"列車用バッテリーの世界市場予測(~2025年):チューブラーゲル鉛蓄電池、VRLA、従来型、焼結ニッケルカドミウム電池、ファイバー、ポケット、リチウムイオン"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-6676)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"列車用バッテリーの世界市場予測(~2025年):チューブラーゲル鉛蓄電池、VRLA、従来型、焼結ニッケルカドミウム電池、ファイバー、ポケット、リチウムイオン"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The train battery market is estimated to grow from USD 470.5 million in 2018, and is projected to reach USD 703.2 million by 2025, at a CAGR of CAGR of 5.15%. Major factors driving the growth of this market include the increasing population that is driving the demand for rail transport.
Lithium-ion battery is projected to be the fastest growing battery type in the train battery market. The growth of lithium-ion battery can be attributed to the increasing demand for maintenance free battery for rail transport. Lead-acid battery is mainly used in rolling stocks at present. However, during the projected period, as lithium-ion batteries become economical, the industry is projected to shift toward them.

Bullet train is the fastest growing market for train battery amongst all the rolling stock types. In bullet trains, lead-acid is the largest segment followed by nickel-cadmium. However, by 2025 lithium-ion is projected to have the largest share of the bullet train battery market. The demand for bullet trains is increasing at a brisk rate in China, Spain, the US and the UK. China has also planned to launch an automated bullet train for Winter Olympics in 2022.

Auxiliary functions are the largest application of batteries used in trains. With the increasing demand for metros, monorails, bullet trains, and EMU, the demand for automatic doors, air conditioned coaches, and lighting and infotainment in trains is projected to increase. These applications require a battery box to provide a stable power. Thus, the requirement for battery boxes for auxiliary functions in trains is projected to remain the largest during the forecast period.

Autonomous trains are expected to be fully equipped with advanced features such as automated doors, infotainment systems, safety systems, passenger information systems, and advanced lighting. These features have a continuous and high-power requirement. This is projected to increase the demand for train batteries as all the manual operations that were handled by the driver would be managed by a computer. The power supply for autonomous trains needs to be stable and thus the requirement of batteries would increase significantly.

The train battery market for advanced trains has been projected from 2025 to 2030. Among the advanced train systems, the train battery market for autonomous trains is projected to be the largest by 2030. The requirement of autonomous trains for freight as well as passengers is projected to increase as the technology becomes commercially viable. As the safety system in autonomous trains requires additional power, the demand for batteries is projected to increase during the forecast period.

Currently, the Asia Pacific region is estimated to dominate the train battery market and is projected to be the largest and fastest growing market during the forecast period. The market growth in the region can be attributed to the upcoming demand for trains in India and China. China has plans to have 45,000 km of high-speed rail network by 2025, whereas India is planning to start operations of its first bullet train by 2022. The demand for bullet trains in the region is projected to grow at the fastest pace during the forecast period because of the growing population and increasing focus of the governments on reducing air pollution. This, in turn, would increase the demand for train batteries as the power requirement in bullet trains is significantly higher than other trains.

The high capital investments and operational costs required for the rail network act as a major restraint for the train battery market.
The major players in the train battery market are EnerSys (France), Toshiba (Japan), Saft (Germany), Exide Industries (India), Amara Raja (India), Hoppecke (Germany), and Hitachi (Japan), among others.

The increasing demand for maintenance free train batteries is projected to change the dynamics of the train battery market over the forecast period. Enersys has a wide product portfolio and has adopted expansion as the key strategy. In 2018, EnerSys established a Global Technology Center in Reading, US, which serves as the new hub for the company’s core engineering and technology teams. This will help the company develop new energy-efficient batteries and maintain their competitive edge.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"列車用バッテリーの世界市場予測(~2025年):チューブラーゲル鉛蓄電池、VRLA、従来型、焼結ニッケルカドミウム電池、ファイバー、ポケット、リチウムイオン"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives Of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered For the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources For Base Data
2.2.2 Key Secondary Sources For Market Sizing
2.2.3 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.5 Market Breakdown And Data Triangulation
2.6 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Train Battery Market– Global Market Trends
4.2 Train Battery Market, By Battery Type
4.3 Train Battery Market, By Battery Technology
4.4 Train Battery Market, By Application
4.5 Train Battery Market, By Advanced Trains
4.6 Train Battery Market, By Rolling Stock Type
4.7 Train Battery Market, By Region

5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Drivers
5.2.1 Population Growth & Urbanization To Increase the Demand For High-Speed Trains
5.2.2 Rise In Demand For Energy-Efficient Transport System
5.2.3 Increasing Demand For Comfort & Luxury In Trains
5.3 Restraints
5.3.1 High Capital Investment & Operating Costs Of High-Speed Rail Network
5.3.2 Government Regularized Rail Industry In Key Countries
5.4 Opportunities
5.4.1 Introduction Of High-Speed Trains In Developing Countries
5.4.2 Development Of Hybrid Rail Systems
5.4.3 Significant Growth Of Autonomous Trains
5.5 Challenge
5.5.1 Increase In Battery Capacity & Installation Requirements

6 Train Battery Market, By Battery Type (Page No. – 43)
(Note: This Chapter Has Been Further Segmented By Region Into Asia Pacific, Europe, North America And Row)
6.1 Introduction
6.2 Lead-Acid Battery
6.3 Nickel-Cadmium
6.4 Lithium-Ion

7 Train Battery Market, By Battery Technology (Page No. – 49)
(Note: This Chapter Has Been Further Segmented By Region Into Asia Pacific, Europe, North America And Row)
7.1 Introduction
7.2 Gel Tubular Lead-Acid Battery
7.3 Valve Regulated Lead-Acid Battery
7.4 Conventional Lead-Acid Battery
7.5 Sinter Pne Nickel–Cadmium Battery
7.6 Pocket Plate Nickel–Cadmium Battery
7.7 Fibre Pne Nickel–Cadmium Battery
7.8 Lithium-Ion

8 Train Battery Market, By Rolling Stock Type (Page No. -56)
(Note: This Chapter Has Been Further Segmented By Battery Type Into Lead Acid, Nickel Cadmium And Lithium Ion)
8.1 Introduction
8.2 Diesel Locomotive
8.3 DMU
8.4 Electric Locomotive
8.5 EMU
8.6 Metro
8.7 Bullet Train
8.8 Light Rail/Trams/Monorail
8.9 Passenger Coaches
8.1 Freight Wagon

9 Train Battery Market, By Application (Page No. – 69)
(Note: This Chapter Has Been Further Segmented By Region Into Asia Pacific, Europe, North America And Row)
9.1 Introduction
9.2 Starter Battery
9.3 Auxiliary Battery

10 Train Battery Market, By Advanced Trains (Page No. – 73)
(Note: This Chapter Has Been Further Segmented By Region Into Asia Pacific, Europe, North America And Row)
10.1 Introduction
10.2 Autonomous Trains
10.3 Hybrid Locomotive
10.4 Fully Battery-Operated Trains

11 Train Battery Market, By Region (Page No. – 79)
(Note: This Chapter Has Been Further Segmented By Battery Type Into Lead Acid, Nickel Cadmium, And Lithium Ion)
11.1 Introduction
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.2 India
11.2.3 Japan
11.2.4 South Korea
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.2 France
11.3.3 Uk
11.4 North America
11.4.1 Canada
11.4.2 Mexico
11.4.3 Us
11.5 Rest Of the World (Row)
11.5.1 Brazil
11.5.2 Russia

12 Competitive Landscape (Page No. – 101)
12.1 Introduction
12.2 Market Share Analysis
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Developments
12.3.2 Expansions
12.3.3 Mergers & Acquisitions
12.3.4 Partnerships/Agreements/Supply Contracts/Collaborations/Joint Ventures
12.3.5 Other Developments In Train Market

13 Company Profile (Page No. – 109)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Swot Analysis)*
13.1 Enersys
13.2 Hitachi
13.3 Saft Batteries
13.4 Exide Industries
13.5 Gs Yuasa
13.6 Amara Raja Batteries
13.7 Hoppecke
13.8 Sec Battery
13.9 First National Battery
13.1 Pibas Gmbh
13.11 Additional Company Profiles
13.11.1 North America
13.11.1.1 Exide Technologies
13.11.1.2 East Penn Manufacturing
13.11.2 Europe
13.11.2.1 Northstar
13.11.2.2 Aeg Power Solutions
13.11.2.3 Systems Sunlight
13.11.3 Asia Oceania
13.11.3.1 Furukawa Battery
13.11.3.2 Hunan Fengri Power & Electric
13.11.3.3 China Shoto
13.11.3.4 Coslight India
*Details On Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Swot Analysis, Might Not Be Captured In Case Of Unlisted Companies.

14 Appendix (Page No. – 132)
14.1 Primary Insights
14.2 Discussion Guide
14.3 Available Customizations
14.3.1 Train Battery Market By Country, By Application
14.3.2 Market By Country, By Rolling Stock, By Battery Type
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】列車用バッテリーの世界市場予測(~2025年):チューブラーゲル鉛蓄電池、VRLA、従来型、焼結ニッケルカドミウム電池、ファイバー、ポケット、リチウムイオン
【発行日】2018年10月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-6676
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
列車用バッテリーの世界市場予測(~2025年):チューブラーゲル鉛蓄電池、VRLA、従来型、焼結ニッケルカドミウム電池、ファイバー、ポケット、リチウムイオンについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポリオレフィン(POF)シュリンクフィルムの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ポリオレフィン(POF)シュリンクフィルムの世界市場について調査・分析し、ポリオレフィン(POF)シュリンクフィルムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ポリオレフィン(POF)シュリンクフィルムの世界市場規模:製品別分析 ・ポリオレフィン(POF)シュリンクフィルムの世界市場規模:用途別分析 ・ポリオレフィン(POF)シュリンクフィルムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 風力タービン用鋳造品の世界市場分析:タイプ別(水平軸、垂直軸)、用途別(オンショア、オフショア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力タービン用鋳造品の世界市場について調査・分析し、風力タービン用鋳造品の世界市場動向、風力タービン用鋳造品の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力タービン用鋳造品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 段ボール紙の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、段ボール紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、段ボール紙市場規模、製品別(再生品、未使用品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・段ボール紙の世界市場概要 ・段ボール紙の世界市場環境 ・段ボール紙の世界市場動向 ・段ボール紙の世界市場規模 ・段ボール紙の世界市場:業界構造分析 ・段ボール紙の世界市場:製品別(再生品、未使用品) ・段ボール紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・段ボール紙のアメリカ市場規模・予測 ・段ボール紙のヨーロッパ市場規模・予測 ・段ボール紙のアジア市場規模・予測 ・段ボール紙の主要国分析 ・段ボール紙の世界市場:意思決定フレームワーク ・段ボール紙の世界市場:成長要因、課題 ・段ボール紙の世界市場:競争環境 ・段ボール紙の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤の概要 ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターフェロン-アルファ/ベータ受容体結合剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(短鎖長、中鎖長)分析、生産方法別(砂糖発酵、植物油発酵、メタン発酵)分析、用途別分析、ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場規模が2019年57百万ドルから2024年98百万ドルまで年平均11.2%成長すると予測しています。
  • モバイル端末向けアンチマルウェアソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、モバイル端末向けアンチマルウェアソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル端末向けアンチマルウェアソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ネットワーク機能仮想化(NFV)の世界市場規模が2019年129億ドルから2024年363億ドルまで年平均22.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)分析、仮想化ネットワーク機能別(計算、ストレージ、ネットワーク)分析、用途別(仮想アプライアンス、コアネットワーク)分析、エンドユーザー別(サービスプロバイダー、データセンター、企業)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス) ・世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:仮想化ネットワーク機能別(計算、ストレ …
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デジタルフォトフレームの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルフォトフレームの世界市場について調べ、デジタルフォトフレームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルフォトフレームの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、電源別(電気駆動、電池駆動)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルフォトフレームの世界市場規模が2019-2023期間中に年平1%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルフォトフレームの市場状況 ・デジタルフォトフレームの市場規模 ・デジタルフォトフレームの市場予測 ・デジタルフォトフレームの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:電源別(電気駆動、電池駆動) ・デジタルフォトフレームの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフ …
  • 肝疾患治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肝疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肝疾患治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 肝臓は、損傷を受けても完全に回復することができる、身体の中でもっとも大きな臓器です。しかしながら、長い間治療を受けずに肝臓に負担をかけ続ける事は、死につながることもあります。ウイルス性肝炎は世界中の多くの人々が罹患している肝臓の主な病気の一つですが、ウイルスの感染によるものであり、汚染された食料や水を通じて広まります。Technavio社は肝疾患治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• F. Hoffmann-la Roche• Gilead• GlaxoSmithKline• Merck等です。
  • 中国の血栓管理装置市場(~2021)
  • リジットダンプカーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、リジットダンプカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リジットダンプカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はリジットダンプカーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Caterpillar、Komatsu、Hitachi Construction Machinery、XCMG Group等です。
  • バスバーの世界市場:伝導体別(銅、アルミニウム)、電力定格別(低電力、中電力、高電力)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、バスバーの世界市場について調べ、バスバーの世界規模、市場動向、市場環境、伝導体別(銅、アルミニウム)分析、電力定格別(低電力、中電力、高電力)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バスバーの世界市場概要 ・バスバーの世界市場環境 ・バスバーの世界市場動向 ・バスバーの世界市場規模 ・バスバーの世界市場規模:伝導体別(銅、アルミニウム) ・バスバーの世界市場規模:電力定格別(低電力、中電力、高電力) ・バスバーの世界市場規模:エンドユーザー別 ・バスバーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バスバーの北米市場規模・予測 ・バスバーのアメリカ市場規模・予測 ・バスバーのヨーロッパ市場規模・予測 ・バスバーのアジア市場規模・予測 ・バスバーの日本市場規模・予測 ・バスバーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の酢酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸カリウム市場2016について調査・分析し、酢酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のHDPEパイプ市場2016
    本調査レポートでは、世界のHDPEパイプ市場2016について調査・分析し、HDPEパイプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用冷却の世界市場2016-2020:商用ウォークインクーラー、商用冷蔵ショーケース、飲料用冷蔵庫、製氷機
    当調査レポートでは、商用冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、商用冷却の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 局所麻酔薬の世界市場2018–2025:製品別(ブピバカイン、ロピバカイン、リドカイン、クロロプロカイン、プリロカイン、ベンゾカイン)、用途別
    本調査レポートでは、局所麻酔薬の世界市場について調査・分析し、局所麻酔薬の世界市場動向、局所麻酔薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別局所麻酔薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3D金属印刷の世界市場分析:製品別(チタン、ニッケル、スチール、アルミニウム)、用途別(航空宇宙・防衛、自動車、医療・歯科)、形状別(粉末、フィラメント)、地域別、国別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3D金属印刷の世界市場について調査・分析し、3D金属印刷の世界市場動向、3D金属印刷の世界市場規模、市場予測、セグメント別3D金属印刷市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPI3K/AKT/mTOR経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤の概要 ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のPI3K/AKT/mTOR経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場分析:用途別(ポリエステルポリオール、化粧品、粉体塗料、潤滑油)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場について調査・分析し、オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場動向、オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別オクタデカン二酸(ODDA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 有機種子の世界市場~2022:作物タイプ別(野菜種子、農作物種子、果物・ナッツ類、その他)
    本調査レポートでは、有機種子の世界市場について調査・分析し、有機種子の世界市場動向、有機種子の世界市場規模、市場予測、セグメント別有機種子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バーキットリンパ腫治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バーキットリンパ腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バーキットリンパ腫治療薬市場規模、薬物分類別(生物学的、小分子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Biogen, F. Hoffmann-La Roche, Merck Sharp & Dohme, Novartis, Spectrum Pharmaceuticalsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場概要 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場環境 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場動向 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場規模 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場:薬物分類別(生物学的、小分子) ・バーキットリンパ腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バーキットリンパ腫治療薬の北米市場規模・予測 ・バーキットリンパ腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模 …
  • 先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)の概要 ・先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の先天性代謝性障害(Inherited Metabolic Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • フィールドサービス管理(FSM)ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィールドサービス管理(FSM)ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィールドサービス管理(FSM)ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スパウトパウチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スパウトパウチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパウトパウチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データラングリングの世界市場:業務機能別、構成要素別、産業別、地域別予測
    本資料は、データラングリングの世界市場について調べ、データラングリングの世界規模、市場動向、市場環境、業務機能別分析、構成要素別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データラングリングの世界市場概要 ・データラングリングの世界市場環境 ・データラングリングの世界市場動向 ・データラングリングの世界市場規模 ・データラングリングの世界市場規模:業務機能別 ・データラングリングの世界市場規模:構成要素別 ・データラングリングの世界市場規模:産業別 ・データラングリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・データラングリングの北米市場規模・予測 ・データラングリングのアメリカ市場規模・予測 ・データラングリングのヨーロッパ市場規模・予測 ・データラングリングのアジア市場規模・予測 ・データラングリングの日本市場規模・予測 ・データラングリングの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場分析:輸送別(道路、鉄道、水路、航空路)、エンドユーザー別(製造、小売、ヘルスケア、自動車)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場について調査・分析し、サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場動向、サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場規模、市場予測、セグメント別サードパーティー・ロジスティクス(3PL)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:日本の治療薬市場
  • スマート鉄道システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート鉄道システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート鉄道システムの世界市場規模及び予測、ソリューション、デバイス、構成品市場分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 両性界面活性剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、両性界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、両性界面活性剤市場規模、用途別(パーソナルケア、ホームケア・産業用洗浄、農薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・両性界面活性剤の世界市場概要 ・両性界面活性剤の世界市場環境 ・両性界面活性剤の世界市場動向 ・両性界面活性剤の世界市場規模 ・両性界面活性剤の世界市場:業界構造分析 ・両性界面活性剤の世界市場:用途別(パーソナルケア、ホームケア・産業用洗浄、農薬、その他) ・両性界面活性剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・両性界面活性剤の北米市場規模・予測 ・両性界面活性剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・両性界面活性剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・両性界面活性剤の主要国分析 ・両性界面活性剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・両性界面活性剤の世界市場:成長要因、課題 ・両性界面活性剤の世界市場:競争環境 ・両性界面活性剤の世界市場: …
  • インドネシアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 脱毛クリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脱毛クリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脱毛クリームの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フードサービス用消耗品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フードサービス用消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フードサービス用消耗品市場規模、原材料別(プラスチック、紙、アルミニウム、その他)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フードサービス用消耗品の世界市場概要 ・フードサービス用消耗品の世界市場環境 ・フードサービス用消耗品の世界市場動向 ・フードサービス用消耗品の世界市場規模 ・フードサービス用消耗品の世界市場:業界構造分析 ・フードサービス用消耗品の世界市場:原材料別(プラスチック、紙、アルミニウム、その他) ・フードサービス用消耗品の世界市場:製品別 ・フードサービス用消耗品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・フードサービス用消耗品のアメリカ市場規模・予測 ・フードサービス用消耗品のヨーロッパ市場規模・予測 ・フードサービス用消耗品のアジア市場規模・予測 ・フードサービス用消耗品の主要国分析 ・フードサービス用消耗品の世界市場:意思 …
  • 世界のオーファンドラッグ(希用薬)パイプライン&規制インサイト2025
  • 金属および金属製造産業用ガスの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、金属および金属製造産業用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、貯蔵別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の腸鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の腸鏡市場2016について調査・分析し、腸鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コントロールバルブの世界市場予測(~2024年):ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チェック、プラグ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コントロールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チェック、プラグ)分析、バルブサイズ別分析、バルブコンポーネント別(アクチュエーター、バルブ本体、その他)分析、産業別(石油・ガス、水・廃水処理、エネルギー・電力)分析、コントロールバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターベンショナルラジオロジーの世界市場
    当調査レポートでは、インターベンショナルラジオロジーの世界市場について調査・分析し、インターベンショナルラジオロジーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - インターベンショナルラジオロジーの世界市場:市場動向分析 - インターベンショナルラジオロジーの世界市場:競争要因分析 - インターベンショナルラジオロジーの世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・カテーテル法研究所 ・病院 ・その他 - インターベンショナルラジオロジーの世界市場:用途別 ・循環器科 ・泌尿器科&腎臓内科 ・腫瘍 ・胃腸科 ・その他 - インターベンショナルラジオロジーの世界市場:処置別 ・血管造影 ・バルーン血管形成 ・生検およびドレナージ ・塞栓 ・腎瘻造設 ・高周波アブレーション ・血栓溶解 ・椎体形成術-椎骨形成術 ・その他 - インターベンショナルラジオロジーの世界市場:製品の種類別 ・コンピューター断層撮影 ・磁気共鳴画像法 ・超音波 ・X線 - インターベンショナルラジオロジーの世界市場:主要地域別分析 - …
  • オプトエレクトロニクスの世界市場:用途別(バックライト制御、利便性・気候、照明、位置センサー、安全性)、デバイス別(LED、イメージセンサー、赤外線コンポーネント、半導体レーザー、オプトカプラー)、車両別、市場チャネル別、電気自動車別、地域別予測
    本資料は、オプトエレクトロニクスの世界市場について調べ、オプトエレクトロニクスの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(バックライト制御、利便性・気候、照明、位置センサー、安全性)分析、デバイス別(LED、イメージセンサー、赤外線コンポーネント、半導体レーザー、オプトカプラー)分析、車両別分析、市場チャネル別分析、電気自動車別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オプトエレクトロニクスの世界市場概要 ・オプトエレクトロニクスの世界市場環境 ・オプトエレクトロニクスの世界市場動向 ・オプトエレクトロニクスの世界市場規模 ・オプトエレクトロニクスの世界市場規模:用途別(バックライト制御、利便性・気候、照明、位置センサー、安全性) ・オプトエレクトロニクスの世界市場規模:デバイス別(LED、イメージセンサー、赤外線コンポーネント、半導体レーザー、オプトカプラー) ・オプトエレクトロニクスの世界市場規模:車両別 ・オプトエレクトロニクスの世界市場規模: …
  • 商用テレマティクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用テレマティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用テレマティクスの世界市場規模及び予測、技術別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オピオイドの世界市場:製品別(IR/短時間作用型、 ER/長時間作用型)、 用途別(疼痛緩和、麻酔)、地域別
    本調査レポートでは、オピオイドの世界市場について調査・分析し、オピオイドの世界市場動向、オピオイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別オピオイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウェアラブルディスプレイの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェアラブルディスプレイの世界市場について調べ、ウェアラブルディスプレイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェアラブルディスプレイの市場規模をセグメンテーション別(製品別(OLEDディスプレイ、TFT LCD、マイクロLEDディスプレイ)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社はウェアラブルディスプレイの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均31%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウェアラブルディスプレイの市場状況 ・ウェアラブルディスプレイの市場規模 ・ウェアラブルディスプレイの市場予測 ・ウェアラブルディスプレイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(OLEDディスプレイ、TFT LCD、マイクロLEDディスプレイ) ・ウェアラブルディスプレイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EM …
  • ヨウ素の世界市場
    当調査レポートでは、ヨウ素の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ヨウ素の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ヨウ素の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ヨウ素のアメリカ市場規模予測 ・ヨウ素のヨーロッパ市場規模予測 ・ヨウ素のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 排熱回収装置の世界市場動向・予測(~2021年)
    当調査レポートでは、排熱回収装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、排熱回収装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット用ギア・スプロケットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ロボット用ギア・スプロケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ロボット用ギア・スプロケットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Wi-Fiホットスポットの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、Wi-Fiホットスポットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Wi-Fiホットスポット市場規模、コンポーネント別(モバイルホットスポットデバイス、ワイヤレスホットスポットコントローラ、ワイヤレスホットスポットゲートウェイ、その他)分析、サービス別(インストール・統合サービス、マネージドサービス、プロフェッショナルサービス、コンサルティングサービス)分析、用途別(教育、金融サービス、ヘルスケア、ホスピタリティ、小売、通信・IT、交通、その他)分析、ソフトウェア別(Wi-Fiセキュリティソフトウェア、Wi-Fiホットスポット請求ソフトウェア、クラウドベースホットスポット管理、集中型ホットスポット管理)分析、エンドユーザー別(サービスプロバイダ、企業、政府、ネットワークオペレータ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ Wi-Fiホットスポットの世界市場:市場動向分析 ・ Wi-Fiホットスポットの世界市場:競争要 …
  • チミジンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるチミジンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・チミジンキナーゼ阻害剤の概要 ・チミジンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のチミジンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・チミジンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・チミジンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のVAR(付加価値再販業者)における指紋認証市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界のVAR(付加価値再販業者)における指紋認証市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界のVAR(付加価値再販業者)における指紋認証市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の混合金属安定剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の混合金属安定剤市場2015について調査・分析し、混合金属安定剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 在宅医療の世界市場予測(~2022年):製品、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、ソフトウェア・サービス別分析、地域別分析、在宅医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"