"自動車用トルクベクタリングの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-6675)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用トルクベクタリングの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The torque vectoring market for automotive is primarily driven by the increased demand for luxury and performance vehicles (including SUVs, crossovers, and off-highway vehicles). The torque vectoring market for automotive is projected to grow at a CAGR of 20.01% from 2018 to 2025. From a market size of USD 5.22 billion in 2018, it is projected to reach a market size of USD 18.70 billion by 2025. The important factors driving the growth of this market include the increase in awareness about enhanced safety and vehicle dynamics.
The torque vectoring market for automotive has been segmented on the basis of vehicle type, technology, propulsion, EV type, clutch actuation type, and region. Europe region is projected to be the largest market in the torque vectoring market for automotive because of the presence of many developed countries such as Germany, the UK, France, and Spain, which account for a considerable share of the European automotive industry. The market is dominated by established OEMs such as BMW AG (Germany), Daimler AG (Germany), Fiat (Italy), PSA/Peugeot-Citroen (France), Jaguar Land Rover (UK) and the Volkswagen Group (Germany).

AWD/4WD is estimated to be the largest as well as the fastest growing segment of the torque vectoring market during the forecast period. The AWD/4WD segment is mainly driven by growing demand for SUVs, increasing demand for improved vehicle safety, stability, and enhanced driving dynamics. The AWD/4WD systems find their application mostly in the premium car segment and SUVs. Improving economic conditions, increasing industrialization, and the improving living standards of consumers around the world have increased the demand for premium segment cars and SUVs.

The electronic clutch actuation type is enjoying greater adoption rate owing to its better efficiency, unlike the hydraulic clutch. The electronic clutch serves the requirements of the mechanical components with more efficiency and durability. Also, it helps in improving the overall fuel efficiency with high accuracy and hence, fulfills several stringent emission norms that is the major factor leading toward the adoption of such components in vehicles.

In the electric vehicle segment, HEVs have the largest market share in terms of volume. HEVs are premium vehicles in terms of their price range and the features offered, and they have higher fuel economy compared to the ICE variant of the same model. Japan is the leading country in terms of sales of hybrid vehicles owing to the presence of leading hybrid vehicle manufacturers such as Nissan and Toyota.

The growing mobility services is the major restraint for the torque vectoring market for automotive. The development in infrastructure and IT is enabling more connectivity services, which is leading to more pooling services with the help of apps or remote services. Also, due to the emergence of such services and advancements in technology, the technologies in the vehicles are getting over the air updates which is driving the global mobility services market. This increase in shared mobility services would impact the car-ownership model because as the time passes, people would prefer more convenient and affordable transport options. Hence, we expect that as the car ownership is expected to decline with the emergence of shared services, it would hinder the growth of the global SUV market, and therefore restrain the growth of torque vectoring market.

The major players in the torque vectoring market for automotive are GKN (UK), American Axle (US), Dana (US), BorgWarner (US), Eaton (Ireland), ZF (Germany), JTEKT (Japan), Magna (Canada), Bosch (Germany), Univance (Germany), Schaeffler (Germany), Timken (US), Ricardo (UK), and Oerlikon Graziano (Italy).

Currently, GKN, Dana, BorgWarner, and ZF are the dominant players in the torque vectoring market for automotive. The extensive competition in the automotive industry has led these companies to primarily focus on innovations. Mobility is becoming increasingly advanced and automated and requires a highly complex technology. Therefore, companies must focus on innovation.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動車用トルクベクタリングの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives Of The Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered For The Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown Of Primary Interviews
2.1.2.2 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.1.2.3 Primary Participants
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.3 Market Breakdown And Data Triangulation
2.4 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 29)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities In The Torque Vectoring Market For Automotive
4.2 Torque Vectoring Market For Automotive, By Country
4.3 Torque Vectoring Market For Automotive, By Technology
4.4 Torque Vectoring Market For Automotive, By Clutch Actuation Type
4.5 Torque Vectoring Market For Automotive, By Vehicle Type
4.6 Torque Vectoring Market For Automotive, By Propulsion
4.7 Torque Vectoring Market For Automotive, By Region

5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increased Demand For Luxury And Performance Vehicles (including SUVs, crossovers, and off-highway vehicles)
5.2.1.2 Enhanced Safety And Vehicle Dynamics
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Growing Mobility Services
5.2.2.2 Decline In The Enthusiast Segment—Millennial Effect
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Advancements In Technology
5.2.3.2 Advent Of Concept Cars And Luxury Electric Vehicles In The Automotive Industry
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Developing Fail-Safe Electronic And Electrical Components
5.2.4.2 Maintaining A Balance Between Performance, Cost, And Weight
5.2.4.3 Long Production Cycle Of Automotive Vehicles

6 Technological Overview (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.1.1 Oversteer And Understeer
6.1.1.1 Rear-Wheel Drive (Rwd)
6.1.1.2 Front-Wheel Drive (Fwd)
6.2 Use Of Magnetorheological (Mr) Fluids By Ricardo In Their Torque Vectoring Systems
6.3 Working Of Torque Vectoring
6.3.1 Torque Vectoring Differential In Straight Line Driving
6.3.2 Torque Vectoring Differential In Cornering

7 Torque Vectoring Market For Automotive, By Electric Vehicle Type (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Bev
7.3 Hev

8 Torque Vectoring Market For Automotive, By Clutch Actuation Type (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Hydraulic
8.3 Electronic

9 Torque Vectoring Market For Automotive, By Propulsion (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 Front-Wheel Drive (Fwd)
9.3 Rear-Wheel Drive (Rwd)
9.4 All-Wheel Drive/Four-Wheel Drive (Awd/4wd)

10 Torque Vectoring Market For Automotive, By Technology (Page No. – 62)
10.1 Introduction
10.2 Active Torque Vectoring System (Atvs)
10.3 Passive Torque Vectoring System (Ptvs)

11 Torque Vectoring Market For Automotive, By Region (Page No. – 66)
11.1 Introduction
11.1.1 Passenger Car (Pc)
11.1.2 Light Commercial Vehicle (Lcv)
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.2 India
11.2.3 Japan
11.2.4 South Korea
11.2.5 Thailand
11.2.6 Rest Of Asia Pacific
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.2 France
11.3.3 Russia
11.3.4 Spain
11.3.5 Uk
11.3.6 Turkey
11.3.7 Rest Of Europe
11.4 North America
11.4.1 Canada
11.4.2 Mexico
11.4.3 Us
11.5 Rest Of The World (Row)
11.5.1 Brazil
11.5.2 Iran
11.5.3 Rest Of Row

12 Competitive Landscape (Page No. – 92)
12.1 Overview
12.2 Competitive Situations & Trends
12.2.1 New Product Developments
12.2.2 Expansions
12.2.3 Partnerships/Supply Contracts/Collaborations/Joint Ventures/Agreements/Mergers & Acquisitions

13 Company Profiles (Page No. – 98)
(Business Overview, Products Offerings, Recent Developments, Swot Analysis, Mnm View)*
13.1 Gkn
13.1.1 Business Overview
13.1.2 Product Offerings
13.1.3 Recent Developments
13.1.4 Swot Analysis
13.2 American Axle
13.2.1 Business Overview
13.2.2 Product Offerings
13.2.3 Recent Developments
13.2.4 Swot Analysis
13.3 Dana
13.3.1 Business Overview
13.3.2 Product Offerings
13.3.3 Recent Developments
13.3.4 Swot Analysis
13.4 Borgwarner
13.4.1 Business Overview
13.4.2 Product Offerings
13.4.3 Recent Developments
13.4.4 Swot Analysis
13.5 Eaton
13.5.1 Business Overview
13.5.2 Product Offerings
13.5.3 Recent Developments
13.5.4 Swot Analysis
13.6 Zf
13.6.1 Business Overview
13.6.2 Product Offerings
13.6.3 Recent Developments
13.7 Jtekt
13.7.1 Business Overview
13.7.2 Product Offerings
13.7.3 Recent Developments
13.8 Magna
13.8.1 Business Overview
13.8.2 Product Offerings
13.8.3 Recent Developments
13.9 Bosch
13.9.1 Business Overview
13.9.2 Product Offerings
13.9.3 Recent Developments
13.1 Univance
13.10.1 Business Overview
13.11 Schaeffler
13.11.1 Product Offerings
13.11.2 Recent Developments
13.12 Timken
13.12.1 Business Overview
13.13 Ricardo
13.13.1 Business Overview
13.14 Oerlikon Graziano
13.14.1 Business Overview
13.15 Mitsubishi Heavy Industries
13.15.1 Business Overview
13.16 Haldex
13.16.1 Business Overview
13.17 Continental
13.17.1 Business Overview
13.18 Drako
13.18.1 Business Overview
13.19 Prodrive
13.19.1 Business Overview

*Details On Business Overview, Products Offerings, Recent Developments, Swot Analysis, Mnm View Might Not Be Captured In Case Of Unlisted Companies.

14 Appendix (Page No. – 127)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.3.1 Automotive Hmi Market, By Ev Type, By Region
14.3.1.1 Introduction
14.3.1.2 Bev
14.3.1.3 Hev
14.3.2 Company Information
14.3.2.1 Profiling Of Additional Market Players (Up To 3)
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用トルクベクタリングの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2018年10月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-6675
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用トルクベクタリングの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • クラウド型照明サービス(Lighting as a Service)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド型照明サービス(Lighting as a Service)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、需要先別分析、設置別分析、構成要素別分析、地域別分析、クラウド型照明サービス(Lighting as a Service)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業におけるフッ素ポリマーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療産業におけるフッ素ポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療産業におけるフッ素ポリマーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エポキシ樹脂の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のエポキシ樹脂市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エポキシ樹脂の世界市場:イントロダクション ・エポキシ樹脂の世界市場:市場概観 ・エポキシ樹脂の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・エポキシ樹脂の世界市場:セグメント別市場分析 ・エポキシ樹脂の世界市場:主要地域別市場分析 ・エポキシ樹脂の世界市場:関連企業分析
  • グリース添加剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリース添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリース添加剤の世界市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の茶エキス市場:用途別(食品、飲料、医薬品、化粧品)、カテゴリー別(オーガニック、従来型)、フォーム別(液体および粉末)、種類別(緑茶、紅茶、ウーロン茶)、地域別
    MarketsandMarkets社は、茶エキスの世界市場規模が2019年25億ドルから2025年38億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。当資料では、世界の茶エキス市場を統合的に調査・分析し、市場概要、カテゴリー別(オーガニック、従来型)分析、フォーム別(液体、粉末)分析、種類別(緑茶、紅茶、ウーロン茶、その他(白、黄、濃))分析、用途別(食品、飲料、医薬品、化粧品、その他(ペットフードおよび動物飼料)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・規制 ・世界の茶エキス市場:カテゴリー別(オーガニック、従来型) ・世界の茶エキス市場:フォーム別(液体、粉末) ・世界の茶エキス市場:種類別(緑茶、紅茶、ウーロン茶、その他(白、黄、濃)) ・世界の茶エキス市場:用途別(食品、飲料、医薬品、化粧品、その他(ペットフードおよび動物飼料) ・世界の茶エキス市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 高温用の断熱材の世界市場予測(~2021年):セラミックファイバー、耐火断熱レンガ(IFB)、ケイ酸カルシウム
    当調査レポートでは、高温用の断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、温度範囲別分析、需要先別分析、地域別分析、高温用の断熱材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感染症ポイントオブケア検査装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、感染症ポイントオブケア検査装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・感染症ポイントオブケア検査装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の製品パイプライン分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の治験動向 ・主要企業分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の世界市場規模予測 ・感染症ポイントオブケア検査装置の地域別市場規模予測
  • 中国の超音波プラスチック溶接機械市場2015
    本調査レポートでは、中国の超音波プラスチック溶接機械市場2015について調査・分析し、超音波プラスチック溶接機械の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブホワイトボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インタラクティブホワイトボードの世界市場について調査・分析し、インタラクティブホワイトボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インタラクティブホワイトボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、インタラクティブホワイトボード種類別分析()、インタラクティブホワイトボード用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インタラクティブホワイトボードの市場概観 ・インタラクティブホワイトボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インタラクティブホワイトボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インタラクティブホワイトボードの世界市場規模 ・インタラクティブホワイトボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インタラクティブホワイトボードのアメリカ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのカナダ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのメキシコ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーンセメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリーンセメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーンセメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 加工肉の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、加工肉の世界市場について調査・分析し、加工肉の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 加工肉の世界市場:市場動向分析 - 加工肉の世界市場:競争要因分析 - 加工肉の世界市場:種類別 ・羊肉 ・鶏肉 ・豚肉 ・牛肉 ・その他 - 加工肉の世界市場:機能別 ・乾燥肉 ・調理済み肉 ・新鮮加工肉 ・生発酵ソーセージ ・半生調理肉 ・その他 - 加工肉の世界市場:製品別 ・未加工肉 ・加工肉 - 加工肉の世界市場:主要地域別分析 - 加工肉の北米市場規模(アメリカ市場等) - 加工肉のヨーロッパ市場規模 - 加工肉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・加工肉の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ピーナッツアレルギー (Peanut Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるピーナッツアレルギー (Peanut Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ピーナッツアレルギー (Peanut Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ピーナッツアレルギー (Peanut Allergy)の概要 ・ピーナッツアレルギー (Peanut Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のピーナッツアレルギー (Peanut Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ピーナッツアレルギー (Peanut Allergy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 食品乳化剤の世界市場分析:製品別(モノ – 、ジ – グリセリドおよび誘導体、レシチン、ステアロイルラクチレート)、用途別(製パン・製菓、コンビニエンス食品、肉製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、食品乳化剤の世界市場について調査・分析し、食品乳化剤の世界市場動向、食品乳化剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別食品乳化剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカの整形外科処置動向(~2021)
  • 無菌包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 慣性計測装置(IMU)の世界市場予測(~2022年):船舶、ナビゲーション、軍事、宇宙、商用
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、慣性計測装置(IMU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、慣性計測装置(IMU)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 周波数カウンターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、周波数カウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、周波数カウンターの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別市場分類 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・主要企業分析 ・付録
  • 教育用アプリケーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、教育用アプリケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、教育用アプリケーション市場規模、最終用途別(高等教育用、プレK-12用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・教育用アプリケーションの世界市場概要 ・教育用アプリケーションの世界市場環境 ・教育用アプリケーションの世界市場動向 ・教育用アプリケーションの世界市場規模 ・教育用アプリケーションの世界市場:業界構造分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:最終用途別(高等教育用、プレK-12用) ・教育用アプリケーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育用アプリケーションのアメリカ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのヨーロッパ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのアジア市場規模・予測 ・教育用アプリケーションの主要国分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:意思決定フレームワーク ・教育用アプリケーションの世界市場:成長要因、課題 ・教 …
  • 航空機用除氷装置の世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機用除氷装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、航空機別分析、用途別分析、航空機用除氷装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ボイラーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、燃料(天然ガス、バイオマス、石油、石炭)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、産業用ボイラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、繊維機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、繊維機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストの概要 ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管活性腸管ポリペプチド受容体2アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 感圧接着剤の世界市場の規模および予測:技術別(水ベース、溶剤ベース、ホットメルト、放射線硬化)、製品別(テープ、ラベル、グラフィックフィルム、特殊品)、エンドユーザー別(自動車および輸送、電気および電子、消費財、梱包、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、感圧接着剤の世界市場について調査・分析し、感圧接着剤の世界市場動向、感圧接着剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別感圧接着剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 顕微鏡検査の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、顕微鏡検査の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・顕微鏡検査の世界市場:イントロダクション ・顕微鏡検査の世界市場:市場概観 ・顕微鏡検査の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・顕微鏡検査の世界市場:セグメント別市場分析 ・顕微鏡検査の世界市場:種類別分析/市場規模 ・顕微鏡検査の世界市場:用途別分析/市場規模 ・顕微鏡検査の世界市場:主要地域別市場分析 ・顕微鏡検査の世界市場:関連企業分析
  • スマートマテリアルの世界市場:製品別(圧電材、形状記憶合金、電歪材、磁歪材、エレクトロクロミック材)、用途別(アクチュエータ・モーター、トランスデューサー、センサー、構造材)、地域別予測
    本資料は、スマートマテリアルの世界市場について調べ、スマートマテリアルの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(圧電材、形状記憶合金、電歪材、磁歪材、エレクトロクロミック材)分析、用途別(アクチュエータ・モーター、トランスデューサー、センサー、構造材)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートマテリアルの世界市場概要 ・スマートマテリアルの世界市場環境 ・スマートマテリアルの世界市場動向 ・スマートマテリアルの世界市場規模 ・スマートマテリアルの世界市場規模:製品別(圧電材、形状記憶合金、電歪材、磁歪材、エレクトロクロミック材) ・スマートマテリアルの世界市場規模:用途別(アクチュエータ・モーター、トランスデューサー、センサー、構造材) ・スマートマテリアルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートマテリアルの北米市場規模・予測 ・スマートマテリアルのアメリカ市場規模・予測 ・スマートマテリアルのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートマテリ …
  • 不正検知・防止の世界市場2019-2023
    不正検知・防止のためのブロックチェーン技術の利用が、今後4年間で増加すると考えられています。ブロックチェーンを実行することによって、複数の工程を伴ったり人間の介入を必要とする金融取引中の不正を防ぐことが可能となります。 Technavioのアナリストは、不正行為検出および予防の世界市場が2023年までに20%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Fiserv、IBM、Oracle、SAP、SAS Instituteなどです。 当調査レポートでは、不正検知・防止の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、不正検知・防止市場規模、エンドユーザー別(BFSI、通信・IT、小売、エネルギー・ユーティリティ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・不正検知・防止の世界市場概要 ・不正検知・防止の世界市場環境 ・不正検知・防止の世界市場動向 ・不正検知・防止の世界市場規模 ・不正検知・防止の世界市場:業界構造分析 ・ …
  • 仮想プライベートサーバーの世界市場:タイプ別(管理VPS、非管理VPS)、オペレーティングシステム別(Windows、Linux)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(ITおよびテレコミュニケーション、小売、BFSI、製造、ヘルスケア、その他)
    当調査レポートでは、仮想プライベートサーバーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、オペレーティングシステム別分析、組織規模別分析、業種別分析、地域別分析、競合分析などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・仮想プライベートサーバーの世界市場:タイプ別(管理VPSおよび非管理VPS) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:オペレーティングシステム別(Windows、Linux) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:業種別(ITおよびテレコミュニケーション、小売、BFSI、製造、ヘルスケア、その他) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:地域別 ・競合分析
  • ECGケーブルおよびECGリード線の世界市場予測(~2021):材料別(熱可塑性エラストマ、TPU)、ユーザビリティ別、機械種類別、患者ケア場所別
    当調査レポートでは、ECGケーブルおよびECGリード線の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、ユーザビリティ別分析、機械種類別分析、患者ケア場所別分析、ECGケーブルおよびECGリード線の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの農業の機械化市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの農業の機械化市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの農業の機械化市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 進行性核上性麻痺(Progressive Supranuclear Palsy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における進行性核上性麻痺(Progressive Supranuclear Palsy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、進行性核上性麻痺(Progressive Supranuclear Palsy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・進行性核上性麻痺(Progressive Supranuclear Palsy)の概要 ・進行性核上性麻痺(Progressive Supranuclear Palsy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の進行性核上性麻痺(Progressive Supranuclear Palsy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場2014-2025:製品別(GaN無線周波数機器、光半導体、出力半導体)、ウェハサイズ別、用途別、地域別
    本調査レポートでは、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場について調査・分析し、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場動向、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別窒化ガリウム(GaN)半導体装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ペンキ及び塗料の北米市場
  • 世界の鼻鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の鼻鏡市場2015について調査・分析し、鼻鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 救急車ベッドの世界市場予測2019-2024
    「救急車ベッドの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッドなど、用途別には、Hospital、Fire Department、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。救急車ベッドのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・救急車ベッドの世界市場概要(サマリー) ・救急車ベッドの企業別販売量・売上 ・救急車ベッドの企業別市場シェア ・救急車ベッドの世界市場規模:種類別(リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッド) ・救急車ベッドの世界市場規模:用途別(Hospital、Fire Department、Others) ・救急車ベッドの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・救急車ベッドのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・救急車ベッドの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・救急車ベッドの中東・アフリカ市場( …
  • 歯科用接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、歯科用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用接着剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エジプトの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • SDP(Software Defined Perimeter)の世界市場:SDPコントローラ、SDPゲートウェイ、エンドポイント
    当調査レポートでは、SDP(Software Defined Perimeter)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、実施ポイント別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、SDP(Software Defined Perimeter)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)の概要 ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)治療薬の評価    …
  • GDI(直噴エンジン)システムの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、GDI(直噴エンジン)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンジン別分析、構成要素別分析、車両種類別分析、技術別分析、GDI(直噴エンジン)システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キラル化学薬品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、キラル化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キラル化学薬品市場規模、用途別(医薬品、農薬、フレーバー・香料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Daicel Corporation, Merck, SOLVIAS, TORAY INDUSTRIESなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・キラル化学薬品の世界市場概要 ・キラル化学薬品の世界市場環境 ・キラル化学薬品の世界市場動向 ・キラル化学薬品の世界市場規模 ・キラル化学薬品の世界市場:業界構造分析 ・キラル化学薬品の世界市場:用途別(医薬品、農薬、フレーバー・香料、その他) ・キラル化学薬品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・キラル化学薬品の北米市場規模・予測 ・キラル化学薬品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・キラル化学薬品のアジア太平洋市場規模・予測 ・キラル化学薬品の主要国分析 ・キラル化学薬品の世界市場:意思決定フレーム …
  • 自動車用サーモスタットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用サーモスタットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用サーモスタットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品の中南米諸国市場2018-2028
  • 重晶石の世界市場
    当調査レポートでは、重晶石の世界市場について調査・分析し、重晶石の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アジアのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 超音波洗浄機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波洗浄機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波洗浄機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • CBRN防衛の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、CBRN防衛の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、装置別分析、需要先別分析、地域別分析、CBRN防衛の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Eコマースパッケージングのアジア市場
    当調査レポートでは、Eコマースパッケージングのアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eコマースパッケージングのアジア市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドの発電機市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの発電機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの発電機市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メタボロミクスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"