"解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT-6685)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global anatomic pathology track and trace solutions market is projected to reach USD 695.7 million by 2023 from USD 424.2 million in 2018, at a CAGR of 10.4%. The increasing volume of diagnostic tests performed in anatomic pathology laboratories, rising number of legal cases around cancer misdiagnosis, benefits of automated labeling solutions, increasing consolidation among anatomic pathology laboratories, and the growing adoption of automated systems to enhance the efficiency of laboratories are the major factors driving the growth of this market. However, the high cost associated with the implementation of track and trace solutions in anatomic pathology laboratories is expected to restrain the growth of this market during the forecast period.
In this report, the anatomic pathology track and trace solutions market is segmented based on product, technology, application, end user, and region. Based on product, the market is segmented into software, hardware, and consumables. In 2018, the software segment is expected to account for the largest share of this market. This can majorly be attributed to the growing need to automate the sample labeling process for reducing manual errors, increasing focus on improving the efficiency of anatomic laboratories, growing adoption of cloud-based LIMS, and the increasing workload in anatomic pathology laboratories.

On the basis of technology, the anatomic pathology track and trace solutions market is segmented into barcode and RFID. In 2018, the barcode segment is expected to account for a larger share of the market majorly due to the higher adoption of barcode systems among end users owing to their lower cost (as compared to RFID).

Based on application, the anatomic pathology track and trace solutions market is segmented into slide tracking, tissue cassettes and blocks tracking, and specimen tracking. The slide tracking segment is estimated to register the highest CAGR during the forecast period primarily due to the implementation of tracking systems for reducing specimen identification errors and increasing workflow efficiency in anatomic pathology laboratories.

Based on end user, the anatomic pathology track and trace solutions market is segmented into hospital laboratories, independent and reference laboratories, and other end users (contract research organizations, government-funded medical laboratories, and research institutes). The independent and reference laboratories segment is estimated to register the highest CAGR during the forecast period. The growth of this segment can be attributed to the increasing number of cancer diagnostic tests performed in independent and reference laboratories and the increasing number of large-sized reference laboratories across the globe.

The anatomic pathology track and trace solutions market is segmented into four major regions, namely, North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. During the forecast period, the North American market is estimated to witness the highest growth. This can be attributed to the increasing volume of diagnostic tests performed in anatomic pathology laboratories, rising prevalence of chronic diseases (resulting in the increasing need for quality diagnostic services), and the presence of leading market players in the region. Moreover, the need for automated labeling systems to reduce specimen identification errors is driving the demand for automated labeling systems in several anatomic pathology laboratories across North America.

Thermo Fisher Scientific (US), Leica Biosystems (US), and Ventana Medical Systems (US) dominated the global anatomic pathology track and trace solutions market in 2017. Some of the other players operating in this market are General Data Healthcare (US), Agilent Technologies (US), Sunquest Information Systems (US), Cerebrum Corp (US), AP Easy Software Solutions (US), Zebra Technologies Corporation (US), Primera Technology (US), and LigoLab (US).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.3.2 Markets Covered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study

3 Executive Summary (Page No. – 30)

4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market: Overview
4.2 Geographic Snapshot of the Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market (2017)
4.3 Geographic Mix: Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market, 2018–2023 (USD Million)
4.4 Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market: Developing vs Developed Markets, 2018 vs 2023 (USD Million)

5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics: Impact Analysis
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Volume of Diagnostic Tests Performed in Anatomic Pathology Laboratories
5.2.1.2 Increasing Number of Legal Cases Around Cancer Misdiagnosis
5.2.1.3 Increasing Consolidation Among Anatomic Pathology Laboratories
5.2.1.4 Increasing Adoption of Automated Systems to Enhance Laboratory Efficiency
5.2.2 Restraint
5.2.2.1 High Cost Associated With the Implementation of Track and Trace Solutions in Anatomic Pathology Laboratories
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of Laboratory Information Systems With Track and Trace Pathology Systems
5.2.3.2 Rapid Growth in the Emerging Markets of APAC and Latin America
5.2.4 Challenge
5.2.4.1 Lack of Common Standards Regarding the Labeling of Specimens at Anatomic Pathology Laboratories

6 Industry Insights (Page No. – 47)
6.1 Industry Trends
6.1.1 Technological Advancements
6.1.2 Increasing Focus on Improving the Efficiency of Laboratories
6.2 Regulatory Analysis
6.2.1 Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA)
6.2.2 Clinical Laboratory Improvement Amendments
6.2.3 ISBT 128 Barcode Standard
6.2.4 Cap Regulations for Labeling Specimen Samples in Anatomic Pathology Laboratories

7 Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market, By Product (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Software
7.3 Hardware
7.3.1 Printers and Labeling Systems
7.3.2 Barcode Scanners and RFID Readers
7.3.3 Mobile Computing Systems
7.4 Consumables
7.4.1 Barcode Labels and RFID Tags
7.4.2 Slides
7.4.3 Specimen Containers, Tissue Cassettes & Blocks
7.4.4 Transport Bags

8 Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market, By Technology (Page No. – 68)
8.1 Introduction
8.2 Barcode
8.3 Radiofrequency Identification (RFID)

9 Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market, By Application (Page No. – 73)
9.1 Introduction
9.2 Slides Tracking
9.3 Tissue Cassettes & Blocks Tracking
9.4 Specimen Tracking

10 Anatomic Pathology Track and Trace Solutions Market, By End User (Page No. – 79)
10.1 Introduction
10.2 Hospital Laboratories
10.3 Independent and Reference Laboratories
10.4 Other End Users

11 Geographic Analysis (Page No. – 85)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.2 Canada
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.2 UK
11.3.3 France
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.5 Rest of the World

12 Competitive Landscape (Page No. – 123)
12.1 Overview
12.2 Product Portfolio Assessment
12.2.1 Anatomic Pathology Track and Trace Solutions: Product Portfolio Matrix
12.3 Strategic Benchmarking
12.4 Market Share Analysis
12.5 Competitive Situations and Trends
12.5.1 Product Launches
12.5.2 Partnerships, Collaborations, and Agreements
12.5.3 Acquisitions
12.5.4 Expansions

13 Company Profiles (Page No. – 131)
(Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Thermo Fisher Scientific Inc.
13.2 Leica Biosystems Nussloch GmbH (Subsidiary of Danaher Corporation)
13.3 General Data Healthcare Inc.
13.4 Ventana Medical Systems, Inc.
13.5 Agilent Technologies, Inc.
13.6 Sunquest Information Systems, Inc.
13.7 Cerebrum Corp
13.8 AP Easy Software Solutions
13.9 Zebra Technologies Corporation
13.10 Primera Technology, Inc.
13.11 LigoLab, LLC.

* Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

14 Appendix (Page No. – 155)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT-6685
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ヘルスケアIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アイルランドの心臓血管手術装置市場見通し
  • マイクロフォンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロフォンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロフォンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車インテリジェント照明システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車インテリジェント照明システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車インテリジェント照明システム市場規模、製品別(アダプティブ外部照明、アンビエント車内照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車インテリジェント照明システムの世界市場概要 ・自動車インテリジェント照明システムの世界市場環境 ・自動車インテリジェント照明システムの世界市場動向 ・自動車インテリジェント照明システムの世界市場規模 ・自動車インテリジェント照明システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車インテリジェント照明システムの世界市場:製品別(アダプティブ外部照明、アンビエント車内照明) ・自動車インテリジェント照明システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車インテリジェント照明システムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車インテリジェント照明システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車インテリジェント照明システムのアジア市 …
  • サウジアラビアの脊椎手術装置市場見通し
  • ロボット芝刈機の世界市場予測(~2025年)
    ロボット芝刈機の世界市場は、5億3,300万米ドルから2025年には12億6,200万米ドルに達し、この期間中13.10%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、人件費の増加、従来芝刈機に対する安全上の懸念、騒音の少ない運転の必要性などが考えられます。当調査レポートでは、ロボット芝刈機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー(住宅、商業用)分析、芝生のサイズ(小型、中型、大型)分析、コネクティビティタイプ(接続タイプ、非接続タイプ)分析、販売チャネル分析、ロボット芝刈機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • イオン交換樹脂の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、イオン交換樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イオン交換樹脂市場規模、製品別(キレート樹脂、アニオン交換樹脂、吸着剤樹脂、カチオン交換樹脂、混床式樹脂、その他)分析、原材料別(架橋ポリスチレン、ポリスチレンコポリマー、ポリアクリルコポリマー、その他)分析、マトリックス構造別(シート、ゲル、ポーラスビーズ、微多孔質ビーズ、パウダー、その他)分析、用途別(tert-アミルメチルエーテル(TAME)、糖精製、液体グルコース、ウラン鉱業、金鉱採掘、メチルtert-ブチルエーテル(MTBE)触媒、超純水、ビスフェノールA、水軟化、その他)分析、エンドユーザー別(湿式精錬・金属表面処理、医薬品、食品・飲料、紙・パルプ、原子力水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ イオン交換樹脂の世界市場:市場動向分析 ・ イオン交換樹脂の世界市場:競争要因分析 ・ イオン交換樹脂の世界市場:製品別(キレート樹脂、アニオン交 …
  • 自動マテリアルハンドリング装置の世界市場予測(~2023年):ロボット、ASRS、自動コンベヤー・仕分けシステム、自動クレーン、AGV
    当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、システムタイプ別分析、ソフトウェア別分析、地域別分析、自動マテリアルハンドリング装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モンゴルのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のチューブパッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のチューブパッケージ市場2015について調査・分析し、チューブパッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非光学式センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非光学式センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非光学式センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品廃棄物管理の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、食品廃棄物管理の世界市場について調べ、食品廃棄物管理の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品廃棄物管理の市場規模をセグメンテーション別(廃棄方法別(埋立、リサイクル、焼却)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は食品廃棄物管理の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・食品廃棄物管理の市場状況 ・食品廃棄物管理の市場規模 ・食品廃棄物管理の市場予測 ・食品廃棄物管理の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:廃棄方法別(埋立、リサイクル、焼却) ・食品廃棄物管理の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のプロピオン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロピオン酸市場2015について調査・分析し、プロピオン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 学校用ノートパソコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校用ノートパソコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用ノートパソコンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 宇宙用SATCOM装置の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、宇宙用SATCOM装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(トランスポンダー、トランシーバー、コンバーター、アンプ、アンテナ)分析、衛星種類別(キューブサット、小、中、大)分析、エンドユーザー別(商業、政府、軍事)分析、用途別分析、宇宙用SATCOM装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、宇宙用SATCOM装置の世界市場規模が2019年28億ドルから2025年70億ドルまで年平均16.8%成長すると予測しています。
  • 中国のPE絶縁架空ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、中国のPE絶縁架空ケーブル市場2015について調査・分析し、PE絶縁架空ケーブルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • DaaS(クラウド型データサービス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、DaaS(クラウド型データサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DaaS(クラウド型データサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のランニング・アパレル市場2015
    本調査レポートでは、世界のランニング・アパレル市場2015について調査・分析し、ランニング・アパレルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 照準ポッドの世界市場:タイプ別(FLIR・レーザー照準ポッド、レーザー照準ポッド、FLIR照準ポッド、レーザースポット追跡照準ポッド)、プラットフォーム別(戦闘機、無人航空機、戦闘ヘリコプター、爆撃機)、地域別予測
    本資料は、照準ポッドの世界市場について調べ、照準ポッドの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(FLIR・レーザー照準ポッド、レーザー照準ポッド、FLIR照準ポッド、レーザースポット追跡照準ポッド)分析、プラットフォーム別(戦闘機、無人航空機、戦闘ヘリコプター、爆撃機)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・照準ポッドの世界市場概要 ・照準ポッドの世界市場環境 ・照準ポッドの世界市場動向 ・照準ポッドの世界市場規模 ・照準ポッドの世界市場規模:タイプ別(FLIR・レーザー照準ポッド、レーザー照準ポッド、FLIR照準ポッド、レーザースポット追跡照準ポッド) ・照準ポッドの世界市場規模:プラットフォーム別(戦闘機、無人航空機、戦闘ヘリコプター、爆撃機) ・照準ポッドの世界市場:地域別市場規模・分析 ・照準ポッドの北米市場規模・予測 ・照準ポッドのアメリカ市場規模・予測 ・照準ポッドのヨーロッパ市場規模・予測 ・照準ポッドのアジア市場規模・予測 ・照 …
  • オーストラリアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの概要 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイドx受容体ベータアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイドx受容体ベータアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 小骨・関節整形外科装置の世界市場2017-2021:再建装置、固定装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、小骨・関節整形外科装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小骨・関節整形外科装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は小骨・関節整形外科装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Acumed、Arthrex、DePuy Synthes、Smith & Nephew、Stryker等です。
  • 北米の関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 産業用洗浄の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用洗浄の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用洗浄の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用浮き橋の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍事用浮き橋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用浮き橋の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • グリーンパッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーンパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーンパッケージングの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • TVアナリティクスの世界市場予測(~2023年):ケーブルテレビ、衛星TV・DTH、IPTV、オーバーザトップ(OTT)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、TVアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、放送技術別(ケーブルテレビ、衛星TV・DTH、IPTV、オーバーザトップ(OTT))分析、用途別(顧客ライフタイム管理、コンテンツ開発、競合インテリジェンス、キャンペーン管理)分析、TVアナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015
    本調査レポートでは、世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015について調査・分析し、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用水処理装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用水処理装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場分析:製品別(亜鉛、鉄、銅、セレン)、用途別(乳牛、鳥類、馬、豚)、地域別、セグメント予測 2014-202
    本調査レポートでは、動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場について調査・分析し、動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場動向、動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場規模、市場予測、セグメント別動物飼料用有機微量ミネラル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 尿失禁治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、尿失禁治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、尿失禁治療薬市場規模、製品別(抗コリン薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・尿失禁治療薬の世界市場概要 ・尿失禁治療薬の世界市場環境 ・尿失禁治療薬の世界市場動向 ・尿失禁治療薬の世界市場規模 ・尿失禁治療薬の世界市場:業界構造分析 ・尿失禁治療薬の世界市場:製品別(抗コリン薬、その他) ・尿失禁治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・尿失禁治療薬の北米市場規模・予測 ・尿失禁治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・尿失禁治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・尿失禁治療薬の主要国分析 ・尿失禁治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・尿失禁治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・尿失禁治療薬の世界市場:競争環境 ・尿失禁治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 文房具・カードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、文房具・カードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、文房具・カードの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアイシャドー市場2015
    本調査レポートでは、世界のアイシャドー市場2015について調査・分析し、アイシャドーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トレーラー牽引車用ミラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、トレーラー牽引車用ミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トレーラー牽引車用ミラーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 空カプセルの世界市場予測(~2023年):ゼラチン、非ゼラチン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、空カプセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(ゼラチン、非ゼラチン)分析、機能別(徐放性、遅延放出性)分析、用途別(抗生物質、ビタミン、制酸剤)分析、エンドユーザー別(医薬品、栄養補助食品、化粧品)分析、空カプセルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物育成ライトの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、植物育成ライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、設置別分析、用途別分析、地域別分析、植物育成ライトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • RFIDスマート・アンテナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFIDスマート・アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFIDスマート・アンテナの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用消耗品の世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 検査・分析サービスの世界市場
    当調査レポートでは、検査・分析サービスの世界市場について調査・分析し、検査・分析サービスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 通信向けクラウド式課金サービスの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、通信向けクラウド式課金サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、通信向けクラウド式課金サービスの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ医学の世界市場予測(~2022年):移植片、関節鏡検査、人工装具、オーソバイオロジクス、ブレース、コンプレッションウェア、物理療法
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スポーツ医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、スポーツ医学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 射出成形プラスチックの世界市場:原材料別(ポリプロピレン、ABS、HDPE(高濃度ポリエチレン)、ポリスチレン)、用途別(包装、電子、医療)
    本調査レポートでは、射出成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、射出成形プラスチックの世界市場動向、射出成形プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別射出成形プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の医療廃棄物処理市場
  • ITベース医療の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ITベース医療の世界市場について調査・分析し、ITベース医療の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ITベース医療の世界市場:市場動向分析 - ITベース医療の世界市場:競争要因分析 - ITベース医療の世界市場:ソフトウェア別 ・補助情報システム ・モバイルヘルスアプリケーション ・管理情報システム(AIS) ・臨床情報システム(CIS) - ITベース医療の世界市場:サービス別 ・モバイルヘルス ・遠隔医療サービス - ITベース医療の世界市場:エンドユーザー別 ・医療従事者 ・個人 ・医師 ・公的/私立医療機関 ・その他 - ITベース医療の世界市場:主要地域別分析 - ITベース医療の北米市場規模(アメリカ市場等) - ITベース医療のヨーロッパ市場規模 - ITベース医療のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ITベース医療の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 歯科修復材料の世界市場2017-2021:アマルガム、セメント、複合材、セラミック、ライナー材
    当調査レポートでは、歯科修復材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科修復材料の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトースター市場2015
    本調査レポートでは、世界のトースター市場2015について調査・分析し、トースターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬剤
  • ポリリン酸メラミンの世界市場:種類別(研究用グレード、工業用グレード)、用途別(自動車、テキスタイル、航空宇宙・防衛、包装、その他)、地域別予測
    本資料は、ポリリン酸メラミンの世界市場について調べ、ポリリン酸メラミンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(研究用グレード、工業用グレード)分析、用途別(自動車、テキスタイル、航空宇宙・防衛、包装、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはZhenjiang Sanwa Flame Retardant Technology、JLS Chemical、Zhenjiang Xingxing Flame Retardants、Jiangyin Suli Chemical、Novista Group、Shouguang Weidong Chemical 、Puyang Chengke Chemical 、Shian Chemical、Tianyi、Cnsolver Technologyなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ポリリン酸メラミンの世界市場概要 ・ポリリン酸メラミンの世界市場環境 ・ポリリン酸メラミンの世界市場動向 ・ポリリン酸メラミンの …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"