"車載データロガーの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-6688)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"車載データロガーの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The automotive data logger market is projected to grow at a CAGR of 7.19% from 2018 to 2025. The market is estimated to be USD 3.36 billion in 2018 and is projected to reach USD 5.46 billion by 2025. The key growth drivers of this market are the higher penetration of advanced electronic components in the modern vehicle architecture and their testing that is performed prior to the vehicle’s commercialization.
The regulatory bodies’ segment will grow at the highest rate as the industry moves toward new priorities of manufacturing self-driving cars and environment-friendly vehicles. Thus, the old regulations need a lot of revision, and several new laws need to be created. For this, the governing bodies need to understand the functioning of these modern vehicles properly, for which data loggers are widely used at the test centres of regulatory bodies.

The pre-sales application segment will grow at the fastest rate as data loggers are widely used in the automotive industry at this stage, because of their ease of use, understandability, and reliability of the collected information. They significantly reduce the efforts of OEMs during lab testing and on-road testing, and also reduce their go-to-market time for new products and technologies. Regulatory bodies widely rely on data loggers for durability testing, exhaust and noise emissions testing, ADAS and safety testing, and overall vehicle testing.

The ADAS & safety segment is expected to be the largest market in the post-sales application segment. This is primarily because autonomous vehicles are taking the front seat in today’s automotive industry, for which advanced ADAS features such as adaptive cruise control (ACC) and automatic emergency braking (AEB) are highly important. With the advancements in ADAS features, the data loggers supporting ADAS applications will also increase at a rapid pace.

The CAN & CAN FD segment has is the largest in the automotive data logger market, by channels. High-speed controlled area network (HS-CAN) is the most commonly used communication interface in automobiles. It allows a communication speed of up to 1 Mbps and a high level of data integrity. CAN partial networking (PN) is another solution that reduces the current consumption in active mode, which allows setting an ECU in a low power or active mode. CAN with flexible data rate (CAN FD) extends the performance of high-speed CAN with low system effort. All these benefits have compelled automakers to use this bus system as a standard in most of their vehicles, and this has naturally led to the manufacturing of high volumes of data loggers that support this channel.

The bluetooth/Wi-Fi segment is estimated to have the highest growth rate in the automotive data logger market, by connection type; as the amount of data collected from the cars would increase and high speed real-time data transfers would be required.

The North America region is estimated to dominate the automotive data logger market, by volume as well as value. This is because there is a huge market for high-performance vehicles in North America, which requires high performing cameras, sensors, and ECUs. Hence, it is leading to a higher amount of testing and diagnosis of vehicles.

A key factor restraining the growth of the automotive data logger market is the lack of a trained workforce for advanced data loggers.

Some of the key players in the automotive data logger market are Robert Bosch GmbH (Germany), Delphi Technologies (UK), Vector Informatik GmbH (Germany), Continental Automotive GmbH (Germany), and Harman International (US).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"車載データロガーの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Data Triangulation
2.5 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 29)

4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Automotive Data Logger Market
4.2 Market, By Region
4.3 Market, By Country
4.4 Market, By End Market
4.5 Market, By Application
4.6 Market, By Post-Sales Application
4.7 Market, By Channels
4.8 Market, By Connection Type

5 Technological Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Types of Automotive Data Loggers
5.2.1 Thermocouple Data Logger
5.2.2 Nvh Acoustic Data Logger
5.3 Modern Channels Supported By Automotive Data Loggers
5.3.1 Flexray
5.3.2 Ethernet
5.4 Technological Advancements in Automotive Data Loogger
5.4.1 Global Positioning System (Gps) Data Loggers
5.4.2 Cloud-Based Automotive Data Loggers
5.4.3 Industry Trends

6 Market Overview (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Market Dynamics
6.2.1 Drivers
6.2.1.1 Increasing Electric Vehicle Production and Autonomous Vehicle Testing
6.2.1.2 Increasing Electronic Architecture in Modern Vehicles
6.2.2 Restraints
6.2.2.1 Lack of Trained Workforce for Advanced Data Loggers
6.2.2.2 High Cost of Data Acquisition Systems
6.2.3 Opportunities
6.2.3.1 Analyzing Real-Time Vehicle Data
6.2.3.2 Monetizing Vehicle Data
6.2.4 Challenges
6.2.4.1 Reverse Engineering of Vehicle Can Bus Messages
6.2.4.2 Incorrect Data Capture Or Data Loss Due to Physical Damages in Vehicle

7 Automotive Data Logger Market, By Application (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Pre-Sales
7.3 Post-Sales

8 Automotive Data Logger Market, By Post-Sales Application (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 ADAS & Safety
8.3 Automotive Insurance
8.4 Fleet Management
8.5 OBD

9 Automotive Data Logger Market, By Channels (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 CAN & CAN FD
9.3 Ethernet
9.4 Flexray
9.5 LIN

10 Automotive Data Logger Market, By Connection Type (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 Bluetooth/ Wi-Fi
10.3 SD Card
10.4 USB

11 Automotive Data Logger Market, By End Market and Region (Page No. – 77)
11.1 Introduction
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.2 India
11.2.3 Japan
11.2.4 South Korea
11.2.5 Thailand
11.2.6 Rest of the Asia Pacific
11.3 Europe
11.3.1 France
11.3.2 Germany
11.3.3 Russia
11.3.4 Spain
11.3.5 Turkey
11.3.6 UK
11.3.7 Rest of Europe
11.4 North America
11.4.1 Canada
11.4.2 Mexico
11.4.3 US
11.5 Rest of the World
11.5.1 Brazil
11.5.2 Iran
11.5.3 Others

12 Competitive Landscape (Page No. – 113)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Situations & Trends
12.3.1 New Product Developments
12.3.2 Expansions
12.3.3 Partnerships/Supply Contracts/Collaborations/Joint Ventures/Agreements/Mergers & Acquisitions

13 Company Profiles (Page No. – 120)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis)*
13.1 Robert Bosch GmbH
13.2 Delphi
13.3 Vector Informatik GmbH
13.4 Continental AG
13.5 Harman International Industries, Inc.
13.6 Racelogic Ltd.
13.7 National Instruments
13.8 TTTech Computertechnik AG
13.9 Xilinx
13.10 Intrepid Control Systems, Inc.
13.11 Dewesoft D.O.O.
13.12 HEM Data Corporation
13.13 Danlaw Technologies India Limited
13.14 MEN Micro Inc.
13.15 Ipetronik GmbH & Co. Kg
13.16 Madgetech, Inc
13.17 Influx Technology
13.18 NSM Solutions
13.19 myCarma
13.20 Transtron Inc.

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

14 Appendix (Page No. – 148)
14.1 Insights From Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.4.1 Automotive Data Logger Market, By Post-Sales Application, By Volume
14.4.2 Market, By Channels, By Country
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】車載データロガーの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2018年10月15日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-6688
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
車載データロガーの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ハイドロキシアパタイトの世界市場予測(~2023年):ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ハイドロキシアパタイトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)分析、用途別(整形外科、歯科、形成外科)分析、ハイドロキシアパタイトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生物活性創傷ケアの世界市場分析:製品別(湿式創傷ケア、抗菌創傷ケア、アクティブ創傷ケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生物活性創傷ケアの世界市場について調査・分析し、生物活性創傷ケアの世界市場動向、生物活性創傷ケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別生物活性創傷ケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ステレオカメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ステレオカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ステレオカメラの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エトキシレートの世界市場予測(~2021年):アルコール、脂肪アミン、脂肪酸、メチル・エステル、グリセリド
    当調査レポートでは、エトキシレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、エトキシレートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の産業用チョコレート市場予測
  • 世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別
    MarketsandMarkets社は、統合ブリッジシステムの世界市場規模が2019年70億ドルから2025年88億ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当資料では、世界の統合ブリッジシステム市場を統合的に調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、船種類別(商用、防衛)分析、サブシステム別(統合ナビゲーションシステム、自動気象観測システム、航海データレコーダー(VDR)、自動識別システム(AIS))分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット) ・世界の統合ブリッジシステム市場:船種類別(商用、防衛) ・世界の統合ブリッジシステム市場:サブシステム別(統合ナビゲーションシステム、自動気象観測システム、航海データレコーダー(VDR)、自動識別システム(AIS)) ・世界の統合ブリッジシス …
  • ドイツの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 精巣がん(Testicular Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・精巣がん(Testicular Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・精巣がん(Testicular Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・精巣がん(Testicular Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・精巣がん(Testicular Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の精巣がん(Testicular Cancer)治療薬剤
  • 中国のLBS(位置情報サービス)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のLBS(位置情報サービス)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のLBS(位置情報サービス)市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 近接・変位センサの世界市場
    当調査レポートでは、近接・変位センサの世界市場について調査・分析し、近接・変位センサの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • IoTの世界市場分析:コンポーネント別(デバイス、接続性、ITサービス、プラットフォーム)、用途別(消費者家電、小売、製造、輸送、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、IoTの世界市場について調査・分析し、IoTの世界市場動向、IoTの世界市場規模、市場予測、セグメント別IoT市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 診断用ウェアラブル医療機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、診断用ウェアラブル医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、診断用ウェアラブル医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 発酵化学物質の世界市場分析:製品別(アルコール、有機酸、酵素)、用途別(産業、食品・飲料、栄養・医薬品、プラスチックおよび繊維)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、発酵化学物質の世界市場について調査・分析し、発酵化学物質の世界市場動向、発酵化学物質の世界市場規模、市場予測、セグメント別発酵化学物質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • C5a受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるC5a受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・C5a受容体アンタゴニストの概要 ・C5a受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のC5a受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・C5a受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・C5a受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カニューレの世界市場:製品別(皮膚、心臓、鼻腔)、タイプ別、材料別、サイズ別、最終用途別(病院、ASC)、セグメント予測
    カニューレの世界市場は2026年には2億1,200万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、低侵襲手術への需要の高まり、高齢者に対する手術の増加、医療施設の進歩、政府の支援と研究開発投資の増加が考えられます。本調査レポートでは、カニューレの世界市場について調査・分析し、カニューレの世界市場動向、カニューレの世界市場規模、市場予測、セグメント別カニューレ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の圧力センサー市場:製品種類別(絶対、ゲージ、差動、密閉、真空)、技術別(ピエゾ抵抗、容量性、共振、電磁、光学)、用途別、機能別、エンドユーザー産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、圧力センサーの世界市場規模が2019年174億ドルから2024年236億ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。本書は、世界の圧力センサー市場について調査・分析し、市場概要、機能別(圧力検知、高度検知、流量検知、深度検知)分析、製品種類別(圧力検知、高度検知、流量検知、深度検知)分析、技術別(ピエゾ抵抗圧力センサー、静電容量圧力センサー、共振固体圧力センサー、電磁圧力センサー、光学圧力センサー、その他)分析、用途別(車載、医療機器、HVAC、プロセス制御、テストおよび測定、その他)分析、エンドユーズ産業別(自動車、医療、製造、ユーティリティ、航空、船舶、家電、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の圧力センサー市場:機能別(圧力検知、高度検知、流量検知、深度検知) ・世界の圧力センサー市場:製品種類別(圧力検知、高度検知、流量検知、深度検知) ・世界の圧力センサー市場:技術別(ピエゾ抵抗圧力センサー、静電容 …
  • ツーリングボードの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ツーリングボードの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ツーリングボード市場規模、用途別(航空宇宙、自動車、船舶、風力エネルギー、その他)分析、製品別(ポリウレタン、エポキシ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ツーリングボードの世界市場概要 ・ツーリングボードの世界市場環境 ・ツーリングボードの世界市場動向 ・ツーリングボードの世界市場規模 ・ツーリングボードの世界市場:業界構造分析 ・ツーリングボードの世界市場:用途別(航空宇宙、自動車、船舶、風力エネルギー、その他) ・ツーリングボードの世界市場:製品別(ポリウレタン、エポキシ、その他) ・ツーリングボードの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ツーリングボードのアメリカ市場規模・予測 ・ツーリングボードのヨーロッパ市場規模・予測 ・ツーリングボードのアジア市場規模・予測 ・ツーリングボードの主要国分析 ・ツーリングボードの世界市場:意思決定フレー …
  • マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤の概要 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • イーサネットストレージファブリック(ESF)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、イーサネットストレージファブリック(ESF)の世界市場規模が2017年9.4億ドルから2026年30.5億ドルまで年平均13.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、イーサネットストレージファブリック(ESF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イーサネットストレージファブリック(ESF)市場規模、種類別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、デバイス別(アダプター、コントローラー、スイッチ)分析、スイッチングポート別(10 GbEから25 GbE、100 GbE以上、40 GbEから50 GbE)分析、ストレージ種類別(オブジェクトストレージ、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)、ファイルストレージ、ブロックストレージ)分析、自動化別(電気通信、政府、クラウドサービスプロバイダーデータセンター、エンタープライズデータセンター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ イーサネット …
  • スマート電子レンジの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、スマート電子レンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート電子レンジの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のキチンキャビネット市場2015
    本調査レポートでは、世界のキチンキャビネット市場2015について調査・分析し、キチンキャビネットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア・北アフリカの救急救命装置市場:点滴ポンプ、人工呼吸器、患者モニター
  • エンタープライズコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、エンタープライズコラボレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション(エンタープライズビデオ、エンタープライズソーシャルネットワーク、プロジェクト管理と分析、ユニファイドメッセージング)、サービス)分析、展開タイプ別分析、組織規模別分析、業種別分析、エンタープライズコラボレーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、エンタープライズコラボレーションの世界市場規模が2019年310億ドルから2024年481億ドルまで年平均9.2%成長すると予測しています。
  • 相変化材料(PCM)の世界市場予測(~2022年):有機、無機、バイオ
    当調査レポートでは、相変化材料(PCM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、相変化材料(PCM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用サンルーフの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用サンルーフの世界市場について調査・分析し、自動車用サンルーフの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用サンルーフシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用サンルーフ種類別分析(インビルトタイプサンルーフ、スポイラーサンルーフ、ポップアップサンルーフ、パノラマサンルーフ他)、自動車用サンルーフ用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用サンルーフの市場概観 ・自動車用サンルーフのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用サンルーフのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用サンルーフの世界市場規模 ・自動車用サンルーフの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用サンルーフのアメリカ市場規模推移 ・自動車用サンルーフのカナダ市場規模推移 ・自動車用サンルーフのメキシコ市場規模推移 ・自動車用サンルーフのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用サンルーフの …
  • クエン酸の世界市場2018–2025:形態別(液体、パウダー)、用途別(医薬品、F&B)、地域別、競争状況
    本調査レポートでは、クエン酸の世界市場について調査・分析し、クエン酸の世界市場動向、クエン酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別クエン酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 眼科用フェムト秒レーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のロボット手術装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のロボット手術装置市場2015について調査・分析し、ロボット手術装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱可塑性複合材料の世界市場予測(~2022年):ガラス繊維、炭素繊維、樹脂、短繊維、長繊維、連続繊維、ガラスマット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、熱可塑性複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、樹脂種類別分析、製品種類別分析、用途別分析、熱可塑性複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 基油の世界市場:自動車オイル、工業用オイル、金属加工油、グリース、油圧油
    当調査レポートでは、基油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)の概要 ・膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膵外分泌機能不全(Exocrine Pancreatic Insufficiency)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨 …
  • 矯正歯科消耗品の世界市場分析:製品別(固定器具 – バッカルチューブ、ミニスクリュー、バンド; 合字 – エラストマー結紮、ワイヤ結紮; ブラケット – 美的ブラケット、自己連結ブラケット、金属ブラケット、化粧ブラケット; アーチワイヤー – ベータチタンアーチワイヤー、ニッケルチタンアーチワイヤー、ステンレススチールアーチワイヤー)、地域別(北アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、中東)、セグメント予測
    本調査レポートでは、矯正歯科消耗品の世界市場について調査・分析し、矯正歯科消耗品の世界市場動向、矯正歯科消耗品の世界市場規模、市場予測、セグメント別矯正歯科消耗品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロシアの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • ドラベ症候群治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドラベ症候群治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドラベ症候群治療市場規模、製品別(SGD、TGD、FGD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Biocodex, Epygenix Therapeutics, GW Pharmaceuticals, OPKO Health, Zogenixなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドラベ症候群治療の世界市場概要 ・ドラベ症候群治療の世界市場環境 ・ドラベ症候群治療の世界市場動向 ・ドラベ症候群治療の世界市場規模 ・ドラベ症候群治療の世界市場:業界構造分析 ・ドラベ症候群治療の世界市場:製品別(SGD、TGD、FGD) ・ドラベ症候群治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドラベ症候群治療の北米市場規模・予測 ・ドラベ症候群治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ドラベ症候群治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・ドラベ症候群治療の主要国分析 ・ドラベ症候群治療の …
  • アプリケーションセキュリティの世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、アプリケーションセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、ソリューション別分析、テスト種類別分析、産業別分析、アプリケーションセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スイスの心臓人工弁市場見通し
  • 腱鞘炎(Tenosynovitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腱鞘炎(Tenosynovitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬剤
  • 水素エネルギー貯蔵の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、水素エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、状態別(液体、ガス、固体)分析、ストレージ技術別(圧縮、液化、材料ベース)分析、エンドユーザー別(産業、商業、ユーティリティ)分析、水素エネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、水素エネルギー貯蔵の世界市場規模が2019年137億ドルから2024年182億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。
  • ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの北米市場規模・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの欧州市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティのアジア市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 難燃剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、難燃剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、難燃剤市場規模、タイプ別(ハロゲン化合物、非ハロゲン化合物)分析、エンドユーザー別(電子機器、建築・建設、ワイヤー・ケーブル、テキスタイル、自動車・輸送、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 難燃剤の世界市場:市場動向分析 ・ 難燃剤の世界市場:競争要因分析 ・ 難燃剤の世界市場:タイプ別(ハロゲン化合物、非ハロゲン化合物) ・ 難燃剤の世界市場:エンドユーザー別(電子機器、建築・建設、ワイヤー・ケーブル、テキスタイル、自動車・輸送、その他) ・ 難燃剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 難燃剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 難燃剤のヨーロッパ市場規模 ・ 難燃剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・難燃剤の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 空気浄化マスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空気浄化マスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気浄化マスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バス用バックカメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バス用バックカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バス用バックカメラの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの股関節再建装置市場見通し
  • ベルギーの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • ポリグリセリンの世界市場2014-2025:製品別(PG2、PG3、PG4、PG6、PG10)、用途別(食品・飲料、製薬、パーソナルケア)、地域別
    本調査レポートでは、ポリグリセリンの世界市場について調査・分析し、ポリグリセリンの世界市場動向、ポリグリセリンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリグリセリン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の口紅市場2015
    本調査レポートでは、世界の口紅市場2015について調査・分析し、口紅の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポータブル型ファブリックキャノピーの世界市場2020-2024
    「ポータブル型ファブリックキャノピーの世界市場2020-2024」は、ポータブル型ファブリックキャノピーについて市場概要、市場規模、製品別(シェードキャノピー、ガーデンキャノピー、イベントテント、ポータブルガレージ)分析、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ポータブル型ファブリックキャノピーの世界市場:製品別(シェードキャノピー、ガーデンキャノピー、イベントテント、ポータブルガレージ) ・ポータブル型ファブリックキャノの世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の睡眠時無呼吸診断装置市場
  • 世界の尿素·過酸化水素市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿素·過酸化水素市場2015について調査・分析し、尿素·過酸化水素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鼻カニューレの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鼻カニューレの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鼻カニューレの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"