"自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-4422)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global automotive cyber security market is estimated to be USD 1.34 billion in 2018 and is projected to grow at a CAGR of 23.16% during the forecast period, to reach USD 5.77 billion by 2025. The major growth drivers for the market are the growing number of connected cars and electronic content per vehicle and reinforcement of mandates by regulatory bodies for vehicle data protection. The increasing number of cloud-based applications in the automotive industry and technological advancements in the autonomous vehicle space can create new revenue generation opportunities for automotive cyber security manufacturers.
The global automotive cyber security market is segmented by form, security, application, vehicle, electric vehicle, and region. The report discusses two form types, namely, in-vehicle and external cloud services. The in-vehicle segment accounts for the largest share of this market. This segment is driven by factors such as the increasing use of endpoint applications such as mobile, radio, and smart antenna in vehicles in developing economies and rising demand for in-vehicle applications such as telematics, ADAS, and infotainment.

The application security segment is estimated to be the fastest growing market for automotive cyber security, by security type. It is followed by wireless network security. The application security segment is estimated to experience significant growth due to the increasing sales of mid-size and luxury vehicles across the globe.

The powertrain system segment is estimated to be the fastest growing market for automotive cyber security, by application. The number of electronic applications in modern vehicles is increasing day by day. Modern vehicles have a powertrain system equipped with latest mechatronics technologies comprising electronic control units (ECUs). These ECUs are vulnerable to the threat of a cyberattack.

The passenger vehicle segment is projected to be the largest market for automotive cyber security. The market growth in this segment can be attributed to the increasing electronic content inside the vehicle that is controlled by ECUs. Moreover, passenger vehicles are connected to external cloud services for telematics and fleet management applications.

The extensive study has been done on four key regions, namely, Asia Pacific, Europe, North America, and the Rest of the World.

The Asia Pacific market is estimated to hold the largest market share and is estimated to grow at a significant CAGR during the forecast period. The market growth in the region can be attributed to the increase in vehicle production and rising adoption of connected vehicles. Expansion of leading OEMs and automotive component suppliers in developing economies such as China and India is also projected to drive the market growth in this region.

Some of the major restraints for the global automotive cyber security market are the high cost involved in automotive cyber security and complex ecosystem with multiple stakeholders. Some of the major players in the global market are Harman (US), Continental (Germany), NXP (Netherlands), Escrypt (Germany), and Vector (Germany). The last chapter of this report covers a comprehensive study of the key vendors operating in this market. The evaluation of market players is done by taking several factors into account such as new product development, R&D expenditure, business strategies, product revenue, and organic and inorganic growth.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Product and Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency Exchange Rates
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.1.2.2 Primary Participants
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 28)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in Automotive Cyber Security Market
4.2 Automotive Cyber Security Market, By Region
4.3 Automotive Cyber Security Market, By Form
4.4 Automotive Cyber Security Market, By Security
4.5 Automotive Cyber Security Market, By Application
4.6 Automotive Cyber Security Market, By Vehicle
4.7 Automotive Cyber Security Market, By Electric Vehicle

5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Number of Connected Cars and Electronic Content Per Vehicle
5.2.1.2 Reinforcement of Mandates By Regulatory Bodies for Vehicle Data Protection
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost Involved in Automotive Cyber Security
5.2.2.2 Complex Ecosystem With Multiple Stakeholders
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Cloud-Based Applications in the Automotive Industry
5.2.3.2 Exceptional Technological Development in Autonomous Vehicle Space
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Pricing Model of this Market
5.2.4.2 Time Lag of Cyber Security Updates to Market for Maintenance and Troubleshooting

6 Technology Overview (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Automotive Cyber Security Threats & Solutions
6.3 Automotive Cyber Security Standards
6.4 Cyber Security for Intelligent Transportation System
6.4.1 Cooperative Intelligent Transport Systems (C-ITS)
6.4.1.1 Stakeholders
6.4.1.2 Standards
6.4.1.3 Services
6.4.1.4 Security Policies
6.4.1.5 Data Protection Policies
6.4.1.6 Recent Developments
6.4.2 European Network and Information Security Agency (ENISA)
6.4.3 European Telecommunications Standards Institute (ETSI)
6.5 System-On-Chip & Automotive Cyber Security
6.5.1 Automotive System-On-Chip: Use Cases
6.5.1.1 Integrated Platform for Integrated Solutions
6.5.1.2 Advanced Connectivity Technologies
6.5.1.3 Cvsoc With Cognitive Computing Capabilities
6.5.1.4 Cryptography for V2X Communications

7 Automotive Cyber Security Market, By Security (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Endpoint Security
7.3 Application Security
7.4 Wireless Network Security

8 Automotive Cyber Security Market, By Application (Page No. – 67)
8.1 Introduction
8.2 Telematics System
8.3 Infotainment System
8.4 Powertrain System
8.5 Body Control & Comfort System
8.6 Communication System
8.7 ADAS & Safety System

9 Automotive Cyber Security Market, By Form (Page No. – 73)
9.1 Introduction
9.2 In-Vehicle
9.3 External Cloud Services

10 Automotive Cyber Security Market, By Vehicle (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 Passenger Car
10.3 Commercial Vehicle

11 Automotive Cyber Security Market, By Electric Vehicle (Page No. – 81)
11.1 Introduction
11.2 Battery Electric Vehicle (BEV)
11.3 Hybrid Electric Vehicle (HEV)
11.4 Plug-In Hybrid Electric Vehicle (PHEV)

12 Automotive Cyber Security Market, By Region (Page No. – 87)
12.1 Introduction
12.2 Asia Pacific
12.2.1 China
12.2.2 India
12.2.3 Japan
12.2.4 South Korea
12.2.5 Thailand
12.2.6 Rest of Asia Pacific
12.3 Europe
12.3.1 Germany
12.3.2 France
12.3.3 UK
12.3.4 Spain
12.3.5 Russia
12.3.6 Turkey
12.3.7 Rest of Europe
12.4 North America
12.4.1 Canada
12.4.2 Mexico
12.4.3 US
12.5 Rest of the World (RoW)
12.5.1 Brazil
12.5.2 Iran
12.5.3 Others

13 Competitive Landscape (Page No. – 103)
13.1 Overview
13.2 Market Ranking Analysis
13.3 Competitive Situation & Trends
13.3.1 New Product Development
13.3.2 Collaboration
13.3.3 Partnership
13.3.4 Expansion

14 Company Profiles (Page No. – 112)
(Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis)*
14.1 Harman International
14.2 Continental AG
14.3 Robert Bosch GmbH
14.4 Denso Corporation
14.5 Aptiv
14.6 Symantec Corporation
14.7 NXP
14.8 Honeywell International Inc.
14.9 Trillium Secure Inc.
14.10 Escrypt GmbH
14.11 Vector Informatik GmbH
14.12 Karamba Security
14.13 Saferide Technologies Ltd
14.14 Guardknox Cyber Technologies Ltd.

*Details on Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

15 Appendix (Page No. – 156)
15.1 Insights From Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Available Customizations
15.4.1 Additional Company Profiles
15.4.1.1 Business Overview
15.4.1.2 SWOT Analysis
15.4.1.3 Recent Developments
15.4.1.4 MnM View
15.4.1.5 Who–Supplies–Whom Data
15.4.2 Detailed Analysis of Automotive Cybersecurty Software
15.4.3 Detailed Analysis of Automotive Cybersecurty Hardware
15.5 Related Reports
15.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2018年10月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-4422
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のトリメチルガリウム(TMG)市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリメチルガリウム(TMG)市場2015について調査・分析し、トリメチルガリウム(TMG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自己免疫疾患治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自己免疫疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自己免疫疾患治療薬市場規模、治療分野別(関節リウマチ、多発性硬化症、乾癬、炎症性腸疾患、その他)分析、分子種類別(生物製剤、小分子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自己免疫疾患治療薬の世界市場概要 ・自己免疫疾患治療薬の世界市場環境 ・自己免疫疾患治療薬の世界市場動向 ・自己免疫疾患治療薬の世界市場規模 ・自己免疫疾患治療薬の世界市場:業界構造分析 ・自己免疫疾患治療薬の世界市場:治療分野別(関節リウマチ、多発性硬化症、乾癬、炎症性腸疾患、その他) ・自己免疫疾患治療薬の世界市場:分子種類別(生物製剤、小分子) ・自己免疫疾患治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自己免疫疾患治療薬の北米市場規模・予測 ・自己免疫疾患治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自己免疫疾患治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・自己免疫疾患治療薬の主要国分析 …
  • カンジダ症(Candidiasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるカンジダ症(Candidiasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、カンジダ症(Candidiasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・カンジダ症(Candidiasis)の概要 ・カンジダ症(Candidiasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のカンジダ症(Candidiasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カンジダ症(Candidiasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • ブレスフレッシュナーの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 食品安全性試験の世界市場:病原体(大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクター、リステリア)、殺虫剤、GMO、毒素
    当調査レポートでは、食品安全性試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、汚染物質別分析、食品種類別分析、技術別分析、地域別分析、食品安全性試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場2017-2021:FISH技術、CISH技術
    当調査レポートでは、in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はin situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott• Agilent Technologies• F. Hoffmann-La Roche• Thermo Fisher Scientific等です。
  • モバイルマーケティングソリューションの世界市場:SMS、MMS、プッシュ通知、モバイルEメール、QRコード、モバイルウェブ
    当調査レポートでは、モバイルマーケティングソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、ユーザー別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経診断および監視デバイスの米国市場:製品別
    本レポートは、神経診断および監視デバイスの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ICP監視デバイス、EEGデバイス、EMGデバイス、その他)分析、顧客状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・神経診断および監視デバイスの世界市場:製品別(ICP監視デバイス、EEGデバイス、EMGデバイス、その他) ・顧客状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 研磨剤の世界市場2019-2023
    研磨材は、被加工物を研削、研磨、清掃し、目的の形状・仕上げのために使われます。研磨剤は、表面の研磨、バフ研磨、ホーニング、サンディングに使用します。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、研磨剤の世界市場が 5.65%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、3M、Asahi Diamond Industrial、Fujimi、Henkel、Robert Bosch、Saint-Gobainなどです。 当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研磨剤市場規模、エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研磨剤の世界市場概要 ・研磨剤の世界市場環境 ・研磨剤の世界市場動向 ・研磨剤の世界市場規模 ・研磨剤の世界市場:業界構造分析 ・研磨剤の世界市場:エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他 …
  • エアフィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアフィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 虚血性発作(Ischemic Stroke):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における虚血性発作(Ischemic Stroke)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、虚血性発作(Ischemic Stroke)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・虚血性発作(Ischemic Stroke)の概要 ・虚血性発作(Ischemic Stroke)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の虚血性発作(Ischemic Stroke)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・虚血性発作(Ischemic Stroke)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 可食包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、可食包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、可食包装市場規模、原材料別(その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・可食包装の世界市場概要 ・可食包装の世界市場環境 ・可食包装の世界市場動向 ・可食包装の世界市場規模 ・可食包装の世界市場:業界構造分析 ・可食包装の世界市場:原材料別(その他) ・可食包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・可食包装のアメリカ市場規模・予測 ・可食包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・可食包装のアジア市場規模・予測 ・可食包装の主要国分析 ・可食包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・可食包装の世界市場:成長要因、課題 ・可食包装の世界市場:競争環境 ・可食包装の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • イギリスの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • トルコの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 二輪車用スパークプラグの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二輪車用スパークプラグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用スパークプラグの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設機械の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、建設機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、機械種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用計器類市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用計器類市場2015について調査・分析し、自動車用計器類の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスチレンモノマー(SM)市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチレンモノマー(SM)市場2015について調査・分析し、スチレンモノマー(SM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のXRF装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のXRF装置市場2015について調査・分析し、XRF装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デンタルインプラント・歯科補綴物の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、デンタルインプラント・歯科補綴物の世界市場について調査・分析し、デンタルインプラント・歯科補綴物の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 人工心肺装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人工心肺装置 の世界市場について調査・分析し、人工心肺装置 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人工心肺装置 シェア、市場規模推移、市場規模予測、人工心肺装置 種類別分析(シングルローラーポンプ、ダブルローラーポンプ、その他)、人工心肺装置 用途別分析(心臓手術、肺移植手術、急性呼吸不全治療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人工心肺装置 の市場概観 ・人工心肺装置 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人工心肺装置 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人工心肺装置 の世界市場規模 ・人工心肺装置 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人工心肺装置 のアメリカ市場規模推移 ・人工心肺装置 のカナダ市場規模推移 ・人工心肺装置 のメキシコ市場規模推移 ・人工心肺装置 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人工心肺装置 のドイツ市場規模推移 ・人工心肺装置 のイギリス市場規模推移 ・人工心肺装置 の …
  • ガラスドア冷蔵庫の世界市場
    当調査レポートでは、ガラスドア冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、ガラスドア冷蔵庫の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料用微量栄養素の世界市場分析:製品別(鉄、マンガン、亜鉛、ホウ素、銅)、用途別(反芻動物、家禽、豚、魚類、馬)、地域別、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物飼料用微量栄養素の世界市場について調査・分析し、動物飼料用微量栄養素の世界市場動向、動物飼料用微量栄養素の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物飼料用微量栄養素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血液透析及び腹膜透析の南アフリカ市場:種類別、製品別(装置、消耗品、サービス)、最終用途別(病院ベース、家庭ベース)、セグメント予測
  • B型慢性肝炎の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、B型慢性肝炎の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・B型慢性肝炎の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・B型慢性肝炎の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 基底細胞癌治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、基底細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、基底細胞癌治療薬市場規模、投与経路別(局所、経口)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・基底細胞癌治療薬の世界市場概要 ・基底細胞癌治療薬の世界市場環境 ・基底細胞癌治療薬の世界市場動向 ・基底細胞癌治療薬の世界市場規模 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:投与経路別(局所、経口) ・基底細胞癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・基底細胞癌治療薬の北米市場規模・予測 ・基底細胞癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・基底細胞癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・基底細胞癌治療薬の主要国分析 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・基底細胞癌治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:競争環境 ・基底細胞癌治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 紫外線硬化樹脂&配合製品の世界市場予測(~2022年):オリゴマー、モノマー、光開始剤、添加剤
    当調査レポートでは、紫外線硬化樹脂&配合製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、化学成分別分析、用途別分析、地域別分析、紫外線硬化樹脂&配合製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用WLANの世界市場2017-2021:802.11ac、802.11n、802.11a/b/g
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用WLANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用WLANの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用WLANの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alcatel-Lucent、Cisco Systems、Dell、Huawei Technologies、Siemens等です。
  • 超硬材料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超硬材料の世界市場について調査・分析し、超硬材料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超硬材料シェア、市場規模推移、市場規模予測、超硬材料種類別分析()、超硬材料用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超硬材料の市場概観 ・超硬材料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超硬材料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超硬材料の世界市場規模 ・超硬材料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超硬材料のアメリカ市場規模推移 ・超硬材料のカナダ市場規模推移 ・超硬材料のメキシコ市場規模推移 ・超硬材料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・超硬材料のドイツ市場規模推移 ・超硬材料のイギリス市場規模推移 ・超硬材料のロシア市場規模推移 ・超硬材料のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・超硬材料の日本市場規模推移 ・超硬材料の中国市場規模推移 ・超硬材料の韓国市場規模推移 ・超硬材料のインド市 …
  • 血小板血症の骨髄線維症(Thrombocythaemia Myelofibrosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血小板血症の骨髄線維症(Thrombocythaemia Myelofibrosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血小板血症の骨髄線維症(Thrombocythaemia Myelofibrosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血小板血症の骨髄線維症(Thrombocythaemia Myelofibrosis)の概要 ・血小板血症の骨髄線維症(Thrombocythaemia Myelofibrosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血小板血症の骨髄線維症(Thrombocythaemia Myelofibrosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨 …
  • 自動コンテナターミナルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動コンテナターミナルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動コンテナターミナル市場規模、自動化度別(完全自動化コンテナターミナル、半自動化コンテナターミナル)分析、プロジェクト方式別(グリーンフィールドプロジェクト、ブラウンフィールドプロジェクト)分析、提供物別(ソフトウェア、サービス、設備)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動コンテナターミナルの世界市場:市場動向分析 ・ 自動コンテナターミナルの世界市場:競争要因分析 ・ 自動コンテナターミナルの世界市場:自動化度別(完全自動化コンテナターミナル、半自動化コンテナターミナル) ・ 自動コンテナターミナルの世界市場:プロジェクト方式別(グリーンフィールドプロジェクト、ブラウンフィールドプロジェクト) ・ 自動コンテナターミナルの世界市場:提供物別(ソフトウェア、サービス、設備) ・ 自動コンテナターミナルの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動コンテナターミ …
  • 世界の葉酸市場2016
    本調査レポートでは、世界の葉酸市場2016について調査・分析し、葉酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 土壌改良剤の世界市場予測(~2022年):天然土壌改良剤、合成土壌改良剤
    当調査レポートでは、土壌改良剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、作物タイプ別分析、地域別分析、土壌改良剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロボットは、自立し完璧に実行することがプログラミングできるために、様々な産業で重宝されてきています。 軍隊は、高度な監視、照準、機密情報収集メカニズムを必要とするので、ロボットの利用が進められてきており、今後二年間にこの傾向はさらに高くなると予測されています。 Technavio社は軍事用ロボットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Boston Dynamics• General Dynamics (GD) • Lockheed Martin• Northrop Grumman• Thales Group等です。
  • クロム採鉱の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クロム採鉱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロム採鉱の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 大判セラミックパネルの世界市場:用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ)、厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上)、地域別予測
    本資料は、大判セラミックパネルの世界市場について調べ、大判セラミックパネルの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ)分析、厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGranitifiandre、Laminam Spa、Levantina、ABK Group、Florim、RAK Ceramicsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・大判セラミックパネルの世界市場概要 ・大判セラミックパネルの世界市場環境 ・大判セラミックパネルの世界市場動向 ・大判セラミックパネルの世界市場規模 ・大判セラミックパネルの世界市場規模:用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ) ・大判セラミックパネルの世界市場規模:厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上) ・大判セラミックパネルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・大判セラミックパネルの北米市場規模 …
  • シクロペンタンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、シクロペンタンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シクロペンタンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シクロペンタン種類別分析(含有率 98%)、シクロペンタン用途別分析(冷蔵庫、ヒーター、化学溶剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シクロペンタンの市場概観 ・シクロペンタンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シクロペンタンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シクロペンタンの世界市場規模 ・シクロペンタンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シクロペンタンのアメリカ市場規模推移 ・シクロペンタンのカナダ市場規模推移 ・シクロペンタンのメキシコ市場規模推移 ・シクロペンタンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シクロペンタンのドイツ市場規模推移 ・シクロペンタンのイギリス市場規模推移 ・シクロペンタンのロシア市場規模推移 ・シクロペンタンのアジア市場分 …
  • 屋根材料の世界市場分析:製品別(アスファルト屋根板、タイル屋根、金属屋根、プラスチック屋根)、用途別(居住用、非居住用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、動向分析、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、屋根材料の世界市場について調査・分析し、屋根材料の世界市場動向、屋根材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別屋根材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のポリアミド66市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド66市場2015について調査・分析し、ポリアミド66の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮内膜アブレーション装置の世界市場:技術タイプ別(高周波アブレーション、冷凍アブレーション、熱水アブレーション、ホットサーマルアブレーション、子宮鏡アブレーション)、エンドユーザー別(通院外科診療所、診療所、病院)
    本資料は、子宮内膜アブレーション装置の世界市場について調べ、子宮内膜アブレーション装置の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、技術タイプ別(高周波アブレーション、冷凍アブレーション、熱水アブレーション、ホットサーマルアブレーション、子宮鏡アブレーション)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場概要 ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場環境 ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場動向 ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場規模 ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場:市場シェア ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場:技術タイプ別(高周波アブレーション、冷凍アブレーション、熱水アブレーション、ホットサーマルアブレーション、子宮鏡アブレーション) ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場:エンドユーザー別(通院外科診療所、診療所、病院) ・子宮内膜アブレーション装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・子宮内膜 …
  • アーモンドミルクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アーモンドミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーモンドミルクの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • カナダの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • クラスDオーディオ・アンプの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、クラスDオーディオ・アンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、装置別分析、需要先別分析、地域別分析、クラスDオーディオ・アンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • グルジアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 調味料・ドレッシング・ソースのギリシャ市場
  • 世界の自動車産業におけるNC市場2015-2019
    当調査レポートでは、世界の自動車産業におけるNC市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車産業におけるNC市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のグラフェン及び2-D材料市場
  • 世界の膝再建装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、膝再建装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膝再建装置の概要 ・膝再建装置の開発動向:開発段階別分析 ・膝再建装置の開発動向:セグメント別分析 ・膝再建装置の開発動向:領域別分析 ・膝再建装置の開発動向:規制Path別分析 ・膝再建装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別膝再建装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・膝再建装置の最近動向
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"