"業務用冷蔵設備の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-6661)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"業務用冷蔵設備の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global commercial refrigeration equipment market is projected to grow from an estimated USD 33.58 billion in 2018 to USD 45.45 billion by 2023, at a CAGR of 6.2%, from 2018 to 2023. The commercial refrigeration equipment market is expected to shift towards natural refrigerant-based systems because of the potential for large energy savings, and implementation of stringent regulations worldwide for phasing out ozone-depleting substances, such as hydrofluorocarbons (HFCs) and hydrochlorofluorocarbons (HCFCs). The demand for NH3/CO2 cascade systems is also slated to go up gradually due to the advantages they offer for food processing and low-temperature distribution facilities. These benefits include low operating costs (as they use less energy per ton of refrigeration compared to other systems), lower capital and compliance costs, optimal food quality, and increased throughput.
The hotels and restaurants segment is projected to be the largest application segment of the commercial refrigeration equipment market from 2018 to 2023. The advanced commercial refrigerators provide for practical designs to capture the attention of customers at any such point of sale.

The fluorocarbons segment is estimated to be the largest refrigerant type segment of the commercial refrigeration equipment market in 2018. Fluorocarbons are chemical compounds comprising carbon, hydrogen, chlorine, and fluorine as their major constituents. However, not all fluorocarbons may consist of both chlorine and fluorine atoms. The applications of these refrigerants are in refrigerators (domestic, transport, and commercial) and large-scale refrigerators (supermarket/ hypermarket). Fluorocarbons are further sub-divided into three types – HFCs, HCFCs, and HFOs.

The Asia Pacific is expected to be the largest market of commercial refrigeration equipment during the forecast period. The increasing population in the region, improving economic conditions, such as rising GDP & disposable incomes, and a booming consumer appliances sector have led to growth in the commercial refrigeration equipment in the region. In addition, the growth of the commercial refrigeration equipment market in this region is fueled by growth in the manufacturing sector; increase in spending on private & public infrastructure development; and rapid urbanization.

Stringent regulations against the use of fluorocarbon refrigerants is a key restraint in the commercial refrigeration equipment market. Fluorocarbon refrigerants adversely affect the ozone layer due to which, the governments of several countries worldwide are imposing regulations to limit the use of fluorocarbon refrigerants. They have agreed to phase out the use of HCFCs and HFCs by imposing limits on their consumption.

Key players operating in the commercial refrigeration equipment market include Carrier Corporation (US), Emerson Electric Company (US), Daikin Industries, Ltd. (Japan), and GEA Group AG (Germany).. These companies focus on enhancing their product portfolios to grow in the commercial refrigeration equipment market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"業務用冷蔵設備の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation Methodology
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 29)

4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Commercial Refrigeration Equipment Market
4.2 Commercial Refrigeration Equipment Market, By Region
4.3 Asia Pacific Commercial Refrigeration Equipment Market, By Country & Product Type
4.4 Commercial Refrigeration Equipment Market, By Application & Region
4.5 Leading Countries in the Commercial Refrigeration Equipment Market
4.6 Commercial Refrigeration Equipment Market, By Refrigerant Type

5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Improving Consumer Lifestyle and Flourishing Food and Healthcare Industries
5.2.1.2 Growing Cold Chain Market
5.2.1.3 Increasing Use of Advanced Technologies Such as Magnetic Refrigeration
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations Against the Use of Fluorocarbon Refrigerants
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Potential Demand for Carbon Dioxide/Ammonia (CO2/Nh3) Cascade Refrigeration Systems
5.2.3.2 Improvements in the Efficiency of Refrigeration Systems With the Use of Natural Refrigerants
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Few Purification Companies
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Policies and Regulations
5.4.1 Europe
5.4.1.1 Eu F-Gas Regulations
5.4.1.2 Montreal Protocol
5.4.1.3 Denmark
5.4.1.4 Austria
5.4.2 North America
5.4.2.1 Significant New Alternative Policy (SNAP) By EPA
5.4.3 Asia Pacific
5.4.3.1 Japan: Revised F-Gas Law
5.4.3.2 China – Feco: First Catalogue of Recommended Substitutes for HCFCS

6 Commercial Refrigeration Equipment Market, By Product Type (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Refrigerator & Freezer
6.2.1 Refrigerator & Freezer Types
6.2.1.1 Walk-In
6.2.1.2 Reach-In
6.2.1.3 Chest
6.3 Transportation Refrigeration
6.3.1 Transportation Refrigeration Types
6.3.1.1 Shipping Container
6.3.1.2 Trailer
6.3.1.3 Truck
6.4 Refrigerated Display Case
6.5 Beverage Refrigeration
6.6 Ice Cream Merchandiser
6.7 Refrigerated Vending Machine

7 Commercial Refrigeration Equipment Market, By Refrigerant Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Fluorocarbons
7.2.1 Hydrochlorofluorocarbons (HCFCS)
7.2.2 Hydrofluorocarbons (HFCS)
7.2.3 Hydrofluoroolefins (HFOS)
7.3 Hydrocarbons
7.3.1 Isobutane
7.3.2 Propane
7.3.3 Others
7.4 Inorganics
7.4.1 Ammonia
7.4.2 CO2
7.4.3 Others

8 Commercial Refrigeration Equipment Market, By Application (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Market Size & Projection
8.3 Hotels & Restaurants
8.4 Supermarkets & Hypermarkets
8.5 Convenience Stores
8.6 Bakeries

9 Commercial Refrigeration Equipment Market, By Region (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Asia Pacific
9.2.1 China
9.2.2 Japan
9.2.3 India
9.2.4 South Korea
9.2.5 Thailand
9.2.6 Malaysia
9.2.7 Singapore
9.2.8 Indonesia
9.2.9 Rest of Asia Pacific
9.3 North America
9.3.1 US
9.3.2 Canada
9.3.3 Mexico
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.2 UK
9.4.3 France
9.4.4 Italy
9.4.5 Spain
9.4.6 Rest of Europe
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.2 Turkey
9.5.3 Egypt
9.5.4 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.2 Argentina
9.6.3 Chile
9.6.4 Rest of South America

10 Competitive Landscape (Page No. – 109)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Situations & Trends
10.3.1 New Product Launches
10.3.2 Acquisitions
10.3.3 Expansions
10.3.4 Agreements
10.3.5 Joint Ventures

11 Company Profiles (Page No. – 116)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis MnM View)*
11.1 Emerson Electric Company
11.2 Carrier Corporation
11.3 Danfoss
11.4 GEA Group
11.5 Heatcraft Worldwide Refrigeration
11.6 Daikin
11.7 Johnson Controls
11.8 Bitzer
11.9 Advansor
11.10 Baltimore Aircoil Company
11.11 Hillphoenix
11.12 Carnot Refrigeration
11.13 SCM Frigo
11.14 Green & Cool
11.15 Henry Technologies
11.16 Other Leading Players
11.16.1 Aht Cooling Systems GmbH
11.16.2 Bharat Refrigerations
11.16.3 Commercial Refrigeration Inc.
11.16.4 Evapco
11.16.5 Hussman Corporation
11.16.6 Mayekawa Mfg. Co., Ltd.
11.16.7 National Refrigeration Company
11.16.8 Rockwell Industries Limited
11.16.9 Western Refrigeration Private Limited

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 153)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】業務用冷蔵設備の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月5日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-6661
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
業務用冷蔵設備の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業ロボットサービスの世界市場2017-2021:マテリアルハンドリング、溶接、組立てライン
    当調査レポートでは、産業ロボットサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボットサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱毛症治療薬の世界市場:タイプ別(円形脱毛症、男性型脱毛症)、エンドユーズ別、流通チャネル別、性別、地域別、
    本調査レポートでは、脱毛症治療薬の世界市場について調査・分析し、脱毛症治療薬の世界市場動向、脱毛症治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別脱毛症治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(AR、VR)分析、機能別(トレーニング、操作)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(オンボード、オフボード)分析、航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場規模が2019年78百万ドルから2025年1372百万ドルまで年平均61.2%成長すると予測しています。
  • 航空機機内食サービスの世界市場
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、航空機機内食サービスの世界市場について調査・分析し、航空機機内食サービスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • コネクテッドカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクテッドカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、コネクテッドカーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の教育&学習分析市場:用途別(パフォーマンス管理、カリキュラム開発&介入管理、人材獲得&保持)、コンポーネント別、展開別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、教育&学習分析の世界市場規模が2019年31億ドルから2024年82億ドルまで年平均21.5%成長すると予測しています。当資料では、世界の教育&学習分析市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(人材獲得&定着、カリキュラム開発&介入管理、予算&財務管理、運用管理、パフォーマンス管理、その他)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、エンドユーザー別(アカデミック、エンタープライズ/企業)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界の教育&学習分析市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・世界の教育&学習分析市場:用途別(人材獲得&定着、カリキュラム開発&介入管理、予算&財務管理、運用管理、パフォーマンス管理、その他) ・世界の教育&学習分析市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・世界の教育&学習分析市場:エンドユーザー別(アカデミック、 …
  • 半導体チップハンドラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体チップハンドラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体チップハンドラーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用クリーニングの世界市場予測:界面活性剤、溶媒、キレート剤
    MarketsandMarkets社は、産業用クリーニングの世界市場規模が2019年468億ドルから2024年582億ドルまで年平均4.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、産業用クリーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、成分種類別(界面活性剤、溶媒、キレート剤)分析、製品種類別(一般および金属クリーナー)分析、用途別(製造および商業オフィス、ヘルスケア、小売およびフードサービス)分析、産業用クリーニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場見通し2016-2022:統合型DPI、独立型DPI
    当調査レポートでは、ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場について調査・分析し、ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:市場動向分析 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:競争要因分析 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の北米市 …
  • ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの血栓管理装置市場見通し
  • 世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別
    本調査レポートは炭化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(アセチレン生産、還元剤及び脱水剤、製鋼、カルシウムシアナミド生産、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・炭化カルシウムの世界市場:用途別(アセチレン生産、還元剤及び脱水剤、製鋼、カルシウムシアナミド生産、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • プラスチック顔料の世界市場予測(~2023年)
    プラスチック顔料の世界市場は、2018年の103億米ドルから2023年には148億米ドルに達し、予測期間中7.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、包装における美粧性の重要性の高まり、新興国における工業化の重要性および包装に対する需要の高まり、そして高性能顔料に対する需要の増加が考えられます。一方で、顔料の製造に使用される合成ルチル、鉄鉱石、および天然ガスといった原材料価格の変動性や環境規制などの要因により、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、プラスチック顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(無機顔料、有機顔料)分析、最終用途産業(包装、消費財、建築・建設、自動車)分析、プラスチック顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用チャートプロジェクター市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用チャートプロジェクター市場2015について調査・分析し、眼科用チャートプロジェクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 貧血治療薬の世界市場2017-2021:鉄欠乏症貧血、鎌状赤血球貧血、悪性貧血、溶血性貧血、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、貧血治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、貧血治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は貧血治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AMAG Pharmaceuticals、Daiichi Sankyo、Galenica、Pharmacosmos等です。
  • 血管系パッチの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管系パッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料(生体、合成)別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血管系パッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用NFC(近距離無線通信)システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用NFC(近距離無線通信)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用NFC(近距離無線通信)システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無煙炭市場2015
    本調査レポートでは、世界の無煙炭市場2015について調査・分析し、無煙炭の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の末梢塞栓防止装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、末梢塞栓防止装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・末梢塞栓防止装置の概要 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:開発段階別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:セグメント別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:領域別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:規制Path別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別末梢塞栓防止装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・末梢塞栓防止装置の最近動向
  • パッケージング用印刷の世界市場:フレキソ印刷、グラビア印刷、デジタル印刷
    当調査レポートでは、パッケージング用印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージング用印刷の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工チーズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、加工チーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加工チーズの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 保護コーティングの世界市場2019-2023
    保護コーティングは、腐食、摩耗、裂傷、熱、有害化学物質から表面を保護するために使用される表面材です。防護、装飾、および機能的な目的(単独または組み合わせ)のために使用されるコーティング剤からなります。保護コーティングの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率9.50%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Akzo Nobel、Covestro、KANSAI PAINT、Nippon Paint Holdings、PPG Industries、The Sherwin-Williamsなどです。 当調査レポートでは、保護コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、保護コーティング市場規模、技術別(油溶性、水溶性、粉末塗料)分析、樹脂別(エポキシ、アルキド、ポリウレタン)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、航空宇宙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・保護コーティングの世界市場概要 ・保護 …
  • ネットワークトラヒック分析装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークトラヒック分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション・サービス別分析、導入形態別分析、エンドユーザー別分析、企業規模別分析、ネットワークトラヒック分析装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 身体障害者向け車両の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、身体障害者向け車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車種別(アダプティブ4輪車、モビリティスクーター)分析、製造種類別(OEM・サードパーティカスタマイズ)分析、エントリーメカニズム別分析、エントリーコンフィギュレーション別分析、身体障害者向け車両の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、身体障害者向け車両の世界市場規模が2019年26億ドルから2027年63億ドルまで年平均11.7%成長すると予測しています。
  • 中国の注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • ヨーグルトドリンクの世界市場2014–2025:種類別(普通、無脂肪、フレーバー)、販路別(ハイパー・スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店)、パッケージ別(プラスチックボトル、テトラパック)、地域別
    本調査レポートでは、ヨーグルトドリンクの世界市場について調査・分析し、ヨーグルトドリンクの世界市場動向、ヨーグルトドリンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヨーグルトドリンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 骨・関節用補助剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、骨・関節用補助剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、骨・関節用補助剤の世界市場規模及び予測、製品種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤の概要 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 経カテーテルの世界市場展望
    ※本調査レポートでは、経カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、経カテーテルの世界市場規模、地域別市場規模、セグメント別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロポリスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、プロポリスの世界市場について調べ、プロポリスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、プロポリスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(健康管理、パーソナルケア及び化粧品、食品及び飲料)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はプロポリスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・プロポリスの市場状況 ・プロポリスの市場規模 ・プロポリスの市場予測 ・プロポリスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(健康管理、パーソナルケア及び化粧品、食品及び飲料) ・プロポリスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 飼料用酸性化剤の世界市場:種類別(プロピオン酸、ギ酸、クエン酸、乳酸、ソルビン酸、リンゴ酸)、形態別(乾燥、液体)、化合物別(混合化合物、単一化合物)、家畜別(家禽、ブタ、反芻動物、水産養殖)、地域別予測
    本資料は、飼料用酸性化剤の世界市場について調べ、飼料用酸性化剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(プロピオン酸、ギ酸、クエン酸、乳酸、ソルビン酸、リンゴ酸)分析、形態別(乾燥、液体)分析、化合物別(混合化合物、単一化合物)分析、家畜別(家禽、ブタ、反芻動物、水産養殖)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・飼料用酸性化剤の世界市場概要 ・飼料用酸性化剤の世界市場環境 ・飼料用酸性化剤の世界市場動向 ・飼料用酸性化剤の世界市場規模 ・飼料用酸性化剤の世界市場規模:タイプ別(プロピオン酸、ギ酸、クエン酸、乳酸、ソルビン酸、リンゴ酸) ・飼料用酸性化剤の世界市場規模:形態別(乾燥、液体) ・飼料用酸性化剤の世界市場規模:化合物別(混合化合物、単一化合物) ・飼料用酸性化剤の世界市場規模:家畜別(家禽、ブタ、反芻動物、水産養殖) ・飼料用酸性化剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・飼料用酸性化剤の北米市場規模・予測 ・飼料用酸性化剤のアメリカ市場 …
  • 世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015
    本調査レポートでは、世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015について調査・分析し、炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バーキットリンパ腫治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バーキットリンパ腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バーキットリンパ腫治療薬市場規模、薬物分類別(生物学的、小分子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Biogen, F. Hoffmann-La Roche, Merck Sharp & Dohme, Novartis, Spectrum Pharmaceuticalsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場概要 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場環境 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場動向 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場規模 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場:薬物分類別(生物学的、小分子) ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バーキットリンパ腫治療薬の北米市場規模・予測 ・バーキットリンパ腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模 …
  • 紫外線(UV)消毒装置の世界市場分析:用途別(水処理、廃水処理、空気処理、プロセス水処理、表面消毒)、セグメント予測
    本調査レポートでは、紫外線(UV)消毒装置の世界市場について調査・分析し、紫外線(UV)消毒装置の世界市場動向、紫外線(UV)消毒装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別紫外線(UV)消毒装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場
    当調査レポートでは、オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バスマティ米の世界市場:種別(白米、玄米、その他)、販売チャネル別(従来式販売、最新式販売、小売、HORECA)、地域別予測
    本資料は、バスマティ米の世界市場について調べ、バスマティ米の世界規模、市場動向、市場環境、種別(白米、玄米、その他)分析、販売チャネル別(従来式販売、最新式販売、小売、HORECA)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バスマティ米の世界市場概要 ・バスマティ米の世界市場環境 ・バスマティ米の世界市場動向 ・バスマティ米の世界市場規模 ・バスマティ米の世界市場規模:種別(白米、玄米、その他) ・バスマティ米の世界市場規模:販売チャネル別(従来式販売、最新式販売、小売、HORECA) ・バスマティ米の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バスマティ米の北米市場規模・予測 ・バスマティ米のアメリカ市場規模・予測 ・バスマティ米のヨーロッパ市場規模・予測 ・バスマティ米のアジア市場規模・予測 ・バスマティ米の日本市場規模・予測 ・バスマティ米の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ベビーモニターの世界市場:オーディオ・ビデオベビーモニター、先進ベビーモニター、オーディオベビーモニター
    当調査レポートでは、ベビーモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビーモニター市場規模、製品別(オーディオ・ビデオベビーモニター、先進ベビーモニター、オーディオベビーモニター)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビーモニターの世界市場概要 ・ベビーモニターの世界市場環境 ・ベビーモニターの世界市場動向 ・ベビーモニターの世界市場規模 ・ベビーモニターの世界市場:業界構造分析 ・ベビーモニターの世界市場:製品別(オーディオ・ビデオベビーモニター、先進ベビーモニター、オーディオベビーモニター) ・ベビーモニターの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・ベビーモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビーモニターの北米市場規模・予測 ・ベビーモニターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ベビーモニターのアジア太平洋市場規模・予測 ・ベビーモニターの主要国分析 ・ …
  • イスラエルの心臓人工弁市場見通し
  • 世界における石油・ガス企業の破産届出
  • マグネシウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マグネシウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マグネシウム市場規模、用途別(アルミニウム合金、ダイカスト、チタン精錬、脱硫処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マグネシウムの世界市場概要 ・マグネシウムの世界市場環境 ・マグネシウムの世界市場動向 ・マグネシウムの世界市場規模 ・マグネシウムの世界市場:業界構造分析 ・マグネシウムの世界市場:用途別(アルミニウム合金、ダイカスト、チタン精錬、脱硫処理、その他) ・マグネシウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マグネシウムのアメリカ市場規模・予測 ・マグネシウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・マグネシウムのアジア市場規模・予測 ・マグネシウムの主要国分析 ・マグネシウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・マグネシウムの世界市場:成長要因、課題 ・マグネシウムの世界市場:競争環境 ・マグネシウムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 無菌包装の世界市場分析:製品別(カートン、ボトル、バッグ・パウチ、充填済シリンジ、試料びん・アンプル)、用途別(食品、飲料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、無菌包装の世界市場動向、無菌包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別無菌包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション種類別(ハードウェア、ソフトウェア)、インストール種類別(統合およびスタンドアロン)、展開モード別、組織規模別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ディープパケットインスペクション及び処理の世界市場規模が2019年87億ドルから2024年125億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のディープパケットインスペクション及び処理市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、設置タイプ別(スタンドアロン、統合)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(SME、大企業)分析、業種別(BFSI、政府&防衛、ヘルスケア、IT&テレコム、小売&eコマース、製造、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア) ・世界のデ …
  • 外科用開創器の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外科用開創器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外科用開創器市場規模、製品別(ハンドヘルド型、留置型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外科用開創器の世界市場概要 ・外科用開創器の世界市場環境 ・外科用開創器の世界市場動向 ・外科用開創器の世界市場規模 ・外科用開創器の世界市場:業界構造分析 ・外科用開創器の世界市場:製品別(ハンドヘルド型、留置型) ・外科用開創器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外科用開創器の北米市場規模・予測 ・外科用開創器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外科用開創器のアジア太平洋市場規模・予測 ・外科用開創器の主要国分析 ・外科用開創器の世界市場:意思決定フレームワーク ・外科用開創器の世界市場:成長要因、課題 ・外科用開創器の世界市場:競争環境 ・外科用開創器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、B. Braun Melsungen、BD、 …
  • ディープラーニング(深層学習)の世界市場予測(~2022): 画像認識、信号認識、データマイニング
    当調査レポートでは、ディープラーニング(深層学習)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、提供形態別分析、需要先別分析、地域別分析、ディープラーニング(深層学習)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フローサイトメーターの世界市場2017-2021:試薬・消耗品、器具、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フローサイトメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローサイトメーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフローサイトメーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBD、Beckman Coulter、Luminex、EMD Millipore、Thermo Fisher Scientific等です。
  • 産業用オートメーション制御の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、産業用オートメーション制御の世界市場について調べ、産業用オートメーション制御の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、産業用オートメーション制御の市場規模をセグメンテーション別(製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC)、エンドユーザー別(プロセス産業、離散産業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は産業用オートメーション制御の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・産業用オートメーション制御の市場状況 ・産業用オートメーション制御の市場規模 ・産業用オートメーション制御の市場予測 ・産業用オートメーション制御の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(プロセス産業、離散産業) ・産業用オートメーション制御の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思 …
  • 淋病検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、淋病検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、淋病検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトラック車軸市場2019
    本調査レポートでは、世界のトラック車軸市場2019について調査・分析し、トラック車軸の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、トラック車軸のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、トラック車軸メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・トラック車軸の市場概要 ・トラック車軸の上流・下流市場分析 ・トラック車軸のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・トラック車軸のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・トラック車軸のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・トラック車軸のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・トラック車軸の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・トラック車軸の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・トラック車軸の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・トラック車軸の北米市場:市場予測(生産 …
  • PLCソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PLCソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PLCソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"