"インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-6683)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The intelligent process automation market is projected to grow from USD 7.50 billion in 2018 to USD 13.75 billion by 2023, at a CAGR of 12.9% during the forecast period. The demand for improved automated IT systems that serve dynamic requirements of customers, need for optimized resource utilization and enhanced decision-making, and increased investments for digital transformation of organizations are key factors projected to drive the growth of the market.
The intelligent process automation market has been segmented based on component, technology, application, vertical, and region. Based on component, the market has been segmented into solutions and services. Based on technology, the market has been segmented into natural language processing, machine and deep learning, neural networks, virtual agents, mini bots and RPA, computer vision, and others. Based on application, the market has been segmented into IT operations, business process automation, application management, content management, security, and others (human resource management, incident resolution, and service orchestration). Based on vertical, the market has been segmented into BFSI, telecommunications and IT, retail and eCommerce, healthcare and life sciences, manufacturing, transport and logistics, media and entertainment, and others (travel and hospitality, education, government and public sector, and utilities). Based on region, the market has been classified into North America, Europe, Asia Pacific, and Rest of World.

Based on component, the solutions segment is estimated to lead the intelligent process automation market in 2018. Intelligent process automation solutions empower users with smart technologies and agile processes for faster and more intelligent decisions. Key benefits of intelligent process automation solutions include increased process efficiency and improved customer experience. These solutions enable organizations to significantly reduce the time and cost required to execute business processes and workflows.

Based on application, the business process automation segment of the market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Business Process Automation (BPA) helps companies discover, model, analyze, measure, improve, optimize, manage, and automate various business processes, thereby enhancing their performance. Enterprises worldwide are increasingly adopting intelligent process automation solutions to reduce operational costs without affecting the quality and efficiency of business processes.

Based on vertical, the BFSI segment is projected to lead the intelligent process automation market from 2018 to 2023. In the BFSI industry, multiple systems are linked with each other by interfaces to enable the flow of transaction-related data. Automation solutions control and monitor these interfaces to ensure seamless execution of transactions and fix bottlenecks in workflows. These solutions improve the accuracy and efficiency of various processes and assist in regulatory and compliance reporting by collating data from multiple systems and conducting validation checks to prepare information for detailed analysis.

The intelligent process automation market in the Asia Pacific region is projected to grow at the highest CAGR from 2018 to 2023. Economic development, globalization, digitalization, and the increased adoption of cloud-based technologies are expected to drive the growth of the intelligent automation market in the Asia Pacific region.

The need to address governance and compliance requirements and high initial cost for implementing intelligent process automation for support and less critical services are acting as restraints to the growth of the intelligent process automation market.

Key players in the intelligent process automation market include Accenture (Republic of Ireland), IBM (US), Cognizant (US), Genpact (US), Atos (France), Infosys (India), Tata Consultancy Services (India), Capgemini (France), Xerox Corporation (US), Pegasystems (US), Wipro (India), EXL Service (US), Thoughtonomy (UK), CGI Group (Canada), UiPath (Romania), HCL Technologies (India), Happiest Minds (India), Symphony Ventures (India), Avasant (US), Avanade (US), Virtual Operations (UK), Sutherland Global Services (US), KPMG (Netherlands), Tech Mahindra (India), Blue Prism (UK), and Syntel (US). These companies have adopted various growth strategies such as collaborations, partnerships, acquisitions, and new product launches and enhancements to increase their market presence.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakdown of Primaries
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Research Assumptions
2.4 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 29)

4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Market
4.2 Intelligent Process Automation Market, By Component, 2018 vs 2023
4.3 Market, By Solutions, 2018 vs 2023
4.4 Market, By Services, 2018 vs 2023
4.5 Market, By Application, 2018 vs 2023
4.6 Market, By Vertical, 2018-2023
4.7 Market Share Across Regions, 2018
4.8 Market Investment Scenario

5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 39)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Introduction
5.1.2 Drivers
5.1.2.1 Automated IT Systems Help Serve Customers’ Dynamic Requirements
5.1.2.2 Optimized Resource Utilization and Minimal Human Intervention Through Intelligent Automation
5.1.2.3 Faster Decision-Making Across the Organization
5.1.2.4 Increasing Investments in Digital Transformation Aiding the Intelligent Process Automation Market
5.1.3 Restraints
5.1.3.1 Addressing Governance and Compliance Requirements
5.1.3.2 High Initial Cost of Implementing IPA for Support and Less Critical Services
5.1.4 Opportunities
5.1.4.1 Developing A Single, Unified Intelligent Process Automation Tool
5.1.4.2 Building Automation-Led Transformation Programs Using Digital Workforce
5.1.5 Challenges
5.1.5.1 Choosing the Right Time and Right Process to Implement Automation
5.1.5.2 Reluctance to Adopt Automatic and Intelligent Processes
5.1.5.3 Difficulties in Rising in the Maturity Chain
5.2 Industry Trends
5.2.1 Introduction
5.2.2 Ecosystem
5.2.3 Case Studies
5.2.3.1 Case Study 1: Pnc Financial Services Group Uses IBM Business Automation Workflow and IBM Operational Decision Manager Software to Refine and Improve Business Processes
5.2.3.2 Case Study 2: Arkopharma Strengthened ITs Customer Experience With Genpact Cora Sequence Platform
5.2.3.3 Case Study 3: Hovis Uses Intelligent Process Automation to Improve the Responsiveness and Ensure Accuracy and Delivery
5.2.3.4 Case Study 4: Technology Company Uses Automation Solution to Enhance Finance Function for Greater Efficiency, Consistency, and Reliability
5.2.3.5 Case Study 5: Kiwa Register Uses Intelligent Process Automation to Improve the Processing Function for Different Types of License Requests
5.2.3.6 Case Study 6: Worldhotels Deploys Robotic Automation Technology to Support Key Customer Processes

6 Intelligent Process Automation Market, By Component (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Software Tools
6.2.2 Platforms
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Advisory/Consulting
6.3.1.2 Design and Implementation
6.3.1.3 Training
6.3.1.4 Support and Maintenance
6.3.2 Managed Services

7 Market By Technology (Page No. – 60)
7.1 Introduction
7.2 Natural Language Processing
7.3 Machine and Deep Learning
7.4 Neural Networks
7.5 Virtual Agents
7.6 Mini Bots
7.7 Computer Vision
7.8 Others

8 Intelligent Process Automation Market, By Application (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 IT Operations
8.3 Business Process Automation
8.4 Application Management
8.5 Content Management
8.6 Security
8.7 Others

9 Market By Vertical (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 BFSI
9.3 Telecommunications and IT
9.4 Transport and Logistics
9.5 Media and Entertainment
9.6 Retail and Ecommerce
9.7 Manufacturing
9.8 Healthcare and Life Sciences
9.9 Others

10 Intelligent Process Automation Market, By Region (Page No. – 82)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.2 Germany
10.3.3 France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 Australia and New Zealand
10.4.3 Japan
10.4.4 Singapore
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
10.5.1 Israel
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.3 Mexico
10.5.4 Others

11 Competitive Landscape (Page No. – 103)
11.1 Overview
11.2 Competitive Situation and Trends
11.2.1 New Product Launches & Product Enhancements
11.2.2 Agreements, Alliances, Collaborations, and Partnerships
11.2.3 Acquisitions
11.2.4 Expansions
11.3 Market Ranking of Key Players

12 Company Profiles (Page No. – 113)
12.1 Accenture
(Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Atos
12.3 Blue Prism
12.4 Capgemini
12.5 Cognizant
12.6 CGI
12.7 EXL
12.8 Genpact
12.9 HCL Technologies
12.1 IBM
12.11 Infosys
12.12 KPMG
12.13 Pegasystems
12.14 Syntel
12.15 TCS
12.16 Tech Mahindra
12.17 Thoughtonomy
12.18 UiPath
12.19 Wipro
12.2 Xerox
12.21 Key Innovators
12.21.1 Happiest Minds
12.21.2 Symphony Ventures
12.21.3 Avasant
12.21.4 Avanade
12.21.5 Virtual Operations
12.21.6 Sutherland Global Services
*Details on Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 165)
13.1 Industry Excerpts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-6683
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】テレコム・IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コンドロイチン硫酸の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、コンドロイチン硫酸の世界市場について調べ、コンドロイチン硫酸の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コンドロイチン硫酸の市場規模をセグメンテーション別(用途別(栄養補助食品、医薬品、動物飼料、パーソナルケア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はコンドロイチン硫酸の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・コンドロイチン硫酸の市場状況 ・コンドロイチン硫酸の市場規模 ・コンドロイチン硫酸の市場予測 ・コンドロイチン硫酸の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(栄養補助食品、医薬品、動物飼料、パーソナルケア) ・コンドロイチン硫酸の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場について調査・分析し、等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別等方性黒鉛および押出成形黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、等方性黒鉛および押出成形黒鉛種類別分析(等方性黒鉛、押出成形黒鉛)、等方性黒鉛および押出成形黒鉛用途別分析(電動ブラシモーター、太陽光発電産業、半導体・LED産業、金属産業、ガラス・耐火物質産業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の市場概観 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場規模 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のカナダ市場規模推移 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメキシコ市場 …
  • 世界のトリメチルアミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリメチルアミン市場2015について調査・分析し、トリメチルアミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の蒸気タービン市場2015
    本調査レポートでは、世界の蒸気タービン市場2015について調査・分析し、蒸気タービンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルファvベータ6インテグリンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファvベータ6インテグリンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファvベータ6インテグリンアンタゴニストの概要 ・アルファvベータ6インテグリンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファvベータ6インテグリンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファvベータ6インテグリンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファvベータ6インテグリンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ウエットスーツの世界市場
    当調査レポートでは、ウエットスーツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウエットスーツの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車トランスミッション市場規模・予測2017-2025:トランスミッションの種類別(マニュアル・オートマチック)、燃料別(ガソリン・ディーゼル)、車種別(乗用車、LCV、ICV、HCV、道路外、建築、防衛・農業用トラクター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車トランスミッション市場について調査・分析し、世界の自動車トランスミッション市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車トランスミッション関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 腎性貧血(Renal Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎性貧血(Renal Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎性貧血(Renal Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎性貧血(Renal Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎性貧血(Renal Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎性貧血(Renal Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎性貧血(Renal Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎性貧血(Renal Anemia)治療薬剤
  • 棚札の世界市場:バーコードタグ、RFIDタグ、プラスチック製タグ、紙製タグ、金属製タグ
    当調査レポートでは、棚札の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、ラベル種類別分析、印刷方式別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スイッチモード電源トランスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スイッチモード電源トランスの世界市場について調査・分析し、スイッチモード電源トランスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スイッチモード電源トランスシェア、市場規模推移、市場規模予測、スイッチモード電源トランス種類別分析(単一励起、二重励起)、スイッチモード電源トランス用途別分析(通信産業、鉱業分野、家電)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スイッチモード電源トランスの市場概観 ・スイッチモード電源トランスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スイッチモード電源トランスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スイッチモード電源トランスの世界市場規模 ・スイッチモード電源トランスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スイッチモード電源トランスのアメリカ市場規模推移 ・スイッチモード電源トランスのカナダ市場規模推移 ・スイッチモード電源トランスのメキシコ市場規模推移 ・スイッチモード電源トランスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス …
  • 小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場:セグメント別市場分析 ・小規模LNG(液化天然ガス)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 無人航空機(UAV)の世界市場予測(~2022): 軍用、民間用・商用、国家防衛用
    当調査レポートでは、無人航空機(UAV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、クラス別分析、サブシステム別分析、エネルギー源別分析、無人航空機(UAV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の航空機用接着剤・シーラント剤市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 自動車用歩行者保護システム(PPS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用歩行者保護システム(PPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用歩行者保護システム(PPS)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用生物製剤試験の世界市場予測(~2021年):バイオ農薬、バイオ肥料、バイオスティミュラント
    当調査レポートでは、農業用生物製剤試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、農業用生物製剤試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナースコールシステムの世界市場
    当調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、ナースコールシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ノートパソコン用キャリーケースの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ノートパソコン用キャリーケースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ノートパソコン用キャリーケース市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ノートパソコン用キャリーケースの世界市場概要 ・ノートパソコン用キャリーケースの世界市場環境 ・ノートパソコン用キャリーケースの世界市場動向 ・ノートパソコン用キャリーケースの世界市場規模 ・ノートパソコン用キャリーケースの世界市場:業界構造分析 ・ノートパソコン用キャリーケースの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・ノートパソコン用キャリーケースの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ノートパソコン用キャリーケースの北米市場規模・予測 ・ノートパソコン用キャリーケースのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ノートパソコン用キャリーケースのアジア太平洋市場規模・予測 ・ノートパソコン用キャリーケースの主要国分析 ・ノー …
  • 3Dプリンティング向けポリアミド11/12の世界市場
    当調査レポートでは、3Dプリンティング向けポリアミド11/12の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサービスロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界のサービスロボット市場2015について調査・分析し、サービスロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型商用車(LCV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、小型商用車(LCV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小型商用車(LCV)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は小型商用車(LCV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ford Motor Company、Groupe PSA、Renault等です。
  • 3Dレーザースキャナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、3Dレーザースキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dレーザースキャナー市場規模、種類別(ストラクチャードライト3Dスキャナー、レーザー3Dスキャナー、光学スキャナー)分析、レンジ別(ロングレンジスキャナー、ショートレンジスキャナー、ミディアムレンジスキャナー)分析、製品別(自動座標測定器(MMC)型、可搬座標測定器型、デスクトップ型・固定型、三脚マウント型、固定座標測定器型)分析、サービス別(バーチャルシミュレーション、フェイス・ボディスキャン、高速試作、品質検査、リバースエンジニアリング、その他)分析、利用形態別(アフターサービス、ハードウェア・ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 3Dレーザースキャナーの世界市場:市場動向分析 ・ 3Dレーザースキャナーの世界市場:競争要因分析 ・ 3Dレーザースキャナーの世界市場:種類別(ストラクチャードライト3Dスキャナー、レーザー3Dスキャナー、 …
  • ノンアルコール飲料の世界市場2014-2025:製品別(CSD、果汁飲料、ボトル入り水、機能性飲料、スポーツ飲料)、流通経路別
    本調査レポートでは、ノンアルコール飲料の世界市場について調査・分析し、ノンアルコール飲料の世界市場動向、ノンアルコール飲料の世界市場規模、市場予測、セグメント別ノンアルコール飲料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 結腸鏡検査の世界市場:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)、地域別予測
    本資料は、結腸鏡検査の世界市場について調べ、結腸鏡検査の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)分析、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・結腸鏡検査の世界市場概要 ・結腸鏡検査の世界市場環境 ・結腸鏡検査の世界市場動向 ・結腸鏡検査の世界市場規模 ・結腸鏡検査の世界市場規模:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査) ・結腸鏡検査の世界市場規模:用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他) ・結腸鏡検査の世界市場規模:エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所) ・結腸鏡検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結腸鏡検査の北米市場規模・予測 ・結腸鏡検査のアメリカ市場規模・予測 ・結腸鏡検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・結腸鏡検査 …
  • オーストリアの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 固定式・可動式Cアームの世界市場分析:製品別(固定・持ち運びサイズ:フルサイズ/ミニCアーム)、用途別(整形外科、脳神経外科、心臓外科、血管外科、疼痛管理)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、固定式・可動式Cアームの世界市場について調査・分析し、固定式・可動式Cアームの世界市場動向、固定式・可動式Cアームの世界市場規模、市場予測、セグメント別固定式・可動式Cアーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)
    本資料は、スピルリナの世界市場について調べ、スピルリナの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)分析、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スピルリナの世界市場概要 ・スピルリナの世界市場環境 ・スピルリナの世界市場動向 ・スピルリナの世界市場規模 ・スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ) ・スピルリナの世界市場:用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他) ・スピルリナの世界市場:製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤) ・スピルリナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スピルリナの北米市場規模・予測 ・スピルリナのアメリカ市場規模・予測 ・スピルリナのヨーロッパ市場規模・予測 ・スピルリナのアジア市場規模・予測 ・スピルリナの日本市場規模・予測 ・スピルリナの中国市 …
  • 中国のラクツロース市場2015
    本調査レポートでは、中国のラクツロース市場2015について調査・分析し、ラクツロースの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の概要 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のグルコシルセラミド合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ハニカム包装の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハニカム包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハニカム包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はハニカム包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DS Smith、Smurfit Kappa Group、Packaging Corporation of America、Cascades等です。
  • ビッグデータの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ビッグデータの世界市場について調査・分析し、ビッグデータの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ビッグデータの世界市場:市場動向分析 - ビッグデータの世界市場:競争要因分析 - ビッグデータの世界市場:ソフトウェア別 ・システムソフトウェア ・Hadoopディストリビューション製品とツール ・発見・可視化ツール ・データベース ・ビッグデータ分析 ・その他 - ビッグデータの世界市場:ハードウェア別 ・ネットワーク装置 ・サーバー ・ストレージ - ビッグデータの世界市場:サービス別 ・サービスとしてのHadoop(HAAS) ・サービスとしての視覚化・分析 ・サービスとしてのデータ ・訓練・外注サービス ・展開・統合サービス ・コンサルティングサービス - ビッグデータの世界市場:展開モデル別 ・オンデマンド ・オンプレミス - ビッグデータの世界市場:データの種類別 ・半構造データ ・非構造化データ ・構造化データ - ビッグデータの世界市場:エンドユーザー別 ・生命情報学 ・ …
  • 酸化亜鉛の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、酸化亜鉛の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酸化亜鉛の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は酸化亜鉛の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• American Zinc Recycling• EverZinc• GHC• Hindustan Zinc• Votorantim Group等です。
  • 酒石酸の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、酒石酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、酒石酸の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 狭心症治療薬の世界市場2017-2021:β遮断薬、カルシウムチャネル遮断薬、硝酸薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、狭心症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、狭心症治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は狭心症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.05%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAstraZeneca、Gilead、Novartis、Pfizer等です。
  • 航空機用燃料装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用燃料装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用燃料装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電子戦(EW)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、電子戦(EW)の世界市場について調査・分析し、電子戦(EW)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子戦(EW)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子戦(EW)の世界市場:セグメント別市場分析 ・電子戦(EW)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 次世代がん診断の世界市場
    当調査レポートでは、次世代がん診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・次世代がん診断の世界市場:用途別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:機能別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:がん種類別分析/市場規模 ・次世代がん診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・次世代がん診断のアメリカ市場規模予測 ・次世代がん診断のヨーロッパ市場規模予測 ・次世代がん診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 医療向け文書管理システムの世界市場:導入モード別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース)、製品物(サービス、ソリューション)、エンドユーザー別(介護施設、病院、保険会社、その他)、地域別予測
    本資料は、医療向け文書管理システムの世界市場について調べ、医療向け文書管理システムの世界規模、市場動向、市場環境、導入モード別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース)分析、製品物(サービス、ソリューション)分析、エンドユーザー別(介護施設、病院、保険会社、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療向け文書管理システムの世界市場概要 ・医療向け文書管理システムの世界市場環境 ・医療向け文書管理システムの世界市場動向 ・医療向け文書管理システムの世界市場規模 ・医療向け文書管理システムの世界市場規模:導入モード別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース) ・医療向け文書管理システムの世界市場規模:製品物(サービス、ソリューション) ・医療向け文書管理システムの世界市場規模:エンドユーザー別(介護施設、病院、保険会社、その他) ・医療向け文書管理システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療向け文書管理システムの北米市場規模・予 …
  • プラスチック食品容器の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、プラスチック食品容器の世界市場について調査・分析し、プラスチック食品容器の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・プラスチック食品容器の世界市場規模:用途別分析 ・プラスチック食品容器の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 有毛細胞白血病治療薬の世界市場:化学療法、標的療法
    Technavio社の本調査レポートでは、有毛細胞白血病治療薬の世界市場について調べ、有毛細胞白血病治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、有毛細胞白血病治療薬の市場規模をセグメンテーション別(製品別(化学療法、標的療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は有毛細胞白血病治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・有毛細胞白血病治療薬の市場状況 ・有毛細胞白血病治療薬の市場規模 ・有毛細胞白血病治療薬の市場予測 ・有毛細胞白血病治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(化学療法、標的療法) ・有毛細胞白血病治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 成形相互接続デバイス(MID)の世界市場:プロセス別(LDS、二個取り成形、フィルム技術)、製品別(アンテナ・接続モジュール、コネクタ・スイッチ、センサー、照明)、産業別、地域別予測
    本資料は、成形相互接続デバイス(MID)の世界市場について調べ、成形相互接続デバイス(MID)の世界規模、市場動向、市場環境、プロセス別(LDS、二個取り成形、フィルム技術)分析、製品別(アンテナ・接続モジュール、コネクタ・スイッチ、センサー、照明)分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場概要 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場環境 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場動向 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模:プロセス別(LDS、二個取り成形、フィルム技術) ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模:製品別(アンテナ・接続モジュール、コネクタ・スイッチ、センサー、照明) ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場規模:産業別 ・成形相互接続デバイス(MID)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・成形相互接続デバイス( …
  • クラウドベース英語学習の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドベース英語学習の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドベース英語学習の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 土木建設業界におけるCADの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、土木建設業界におけるCADの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、土木建設業界におけるCAD市場規模、用途別分析、製品別(3D、2D)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Autodesk, Dassault Systèmes, HEXAGON, PTC, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・土木建設業界におけるCADの世界市場概要 ・土木建設業界におけるCADの世界市場環境 ・土木建設業界におけるCADの世界市場動向 ・土木建設業界におけるCADの世界市場規模 ・土木建設業界におけるCADの世界市場:業界構造分析 ・土木建設業界におけるCADの世界市場:用途別 ・土木建設業界におけるCADの世界市場:製品別(3D、2D) ・土木建設業界におけるCADの世界市場:地域別市場規模・分析 ・土木建設業界におけるCADの北米市場規模・予測 ・土木建設業界におけるCADのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • ベーカリー製品の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベーカリー製品の世界市場について調べ、ベーカリー製品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベーカリー製品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(パン及びロール、ケーキ及びペストリー、クッキー、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はベーカリー製品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベーカリー製品の市場状況 ・ベーカリー製品の市場規模 ・ベーカリー製品の市場予測 ・ベーカリー製品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(パン及びロール、ケーキ及びペストリー、クッキー、その他) ・ベーカリー製品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  . …
  • 避雷針の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避雷針の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避雷針の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用冷蔵設備の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、業務用冷蔵設備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品タイプ別分析、冷媒タイプ別(フルオロカーボン、炭化水素、無機物)分析、用途別(ホテル・レストラン、スーパーマーケット・ハイパーマーケット)分析、業務用冷蔵設備の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート照明装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート照明装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート照明装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 上肢・下肢用製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、上肢・下肢用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、上肢・下肢用製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サフランの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、サフランの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サフランの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はサフランの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Gohar saffron、Iran Saffron、Rowhani Saffron、Saffron Business等です。
  • 食品包装機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品包装機械の世界市場規模及び予測、機械種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス包装の世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「ガラス包装の世界市場2020-2024」は、ガラス包装について市場概要、市場規模、用途別(食品&飲料包装、パーソナルケア包装、医薬品包装、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ガラス包装の世界市場:用途別(食品&飲料包装、パーソナルケア包装、医薬品包装、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"