"椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD-6673)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global pedicle screw systems market is expected to reach USD 724.23 million by 2023 from USD 538.64 million in 2018, at a CAGR of 6.1%. The major factors driving the growth of this market are the increasing incidence of spinal cord injuries, the growing preference for minimally invasive surgeries, and a rising geriatric population.
By product type, the pedicle screw systems market is segmented into monoaxial, polyaxial, and other pedicle screw systems. In 2018, the polyaxial pedicle screw systems segment is estimated to command the largest share of the pedicle screw systems market. The large share of this segment can be attributed to the increasing incidences and prevalence of spinal cord injuries.

On the basis of surgery type, the pedicle screw systems market has been segmented into open surgery and minimally invasive surgery. The open surgery segment is expected to account for the largest share of the pedicle screw systems market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the rising geriatric population and increasing incidence of spinal deformities.

Based on indication, the pedicle screw systems market has been segmented into spinal degeneration, spinal trauma, spine deformities, and other indications. In 2018, the spinal degeneration segment is projected to account for the largest share of the pedicle screw systems market. The increasing incidence of degenerative spinal disorders is the major driving factor for this market.

By application, the market is categorized into thoracolumbar fusion and cervical fusion. In 2018, thoracolumbar fusion is expected to command the largest share of this market. The increasing incidences of lumbar degenerative disc diseases and the launch of new products are key factors driving the growth of the thoracolumbar fusion segment.

The market is dominated by North America, followed by Europe. North America will continue to dominate the market during the forecast period. The rising geriatric population and increasing incidence of spinal disorders in this region are the major factors supporting the growth of the pedicle screw systems market in North America.

Stringent regulatory frameworks and time-consuming product approval processes may hinder the growth of the pedicle screw systems market to a certain extent.

The major players in the pedicle screw systems market include Globus Medical (US), DePuy Synthes (US), Zimmer Biomet (US), B. Braun (US), Stryker (US), and Medtronic (Ireland).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study

3 Executive Summary (Page No. – 24)

4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Pedicle Screw Systems Market Overview
4.2 Asia Pacific: Pedicle Screw Systems Market, By Product Type (2018)
4.3 Pedicle Screw Systems Market, By Region (2018)
4.4 Geographical Snapshot of the Pedicle Screw Systems Market

5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Incidence of Spinal Injuries
5.2.1.2 Rising Geriatric Population
5.2.1.3 Technological Advancements
5.2.1.4 Growing Preference for Minimally Invasive Surgeries
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Emerging Economies Present Significant Growth Opportunities
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Stringent Regulatory Framework and Time-Consuming Approval Process
5.2.3.2 Product Failures and Recalls

6 Pedicle Screw Systems Market, By Product Type (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Polyaxial Pedicle Screw Systems
6.3 Monoaxial Pedicle Screw Systems
6.4 Other Pedicle Screw Systems

7 Pedicle Screw Systems Market, By Surgery Type (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Open Surgery
7.3 Minimally Invasive Surgery

8 Pedicle Screw Systems Market, By Indication (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Spinal Degeneration
8.3 Spinal Trauma
8.4 Spinal Deformities
8.5 Other Indications

9 Pedicle Screw Systems Market, By Application (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.1.1 Thoracolumbar Fusion
9.1.2 Cervical Fusion

10 Pedicle Screw System Market, By Region (Page No. – 56)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 India
10.4.3 Japan
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World

11 Competitive Landscape (Page No. – 79)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis, 2017
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Product Launches and Approvals
11.3.2 Acquisitions
11.3.3 Expansions

12 Company Profiles (Page No. – 83)
(Introduction, Products & Services, Strategy, & Analyst Insights, Developments, MnM View)*
12.1 Depuy Synthes (A Subsidiary of Johnson & Johnson)
12.2 Zimmer Biomet Holdings, Inc.
12.3 Globus Medical, Inc.
12.4 B. Braun Melsungen AG
12.5 Stryker Corporation
12.6 Medtronic PLC
12.7 RTI Surgical, Inc.
12.8 K2M Group Holdings, Inc.
12.9 Orthofix International N.V.
12.10 Alphatec Spine, Inc. (A Subsidiary of Alphatec Holdings, Inc.)

*Details on Marketsandmarkets View, Introduction, Product & Services, Strategy, & Analyst Insights, New Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 103)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD-6673
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 塩化アクリルの世界市場:タイプ別(.96、.97、.98、その他)、最終用途別(医薬品、農薬、香辛料、溶剤、その他)、地域別予測
    本資料は、塩化アクリルの世界市場について調べ、塩化アクリルの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(.96、.97、.98、その他)分析、最終用途別(医薬品、農薬、香辛料、溶剤、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはShandong Ward Chemical Technology、ABCR GmbH & CO. KG、Alfa Aesar、Anhui Wotu Chemical、Apollo Scientific、Beijing Dtftchem Technology、Haimen Best Fine Chemical、Hangzhou Volant Technology、HENAN WANXIANG TECHNOLOGY&TRADE、Huaian Hongyang Chemical、J & K SCIENTIFIC、Jia Xing Isenchem、Merck Schuchardt OHG、Nanjing Youhua Chemicals、Riedel-d …
  • オーストラリアの股関節置換処置動向(~2021)
  • 動物用内視鏡の世界市場:軟性内視鏡、硬性内視鏡
    当調査レポートでは、動物用内視鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動物用内視鏡市場規模、製品別(軟性内視鏡、硬性内視鏡)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Biovision Veterinary Endoscopy, B. Braun Melsungen, Hill-Rom, KARL STORZ, MDS, STERISなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・動物用内視鏡の世界市場概要 ・動物用内視鏡の世界市場環境 ・動物用内視鏡の世界市場動向 ・動物用内視鏡の世界市場規模 ・動物用内視鏡の世界市場:業界構造分析 ・動物用内視鏡の世界市場:製品別(軟性内視鏡、硬性内視鏡) ・動物用内視鏡の世界市場:エンドユーザー別 ・動物用内視鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・動物用内視鏡の北米市場規模・予測 ・動物用内視鏡のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・動物用内視鏡のアジア太平洋市場規模・予測 ・動物用内 …
  • 加圧揚水の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、加圧揚水の世界市場について調査・分析し、加圧揚水の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・加圧揚水の世界市場:市場動向分析 ・加圧揚水の世界市場:競争要因分析 ・加圧揚水の世界市場:サービスタイプ別分析/市場規模 ・加圧揚水の世界市場:リソースタイプ別分析/市場規模 ・加圧揚水の世界市場:井戸タイプ別分析/市場規模 ・加圧揚水の世界市場:地域別分析/市場規模 ・加圧揚水の北米市場規模・分析 ・加圧揚水の欧州市場・分析 ・加圧揚水のアジア市場・分析 ・加圧揚水の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 回路材料の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、回路材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料クラス別(基板、導電材料、外層)分析、基板別(ガラス繊維樹脂、紙フェノール)分析、導電材料別(銅)分析、外層別(LIPSM、感光性ドライフィルムレジスト)分析、回路材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 聴覚保護具の世界市場2017-2021:耳栓、耳あて
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、聴覚保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、聴覚保護具の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は聴覚保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Etymotic Research、Honeywell、Phonak等です。
  • アジアのエチレングリコール市場
  • 自動車コントロールパネルの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車コントロールパネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローン物流・輸送の世界市場予測(~2027年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ドローン物流・輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、分野別分析、ドローン種類(貨物ドローン、乗客ドローン、救急ドローン)別分析、地域別分析、ドローン物流・輸送の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高強度鋼の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高強度鋼の世界市場について調査・分析し、高強度鋼の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高強度鋼シェア、市場規模推移、市場規模予測、高強度鋼種類別分析(従来の強度鋼(HSS)、高強度鋼(ASHH))、高強度鋼用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高強度鋼の市場概観 ・高強度鋼のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高強度鋼のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高強度鋼の世界市場規模 ・高強度鋼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高強度鋼のアメリカ市場規模推移 ・高強度鋼のカナダ市場規模推移 ・高強度鋼のメキシコ市場規模推移 ・高強度鋼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高強度鋼のドイツ市場規模推移 ・高強度鋼のイギリス市場規模推移 ・高強度鋼のロシア市場規模推移 ・高強度鋼のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・高強度鋼の日本市場規模推移 ・高強度鋼の中国市場規 …
  • 青果用コーティング剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、青果用コーティング剤の世界市場について調べ、青果用コーティング剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、青果用コーティング剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(果物コーティング、野菜コーティング)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は青果用コーティング剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・青果用コーティング剤の市場状況 ・青果用コーティング剤の市場規模 ・青果用コーティング剤の市場予測 ・青果用コーティング剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(果物コーティング、野菜コーティング) ・青果用コーティング剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 産業用速度監視システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用速度監視システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、産業用速度監視システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 産業用速度監視システムは、回転する機器の速度を計算し、必要に応じてその速度を制御する機械、または機器です。産業用速度監視システムの世界市場レポートでは、タコメーター、安全リレー、速度送信機、速度スイッチと回転方向スイッチが含まれています。Technavio社は産業用速度監視システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• Electro-Sensors• Process Control Systems• Rockwell Automation• Siemens等です。
  • ストレッチ&シュリンクスリーブ包装の世界市場
    当調査レポートでは、ストレッチ&シュリンクスリーブ包装の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装の世界市場:ラベル別分析/市場規模 ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装のアメリカ市場規模予測 ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装のヨーロッパ市場規模予測 ・ストレッチ&シュリンクスリーブ包装のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フォームフィルシール(FFS)充填機の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、フォームフィルシール(FFS)充填機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の家庭用除湿器市場2015
    本調査レポートでは、世界の家庭用除湿器市場2015について調査・分析し、家庭用除湿器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザー測距儀の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザー測距儀の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザー測距儀市場規模、エンドユーザー別(建築家、エンジニア、建設従業員、インテリアデザイナー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザー測距儀の世界市場概要 ・レーザー測距儀の世界市場環境 ・レーザー測距儀の世界市場動向 ・レーザー測距儀の世界市場規模 ・レーザー測距儀の世界市場:業界構造分析 ・レーザー測距儀の世界市場:エンドユーザー別(建築家、エンジニア、建設従業員、インテリアデザイナー) ・レーザー測距儀の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザー測距儀の北米市場規模・予測 ・レーザー測距儀のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・レーザー測距儀のアジア太平洋市場規模・予測 ・レーザー測距儀の主要国分析 ・レーザー測距儀の世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザー測距儀の世界市場:成長要因、課題 ・レーザー測距儀の世界市場:競争環境 ・レーザ …
  • 軍用装着用カメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍用装着用カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用装着用カメラの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の農薬市場におけるM&A動向:作物保護用化学品、除草剤、殺菌剤、殺虫剤
  • サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ソレノイドバルブ(電磁弁)の世界市場
    当調査レポートでは、ソレノイドバルブ(電磁弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソレノイドバルブ(電磁弁)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 新生児インキュベーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、新生児インキュベーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新生児インキュベーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は新生児インキュベーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Atom Medical• Drägerwerk• GE Healthcare• Natus Medical 等です。
  • 世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別
    MarketsandMarkets社は、電気バスの世界市場規模が2019年137千台から2027年935千台まで年平均27.2%成長すると予測しています。当資料では、世界の電気バス市場を統合的に調査・分析し、市場概要、消費者セグメント別(フリートオペレーター、政府)分析、用途別(都市間、都市内)分析、長さ別(9 M未満、9-14 M、14 M未満)分析、コンポーネント別(バッテリー、モーター、燃料電池スタック)分析、推進力別(バッテリー電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、燃料電池電気自動車(FCEV))分析、範囲別(最大200マイル、201-400マイル、400マイル以上)分析、バッテリー容量別(最大400 kWh、400 kWh以上)分析、出力種類別(最大250 KW、250 KW以上)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・技術概要 ・世界の電気バス市場:消費者セグメント別(フリートオペレーター、政府) ・世界の電気バス市場:用途 …
  • グルテンフリー食品の世界市場:ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品
    当調査レポートでは、グルテンフリー食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、グルテンフリー食品市場規模、製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、FREEDOM FOODS, General Mills, GRUMA, Hain Celestial, THE HERSHEY COMPANYなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・グルテンフリー食品の世界市場概要 ・グルテンフリー食品の世界市場環境 ・グルテンフリー食品の世界市場動向 ・グルテンフリー食品の世界市場規模 ・グルテンフリー食品の世界市場:業界構造分析 ・グルテンフリー食品の世界市場:製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品) ・グルテンフリー食品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・グルテンフリー食品の北米市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のアジア …
  • 熱成形包装の世界市場:ブリスタ包装、クラムシェル包装、スキン包装
    当調査レポートでは、熱成形包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐油紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、耐油紙の世界市場について調査・分析し、耐油紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別耐油紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、耐油紙種類別分析()、耐油紙用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・耐油紙の市場概観 ・耐油紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・耐油紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・耐油紙の世界市場規模 ・耐油紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・耐油紙のアメリカ市場規模推移 ・耐油紙のカナダ市場規模推移 ・耐油紙のメキシコ市場規模推移 ・耐油紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・耐油紙のドイツ市場規模推移 ・耐油紙のイギリス市場規模推移 ・耐油紙のロシア市場規模推移 ・耐油紙のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・耐油紙の日本市場規模推移 ・耐油紙の中国市場規模推移 ・耐油紙の韓国市場規模推移 ・耐油紙のインド市場規模推移 ・耐油紙の東南アジア市場規模推移 …
  • デジタル油田の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタル油田の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタル油田市場規模、技術別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタル油田の世界市場概要 ・デジタル油田の世界市場環境 ・デジタル油田の世界市場動向 ・デジタル油田の世界市場規模 ・デジタル油田の世界市場:業界構造分析 ・デジタル油田の世界市場:技術別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・デジタル油田の世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタル油田の北米市場規模・予測 ・デジタル油田のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デジタル油田のアジア太平洋市場規模・予測 ・デジタル油田の主要国分析 ・デジタル油田の世界市場:意思決定フレームワーク ・デジタル油田の世界市場:成長要因、課題 ・デジタル油田の世界市場:競争環境 ・デジタル油田の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • エポキシコーティングの世界市場分析:製品別(溶剤系、水系、粉末)、用途別(建設、産業、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エポキシコーティングの世界市場について調査・分析し、エポキシコーティングの世界市場動向、エポキシコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別エポキシコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)治療薬剤
  • サウジアラビアの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 超音波装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、超音波装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超音波装置市場規模、携帯性別(ハンドヘルド型・コンパクト型超音波装置、カート型・台車型超音波装置)分析、種類別(ポータブル超音波画像診断、ワイヤレス超音波画像診断)分析、ディスプレイ別(白黒式超音波装置、カラー式超音波装置)分析、用途別(心臓病、血管、放射線・一般画像診断、泌尿器科、産科・婦人科、消化器科、麻酔科、神経科、筋骨格系、その他)分析、技術別(超音波治療、超音波診断、砕石術用超音波画像診断)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 超音波装置の世界市場:市場動向分析 ・ 超音波装置の世界市場:競争要因分析 ・ 超音波装置の世界市場:携帯性別(ハンドヘルド型・コンパクト型超音波装置、カート型・台車型超音波装置) ・ 超音波装置の世界市場:種類別(ポータブル超音波画像診断、ワイヤレス超音波画像診断) ・ 超音波装置の世界市場:ディスプレイ別(白黒式超音波装置、カラー …
  • アイルランドの整形外科補綴市場見通し
  • コレラ(Cholera):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、コレラ(Cholera)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレラ(Cholera):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・コレラ(Cholera)のフェーズ3治験薬の状況 ・コレラ(Cholera)治療薬の市場規模(販売予測) ・コレラ(Cholera)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・コレラ(Cholera)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のコレラ(Cholera)治療薬剤
  • 筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の概要 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・筋 …
  • スペインの体外式除細動器市場(~2021)
  • 行動リハビリの世界市場の規模および予測:用途別(不安、気分障害、物質乱用、人格、注意欠陥障害)、医療現場別(入院患者、家庭内、外来患者)、動向の分析 2014-2025
    本調査レポートでは、行動リハビリの世界市場について調査・分析し、行動リハビリの世界市場動向、行動リハビリの世界市場規模、市場予測、セグメント別行動リハビリ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のりん酸一アンモニウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のりん酸一アンモニウム市場2015について調査・分析し、りん酸一アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの仮想学校市場2015-2019
    当調査レポートでは、アメリカの仮想学校市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの仮想学校市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテナリースの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、コンテナリースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテナリースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はコンテナリースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChina COSCO Shipping、Seaco、Textainer、Triton International等です。
  • メタリック顔料の世界市場2017-2021:アルミニウム顔料、銅顔料、亜鉛顔料、ステンレス鋼顔料
    当調査レポートでは、メタリック顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メタリック顔料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 安全服の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、安全服の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、安全服市場規模、用途別(化学防御安全服、難燃性安全服、機械式安全服、高視認性安全服、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Ansell, DowDuPont, Honeywell International, Lakelandなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・安全服の世界市場概要 ・安全服の世界市場環境 ・安全服の世界市場動向 ・安全服の世界市場規模 ・安全服の世界市場:業界構造分析 ・安全服の世界市場:用途別(化学防御安全服、難燃性安全服、機械式安全服、高視認性安全服、その他) ・安全服の世界市場:地域別市場規模・分析 ・安全服の北米市場規模・予測 ・安全服のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・安全服のアジア太平洋市場規模・予測 ・安全服の主要国分析 ・安全服の世界市場:意思決定フレームワーク ・安全服の世界市場:成長要因、課題 ・安全服の世界市 …
  • スマート製造プラットフォームの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、スマート製造プラットフォーの世界市場規模が2017年30.9億ドルから2026年162.9億ドルまで年平均20.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スマート製造プラットフォームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート製造プラットフォーム市場規模、用途別(資産・状態モニタリング、性能最適化、その他の用途)分析、種類別(アプリケーション実現プラットフォーム、接続管理、端末管理分析、展開別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(ディスクリート産業、プロセス産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:市場動向分析 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:競争要因分析 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:用途別(資産・状態モニタリング、性能最適化、その他の用途) ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:種類別(アプリケーショ …
  • ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 注射器&針の中東市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 世界の旋回ベアリング市場
  • 架空ケーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、架空ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、架空ケーブルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン阻害剤の概要 ・インターロイキン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • クラウドストレージの世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、クラウドストレージの世界市場について調査・分析し、クラウドストレージの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 生体吸収性ステント/生体吸収性スキャフォールドの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、生体吸収性ステント/生体吸収性スキャフォールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別分析、吸収速度別分析、用途別分析、需要先別分析、生体吸収性ステント/生体吸収性スキャフォールドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電油アクチュエータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電油アクチュエータの世界市場について調査・分析し、電油アクチュエータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電油アクチュエータシェア、市場規模推移、市場規模予測、電油アクチュエータ種類別分析(制御型、スイッチ型)、電油アクチュエータ用途別分析(石油・ガス、電力、工業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電油アクチュエータの市場概観 ・電油アクチュエータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電油アクチュエータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電油アクチュエータの世界市場規模 ・電油アクチュエータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電油アクチュエータのアメリカ市場規模推移 ・電油アクチュエータのカナダ市場規模推移 ・電油アクチュエータのメキシコ市場規模推移 ・電油アクチュエータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電油アクチュエータのドイツ市場規模推移 ・電油アクチュエータのイギリス市場規模推移 ・電 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"