"除草剤解毒剤の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AGI-6660)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"除草剤解毒剤の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Using herbicides to eradicate weeds at an early stage helps in increasing the productivity and yield per unit, which has led to increased use among producers across the globe. However, in addition to killing weeds, herbicides also exert toxicity on crops. Herbicides can injure the main crop by damaging its shoots, foliage, flowers, and fruits. It can also lead to reduced yield, poor fruit quality, and can even cause death in plants. Herbicide injury to main crops may also result in the presence of chemical residues that can harm humans after consumption. Thus, safeners are added to herbicides to protect the main crops from herbicide injury. Adding safeners to herbicides improves the target selectivity between crop and weed species. Sometimes, herbicide safeners are only used with specific herbicide active ingredients. For instance, benoxacor is added as a safener to protect crops against damage caused by the herbicide active ingredient, S-metolachlor.
The rising population is one of the major factors contributing to the increased demand for food. This, in turn, has led to an increase in the area harvested for various crops. Increase in the harvested area would further lead to increased use of herbicides and herbicide safeners. Herbicide safeners are used majorly for crops such as corn, soybean, sorghum, wheat, rice, and barley. There has been an increase in the harvested area for crops such as rice, soybean, barley, and wheat, especially in the developing regions. For instance, according to the FAO, the production of corn is expected to increase by nearly 88.3% to reach 1.2 billion MT by 2027. A majority of this production is expected to arise from countries such as China and Brazil. Thus, the demand for herbicide safeners is projected to grow in these countries in the next decade.

Herbicide safeners are majorly used in selective herbicides. However, increased demand for GM crops and reported cases of crop damage in North America and South America is expected to boost the demand growth of safener products in non-selective herbicide formulations in these regions during the forecast period.

One of the major factors affecting the growth of the herbicide safeners market is the rising safety and environmental concerns related to the use of herbicides, which had led to regulatory action in many countries. This is expected to affect the growth of the herbicide safeners market during the forecast period. Thus, there is a growing need to develop sustainable herbicide and safener combinations to address the issue of toxicity of herbicides, which could serve as a new product development opportunity in the herbicide safeners market.

South America accounted for the largest share of the herbicide safeners market in 2017. The region’s high production of crops such as corn and soybean to meet the export demand is likely to contribute to the demand for herbicides and eventually strengthening the demand for selective herbicides. The Asia Pacific herbicide safeners market is projected to grow at the highest CAGR of 8.31% from 2018 to 2023. The growth in this region can be attributed to the high production of cereals and grains to meet the domestic consumption, especially wheat and rice, where selective herbicides such as acetochlor and S-metalochlor are highly used.

Factors that are driving the growth of herbicide safeners market are the increase in instances of herbicide-induced crop injuries and a rise in demand in the cultivation of cereals and grains in developing regions.

The major factors restraining the growth of herbicide safeners market are the regulatory ban on herbicides and lack of awareness on the importance of herbicide safeners. However, the market has future prospects, which includes new herbicide active ingredient registrations and the development of sustainable safener combinations for herbicides.

The global market for herbicide safeners is dominated by large players such as DowDuPont (US), BASF (Germany), Bayer (Germany), and Syngenta (Switzerland). Some emerging players in the herbicide safeners market include Nufarm (Australia), Adama (Israel), Arysta LifeScience (US), Drexel Chemical Company (US), Land O’Lakes (US), Sipcam-Oxon (Italy), Helm AG (Germany), and Tenkoz (US).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"除草剤解毒剤の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 25)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Herbicide Safeners Market
4.2 Herbicide Safeners Market, By Type
4.3 South America: Herbicide Safeners Market, By Key Type & Country
4.4 Herbicide Safeners Market, By Herbicide Application Stage & Region
4.5 Herbicide Safeners Market, By Crop & Region
4.6 Herbicide Safeners Market Share, By Key Country

5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Macroeconomic Indicators
5.2.1 Increasing Demand for Herbicides
5.2.2 Rise in the Production of Cereals & Grains in Developing Countries
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Instances of Herbicide-Induced Crop Damage
5.3.1.2 Rising Trend of Post-Emergence Application of Herbicide Safeners
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Regulatory Ban on Herbicides
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 New Registrations of Herbicide Active Ingredients Can Support the Development of Formulations With Safeners
5.3.3.2 Development of Safener Combinations for Biologically Derived Herbicides
5.3.3.3 Herbicide Safeners as Potentially Better Solutions to Combat Herbicide-Resistant Weeds
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Lack of Awareness and Technical Expertise, and Low Adoption Rate
5.3.4.2 Rising Concerns About the Negative Effect of Pesticides on Human Health and Environment
5.4 Regulatory Framework
5.4.1 Introduction
5.4.2 Us
5.4.3 Canada
5.4.4 European Union
5.4.5 Uk
5.4.6 Australia
5.5 Patents

6 Herbicide Safeners Market, By Type (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Benoxacor
6.3 Furilazole
6.4 Dichlormid
6.5 Isoxadifen
6.6 Other Safeners

7 Herbicide Safeners Market, By Herbicide Application Stage (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Post-Emergence
7.3 Pre-Emergence

8 Herbicide Safeners Market, By Herbicide Selectivity (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Selective Herbicides
8.3 Non-Selective Herbicides

9 Herbicide Safeners Market, By Crop (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Soybean
9.3 Wheat
9.4 Corn
9.5 Sorghum
9.6 Rice
9.7 Barley
9.8 Other Crops

10 Herbicide Safeners Market, By Region (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 South America
10.3.1 Brazil
10.3.2 Argentina
10.3.3 Rest of South America
10.4 Europe
10.4.1 Germany
10.4.2 France
10.4.3 UK
10.4.4 Spain
10.4.5 Rest of Europe
10.5 Asia Pacific
10.5.1 Australia
10.5.2 China
10.5.3 Japan
10.5.4 Rest of Asia Pacific
10.6 RoW
10.6.1 Africa
10.6.2 Middle East

11 Competitive Landscape (Page No. – 110)
11.1 Overview
11.2 Company Rankings
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Mergers & Acquisitions
11.3.2 Expansions & Agreements
11.3.3 New Product Launches

12 Company Profiles (Page No. – 115)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Dowdupont
12.2 Syngenta
12.3 Bayer
12.4 Nufarm Limited
12.5 Adama Agricultural Solutions
12.6 BASF
12.7 Arysta Lifescience
12.8 Drexel Chemical Company
12.9 Land O’lakes, Inc. (Winfield United)
12.10 Sipcam-Oxon Group
12.11 Helm AG
12.12 Tenkoz

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 142)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】除草剤解毒剤の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AGI-6660
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
除草剤解毒剤の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車産業向け燃料電池の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車産業向け燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業向け燃料電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車産業向け燃料電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBallard Power Systems、Hydrogenics、Nuvera Fuel Cells、Oorja Fuel Cells、PLUG POWER等です。
  • 酪酸の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、酪酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酪酸の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カスタム抗体の世界市場予測(~2023年)
    カスタム抗体の世界市場は、2018年の推定3億1,300万ドルから2023年には4億8,100万ドルに達し、8.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、主に研究活動の増加(特にライフサイエンス業界)、産学連携の拡大、および抗体医薬品の開発パイプラインの拡大が考えられます。特に、アジア太平洋地域および中南米地域の発展途上国での急成長、ならびに個別化医療やタンパク質療法に対する需要の増加は、成長機会を提供すると期待されています。一方で、急激な設備投資と長期にわたる抗体開発の必要性、そしてプロテオミクス研究を目的とした代替抗体への注目が高まっていることが、大きな市場課題となっています。当調査レポートでは、カスタム抗体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サービス(抗体産生、特性評価、免疫化、断片化)分析、タイプ(モノクローナル、ポリクローナル、組み換え)分析、ソース(マウス、ウサギ)分析、研究分野(腫瘍学、免疫学)分析、カスタム抗体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業 …
  • 冷凍魚介類の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冷凍魚介類の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍魚介類の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 殺ダニ剤の世界市場:作物タイプ別(果物・野菜、シリアル・穀類、油糧種子・豆類)、適用法別(葉面散布、土壌処理)、由来別(生物学的、化学的)、形態別(乾燥剤、液体)、地域別予測
    本資料は、殺ダニ剤の世界市場について調べ、殺ダニ剤の世界規模、市場動向、市場環境、作物タイプ別(果物・野菜、シリアル・穀類、油糧種子・豆類)分析、適用法別(葉面散布、土壌処理)分析、由来別(生物学的、化学的)分析、形態別(乾燥剤、液体)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・殺ダニ剤の世界市場概要 ・殺ダニ剤の世界市場環境 ・殺ダニ剤の世界市場動向 ・殺ダニ剤の世界市場規模 ・殺ダニ剤の世界市場規模:作物タイプ別(果物・野菜、シリアル・穀類、油糧種子・豆類) ・殺ダニ剤の世界市場規模:適用法別(葉面散布、土壌処理) ・殺ダニ剤の世界市場規模:由来別(生物学的、化学的) ・殺ダニ剤の世界市場規模:形態別(乾燥剤、液体) ・殺ダニ剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・殺ダニ剤の北米市場規模・予測 ・殺ダニ剤のアメリカ市場規模・予測 ・殺ダニ剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・殺ダニ剤のアジア市場規模・予測 ・殺ダニ剤の日本市場規模・予測 ・殺ダニ剤の中 …
  • 油圧シリンダーの世界市場予測:機能別、仕様別、用途別、内径別
    MarketsandMarkets社は、油圧シリンダーの世界市場規模が2019年142億ドルから2024年194億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、油圧シリンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、機能別(複動、単動)分析、仕様別(溶接、タイロッド、伸縮、ミルタイプ)分析、用途別(モバイルおよび産業)分析、内径別( 150MM)分析、油圧シリンダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 真空ポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、真空ポンプの世界市場について調査・分析し、真空ポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別真空ポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、真空ポンプ種類別分析()、真空ポンプ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・真空ポンプの市場概観 ・真空ポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・真空ポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・真空ポンプの世界市場規模 ・真空ポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・真空ポンプのアメリカ市場規模推移 ・真空ポンプのカナダ市場規模推移 ・真空ポンプのメキシコ市場規模推移 ・真空ポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・真空ポンプのドイツ市場規模推移 ・真空ポンプのイギリス市場規模推移 ・真空ポンプのロシア市場規模推移 ・真空ポンプのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・真空ポンプの日本市場規模推移 ・真空ポンプの中国市場規模推移 ・真空ポン …
  • 非銀行業分野における金庫・貴重品保管庫の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非銀行業分野における金庫・貴重品保管庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非銀行業分野における金庫・貴重品保管庫の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 金庫や貴重品保管庫は、金品を窃盗や火災から守るため、また高価な所持品に対する不正アクセスを防ぐためにも使用されます。金庫や貴重品保管庫にはパスワードやパスコード、あるいは数字PINが設定されています。分厚い金属の箱なのでこじ開けることは難しく、また火災が発生しても安心です。Technavio社は非銀行業分野における金庫・貴重品保管庫の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• American Security Products• Diebold• Godrej & Boyce• Gunnebo Group等です。
  • NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場分析:血清、肝線維症、アポトーシス、酸化ストレス
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場動向、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場規模、市場予測、セグメント別NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 心電計(ECG)の世界市場:安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置
    Technavio社の本調査レポートでは、心電計(ECG)の世界市場について調べ、心電計(ECG)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心電計(ECG)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は心電計(ECG)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・心電計(ECG)の市場状況 ・心電計(ECG)の市場規模 ・心電計(ECG)の市場予測 ・心電計(ECG)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置) ・心電計(ECG)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • クリプトスポリジウム検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 動物飼料用プロバイオティクスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、家畜別分析、原料別分析、形状別分析、地域別分析、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スイスの装具市場見通し
  • 半導体レーザーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体レーザーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体レーザー市場規模、用途別(産業、軍事・防衛、医療、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Coherent, IPG Photonics Corporation, OSRAM Opto Semiconductor, ROHM Semiconductor, TRUMPFなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体レーザーの世界市場概要 ・半導体レーザーの世界市場環境 ・半導体レーザーの世界市場動向 ・半導体レーザーの世界市場規模 ・半導体レーザーの世界市場:業界構造分析 ・半導体レーザーの世界市場:用途別(産業、軍事・防衛、医療、通信、その他) ・半導体レーザーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体レーザーの北米市場規模・予測 ・半導体レーザーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・半導体レーザーのアジア太平洋市場規模・予測 ・半導体レーザー …
  • 家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)、地域別予測
    本資料は、家庭用Wi-Fiルーターの世界市場について調べ、家庭用Wi-Fiルーターの世界規模、市場動向、市場環境、デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)分析、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場概要 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場環境 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場動向 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:ルーター別(アップリンクポート、標準ポート) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用Wi-Fiルーターの北米市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアメリカ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアジア市場規模・予測 ・家庭用W …
  • バイオセンサーの世界市場分析:、用途別(医療用、食品毒性検出、工程制御、農業、環境)、技術別(熱バイオセンサー、電気化学バイオセンサー、圧電バイオセンサー、光学バイオセンサー)、エンドユーザー別(家庭用ヘルスケア診断、ポイントオブケア検査、食品産業、研究所)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、バイオセンサーの世界市場について調査・分析し、バイオセンサーの世界市場動向、バイオセンサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオセンサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカのデータセンター建設市場2016
    当調査レポートでは、アメリカのデータセンター建設市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのデータセンター建設市場規模及び予測、電気装置、機械装置、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タッキファイヤー(粘着付与樹脂)の世界市場
    本調査レポートでは、タッキファイヤー(粘着付与樹脂)の世界市場について調査・分析し、タッキファイヤー(粘着付与樹脂)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用ローンチコントロール装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ローンチコントロール装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ローンチコントロール装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 保育用ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、保育用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、保育用ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別保育用ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、保育用ソフトウェア種類別分析(クラウドベース、パソコンインストール、携帯機器インストール)、保育用ソフトウェア用途別分析(保育園、家庭用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・保育用ソフトウェアの市場概観 ・保育用ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・保育用ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・保育用ソフトウェアの世界市場規模 ・保育用ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・保育用ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのメキシコ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・保育用ソフトウェアのドイツ市場規模推移 ・保育用ソフトウ …
  • 調味料・ドレッシング・ソースのハンガリー市場
  • 世界の実体顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の実体顕微鏡市場2015について調査・分析し、実体顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのデンマーク市場
  • 血管内皮増殖因子C阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管内皮増殖因子C阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管内皮増殖因子C阻害剤の概要 ・血管内皮増殖因子C阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血管内皮増殖因子C阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管内皮増殖因子C阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管内皮増殖因子C阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 胃部・食道胃接合部腺癌市場:中国の治療薬市場
  • 文房具・カードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、文房具・カードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、文房具・カードの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)市場規模、製品別(ABS、CC、TCS、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BMW, Continental, Honda Motor, Robert Bosch, ZF Friedrichshafenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場概要 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場環境 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場動向 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場規模 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場:業界構造分 …
  • 世界のイオン注入装置市場:技術別、地域別
    本調査レポートはイオン注入装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(高電流注入装置、中電流注入装置、高エネルギー注入装置)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・イオン注入装置の世界市場:技術別(高電流注入装置、中電流注入装置、高エネルギー注入装置) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 摺動面油の世界市場分:製品別(ISO VG 68、ISO VG 220)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、摺動面油の世界市場について調査・分析し、摺動面油の世界市場動向、摺動面油の世界市場規模、市場予測、セグメント別摺動面油市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気小型車の世界市場予測(~2018)
    ※本調査レポートでは、電気小型車の世界市場について調査・分析し、電気小型車の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場について調査・分析し、自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:市場動向分析 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:競争要因分析 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:エネルギー種類別 ・熱エネルギー ・運動エネルギー ・太陽エネルギー ・その他 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:車種別 ・プラグインハイブリッド車 ・ハイブリッド電気自動車 ・バッテリー電気自動車 ・電気自動車 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:熱回収システム種類別 ・ターボチャージャー ・回生ブレーキシステム ・排ガス再循環システム - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:主要地域別分析 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用環境発電・ エネルギー回生のヨーロッパ市場規模 - 自動車用環境発 …
  • 再生医療用コラーゲン及びゼラチンの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、再生医療用コラーゲン及びゼラチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、用途別分析、地域別分析、再生医療用コラーゲン及びゼラチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空交通管理(ATM)の世界市場
    当調査レポートでは、航空交通管理(ATM)の世界市場について調査・分析し、航空交通管理(ATM)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:市場動向分析 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:競争要因分析 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:システム別 ・ソフトウェア ・ハードウェア - 航空交通管理(ATM)の世界市場:用途別 ・自動化&シミュレーション ・通信 ・ナビゲーション ・監視 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:投資の種類別 ・グリーンフィールド ・ブラウンフィールド - 航空交通管理(ATM)の世界市場:領域別 ・航空情報管理(AIM) ・航空交通管制(ATC) ・航空交通流管理(ATFM) - 航空交通管理(ATM)の世界市場:空港のクラス別 ・クラスA ・クラスB ・クラスC ・クラスD ・その他 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:主要地域別分析 - 航空交通管理(ATM)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 航空交通管理(ATM)のヨーロッパ市 …
  • キラル化学薬品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、キラル化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キラル化学薬品市場規模、用途別(医薬品、農薬、フレーバー・香料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Daicel Corporation, Merck, SOLVIAS, TORAY INDUSTRIESなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・キラル化学薬品の世界市場概要 ・キラル化学薬品の世界市場環境 ・キラル化学薬品の世界市場動向 ・キラル化学薬品の世界市場規模 ・キラル化学薬品の世界市場:業界構造分析 ・キラル化学薬品の世界市場:用途別(医薬品、農薬、フレーバー・香料、その他) ・キラル化学薬品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・キラル化学薬品の北米市場規模・予測 ・キラル化学薬品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・キラル化学薬品のアジア太平洋市場規模・予測 ・キラル化学薬品の主要国分析 ・キラル化学薬品の世界市場:意思決定フレーム …
  • デジタルバッジの世界市場:種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、デジタルバッジの世界市場について調べ、デジタルバッジの世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルバッジの世界市場概要 ・デジタルバッジの世界市場環境 ・デジタルバッジの世界市場動向 ・デジタルバッジの世界市場規模 ・デジタルバッジの世界市場規模:種類別 ・デジタルバッジの世界市場規模:用途別 ・デジタルバッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルバッジの北米市場規模・予測 ・デジタルバッジのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルバッジのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルバッジのアジア市場規模・予測 ・デジタルバッジの日本市場規模・予測 ・デジタルバッジの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • バイオシミラーおよび後発生物製剤の世界市場動向・研究開発・売上予測:MAbs、融合蛋白質、インスリン、G-CSF、エリトロポエチン、インターフェロン、成長ホルモン、生殖ホルモン
    当調査レポートでは、バイオシミラーおよび後発生物製剤の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・バイオシミラーおよび後発生物製剤開発の概要 ・バイオシミラーの世界市場 ・主要国におけるバイオシミラー市場見通し ・新興国におけるバイオシミラー市場見通し ・モノクローナル抗体市場予測 ・融合蛋白質市場予測 ・インスリン市場予測 ・エリトロポエチン市場予測 ・G-CSF市場予測 ・インターフェロン市場予測 ・組み換えホルモン市場予測 ・定性分析 ・専門家の見解 ・結論
  • 分娩(Labor And Delivery):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における分娩(Labor And Delivery)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、分娩(Labor And Delivery)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・分娩(Labor And Delivery)の概要 ・分娩(Labor And Delivery)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の分娩(Labor And Delivery)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・分娩(Labor And Delivery)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • フィンランドの市場2016
  • ハンガリーの心臓人工弁市場見通し
  • 頚椎人工椎間板の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、頚椎人工椎間板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頚椎人工椎間板の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用シートベルトプリテンショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用シートベルトプリテンショナー市場2015について調査・分析し、自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アミロイドーシス治療の世界市場:治療別(幹細胞移植、化学療法、支持療法、外科手術、標的療法)、セグメント予測
    アミロイドーシス治療の世界市場は2025年には67億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、新しい標的療法や移植の普及、生物製剤の登場、高齢者人口の増加などが考えられます。本調査レポートでは、アミロイドーシス治療の世界市場について調査・分析し、アミロイドーシス治療の世界市場動向、アミロイドーシス治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別アミロイドーシス治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レベルトランスミッターの世界市場予測(~2024年)
    レベルトランスミッターの世界市場は、2018年の30億米ドルから2024年には37億米ドルに達し、この期間中3.85%の年平均成長率で成長すると予測されています。レベルトランスミッターは設置が非常に簡単で、堅牢性が高く、乱流に強く、メンテナンスもほとんど必要ありません。在庫管理、プロセス効率、および安全性が求められるアプリケーションでは、より正確で信頼性の高い連続的なレベル測定が求められ、この市場の成長が促進されてきました。また、飲料・食品業界および医薬品業界においては、購買力の増加と消費者需要の高まり、ひいてはプロセス自動化に対する需要の高まりがこの市場の成長を後押ししています。さらには、産業オートメーションと資源の最適利用においても重点が置かれています。一方で、連続的なレベル測定では、大量のデータが生成され、それがネットワーク過密を招く可能性があります。当調査レポートでは、レベルトランスミッターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(静電容量、レーダー、超音波、差圧・静圧、磁歪、放射測定)分析、産業(石油・ガ …
  • ガス発電機(少容量/中容量)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ガス発電機(少容量/中容量)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガス発電機(少容量/中容量)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲機器のアジア太平洋市場
  • 中東・アフリカの大人用おむつ市場
    当調査レポートでは、中東・アフリカの大人用おむつ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東・アフリカの大人用おむつ市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)の概要 ・家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・家族性カイロミクロン血症(I型高リポ蛋白血症)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • マリンバイオテクノロジーの北米市場
  • 血液培養試験の世界市場分析:製品別(消耗品、機器)、技術別(培養技術)、用途別、方法別、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、血液培養試験の世界市場について調査・分析し、血液培養試験の世界市場動向、血液培養試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別血液培養試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気刺激装置の世界市場2017-2021:埋込型、体外型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気刺激装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気刺激装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電気刺激装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott (St. Jude Medical)、Boston Scientific、Medtronic等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"