"カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-6682)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The carbon felt and graphite felt market is estimated at USD 292.7 million in 2018 and is projected to reach USD 460.8 million by 2023, at a CAGR of 9.5% between 2018 and 2023. The growth of the carbon felt and graphite felt market is attributed to the increasing demand from the furnace application.
The carbon felt and graphite felt market has been segmented on the basis of raw material type, product type, type, application, and region. Based on the raw material type, the carbon felt and graphite felt market has been segmented into PAN, rayon, and pitch. PAN-based carbon felt and graphite felt holds the largest share in the market.

On the basis of product type, the market is segmented into soft felt and rigid felt. The rigid felt product type accounted for a major market share in 2017, due to its large scale applications in furnace and batteries. On the basis of type, the market is segmented into carbon felt and graphite felt.

Based on application, the carbon felt and graphite felt market is segmented into furnace, batteries, filters, and others. Furnace is the major application of carbon felt and graphite felt. The batteries application is expected to be the fastest-growing segment of the carbon felt and graphite felt market. Carbon and graphite felts find wide applications due to their properties such as high thermal insulation, broad operational range, chemical stability, and lightweight.

APAC was the fastest-growing carbon felt and graphite felt market, in terms of value and volume. The increasing demand for carbon and graphite felts from the emerging economies and rising government spending on infrastructural projects are the main factors contributing to the market growth in APAC.

The increasing demand for high-performance batteries and improved performance of carbon fiber in high temperature applications are driving the carbon felt and graphite felt market. The absence of quality control in developing economies is restraining the market growth.

SGL Group (Germany), Toray Industries, Inc. (Japan), Kureha Corporation (Japan), Nippon Carbon Co., Ltd. (Japan), Beijing Great Wall Co., Ltd (China), Chemshine Carbon Co., Ltd (China), CM Carbon Co., Ltd. (China), and Gansu Haoshi Carbon Fiber Co., Ltd (China) are the key players in the carbon felt and graphite felt market. These key players offer a wide range of carbon and graphite felt products to strengthen their competitive positions and cater to the growing demand in the furnace, batteries, and filters applications.

SGL Group (Germany) is among the major player in the carbon felt and graphite felt market. The company is focused on expanding its production facility to cater to increasing demand for carbon and graphite felts.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 24)

4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Carbon Felt and Graphite Felt Market
4.2 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Application
4.3 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Raw Material Type and Region
4.4 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Product Type
4.5 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Type
4.6 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Country

5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for High-Performance Batteries
5.2.1.2 Improved Performance of Carbon Fiber in High Temperature Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost Associated With Carbon Felt Manufacturing
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Renewable Energy Market
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Production of Low-Cost Carbon Fiber for Large Volume Applications
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Raw Material Type (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Pan-Based Carbon Felt and Graphite Felt
6.3 Rayon-Based Carbon Felt and Graphite Felt
6.4 Pitch-Based Carbon Felt and Graphite Felt

7 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Type (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Carbon Felt
7.3 Graphite Felt

8 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Product Type (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Soft Felt
8.3 Rigid Felt

9 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Application (Page No. – 51)
9.1 Introduction
9.2 Furnace
9.3 Batteries
9.4 Filters
9.5 Others

10 Carbon Felt and Graphite Felt Market, By Region (Page No. – 58)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.2 France
10.3.3 UK
10.3.4 Italy
10.3.5 Spain
10.3.6 Russia
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 South Korea
10.4.5 Australia Felt and New Zealand
10.5 Middle East Felt and Africa
10.5.1 South Africa
10.5.2 UAE
10.5.3 Saudi Arabia
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.2 Mexico

11 Company Profiles (Page No. – 77)
Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View
11.1 SGL Group
11.2 Toray Industries, Inc.
11.3 Kureha Corporation
11.4 Nippon Carbon Co., Ltd.
11.5 Beijing Great Wall Co., Ltd.
11.6 Chemshine Carbon Co. Ltd
11.7 CM Carbon Co., Ltd.
11.8 Gansu Haoshi Carbon Fiber Co., Ltd.
11.9 CFC Carbon Co., Ltd
11.10 Ceramaterials
*Details on (Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)
11.11 Other Key Companies
11.11.1 Sinotek Materials Co., Ltd.
11.11.2 Texpack S.R.L.
11.11.3 Buffalo Felt Products Corp.
11.11.4 Carbon Composites, Inc.
11.11.5 Agm/Advanced Graphite Materials
11.11.6 Anshan Sinocarb Carbon Fibers Co., Ltd.
11.11.7 Cetech Co., Ltd.
11.11.8 Fiber Materials Inc.
11.11.9 Anssen Metallurgy Group Co., Ltd
11.11.10 Svetlogorskkhimvolokno
11.11.11 Morgan Advanced Materials PLC
11.11.12 Mersen

12 Appendix (Page No. – 94)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2018年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-6682
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学薬品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 仮想イベントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仮想イベントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想イベントの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 東アジアの製薬市場:日本、台湾、韓国
  • ボーキサイト(鉄礬土)鉱業の世界市場(~2020)
  • BIPVの世界市場分析:技術別(結晶シリコン、薄膜)、用途別(屋根、壁、ガラス統合、ファサード)、エンドユーザー別(住居用、商業用、産業用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、BIPVの世界市場について調査・分析し、BIPVの世界市場動向、BIPVの世界市場規模、市場予測、セグメント別BIPV市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍用軽航空機の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用軽航空機の世界市場について調査・分析し、軍用軽航空機の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 軍用軽航空機市場の概要 3. 軍用軽航空機の世界市場 4. 世界の軍用軽航空機2次市場予測 5. 主要国の軍用軽航空機市場予測 6. 軍用軽航空機市場のSWOT分析 7. 軍用軽航空機市場のPEST分析 8. 軍用軽航空機企業主要11社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 産業用ヒートポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ヒートポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモロコシ属カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、モロコシ属の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、モロコシ属市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、モロコシ属のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 体育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、体育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、体育技術の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州/中東/アフリカにおけるがんの生物学的療法市場予測
  • インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、インシデント及び緊急事態管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(緊急/大量通知システム、境界侵入検知、および火災とHAZMAT)、サービス、および通信システム)分析、シミュレーション別分析、業種別分析、インシデント及び緊急事態管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、インシデント及び緊急事態管理の世界市場規模が2019年1070億ドルから2024年1485億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。
  • 世界のビール市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはビールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ビールの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • オランダの心臓補助装置市場見通し
  • プラズマ切断機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラズマ切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラズマ切断機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプラズマ切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ESAB • Hypertherm• Komatsu• Messer Cutting Systems• NISSAN TANAKA等です。
  • 肝炎診断の世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、肝炎診断の世界市場について調べ、肝炎診断の世界規模、市場動向、市場環境、検査別(血液検査、画像検査、肝生検)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・肝炎診断の世界市場概要 ・肝炎診断の世界市場環境 ・肝炎診断の世界市場動向 ・肝炎診断の世界市場規模 ・肝炎診断の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・肝炎診断の世界市場規模:検査別(血液検査、画像検査、肝生検) ・肝炎診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・肝炎診断の北米市場規模・予測 ・肝炎診断のアメリカ市場規模・予測 ・肝炎診断のヨーロッパ市場規模・予測 ・肝炎診断のアジア市場規模・予測 ・肝炎診断の日本市場規模・予測 ・肝炎診断の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • フランスの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • BAC Reports 調査レポート一覧
  • 実験室用カートの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、実験室用カートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用カートの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリイソブチレン(PIB)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリイソブチレン(PIB)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリイソブチレン(PIB)の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・ポリイソブチレン(PIB)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリイソブチレン(PIB)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリイソブチレン(PIB)のアメリカ市場規模予測 ・ポリイソブチレン(PIB)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリイソブチレン(PIB)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 日本の膝関節置換処置動向(~2021)
  • 塩化ナトリウムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、塩化ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、塩化ナトリウム市場規模、製法別(人工蒸発、天日蒸発)分析、等級別(天日、岩塩、その他)分析、用途別(水質調整、香味料・食品保存料、化学製品生産、医薬品、油田・繊維製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 塩化ナトリウムの世界市場:市場動向分析 ・ 塩化ナトリウムの世界市場:競争要因分析 ・ 塩化ナトリウムの世界市場:製法別(人工蒸発、天日蒸発) ・ 塩化ナトリウムの世界市場:等級別(天日、岩塩、その他) ・ 塩化ナトリウムの世界市場:用途別(水質調整、香味料・食品保存料、化学製品生産、医薬品、油田・繊維製品) ・ 塩化ナトリウムの世界市場:主要地域別分析 ・ 塩化ナトリウムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 塩化ナトリウムのヨーロッパ市場規模 ・ 塩化ナトリウムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・塩化ナトリウムの世界市場:主な市場開拓 ・ …
  • ダイヤフラムバルブの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ダイヤフラムバルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ダイヤフラムバルブ市場規模、流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル)分析、素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ)分析、ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材)分析、製品タイプ別(ウェアー式ダイヤフラムバルブ、ストレートダイヤフラムバルブ)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、電力、化学、水処理、バイオテクノロジー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:市場動向分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:競争要因分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:製品タイプ …
  • 世界の偏光顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の偏光顕微鏡市場2015について調査・分析し、偏光顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • エレクトリックバンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エレクトリックバンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エレクトリックバン市場規模、製品別(短・中距離(100マイル未満)、長距離(100マイル以上))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エレクトリックバンの世界市場概要 ・エレクトリックバンの世界市場環境 ・エレクトリックバンの世界市場動向 ・エレクトリックバンの世界市場規模 ・エレクトリックバンの世界市場:業界構造分析 ・エレクトリックバンの世界市場:製品別(短・中距離(100マイル未満)、長距離(100マイル以上)) ・エレクトリックバンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エレクトリックバンのアメリカ市場規模・予測 ・エレクトリックバンのヨーロッパ市場規模・予測 ・エレクトリックバンのアジア市場規模・予測 ・エレクトリックバンの主要国分析 ・エレクトリックバンの世界市場:意思決定フレームワーク ・エレクトリックバンの世界市場:成長要因、課題 ・エレク …
  • 個人用保護手袋の世界市場分析:製品別(使い捨て、耐久性)、原材料別(天然ゴム、ニトリル、ネオプレン、ビニール、アラミド繊維、レザー)、エンドユーザー別(医療・ヘルスケア、食品・飲料、化学、製造、建設、石油およびガス、鉱業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、個人用保護手袋の世界市場について調査・分析し、個人用保護手袋の世界市場動向、個人用保護手袋の世界市場規模、市場予測、セグメント別個人用保護手袋市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスムージー市場:製品別、消費パターン別、地域別
    本調査レポートはスムージーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(フルーツベース、乳製品ベース、その他のスムージー)分析、顧客状況、地域別状況、消費パターン別(家庭外消費、家庭内消費)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スムージーの世界市場:製品別(フルーツベース、乳製品ベース、その他のスムージー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・スムージーの世界市場:消費パターン別(家庭外消費、家庭内消費) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場分析:サービス別(プロフェッショナルサービス、トレーニングサービス)、組織別(中小企業、大企業)、用途別(BFSI、通信・IT、ヘルスケア、小売、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場について調査・分析し、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場動向、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のL-イソロイシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL-イソロイシン市場2015について調査・分析し、L-イソロイシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ケーブルトレイの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブルトレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブルトレイの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチプレックスアッセイの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マルチプレックスアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(消耗品、装置)別分析、種類別分析、技術別分析、用途(研究開発、診断)別分析、マルチプレックスアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマルチクッカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチクッカー市場2015について調査・分析し、マルチクッカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高カルシウム血症治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高カルシウム血症治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高カルシウム血症治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 弾薬取り扱いシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、弾薬取り扱いシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、弾薬取り扱いシステム市場規模、銃器種類別(マシンガン、ランチャー、主砲、ガトリング砲、大砲)分析、装填方法別(非結合、結合)分析、コンポーネント別(補助電源装置(APU)、ローディングシステム、駆動装置、弾薬保管装置、その他)分析、プラットフォーム別(海、航空、陸)分析、作動形態別(半自動式、自動式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:銃器種類別(マシンガン、ランチャー、主砲、ガトリング砲、大砲) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:装填方法別(非結合、結合) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:コンポーネント別(補助電源装置(APU)、ローディングシステム、駆動装置、弾薬保管装置、その他) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場 …
  • クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家電のドイツ市場
  • スマートシェード機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートシェード機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシェード機器の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオ分解性ポリマー市場規模・予測2017-2025種類別(PLA型-based、スターチ型)、用途別(食料パッケージング、泡パッケージング、バイオ分解性バッグ、農業)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ分解性ポリマー市場について調査・分析し、世界のバイオ分解性ポリマー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ分解性ポリマー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のマグネシウムエチラート市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウムエチラート市場2015について調査・分析し、マグネシウムエチラートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Brexit(ブリグジット、英国のEU離脱)&航空産業、英国&広域欧州経済領域への影響2016-2026
    当調査レポート以下の構成でお届けいたします。 1. 要約 2. 概要 3. 欧州航空産業のシナリオ2016-2026 4. SWOT分析 5. 結論および提言 6. 用語集
  • 胃癌治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、胃癌治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、胃癌治療薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ネオジム磁石の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ネオジム磁石の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ネオジム磁石市場規模、エンドユーザー別(家電、自動車、石油・ガス、航空宇宙・防衛、他社)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Arnold Magnetic Technologies, Daido Steel, Electron Energy Corporation, Hitachi Metals, Lynas Corporation, Shin-Etsu Chemicalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ネオジム磁石の世界市場概要 ・ネオジム磁石の世界市場環境 ・ネオジム磁石の世界市場動向 ・ネオジム磁石の世界市場規模 ・ネオジム磁石の世界市場:業界構造分析 ・ネオジム磁石の世界市場:エンドユーザー別(家電、自動車、石油・ガス、航空宇宙・防衛、他社) ・ネオジム磁石の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ネオジム磁石の北米市場規模・予測 ・ネオジム磁石のヨーロッパ・中 …
  • ポンプの中国市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポンプの中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポンプの中国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポンプの中国市場が2017-2021年期間中に年平均7.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• FengQiu Group• SHIMGE Pump Industry Group • Shanghai East Pump Group• Grundfos• Kaiquan Group等です。
  • 世界のイソホロン市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソホロン市場2016について調査・分析し、イソホロンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッチ管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、パッチ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(パッチ管理ソフトウェアおよびサービス)分析、サービス別(コンサルティング、サポート、統合)分析、展開別(クラウドおよびオンプレミス)分析、業種別(金融、政府および防衛、ITおよび通信)分析、パッチ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、パッチ管理の世界市場規模が2019年589百万ドルから2024年979百万ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。
  • 時間計測器の世界市場予測(~2022):振動子、共振器、クロック発生器、クロックバッファ、ジッタアッテネータ
    当調査レポートでは、時間計測器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、応用分野別分析、地域別分析、時間計測器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の石油樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油樹脂市場2015について調査・分析し、石油樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用包装フィルム市場2019
    本調査レポートでは、世界の医療用包装フィルム市場2019について調査・分析し、医療用包装フィルムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、医療用包装フィルムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、医療用包装フィルムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用包装フィルムの市場概要 ・医療用包装フィルムの上流・下流市場分析 ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医療用包装フィルムの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 染み抜き剤の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、染み抜き剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、染み抜き剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用画像センサの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"