"吊架線電車線の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-6687)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"吊架線電車線の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The overhead catenary system market is estimated to be USD 25.53 billion in 2018 and is projected to reach USD 46.94 billion by 2025, at a CAGR of 9.09% from 2018 to 2025. The overhead catenary system market for electrified track length in operation is projected to grow at a CAGR of 6.55% during the forecast period, from an estimated market size of 232.6 thousand miles in 2018 to 326.7 thousand miles by 2025. The key growth factors for the market are the expansion of high-speed rail network and electrified rail tracks for urban rail transit.
The high voltage segment is estimated to hold the largest market share during the forecast period. The increasing development of high-speed rail transit in the Asia Pacific and European region is contributing to the growth of the overhead catenary system market. Also, the growing focus of urban planners to develop rail transport over other transportation mediums is majorly boosting the overhead catenary system market.

The overhead catenary system market has been segmented, on the basis of component, into contact wire, droppers, insulators, and cantilevers. The market for contact wire is expected to grow at a significant rate between 2018 and 2025, by volume. In terms of units, insulators are projected to register the largest market share by 2025 because of its usage in high numbers in the overhead catenary system.

The overhead catenary system market in Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Asia Pacific is the fastest growing market for the overhead catenary system. The exponential expansion of the electrified rail tracks in countries such as China, Japan, and India has led to the increase in demand for overhead lines for rail application which, in turn, has increased the growth of the overhead catenary system market in this region. Moreover, the gradual rise in the adoption of urban rail and high-speed rail transit in the regional countries is contributing to the growth of the market. As a result, APAC holds a significant share of the overall overhead catenary system market.

The overhead catenary system is primarily used for energizing the trains. Thus, the growth of the rail industry would ultimately govern the growth of the overhead catenary system market.
Metros
Metros are primarily a part of the Mass Rapid Transit System (MRTS) and widely accepted across the globe as a transport channel. It is a more convenient, fast, comfortable, and an affordable mode of urban transport. It is known for its high capacity carriers and short travel duration, which are the key factors for the global implementation of the metro rail. Many metro projects are operating globally and successfully delivering transport services. In the developing countries, an increase in urbanization has led to the rise in the demand for transportation systems. This has led the governments to develop an infrastructure for MRTS. Thus, the development of MRTS would ultimately drive the growth of the overhead catenary system market.

Light Rail
Light rail comprises conventional intercity train fleet and trams that are presently being operated in many countries. The need for energy efficient transport has forced the urban planners to implement the electric operation of train fleet without affecting efficiency and reliability. Thus, the rail authorities of several countries have started expanding the electrification of rail tracks through overhead lines. This factor is contributing to the growth of the overhead catenary system market.

High-Speed Rail
The high-speed train operates at a high voltage power due to its high-velocity mobility. Supplying the high voltage power to the train overhead lines is the most suitable method of electrification with utmost safety and reliability. Thus, the anticipated growth of high-speed train lines across the world would lead to the growth of the catenary system market.

Critical questions the report answers:
Where will the urban rail transit developments take the overhead catenary system industry in the mid to long term?
How does hydrogen power pose a threat to the overhead catenary system in the coming years?
The increasing acceptance of the third rail system for urban rail transit is a major factor restraining the growth of the market. Third rail has been developed to overcome the disadvantages associated with the overhead catenary system to electrify the rail track. A third rail system is an additional rail that is placed in between or alongside the rails of a railway track. The additional rail, which is also called as conductor rail, is a cost-effective method of rapid transit system with a high traffic density. Unlike overhead catenary system, the third rail system does not require structures to carry wires and over-bridge for clearances.

The key players in the market include CRRC (China), Alstom (France), Siemens (Germany), Bombardier (Canada), NKT (Denmark), ABB (Switzerland), Strukton (The Netherlands), TE Connectivity (Switzerland), Wabtec (US), and Lamifil (Belgium). These players are increasingly undertaking mergers and acquisitions, and product launches to develop and introduce new technologies and products in the market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"吊架線電車線の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Market Breakdown & Data Triangulation
2.5 Market Size Estimation
2.5.1 Bottom-Up Approach
2.5.2 Top-Down Approach
2.6 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Overhead Catenary System Market
4.2 Overhead Catenary System Market Share, By Country
4.3 Overhead Catenary System Market, By Catenary Type
4.4 Overhead Catenary System Market, By Train Type
4.5 Overhead Catenary System Market, By Voltage
4.6 Overhead Catenary System Market, By Component
4.7 Overhead Catenary System Market, By Region

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Expansion of High-Speed Rail Network Generating the Need for Overhead Lines
5.2.1.2 High Reliability and Safety of the Overhead Catenary System
5.2.1.3 Growing Need for Energy-Efficient Rail Transport
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Capital Investment and Maintenance Costs of the Overhead Catenary System
5.2.2.2 Growth of Third Rail System in Urban Rail Transit
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Expansion of Electrified Network for Rail Transport
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 The Overhead Catenary System is Prone to High Wear and Fatigue Failure
5.2.4.2 Transmission Losses Associated With the Overhead Catenary System

6 Industry Trends (Page No. – 42)
6.1 Pantograph
6.2 Third Rail

7 Overhead Catenary System Market, By Track Length (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 China
7.2.1 Operational High-Speed Trains in China
7.2.2 Under Construction HSR Lines in China
7.3 Japan
7.3.1 Operational High-Speed Trains in Japan
7.3.2 Under Construction HSR Lines in Japan
7.4 South Korea
7.4.1 Operational High-Speed Trains in South Korea
7.4.2 Under Construction HSR Lines in South Korea
7.4.3 Long Term Plan HSR Lines in South Korea
7.5 Turkey
7.5.1 Operational High-Speed Trains in Turkey
7.5.2 Under Construction HSR Lines in Turkey
7.5.3 Long Term Plan for HSR Lines in Turkey
7.6 France
7.6.1 Operational High-Speed Trains in France
7.6.2 Under Construction HSR Lines in France
7.6.3 Long Term Plan for HSR Lines in France
7.7 Germany
7.7.1 Operational High-Speed Trains in Germany
7.7.2 Under Construction HSR Lines in Germany
7.7.3 Long Term Plan for HSR Lines in Germany
7.8 Italy
7.8.1 Operational High-Speed Trains in Italy
7.8.2 Under Construction HSR Lines in Italy
7.8.3 Long Term Plan for HSR Lines in Italy
7.9 Spain
7.9.1 Operational High-Speed Trains in Spain
7.9.2 Under Construction HSR Lines in Spain
7.9.3 Long Term Plan for HSR Lines in Spain
7.10 UK
7.10.1 Operational High-Speed Trains in the UK
7.10.2 Long Term Plan for HSR Lines in the UK
7.11 US
7.11.1 Operational High-Speed Trains in the US
7.11.2 Long Term Plan for HSR Lines in the US
7.11.3 Long Term Plan for HSR Lines in the US

8 Overhead Catenary System Market, By Train Type (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Metro
8.3 Light Rail
8.4 High-Speed Rail

9 Overhead Catenary System Market, By Voltage Type (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Low Voltage Wire
9.3 Medium Voltage Wire
9.4 High Voltage Wire

10 Overhead Catenary System Market, By Component (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 Catenary Wire
10.3 Contact Wire
10.4 Droppers
10.5 Insulator
10.6 Cantilever
10.7 Connectors
10.8 Clamps
10.9 Steady ARM

11 Overhead Catenary System Market, By Catenary Wire Type (Page No. – 79)
11.1 Introduction
11.2 Simple Catenary Wire
11.3 Stitched Catenary Wire
11.4 Compound Catenary Wire

12 Overhead Catenary System Market, By Material (Page No. – 88)
12.1 Introduction
12.2 Cadmium Copper (CU-CD)
12.3 Copper Tin (CU-SN)
12.4 Copper Magnesium (CU-MG)
12.5 Copper Silver (CU-AG)

13 Overhead Catenary System Market, By Region (Page No. – 90)
13.1 Introduction
13.2 Asia Pacific
13.2.1 China
13.2.2 India
13.2.3 Japan
13.2.4 South Korea
13.3 Europe
13.3.1 Germany
13.3.2 France
13.3.3 Italy
13.3.4 Spain
13.3.5 UK
13.3.6 Russia
13.4 North America
13.4.1 Canada
13.4.2 Mexico
13.4.3 US
13.5 Rest of the World
13.5.1 Brazil
13.5.2 Iran
13.6 Middle East
13.6.1 Saudi Arabia
13.6.2 Egypt

14 Competitive Leadership (Page No. – 109)
14.1 Overview
14.2 Market Ranking
14.3 Competitive Senario
14.3.1 New Product Developments
14.3.2 Expansions
14.3.3 Collaborations/Joint Ventures/Supply Contracts/Partnerships/AGreements
14.3.4 Mergers & Acquisitions

15 Company Profile (Page No. – 114)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis)*
15.1 CRRC
15.2 Alstom
15.3 Siemens
15.4 Bombardier
15.5 NKT
15.6 ABB
15.7 Strukton
15.8 TE Connectivity
15.9 Nexans
15.10 Wabtec
15.11 Lamifil
15.12 Pfisterer
15.13 Other Key Regional Players
15.13.1 Asia Pacific
15.13.1.1 LS Cable & System
15.13.1.2 Niigata Transys
15.13.2 Europe
15.13.2.1 Rhombergrail
15.13.2.2 Kruch
15.13.2.3 Steconfer
15.13.2.4 Galland
15.13.2.5 Charignon
15.13.2.6 Sarkuysan
15.13.2.7 Generale Costruzioni Ferroviarie S.P.A
15.13.2.8 Kummler+Matter
15.13.2.9 Balfour Beatty
15.13.2.10 Elcowire
15.13.2.11 Eland Cables
15.13.3 North America
15.13.3.1 Emspec
15.13.4 RoW
15.13.4.1 Alucast Iran

*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

16 Appendix (Page No. – 145)
16.1 Key Industry Insights
16.2 Discussion Guide
16.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.4 Available Customizations
16.4.1 Overhead Catenary System Market, Additional Components (Up to 2)
16.4.2 Profiles of Additional Market Players (Up to 3)
16.4.3 Competitive Leadership Mapping (Micro-Quadrant) Companies
16.5 Related Reports
16.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】吊架線電車線の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2018年10月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-6687
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
吊架線電車線の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の呼吸困難症候群(Respiratory Distress Syndrome)治療薬剤
  • 世界の無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)市場:市場分析、市場規模、検査分析、地域展望、成長、競争戦略、予測
  • アルゼンチンの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界の施設データ管理市場2019
    本調査レポートでは、世界の施設データ管理市場2019について調査・分析し、施設データ管理の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、施設データ管理のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、施設データ管理メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・施設データ管理の市場概要 ・施設データ管理の上流・下流市場分析 ・施設データ管理のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・施設データ管理のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・施設データ管理のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・施設データ管理のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・施設データ管理の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・施設データ管理の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・施設データ管理の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・施設データ管 …
  • 航空機ADS-Bの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、航空機ADS-Bの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、航空機ADS-Bの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • G蛋白質結合受容体(GPCR)の世界市場
    当調査レポートでは、G蛋白質結合受容体 (GPCR) の世界市場について調査・分析し、G蛋白質結合受容体 (GPCR) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ココナッツパウダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ココナッツパウダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツパウダーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • テーマパークバケーションの世界市場:ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク
    当調査レポートでは、テーマパークバケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク、その他)分析、年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ)分析、旅行客種類別(ソロ、グループ)分析、販売チャンネル(オンラインチャネル、ダイレクトチャネル)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・テーマパークバケーションの世界市場:種類別(ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク、その他) ・テーマパークバケーションの世界市場:年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ) ・テーマパークバケーションの世界市場:旅行客種類別(ソロ、グループ) ・テーマパークバケーションの世界市場:販売チャンネル(オンラインチャネル、ダイレクトチャネル) ・テーマパークバケーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 高級ペンの世界市場2017-2021:万年筆、ボールペン、水性ボールペン、ファインライナーペン、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高級ペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高級ペンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高級ペンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.90%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はT. Cross Company、Josef Lamy、ELMO & MONTEGRAPPA、Montblanc International、Newell Brands、S.T. Dupont等です。
  • 頭蓋インプラントの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、頭蓋インプラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頭蓋インプラントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は頭蓋インプラントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、B. Braun Melsungen、DePuy Synthes、KLS Martin、Stryker、Zimmer Biomet等です。
  • 家庭用殺虫剤の世界市場2017-2021:スプレー、電気ベーパライザ、蚊取り線香、餌
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用殺虫剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用殺虫剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Godrej Consumer Products、Reckitt Benckiser、SC Johnson & Son、Spectrum Brands、Sumitomo Chemical等です。
  • 世界のポリアリルスルホン市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアリルスルホン市場2015について調査・分析し、ポリアリルスルホンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の概要 ・非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場分析:タイプ別(8輪車、16輪車)、電源別(ディーゼル、電気、ハイブリッド)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場について調査・分析し、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場動向、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 磁性材料の世界市場:硬磁性材料、軟磁性材料
    当調査レポートでは、磁性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、磁性材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 実験室オートメーションの世界市場予測
    当調査レポートでは、実験室オートメーションの世界市場について調査・分析し、実験室オートメーションの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・実験室オートメーションの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・実験室オートメーションの世界市場:セグメント別市場分析 ・実験室オートメーションの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • エンターテインメント用ロボットの世界市場:教育ロボット、ロボットペット
    当調査レポートでは、エンターテインメント用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンターテインメント用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • C型肝炎(Hepatitis C):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、C型肝炎(Hepatitis C)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・C型肝炎(Hepatitis C):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・C型肝炎(Hepatitis C)のフェーズ3治験薬の状況 ・C型肝炎(Hepatitis C)治療薬の市場規模(販売予測) ・C型肝炎(Hepatitis C)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・C型肝炎(Hepatitis C)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のC型肝炎(Hepatitis C)治療薬剤
  • グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓ポンプ装置の世界市場:製品別(補助人工心臓、大動脈内バルーンパンピング、TAH(完全置換型人工心臓))、タイプ別(体外式ポンプ、植込型ポンプ)、治療別(橋渡し治療、心臓移植代替治療)、地域別予測
    本資料は、心臓ポンプ装置の世界市場について調べ、心臓ポンプ装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(補助人工心臓、大動脈内バルーンパンピング、TAH(完全置換型人工心臓))分析、タイプ別(体外式ポンプ、植込型ポンプ)分析、治療別(橋渡し治療、心臓移植代替治療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・心臓ポンプ装置の世界市場概要 ・心臓ポンプ装置の世界市場環境 ・心臓ポンプ装置の世界市場動向 ・心臓ポンプ装置の世界市場規模 ・心臓ポンプ装置の世界市場規模:製品別(補助人工心臓、大動脈内バルーンパンピング、TAH(完全置換型人工心臓)) ・心臓ポンプ装置の世界市場規模:タイプ別(体外式ポンプ、植込型ポンプ) ・心臓ポンプ装置の世界市場規模:治療別(橋渡し治療、心臓移植代替治療) ・心臓ポンプ装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・心臓ポンプ装置の北米市場規模・予測 ・心臓ポンプ装置のアメリカ市場規模・予測 ・心臓ポンプ装置のヨーロッパ市場規模・予 …
  • 1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場予測2019-2024
    「1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、シクロヘキサン酸化、シクロヘキセン酸化、フェノール水素化など、用途別には、Nylon 6,6、Polyurethanes、Adipic Esters、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。1,4-ブタンジカルボン酸のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場概要(サマリー) ・1,4-ブタンジカルボン酸の企業別販売量・売上 ・1,4-ブタンジカルボン酸の企業別市場シェア ・1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場規模:種類別(シクロヘキサン酸化、シクロヘキセン酸化、フェノール水素化) ・1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場規模:用途別(Nylon 6,6、Polyurethanes、Adipic Esters、Others) ・1,4-ブタンジカルボン酸の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・1, …
  • 航空機飛行管制システム(FCS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機飛行管制システム(FCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、航空機飛行管制システム(FCS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メタルホースの世界市場:用途別(自動車専業、鋼鉄産業、航空産業、化学産業、エネルギー産業)、地域別予測
    本資料は、メタルホースの世界市場について調べ、メタルホースの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(自動車専業、鋼鉄産業、航空産業、化学産業、エネルギー産業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies LLC、Orica、MAXAM、AEL、IPL (Dyno Nobel)、ENAEX 、Sasol、Yunnan Civil Explosives、Solar Explosives、Gezhouba Explosive、EPC Groupe、Anhui Jiangnan、Poly Permanent Union Holding Group、Nanling Civil Explosive、BME Mining、NOF Corporation、IDEAL、Sichuan Yahua、AUSTIN、Kailong Chemical、Leiming Kehua などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メタルホースの世界市 …
  • イタリアの太陽光発電(PV)市場2016
  • 業務用食品スケールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用食品スケールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食品スケールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • ネットワーク管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ネットワーク管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワーク管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金属鋳造の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、金属鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属鋳造の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者エンゲージメントソリューションの世界市場:配信タイプ別(Web、クラウド、オンプレミス)、コンポーネント別、最終用途別、アプリケーション別、セグメント予測
    本調査レポートでは、患者エンゲージメントソリューションの世界市場について調査・分析し、患者エンゲージメントソリューションの世界市場動向、患者エンゲージメントソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別患者エンゲージメントソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スナックペレットの世界市場予測(~2023年)
    スナックペレットの世界市場は、2018年の約20億米ドルから2023年には約25億米ドルに達し、5.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、多忙なライフスタイル、外出先での軽食に対する需要の高まり、スナックペレットの消費に対する意識換気を目的とした施設の拡大、マーケティング計画、および情報交換プログラムに対する関心の高まり、さらには中国、インド、ブラジル、中東などの新興国の消費者の嗜好のシフトなどが考えれられます。一方で、スナック食品中のアクリルアミド含有量により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、スナックペレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(ポテト、コーン、コメ、タピオカ、マルチグレイン)分析、形状(薄片状、3D、ダイカット、ゼラチン状)分析、技法(二軸スクリュー式押出機、一軸スクリュー式押出機)分析、フレーバー(プレーン、フレーバー付、栄養剤)分析、スナックペレットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします …
  • 商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機用アフターマーケット部品市場規模、用途別(MRO部品、回転部用部品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場概要 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場環境 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場動向 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場規模 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:業界構造分析 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:用途別(MRO部品、回転部用部品) ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商用航空機用アフターマーケット部品のアメリカ市場規模・予測 ・商用航空機用アフターマーケット部品のヨーロッパ市場規模・予測 ・商用航空機用アフターマーケット部品のアジア市場規模・予測 ・商用航空機用アフター …
  • ダイカストの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ダイカストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイカストの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイカストの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alcoa、Dynacast、Precision Castparts等です。
  • 飼料用種の世界市場予測(~2022年):アルファルファ、クロバー、ライグラス、チコリ
    当調査レポートでは、飼料用種の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料用種の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高性能複合材料の世界市場予測(~2022年):炭素繊維、Sガラス、アラミド繊維
    当調査レポートでは、高性能複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、高性能複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクター別(1U、2U、および4U)、サービス別、層タイプ別(層1、層2、層3、および層4)、データセンター種類別(中規模、エンタープライズ、および大規模なデータセンター)、産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、データセンターラックサーバーの世界市場規模が2019年521億ドルから2024年1025億ドルまで年平均14.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデータセンターラックサーバー市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、フォームファクタ別(1U、2U、4U、その他)分析、サービス別(設計&コンサルティング、インストール&展開、サポート&メンテナンス)分析、ティアタイプ別(ティア1、ティア2、ティア3、ティア4)分析、データセンター種類別(中規模データセンター、エンタープライズデータセンター、大規模データセンター)分析、業種別(政府&防衛、BFSI、IT&テレコム、ヘルスケア&ライフサイエンス、研究&学術、メディア&エンターテイメント、小売&eコマース、エネルギー&ユーティリティ、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクタ別(1U …
  • 細胞溶解・細胞分画用製品の世界市場:試薬、酵素、洗剤、キット、ソニケーター、ホモジナイザー
    当調査レポートでは、細胞溶解・細胞分画用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、細胞種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジオクチルアジペート(DOA)市場2015
    本調査レポートでは、世界のジオクチルアジペート(DOA)市場2015について調査・分析し、ジオクチルアジペート(DOA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 発電機レンタルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、発電機レンタルの世界市場について調査・分析し、発電機レンタルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 発電機レンタルの世界市場:市場動向分析 - 発電機レンタルの世界市場:競争要因分析 - 発電機レンタルの世界市場:燃料タイプ別 ・ガス発電 ・ディーゼル発電 ・その他燃料タイプ - 発電機レンタルの世界市場:定格電力別 ・50kW未満 ・51~500kW ・501~2,500kW - 発電機レンタルの世界市場:用途別 ・ベースロード・常時電力 ・ピークシェービング ・予備電源 - 発電機レンタルの世界市場:エンドユーザー別 ・建設 ・イベント ・製造業 ・鉱業 ・石油・ガス ・運送 ・ユーティリティ ・その他 - 発電機レンタルの世界市場:主要地域別分析 - 発電機レンタルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 発電機レンタルのヨーロッパ市場規模 - 発電機レンタルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・発電機レンタルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の光伝送網(OTN)装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の光伝送網(OTN)装置市場2015について調査・分析し、光伝送網(OTN)装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペクチナーゼ市場2016
    本調査レポートでは、世界のペクチナーゼ市場2016について調査・分析し、ペクチナーゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンプレッションウェア・シェイプウェア市場規模、製品別(コンプレッションウェア・シェイプウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場概要 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場環境 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場動向 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場規模 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場:業界構造分析 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場:製品別(コンプレッションウェア・シェイプウェア) ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアの北米市場規模・予測 ・コンプレッションウェア・シェイプウェアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ …
  • ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場:用途別(自動車、電気・電子、工業、塗装)、地域別
    本調査レポートでは、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場について調査・分析し、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場動向、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェニレンスルファイド (PPS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タンカーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、タンカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タンカー市場規模、船舶種類別(超巨大タンカー(ULCC)・ 巨大タンカー(VLCC)、スエズマックス、アフラマックス、パナマックス、小型、中型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ タンカーの世界市場:市場動向分析 ・ タンカーの世界市場:競争要因分析 ・ タンカーの世界市場:船舶種類別(超巨大タンカー(ULCC)・ 巨大タンカー(VLCC)、スエズマックス、アフラマックス、パナマックス、小型、中型) ・ タンカーの世界市場:主要地域別分析 ・ タンカーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ タンカーのヨーロッパ市場規模 ・ タンカーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・タンカーの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 前頸部固定デバイスの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、前頸部固定デバイスの世界市場について調査・分析し、前頸部固定デバイスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・前頸部固定デバイスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・前頸部固定デバイスの世界市場規模:製品種類別分析 ・前頸部固定デバイスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 台湾のポリプロピレン市場(~2019)
  • 転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の概要 ・転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性肝臓がん(Metastatic Hepatocellular Carcinoma (HCC))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • インテグラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインテグラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インテグラーゼ阻害剤の概要 ・インテグラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインテグラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インテグラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インテグラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • レンタカーの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、レンタカーの世界市場について調べ、レンタカーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レンタカーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(エコノミーカー、エグゼクティブカー、高級車、SUV、MUV)、予約法別(オフライン、オンライン)、レンタルカテゴリー別(空港輸送、ローカル輸送、駅外輸送、その他の輸送))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はレンタカーの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・レンタカーの市場状況 ・レンタカーの市場規模 ・レンタカーの市場予測 ・レンタカーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(エコノミーカー、エグゼクティブカー、高級車、SUV、MUV) ・市場セグメンテーション:予約法別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:レンタルカテゴリー別(空港輸送、ローカル輸送、駅外輸送、その他の輸送) ・レンタカーの顧客状況 ・主要 …
  • 世界のメトキシポリエチレングリコール(MPEG)市場2016
    本調査レポートでは、世界のメトキシポリエチレングリコール(MPEG)市場2016について調査・分析し、メトキシポリエチレングリコール(MPEG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブ・キオスクの世界市場:ATM、セルフサービスキオスク、自動販売機
    当調査レポートでは、インタラクティブ・キオスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、構成要素別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性用フレグランスの世界市場:市場規模、成長、予測分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"