
12.3.2 AFL
12.3.3 Tele-Fonika Kable
12.3.4 Hexatronic
12.3.5 Leoni Special Cables GmbH

*Details on Business Overview, Product/ Services/ Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 139)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】海底ケーブルシステムの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月2日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-6646
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業装置
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
海底ケーブルシステムの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 体重管理の世界市場分析:ダイエット法別(食事、飲料、サプリメント)、装置別(フィットネス機器、外科用機器)、サービス別(フィットネスセンター、スリミングセンター、オンライン減量サービス)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、体重管理の世界市場について調査・分析し、体重管理の世界市場動向、体重管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別体重管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 防火シーラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防火シーラントの世界市場について調査・分析し、防火シーラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防火シーラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、防火シーラント種類別分析(エラストマー型、発泡型)、防火シーラント用途別分析(住居用建物、商業用建物、工業用建物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防火シーラントの市場概観 ・防火シーラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防火シーラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防火シーラントの世界市場規模 ・防火シーラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防火シーラントのアメリカ市場規模推移 ・防火シーラントのカナダ市場規模推移 ・防火シーラントのメキシコ市場規模推移 ・防火シーラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防火シーラントのドイツ市場規模推移 ・防火シーラントのイギリス市場規模推移 ・防火シーラントのロシア市場規模推移 ・防火シーラン …
  • 世界の特殊紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊紙市場2015について調査・分析し、特殊紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アクチュエーターの世界市場
    当調査レポートでは、自動車アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車アクチュエーターの世界市場:アクチュエーター種類別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターの世界市場:モータ種類別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターのアメリカ市場規模予測 ・自動車アクチュエーターのヨーロッパ市場規模予測 ・自動車アクチュエーターのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • タレント・マネジメント・ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、タレント・マネジメント・ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タレント・マネジメント・ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 救急医療サービス(EMS)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、救急医療サービス(EMS)の世界市場について調査・分析し、救急医療サービス(EMS)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:種類別分析 ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:用途別分析 ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の地熱発電市場:種類別、地域別
    本調査レポートは地熱発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・地熱発電の世界市場:種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 抗アクネ化粧品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抗アクネ化粧品の世界市場について調査・分析し、抗アクネ化粧品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抗アクネ化粧品シェア、市場規模推移、市場規模予測、抗アクネ化粧品種類別分析(女性用、男性用)、抗アクネ化粧品用途別分析(エステサロン、自宅用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抗アクネ化粧品の市場概観 ・抗アクネ化粧品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抗アクネ化粧品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抗アクネ化粧品の世界市場規模 ・抗アクネ化粧品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抗アクネ化粧品のアメリカ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のカナダ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のメキシコ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・抗アクネ化粧品のドイツ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のイギリス市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のロシア市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のアジア市場分析(日 …
  • 世界の自動車用デファレンシャルギア市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用デファレンシャルギア市場2016について調査・分析し、自動車用デファレンシャルギアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックタイルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミックタイル市場規模、製品別(床用、壁用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミックタイルの世界市場概要 ・セラミックタイルの世界市場環境 ・セラミックタイルの世界市場動向 ・セラミックタイルの世界市場規模 ・セラミックタイルの世界市場:業界構造分析 ・セラミックタイルの世界市場:製品別(床用、壁用) ・セラミックタイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミックタイルのアメリカ市場規模・予測 ・セラミックタイルのヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミックタイルのアジア市場規模・予測 ・セラミックタイルの主要国分析 ・セラミックタイルの世界市場:意思決定フレームワーク ・セラミックタイルの世界市場:成長要因、課題 ・セラミックタイルの世界市場:競争環境 ・セラミックタイルの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の紫外線硬化性樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界の紫外線硬化性樹脂市場2015について調査・分析し、紫外線硬化性樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防爆電気モーター・アクチュエーター市場規模、製品別(電気モーター、アクチュエーター)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、C&P、M&M、電力、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場概要 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場環境 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場動向 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場規模 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:業界構造分析 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:製品別(電気モーター、アクチュエーター) ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、C&P、M&M、電力、その他) ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防爆電気モーター・アク …
  • 世界のオシロスコープ市場2016
    本調査レポートでは、世界のオシロスコープ市場2016について調査・分析し、オシロスコープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想化セキュリティの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、仮想化セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション(仮想インフラストラクチャ&ライフサイクル保護)、サービス(プロフェッショナル&マネージド))分析、展開別分析、組織規模別分析、エンドユーザー別(サービスプロバイダー&企業)分析、仮想化セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、仮想化セキュリティの世界市場規模が2019年13億ドルから2024年27億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。
  • 世界のシャワースツール市場2016
    本調査レポートでは、世界のシャワースツール市場2016について調査・分析し、シャワースツールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パキスタンのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ハンドヘルドOTDR(光パルス試験機)および多重試験ユニット(OTDRモジュール)の世界市場予測
  • レーダ装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、レーダ装置の世界市場規模が2017年192.5億ドルから2026年367.8億ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、レーダ装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーダ装置市場規模、コンポネント別(送信機、受信機、アンテナ、その他のコンポネント)分析、技術別(連続波(CW)レーダー、パルスレーダー)分析、UAVレーダー別(海上パトロールレーダー、合成開口レーダ)分析、範囲別(長距離レーダ、短距離レーダ、中距離レーダー)分析、周波数帯域別(Lバンド、K / Ku / Kaバンド、Cバンド、ミリバンド、 V / UHFバンド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ レーダ装置の世界市場:市場動向分析 ・ レーダ装置の世界市場:競争要因分析 ・ レーダ装置の世界市場:コンポネント別(送信機、受信機、アンテナ、その他のコンポネント) ・ レーダ装置の世界市場:技術別(連続波(C …
  • 肝臓移植(Liver Transplantation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝臓移植(Liver Transplantation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝臓移植(Liver Transplantation)のフェーズ3治験薬の状況 ・肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬の市場規模(販売予測) ・肝臓移植(Liver Transplantation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肝臓移植(Liver Transplantation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬剤
  • ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場:製品別(未充填、カーボン充填、ガラス充填)、用途別(医療、自動車、工業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場について調査・分析し、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場動向、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブームリフトの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ブームリフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブームリフトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はブームリフトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AICHI、Altec Industries、HAULOTTE GROUP、Tadano、Terex等です。
  • シェービングローションおよびクリームの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、シェービングローションおよびクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シェービングローションおよびクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • SIサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、SIサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、SIサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用ジャケットターンライトインジケーターの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用ジャケットターンライトインジケーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用ジャケットターンライトインジケーターの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用ジャケットターンライトインジケーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Lumenus、Ryde Bright、Visijax、CladLight等です。
  • 空気噴霧器の世界市場分析:タイプ別(通気、呼吸作動型)、地域別(北米(アメリカ・カナダ)、ヨーロッパ(英国&ドイツ)、アジア太平洋(日本、中国・インド)、ラテンアメリカ(ブラジル・メキシコ)、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、空気噴霧器の世界市場について調査・分析し、空気噴霧器の世界市場動向、空気噴霧器の世界市場規模、市場予測、セグメント別空気噴霧器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 学習管理システム(LMS)の世界市場2015-2022
  • 銅管の欧州・中東・アフリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、銅管の欧州・中東・アフリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、銅管の欧州・中東・アフリカ市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スイスの心臓人工弁市場見通し
  • 世界のイソプロピルアルコール(IPA)市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソプロピルアルコール(IPA)市場2016について調査・分析し、イソプロピルアルコール(IPA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウイルスベクターの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ウイルスベクターの世界市場について調べ、ウイルスベクターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウイルスベクターの市場規模をセグメンテーション別(用途別(遺伝子治療、ワクチン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はウイルスベクターの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウイルスベクターの市場状況 ・ウイルスベクターの市場規模 ・ウイルスベクターの市場予測 ・ウイルスベクターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(遺伝子治療、ワクチン) ・ウイルスベクターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)の概要 ・悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • ソーラー照明システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ソーラー照明システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェアとソフトウェアとサービス)分析、光源別(LEDおよびその他)分析、グリッドタイプ別(オングリッドおよびオフグリッド)分析、用途別(高速道路・道路、産業、商業)分析、ソーラー照明システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ソーラー照明システムの世界市場規模が2019年52億ドルから2024年108億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。
  • BFS(成形同時充填)製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BFS(成形同時充填)製品の世界市場について調査・分析し、BFS(成形同時充填)製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BFS(成形同時充填)製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、BFS(成形同時充填)製品種類別分析(PE、PP、その他)、BFS(成形同時充填)製品用途別分析(製薬、飲食料品、化粧品・パーソナルケア、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BFS(成形同時充填)製品の市場概観 ・BFS(成形同時充填)製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BFS(成形同時充填)製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BFS(成形同時充填)製品の世界市場規模 ・BFS(成形同時充填)製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BFS(成形同時充填)製品のアメリカ市場規模推移 ・BFS(成形同時充填)製品のカナダ市場規模推移 ・BFS(成形同時充填)製品のメキシコ市場規模推移 ・BFS(成形同時充填)製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • ホルムアルデヒドの世界市場:尿素ホルムアルデヒド樹脂、フェノールホルムアルデヒド樹脂、メラミンホルムアルデヒド樹脂、ポリアセタール樹脂、ペンタエリトリトール樹脂、メチレンビス樹脂
    当調査レポートでは、ホルムアルデヒドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホルムアルデヒドの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ティーバッグ自動包装装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ティーバッグ自動包装装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティーバッグ自動包装装置市場規模、包装形状別(三角形(ピラミッド型、円形、その他)分析、包装原材料別(ナイロン、シルク、紙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:市場動向分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:競争要因分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:包装形状別(三角形(ピラミッド型、円形、その他) ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:包装原材料別(ナイロン、シルク、紙、その他) ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:主要地域別分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ティーバッグ自動包装装置のヨーロッパ市場規模 ・ ティーバッグ自動包装装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ティーバッグ自動包装装置の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業 …
  • 二酸化炭素(CO2)の世界市場分析:由来別(水素、エチルアルコール、エチレンオキシド、代用天然ガス)、用途別(食品・飲料、石油・ガス、医療、ゴム、消防)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、二酸化炭素(CO2)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素(CO2)の世界市場動向、二酸化炭素(CO2)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化炭素(CO2)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用インフォティメントシステムの世界市場分析:製品別(オーディオユニット、表示ユニット、ヘッドアップディスプレイ、ナビゲーションユニット、通信ユニット)、取り付けタイプ別(OE取り付け、アフターマーケット)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用インフォティメントシステムの世界市場について調査・分析し、自動車用インフォティメントシステムの世界市場動向、自動車用インフォティメントシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用インフォティメントシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機シート作動装置の世界市場予測(~2022年):電気機械式、油圧式、空気圧式
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機シート作動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、シートクラス別分析、構成要素別分析、需要先別分析、航空機シート作動装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 二輪車用コネクターの世界市場2017-2021:開放コネクター、密封コネクター
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、二輪車用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用コネクターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は二輪車用コネクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Hirose Electric、Japan Aviation Electronics Industry、Sumitomo Electric Wiring Systems、TE Connectivity、YAZAKI等です。
  • 空港用照明の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、空港用照明の世界市場について調査・分析し、空港用照明の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別空港用照明シェア、市場規模推移、市場規模予測、空港用照明種類別分析(進入灯、滑走路灯、誘導路・エプロン照明灯、停止線灯、その他)、空港用照明用途別分析(民間・商用空港、軍事空港)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・空港用照明の市場概観 ・空港用照明のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・空港用照明のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・空港用照明の世界市場規模 ・空港用照明の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・空港用照明のアメリカ市場規模推移 ・空港用照明のカナダ市場規模推移 ・空港用照明のメキシコ市場規模推移 ・空港用照明のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・空港用照明のドイツ市場規模推移 ・空港用照明のイギリス市場規模推移 ・空港用照明のロシア市場規模推移 ・空港用照明のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジ …
  • にきび対策用化粧品の世界市場:クレンザー、エマルジョン、マスク
    Technavio社の本調査レポートでは、にきび対策用化粧品の世界市場について調べ、にきび対策用化粧品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、にきび対策用化粧品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(クレンザー、エマルジョン、マスク)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はにきび対策用化粧品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・にきび対策用化粧品の市場状況 ・にきび対策用化粧品の市場規模 ・にきび対策用化粧品の市場予測 ・にきび対策用化粧品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(クレンザー、エマルジョン、マスク) ・にきび対策用化粧品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、EMEA、米州 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 熱エネルギー貯蔵の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、熱エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱エネルギー貯蔵市場規模、技術別(MSES、PCM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CALMAC, DN Tanks, EnergyNest, Ice Energy, SENER groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場概要 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場環境 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場動向 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場規模 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:業界構造分析 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:技術別(MSES、PCM) ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱エネルギー貯蔵の北米市場規模・予測 ・熱エネルギー貯蔵のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・熱エネルギー貯蔵のアジア太平洋市場規模・予測 ・熱エネルギー貯蔵の主要国分析 ・熱エネルギー貯蔵の世界市場:意思決定フレームワーク ・熱エネルギー貯蔵 …
  • 世界のβ-アラニン市場2016
    本調査レポートでは、世界のβ-アラニン市場2016について調査・分析し、β-アラニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の長鎖ジカルボン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界の長鎖ジカルボン酸市場2016について調査・分析し、長鎖ジカルボン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフ旅行の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゴルフ旅行の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ旅行の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血流測定機器の世界市場
    当調査レポートでは、血流測定機器の世界市場について調査・分析し、血流測定機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血流測定機器の世界市場:市場動向分析 - 血流測定機器の世界市場:競争要因分析 - 血流測定機器の世界市場:製品別 ・レーザードップラー ・電磁血流計 ・超音波ドップラー - 血流測定機器の世界市場:方式別 ・持ち運び可能な機器 ・ハンドヘルド機器 ・卓上型 - 血流測定機器の世界市場:用途別 ・侵襲 ・非侵襲 - 血流測定機器の世界市場:主要地域別分析 - 血流測定機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血流測定機器のヨーロッパ市場規模 - 血流測定機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血流測定機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • メキシコの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 油田用ロータリーテーブルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田用ロータリーテーブルの世界市場について調べ、油田用ロータリーテーブルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田用ロータリーテーブルの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は油田用ロータリーテーブルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田用ロータリーテーブルの市場状況 ・油田用ロータリーテーブルの市場規模 ・油田用ロータリーテーブルの市場予測 ・油田用ロータリーテーブルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田用ロータリーテーブルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 低圧/中圧開閉装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、低圧/中圧開閉装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低圧/中圧開閉装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小売陳列用包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、小売陳列用包装の世界市場について調査・分析し、小売陳列用包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 小売陳列用包装の世界市場:市場動向分析 - 小売陳列用包装の世界市場:競争要因分析 - 小売陳列用包装の世界市場:材料別 ・紙 ・ガラス ・金属 ・プラスチック ・波形素材 - 小売陳列用包装の世界市場:包装の種類別 ・ポリ容器 ・金属/ガラス構造 ・折箱 ・段ボールディスプレイ ・段ボール箱 ・その他 - 小売陳列用包装の世界市場:エンドユーザー別 ・食品・飲料 ・家庭用品 ・家電 ・医療 ・化粧品・パーソナルケア ・その他 - 小売陳列用包装の世界市場:主要地域別分析 - 小売陳列用包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 小売陳列用包装のヨーロッパ市場規模 - 小売陳列用包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・小売陳列用包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"