"ネットワークモニタリングの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-6657)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ネットワークモニタリングの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

According to the new market research report on the network monitoring market, the market is expected to reach from USD 1.82 billion in 2018 to USD 2.93 billion by 2023, at a CAGR of 9.9% from 2018 to 2023. The increasing number of enterprises with strict reliability requirements drives the need for network performance monitoring equipment. Also, the need for highly reliable, scalable network monitoring equipment for robust network monitoring capabilities to ensure smooth operations of mission-critical network infrastructure contributes to the growth of this market.
This report segments the network monitoring market by offering, bandwidth, technology, end user, and geography. Based on offering, the market has been further divided into equipment, solutions & services. The network monitoring market for solutions and services is expected to hold the largest share in 2018. Increased network complexities, converging technologies, and growing implementation of virtualization are expected to transform network management technologies, tools, and practices, and virtual networking installed as part of server virtualization will progressively influence network monitoring.

The network monitoring market, by bandwidth, has been segmented into 1 & 10 Gbps, 40 Gbps, and 100 Gbps. The demand for network monitoring is growing worldwide as a result of the ramp-up in the data generated and rapid technological evolution. New technologies include the advent of multi-core servers, server consolidation and virtualization, high-density computing, and IP storage network technologies. The deployment of these technologies and the need to handle data-intensive applications lead to the increasing requirement for network monitoring with high bandwidth.

The network monitoring market, by technology, has been segmented into Ethernet, fiber optic, and InfiniBand. Ethernet held the largest share of the market in 2018. The expansion of data center and increase in the adoption of virtualization technology boost the demand for network monitoring equipment with higher bandwidth. Ethernet-based networks deliver more agile and low-latency solutions with increased scalability. However, InfiniBand is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. InfiniBand has grown its market share over the past few years and is now widely used for input and output fabric interconnect in many organizations deploying virtualized or HPC platforms. InfiniBand is primarily used to coordinate server and processing resources to increase the efficiency of storage area networks and servers.

North America holds the largest market, and a similar trend is likely to continue owing to the increasing IT capacity requirements and rising adoption of new data center technologies. The market in the US is expected to experience greater traction as a significant number of organizations are likely to opt for cloud services to save their upfront cost of building new data centers for business continuity. The increasing government initiatives and investments from technologically developing countries, such as India, Japan, China, Singapore, and Australia, in APAC are driving the establishment of data centers in the region. Also, the increasing number of small and medium-sized enterprises and growing adoption of digital technologies further drive the demand for network monitoring. Moreover, the increasing penetration of the Internet and growing population of internet users in the region create a huge volume of data, which, in turn, drive the demand for cloud-based services.

Network monitoring helps companies in getting clear insights about their network traffic, bandwidth, and operational efficiency, and address all the major challenges such as reducing overall operational cost, identifying optimal routes for interconnecting, and providing accurate insights on the flow of information. However, several free network traffic tools are available in the market space with which network admin can monitor and analyze network traffic and operate the network infrastructure efficiently.

Gigamon (US), NetScout Systems, (NetScout) (US), Ixia (US), VIAVI Solutions (Viavi) (US), APCON (US), and Garland Technology (US) are among the leading companies in the network monitoring market. Also, a few major companies, namely, Broadcom (US), Juniper Networks (US), Big Switch Networks (US), Zenoss (US), Network Critical (UK), Corvil (Ireland), CALIENT Technologies (US), Netgear (US), and Motadata (US) have also been profiled in the report.

Industries operating under regulatory norms for their business needs likely to implement network monitoring to control entire IT infrastructure, thereby driving growth of network monitoring market
Enterprises

Enterprises mostly rely on network monitoring solutions to optimize their network infrastructure on a daily basis. In the digital era, a smooth and agile network infrastructure is of utmost importance for every enterprise to be the frontrunner in the business landscape. Network monitoring solutions help enterprises improve their network performance by examining every aspect of the network process. These solutions are being widely adopted across major verticals due to the increased need for maintaining and optimizing the network infrastructure.

Telecommunications Industry

Telecommunications systems have rapidly evolved in the last few years with increasing demand for data connectivity. Managing these systems has become tedious not only in infrastructure and functionality managements but also in scope management. With the help of network monitoring, one can keep a track on telecom infrastructure as well as detect hardware failures or discrepancies that can cause potential revenue loss.

Government Organizations

Nowadays, a vast amount of data is being delivered in electronic format, and government agencies and departments are striving for fast and reliable technology to process their data. The government sector is looking for a secure, reliable, and high-performance network connectivity at a low cost. The network monitoring solutions will help the government sector in rapid disaster recovery from network failure, remote configuration, cybersecurity, and protection of critical network infrastructure from cyberattacks and other adversities.
Cloud Service Providers

Companies offering network services, infrastructure, and business applications in the cloud are considered cloud service providers. The trends in cloud computing are reaching new heights, with the growing data consumption and increasing mobility. Consumers and enterprises are opting for cloud services for backup and storage, and various other business processes due to increased security and mobility, as well as for cost reduction. Such cloud infrastructure denotes a critical part of business processes for their customers, who benefit from the scalability, elasticity, and security of cloud services. Hence, to keep the complex cloud infrastructure active, this end-user segment has found itself in an increasing need for network monitoring solutions and services.

Critical questions would be:

What could be the potential industrial applications of network monitoring?
Why it is important to deploy network monitoring software and other equipment is a network infrastructure?
Which technology is driving the growth of network monitoring applications?


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ネットワークモニタリングの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table Of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 By Geography
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown Of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 26) 4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Network Monitoring Market Opportunities
4.2 Network Monitoring Market, By Bandwidth, 2015–2023 (Usd Million)
4.3 Network Monitoring Market, By End User And Geography, 2018
4.4 Geographic Snapshot Of Network Monitoring Market

5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need For Robust Network Monitoring Capabilities To Ensure Smooth Operations Of Mission-Critical Network Infrastructure
5.2.1.2 Need To Quickly Resolve Downtime Issues
5.2.1.3 Demand For Continuous Monitoring Due To Rise In Network Complexities And Security Concerns
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Availability Of Free Network Traffic Tools
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Optimizing Business Operations Through Network Management Tools
5.2.3.2 Underlying Opportunities In Small And Medium-Sized Enterprises
5.2.3.3 Growing Software-Defined Networking Market
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Handling Massive Network Performance Data

6 Network Monitoring Market, By Offering (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Network Tap
6.3 Data Monitoring Switch

7 Network Monitoring Market, By Bandwidth (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 1 & 10 Gbps
7.3 40 Gbps
7.4 100 Gbps

8 Network Monitoring Market, By Technology (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Ethernet
8.3 Fiber Optic
8.4 Infiband

9 Network Monitoring Market, By End User Industry (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Enterprises
9.3 Telecommunications Industry
9.4 Government Organizations
9.5 Cloud Service Providers

10 Geographic Analysis (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 Us
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Uk
10.3.2 Germany
10.3.3 Italy
10.3.4 France
10.3.5 Rest Of Europe
10.4 Apac
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 Rest Of Apac
10.5 Row
10.5.1 Middle East And Africa
10.5.2 South America

11 Competitive Landscape (Page No. – 87)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis For Network Monitoring Market
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Product Launches
11.3.2 Partnerships, Contracts, Agreements, And Collaborations
11.3.3 Expansion

12 Company Profiles (Business Overview, Products & Services/ Solutions/ Software Offered, Recent Developments, Swot Analysis, And Mnm View)* (Page No. – 92)
12.1 Key Players
12.1.1 Gigamon
12.1.2 Netscout
12.1.3 Ixia
12.1.4 Viavi
12.1.5 Apcon
12.1.6 Garland Technology
12.1.7 Juniper Networks, Inc.
12.1.8 Cisco
12.1.9 Broadcom
12.1.10 Big Switch Networks
12.1.11 Zenoss
12.2 Other Players
12.2.1 Network Critical
12.2.2 Corvil
12.2.3 Calient
12.2.4 Netgear
12.2.5 Motadata

13 Appendix
13.1 Insights From Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ネットワークモニタリングの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月9日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-6657
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ネットワークモニタリングの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のポリイミドフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリイミドフィルム市場2016について調査・分析し、ポリイミドフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場
    当調査レポートでは、ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場について調査・分析し、化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:市場動向分析 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:競争要因分析 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:種類別分析/市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:化学製品種類別分析/市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品の北米市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品の欧州市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品のアジア市場規模 ・化粧品/洗面用品用化学製品の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 相変化物質(PCM)の世界市場
    当調査レポートでは、相変化物質(PCM)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・相変化物質(PCM)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)のアメリカ市場規模予測 ・相変化物質(PCM)のヨーロッパ市場規模予測 ・相変化物質(PCM)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 過活動膀胱治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、過活動膀胱治療法の世界市場について調べ、過活動膀胱治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、過活動膀胱治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は過活動膀胱治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・過活動膀胱治療法の市場状況 ・過活動膀胱治療法の市場規模 ・過活動膀胱治療法の市場予測 ・過活動膀胱治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬) ・過活動膀胱治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 防汚コーティング剤の世界市場予測(~2026年):PTFE、PFA、ETFE、PVDF、シロキサンコポリマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、防汚コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、化学成分別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、防汚コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 天然繊維複合材の世界市場:木質繊維複合材、非木質繊維複合材
    当調査レポートでは、天然繊維複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、製造工程別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 筆記・マーキング用具の世界市場2017-2021:ペン、鉛筆、彩色用具、マーカー・ハイライトマーカー、筆記用具アクセサリ
    当調査レポートでは、筆記・マーキング用具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、筆記・マーキング用具の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スカッシュ装具の世界市場2016-2020:スカッシュ用ラケット、スカッシュ用ボール、スカッシュ用シューズ
    当調査レポートでは、スカッシュ装具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スカッシュ装具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 滑り止め添加剤の世界市場予測(~2023年):酸化アルミニウム、シリカ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、滑り止め添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類(酸化アルミニウム、シリカ、その他)分析、用途(建設床材、船舶甲板)分析、滑り止め添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テロメラーゼ活性体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるテロメラーゼ活性体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・テロメラーゼ活性体の概要 ・テロメラーゼ活性体のパイプライン概要 ・企業別開発中のテロメラーゼ活性体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・テロメラーゼ活性体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・テロメラーゼ活性体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 敗血症(Sepsis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における敗血症(Sepsis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、敗血症(Sepsis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・敗血症(Sepsis)の概要 ・敗血症(Sepsis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の敗血症(Sepsis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・敗血症(Sepsis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・敗血症(Sepsis)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 使い捨て医療センサの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、使い捨て医療センサの世界市場について調査・分析し、使い捨て医療センサの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・使い捨て医療センサーの世界市場規模:センサー種類別分析 ・使い捨て医療センサーの世界市場規模:センサー配置別分析 ・使い捨て医療センサーの世界市場規模:用途別分析 ・使い捨て医療センサーの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・使い捨て医療センサーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車用ジャンクションボックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ジャンクションボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ジャンクションボックス市場規模、車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場概要 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場環境 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場動向 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場規模 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車) ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ジャンクションボックスの北米市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのアジア太平洋市場規模・予測 ・自 …
  • 自由空間光通信(FSO)及び可視光通信(VLC)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、自由空間光通信(FSO)及び可視光通信(VLC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成要素別分析、送信種類別分析、用途別分析、地域別分析、自由空間光通信(FSO)及び可視光通信(VLC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低電圧リレー市場2016
    本調査レポートでは、世界の低電圧リレー市場2016について調査・分析し、低電圧リレーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの地熱発電市場2016
  • 糖尿病治療薬の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、糖尿病治療薬の世界市場について調査・分析し、糖尿病治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 糖尿病治療薬の世界市場:概要 3. 糖尿病治療薬の世界市場 2016-2026 4. ヒトインスリンおよび類似体 2016-2026 5. ジペプチジルペプチダーゼ4阻害薬(DPP-4)市場 2016-2026 6. スルホニル尿素薬市場 2016-2026 7. グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬市場 2016-2026 8. αグルコシダーゼ阻害薬市場 2016-2026 9. メグリチニド市場 2016-2026 10. チアゾリジンジオン市場 2015 11. ナトリウム・グルコース共役輸送体(SGLT2)阻害薬市場 2016-2026 12. ビグアナイド薬市場 2016-2026 13. 糖尿病治療薬の国別市場 2016-2026 14. 糖尿病治療薬市場の研究開発パイプライン 2016 15. 糖尿病治療薬:世界の産業、市場および研究開発分析 2016-2026 1 …
  • 世界のFEPコーティングポリイミドフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のFEPコーティングポリイミドフィルム市場2016について調査・分析し、FEPコーティングポリイミドフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の免疫化学検査市場動向(~2021)
  • 世界の光複合架空地線(OPGW)市場2016
    本調査レポートでは、世界の光複合架空地線(OPGW)市場2016について調査・分析し、光複合架空地線(OPGW)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの概要 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 中国のメトホルミン市場2015
    本調査レポートでは、中国のメトホルミン市場2015について調査・分析し、メトホルミンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの小関節処置動向(~2021)
  • 世界のナノ塗料市場規模・予測2017-2025:種類別(指紋付着防止、抗菌性、防汚型、氷結防止型、導電性・その他)、用途別(ヘルスケア、食料・パッケージング、船舶産業、水処理用機器、電子機器、建築、自動車、電力・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のナノ塗料市場について調査・分析し、世界のナノ塗料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のナノ塗料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • IoTマネジードサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、IoTマネジードサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、IoTマネジードサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 再潅流傷害(Reperfusion Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再潅流傷害(Reperfusion Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再潅流傷害(Reperfusion Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再潅流傷害(Reperfusion Injury)の概要 ・再潅流傷害(Reperfusion Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再潅流傷害(Reperfusion Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再潅流傷害(Reperfusion Injury)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 中国のステアリン酸亜鉛市場2015
    本調査レポートでは、中国のステアリン酸亜鉛市場2015について調査・分析し、ステアリン酸亜鉛の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 診断用カテーテルの世界市場2017-2021:血管造影用カテーテル、電気生理学(EP)診断カテーテル、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、診断用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、診断用カテーテルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は診断用カテーテルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Boston Scientific、Cook Medical、Medtronic等です。
  • 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場について調査・分析し、慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:市場動向分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:競争要因分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:エンドユーザー別 専門医診療所 病院 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:エンドユーザー別:薬剤クラス別 カルシウムチャネルブロッカー 抗高血圧薬 貧血治療薬 抗高脂血症薬 エリスロポイエシス刺激剤(ESAs) むくみ治療薬 ベータブロッカー 利尿剤 アンジオテンシンII受容体ブロッカー ACE阻害剤 その他の製薬クラス - 慢性腎臓病薬 (CKD) の世界市場:主要地域別分析 - 慢性腎臓病薬 (CKD) の北米市場規模(アメリカ市場等) - 慢性腎臓病薬 (CKD) のヨーロッパ市場規模 - 慢性腎臓病薬 (CKD) のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・慢性腎臓病薬 (CKD) の世界 …
  • データセンターの世界市場:ITインフラ、電源ソリューション、冷却ソリューション、建設、ラック、セキュリティ
    当調査レポートでは、データセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターの世界市場規模及び予測、セグメント別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 抗真菌薬の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、抗真菌薬の世界市場について調査・分析し、抗真菌薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヒト混合ワクチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヒト混合ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒト混合ワクチンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無線ガス検知の世界市場予測(~2023年):ガス検知器、センサー、ゲートウェイ、モニター、コントローラー
    当調査レポートでは、無線ガス検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、種類別分析、地域別分析、無線ガス検知の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脆弱性管理(VM)市場2019
    本調査レポートでは、世界の脆弱性管理(VM)市場2019について調査・分析し、脆弱性管理(VM)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、脆弱性管理(VM)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、脆弱性管理(VM)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・脆弱性管理(VM)の市場概要 ・脆弱性管理(VM)の上流・下流市場分析 ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • ディスポーザブル医療機器センサの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界の沈殿法シリカ市場2015
    本調査レポートでは、世界の沈殿法シリカ市場2015について調査・分析し、沈殿法シリカの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用パネルPCの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用パネルPCの世界市場について調査・分析し、医療用パネルPCの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用パネルPCシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用パネルPC種類別分析(15インチ以下、15-17インチ、17-21インチ、21-24 インチ、その他)、医療用パネルPC用途別分析(病院、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用パネルPCの市場概観 ・医療用パネルPCのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用パネルPCのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用パネルPCの世界市場規模 ・医療用パネルPCの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用パネルPCのアメリカ市場規模推移 ・医療用パネルPCのカナダ市場規模推移 ・医療用パネルPCのメキシコ市場規模推移 ・医療用パネルPCのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医療用パネルPCのドイツ市場規模推移 ・医療用パネルPCのイギ …
  • ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤の概要 ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ファルネシル二リン酸合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動血液チューブラベラーおよび検体輸送ボックスの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、自動血液チューブラベラーおよび検体輸送ボックスの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(自動血液チューブラベラー、標本輸送ボックス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動血液チューブラベラーおよび検体輸送ボックスの世界市場:製品別(自動血液チューブラベラー、標本輸送ボックス) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 板ガラスコーティング剤の世界市場:樹脂別(PU、エポキシ)、技術別(水溶性、油溶性)、用途別(太陽光発電、自動車、輸送)、セグメント予測
    板ガラスコーティング剤の世界市場は2025年には44億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率20.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、鏡・ガラスファサードに対する商業部門および住宅部門からの需要と自動車部門および輸送部門からの採用増加が考えられます。本調査レポートでは、板ガラスコーティング剤の世界市場について調査・分析し、板ガラスコーティング剤の世界市場動向、板ガラスコーティング剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別板ガラスコーティング剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ローンチコントロール装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ローンチコントロール装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ローンチコントロール装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場について調査・分析し、航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:市場動向分析 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:競争要因分析 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:ディスプレイ別 ・バックアップディスプレイ ・ミッションディスプレイ ・プライマリ・フライト・ディスプレイ ・マルチファンクションディスプレイ ・エンジン・インディケーション・アンド・クルー・アラーティング・システム(EICAS)ディスプレイ - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:航空機の種類別 ・戦闘機 ・貨物機 ・ビジネスジェット ・練習機 ・航空機による輸送 ・ヘリコプター ・特殊任務 - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界市場:ディスプレイサイズ別 ・5インチ未満 ・5ー10インチ ・10インチより大きい - 航空宇宙産業向けガラス・コクピットの世界 …
  • ハイパースペクトルリモートセンシングの世界市場2017-2021:農業・林業、地質・鉱物探査、エコロジー、災害管理
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハイパースペクトルリモートセンシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイパースペクトルリモートセンシングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はハイパースペクトルリモートセンシングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Corning、Headwall Photonics、ITRES、Norsk Elektro Optikk、SPECIM等です。
  • アラミド繊維の世界市場
    当調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、アラミド繊維の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 耐高温複合樹脂の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、耐高温複合樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂タイプ別(フェノール、エポキシ、熱可塑性、ポリイミド、シアン酸エステル)分析、製造プロセス別分析、最終用途産業別(航空宇宙・防衛、輸送、電気・電子)分析、耐高温複合樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブル・エレクトロニクスの世界市場:フレキシブルバッテリー、フレキシブルディスプレイ、フレキシブルバッテリー
    当調査レポートでは、フレキシブル・エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレキシブル・エレクトロニクスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 手術器具追跡システムの世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(バーコード、RFID)、エンドユーザー別、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、手術器具追跡システムの世界市場について調査・分析し、手術器具追跡システムの世界市場動向、手術器具追跡システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別手術器具追跡システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリアリルスルホンの世界市場:製品別(PPSU, PSU, PEI & PESU)、セグメント別
    ポリアリルスルホンの世界市場は2022年には23億6,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、主に歯科および医療部門からのPPSUに対する強い需要が考えられます。本調査レポートでは、ポリアリルスルホンの世界市場について調査・分析し、ポリアリルスルホンの世界市場動向、ポリアリルスルホンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリアリルスルホン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマート・パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・パッケージ市場2015について調査・分析し、スマート・パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"