"水性マーカーペンの世界市場予測(~2023年):ベーシックウォッシャブル、スーパーウォッシャブル"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-6690)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"水性マーカーペンの世界市場予測(~2023年):ベーシックウォッシャブル、スーパーウォッシャブル"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

MarketsandMarkets projects that the washable markers market size will grow from USD 425.5 million in 2018 to USD 507.0 million by 2023, at a CAGR of 3.57%. The washable markers market is expected to witness high growth as a result of the increasing number of school-going children coupled with the rising disposable income of households, owing to which parents are spending more on children’s education and on creative expression products.
The segmentation for this report is based on washability, end user, and region. On the basis of washability, the market is segmented into basic and super washable markers, wherein the super washable segment is projected to be faster-growing. The ink from super-washable markers is water-based and can be cleaned from non-porous laminate surfaces found on most classroom desks by simply using water. One of the key advantages of super-washable markers is that they do not require any additional solvent for the ink to be removed.

Washable markers have witnessed extensive traction from the children segment. These markers are drawing tools that are ideal for young children who may accidentally mark their clothes or bodies. Marks from washable markers can be easily removed from skin, clothes, and walls just by wiping a wet sponge across the surface. Since washable markers do not permanently stain a surface, they are perfect for home and classroom use. Moreover, washable markers are non-toxic. The children segment held a larger share and is expected to dominate the washable markers market from 2018 to 2023.

North America is projected to have the largest share in the washable markers market. The region is a significant market for washable markers owing to the growing demand for writing instruments from schools, households, and corporates. Crayola LLC, headquartered in the US, is a major player operating in North America. According to Crayola LLC, it has 99% name recognition in the US. Other writing instrument manufacturers operating in North America include Bic Corp and Faber-Castell USA, with a significant market share in the North American washable markers market. The washable markers market is unorganized, which is a major factor restraining its growth.

The global market for washable markers is dominated by players such as Crayola LLC (US), Faber-Castell (Germany), F.I.L.A. – Fabbrica Italiana Lapis ed Affini S.p.A (Italy), BIC Group (France), Newell Brands (US), Carioca S.p.a (US), Liqui-Mark (US), Stabilo International GMBH (Germany), Dri Mark Products Inc. (US), and Luxor Group (India). These players adopted various strategies such as agreements, contracts, and partnership, mergers & acquisitions, and new product & technology launches to cater to the needs of the washable markers market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"水性マーカーペンの世界市場予測(~2023年):ベーシックウォッシャブル、スーパーウォッシャブル"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 25)

4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the Washable Markers Market
4.2 Washable Markers Market, By Type
4.3 Washable Markers Market, By End User
4.4 Washable Markers Market: Regional Snapshot

5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Number of School-Going Children Coupled With A Rise in Disposable Income of Households
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Unorganized Market
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 the Increase in Shift Toward E-Learning and Digital Platforms
5.3 Macroeconomic Indicators
5.3.1 Introduction
5.3.2 Rise in Disposable Income
5.3.3 Increase in Middle-Class Population
5.3.4 Increase in Gdp in Emerging Economies

6 Washable Markers Market, By Washability (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 Basic Washable Markers
6.3 Super-Washable Markers

7 Washable Markers Market, By End User (Page No. – 38)
7.1 Introduction
7.2 Children
7.3 Professionals

8 Regional Analysis (Page No. – 41)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.2 Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.2 UK
8.3.3 Italy
8.3.4 France
8.3.5 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.2 Japan
8.4.3 Australia
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 UAE
8.5.2 Turkey
8.5.3 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.2 Rest of South America

9 Competitive Landscape (Page No. – 73)
9.1 Overview
9.2 Competitive Scenario
9.2.1 Expansion & Investments
9.2.2 Mergers & Acquisitions
9.2.3 Agreement, Contracts, and Partnerships
9.2.4 New Product Launch

10 Company Profiles (Page No. – 76)

Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View

10.1 Crayola LLC
10.2 F.I.L.A. – Fabbrica Italiana Lapis Ed Affini S.P.A
10.3 BIC Group
10.4 Newell Brands
10.5 Faber-Castell
10.6 Carioca S.p.A
10.7 Liqui-Mark
10.8 Stabilo International Gmbh
10.9 Dri Mark Products Inc
10.10 Luxor Group

*Details on (Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)

11 Appendix (Page No. – 91)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】水性マーカーペンの世界市場予測(~2023年):ベーシックウォッシャブル、スーパーウォッシャブル
【発行日】2018年10月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-6690
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学薬品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
水性マーカーペンの世界市場予測(~2023年):ベーシックウォッシャブル、スーパーウォッシャブルについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 金属表面処理薬品の世界市場予測(~2021年):洗浄用薬品、化成皮膜処理用薬品、プロプライエタリ薬品
    当調査レポートでは、金属表面処理薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、プロセス別分析、材料別分析、需要先別分析、金属表面処理薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートスポーツ用品の世界市場:スマートボール、スマートゴルフスティック、スマートホッケースティック、スマートラケット&バット
    当調査レポートでは、スマートスポーツ用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(スマートボール、スマートゴルフスティック、スマートホッケースティック、スマートラケット&バット、その他)分析、エンドユーザー別(男性、女性)分析、流通チャンネル別(専門店、フランチャイズ店、オンライン店)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・スマートスポーツ用品の世界市場:種類別(スマートボール、スマートゴルフスティック、スマートホッケースティック、スマートラケット&バット、その他) ・スマートスポーツ用品の世界市場:エンドユーザー別(男性、女性) ・スマートスポーツ用品の世界市場:流通チャンネル別(専門店、フランチャイズ店、オンライン店) ・スマートスポーツ用品の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 協調ロボットの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、協調ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、積載量別(5kg未満、5kg・10kg、10kg超)分析、産業別(自動車、エレクトロニクス、金属・機械加工、プラスチック・ポリマー、食品・飲料、ヘルスケア)分析、用途別分析、協調ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節痛(Joint Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における関節痛(Joint Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、関節痛(Joint Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・関節痛(Joint Pain)の概要 ・関節痛(Joint Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の関節痛(Joint Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・関節痛(Joint Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・関節痛(Joint Pai …
  • トゥレット障害(Tourette Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるトゥレット障害(Tourette Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、トゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)の概要 ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のトゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 高血圧治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高血圧治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプライン分析、高血圧治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • MRIシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MRIシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MRIシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 組織学および細胞学の世界市場分析:試験方法別(細胞診[子宮頸がん、乳がん、その他]、組織学)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、組織学および細胞学の世界市場について調査・分析し、組織学および細胞学の世界市場動向、組織学および細胞学の世界市場規模、市場予測、セグメント別組織学および細胞学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 雨水貯留システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、雨水貯留システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、雨水貯留システム市場規模、最終用途別(非住宅用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・雨水貯留システムの世界市場概要 ・雨水貯留システムの世界市場環境 ・雨水貯留システムの世界市場動向 ・雨水貯留システムの世界市場規模 ・雨水貯留システムの世界市場:業界構造分析 ・雨水貯留システムの世界市場:最終用途別(非住宅用、住宅用) ・雨水貯留システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・雨水貯留システムのアメリカ市場規模・予測 ・雨水貯留システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・雨水貯留システムのアジア市場規模・予測 ・雨水貯留システムの主要国分析 ・雨水貯留システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・雨水貯留システムの世界市場:成長要因、課題 ・雨水貯留システムの世界市場:競争環境 ・雨水貯留システムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のベーキングパウダー(膨らし粉)カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、ベーキングパウダー(膨らし粉)の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、ベーキングパウダー(膨らし粉)市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、ベーキングパウダー(膨らし粉)のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 口腔ケア(オーラルケア)の世界市場:製品別(歯磨き粉、歯ブラシ、マウスウォッシュ・リンス、デンタル用品、その他)、地域別予測
    本資料は、口腔ケア(オーラルケア)の世界市場について調べ、口腔ケア(オーラルケア)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(歯磨き粉、歯ブラシ、マウスウォッシュ・リンス、デンタル用品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・口腔ケア(オーラルケア)の世界市場概要 ・口腔ケア(オーラルケア)の世界市場環境 ・口腔ケア(オーラルケア)の世界市場動向 ・口腔ケア(オーラルケア)の世界市場規模 ・口腔ケア(オーラルケア)の世界市場規模:製品別(歯磨き粉、歯ブラシ、マウスウォッシュ・リンス、デンタル用品、その他) ・口腔ケア(オーラルケア)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・口腔ケア(オーラルケア)の北米市場規模・予測 ・口腔ケア(オーラルケア)のアメリカ市場規模・予測 ・口腔ケア(オーラルケア)のヨーロッパ市場規模・予測 ・口腔ケア(オーラルケア)のアジア市場規模・予測 ・口腔ケア(オーラルケア)の日本市場規模・予測 ・口腔ケア(オーラルケア)の …
  • 粉体塗装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、粉体塗装の世界市場について調査・分析し、粉体塗装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別粉体塗装シェア、市場規模推移、市場規模予測、粉体塗装種類別分析(熱硬化性、熱可塑性)、粉体塗装用途別分析(屋内用、屋外/建築用、自動車産業、家電・家庭用品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・粉体塗装の市場概観 ・粉体塗装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・粉体塗装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・粉体塗装の世界市場規模 ・粉体塗装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・粉体塗装のアメリカ市場規模推移 ・粉体塗装のカナダ市場規模推移 ・粉体塗装のメキシコ市場規模推移 ・粉体塗装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・粉体塗装のドイツ市場規模推移 ・粉体塗装のイギリス市場規模推移 ・粉体塗装のロシア市場規模推移 ・粉体塗装のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・粉体塗装の日本市場規模推移 ・粉体 …
  • 自律走行車市場動向
  • 揚水発電用タービンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、揚水発電用タービンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、揚水発電用タービン市場規模、用途別(オープンループ、クローズループ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・揚水発電用タービンの世界市場概要 ・揚水発電用タービンの世界市場環境 ・揚水発電用タービンの世界市場動向 ・揚水発電用タービンの世界市場規模 ・揚水発電用タービンの世界市場:業界構造分析 ・揚水発電用タービンの世界市場:用途別(オープンループ、クローズループ) ・揚水発電用タービンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・揚水発電用タービンのアメリカ市場規模・予測 ・揚水発電用タービンのヨーロッパ市場規模・予測 ・揚水発電用タービンのアジア市場規模・予測 ・揚水発電用タービンの主要国分析 ・揚水発電用タービンの世界市場:意思決定フレームワーク ・揚水発電用タービンの世界市場:成長要因、課題 ・揚水発電用タービンの世界市場:競争環境 ・揚水発電用タービンの …
  • 使い捨てリード線の世界市場規模及び予測:材料別(TPE、TPU、シリコン、PVC)、機械別(3リード、5リード、12リード、6リード)、エンドユーザー別(病院、診療所、長期ケア施設)、動向分析 2014-2025
    本調査レポートでは、使い捨てリード線の世界市場について調査・分析し、使い捨てリード線の世界市場動向、使い捨てリード線の世界市場規模、市場予測、セグメント別使い捨てリード線市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自然言語処理市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、種類別、用途別(感情分析およびテキスト分類)、業種別(ヘルスケアおよびライフサイエンス、BFSI)、地域別
    MarketsandMarkets社は、自然言語処理の世界市場規模が2019年102億ドルから2024年264億ドルまで年平均21.0%成長すると予測しています。本書は、世界の自然言語処理市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、種類別(ルールベース、統計、ハイブリッド)分析、用途別(テキスト分類、自動要約、機械翻訳、感情分析、質問応答、情報抽出、その他)分析、業種別(BFSI、ヘルスケア&ライフサイエンス、IT&テレコミュニケーション、小売&eコマース、政府&防衛、製造、メディア&エンターテイメント、旅行&ホスピタリティ、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・世界の自然言語処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世界の自然言語処理市場:展開モード別(クラウド、オンプレミス) ・世界の自然言語処理市場:組織規 …
  • 静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の概要 ・重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 定置洗浄(CIP)の世界市場予測(~2023年)
    定置洗浄(CIP)の世界市場は、2018年の75億米ドルから2023年には154億米ドルに達し、15.49%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな用途で発揮されるCIPシステムの利点、製薬業界でのCIPシステムの使用増加、加工食品・インスタント食品、乳製品、飲料に対する高い需要、加工工場における迅速な自動化、そして製造企業が食品衛生および安全基準を遵守するよう施行される厳格な政府の方針などが考えられます。一方で、高い運用コストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、定置洗浄(CIP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システムの種類(シングルユース、再利用)分析、提供(シングルタンクシステム、2タンクシステム、マルチタンクシステム)分析、最終用途産業(食品、乳製品、医薬品)分析、定置洗浄(CIP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノコーティングの世界市場2016-2020:抗菌性ナノコーティング、耐指紋性(AFP)ナノコーティング、防汚性ナノコーティング、易洗浄コーティング、自己浄化コーティング
    当調査レポートでは、ナノコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノコーティングの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • CBDオイルの世界市場
    本資料は、CBDオイルの世界市場について調べ、CBDオイルの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(マリファナ由来CBDオイル製品、大麻由来CBDオイル製品)分析、用途別(不安症、線維筋痛症 、糖尿病、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbbot Laboratories、Acon Laboratories、Dexcom Inc.、Beckton, Dickinson and Company、Medtronic PLC、Johnson & Johnson 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・CBDオイルの世界市場概要 ・CBDオイルの世界市場環境 ・CBDオイルの世界市場動向 ・CBDオイルの世界市場規模 ・CBDオイルの世界市場規模:種類別(マリファナ由来CBDオイル製品、大麻由来CBDオイル製品) ・CBDオイルの世界市場規模:用途別(不安症、線維筋痛症 、糖尿病、その他) ・CBDオイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・CB …
  • 高電圧機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高電圧機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高電圧機器市場規模、機器種類別(バッテリーセット、キャリアキャビネット、通信機器、制御機器、アースリングマテリアル、計器用変圧器、インシュレータ、電源変圧器、無効電力機器、リレーパネル、SCADA、スイッチ、開閉装置、その他)分析、電圧レベル別(UHV-800kv以上、HV-最大200kV電圧、HVDC-500kv電圧、EHV-200~800kV電圧)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高電圧機器の世界市場:市場動向分析 ・ 高電圧機器の世界市場:競争要因分析 ・ 高電圧機器の世界市場:機器種類別(バッテリーセット、キャリアキャビネット、通信機器、制御機器、アースリングマテリアル、計器用変圧器、インシュレータ、電源変圧器、無効電力機器、リレーパネル、SCADA、スイッチ、開閉装置、その他) ・ 高電圧機器の世界市場:電圧レベル別(UHV-800kv以上、HV-最大2 …
  • 自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場:乗用車種類別分析/市場規模 ・自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場:販売チャネル別分析/市場規模 ・自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)のアメリカ市場規模予測 ・自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車HUD(ヘッドアップディスプレイ)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 骨結合インプラントの世界市場:最終用途別(ASC、病院、歯科医院)、製品別(歯科インプラント、膝関節インプラント、股関節インプラント、脊椎インプラント)、セグメント予測
    骨結合インプラントの世界市場は2026年には93億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者における関節置換術の増加、低侵襲手術の増加、および医療施設の振興が考えられます。本調査レポートでは、骨結合インプラントの世界市場について調査・分析し、骨結合インプラントの世界市場動向、骨結合インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別骨結合インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 敗血症診断の世界市場2017-2021:免疫測定検査、POCT、分子検査
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、敗血症診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、敗血症診断の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は敗血症診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.74%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、bioMérieux、T2 Biosystems等です。
  • 世界の自動車リターダ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車リターダ市場2016について調査・分析し、自動車リターダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの教育用アプリケーション市場2015-2019
    当調査レポートでは、アメリカの教育用アプリケーション市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの教育用アプリケーション市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アグリゲノミクス(農業ゲノム科学)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、アグリゲノミクス(農業ゲノム科学)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、シーケンサー種類別分析、目的別分析、地域別分析、アグリゲノミクス(農業ゲノム科学)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLNGターミナル計画市場展望(~2020):容量、投資予測
  • スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの概要 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • グリホサートの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、グリホサートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、作物種類別分析、用途別分析、地域別分析、グリホサートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーガニックスキンケア製品の世界市場:フェイスクリーム、ボディローション
    当調査レポートでは、オーガニックスキンケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーガニックスキンケア製品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヘモグロビン検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘモグロビン検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘモグロビン検査市場規模、エンドユーザー別(健康センター、臨床検査室、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Bio-Rad Laboratories, Danahar, EKF Diagnostics, F. Hoffmann-La Roche, Siemens Healthineers, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘモグロビン検査の世界市場概要 ・ヘモグロビン検査の世界市場環境 ・ヘモグロビン検査の世界市場動向 ・ヘモグロビン検査の世界市場規模 ・ヘモグロビン検査の世界市場:業界構造分析 ・ヘモグロビン検査の世界市場:エンドユーザー別(健康センター、臨床検査室、その他) ・ヘモグロビン検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘモグロビン検査の北米市場規模・予測 ・ヘモグロビン検査の …
  • ヨーロッパ主要国の脊椎手術処置動向(~2021)
  • 胸骨閉鎖システムの世界市場:製品別(閉鎖デバイス、骨セメント)、材質別(ステンレス、PEEK、チタン)、処置別、セグメント予測
    胸骨閉鎖システムの世界市場は2025年には29億6000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、複雑な心血管系疾患に対して行われる手術の数が増加していることが考えられます。例えば、米国心臓協会(AHA)によって公表されたデータによると、2014年に米国で約520,000件の冠状動脈バイパス術(CABG)手術が行われました。さらに、毎年世界中で80万以上のCABG手術が行われるとも報告されています。本調査レポートでは、胸骨閉鎖システムの世界市場について調査・分析し、胸骨閉鎖システムの世界市場動向、胸骨閉鎖システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別胸骨閉鎖システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍事衛星ペイロード及びサブシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事衛星ペイロード及びサブシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事衛星ペイロード及びサブシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用遠隔診断の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用車用遠隔診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用車用遠隔診断市場規模、用途別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bosch, Vector Informatik, Vidiwave, Magneti Marelli (FCA Group), WABCOなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用車用遠隔診断の世界市場概要 ・商用車用遠隔診断の世界市場環境 ・商用車用遠隔診断の世界市場動向 ・商用車用遠隔診断の世界市場規模 ・商用車用遠隔診断の世界市場:業界構造分析 ・商用車用遠隔診断の世界市場:用途別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)) ・商用車用遠隔診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商用車用遠隔診断の北米市場規模・予測 ・商用車用遠隔診断のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商用車用遠隔診断のアジア太平洋市場規模・予測 ・商用車用遠隔診断 …
  • 顔面注射剤の世界市場:ボトックス、ダーマルフィラー
    当調査レポートでは、顔面注射剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顔面注射剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • ホテルの世界市場
    当調査レポートでは、ホテルの世界市場について調査・分析し、ホテルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のMBS樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のMBS樹脂市場2015について調査・分析し、MBS樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • OLED照明(有機EL照明)の世界市場予測2015-2025
  • 産業用遠心分離機の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用遠心分離機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、デザイン別分析、地域別分析、産業用遠心分離機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自転車用ヘルメットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自転車用ヘルメットの世界市場について調査・分析し、自転車用ヘルメットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自転車用ヘルメットシェア、市場規模推移、市場規模予測、自転車用ヘルメット種類別分析(マウンテンバイク用ヘルメット、ロードバイク用ヘルメット、スポーツ用ヘルメット)、自転車用ヘルメット用途別分析(通勤用・レジャー用、スポーツゲーム用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自転車用ヘルメットの市場概観 ・自転車用ヘルメットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自転車用ヘルメットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自転車用ヘルメットの世界市場規模 ・自転車用ヘルメットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自転車用ヘルメットのアメリカ市場規模推移 ・自転車用ヘルメットのカナダ市場規模推移 ・自転車用ヘルメットのメキシコ市場規模推移 ・自転車用ヘルメットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自転車用ヘルメットのドイ …
  • 船舶用補助エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、船舶用補助エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用補助エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドトラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コネクテッドトラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コネクテッドトラック市場規模、用途別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bosch, Continental, DENSO, ZF Friedrichshafen, TomTom, NXP Semiconductorsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コネクテッドトラックの世界市場概要 ・コネクテッドトラックの世界市場環境 ・コネクテッドトラックの世界市場動向 ・コネクテッドトラックの世界市場規模 ・コネクテッドトラックの世界市場:業界構造分析 ・コネクテッドトラックの世界市場:用途別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)) ・コネクテッドトラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コネクテッドトラックの北米市場規模・予測 ・コネクテッドトラックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コネクテッドト …
  • 世界及び日本の極低温バルブ市場2017-2022
  • 建設用複合材料の世界市場2017-2021:ガラス繊維、天然繊維
    当調査レポートでは、建設用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用複合材料の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"