"デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-TC-6655)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The digital payment market is projected to grow from USD 38.00 billion in 2018 to USD 86.76 billion by 2023, at a CAGR of 18.0% during the forecast period. This growth can be attributed to initiatives undertaken for the promotion of digital payments, high proliferation of smartphones, and the need to provide improved customer service at POS terminals.
The digital payment market has been segmented based on type (solutions and services), deployment mode, organization size, and region. Digital payment solutions include payment gateway solutions, payment processing solutions, payment wallet solutions, payment security and fraud management solutions, and POS solutions. Digital payment services are classified into professional services and managed services. The payment gateway solutions subsegment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Payment gateway solutions provide a virtual terminal for online transactions. These solutions help in the processing of customer payment credentials and authorizing payment between the merchant and the customer. The growth of payment gateway solutions subsegment is primarily driven by the expansion of the E-commerce industry worldwide.

The professional services subsegment has been further categorized into consulting services, system integration and deployment services, and support and maintenance services. The professional services subsegment is estimated to account for a larger market share in 2018 as compared to the managed services subsegment. Companies offering professional services include consultants, dedicated project management teams, and digital payment experts specializing in the design and delivery of critical decision support software, tools, and services.

Complexities in legacy payment services in Asia Pacific and Latin America have propelled the demand for consulting services, which, in turn, is likely to boost the growth of the services segment of the digital payment market.

North America is estimated to account for the largest share of the digital payment market in 2018. The growth of the digital payment market in North America can be attributed to the presence of a large number of digital payment solution providers in this region. The well-developed digital economy in North America and the expansion of the mobile commerce industry are additional factors contributing to the growth of the market in this region.

Lack of global standards for cross-border payments is a key factor restraining the growth of the digital payment market. Key players operating in the market include ACI Worldwide (US), Aurus (US), Aliant Payment (US), Authorize.Net (US), Adyen (Netherlands), BlueSnap (US), Chetu (US), Dwolla (US), FSS (India), First Data (US), Fiserv (US), Global Payments (US), Net1 UEPS Technologies (South Africa), Novatti (Australia), PayPal (US), Paysafe (UK), PayU (Netherlands), SIX (Switzerland), Stripe (US), TSYS (US), WEX (US), Wirecard (Germany), Worldline (France), Worldpay (US), and YapStone (US).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakdown of Primaries
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Assumptions
2.4 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Digital Payment Market
4.2 Market By Type
4.3 Market By Solutions
4.4 Market By Service
4.5 Market By Professional Services
4.6 Market By Region
4.7 Market Investment Scenario

5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Worldwide Initiatives for the Promotion of Digital Payments
5.2.1.2 High Proliferation of Smartphones
5.2.1.3 Need to Provide Better Customer Experience
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Global Standards for Cross-Border Payments
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rapid Decline in Unbanked People Across the Globe
5.2.3.2 Progressive Changes in Regulatory Frameworks
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Digital Literacy in Emerging Countries
5.2.4.2 Cyber-Attacks Affecting Digital Payment Market
5.3 Industry Trends
5.3.1 Introduction
5.3.2 Digital Payment Architecture
5.3.3 Case Studies
5.3.3.1 Case Study 1: Direct Line Group Implemented the Worldpay Digital Payment Solution to Enhance Customer Experience
5.3.3.2 Case Study 2: Kane Boutique Used the Payscape Payment Solution to Expand Its Business
5.3.3.3 Case Study 3: American Golf Used the Worldpay Payment Solution to Implement the Omnichannel Payment Mode for Its Retail Chain

6 Digital Payment Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Payment Gateway Solutions
6.2.2 Payment Processing Solutions
6.2.3 Payment Wallet Solutions
6.2.4 Payment Security and Fraud Management Solutions
6.2.5 Pos Solutions
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Consulting Services
6.3.1.2 System Integration and Deployment Services
6.3.1.3 Support and Maintenance Services
6.3.2 Managed Services

7 Market By Deployment Mode (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 On-Premises
7.3 Cloud

8 Digital Payment Market, By Organization Size (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 SMEs
8.3 Large Enterprises

9 Market By Vertical (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI)
9.3 Telecom & Information Technology (IT)
9.4 Retail & E-Commerce
9.5 Healthcare
9.6 Media & Entertainment
9.7 Others

10 Digital Payment Market, By Region (Page No. – 61)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.2 France
10.3.3 Germany
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 India
10.4.3 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Brazil
10.5.2 Mexico
10.5.3 Rest of Latin America
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 Saudi Arabia
10.6.2 UAE
10.6.3 Israel
10.6.4 Rest of Middle East & Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 80)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis for the Digital Payment Market
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 New Product Launches
11.3.2 Business Expansions
11.3.3 Mergers & Acquisitions
11.3.4 Agreements & Partnerships

12 Company Profiles (Page No. – 85)
(Business Overview, Products Solutions/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 First Data
12.2 Paypal
12.3 Worldpay
12.4 Wirecard
12.5 Fiserv
12.6 Chetu
12.7 Total System Services (TSYS)
12.8 Novatti
12.9 ACI Worldwide
12.10 Global Payments
12.11 Bluesnap
12.12 Paysafe
12.13 Worldline
12.14 Wex
12.15 Six Payment Services
12.16 Dwolla
12.17 Stripe
12.18 Adyen
12.19 Payu
12.20 Yapstone
12.21 Net 1 UEPS Technologies
12.22 Financial Software and Systems (FSS)
12.23 Authorize.Net
12.24 Aurus
12.25 Aliant Payment Systems

* Business Overview, Products Solutions/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 137)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月4日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-TC-6655
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 軟組織修復の世界市場2017-2021:細胞治療、組織スキャフォールド、軟組織固定デバイス
    当調査レポートでは、軟組織修復の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軟組織修復の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン阻害剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、インターロイキン阻害剤の世界市場について調べ、インターロイキン阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、インターロイキン阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(インターロイキン-23阻害剤、インターロイキン-17阻害剤、インターロイキン-6阻害剤、その他のインターロイキン阻害剤)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はインターロイキン阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・インターロイキン阻害剤の市場状況 ・インターロイキン阻害剤の市場規模 ・インターロイキン阻害剤の市場予測 ・インターロイキン阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(インターロイキン-23阻害剤、インターロイキン-17阻害剤、インターロイキン-6阻害剤、その他のインターロイキン阻害剤) ・インターロイキン阻害剤の顧客状況 ・主 …
  • 原子層エッチングシステムの世界市場予測2019-2024
    「原子層エッチングシステムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、プラズマ、その他など、用途別には、Semiconductor、Metal、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。原子層エッチングシステムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・原子層エッチングシステムの世界市場概要(サマリー) ・原子層エッチングシステムの企業別販売量・売上 ・原子層エッチングシステムの企業別市場シェア ・原子層エッチングシステムの世界市場規模:種類別(プラズマ、その他) ・原子層エッチングシステムの世界市場規模:用途別(Semiconductor、Metal、Other) ・原子層エッチングシステムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・原子層エッチングシステムのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・原子層エッチングシステムの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど …
  • 自動車RCTAS(リア・クロス・トラフィック・アラート・システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車RCTAS(リア・クロス・トラフィック・アラート・システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車RCTAS(リア・クロス・トラフィック・アラート・システム)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオイメージングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオイメージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオイメージング市場規模、種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他)分析、技術別(分子技術、医療技術)分析、用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオイメージングの世界市場:市場動向分析 ・ バイオイメージングの世界市場:競争要因分析 ・ バイオイメージングの世界市場:種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:技術別(分子技術、医療技術) ・ バイオイメージングの世界市場:用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:主要地域別分析 ・ バイオイメージングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ バイオイメージングのヨーロッパ市場規模 ・ バイオイメ …
  • 近赤外イメージングの世界市場:近赤外蛍光イメージングシステム、近赤外蛍光、生物発光イメージングシステム
    当調査レポートでは、近赤外イメージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(近赤外蛍光イメージングシステム、近赤外蛍光、生物発光イメージングシステム)分析、用途別(前臨床画像、医療画像、臨床画像)分析、疾患別(がん手術、心臓血管手術、胃腸手術、形成外科/再建手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、研究所、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・近赤外イメージングの世界市場:製品別(近赤外蛍光イメージングシステム、近赤外蛍光、生物発光イメージングシステム) ・近赤外イメージングの世界市場:用途別(前臨床画像、医療画像、臨床画像) ・近赤外イメージングの世界市場:疾患別(がん手術、心臓血管手術、胃腸手術、形成外科/再建手術、その他) ・近赤外イメージングの世界市場:エンドユーザー別(病院&クリニック、研究所、その他) ・近赤外イメージングの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 半導体(シリコン)IPの世界市場: 集積回路(IC)IP、システムオンアチップ(SOC) IP
    当調査レポートでは、半導体(シリコン)IPの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、フォームファクタ別分析、デザイン別分析、プロセッサ種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パッシブ認証の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パッシブ認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素(ソリューション、サービス)別分析、業務機能別分析、導入方式別分析、産業別分析、パッシブ認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 計算流体力学(CFD)の世界市場2020-2024
    「計算流体力学(CFD)の世界市場2020-2024」は、計算流体力学(CFD)について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(航空宇宙および防衛、自動車、電気および電子機器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・計算流体力学(CFD)の世界市場:エンドユーザー別(航空宇宙および防衛、自動車、電気および電子機器、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ポテトチップスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ポテトチップスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポテトチップスの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の偏光子市場2016
    本調査レポートでは、世界の偏光子市場2016について調査・分析し、偏光子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型トラック用ステアリングシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、小型トラック用ステアリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、小型トラック用ステアリングシステム市場規模、種類別(EPS、HPS、EHPS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場概要 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場環境 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場動向 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場規模 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:業界構造分析 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:種類別(EPS、HPS、EHPS) ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・小型トラック用ステアリングシステムの北米市場規模・予測 ・小型トラック用ステアリングシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・小型トラック用ステアリングシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・小型ト …
  • スパークリングワインの世界市場2016-2020 
    当調査レポートでは、スパークリングワインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパークリングワインの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 滑り止め添加剤の世界市場:種類別(酸化アルミニウム、シリカ、その他)、用途別(建設用床材、船舶甲板、その他)、地域別予測
    本資料は、滑り止め添加剤の世界市場について調べ、滑り止め添加剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(酸化アルミニウム、シリカ、その他)分析、用途別(建設用床材、船舶甲板、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・滑り止め添加剤の世界市場概要 ・滑り止め添加剤の世界市場環境 ・滑り止め添加剤の世界市場動向 ・滑り止め添加剤の世界市場規模 ・滑り止め添加剤の世界市場規模:タイプ別(酸化アルミニウム、シリカ、その他) ・滑り止め添加剤の世界市場規模:用途別(建設用床材、船舶甲板、その他) ・滑り止め添加剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滑り止め添加剤の北米市場規模・予測 ・滑り止め添加剤のアメリカ市場規模・予測 ・滑り止め添加剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・滑り止め添加剤のアジア市場規模・予測 ・滑り止め添加剤の日本市場規模・予測 ・滑り止め添加剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 携帯用ケースの世界市場2014-2025:製品別(バックパック、ブリーフケース、メッセンジャーバッグ、スリーブ)、顧客タイプ別(顧客用、業務用)、地域別
    本調査レポートでは、携帯用ケースの世界市場について調査・分析し、携帯用ケースの世界市場動向、携帯用ケースの世界市場規模、市場予測、セグメント別携帯用ケース市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 片頭痛(Migraine):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、片頭痛(Migraine)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・片頭痛(Migraine):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・片頭痛(Migraine)のフェーズ3治験薬の状況 ・片頭痛(Migraine)治療薬の市場規模(販売予測) ・片頭痛(Migraine)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・片頭痛(Migraine)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の片頭痛(Migraine)治療薬剤
  • ジオメンブレンの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、原材料別分析、製造方法別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 外科用開創器の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外科用開創器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外科用開創器市場規模、製品別(ハンドヘルド型、留置型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外科用開創器の世界市場概要 ・外科用開創器の世界市場環境 ・外科用開創器の世界市場動向 ・外科用開創器の世界市場規模 ・外科用開創器の世界市場:業界構造分析 ・外科用開創器の世界市場:製品別(ハンドヘルド型、留置型) ・外科用開創器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外科用開創器の北米市場規模・予測 ・外科用開創器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外科用開創器のアジア太平洋市場規模・予測 ・外科用開創器の主要国分析 ・外科用開創器の世界市場:意思決定フレームワーク ・外科用開創器の世界市場:成長要因、課題 ・外科用開創器の世界市場:競争環境 ・外科用開創器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、B. Braun Melsungen、BD、 …
  • ヨーロッパ主要国の整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 世界のモジュラーラボオートメーション市場:エンドユーザ別、地域別
    本調査レポートはモジュラーラボオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(病院及び診断研究所、製薬及びバイオテクノロジー企業、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・モジュラーラボオートメーションの世界市場:エンドユーザー別(病院及び診断研究所、製薬及びバイオテクノロジー企業、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アスパラギン酸の世界市場分析:用途別(栄養補助食品、薬、ポリアスパラギン酸、アスパルテーム、L-アラニン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、アスパラギン酸の世界市場について調査・分析し、アスパラギン酸の世界市場動向、アスパラギン酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別アスパラギン酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フリップチップ技術の世界市場
    当調査レポートでは、フリップチップ技術の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・フリップチップ技術の世界市場:ウェーハー・バンピング・プロセス別分析/市場規模 ・フリップチップ技術の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・フリップチップ技術の世界市場:用途別分析/市場規模 ・フリップチップ技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・フリップチップ技術のアメリカ市場規模予測 ・フリップチップ技術のヨーロッパ市場規模予測 ・フリップチップ技術のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • メキシコの外傷固定市場動向(~2021)
  • 冷蔵・冷凍輸送の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、冷蔵・冷凍輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、輸送手段別分析、車両種類別分析、技術別分析、冷蔵・冷凍輸送の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場:セグメント別市場分析 ・小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、原発性硬化性胆管炎治療薬市場規模、製品別(UDCA、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allergan, Glenmark, Impax Laboratories, Mylan, Teva Pharmaceuticalsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場概要 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場環境 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場動向 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場規模 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場:製品別(UDCA、その他) ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の北米市場規模・予測 ・原発性硬化性胆管炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・原発性硬化性胆管炎治療薬のアジア太 …
  • クロマトグラフィー用付属品及び消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クロマトグラフィー用付属品及び消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロマトグラフィー用付属品及び消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクロマトグラフィー用付属品及び消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Agilent Technologies • Bio-Rad Laboratories• GE Healthcare• Merck• Thermo Fisher Scientific等です。
  • オーガニックワインの世界市場
    当調査レポートでは、オーガニックワインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーガニックワインの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:アメリカの治療薬市場
  • 世界の太陽熱発電装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽熱発電装置市場2015について調査・分析し、太陽熱発電装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合システムの世界市場分析:製品別(統合プラットフォーム/ワークロードシステム、統合インフラシステム)、サービス別(統合・インストール、コンサルティング、メンテナンス・サポート)、用途別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、統合システムの世界市場について調査・分析し、統合システムの世界市場動向、統合システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別統合システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 飼料添加剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • mTORC-1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmTORC-1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mTORC-1阻害薬の概要 ・mTORC-1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のmTORC-1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mTORC-1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mTORC-1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートコミュニティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートコミュニティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコミュニティの世界市場規模及び予測、ITソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スプレーガンの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スプレーガンの世界市場について調べ、スプレーガンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スプレーガンの市場規模をセグメンテーション別(種類別(手動、自動)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスプレーガンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スプレーガンの市場状況 ・スプレーガンの市場規模 ・スプレーガンの市場予測 ・スプレーガンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(手動、自動) ・スプレーガンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中国の骨盤内視鏡市場2015
    本調査レポートでは、中国の骨盤内視鏡市場2015について調査・分析し、骨盤内視鏡の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガス装置の世界市場:ガス供給装置、調整器、浄化機、フィルター、流量デバイス、ガス発生装置、低温装置、ガス検知装置
    当調査レポートでは、ガス装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ガス種類別分析、装置種類別分析、プロセス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別
    MarketsandMarkets社は、飼料用酵素の世界市場規模が2019年12億ドルから2025年20億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当資料では、世界の飼料用酵素市場を統合的に調査・分析し、市場概要、機能別(パフォーマンス強化、フィード効率)分析、種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他)分析、由来別(微生物、植物、動物)分析、フォーム別(気体、液体)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の飼料用酵素市場:機能別(パフォーマンス強化、フィード効率) ・世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他) ・世界の飼料用酵素市場:由来別(微生物、植物、動物) ・世界の飼料用酵素市場:フォーム別(気体、液体) ・世界の飼料用酵素市場:家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他) ・世界の飼料用酵素市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 飼料用酵母の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、飼料用酵母の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料用酵母の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 精密滑走路監視(PRM)装置の世界市場
    当調査レポートでは、精密滑走路監視(PRM)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、精密滑走路監視(PRM)装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺感染症(Lung Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺感染症(Lung Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺感染症(Lung Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺感染症(Lung Infections)の概要 ・肺感染症(Lung Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺感染症(Lung Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺感染症(Lung Infections)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • プロセスオイルの世界市場予測(~2023年)
    予測期間中のプロセスオイル市場で最も大きくけん引した用途は、タイヤ・ゴムセグメントです。この分野は、プロセスオイルの世界市場における潜在的な用途の1つで、2018年から2023年の予測期間中にも成長が見込まれています。この分野の成長は、自動車産業におけるキャリアオイル、可塑剤、防塵剤および加工助剤としてのプロセスオイルの需要増加に起因すると考えられています。 タイヤ・ゴム分野は2018年から2023年の予測期間中に2番目に高い年平均成長率で成長すると予測されています。当調査レポートでは、プロセスオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(芳香族、パラフィン系、ナフテン系、非発がん性)分析、用途別(タイヤ・ゴム、ポリマー、パーソナルケア用品、テキスタイル)分析、プロセスオイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 前頸部固定デバイスの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、前頸部固定デバイスの世界市場について調査・分析し、前頸部固定デバイスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・前頸部固定デバイスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・前頸部固定デバイスの世界市場規模:製品種類別分析 ・前頸部固定デバイスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の第3世代太陽電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の第3世代太陽電池市場2015について調査・分析し、第3世代太陽電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 人造黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人造黒鉛の世界市場について調査・分析し、人造黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人造黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、人造黒鉛種類別分析()、人造黒鉛用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人造黒鉛の市場概観 ・人造黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人造黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人造黒鉛の世界市場規模 ・人造黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人造黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・人造黒鉛のカナダ市場規模推移 ・人造黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・人造黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人造黒鉛のドイツ市場規模推移 ・人造黒鉛のイギリス市場規模推移 ・人造黒鉛のロシア市場規模推移 ・人造黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・人造黒鉛の日本市場規模推移 ・人造黒鉛の中国市場規模推移 ・人造黒鉛の韓国市場規模推移 ・人造黒鉛のインド市 …
  • ゲノム編集の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲノム編集の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲノム編集市場規模、最終用途別(バイオテクノロジー・医薬品企業、学術機関・調査研究機関、CRO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲノム編集の世界市場概要 ・ゲノム編集の世界市場環境 ・ゲノム編集の世界市場動向 ・ゲノム編集の世界市場規模 ・ゲノム編集の世界市場:業界構造分析 ・ゲノム編集の世界市場:最終用途別(バイオテクノロジー・医薬品企業、学術機関・調査研究機関、CRO) ・ゲノム編集の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲノム編集のアメリカ市場規模・予測 ・ゲノム編集のヨーロッパ市場規模・予測 ・ゲノム編集のアジア市場規模・予測 ・ゲノム編集の主要国分析 ・ゲノム編集の世界市場:意思決定フレームワーク ・ゲノム編集の世界市場:成長要因、課題 ・ゲノム編集の世界市場:競争環境 ・ゲノム編集の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 短腸症候群(SBS)治療の世界市場
    当調査レポートでは、短腸症候群(SBS)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、短腸症候群(SBS)治療の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機通信システムの世界市場予測(~2022年):SATCOM、VHF/UHF/L-Band、HF通信、データリンク
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機通信システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品種類別分析、構成品別分析、需要先別分析、地域別分析、航空機通信システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体分配装置の世界市場分析:製品別(フラックス、潤滑剤、はんだペースト、接着剤およびシーラント(エポキシ接着剤、エポキシアンダーフィル)、絶縁保護コーティング)、用途別(電気・電子(半導体実装、プリント基板)、医療機器、自動車、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、液体分配装置の世界市場について調査・分析し、液体分配装置の世界市場動向、液体分配装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体分配装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"