"陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-MD-6656)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The negative pressure wound therapy (NPWT) devices market is expected to reach USD 2.72 billion by 2023 from USD 2.11 billion in 2018, at a CAGR of 5.2%. Growing prevalence of diabetes, increasing spending on chronic and surgical wounds, government initiatives to prevent SSIs, and high rate of cesarean sections in elderly mothers leading to increasing post-operative use of NPWT devices are some of the factors expected to drive market growth during the forecast period
The negative pressure wound therapy market is segmented by product type, wound type, end user, and region. By product type, the NPWT devices market is categorized into conventional NPWT devices, single-use NPWT devices, and accessories. The conventional segment is expected to account for the largest share of the global NPWT devices market in 2018. This segment is driven by the ability of conventional NPWT systems to manage severe wound exudates. However, high costs and the growing adoption of disposable NPWT devices are restraining market growth to a certain extent.

Based on the wound type, the negative pressure wound therapy market is segmented into surgical and traumatic wounds, ulcers, and burns. The ulcer segment is subsegmented into pressure ulcers, venous ulcers, diabetic foot ulcers, and other ulcers. The surgical and traumatic wounds segment is expected to hold the largest share of the wound type segment in 2018 due to the growing prevalence of surgical & traumatic wounds and increasing spending on chronic and surgical wounds.

By end user, the NPWT devices market is classified into hospitals, home care settings, and other end users. In 2018, the hospitals segment is expected to account for the largest share of the market. The rising need for wound care services and increasing need of advanced wound management for treating complex wounds (such as high-grade diabetic foot ulcers, pressure ulcers, venous leg ulcers, and surgical wounds) among the rapidly growing geriatric population are some of the key factors responsible for the growing demand for NPWT devices in hospitals.

On the basis of region, the negative pressure wound therapy market is segmented into North America, Europe, Asia, and the Rest of the World (RoW). In 2018, North America is expected to command the largest share of the NPWT devices market. The large share of this market segment can be attributed to increasing incidence of chronic wounds and diabetes and rising geriatric population. In addition to this, the favorable reimbursement scenario in the region is expected to increase the adoption of NPWT devices.

Some of the major players operating in this market are Acelity (US), Smith & Nephew (UK), Mölnlycke Health Care AB (Sweden), Cardinal Health (US), ConvaTec (UK), and DeRoyal (US), Lohmann & Rauscher (German), Talley Group (UK), Medela (Switzerland), and Genadyne (US).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Markets Covered
1.2.2 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Secondary Data
2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2 Primary Data
2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Assumptions for the Study

3 Executive Summary (Page No. – 24)

4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Negative Pressure Wound Therapy Market: Overview
4.2 Global Market, By Wound Type (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Global Market

5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Prevalence of Diabetes
5.2.1.2 Increasing Spending on Chronic and Surgical Wounds
5.2.1.3 Government Initiatives to Prevent SSIS
5.2.1.4 High Rate of Cesarean Sections in Elderly Mothers Leading to Increasing Post-Operative Use of NPWT Devices
5.2.2 Trends
5.2.2.1 Growing Usage of Simplified Single-Use Devices

6 By Product Type (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 Conventional NPWT Devices
6.3 Single-Use NPWT Devices
6.4 Accessories

7 By Wound Type (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 Surgical and Traumatic Wounds
7.3 Ulcers
7.3.1 Diabetic Foot Ulcers
7.3.2 Venous Ulcers
7.3.3 Pressure Ulcers
7.3.4 Other Ulcers
7.4 Burns

8 By End User (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.3 Home Care Settings
8.4 Other End Users

9 By Region (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.2 Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 UK
9.3.3 France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia
9.4.1 China
9.4.2 Japan
9.4.3 India
9.4.4 Rest of Asia (RoA)
9.5 Rest of the World

10 Competitive Landscape (Page No. – 87)
10.1 Overview
10.2 Market Share Ranking, 2017
10.2.1 Product Launches
10.2.2 Agreements
10.2.3 Expansions

11 Company Profiles (Page No. – 90)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Acelity
11.2 Smith & Nephew
11.3 Mölnlycke Health Care AB (A Subsidiary of Investor AB)
11.4 Convatec Group
11.5 Cardinal Health
11.6 Deroyal
11.7 Lohmann & Rauscher International GmbH & Co. Kg
11.8 Talley Group
11.9 Medela
11.10 Genadyne

*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 105)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月4日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-MD-6656
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 脳インプラントの世界市場2018–2025:製品別(脳深部刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(慢性疼痛、パーキンソン病、てんかん、うつ病、アルツハイマー病)
    本調査レポートでは、脳インプラントの世界市場について調査・分析し、脳インプラントの世界市場動向、脳インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別脳インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セキュアロジスティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セキュアロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セキュアロジスティクス市場規模、サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brink's, G4S, Loomis, Prosegur, Securitasなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セキュアロジスティクスの世界市場概要 ・セキュアロジスティクスの世界市場環境 ・セキュアロジスティクスの世界市場動向 ・セキュアロジスティクスの世界市場規模 ・セキュアロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・セキュアロジスティクスの世界市場:サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス) ・セキュアロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セキュアロジスティクスの北米市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • プロテオミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の概要 ・虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・虚血再潅流障害(I …
  • フェイシャルケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フェイシャルケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フェイシャルケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場概要 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場環境 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場動向 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場規模 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場:業界構造分析 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の北米市場規模・予測 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高速液体クロマトグラフィ …
  • 油田用装置レンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、油田用装置レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油田用装置レンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シルク(絹)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、シルク(絹)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、シルク(絹)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨関節炎用鎮痛剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場規模及び予測、剤形別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、技術別(NLP、マシンラーニング・ディープラーニング)分析、用途別(ITオペレーション、ビジネスプロセスオートメーション、アプリケーション管理)分析、産業別分析、インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のピレトリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のピレトリン市場2015について調査・分析し、ピレトリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空における5Gの世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、航空における5Gの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーズ別(航空機および空港用5Gインフラストラクチャ)分析、技術別(eMBB、FWA、URLLC / MMTC)分析、通信インフラ別(スモールセル、DAS)分析、5Gサービス別(航空機オペレーション、空港オペレーション)分析、航空における5Gの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空における5Gの世界市場規模が2021年5億ドルから2026年39億ドルまで年平均52.7%成長すると予測しています。
  • 聴覚保護具の世界市場2017-2021:耳栓、耳あて
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、聴覚保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、聴覚保護具の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は聴覚保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Etymotic Research、Honeywell、Phonak等です。
  • 世界の酸化ポリエチレンワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化ポリエチレンワックス市場2015について調査・分析し、酸化ポリエチレンワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガス分析器/ガスセンサ/ガス検知器の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ガス分析器/ガスセンサ/ガス検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ガス分析器/ガスセンサ/ガス検知器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セットトップボックスの世界市場
    当調査レポートでは、セットトップボックスの世界市場について調査・分析し、セットトップボックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別予測
    本資料は、保険業界におけるブロックチェーンの世界市場について調べ、保険業界におけるブロックチェーンの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場概要 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場環境 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場動向 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:組織規模別(中小企業、大企業) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・保険業界におけるブロックチェーンの北米市場規模・予測 ・保険業界におけるブロック …
  • 世界のカーボンブラック市場2016
    本調査レポートでは、世界のカーボンブラック市場2016について調査・分析し、カーボンブラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 少用量水化物抑制剤の世界市場
    当調査レポートでは、少用量水化物抑制剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・少用量水化物抑制剤の世界市場:種類別分析/市場規模 ・少用量水化物抑制剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・少用量水化物抑制剤のアメリカ市場規模予測 ・少用量水化物抑制剤のヨーロッパ市場規模予測 ・少用量水化物抑制剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場:タイプ別、製品別(糖ポリマー、皮膚軟化剤、活性成分)、用途別(スキンケア、口腔ケア、ヘアケア、化粧品)、セグメント予測
    パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場は2025年には111億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、オーガニックや天然素材のスキンケアやヘアケア用品に対する需要の増加が考えられます。本調査レポートでは、パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場動向、パーソナルケア用オーガニック原材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別パーソナルケア用オーガニック原材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬剤
  • ディスプレイの世界市場予測(~2022年):フラットディスプレイ、フレキシブルディスプレイ、透明ディスプレイ
    当調査レポートでは、ディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、ディスプレイ種類別分析、用途別分析、地域別分析、ディスプレイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 4-アセチルフェノールの世界市場予測2019-2024
    「4-アセチルフェノールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレードなど、用途別には、Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。4-アセチルフェノールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・4-アセチルフェノールの世界市場概要(サマリー) ・4-アセチルフェノールの企業別販売量・売上 ・4-アセチルフェノールの企業別市場シェア ・4-アセチルフェノールの世界市場規模:種類別(医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレード) ・4-アセチルフェノールの世界市場規模:用途別(Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Other) ・4-アセチルフェノールの米州市場規 …
  • 魚加工の世界市場:冷凍魚、保存魚
    当調査レポートでは、魚加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、装置別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チーズパウダーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、チーズパウダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チーズパウダーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はチーズパウダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer Daniels Midland Company (ADM)、Bluegrass Dairy & Food、Kraft Heinz Ingredients、Kerry、Lactosan、Land O’Lakes等です。
  • マイクロセルラープラスチックの世界市場:用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他)、地域別予測
    本資料は、マイクロセルラープラスチックの世界市場について調べ、マイクロセルラープラスチックの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マイクロセルラープラスチックの世界市場概要 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場環境 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場動向 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場規模 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場規模:用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他) ・マイクロセルラープラスチックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マイクロセルラープラスチックの北米市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのアメリカ市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのヨーロッパ市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのアジア市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチッ …
  • フレキシブルエレクトロニクスのアジア市場
    本調査レポートでは、フレキシブルエレクトロニクスのアジア市場について調査・分析し、フレキシブルエレクトロニクスのアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のキセノンガス市場2015
    本調査レポートでは、世界のキセノンガス市場2015について調査・分析し、キセノンガスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッチ管理ソフトウェアの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、パッチ管理ソフトウェアの世界市場について調べ、パッチ管理ソフトウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、パッチ管理ソフトウェアの市場規模をセグメンテーション別(展開別(オンプレミス、クラウドベース)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はパッチ管理ソフトウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・パッチ管理ソフトウェアの市場状況 ・パッチ管理ソフトウェアの市場規模 ・パッチ管理ソフトウェアの市場予測 ・パッチ管理ソフトウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(オンプレミス、クラウドベース) ・パッチ管理ソフトウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のキシラナーゼ(バイオ燃料酵素)市場2015
    本調査レポートでは、世界のキシラナーゼ(バイオ燃料酵素)市場2015について調査・分析し、キシラナーゼ(バイオ燃料酵素)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イソフタル酸の世界市場2018-2022
    イソフタル酸は、m-キシレンの酸化によって生成される有機化合物の芳香族ジカルボン酸です。この無色の酸はテレフタル酸とフタル酸の異性体です。イソフタル酸の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率5.53%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Eastman Chemical Company、Formosa Chemicals & Fibre Corporation、LOTTE Chemical CORPORATION、MITSUBISHI GAS CHEMICAL COMPANY、SABIC、Thermo Fisher Scientificなどです。 当調査レポートでは、イソフタル酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イソフタル酸市場規模、用途別(PETコポリマー、表面塗装、不飽和ポリエステル樹脂、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・イソフタル酸の世界市場概要 ・イソフタル酸の世界市場環境 ・イソ …
  • 避雷針の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避雷針の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避雷針の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経膠腫治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、神経膠腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、神経膠腫治療薬市場規模、製品別(小分子、生物製剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・神経膠腫治療薬の世界市場概要 ・神経膠腫治療薬の世界市場環境 ・神経膠腫治療薬の世界市場動向 ・神経膠腫治療薬の世界市場規模 ・神経膠腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・神経膠腫治療薬の世界市場:製品別(小分子、生物製剤) ・神経膠腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・神経膠腫治療薬の北米市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬の主要国分析 ・神経膠腫治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・神経膠腫治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・神経膠腫治療薬の世界市場:競争環境 ・神経膠腫治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、F. Hoffmann …
  • 世界のスープ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスープ市場2015について調査・分析し、スープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオプロピレングリコールの世界市場2017-2021:不飽和ポリエステル樹脂、機能性流体・不凍液製品、医薬品・化粧品・食品、洗剤・家庭用品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオプロピレングリコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオプロピレングリコールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオプロピレングリコールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAshland、BASF、Cargill、Archer-Daniels-Midland (ADM)、Oleon等です。
  • 香料定着剤の世界市場分析:製品別(アンブロキシド、ガラクソリド、イソエススーパー、スクロースアセテートイソブチレート)、エンドユーザー別(高級香料、ホームケア、カラー化粧品、ヘアケア・スキンケア)、セグメント予測、2011-2025
    本調査レポートでは、香料定着剤の世界市場について調査・分析し、香料定着剤の世界市場動向、香料定着剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別香料定着剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オイルミストコレクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オイルミストコレクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オイルミストコレクターの世界市場規模及び予測、装置種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオイルミストコレクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Aeroex• Filtermist International• Losma• Plymovent等です。
  • 中国の排水弁市場2015
    本調査レポートでは、中国の排水弁市場2015について調査・分析し、排水弁の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エジプトの膝関節再建装置市場見通し
  • ユーティリティロケーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ユーティリティロケーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ユーティリティロケーター市場規模、技術別(電磁界、GPR)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ユーティリティロケーターの世界市場概要 ・ユーティリティロケーターの世界市場環境 ・ユーティリティロケーターの世界市場動向 ・ユーティリティロケーターの世界市場規模 ・ユーティリティロケーターの世界市場:業界構造分析 ・ユーティリティロケーターの世界市場:技術別(電磁界、GPR) ・ユーティリティロケーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ユーティリティロケーターの北米市場規模・予測 ・ユーティリティロケーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ユーティリティロケーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・ユーティリティロケーターの主要国分析 ・ユーティリティロケーターの世界市場:成長要因、課題 ・ユーティリティロケーターの世界市場:競争環境 ・ユー …
  • ラジオの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ラジオの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ラジオ市場規模、収益種類別(広告、公開ライセンス料、サブスクリプション)分析、プラットフォーム別(放送ラジオ、オンライン/モバイルラジオ、衛星ラジオ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bell Canada Enterprises, Communicorp Media, Cumulus Media, Entercom, Sirius XM, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ラジオの世界市場概要 ・ラジオの世界市場環境 ・ラジオの世界市場動向 ・ラジオの世界市場規模 ・ラジオの世界市場:業界構造分析 ・ラジオの世界市場:収益種類別(広告、公開ライセンス料、サブスクリプション) ・ラジオの世界市場:プラットフォーム別(放送ラジオ、オンライン/モバイルラジオ、衛星ラジオ) ・ラジオの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ラジオの北米市 …
  • 世界のデキストラナーゼ市場2016
    本調査レポートでは、世界のデキストラナーゼ市場2016について調査・分析し、デキストラナーゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パイプライン安全の世界市場:技術、ソリューション、サービス、産業、地域
    当調査レポートでは、パイプライン安全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、パイプライン安全の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Eゲート(自動化ゲート)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、Eゲート(自動化ゲート)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Eゲート(自動化ゲート)市場規模、コンポーネント別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場概要 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場環境 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場動向 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場規模 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:業界構造分析 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア) ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・Eゲート(自動化ゲート)のアメリカ市場規模・予測 ・Eゲート(自動化ゲート)のヨーロッパ市場規模・予測 ・Eゲート(自動化ゲート)のアジア市場規模・予測 ・Eゲート(自動化ゲート)の主要国分析 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:意思決定フレームワー …
  • フランスの整形外科処置動向(~2021)
  • レーダーレベル計の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、レーダーレベル計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、技術(接触型、非接触型)分析、周波数(Cバンド・Xバンド、Wバンド)分析、用途(液体、固体)分析、産業(石油・ガス、化学品、食品・飲料)分析、レーダーレベル計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 凍結治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、凍結治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、凍結治療市場規模、製品別(凍結手術装置、局所用凍結治療装置、クライオチャンバー/クライオサウナ)分析、用途別(手術用途、疼痛管理、回復・健康・美容)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・凍結治療の世界市場概要 ・凍結治療の世界市場環境 ・凍結治療の世界市場動向 ・凍結治療の世界市場規模 ・凍結治療の世界市場:業界構造分析 ・凍結治療の世界市場:製品別(凍結手術装置、局所用凍結治療装置、クライオチャンバー/クライオサウナ) ・凍結治療の世界市場:用途別(手術用途、疼痛管理、回復・健康・美容) ・凍結治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・凍結治療の北米市場規模・予測 ・凍結治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・凍結治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・凍結治療の主要国分析 ・凍結治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・凍結治療の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 世界の分子イメージングデバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子イメージングデバイス市場2015について調査・分析し、分子イメージングデバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリカーボネートの世界市場分析:用途別(輸送、電気・電子、建設、包装、消費財、光学メディア、医療機器)、動向分析
    本調査レポートでは、ポリカーボネートの世界市場について調査・分析し、ポリカーボネートの世界市場動向、ポリカーボネートの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリカーボネート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用バンパーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用バンパーの世界市場について調査・分析し、自動車用バンパーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用バンパーシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用バンパー種類別分析(プラスチック、その他)、自動車用バンパー用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用バンパーの市場概観 ・自動車用バンパーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用バンパーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用バンパーの世界市場規模 ・自動車用バンパーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用バンパーのアメリカ市場規模推移 ・自動車用バンパーのカナダ市場規模推移 ・自動車用バンパーのメキシコ市場規模推移 ・自動車用バンパーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用バンパーのドイツ市場規模推移 ・自動車用バンパーのイギリス市場規模推移 ・自動車用バンパーのロシア市場規模推移 ・自動車用 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"