"スマート製造の世界市場予測(~2023年):状態監視、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティング"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-6677)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"スマート製造の世界市場予測(~2023年):状態監視、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティング"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The smart manufacturing market is expected to be worth USD 170.78 billion by 2018 and USD 299.19 billion by 2023, growing at a CAGR of 11.9% from 2018 to 2023. Factors that drive the growth of the market include Industry 4.0, increasing use of industrial automation in manufacturing, government investments supporting industrial automation, rising emphasis on regulatory compliances, increased complexities in supply chain, and increasing demand for software systems that reduce time and cost.

IIoT is expected to hold the largest share of the smart manufacturing market for enabling technology. Various technologies are using IIoT to improve the functioning of the process. These technologies comprise of sensors, RFID, industrial robotics, distributed control system, condition monitoring, smart meter, electronic shelf label, camera, smart beacon, interface board, yield monitor, guidance and steering, GPS/GNSS, flow and application control device, and networking technology. Use of IIoT in these technologies helps to analyze the data collected via various devices and enables effective decision making.

Industrial communications is expected to hold the largest share of the smart manufacturing market for information technology. Industrial communications is a combination of components, software, and standard protocols that allows man-to-machine and machine-to-machine communication across various industries. Efficient, reliable, and secure industrial communications help in improving operational efficiency and reducing overall operational costs of organizations. Industrial communications plays a significant role in industries such as oil & gas, electronics, automotive, and energy & power.

The market for the pharmaceuticals industry is expected to grow at the highest CAGR amongst process industries from 2018 to 2023. As pharmaceuticals manufacturing is a complex process, it requires proper end-to-end monitoring to achieve operational efficiency. Manufacturers face problems such as growing cost pressures, regulatory and safety guidelines, and increasing demand for diverse product portfolios. Technologies such as MES, EMI and HMI help manufacturers standardize their workflow and minimize lead times by eliminating the time required for the approval from various bodies such as FDA.

The market for the automotive industry is expected to grow at the highest CAGR amongst discrete industries from 2018 to 2023. Increasing demand for automobiles in developing countries; technological innovations, such as electric cars, fuel efficient cars, connected cars; and growing competition in the market are expected to drive the demand for smart manufacturing in the automotive industry. Installing robots has helped several automotive companies to offset the shortage and high costs of acquiring and retaining skilled labor. This trend is expected to continue as sustainability, high productivity, and energy-saving measures are becoming important.

Smart Manufacturing Market, by region, 2023 (usd Billion)

Source: Press Releases, Investor Relation Presentations, Annual Reports, Expert Interviews, and MarketsandMarkets Analysis

The smart manufacturing market in APAC is expected to grow at the highest CAGR globally from 2018 to 2023. The economy in the APAC region is world’s one of the fastest evolving due to increased spending on improving performance, security, and economic stability. The region is witnessing a surge in the deployment of smart manufacturing technologies. China, being one of the top manufacturing countries, has been adopting enabling technologies to increase operational efficiency and production in the country. Due to increasing maintenance costs in manufacturing, manufacturing and energy & utilities industries have been genuinely considering the adoption of advanced technologies, such as predictive maintenance, to optimize maintenance processes and reduce operational costs.

Major factors restraining the growth of the smart manufacturing market include high investment and cost involved in implementation, lack of standardization among equipment manufacturers and in connectivity protocols, constant need for upgrading software, and low adoption of technologies owing to technical issues. Key market players such as 3D Systems (US), ABB (Switzerland), Cisco (US), Daifuku (Japan), Emerson (US), General Electric (US), Honeywell (US), IBM (US), Oracle (US), Rockwell (US), SAP (Germany), Schneider (France), Siemens (Germany), and Yokogawa (Japan) have adopted strategies such as product launches and developments, expansions, acquisitions, agreements, contracts, collaborations, and partnerships to gain competitive edge in the smart manufacturing market and expand their distribution networks.

Major Application of Smart Manufacturing Technologies

Energy & Power:

Energy & power companies are increasingly adopting cybersecurity solutions and upgrading their cybersecurity capabilities to protect their industrial systems from rapidly evolving cyber threats. Cybersecurity in these companies help in mitigating challenges pertaining to ageing grid infrastructure, monitoring power system operations, maintaining balance between power generation and distribution, and enabling fast and efficient services restoration after interruptions. Power plants use advanced sensing technologies and condition monitoring solutions for detecting potential failure of equipment, such as boilers, turbines, or generators, to avoid unplanned breakdowns or accidents. The machine condition monitoring technique has helped power companies in realizing offline and real-time system data analysis and facilitating the collection of machine performance data.

Automotive:

The global automotive industry is growing rapidly due to the emergence of new concept vehicles that employ eco-friendly technologies. PAM solutions help maintain all necessary information of assets, such as procurement, maintenance, failure point analysis, which enables preventive actions in a manufacturing process. Most functions such as inventory management, performance analysis, design, and supply chain management are time consuming when carried out manually. These have been automated with the help of MES, HMI, and EMI solutions as they allow saving time during assembling. Machine condition monitoring solutions help automotive organizations better manage component wear and failure by using techniques such as vibration monitoring, oil analysis, and infrared imaging.

Pharmaceuticals:

Pharmaceutical companies are using AI-based technology for quality control, material movement, and production planning. In quality control, computer vision technology analyzes images, ingredients, and separates any outlier object, if found. This quality control method is followed by material movement and production planning. In the material movement procedure, AI-based systems check if the right material is being packaged. IIoT has helped the industry in increasing productivity, enhancing worker efficiency, and reducing production and inventory costs.

Semiconductor & Electronics:

In the semiconductor & electronics industry, AI is used for production planning, quality control, and material movement. The implementation of AI-based solutions is expected to benefit manufacturers in terms of optimizing production cost, technology implementation, and integration of components. AI solutions help companies analyze collected data to aid improved decision-making. AI-based industrial robotic applications range from manufacturing computer chips and cell phone casings to other manufacturing and handling processes. This industry is very sensitive to technological changes and cannot afford any manufacturing faults. AI-based industrial robots are mainly used to check the quality of finished, as well as unfinished, electronic products.

Critical Questions:
• Will suppliers continue to explore new avenues for smart manufacturing technologies?
• What are the adjacencies that the companies can leverage or explore?


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"スマート製造の世界市場予測(~2023年):状態監視、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティング"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table Of Contents

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives Of The Study
1.2 Definition
1.3 Scope Of The Study
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered For The Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary & Primary Research
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Major Secondary Sources
2.1.2.2 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Primary Interviews With Experts
2.1.3.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3.3 Key Industry Insights
2.1.3.4 Breakdown Of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach For Arriving At Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach For Capturing Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side) 29
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 33)

4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Growth Opportunities In Smart Manufacturing Market
4.2 Smart Manufacturing Market, By Enabling Technology
4.3 Smart Manufacturing Market, By Process Industry
4.4 Smart Manufacturing Market, By Discrete Industry
4.5 Smart Manufacturing Market In Apac, By Information Technology And Country
4.6 Smart Manufacturing Market, By Geography

5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Industry 4.0
5.2.1.2 Increasing Use Of Industrial Automation In Manufacturing
5.2.1.3 Increased Government Involvement In Supporting Industrial Automation
5.2.1.4 Rising Emphasis On Regulatory Compliances
5.2.1.5 Increased Complexities In Supply Chains
5.2.1.6 Increasing Demand For Software Systems That Reduces Time And Cost
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Investment And Cost Involved In Implementation
5.2.2.2 Lack Of Standardization Among Equipment Manufacturers And In Connectivity Protocols
5.2.2.3 Constant Need For Upgradation Of Software
5.2.2.4 Low Adoption Of Technologies Owing To Technical Issues
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Adoption Of Iot And Cloud Platforms
5.2.3.2 Integration Of Different Solutions To Provide Improved Performance
5.2.3.3 Industrial Growth In Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Threats Related To Cybersecurity
5.2.4.2 Complexity In Implementation Of Smart Manufacturing Technology Systems
5.2.4.3 Lack Of Awareness About Benefits Of Adopting Information And Enabling Technologies
5.2.4.4 Lack Of Skilled Workforce

6 Smart Manufacturing Market, By Information Technology (Page No. – 57)
6.1 Introduction
6.2 Human Machine Interface
6.2.1 By Offering
6.2.1.1 Software
6.2.1.2 Hardware
6.2.2 By Configuration Type
6.3 Enterprise Manufacturing Intelligence
6.3.1 By Offering
6.3.2 By Deployment Type
6.4 Plant Asset Management
6.4.1 By Offering
6.4.2 By Deployment
6.4.3 By Asset Type
6.5 Manufacturing Execution System
6.5.1 By Deployment Type
6.5.2 By Offering
6.6 Industrial Communications
6.6.1 By Offering
6.6.1.1 Component
6.6.1.2 Software
6.6.1.3 Services
6.6.2 Communications Protocol
6.7 Warehouse Management System
6.7.1 By Offering
6.7.2 By Implementation Type
6.7.3 By Tier Type

7 Smart Manufacturing Market, By Enabling Technology (Page No. – 82)
7.1 Introduction
7.2 Industrial 3d Printing
7.2.1 By Offering
7.2.1.1 Printers
7.2.1.2 Materials
7.2.1.3 Software
7.2.1.4 Services
7.2.2 By Application
7.2.3 By Process
7.2.4 By Technology
7.3 Collaborative Robots
7.3.1 By Payload Capacity
7.3.2 By Application
7.4 Iiot
7.4.1 By Technology
7.4.2 By Software
7.5 AI In Manufacturing
7.5.1 By Offering
7.5.1.1 Hardware
7.5.1.2 Software
7.5.2 By Technology
7.5.3 By Application

7.6 Machine Condition Monitoring
7.6.1 By Monitoring Technique
7.6.2 By Offering
7.6.2.1 Hardware
7.6.2.2 Software
7.6.3 By Deployment Type
7.7 Industrial Machine Vision
7.7.1 By Component
7.7.1.1 Hardware
7.7.1.2 Software
7.7.2 By Product
7.7.3 By Application
7.8 Industrial Cybersecurity
7.8.1 By Type
7.8.2 By Product
7.8.3 By Solution And Service
7.9 Digital Twin
7.10 Automated Guided Vehicle
7.10.1 By Type
7.10.2 By Navigation Technology
7.10.3 By Application
7.10.4 By Battery Type
7.11 Blockchain In Manufacturing
7.11.1 By Application
7.12 Ar And Vr In Manufacturing
7.12.1 By Technology
7.12.1.1 Augmented Reality Technology
7.12.1.2 Virtual Reality Technology
7.12.2 By Offering
7.12.2.1 Hardware
7.12.2.2 Software
7.12.3 By Device Type

8 Smart Manufacturing Market, By Industry (Page No. – 129)
8.1 Introduction
8.2 Process Industry
8.2.1 Oil & Gas
8.2.2 Food & Beverages
8.2.3 Pharmaceuticals
8.2.4 Chemicals
8.2.5 Energy & Power
8.2.6 Metals & Mining
8.2.7 Pulp & Paper
8.2.8 Others
8.3 Discrete Industry
8.3.1 Automotive
8.3.2 Aerospace & Defense
8.3.3 Semiconductor & Electronics
8.3.4 Medical Devices
8.3.5 Machine Manufacturing
8.3.6 Others

9 Geographic Analysis (Page No. – 154)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 Us
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Uk
9.3.2 Germany
9.3.3 France
9.3.4 Rest Of Europe
9.4 Apac
9.4.1 China
9.4.2 Japan
9.4.3 India
9.4.4 Rest Of Apac
9.5 Row
9.5.1 South America
9.5.2 Middle East
9.5.3 Africa

10 Competitive Landscape (Page No. – 179)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis: Smart Manufacturing Market
10.3 Competitive Situation & Trends
10.3.1 Agreements, Mergers, Joint Ventures, And Partnerships
10.3.2 Product Launches & Developments
10.3.3 Expansions
10.3.4 Acquisitions

11 Company Profiles (Business Overview, Products And Services Offered, Recent Developments, Swot Analysis, And Mnm View)* (Page No. – 190)
11.1 Key Players
11.1.1 Stratatys
11.1.2 3d Systems
11.1.3 Daifuku
11.1.4 Jbt
11.1.5 Cisco
11.1.6 Ibm
11.1.7 Honeywell
11.1.8 Abb
11.1.9 Rockwell
11.1.10 GE
11.1.11 Schneider
11.1.12 Siemens
11.1.13 Emerson
11.1.14 Oracle
11.1.15 SAP
11.1.16 Yokogawa
11.2 Other Key Players
11.2.1 Cognex
11.2.2 Google
11.2.3 Intel
11.2.4 Keyence
11.2.5 Nvidia
11.2.6 Ptc
11.2.7 Samsung
11.2.8 Sony
11.2.9 Universal Robots

12 Appendix (Page No. – 284)
12.1 Insights Of Industry Experts
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】スマート製造の世界市場予測(~2023年):状態監視、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティング
【発行日】2018年10月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-6677
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
スマート製造の世界市場予測(~2023年):状態監視、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティングについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 水中トレンチャーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水中トレンチャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水中トレンチャー市場規模、技術別(ウォータージェット、機械切削)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水中トレンチャーの世界市場概要 ・水中トレンチャーの世界市場環境 ・水中トレンチャーの世界市場動向 ・水中トレンチャーの世界市場規模 ・水中トレンチャーの世界市場:業界構造分析 ・水中トレンチャーの世界市場:技術別(ウォータージェット、機械切削) ・水中トレンチャーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・水中トレンチャーのアメリカ市場規模・予測 ・水中トレンチャーのヨーロッパ市場規模・予測 ・水中トレンチャーのアジア市場規模・予測 ・水中トレンチャーの主要国分析 ・水中トレンチャーの世界市場:意思決定フレームワーク ・水中トレンチャーの世界市場:成長要因、課題 ・水中トレンチャーの世界市場:競争環境 ・水中トレンチャーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別
    MarketsandMarkets社は、押出コーティング用生分解性ポリマーのヨーロッパ市場規模が2019年403百万ドルから2024年829百万ドルまで年平均15.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA、その他)分析、基板別(紙・板紙、セルロースフィルム、その他)分析、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA、その他) ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:基板別(紙・板紙、セルロースフィルム、その他) ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装、その他) ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:地域別 ・ …
  • 会計における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、会計における人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、展開モード別分析、技術別分析、組織規模別分析、会計における人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、会計における人工知能(AI)の世界市場規模が2019年666百万ドルから2024年4791百万ドルまで年平均48.4%成長すると予測しています。
  • マイクロプリンティングの世界市場予測(~2024年)
    マイクロプリンティングの世界市場は、2019年の5億2,500万米ドルから2024年には6億7,000万米ドルに達し、この期間中5.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、銀行業界の規格や規制、マイクロプリンティング技術の進歩などが考えられます。また、成長を後押しする潜在的な好機としては、スマートコントラクトおよびデジタルID用のブロックチェーンソリューションの採用の増加、そして政府取り組みの強化などがあります。一方で、デジタル化の進展により、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、マイクロプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、基板の種類(プラスチック、紙、金属)分析、プリントタイプ(片面、両面)分析、タイプ(モノクロ、カラー)分析、用途(銀行・金融、行政、包装、医療、教育、企業)分析、マイクロプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Associated British Foods• Finsbury Food Group• Flowers Foods• Grupo Bimbo• Yamazaki Baking等です。
  • 世界のリターダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のリターダー市場2015について調査・分析し、リターダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 発電機販売の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、発電機販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、容量別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体ステッパー(縮小投影型露光装置)の世界市場
    当調査レポートでは、半導体ステッパー(縮小投影型露光装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体ステッパー(縮小投影型露光装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 越境EC(Eコマース)物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、越境EC(Eコマース)物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、越境EC(Eコマース)物流市場規模、サービス別(倉庫業、輸送)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Aramex, C.H. Robinson, CJ Logistics, DHL Group, FedEx, UPSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・越境EC(Eコマース)物流の世界市場概要 ・越境EC(Eコマース)物流の世界市場環境 ・越境EC(Eコマース)物流の世界市場動向 ・越境EC(Eコマース)物流の世界市場規模 ・越境EC(Eコマース)物流の世界市場:業界構造分析 ・越境EC(Eコマース)物流の世界市場:サービス別(倉庫業、輸送) ・越境EC(Eコマース)物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・越境EC(Eコマース)物流の北米市場規模・予測 ・越境EC(Eコマース)物流のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・越境EC(Eコマース)物流のア …
  • 物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別
    MarketsandMarkets社は、吸収性ガラスマット(AGM)バッテリーの世界市場規模が2019年102億ドルから2025年139億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場を統合的に調査・分析し、市場概要、電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上)分析、種類別(静止、動機)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:種類別(静止、動機) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その …
  • 微小球技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、微小球技術の世界市場について調査・分析し、微小球技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 微小球技術の世界市場:市場動向分析 - 微小球技術の世界市場:競争要因分析 - 微小球技術の世界市場:原材料別 ・セラミック微小球 ・フライアッシュ(セノスフェア)微小球 ・ガラス微小球 ・金属微小球 ・ポリマー微小球 ・その他 - 微小球技術の世界市場:種類別 ・固体微小球 ・中空微小球 ・常磁性微小球 ・磁性微小球 - 微小球技術の世界市場:用途別 ・医療技術 ・生命科学・バイオテクノロジー ・建築用複合材料 ・自動車 ・航空宇宙 ・石油・ガス ・塗料・コーティング ・化粧品・パーソナルケア ・その他 - 微小球技術の世界市場:主要地域別分析 - 微小球技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 微小球技術のヨーロッパ市場規模 - 微小球技術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・微小球技術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ローラーベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ローラーベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ローラーベアリングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CPVCパイプ・フィッティングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、CPVCパイプ・フィッティングの世界市場について調査・分析し、CPVCパイプ・フィッティングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別CPVCパイプ・フィッティングシェア、市場規模推移、市場規模予測、CPVCパイプ・フィッティング種類別分析(CPVCパイプ、CPVCフィッティング)、CPVCパイプ・フィッティング用途別分析(化学処理、工業生産、排水処理)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・CPVCパイプ・フィッティングの市場概観 ・CPVCパイプ・フィッティングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・CPVCパイプ・フィッティングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・CPVCパイプ・フィッティングの世界市場規模 ・CPVCパイプ・フィッティングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・CPVCパイプ・フィッティングのアメリカ市場規模推移 ・CPVCパイプ・フィッティングのカナダ市場規模推移 ・CPVCパイプ・フィッティングのメキシコ市場規模推移 ・CPV …
  • EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場
    当調査レポートでは、EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ピンチバブルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ピンチバブルの世界市場について調査・分析し、ピンチバブルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ピンチバブルシェア、市場規模推移、市場規模予測、ピンチバブル種類別分析()、ピンチバブル用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ピンチバブルの市場概観 ・ピンチバブルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ピンチバブルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ピンチバブルの世界市場規模 ・ピンチバブルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ピンチバブルのアメリカ市場規模推移 ・ピンチバブルのカナダ市場規模推移 ・ピンチバブルのメキシコ市場規模推移 ・ピンチバブルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ピンチバブルのドイツ市場規模推移 ・ピンチバブルのイギリス市場規模推移 ・ピンチバブルのロシア市場規模推移 ・ピンチバブルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ピンチバブルの日本市場規模推移 ・ピ …
  • 化粧品用顔料の世界市場予測:無機顔料、有機顔料
    当調査レポートでは、化粧品用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、成分別分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、化粧品用顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • MOOC(大規模公開オンライン講座)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、MOOC(大規模公開オンライン講座)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MOOC(大規模公開オンライン講座)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎デナベーションの世界市場:技術別(マイクロインフュージョン、超音波、高周波)、セグメント予測
    腎デナベーションの世界市場は2026年には10億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率43.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高血圧症の増加、ライフスタイルの変化、および腎デナベーションの持続的な治療効果が考えられます。本調査レポートでは、腎デナベーションの世界市場について調査・分析し、腎デナベーションの世界市場動向、腎デナベーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別腎デナベーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の高速鉄道市場2019
    本調査レポートでは、世界の高速鉄道市場2019について調査・分析し、高速鉄道の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、高速鉄道のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、高速鉄道メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・高速鉄道の市場概要 ・高速鉄道の上流・下流市場分析 ・高速鉄道のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速鉄道のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速鉄道のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・高速鉄道のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速鉄道の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速鉄道の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速鉄道の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・高速鉄道の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速鉄道のヨー …
  • 医薬品ロジスティクスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医薬品ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品ロジスティクス市場規模、サービス別(輸送、倉庫業)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医薬品ロジスティクスの世界市場概要 ・医薬品ロジスティクスの世界市場環境 ・医薬品ロジスティクスの世界市場動向 ・医薬品ロジスティクスの世界市場規模 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:サービス別(輸送、倉庫業) ・医薬品ロジスティクスの世界市場:製品別 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医薬品ロジスティクスの北米市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスのアジア太平洋市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスの主要国分析 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:成長要因、課題 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:競争環境 ・医薬品 …
  • コグニティブ・コンピューティングの世界市場分析:技術別(機械学習)、展開別(オンプレミス、クラウド)、用途別(BFSI、ヘルスケア、セキュリティ、小売、IT・電話通信、航空宇宙)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コグニティブ・コンピューティングの世界市場について調査・分析し、コグニティブ・コンピューティングの世界市場動向、コグニティブ・コンピューティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別コグニティブ・コンピューティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のシクロヘキサノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のシクロヘキサノール市場2015について調査・分析し、シクロヘキサノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の細動除去器市場2016
    本調査レポートでは、世界の細動除去器市場2016について調査・分析し、細動除去器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 児用調製乳及びベビーフードの世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、児用調製乳及びベビーフードの世界市場について調査・分析し、児用調製乳及びベビーフードの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヨーロッパの組み立て式家具(RTA家具)市場:住宅用RTA家具、オフィス用RTA家具
    当調査レポートでは、ヨーロッパの組み立て式家具(RTA家具)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの組み立て式家具(RTA家具)市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星型衛星航法補強システム(SBAS)の世界市場
    当調査レポートでは、衛星型衛星航法補強システム(SBAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星型衛星航法補強システム(SBAS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、サプライチェーン分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場
    当調査レポートでは、プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用潤滑剤の世界市場分析:製品別(プロセスオイル、一般オイル、金属加工用オイル、エンジンオイル)、用途別(金属加工、繊維、エネルギー、化学製造、食品加工、油圧)、セグメント予測
    本調査レポートでは、産業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、産業用潤滑剤の世界市場動向、産業用潤滑剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用潤滑剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 断熱塗料の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、断熱塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルビデオ市場:エコシステム企業のイシューおよびシナリオ
  • サイダー・パッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サイダー・パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サイダー・パッケージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバー戦争の世界市場2018–2025:用途別(防衛、政府、航空宇宙、家庭、コーポレート)、地域別
    本調査レポートでは、サイバー戦争の世界市場について調査・分析し、サイバー戦争の世界市場動向、サイバー戦争の世界市場規模、市場予測、セグメント別サイバー戦争市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の耐火物市場2015
    本調査レポートでは、世界の耐火物市場2015について調査・分析し、耐火物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エラストマーコーティッドファブリックスの世界市場予測(~2022年):シリコーン、TPO、TPU、ゴム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エラストマーコーティッドファブリックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、エラストマーコーティッドファブリックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用レーダーセンサーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用レーダーセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用レーダーセンサー市場規模、範囲別(広範囲(77GHz以上)、中範囲(76-77GHz)、小範囲(24GHz))分析、用途別(インテリジェンスパーキングアシスト(IPA)、前方車接近警報システム(FCWS)、死角検知(BSD)、レーンチェンジアシスト(LCA)、リヤクロストラフィックアラート(RCTA)、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、定速走行・車間距離制御装置(ACC)、その他)分析、車両種類別(商用車、低価格帯乗用車、高級乗用車、中価格帯乗用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用レーダーセンサーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用レーダーセンサーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用レーダーセンサーの世界市場:範囲別(広範囲(77GHz以上)、中範囲(76-77GHz)、小範囲(24GHz)) ・ 自動車用レーダーセンサーの世界市 …
  • ヒステロスコピーの世界市場予測(~2022年):鉗子、はさみ、子宮鏡、切除鏡
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒステロスコピーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、ヒステロスコピーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 抗精神病薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、抗精神病薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、抗精神病薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電BOS(Balance of System)の世界市場:市場規模、技術動向、コスト分析、主要国分析
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管造影の世界市場予測(~2022年):CT、MRI、X線、超音波、核イメージング
    当調査レポートでは、血管造影の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、処置別分析、用途別分析、需要先別分析、血管造影の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フルオロケミカルの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のフルオロケミカル市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・フルオロケミカルの世界市場:イントロダクション ・フルオロケミカルの世界市場:市場概観 ・フルオロケミカルの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・フルオロケミカルの世界市場:セグメント別市場分析 ・フルオロケミカルの世界市場:主要地域別市場分析 ・フルオロケミカルの世界市場:関連企業分析
  • 原子力発電の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、原子力発電の世界市場について調査・分析し、原子力発電の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 原子力発電の世界市場:市場動向分析 - 原子力発電の世界市場:競争要因分析 - 原子力の世界市場:技術別 ・加圧水型原子炉(PWR) ・沸騰水型原子炉(BWR) ・加重重水炉(PHWR) ・高温ガス冷却炉(HTGR) ・高速中性子炉(FBR) ・その他 - 原子力発電の世界市場:主要地域別分析 - 原子力発電の北米市場規模(アメリカ市場等) - 原子力発電のヨーロッパ市場規模 - 原子力発電のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・原子力発電の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • フレームアレスターの世界市場:タイプ別(インライン、エンドオブライン)、最終用途別(石油・ガス、化学、金属・鉱業、医薬品、廃棄物発電プラント)、用途別(貯蔵タンク、パイプライン、焼却炉、換気システム)、地域別予測
    本資料は、フレームアレスターの世界市場について調べ、フレームアレスターの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(インライン、エンドオブライン)分析、最終用途別(石油・ガス、化学、金属・鉱業、医薬品、廃棄物発電プラント)分析、用途別(貯蔵タンク、パイプライン、焼却炉、換気システム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フレームアレスターの世界市場概要 ・フレームアレスターの世界市場環境 ・フレームアレスターの世界市場動向 ・フレームアレスターの世界市場規模 ・フレームアレスターの世界市場規模:タイプ別(インライン、エンドオブライン) ・フレームアレスターの世界市場規模:最終用途別(石油・ガス、化学、金属・鉱業、医薬品、廃棄物発電プラント) ・フレームアレスターの世界市場規模:用途別(貯蔵タンク、パイプライン、焼却炉、換気システム) ・フレームアレスターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フレームアレスターの北米市場規模・予測 ・フレームアレスタ …
  • 電気絶縁体の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、電気絶縁体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気絶縁体市場規模、種類別(セラミック/陶器製、複合材製、ガラス製)分析、製品別(ピン碍子、茶台碍子、懸水碍子、その他)分析、電圧別分析(高電圧、低電圧、中電圧)分析、カテゴリー別(套管、その他)分析、用途別分析(母線、ケーブル・送電線、サージ防護機器、開閉装置、変圧器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電気絶縁体の世界市場:市場動向分析 ・ 電気絶縁体の世界市場:競争要因分析 ・ 電気絶縁体の世界市場:種類別(セラミック/陶器製、複合材製、ガラス製) ・ 電気絶縁体の世界市場:製品別(ピン碍子、茶台碍子、懸水碍子、その他) ・ 電気絶縁体の世界市場:電圧別分析(高電圧、低電圧、中電圧) ・ 電気絶縁体の世界市場:カテゴリー別(套管、その他) ・ 電気絶縁体の世界市場:用途別分析(母線、ケーブル・送電線、サージ防護機器、開閉装置、変圧器、その他) ・ 電気 …
  • スマートサーモスタットの世界市場分析:技術別(Wi-Fi、ZigBee、その他)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートサーモスタットの世界市場について調査・分析し、スマートサーモスタットの世界市場動向、スマートサーモスタットの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートサーモスタット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カナダの呼吸器用消耗品市場動向(~2021)
  • 世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015
    本調査レポートでは、世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015について調査・分析し、PLD(プログラマブルロジックデバイス)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポストプロダクションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ポストプロダクションの世界市場について調べ、ポストプロダクションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポストプロダクションの市場規模をセグメンテーション別(用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画)、技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はポストプロダクションの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポストプロダクションの市場状況 ・ポストプロダクションの市場規模 ・ポストプロダクションの市場予測 ・ポストプロダクションの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画) ・市場セグメンテーション:技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他) ・ポストプロダクションの顧客状況 ・主要地域別市場規模 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"