"イネ科種子の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI-6678)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"イネ科種子の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The rice seeds market is estimated to account for USD 5.47 billion in 2018 and is projected to reach USD 7.62 billion by 2023, at a CAGR of 6.85% during the forecast period. The benefits associated with the adoption of commercial rice seeds is a major factor contributing to the growth of this market globally. The economic growth of the in developing countries and the increased R&D expenses in the agriculture industry drives the growth of this market.
According to the International Seed Federation (ISF), rice accounted for nearly 5% of the global commercial seeds market in 2014. The major seed manufacturing companies have been expanding their product portfolio in the Asian countries. Strong support from the government in terms of subsidies for hybrid seeds has encouraged farmers to adopt this technology in developing countries as well. The decline in prices of hybrid seeds, to bridge the difference between hybrids and OPV seeds, has also encouraged key players to invest in the market.

Open-pollinated varieties were estimated to dominate the rice seeds market in 2018. Increasing adoption of hybrid seeds and increasing seed replacement rate across the countries of Asia Pacific, particularly in India, Thailand, China, and Vietnam is projected to impact the market growth; however, due to the high prices of hybrid seeds, its adoption has been limited to these developing countries. According to industry experts, even though the consumption of hybrid seeds has been exponentially increasing, particularly in China and India, and hybrid seeds have been increasingly preferred by farmers, the market is dominated by open-pollinated varieties owing to the high price of the hybrids.

The advent of genetically modified rice seeds was projected to boost the rice seeds market, after the success of Bt cotton. Majority of the key players have also invested in the development and support of GM rice projects. The Golden Rice Project supported by Syngenta and the development of GM rice seeds by Mahyco was scheduled to be commercialized in the past few years. However, the stringent regulations against GM technology for edible crops have hindered the commercialization of this technology, and multiple projects got shelved due to the regulatory policies.

Asia Pacific accounted for the largest share in the rice seeds market in 2017, followed by North America due to the high adoption of commercial open-pollinated varieties and hybrid rice seeds over farm-saved seeds to increase rice yield in countries such as China, India, Thailand, and the US. Development of improved hybrid seeds and the subsidy benefits provided by the government to encourage adoption of hybrid seeds over farm-saved or OPV seeds have contributed to the growth for this market. The major factors restraining the adoption of hybrid seeds are their high cost as compared to OPV seeds and the lack of awareness about the advantages of hybrids on crop yield and profit margins. Also, lack of skilled professionals and infrastructural facilities in the developing countries for hybridization techniques is projected to hinder the growth potential of this market.

The global market for rice seeds is dominated by key players such as Bayer (Germany), DowDuPont (US), Syngenta (Switzerland), Advanta Seeds (UPL) (India), and Nuziveedu Seeds (India). Some of the emerging players in the rice seeds market include Mahyco (India), BASF (Germany), Kaveri Seeds (India), SL Agritech (Philippines), Rasi seeds (India), Rallis (India), JK Seeds (India), Hefei Fengle (China), LongPing (China), Guard Agri (Pakistan), and National Seeds Corporation (India).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"イネ科種子の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 28)

4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Opportunities in this Market
4.2 Rice Seeds Market, By Type
4.3 Asia Pacific: Rice Seeds Market, By Grain Size & Country
4.4 Rice Seeds Market, By Treatment & Region
4.5 Market Share, By Key Country

5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Macroeconomic Indicators
5.2.1 Growing Necessity for Increase in Food Production
5.2.1.1 Growth in Global Population Levels
5.2.1.2 Decline in Arable Land
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increase in Seed Replacement Rate
5.3.1.2 Improved Varieties of Hybrid Seeds for Rice
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Low Margin for Industrial Crops
5.3.2.2 Government Regulations on Genetic Modifications
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Advent of New Technologies
5.3.3.1.1 Hybrid Technology
5.3.3.1.2 Molecular Breeding
5.3.3.2 Increase in Export Varieties
5.3.3.3 Price Drop in Rice Hybrids
5.3.4 Challenges:
5.3.4.1 Commercialization of Fake Hybrid Rice Seeds and Counterfeit of Products
5.4 Regulatory Framework
5.4.1 North America
5.4.1.1 US
5.4.1.2 Canada
5.4.2 European Union
5.4.3 Asia Pacific
5.4.3.1 India
5.4.3.2 China
5.4.3.3 Bangladesh:
5.4.4 Brazil
5.4.5 South Africa
5.5 Supply Chain Analysis
5.6 Patent Analysis

6 Rice Seeds Market, By Type (Page No. – 61)
6.1 Introduction
6.2 Open-Pollinated Varieties (OPV)
6.3 Hybrids

7 Rice Seeds Market, By Hybridization Technique (Page No. – 67)
7.1 Introduction
7.2 Two-Line System
7.3 Three-Line System

8 Rice Seeds Market, By Treatment (Page No. – 72)
8.1 Introduction
8.2 Treated
8.3 Untreated

9 Rice Seeds Market, By Grain Size (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 Long Grains
9.3 Medium-Sized Grains
9.4 Short Grains

10 Rice Seeds Market, By Region (Page No. – 82)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Italy
10.3.2 Spain
10.3.3 Russia
10.3.4 Greece
10.3.5 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 India
10.4.3 Thailand
10.4.4 Vietnam
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.2 Peru
10.5.3 Argentina
10.5.4 Rest of South America
10.6 Rest of the World (RoW)
10.6.1 Nigeria
10.6.2 Egypt
10.6.3 Others in RoW

11 Competitive Landscape (Page No. – 125)
11.1 Overview
11.2 Company Share Analysis and Rankings
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Mergers & Acquisitions
11.3.2 New Product Launches
11.3.3 Agreements, Partnerships, and Joint Ventures

12 Company Profiles (Page No. – 131)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Bayer
12.2 Dowdupont
12.3 Syngenta
12.4 UPL Advanta
12.5 Nuziveedu Seeds
12.6 Kaveri Seeds
12.7 Rallis India Limited
12.8 Mahyco
12.9 SL Agritech
12.10 Rasi Seeds
12.11 Guard Agri
12.12 JK Seeds
12.13 Hefei Fengle Seeds
12.14 Krishidhan Seeds
12.15 National Seed Corporation
12.16 BASF
12.17 Long Ping Hi-Tech Seeds

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 172)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】イネ科種子の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI-6678
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
イネ科種子の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 喉頭鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、喉頭鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、喉頭鏡市場規模、製品別(ビデオ咽頭鏡、標準咽頭鏡、光ファイバー咽頭鏡)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・喉頭鏡の世界市場概要 ・喉頭鏡の世界市場環境 ・喉頭鏡の世界市場動向 ・喉頭鏡の世界市場規模 ・喉頭鏡の世界市場:業界構造分析 ・喉頭鏡の世界市場:製品別(ビデオ咽頭鏡、標準咽頭鏡、光ファイバー咽頭鏡) ・喉頭鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・喉頭鏡の北米市場規模・予測 ・喉頭鏡のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・喉頭鏡のアジア太平洋市場規模・予測 ・喉頭鏡の主要国分析 ・喉頭鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・喉頭鏡の世界市場:成長要因、課題 ・喉頭鏡の世界市場:競争環境 ・喉頭鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Ambu、Hill-Rom Holdings、KARL STORZ、Medtronic、Olympus …
  • 単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の単純ヘルペス脳炎(Herpes Simplex Encephalitis)治療薬剤
  • 圧力伝送器の世界市場予測(~2024年):絶対圧、ゲージ圧、差圧、多変数
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、圧力伝送器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(絶対圧、ゲージ圧、差圧、多変数)分析、用途別分析、フルードタイプ別分析、産業別(石油・ガス、化学品、電力、医薬品、食品・飲料)分析、圧力伝送器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーガニック生理用ナプキンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オーガニック生理用ナプキンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーガニック生理用ナプキンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアITコンサルティングの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヘルスケアITコンサルティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ヘルスケアITコンサルティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非血管ステントの世界市場:胃腸用ステント、泌尿器科用ステント、肺用ステント
    当調査レポートでは、非血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非血管ステントの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リハビリ機器の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、リハビリ機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、リハビリ機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トップ10バイオプロセス技術の世界市場予測(~2021):細胞培養、細胞増殖、細胞数、細胞株開発、フローサイトメトリー、シングルユースバイオプロセス、バイオロジクス安全性試験、タンジェント流ろ過、ウイルスろ過、地域別 分析
  • 包装用アルミキャップの世界市場予測2019-2024
    「包装用アルミキャップの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、アルミラウンドキャップ、アルミアルミトップエンボスキャップ、アルミツイストオフキャップ、アルミディクショナリキャップなど、用途別には、Food and Beverage Industries、Pharmaceutical Industry、Personal Care Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。包装用アルミキャップのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・包装用アルミキャップの世界市場概要(サマリー) ・包装用アルミキャップの企業別販売量・売上 ・包装用アルミキャップの企業別市場シェア ・包装用アルミキャップの世界市場規模:種類別(アルミラウンドキャップ、アルミアルミトップエンボスキャップ、アルミツイストオフキャップ、アルミディクショナリキャップ) ・包装用アルミキャップの世界市場規模:用途別(Food and Be …
  • eスポーツの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、eスポーツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、収益の流れ(メディア著作権、チケット・商品、スポンサーシップ・直接広告、広告料)別分析、eスポーツの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 商用航空機着陸装置の世界市場2014-2025:装置の位置別(主脚、前脚)、構成要素別(作動システム、操向システム)、航空機別、配列別
    本調査レポートでは、商用航空機着陸装置の世界市場について調査・分析し、商用航空機着陸装置の世界市場動向、商用航空機着陸装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別商用航空機着陸装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場:用途別(ベーカリー製品、菓子類、乳製品、食品ミックス、その他)、販売チャネル別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインストア、卸売業者)
    本資料は、脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場について調べ、脱脂粉乳(スキムミルク)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(ベーカリー製品、菓子類、乳製品、食品ミックス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場概要 ・脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場環境 ・脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場動向 ・脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場規模 ・脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場:用途別(ベーカリー製品、菓子類、乳製品、食品ミックス、その他) ・脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場:販売チャネル別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインストア、卸売業者) ・脱脂粉乳(スキムミルク)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脱脂粉乳(スキムミルク)の北米市場規模・予測 ・脱脂粉乳(スキムミルク)のアメリカ市場規模・予測 ・脱脂粉乳(スキムミルク)のヨーロッパ市場規模・予測 ・脱脂粉乳( …
  • ルーマニアの太陽光発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界及び米国の口腔洗浄器市場2017-2022
  • アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場:用途別(電化製品、自動車、電機・電子機器、消費財)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場について調査・分析し、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場動向、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3Dマッピングおよびモデリングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、3Dマッピングおよびモデリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dマッピングおよびモデリングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料自動販売機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品・飲料自動販売機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品・飲料自動販売機市場規模、用途別(飲料、食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品・飲料自動販売機の世界市場概要 ・食品・飲料自動販売機の世界市場環境 ・食品・飲料自動販売機の世界市場動向 ・食品・飲料自動販売機の世界市場規模 ・食品・飲料自動販売機の世界市場:業界構造分析 ・食品・飲料自動販売機の世界市場:用途別(飲料、食品) ・食品・飲料自動販売機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品・飲料自動販売機のアメリカ市場規模・予測 ・食品・飲料自動販売機のヨーロッパ市場規模・予測 ・食品・飲料自動販売機のアジア市場規模・予測 ・食品・飲料自動販売機の主要国分析 ・食品・飲料自動販売機の世界市場:意思決定フレームワーク ・食品・飲料自動販売機の世界市場:成長要因、課題 ・食品・飲料自動販売機の世界市場:競争環境 ・食品・飲料自動販売機の世界市 …
  • アレルギー性鼻炎薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アレルギー性鼻炎薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アレルギー性鼻炎薬の世界市場規模及び予測、剤形別分析、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クリケット用品の世界市場
    当調査レポートでは、クリケット用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリケット用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ファンタジースポーツの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ファンタジースポーツの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ファンタジースポーツ市場規模、種類別(サッカー、野球、フットボール、バスケットボール、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ファンタジースポーツの世界市場概要 ・ファンタジースポーツの世界市場環境 ・ファンタジースポーツの世界市場動向 ・ファンタジースポーツの世界市場規模 ・ファンタジースポーツの世界市場:業界構造分析 ・ファンタジースポーツの世界市場:種類別(サッカー、野球、フットボール、バスケットボール、その他) ・ファンタジースポーツの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ファンタジースポーツの北米市場規模・予測 ・ファンタジースポーツのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ファンタジースポーツのアジア太平洋市場規模・予測 ・ファンタジースポーツの主要国分析 ・ファンタジースポーツの世界市場:意思決定フレームワーク ・ファンタジースポーツ …
  • イギリスの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 配電産業向け電気機器の世界市場:スイッチギヤ、電力ケーブル、配電変圧器、スマートメーター
    当調査レポートでは、配電産業向け電気機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、配電産業向け電気機器の世界市場規模及び予測、機器種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフレベリングコンクリートの世界市場2018-2022
    セルフレベリングコンクリートは、高い圧縮強度および流動特性を有する高分子改質セメントであり、主に滑らかで平坦な表面を作るために使用されます。Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間に、世界のセルフレベリングコンクリート市場が4.81%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Oranoなどです。 当調査レポートでは、セルフレベリングコンクリートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セルフレベリングコンクリート市場規模、製品別(下葺材、トッピング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場概要 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場環境 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場動向 ・セルフレベリングコンクリートの世界市場規模 ・セル …
  • 医療用電子機器の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、医療用電子機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、コンポーネント別(センサー、MCU / MPU、ディスプレイ、メモリデバイス、バッテリー)分析、用途別(患者モニタリング、画像診断、医療用インプラント)分析、製品別(侵襲的、非侵襲的)分析、医療用電子機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医療用電子機器の世界市場規模が2019年51億ドルから2025年66億ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。
  • 韓国の肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • ソフトウェア定義セキュリティ(SDS)の世界市場予測(~2021年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、ソフトウェア定義セキュリティ(SDS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入形態別分析、需要先別分析、地域別分析、ソフトウェア定義セキュリティ(SDS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy)の概要 ・拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・拡張型心筋症(Dilated Cardiomyopathy)治療薬の評価    …
  • 炭疽(Anthrax):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における炭疽(Anthrax)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、炭疽(Anthrax)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・炭疽(Anthrax)の概要 ・炭疽(Anthrax)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の炭疽(Anthrax)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・炭疽(Anthrax)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・炭疽(Anthrax)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 魚粉・魚油の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、魚粉・魚油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、原料別分析、家畜別分析、用途別分析、地域別分析、魚粉・魚油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドデータベースの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、クラウドデータベースの世界市場について調査・分析し、クラウドデータベースの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クラウドデータベースの世界市場:市場動向分析 - クラウドデータベースの世界市場:競争要因分析 - クラウドデータベースの世界市場:データベース別 ・SQLデータベース ・非SQLデータベース - クラウドデータベースの世界市場:モデル別 ・サービスモデル ・展開モデル - クラウドデータベースの世界市場:用途別 ・医療 ・IT・通信 ・行政 ・銀行・金融サービス・保険(BFSI) ・学術 ・その他 - クラウドデータベースの世界市場:ソフトウェア別 ・データベースの暗号化 ・バックアップと復元 ・データ位取りとレプリケーション ・データベースアプリケーションビルダー ・その他 - クラウドデータベースの世界市場:エンドユーザー別 ・中小企業 ・大企業 - クラウドデータベースの世界市場:サービス別 ・訓練・コンサルティング ・サポート・メンテナンス - クラウドデータベー …
  • 心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場予測:CM別、CRM別、エンドユーザー別
    MarketsandMarkets社は、心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場規模が2019年207億ドルから2024年250億ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、CM別(ECG、ILR、イベントモニター、MCT)分析、CRM別(除細動器(ICD(CRT D)、外部除細動器(AED))、ペースメーカー(CRT P、デュアルチャンバーペースメーカー))分析、エンドユーザー別(病院)分析、心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、用途別分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場規模が2019年868百万ドルから2024年1791百万ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。
  • 世界のLTE市場およびMBBスペクトラム
  • オオバコの種子の世界市場
    当調査レポートでは、オオバコの種子の世界市場について調査・分析し、オオバコの種子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - オオバコの種子の世界市場:市場動向分析 - オオバコの種子の世界市場:競争要因分析 - オオバコの種子の世界市場:用途別 ・製造業 ・ロジスティクス産業 ・小売業 ・動物飼料 ・治療用 ・工業用 ・美容産業 ・食品産業 ・医薬品産業 - オオバコの種子の世界市場:製品の種類別 ・プラスチックパレット ・木製パレット ・その他 - オオバコの種子の世界市場:主要地域別分析 - オオバコの種子の北米市場規模(アメリカ市場等) - オオバコの種子のヨーロッパ市場規模 - オオバコの種子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・オオバコの種子の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 滅菌監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、滅菌監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌監視市場規模、製品別(BIs、CIs)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Cantel Medical, Cardinal Health, Mesa Labs, Sterisなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・滅菌監視の世界市場概要 ・滅菌監視の世界市場環境 ・滅菌監視の世界市場動向 ・滅菌監視の世界市場規模 ・滅菌監視の世界市場:業界構造分析 ・滅菌監視の世界市場:製品別(BIs、CIs) ・滅菌監視の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関) ・滅菌監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滅菌監視の北米市場規模・予測 ・滅菌監視のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・滅菌監視のアジア太平洋市場規模・予測 ・滅菌監視の主要国分析 ・滅菌監視の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 熱伝達流体の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、熱伝達流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱伝達流体の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維強化ポリマ(FRP)パネル&シートの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、繊維強化ポリマ(FRP)パネル&シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 周波数シンセサイザの世界市場予測(~2022):アナログシンセサイザ、ディジタルシンセサイザ、位相検出器、ループフィルタ、発振器、ミキサー
    当調査レポートでは、周波数シンセサイザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、周波数シンセサイザの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの肩関節置換処置動向(~2021)
  • 電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気通信産業向けエネルギー貯蔵市場規模、製品別(バッテリ、燃料電池)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場概要 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場環境 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場動向 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場規模 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場:業界構造分析 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場:製品別(バッテリ、燃料電池) ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の北米市場規模・予測 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵のアジア太平洋市場規模・予測 ・電気通信産業向けエネルギー貯蔵の主要国分析 ・電気通信産業向けエネ …
  • 持続血糖測定器(CGM)の世界市場
    本調査レポートでは、持続血糖測定器(CGM)の世界市場について調査・分析し、持続血糖測定器(CGM)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 人工知能(AI)の世界市場予測(~2022):深層学習、ロボット、デジタルパーソナルアシスタント、クエリメソッド、自然言語処理、コンテキストアウェア処理
    当調査レポートでは、人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、提供形態別分析、需要先別分析、地域別分析、人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ医学の世界市場分析・予測
  • アルミニウム複合板の世界市場:製品別(ポリフッ化ビニリデン、ポリエステル、ラミネート塗料)、車種別(小型商用車、乗用車)        
    本調査レポートでは、アルミニウム複合板の世界市場について調査・分析し、アルミニウム複合板の世界市場動向、アルミニウム複合板の世界市場規模、市場予測、セグメント別アルミニウム複合板市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エジプトの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 世界の自動車ステアリング・タイロッド市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ステアリング・タイロッド市場2016について調査・分析し、自動車ステアリング・タイロッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 1,8- ジアミノナフタレンの世界市場予測2019-2024
    「1,8- ジアミノナフタレンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、工業用グレード、医薬品グレードなど、用途別には、Solvent Red 135、Solvent Orange 60、Others Dye、Pharmaceutical Industry、Polymer Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。1,8- ジアミノナフタレンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1,8- ジアミノナフタレンの世界市場概要(サマリー) ・1,8- ジアミノナフタレンの企業別販売量・売上 ・1,8- ジアミノナフタレンの企業別市場シェア ・1,8- ジアミノナフタレンの世界市場規模:種類別(工業用グレード、医薬品グレード) ・1,8- ジアミノナフタレンの世界市場規模:用途別(Solvent Red 135、Solvent Orange 60、Others Dye、Pharmaceutical …
  • 世界の石油化学製品市場:容量および投資見通し
  • 放射線療法の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、放射線療法の世界市場について調査・分析し、放射線療法の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・放射線療法の世界市場:市場動向分析 ・放射線療法の世界市場:競争要因分析 ・放射線療法の世界市場:装置別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:技術別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:用途別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:地域別分析/市場規模 ・放射線療法の北米市場規模 ・放射線療法の欧州市場規模 ・放射線療法のアジア市場規模 ・放射線療法の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"