"ウェアラブルインジェクターの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-MD-6659)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ウェアラブルインジェクターの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global wearable injectors market is projected to reach USD 9.41 billion by 2023 from USD 5.57 billion in 2018, at a CAGR of 11.1% during the forecast period. The growth of this market is primarily driven by the growing prevalence of chronic diseases (such as cancer, diabetes, and CVD); favorable reimbursement scenario in major markets; and technological advancements in injector devices. However, the preference for alternative drug delivery modes and a poor reimbursement structure in developing countries is expected to limit the adoption of wearable injector devices to a certain extent.
The market is segmented on the basis of type, therapy, and region. Based on type, the market is segmented into on-body and off-body injectors. The on-body wearable injectors segment is expected to account for the larger market share in 2018, while the off-body injectors segment is projected to witness the highest growth rate during the forecast period. The drawbacks associated with on-body wearable injectors, such as painful removal, skin sensitivity issues and irritation, and adhesive fitting issues have resulted in the increased adoption of off-body injectors.

Based on therapy, the global wearable injectors market is segmented into immune-oncology, diabetes, cardiovascular diseases, and other therapies (such as Parkinson’s disease, thalassemia, and primary immunodeficiency disease). The immuno-oncology segment is expected to account for the largest share of the market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the high prevalence of cancer across the globe.

By region, the global market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific, and the RoW. The North American region is expected to account for the largest market share in 2018. The large share of this region can be attributed to the rising prevalence of chronic diseases such as cancer, diabetes, and cardiovascular diseases and favorable reimbursement scenario in this region.

The global wearable injectors market is dominated by Amgen (US), Medtronic (Ireland), Insulet Corporation (US), Tandem Diabetes Care (US), United Therapeutic Corporation (US), and Valeritas (US). These players adopted growth strategies such as product launches, product approvals, agreements, and expansions to maintain and enhance their positions in the market. Other prominent players in the market include Ypsomed (Switzerland), Becton, Dickinson and Company (US), SteadyMed Therapeutics (US), Enable Injections (US), Sensile Medicals (Switzerland), and Bespak (UK).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ウェアラブルインジェクターの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 11)
1.1 Objectives of Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 15)
2.1 Research Methodology Steps
2.2 Secondary and Primary Research Methodology
2.2.1 Secondary Research
2.2.2 Primary Research
2.2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2.2.2 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation Methodology
2.4 Market Data Validation and Triangulation
2.5 Assumptions for the Study

3 Executive Summary (Page No. – 25)

4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Wearable Injectors Market: Overview
4.2 Global Market, By Type, 2018 vs 2023
4.3 Geographic Analysis: Global Market, By Therapy
4.4 Geographic Snapshot: Global Market

5 Wearable Injectors Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Prevalence of Chronic Diseases
5.2.1.2 Favorable Reimbursement Scenario in Major Markets
5.2.1.3 Technological Advancements and Design Development
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Preference for Alternative Drug Delivery Modes
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Biologics and MABS
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Unfavorable Reimbursement Structure in Developing Countries

6 By Type (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 On-Body Injectors
6.3 Off-Body Injectors

7 By Therapy (Page No. – 39)
7.1 Introduction
7.2 Immuno-Oncology
7.3 Diabetes
7.4 Cardiovascular Diseases
7.5 Other Therapies

8 By Region (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.2 Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.2 UK
8.3.3 France
8.3.4 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 Japan
8.4.2 China
8.4.3 India
8.4.4 RoAPAC
8.5 Rest of the World

9 Competitive Landscape (Page No. – 74)
9.1 Overview
9.2 Market Share Analysis
9.3 Market Share Analysis, By Therapy
9.3.1 Immuno-Oncology
9.3.2 Amgen
9.3.3 Diabetes
9.3.4 Medtronic
9.3.5 Insulet Corporation
9.3.6 Cardiovascular Diseases
9.3.7 United Therapeutics
9.4 Competitive Scenario
9.4.1 Product Launches and Approvals
9.4.2 Expansions
9.4.3 Agreements, Collaborations, and Partnerships

10 Company Profiles (Page No. – 79)
(Introduction, Products & Services, Strategy, & Analyst Insights, Developments, MnM View)*
10.1 Amgen
10.2 Medtronic PLC
10.3 Insulet Corporation
10.4 Ypsomed
10.5 Becton, Dickinson and Company
10.6 Tandem Diabetes Care, Inc.
10.7 United Therapeutics Corporation
10.8 Valeritas, Inc.
10.9 Enable Injections
10.10 Steadymed Therapeutics
10.11 Sensile Medical (A Part of Gerresheimer)

*Details on Marketsandmarkets View, Introduction, Product & Services, Strategy, & Analyst Insights, New Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

11 Appendix (Page No. – 98)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ウェアラブルインジェクターの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月8日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-MD-6659
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ウェアラブルインジェクターの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 多血小板血漿の世界市場
    当調査レポートでは、多血小板血漿の世界市場について調査・分析し、多血小板血漿の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • サーフェスコンピューティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サーフェスコンピューティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーフェスコンピューティング市場規模、視覚別(2次元、3次元)分析、ディスプレイ種類別(平面ディスプレイ、曲面ディスプレイ、コンポーネント)分析、方法別(マルチユーザー、シングルタッチ、マルチタッチ、その他)分析、エンドユーザー別(小売、エンタテインメント、教育、自動車、政府、金融サービス、ホスピタリティサービス、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:市場動向分析 ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:競争要因分析 ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:視覚別(2次元、3次元) ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:ディスプレイ種類別(平面ディスプレイ、曲面ディスプレイ、コンポーネント) ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:方法別(マルチユーザー、シングルタッチ、マルチタッチ、そ …
  • カナダの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 可変冷媒流量制御(VRF)システムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、可変冷媒流量制御(VRF)システムの世界市場について調べ、可変冷媒流量制御(VRF)システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、可変冷媒流量制御(VRF)システムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(商業、家庭、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は可変冷媒流量制御(VRF)システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・可変冷媒流量制御(VRF)システムの市場状況 ・可変冷媒流量制御(VRF)システムの市場規模 ・可変冷媒流量制御(VRF)システムの市場予測 ・可変冷媒流量制御(VRF)システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(商業、家庭、その他) ・可変冷媒流量制御(VRF)システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨー …
  • オランダの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 手術用器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、手術用器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、手術用器具市場規模、製品別(手術用縫合糸・ステープリング器具、手持ち式手術器具・電気手術装置)分析、用途別(一般外科、整形外科手術、婦人科手術、心臓血管手術、肥満手術、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・手術用器具の世界市場概要 ・手術用器具の世界市場環境 ・手術用器具の世界市場動向 ・手術用器具の世界市場規模 ・手術用器具の世界市場:業界構造分析 ・手術用器具の世界市場:製品別(手術用縫合糸・ステープリング器具、手持ち式手術器具・電気手術装置) ・手術用器具の世界市場:用途別(一般外科、整形外科手術、婦人科手術、心臓血管手術、肥満手術、その他) ・手術用器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・手術用器具のアメリカ市場規模・予測 ・手術用器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・手術用器具のアジア市場規模・予測 ・手術用器具の主要国分析 ・手術用器具の世界市 …
  • プラスチック委託製造の世界市場:製品別(ポリプロピレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリエチレン、ポリスチレン)、用途別(医療、航空宇宙・防衛、自動車、消費財・家電)、地域別予測
    本資料は、プラスチック委託製造の世界市場について調べ、プラスチック委託製造の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリプロピレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリエチレン、ポリスチレン)分析、用途別(医療、航空宇宙・防衛、自動車、消費財・家電)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プラスチック委託製造の世界市場概要 ・プラスチック委託製造の世界市場環境 ・プラスチック委託製造の世界市場動向 ・プラスチック委託製造の世界市場規模 ・プラスチック委託製造の世界市場規模:製品別(ポリプロピレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリエチレン、ポリスチレン) ・プラスチック委託製造の世界市場規模:用途別(医療、航空宇宙・防衛、自動車、消費財・家電) ・プラスチック委託製造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチック委託製造の北米市場規模・予測 ・プラスチック委託製造のアメリカ市場規模・予測 ・プラスチック委託製造のヨ …
  • シリコンエラストマーの世界市場:高温加硫、室温加硫、液状シリコーンゴム
    当調査レポートでは、シリコンエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、シリコンエラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接用附属品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶接用附属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接用附属品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場:種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)、地域別予測
    本資料は、G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場について調べ、G-CSF製剤バイオシミラーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)分析、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPfizer 、Novartis、Roche、Merck & Co.、Sanofi、Johnson & Johnson、Gilead Science、GlaxoSmithKline、AbbVie、Amgen、AstraZeneca 、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場概要 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場環境 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場動向 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場規模 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場 …
  • スマートトイ(玩具)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スマートトイ(玩具)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートトイ(玩具)市場規模、技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートトイ(玩具)の世界市場概要 ・スマートトイ(玩具)の世界市場環境 ・スマートトイ(玩具)の世界市場動向 ・スマートトイ(玩具)の世界市場規模 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:業界構造分析 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートトイ(玩具)の北米市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のアジア太平洋市場規模・予測 ・スマートトイ …
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、原料別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリ塩化ビニリデン(PVDC)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリ塩化ビニリデン(PVDC)市場2016について調査・分析し、ポリ塩化ビニリデン(PVDC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CBRN(化学、生物、放射性物質、核)セキュリティの世界市場
    当調査レポートでは、CBRN(化学、生物、放射性物質、核)セキュリティの世界市場について調査・分析し、CBRN(化学、生物、放射性物質、核)セキュリティの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015について調査・分析し、水酸化マグネシウム難燃剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ラベルの世界市場予測(~2021年):警告ラベル、資産管理タグ、耐候性ラベル、ブランドラベル
    当調査レポートでは、産業用ラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、産業別分析、印刷技術別分析、産業用ラベルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 製造業向け予測分析の世界市場:コンポーネント別、展開別、用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、製造業向け予測分析の世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア&サービス)分析、展開別(クラウド、オンプレミス)分析、用途別(需要予測、機械検査、保守、製品開発、サプライチェーン管理、その他)分析、エンドユーザー別(半導体&エレクトロニクス、エネルギー&パワー、医薬品、自動車、重金属&機械製造、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・製造業向け予測分析の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア&サービス) ・製造業向け予測分析の世界市場:展開別(クラウド、オンプレミス) ・製造業向け予測分析の世界市場:用途別(需要予測、機械検査、保守、製品開発、サプライチェーン管理、その他) ・製造業向け予測分析の世界市場:エンドユーザー別(半導体&エレクトロニクス、エネルギー&パワー、医薬品、自動車、重金属&機械製造、その他) ・製造業向け予測分析の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 世界のトルエン市場2016
    本調査レポートでは、世界のトルエン市場2016について調査・分析し、トルエンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートガラスの世界市場予測(~2023年):浮遊粒子ディスプレイ、エレクトロクロミック、液晶、フォトクロミック、熱変色性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、スマートガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 髪修復サービスの世界市場:卵胞ユニット抽出、卵胞ユニット移植、レーザー治療、卵胞ユニットストリップ手術
    当調査レポートでは、髪修復サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、サービス種類別(毛包単位抽出、毛包単位移植、レーザー治療、毛包単位ストリップ手術、その他)分析、性別(男性、女性)分析、サービスプロバイダー別(病院、診療所、および外科センター)分析、地域別分析など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・髪修復サービスの世界市場:サービス種類別(毛包単位抽出、毛包単位移植、レーザー治療、毛包単位ストリップ手術、その他) ・髪修復サービスの世界市場:性別(男性、女性) ・髪修復サービスの世界市場:サービスプロバイダー別(病院、診療所、および外科センター) ・髪修復サービスの世界市場:地域別
  • 世界の完全置換型人工心臓市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、完全置換型人工心臓のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・完全置換型人工心臓の概要 ・完全置換型人工心臓の開発動向:開発段階別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:セグメント別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:領域別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:規制Path別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別完全置換型人工心臓の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・完全置換型人工心臓の最近動向
  • 解剖病理学の世界市場予測:機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学
    MarketsandMarkets社は、解剖病理学の世界市場規模が2019年330億ドルから2024年444億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、解剖病理学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品&サービス別(機器(組織処理システム、ミクロトーム)、消耗品(抗体)、組織病理学)分析、用途別(病気診断(がん(消化管))分析、エンドユーザー別(病院、ラボ)分析、解剖病理学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力&配電変圧器の世界市場2016-2026
  • 中国のトリクロロメタン市場2015
    本調査レポートでは、中国のトリクロロメタン市場2015について調査・分析し、トリクロロメタンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 二輪車用スリッパークラッチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二輪車用スリッパークラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用スリッパークラッチの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デンタルイメージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デンタルイメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デンタルイメージングの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエチレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のエチレン市場2016について調査・分析し、エチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフレベリングコンクリートの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルフレベリングコンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、セルフレベリングコンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 輪転グラビア印刷用インクの世界市場:ニトロセルローズ、ポリアミド、ポリウレタン、アクリル
    当調査レポートでは、輪転グラビア印刷用インクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金庫・貴重品保管庫の世界市場:現金管理用金庫、ガンロッカー(銃の保管庫)、金庫、金庫・貴重品保管庫用扉、その他
    当調査レポートでは、金庫・貴重品保管庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金庫・貴重品保管庫市場規模、製品別(現金管理用金庫、ガンロッカー(銃の保管庫)、金庫、金庫・貴重品保管庫用扉、その他)分析、エンドユーザー別(非銀行系部門、銀行部門)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American Security Products, Diebold Nixdorf, dormakaba Group, Godrej Consumer Products Limited, Gunneboなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場概要 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場環境 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場動向 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場規模 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場:業界構造分析 ・金庫・貴重品保管庫の世界市場:製品別(現金管理用金庫、ガンロッカー(銃の保管庫)、金庫、金庫・貴重品保管庫用扉、その他) ・金庫・貴重品 …
  • 世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、フィードバインダーの世界市場規模が2019年48億ドルから2025年59億ドルまで年平均3.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のフィードバインダー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他)分析、由来別(ナチュラル、合成)分析、家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のフィードバインダー市場:種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他) ・世界のフィードバインダー市場:由来別(ナチュラル、合成) ・世界のフィードバインダー市場:家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他) ・世界のフィードバインダー市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 顕微鏡の世界市場分析:製品タイプ別(光学顕微鏡、電子顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡など)、用途別(材料科学、ナノテクノロジー、生命科学と半導体)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、顕微鏡の世界市場動向、顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 選択的レーザー焼結装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、選択的レーザー焼結装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、材料別(金属、ナイロン)分析、用途別(工具、重機・機械、ロボティクス)分析、産業別(消費財、自動車、医療装置)分析、レーザータイプ別分析、選択的レーザー焼結装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 UAV (無人機)用地上制御局 (GCS)とは、オペレーターがドローンの機能を操作するためのセンターもしくはシステムを指します。地上制御局(GCS)は各種ハードウェアやソフトウェア 、インターフェース、コンピューター、テレメトリー、電子光学センサー、音響センサー、制御装置など を組み合わせた構造となっており、高周波 (RF) 無線などのワイヤレス通信技術を用いてUAVに情報や指令を伝えることができますTechnavio社はUAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAE Systems• Boeing• General Ato …
  • キャリーハンドルタップの世界市場:タイプ別(アクリル、ゴム、シリコーン、エチレン酢酸ビニル、その他)、技術別(水性、溶剤型、ホットメルト、放射性、UV、電子ビーム硬化性)、エンドユーザー別(パッケージング、電子装置、建設、医療、医療機器、皮膚接触、衛生、その他)、地域別予測
    本資料は、キャリーハンドルタップの世界市場について調べ、キャリーハンドルタップの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(アクリル、ゴム、シリコーン、エチレン酢酸ビニル、その他)分析、技術別(水性、溶剤型、ホットメルト、放射性、UV、電子ビーム硬化性)分析、エンドユーザー別(パッケージング、電子装置、建設、医療、医療機器、皮膚接触、衛生、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3M Company、Tesa 、Lintec Corporation、Nitto Denko Corporation、Scapa Group、Avery Dennison、Henkel、Intertape Polymerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・キャリーハンドルタップの世界市場概要 ・キャリーハンドルタップの世界市場環境 ・キャリーハンドルタップの世界市場動向 ・キャリーハンドルタップの世界市場規模 ・キャリーハンドルタップの世界市場規模:タイプ別(アクリ …
  • クリーンルーム技術の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリーンルーム技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(HVAC、HEPAフィルター、エアシャワー、アパレル、手袋、真空システム、消毒剤)分析、建設別(ドライウォール、ハードウォール、ソフトウォール)分析、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、病院)分析、クリーンルーム技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリーンルーム技術の世界市場規模が2019年57億ドルから2024年79億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • ウェットタイプのペットフードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウェットタイプのペットフードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェットタイプのペットフードの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はウェットタイプのペットフードの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Beaphar• Blue Buffalo• Colgate-Palmolive • Mars • Nestlé• WellPet等です。
  • 転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)治療薬剤
  • ハイドロキシアパタイトの世界市場予測(~2023年):ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ハイドロキシアパタイトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)分析、用途別(整形外科、歯科、形成外科)分析、ハイドロキシアパタイトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • 次世代シーケンシングの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・次世代シーケンシングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・次世代シーケンシングの世界市場:セグメント別市場分析 ・次世代シーケンシングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 深部脳刺激療法(DBS)装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、深部脳刺激療法(DBS)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、深部脳刺激療法(DBS)装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用アクセス・セキュリティの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用アクセス・セキュリティの世界市場について調査・分析し、小型自動車用アクセス・セキュリティの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 世界の子供用経口抗生剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の子供用経口抗生剤市場2015について調査・分析し、子供用経口抗生剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用温度調整弁の世界市場
    当調査レポートでは、産業用温度調整弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用温度調整弁の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科用フェムト秒レーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場について調べ、紙・板紙容器及びパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、紙・板紙容器及びパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(食品および飲料産業、工業製品産業、医療産業、その他の産業)、製品別(紙袋及び袋、段ボール箱、折りたたみボックス及びケース、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・紙・板紙容器及びパッケージングの市場状況 ・紙・板紙容器及びパッケージングの市場規模 ・紙・板紙容器及びパッケージングの市場予測 ・紙・板紙容器及びパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(食品および飲料産業、工業製品産業、医療産業、そ …
  • 世界の排煙モーター市場2015
    本調査レポートでは、世界の排煙モーター市場2015について調査・分析し、排煙モーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車エンジンおよびエンジンマウントの世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、自動車エンジンおよびエンジンマウントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、燃料種類別分析、エンジン種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"